トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


D005 デュマ へ
 D005tm アレクサンドロ・デュマ・ペール 
 ダルタニャン物語 
管理番号 書名 備考
D005-008・035
D005-009・036
三銃士(上)
三銃士(下)
かつて少年たちを熱狂させたフランスの快男児の物語
D005-011
D005-012
D005-013
03 我は王軍、友は叛軍
04 謎の修道僧
05 復讐鬼
三銃士続編 原題は「二〇年後」
D005-014
D005-015
D005-016
D005-017
D005-018
D005-019
06 将軍と二つの影
07 ノートル・ダムの居酒屋
08 華麗なる饗宴
09 三つの恋の物語
10 鉄仮面
11 剣よ、さらば
三銃士最後の活躍
 原題は「ブラジュロンヌ子爵」
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:D005-008 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:角川書店
書名:三銃士(上)   ISBNなし
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:竹村 猛
角川文庫 2065 20-9 価格:260Yen ページ数:496P 本のサイズ:文庫
初版発行:61/12/5 第15版:72/9/30 購入:1973/7/2  
管理番号:D005-035   出版社:岩波書店
書名:三銃士(上)   ISBN4-00-325338-8 C0197
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:生島遼一
岩波文庫 赤533-8 価格:770Yen ページ数:496P 本のサイズ:文庫
改訳第1刷:70/10/16 第33刷:93/5/6 購入:2015/7/10 カバー:中野達彦
「三銃士(上)」 アレクサンドル・デュマ・ペール「三銃士(上)」 アレクサンドル・デュマ・ペール 最初に、子供向けの抄訳ではなくきちんとした翻訳でこの本を買ったのは40年ほど前でした。角川の文庫版です。
 当時、岩波版は硬いに違いないと思って角川を買ったんですよ。
 で、なんの気まぐれか岩波版を買ったので読んでみました。
 あら、岩波版の方が読みやすいじゃないか、と始めてわかったのは貴重な体験。この訳文で昔に読んでいたら、また別な感想があったかもしれません。


 1625年4月の第一月曜日、と出だしにあります。
 なぜこの年を選んだのか、1615年頃生まれて1673年に死んだ史実のダルタニャン伯爵が、なぜ18歳という8歳も年長になって登場したのかには、デュマの創作上のトリックがあるそうです。
 小説としての構想の中で、この時代の大きなイベントである ラ・ロシェル包囲戦 (1627-1628)ダルタニャンを参加させたかったから、というのがその理由らしい。

 無鉄砲で自信過剰で生意気で、剣の腕はあるが実戦はからっきしの若者が現れたのは、マンの町。ここでのちにロシュフォール伯爵とミラディとわかる男女に出会ったダルタニャン。物語はここから始まりました。
「三銃士(上)」 アレクサンドル・デュマ・ペール 前に作った関係地図がありますので再掲します。(右)

 パリに出たダルタニャンは、父の紹介で近衛銃士隊長トレヴィル殿邸に行きますが、そこで三銃士と呼ばれる近衛銃士の有名な三人に喧嘩を売り、枢機官の護衛士との騒乱を経て親友になります。そこまでで、上巻30章のうちの5章。見事な導入部です。
 そして、宮廷の揉めごとに巻き込まれて王妃の危機を救うためにイギリス、正確にはイングランドに行き、見事に任務を果たしたのでした。そのあとの混乱の収拾までが、上巻の顛末。
 この時代にこの厚さの本は珍しいのですが、一気に楽しめます。

 王妃が危機に陥った 「ダイヤの房飾り」 ですが、大きさといい形といい、いまだによくわかりません。首飾りではないことは間違いないし、男性がアクセサリーにつけても違和感がないものらしい。なんだろうね。
 「王妃の首飾り」 という歴史ネタはありますが、これはこの時代の150年ほどあとにおきた、フランス王妃マリー・アントワネットの事件です。これとは違う。

 ここでもっと歴史ネタ。
 当時のフランスは、国王の権威の元に諸侯がその財産・兵力を持ったままで臣従する形のもの。封建制度と言われるものですが、フランス国王の力は、かつてパリ伯と言われた諸侯の一つが、不思議な経緯を経てシャルルマーニュの後裔として神がかりの地位を得た、というただそれだけのものだったのでした。
 ヴァロア朝のあとを継いだブルボン朝の始祖アンリ4世の息子である当時のルイ13世にとって、豪腕をふるった父と同じだけの支配力を諸侯に示すことは出来ず、単に神から与えられたフランス国王としての権威以外に何もなく、諸侯の気に入らない命令などうかつに出せない存在だったのでした。
 この状況をなんとかしようという考えは、無論諸侯の中からではなく、中小貴族の次男三男などが官僚化して宮廷を形成していたその中の人々から出ます。庶民ではないけれど、領主の側ではない。彼らの手により絶対王政の基礎が築かれます。
 その筆頭が、リシュリュー枢機官という名で呼ばれたアルマン・ジャン・デュ・プレシ。彼は王権を確立するためにさまざまな施政を行っています。当然、守旧派というか、大貴族やそれに連なる階層には煙たがられる。嫌われる。枢機官の護衛隊である護衛士などというと、諸侯にとっては目の仇。
 ところで近衛の銃士というものは、そもそもが国王の親衛隊なのです。しかしその指揮官は、厳密には国王直率ですから、銃士隊隊長である国王の指揮官代行なのですが、その地位はそれだけで一つの権威、諸侯の一つとなってしまいます。となると、国王やリシュリュー枢機官の思惑を離れてひとつの勢力となり、国王に忠誠を誓い枢機官の護衛士と反目することが当たり前になってしまっています。この不思議な状態を背景にして、貴族の視点でこの物語は描かれます。

 ダルタニャンの家は中小貴族というより没落貴族といった方が良いのですが、一応貴族。俺は庶民ではないという強烈なプライドを持っている人。だから、近衛銃士には当然憧れ、成り上がりの官僚貴族の犬である枢機官護衛士は敵、大貴族には敬意を払う。
 デュマって、けっこう貴族趣味なんですよね。視点は国家統制よりも群雄割拠の王侯や諸侯の側なのです。  (2015/12/23)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:D005-009 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:角川書店
書名:三銃士(下)   ISBNなし
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:竹村 猛
角川文庫 2062 20-10 価格:240Yen ページ数:496P 本のサイズ:文庫
初版発行:61/12/5 第15版:72/9/30 購入:1973/7/2  
管理番号:D005-036   出版社:岩波書店
書名:三銃士(下)   ISBNなし
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:生島遼一
岩波文庫 赤533-9 価格:550Yen ページ数:480P 本のサイズ:文庫
改訳第1刷:70/10/16 第13刷:83/5/25 購入:2015/7/10 カバー:中野達彦
「三銃士(下)」 アレクサンドル・デュマ・ペール「三銃士(下)」 アレクサンドル・デュマ・ペール 三銃士、とは主人公であるダルタニャンの親友となった三人の近衛銃士のこと。18歳のダルタニャンに対して、すべて年長者でした。
 27歳のアトス。貴族的な物腰と才覚を持つ寡黙な男。
 24歳のポルトス。豪放磊落で腕自慢で見栄っ張り。
 23歳のアラミス。僧侶になりたいと言う艶福家の伊達者。
 この三人は、結束の固い親友であり、その武勇はパリ中に轟いていたのだそうです。どんなふうに轟いていたかというと、これがまたなんとも無頼漢な方に。
 我々は軍人である、と彼らは言いますが、要は武器を持ったプライドの高い特権階級であるということ。飲む打つ買う、命がけの喧嘩は日常茶飯事、ルールは破るためにある、ただし銃士隊長トレヴィル殿と国王と王妃には全身全霊を傾けて従う、というもの。
 なんとも痛快な悪童ぶりです。
年齢は1625年4月時点
画像もその頃のもの
ルイ13世
ルイ13世
 (Louis XIII de France)

1601/9/27-1643/5/14
フランス国王・ナバラ国王・アンドラ大公。 当時、23歳。
アンヌ・ドートリッシュ
アンヌ・ドートリッシュ
 (Anne d'Autriche)

1601/9/21-1666/1/20
フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母。
当時、23歳。

リシュリュー枢機卿
リシュリュー枢機卿
 枢機卿およびリシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシ (Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu)

1585/9/9-1642/12/4
カトリック教会の高位の聖職者にしてフランス王国の政治家、外交官。ルイ13世の宰相。 当時、39歳。

バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ
バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ(George Villiers, 1st Duke of Buckingham

1592/8/28-1628/8/23
 当時、33歳。
シュヴルーズ夫人
シュヴルーズ公爵夫人
 (Marie Aimée de Rohan, duchesse de Chevreuse)

 1600-1679/8/12
シュヴルーズ公爵夫人マリー・ド・ロアン。フランス貴族。陰謀家。 当時、25歳。
 しかし、いざ戦争となるとこれはまた別。なんといっても彼らは兵士として期待されていたのだから。
 近代の戦争とは違い、当時の戦争とは戦うことを義務と心得る貴族階層が従者や雑兵を引き連れて行うものでした。
 その上近衛の銃士ともなると、日頃特権があるだけにその軍装にも余分な義務あります。いやしくも国王の親衛隊がみっともない姿で戦場に出てはいけない。馬、馬具、服装、従者の身なりに、少なくとも1500リーヴルは必要なのだそうです。これはむろん自弁。
 通貨の換算ページを元に1リーヴルを5,000円くらいとすると、現代の価格で750万円が必要。
 この金額をどうやって工面するかのドタバタ劇が、いかにもデュマらしい楽しいくすぐりになっていますね。その影で、ダルタニャンの背伸びした不器用な恋愛模様と、その結果起きる破局への序章が描かれます。これについては、女の恨みとは恐ろしいというより、無邪気な馬鹿こそが人を一番傷つける、と考えるべき何じゃないだろうか。だって、ミラディーって女はたしかに執念深い恨みを忘れない人だけれど、挑発して怒らせたのはまちがいなくダルタニャンの遊び心。

 きわどいベッドシーンとかつて思ったものも、いま読むたいしたことがないのはがっかり。(笑) この程度だったんだな。
 そこで彼は、一瞬の官能に全身をゆだねてしまった。ミラディーはもはや彼にとっては、あの恐るべき計画を持った女ではなく、みずからもその恋に身を投げ捨てた、はげしい情熱の女なのであった。こうして、およそ二時間がすぎた。 (下巻 P80 竹村猛・訳)

 こうして、刹那の官能の喜びにすっかり身をゆだねてしまった。ミレディーも、もう先刻恐怖を感じさせられた恐ろしい心根の女だと見えない。はげしい恋にのぼせきって、心から何もかもゆるしている、そういうやさしい女に思われるのだった。二時間はつかの間に過ぎた。 (下巻 P83 生島遼一・訳)
 訳によってミレディーだったりミラディーだったりしますね。おそらく発音はフランス語としては後者に近いんだと思うのですが、これは自由でいいよね。
 そもそもこの名前が、.個人名ではなく英語で貴族の婦人を呼ぶときの敬称 「Milady (ミレディ)」から来ているのですから。これを名前と言うことにしてフランス語で読んでいるんだから、.ミラディーでいいじゃないかな。なにしろこの女、たくさん名前がある。三銃士のアトスが若かったときに出会った名前は、アンヌ・ド・ブルイユ、そしてシャルロット・バックソン、ラ・フェール伯爵夫人、シェフィールド男爵ウィンター卿夫人と。最初の名前すら、偽名なのかもしれない。

 リシュリュー枢機官は、この本の中では悪いヤツ。新潮文庫も岩波文庫も枢機官としていますが、むろんリシュリューは官僚としての肩書きなどありません。カトリックの、教皇を補佐する教会のナンバーツーの一人、枢機卿で呼ばれるべき。
 しかし単純に悪の帝王となっているわけではありません。デュマの描くリシュリューは、近衛銃士隊長トレヴィル殿や銃士たちとは立場が違うために時に敵対するところはあるにしても、自他ともに認める国家の重鎮であり、私利私欲はあるかもしれないがフランスを代表する政治家です。
 リシュリュー枢機卿の肖像として名高いものは、ラ・ロシェル包囲戦の時のものです。左のものは、それをトリミングしたもの。デュマのイメージも、まさにこの流れ。
 抄訳の三銃士やその亜流の物語では、平気でリシュリューを悪のボス扱いします。物語として面白いからと言って、歴史上偉大な業績を成し遂げた偉人の存在を貶めるのはいかがなものか。──いや、アホ向けにサルでもわかる三銃士を作れば、問答無用の悪役は必要でしょうけどね。暴言失礼(笑)。

 さてそのリシュリューが、晴れやかに書類を示す挿絵があります。下の絵です。
 この絵については、かつてブログで記事にしました。 →リシュリュー枢機卿の絵
Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu
 これは、この物語の最後のちょっと前、ダルタニャンが自分たちがやらかしたことを枢機卿に報告し、処刑すら覚悟したときに、鬼と思ったこの権力者のふところの深さと人心収攬術にほろっとなった場面。お見事。

 ダルタニャンがなぜ指揮系統で直接上官ではないリシュリューに告白したのか、という顛末は、その前に語られます。この物語の悪役、ミラディーの最後にまつわる話。
 このミラディーを、デュマの描いた物語の記述そのものにしたがってミラディーの側から描いたのが 新・三銃士 です。原作そのものからすると多少の逸脱はありますが、こういう説明がなされるとあの悪女の存在もリアリティが出ます。デュマはどう考えていたのかはわかりません。

 最後の場面、銃士隊副官 (竹村猛訳) あるいは銃士隊副隊長 (生島遼一訳) という役職が出てきます。この地位については、そもそも銃士隊長という地位についてですら正確にはどうたらという解釈もありますので、実在したかは疑わしい。このあたりについては、佐藤賢一氏の ダルタニャンの生涯 に詳しいので知りたい方はそちらへ。(鐵太郎サイトの記事ではそこまでは書いてありませんけどね)
 こういうフィクションも、デュマの筆の冴えのひとつかも。

 歴史的に、デュマはラ・ロシェル包囲戦のなかでこの物語を描きました。しかし、デュマの最初の構想がどうであれ、このフランス国内に存在するユグノーの拠点を征服する反乱鎮圧戦争は、あまり表に出ません。退屈な包囲戦のなかで、三銃士のやんちゃな武勇が描かれただけ。これはデュマにとって不本意ではなかったのか。なにしろ、この戦いの凄惨さは類を見ないものでしたから、ネタには困らなかったはず。
 この戦いの中で、ユグノーたちの期待の星であった人物として、イングランド国王の寵臣バッキンガム公がいます。彼がフランス王妃アンヌ・ドートリッシュを籠絡したの話とその暗殺シーンは、メインの話の彩りとして有名です。
 こういう、歴史的な記録に光をあてて新たな解釈、というかフィクションをはめ込んで楽しませる手法は、デュマのオリジナルではないと思いますが、この本の大評判を受けて書かれた続編にも出てきます。

 続編を読み直したくなりました。(笑)  (2015/12/26)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:D005-011 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:我は王軍、友は叛軍 ダルタニャン物語 3 ISBNなし
原題:Vingt Ans après (1845) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/8 B73 価格:480Yen ページ数:440P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/2/15 購入:1975/3/16 カバー装画:おのき がく
「我は王軍、友は叛軍」 アレクサンドル・デュマ・ペール かつてリシュリューが執務をとっていた枢機官邸の執務室から始まります。1648年の今、六年前にあの大枢機官が死んだのち、その後継者となったのはリシュリューの亡霊、ジュール・マザラン。元イタリア人で、ルイ13世亡き後即位した幼いルイ14世(このときまだ5歳)の摂政、後見人、教育係となっており、事実上の宰相です。
 太后アンヌ・ドートリッシュの愛人で、秘密結婚までした仲といわれています。
 ただし人望はなく、孤立無援。

 ある意味自業自得ではあるけれど不遇な状態にある男は、この国には自分を陥れるためにさまざまな勢力が結集しつつあることを憂慮しています。これというのも、この国家を国王を頂点とする中央集権国家にするためにさまざまな手練手管を使い、そしてフランスを鉄の箍で締め上げていたリシュリューが亡くなり、ほぼ時を同じくして国王ルイ13世が崩御したことが原因。その結果、王権を強化する立場であった王の側近の立場は微妙なものとなりました。
 その側近の長、リシュリューの後継者がイタリア人であり、その愛人かつ保護者である故・国王の王妃アンヌ・ドートリッシュがスペイン・ハプスブルク家の出身ということになると、いろいろな思惑はあるにしても、フランス人の血が騒ぐ。かくして、マザラン枢機官は四面楚歌。
 そこでこの陰謀家は考えた。国王の護衛兵の中から、信頼できる者を探してみてはどうか。彼らなら、大貴族への縁故より国王周辺の勢力に荷担する方を選ぶのではないか、と。
年齢は1648年当時
ジュール・マザラン
ジュール・マザラン(Jules Mazarin)

1602/7/14-1661/3/9
フランス王国の政治家、枢機卿。当時、46歳。
ルイ2世・ド・ブルボン コンデ大公
コンデ大公 ルイ2世・ド・ブルボン (Louis II de Bourbon, prince de Condé, Duc d'Enghien)

1621/11/8-1686/11/11
ブルボン朝フランスの貴族・軍人。コンデ公、アンギャン公、モンモランシー公。大コンデ(le Grand Condé)と呼ばれる。
当時、27歳。

Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu
ボーフォール公 フランソワ・ド・ブルボン(François de Bourbon, Duc de Beaufort)

1616/1/16-1669/6/25
フランスの貴族、軍人。第2代ボーフォール公。アンリ4世の庶系の孫。ヴァンドーム公ルイ2世は兄、ルイ14世は従兄。
当時、32歳。

 そこで周囲を見回し、これぞという人物に目を留めます。はるか昔、マザランがこの国に来る前に活躍して銃士隊副隊長の地位に上がったもののそのまま鳴かず飛ばずであった男。その忠誠心と兵士として,指揮官としての能力には誰も敬意を払う男。
 マザランは彼、ダルタニャンを呼び出し、地位をちらつかせ国王と太后への忠誠心を煽り、懐柔する事に成功します。かつて四人の銃士として名をあげたことを知り、他の三人も集めてくれないか、と頼むのでした。ただし、最低限の費用で。
 だって、マザランはケチですから。
 時あたかも、フランス王国を震撼させたフロンドの乱の前夜でした。

 この物語の中では、彼は40まぢか。史実のダルタニャンであれば32、3歳なので、仮にダルタニャンがこの物語のような活躍をしたのなら、史実の年齢の方がふさわしいかもしれません。が、それはそれ。

 とはいえダルタニャンは、あの活躍から約20年ののち、再び表舞台に登場したのでした。サラリーマンでたとえると、期待された若手のまま万年係長になったような情けない状態ですが。
 彼は、ケチなマザランから得た百ピストールを手に、転がり込んできた昔の従者プランシェを従えてかつての仲間、三人の銃士たちをさがす旅に出ます。
 まずみつけたのは、今はデルブレー神父と名乗っているアラミス。かつて艶福家で秘密だらけだった美貌の銃士は、教会の一員となったいまも陰謀を企んでいる様子。
 とりあえず、彼の名がルネである事だけはわかりました。

 ポルトスのもともとの家名はデュ・バロンだったのだそうな。
 それと、ノワイヨンの司教ともめているというアラミスの話を頼りに、ダルタニャンはプランシュと共に彼を探しに行きます。領地を広げ財産を築き、デュ・ヴァロン・ド・ブラシュー・ド・ピエールフォンと名乗り、すっかり円満な金満家となった様子のポルトスをみつけ、これじゃ誘っても冒険の世界に戻っては来ないと諦めたダルタニャン。
 ところが違った。ポルトスは平和な金持ち暮らしにすっかり退屈しきっており、剣を振り回せる無頼な暮らしに戻りたいと考えていたのでした。その冒険で手柄を立てて男爵位がもらえれば、なおいい。

 アトスが元ラ・フェール伯爵領を持つ大貴族であることは、20年前に聞いています。その彼が、ブラジュロンヌという別な伯爵領を相続したとポルトスから聞き、これはポルトス以上に説得などできそうにないと考えるダルタニャン。しかも大酒飲みだったかつてのアトスを思い出し、ますます悲観的になる。
 しかし再会したアトスは、かつての精悍な銃士だったころと変わらぬ若々しさと品の良さを示してダルタニャンを迎えます。いぶかしむダルタニャンは、アトスの被保護者の15歳くらいの少年を見て、合点がいきました。
 「あの少年は居候かい、名付け子かい、それとも身内の人かい? いやきみはすっかり変わったな、アトス」
 アトスは穏やかな口調で、
 「あの少年はみなし孤なんだ。母親が田舎の司祭のうちへ置き去りにしていったのを、ぼくが引き取って育てたのさ」  (P205)
 運命の子、ラウル・ド・ブラジュロンヌは、こういう紹介のされ方で登場します。
 それはそれとして、ダルタニャンはアトスをマザランの配下として出世を狙う自分の仲間になってもらおうという考えが揺らいできます。アトスが、マザランの吝嗇(ケチ)()によって窮乏生活を送っているアンリエット・ダングルテールを歎く様子や、国王陛下に仕えるのならともかく、アンヌ・ドートリッシュの寵愛を使って王冠を盗もうというイタリア人など尊敬に値しない、という言葉を聞くと、これは無理かと思うばかり。
 アンリエッタ・ダングルテールとは、イングランド王チャールズ一世の王妃。英国での呼び方はヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス。先々代のフランス王アンリ四世の娘で、1644年に清教徒革命の余波でフランスに身を寄せています。当時39歳。
 アトスの説得を断念してパリに戻るダルタニャン。
 しかし彼を追うように、アトスもまたラウルを連れてパリに向かったのでした。

 この直後、アトスの従僕グリモーが絡むボーフォール公の脱獄事件がユーモラスに描かれます。これは、結果だけを見ると史実。
 アンリ四世の孫であり、財産家で勇猛で名を轟かせたボーフォール公は市民の人気者でありますが、マザランにとっては目の上のこぶ。とりあえずヴァンセンヌの牢獄に軟禁してあったのですが、見事に脱走してしまうのでした。ただの挿話なのですが、面白い。

 この挿話ののち、アトスとラウルのパリでの物語が描かれます。と同時に、ラウルには知らせないままで読者は彼の生まれを知ることになります。そして彼が、1634年生まれであることも。
 まさか彼が、アトスその人とかつてアラミスの愛人であったこともある有名な陰謀家、シュヴルーズ夫人の一夜の戯れの結果生まれた子であるとは、デュマでなければ思いつかない展開でしょうか。
 アトスがこれをシュヴルーズ夫人に告白したのは、ラウルの未来を開くための口添えを得るため、という説明がつきます。その結果、ラウルは今をときめく若き勇将コンデ大公のもとで軍務に就くこととなり、アトスは独自の行動をする自由を得ます。
 この展開の中で、デュマのデュマらしさというか、会話の妙が楽しめます。特に詩人スカロンのサロンでの会話は、読んでいて楽しい。

 パリに戻ったダルタニャンとポルトスは、マザランに報告しているさなかにボーフォール公の脱走事件を知ります。さっそくに逮捕のために数人の部下と共に馬をとばす二人。
 しかし、夜になって賊の一行に追いついた二人は、相手側の二人の好敵手に出会います。銃を撃ち合っても剣を交えても、雑魚のようには片付かない。そのうえ、至近距離でポルトスが撃った拳銃の閃光で、相手の顔がわかって驚愕することに。
 ポルトスが引き金を引くと、あたりがぱっと明るくなった。
 そのとたんに、激しく渡りあっていた二人は思わず叫び声を上げた。
 「アトス!」
 「ダルタニャン!」
 アトスは剣を上に上げ、ダルタニャンは下に下ろした。
 「アラミス、撃つな」 アトスが叫んだ。
 「なんだ、きみか、アラミス?」
 ポルトスはそう言って拳銃を放り出した。  (P395)
 かつての四人の親友は、敵味方となったのでした。
 四人のわだかまりとその解消シーンを経て、この巻はここまで。  (2016/3/17)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:D005-012 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:謎の修道僧 ダルタニャン物語 4 ISBNなし
原題:Vingt Ans après (1845) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/9 B74 価格:480Yen ページ数:456P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/2/15 購入:1975/3/16 カバー装画:おのき がく
「謎の修道僧」 アレクサンドル・デュマ・ペール アトスと別れてスペイン戦線に向かう15歳のラウル・ド・ブラジュロンヌから始まります。
 貴族として若いうちから戦いの場に出るのが当たり前という発想はわからないでもないが、縁故やコネを頼り高級指揮官に取り入ってその配下に付くのが当然という発想は奇妙。ダルタニャン自身も、その登場時に推薦状というか書状を持って銃士隊長トレヴィル殿の元へ行っています。
 最初に読んだときは、こういう考え方にかなり違和感があったのですが、佐藤賢一さんの 「ダルタニャンの生涯」 で始めてこういう考え方、生き方が当時のフランスの軍人貴族では当たり前だった事を知りました。なるほど、歴史って面白い。

 推薦状を手にコンデ大公のもとに向かうラウルは、ギーシュ伯爵と名乗る18歳くらいの若い貴族と出会い、彼はかつて名を轟かせたグラモン元帥の息子で、同じくコンデ公の元に行くことを知って意気投合します。この出会いが生涯の友を作る、と言う流れになりそうですが、困ったことにラウルはメインキャラのように見えてそうではなかったりする。(笑)
年齢は1648年当時
グラモン元帥
アントワーヌ3世・アジェノール・ド・グラモン(Antoine III Agénor de Gramont-Toulongeon

1604-1673/7/12
フランスの貴族、軍人。グラモン公爵およびギーシュ伯爵。1641年よりフランス元帥。当時、44歳。
イングランド王 チャールズ一世
チャールズ1世(Charles I)
1600/11/19- 1649/1/30
イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。
当時、48歳。

イングランド王チャールズ一世妃 ヘンリエッタ
ヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス(Henrietta Maria of France)

1609/11/25-1669/9/10
イングランド王チャールズ1世の王妃。イングランド王妃、スコットランド王妃、アイルランド王妃の称号を持つ。フランス語名はアンリエット・マリー・ド・フランス(Henriette Marie de France)。
当時、39歳。

 このギーシュ伯爵とは、歴史上実在したアントワーヌ・ド・グラモン元帥の息子だそうな。この人はグラモン公爵とギーシュ伯爵の二つの称号を持っていますので、息子がその一方を名乗ることも十分ありえる。ただし史実のグラモン元帥の息子は、長男のアルマンでさえ1637年生まれですので、当時11歳でしかないはず。なのでこのギーシュくんはフィクションの人と思っていいのかな。
 この二人の行脚を描いたこの場面は、謎の怪しい修道僧との出会いに結びつけるためのもの。 この修道僧の正体とはなんだったのか。
 ところでこの男は、一度だけジョン・フランシス・ド・ウィンターだと名乗り、その後モードントと名乗ります。しかしこの名はどこから出てきたんでしょうね??
 これも貴族としての称号? しかし彼は、のちにわかりますが保護者に憎まれて貴族としての相続はなされず、英国国王もそれを認めていません。なのになぜか、貴族であると自他ともに認めており、正当な権利があると言いはっています。しかも反国王側にコネがある。不思議。


 さて、敵対したものの過去の友情を思い出してよりを戻した四人、アトス、ポルトス、アラミス、ダルタニャンは、互いの立場は認めた上で友としての立場を貫く事を誓います。そして過去をふり返り、四人が別れるとき起きたあのアルマンティエールの事件を思い出して沈鬱になります。あの女にはたしか息子がいたっけ、という話になったとき、いきなり現れたのはグリモー。
 ラウルの供をしてアトスの元を去ったはずの男は、汗まみれの蒼白な顔をひきつらせてこう言います。
 「旦那さま、あの女には子供が一人ございました。その子供が大人になったのです。牝獅子には一頭の仔がございました。その獅子が野に放たれて、立ち向かってまいります。ご用心なさらなくては」

 「ミレディーの息子がイギリスを発って、フランスに着き、パリに向かいました。ことによったらもうパリに来ているかもしれません」

 「子供ですって、その子供が何をしたかご存じですか。修道僧に身をやつし、ベチューヌの首斬り役人に懺悔させ、例の一件をすっかり聞いてしまったのでございます。懺悔がすんで、相手に言わせるだけのことを言わせると、引導だといって、この短刀をグッサリ胸に突き刺しました。ほら、ごらんなさいませ。このとおり真っ赤な血糊がベットリついているじゃございませんか。傷口から抜いてまだ32時間しかなりませんので」  (P97-98)
 無口で有名なグリモーがこれだけのことを話すのは、後にも先にもこれが最初で最後か。

 この時代、フランスは後にフロンドの乱として有名になった、市民と有力貴族による国王への反乱事件が発生しています。これはこれで王国の屋台骨を揺るがしきれない大事件なのですが、海を渡ったイギリス、正確にはイングランドでは、これ以上の争乱が起きていたのでした。
 これは清教徒革命と呼ばれ、この物語の始まる7年前の1641年に始まり、いよいよクライマックスを迎えんとしていたのでした。いまやイングランド国王のチャールズ一世は王座を追われ、転々として必至で抗戦を続けていますが、そろそろそれも限界。
 この国王の王妃は、フランスのブルボン王家から嫁いでいます。英国名ヘンリエッタ・マリア、フランス名アンリエット・マリーはブルボン朝開祖のアンリ四世の娘。いまの国王の叔母に当たります。
 流浪の身となったもののイングランド王家の矜持でじっと耐えていたものの、ついに王妃は膝を屈してフランス王家に援助を要請したのでした。
 しかし現在のフランスの王家を支配しているのは幼い国王ルイ14世ではない。摂政である太后アンヌ・ドートリッシュであり、彼女を支配しているのが彼女と結婚している宰相マザラン枢機官。さらに、フロンドの乱のさなかと言うだけでなく、マザランは徹底的に吝嗇(ケチ)()。口では色よいことを言いますが結局断る。

 絶望したアンリエットに援助を申し入れたのが、ラ・フェール伯爵とデルブレー司教、つまりアトスとアラミスだったのでした。彼らは貴族としての矜持、ただそれだけで他国の王家のために骨を折ることを誓約します。
 とはいえ、貴族としてだけとは思えないのは、王妃の肖像画を見て納得。こんな女性に涙を流して懇願されて、それで奮起しなければ男ではない。(爆) かくして二人は財産を処分し、ラウルのことをダルタニャンに頼むと手紙を書きます。
 さて、この二人が何やらわからないが悲壮な覚悟を決めて旅立つと聞いて、そのまま放置するようなダルタニャンとポルトスではない。
 「旦那さま、これがダルタニャンさまからのご返事でございます」
 「馬鹿め、返事などいらんと言っておいたではないか」 アトスは頭ごしに叱りつけた。
 「ですから、わたくしも待たずに帰ろうとしたところ、呼びとめられて、こんなものを渡されたんでございます」  (P179)
 そして50ルイ分(現在の邦貨で200万円くらいになるか?)の金貨の入った革袋が。そしてポルトスからも200ピストール分(同じく200万円ほど)の金が届きます。彼らの友情とは、こういうもの。
 陰謀家のアラミスも同じ事をするか、というとちょっとハテナがつくような気がしますけどね。(笑)

 フランスに残った二人は、マザランの配下でフロンドの乱に遭遇し、幼い王や太后を救出する活躍をしたのち(これ、史実にある事件なのですねぇ)、こいつらは使いでのある奴らだという評価と同時に、太后と枢機官の内部情報が知られたくさいとか20年前の恩を持ち出す様子とか、どうもうさんくさい奴らだと思われています。
 ここでマザランはマザランらしい対策を立てます。二人に、イギリスに行くモードントという貴族に付き添ってクロムウェルに渡りをつけろ、という任務をあたえたのでした。ていよく追い払った、というのが正しいかな。
 という訳で、四人はイギリスで顔を合わすこととなります。意外な形で。

 国王側に付いたアトス、アラミスが、臣下である将兵に裏切られるチャールズ一世を守ってクロムウェル側に降伏するシーンは、史実あるいは伝承によるものなのでしょうか。そして彼らによる国王奪還作戦があったのか。
 史実はどうであったかわかりませんが、この四人がこんな活躍をした、というデュマの物語、素敵です。
 国王救出に失敗し、あやうく脱出した四人が一息入れたところで、この巻は終わり。あとは次の本へ。  (2016/4/3)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:D005-013 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:復讐鬼 ダルタニャン物語 5 ISBNなし
原題:Vingt Ans après (1845) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/10 B75 価格:480Yen ページ数:416P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/5/15 購入:1975/6/4 カバー装画:おのき がく
「復讐鬼」 アレクサンドル・デュマ・ペール 見事な国王救出計画を建てたのにタイミングが一つ間違えただけで失敗した四人は、あわてて逃走します。しかし荒野をさまよううちに、偶然国王をロンドンに護送するクロムウェル配下の一団に追いついたのでした。陰謀は失敗したもののまだ顔は知られていないことを利用し、ダルタニャンとポルトスはその一団に近づき、アトスとアラミスを自分たちの捕虜だといって同行させて同行することに成功しました。目的はむろん、国王の救出s。
 屈しない男たちによる次の作戦も、彼ら四人の力をもってすれば十分に可能だったはず。しかしそこにモードントが現れたことで、またしても失敗します。再び血路を開いて脱出する四人。もうダルタニャンもクロムウェル派にはっきり敵だと知られてしまったので、状況はますます不利に。
とりあえず、国王護送隊とは距離をとってロンドンに潜入する四人。

 このモードント、どうやらチャールズ一世にも恨みを抱いているらしい。伯父と四人のフランス人は彼から母親を奪ったのですが、国王は彼の名前、地位、財産を奪ったから。
年齢は1648年当時
オリバー・クロムウェル
オリバー・クロムウェル

(Oliver Cromwell)
1599/4/25-1658/9/3
イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。当時49歳
フランス王ルイ14世 5歳のとき
ルイ14世(Louis XIV)
1638/9/5-1715/9/1
ブルボン朝第3代のフランス王国国王。ナバラ王国国王としてはルイス3世。当時10歳。肖像画は5歳の時のもの。

晩年のアンヌ・ドートリッシュ
アンヌ・ドートリッシュ

(Anne d'Autriche)
1601/9/22-1666/1/20
フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母。
このときは幼少のルイ14世の摂政であり。47歳

 となるとモードントは、貴族としての地位も爵位も名前もない、国王に認められた貴族ですらないという事になるのですが、なぜかまだ護民官の称号を得ていないクロムウェルその人に高い身分のものとして扱われ、信頼も厚いらしい。ここが不思議なところ。
 とはいえこのモードント、執念深く国王に復讐を果たそうとします。
 なぜか死刑執行人が失踪してしまったため、危うく処刑が延期されることになったときも、その窮地を救ったのがこの人。少なくともフランスでは社会的な身分の序列としては最下位になる処刑人の代行を、ひそかに買って出て、自らの手で国王の首に斧を振り下ろしてしまう。
 執行人を隠したのは、ダルタニャンら四人でした、というのがこの物語の描く歴史。彼らはなんとかして国王を救い出そうとあれやこれや計画しますが、ことごとくモードントの手に阻まれてしまう。おお。

 国王チャールズ一世は、処刑されたとき最後の言葉としてこう叫んだそうです。
 「Remember!
 この言葉は、「この恨み忘れるものか、覚えていろ、お前たち」 というような意味だろうと解釈されていました。デュマはここに一ひねり加えます。
 処刑台の下には、国王を救出するためアトスことラ・フェール伯が潜んでいたのだと。それを知っている国王は、最後に祈りを捧げるふりをして小声で最後の言葉、忠誠への感謝と最後に残した財産を託す言葉を残したのだと。そしてそのことを忘れるな、覚えておれ(リメンバー)()、と言ったのだと。
 なるほど。

 このあと、四人はいよいよモードントと対決することに。その結果は想像したとおりなのですが、そこに至る流れも紆余曲折します。なにせモードントがしぶとすぎる。何度も生き返り、しぶとく反撃する。デュマらしいなぁ。
 あ、そうか。これは新聞掲載なんだっけ。山場は章ごとになくてはいけない訳ですね。

 ここで、邦題の 「復讐鬼」 については、正しくは復讐鬼征伐は終わりますが、お話はまだ終わらない。
 フランスに上陸した四人は、アトスとアラミス、ダルタニャンとポルトスの二手に分かれます。そもそも派遣された時点での立場が違うから。マザランへ報告に行く後者二人に対し、前者二人はフロンドの仲間たちのところに行くことに。
 ここで視点はアトスたちに移ります。二人はフロンド側に占拠されたパリに入り、市民軍には歓迎されますが、なにやら貴族たちのあいだに不穏な空気が漂っていることに気づきます。

 不穏、というのは、大貴族たちのスタンスの変化。国王に対する叛意を君側の奸が悪い、つまりマザランが悪いんだ俺たちは国王陛下に反抗するつもりはないんだ、という美名で誤魔化していた大貴族たちが、国王一家がマザランと共にパリから逃げ出してしまったあとでは、振り上げた拳の落としどころがなくなってしまったのです。こうなると、一部の熱血漢をのぞいて大多数の考えることは、いかにうまく落としどころをみつけ、体面を保って収拾するかと言うこと。つまり、政治。
 『ブイヨンさまは立派なおかた
  通風やみとはお気の毒』  (P244)
 ブイヨン公とは、テュレンヌ子爵アンリ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュのことか。フランス大元帥の一人。フロンド派の大物ながら腰が据わらず、面倒な話になると持病の痛風が悪化してしまう人だったそうな。
 パリの町は、そんな情勢。
 清廉かつ剛毅な貴族の末裔、という立場にあるアトスことラ・フェール伯としては、こんな汚い妥協は許せるものではない。とはいえ同時に、社会の表と裏を知り尽くした貴族の一員として、政治的な寝技も心得ているのがアトス。アラミスことデルブレー卿に至っては、文字どおり寝技は大の得意。(笑) この情勢を確認し、なにらや思うところありげ。
 そこで気がつきます。先発したはずのダルタニャンとポルトスの姿がない。

 なにかあった、おそらくマザランのしっぺ返しでは、と察知したアトスは、何と正面突破を試みます。20年前、名誉と地位を救った(はずの)かつての王妃、いまの太后アンヌ・ドートリッシュに救いを求めるという荒技。
 しかしここで、王座にある人の情のなさをデュマは見事に描写します。会話が終わったとき。
 アトスのうしろで扉が閉まったとたんに、太后はマザランに向かって命じた。
 「枢機官、宮廷から出ないうちに」、あの無礼な貴族を逮捕させなさい」
 「そう思っていたところでございます。こちらからお願いするまえに、陛下からご命令をいただき、満足しごくに存じます。ひとむかしまえのしきたりを、いまの治世に持ち込むあのような連中ほど始末におえぬものはございません。二人はもうつかまえてありますから、三番めも放りこむことにいたしましょう」  (P291)
 近づいてくる警備の士官を見てそれを察知したアトス、離れていたアラミスに合図を送り、逮捕されました。
 アラミスはさっそく計画を建て、アトスを含む三人の救出作戦を進めますが、その結果はなんと。

 ダルタニャンは晴れてトレヴィル殿亡き後の銃士隊長の地位を得、ポルトスは領地の一つを男爵領に叙されて男爵を名乗り、アラミスはマザランにフロンド派との正式な協定を確約させ、アトスは存在感を示しました。
 見事なシメ。痛快な後始末をつけてこの物語 「二十年後」 は終わります。  (2016/4/9)
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-014 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:将軍と二つの影 ダルタニャン物語 6 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/11 B76 価格:480Yen ページ数:560P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/7/15 購入:1975/7/20 カバー装画:おのき がく
「将軍と二つの影」 アレクサンドル・デュマ・ペール 1660年の5月、という出だしで始まります。場所は、ロワール河畔、ブロワ城。
 ここで退屈をもてあましているのは、ガストン・ドレルアン(1608-1660)。52歳。アンリ4世の三男、つまりルイ14世の叔父。ルイ14世が生まれるまでの間、ルイ13世の後の王位継承予定者であった人。陰謀を繰り返したことで、マザランによってこの城に「隠居」させられており、そのままこの年に死を迎える運命の人。
 この人自体はこの物語で大事ではありませんが、彼の城にいる二人の娘は、のちに物語に大きな影響を与えることに。モンタレーとルイス、と呼ばれます。

 この殿下の元へ、当時22歳になる若い国王ルイ14世とその取り巻きが一日やっかいになりたい、と願い、使者が使わされます。その使者となったのが、ラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵という若い貴族。彼こそが、この第6巻から11巻までのダルタニャン物語のタイトル・ロールとなるヒーロー。ただし、とても主役が務まる器量はない、ときたもんだ。
年齢は1660年当時
イングランド王チャールズ2世
チャールズ2世
(Charles II) 1630/5/29-1685/2/6 イングランド、スコットランド、アイルランド王(1660/5/29-1685/2/6)。当時30歳
アルベマール公ジョージ・マンク
ジョージ・マンク (初代アルベマール公)
(George Monck, 1st Duke of Albemarle)
1608/12/6-1670/1/3 イングランドの貴族・軍人。王政復古を実現させた功によりアルベマール公爵に叙された。当時52歳

マリー・マンチーニ
マリー・マンチーニ (マリー・ド・マンシーニ)
(Marie Mancini)
1639/8/28-1715/5/8
ジュール・マザラン枢機卿の7人の姪の一人。ルイ14世の最初の愛人。王が結婚を望んだため急遽コロンナ家の公子と結婚させられ3男を産むがのちにこの結婚は破綻。当時21歳

 このラウル、すなわちラ・フェール伯爵ことアトスの息子は、使者としての務めを果たした後父の元に挨拶に行くのですが、ここで何度目かの釘を刺されます。
 「しかし、わたしは言っておいたはずだよ、ラ・ヴァリエール嬢を避けるように、わたしの許可なしには会わないようにと」 (P49)
 ラ・ヴァリエール嬢とは、かつてラウルの近所に住んでいたお嬢さん。ルイス・ラ・ヴァリエール。アトスはすでに未来の不幸を見通していたのか。それとも戦場に生きた戦士の勘でキナ臭いものを感じたのか。

 さてここでもう一人、重要人物が顔を出します。
 故国を追われ、異国でさまよう元国王。イングランドの王、チャールズ2世。
 この本の翻訳ではイギリス人と言いますが、当時現代の意味でのイギリスは存在しません。現代のイギリスを構成する王国の一つイングランドがあるだけ。
 このチャールズ2世がこの街に偶然おり、ルイ王の到来を知ってひそかに面会を求め、援助を願い出たのでした。いろいろ事情もあるから、国を挙げての支援はなくてもいい。わずか百万の金か、200人の貴族か、どちらか、なんとかならないだろうか、と。
 しかし今のルイは、そのどちらも自由にはならないと苦しげに答えるのみ。
 1リーヴルを現代の価値で五千円とすると、百万リーヴルとは50億円。とてもわずかな金額とは言えないと思うのですが、そこはもう雲の上の人の発想ですな。

 失意のうちに宿を去る亡国の王。
 このとき、ルイ王の護衛にあたる近衛銃士の副隊長が、王に面会を求めました。歳は50から55がらみ、立派な顔立ちをした男、とあと(P272)で描写されます。
 長年王に仕えたこの男は、この他国の王への仕打ちに腹を立てているらしい。それと共に、長年国家に忠誠を尽くしながら報われなかった過去を、不満があるなら言えという王の命令でぶちまけます。
 「はい、陛下、陛下がそのような目つきでわたくしをお睨みになるお気持ちはよくわかります。歯に衣を着せぬ直言は、まさに気違い沙汰かもしれません。しかし、これも致しかたないではございませんか! わたくしは老人ですし、他人にこんなことを言われたら、そいつののどにその言葉をねじ込んでやることでございましょう。それくらいひどいことを、わたくしは陛下に、わが国王に申し上げました。心底を披瀝せよとの仰せでしたので、わたくしは、三十年このかたの、まさに積年の怒りを、御前にぶちまけました。陛下のご命令とあらば、わたくしは喜んで全身の血を捧げる覚悟でおりますが、それと同じ気持ちで洗いざらい申し上げた次第でございます」 (P165)
 そして若い王の、それはわかったからもう少し待ってもらえないか、自分が後見役の呪縛から解き放たれるまで、という言葉に対しても、老いた自分にはそんな余裕はないと言いきります。
 かくして一度は銃士隊長の地位を約束されながら何十年も銃士隊副隊長として国王を護衛してきたダルタニャンは、ようやく自由の身になります。
 そして計画を建てます。あの亡国の王を復位させてやろうじゃないか、と。

 失意のチャールズ王は、一人の貴族を訪ねます。かつて自分の父の最後の場面に立ち会ったという男の一人。そこで驚くべきことを教えられたのでした。今まで、神とチャールズ1世と自分しか知らない秘密、とその貴族は言います。金貨で百万、最後に隠してあるのだ、と先王はその貴族に言い残したのだそうな。そして最後に、
 『覚えておれ ─Remember─!』
 と叫んで処刑されたのだという。
 かくしてその貴族、ラ・フェール伯爵ことアトスは、かつての約束を守るためにイングランドに旅立つことを決心したのでした。

 期せずして同じ事を考えた二人の不屈の男、ダルタニャンとアトスは、はたして何を行ったのか。
 イングランドの議会に忠誠を誓う共和主義者モンク将軍は、どんな人物だったのか。彼ら二人とどう対決したのか。何を決断したのか。
 パリのロンバール街に店をかまえるプランシェは、共同出資者からどんな報告を受けることとなったのか。
 一国の王であってもめったに得ることができないイングランドの二つの勲章、ガーター勲章と金羊毛勲章を得たのは誰だったのか。

 いやぁ、そりゃありえないだろうと腹の中で言いつつ、デュマの物語を堪能しましたよ。箱の中に人間を詰め込んで何日も放置してそのまま無事に済むとは思えないけど、お話だからしゃあないか、などと突っ込みたいところもあったし。

 この巻は、まずルイという若い国王が自分の意志で苦しい国家の政治判断を下し、結婚したいとまで思った愛人を諦めてスペインから王妃を迎える場面から始まり、一人の将軍と二つの影が歴史を動かした場面を描写し、そしてフランスのもう一人の王であったマザラン枢機卿が絶命するときまでを描きます。大デュマ、お見事。 (2017/7/22)


 読書メーターの記録より  読了:2017/7/15 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-015 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:ノートル・ダムの居酒屋 ダルタニャン物語 7 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/11 B76 価格:480Yen ページ数:560P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/7/15 購入:1975/7/20 カバー装画:おのき がく
「ノートル・ダムの居酒屋」 アレクサンドル・デュマ・ペール フランスを支配してきたマザランが死んだあと、その座を占めるのは誰か。
 衆目の一致するところ、その地位に就くべき人は今やフランス最大の資産家となった財務卿ニコラ・フーケ。しかし、やっと重しから解放されたルイ14世は、そうは考えない。
 ここの歴史解釈は、デュマ独特のものだったのでしょうか。それとも当時わりとそう考える人が多かったのでしょうか。
 若きルイは、まずマザランに仕えてきたというコルベールという男をマザランの後継者にと考えます。しかし、マザランのように自分の膨大な財産を背景にフランス王家の財産を管理させようとは思わない。彼を自分の駒として使おうとしたのです。
 これは、貴族・王族たちによる集団指導体制から、王が自ら官僚を駆使して絶対王政へと移行していく流れです。
 若き王は、中世から近世のパラダイムの変化を、どれだけ意識して作ろうとしたのか。
年齢は1661年当時
ニコラ・フーケ フランス財務卿
ニコラ・フーケ (ベル島侯爵およびムラン子爵およびヴォー子爵)
(Nicolas Fouquet) 1615/1/27-1680/3/23 法律家、財務官、フランス財務卿。当時46歳
フィリップ・ドルレアン ルイ14世の王弟
フィリップ
・ド・フランス
(初代ブルボン=オルレアン公)
1640/9/21-1701/6/9
ルイ13世の次男。ルイ14世の弟。男色家と言われる。兄王よりの莫大な年金により無為な一生を送った、らしい。当時21歳

ヘンリエッタ・アン・ステュアート
オルレアン公妃アンリエット・ダングルテール
 Henriette d'Angleterre(英名 ヘンリエッタ・アン・ステュアート Henrietta Anne Stuart)
1644/6/16-1670/6/30
フランス王アンリ4世の孫。ブルボン家出身のイングランド王チャールズ1世妃であるアンリエットの娘。ルイ14世の王弟オルレアン公フィリップの妻。ルイ14世の愛人となったこともあり。当時17歳


 しかも、この若者の凄いところは、コルベールという人物を能吏として使うとして、彼一人に国家の流れを託そうとはしないところ。もう一つ、自分自身の目と耳と拳を作ろうとします。
 「わたしが苦境に立っているとき、あなたは慰めてもくれなかった」
 「しかし・・・」ダルタニャンは面を上げた。気品にあふれた態度だった。「困っておられる陛下をお慰めしなかったことは事実ですが、陛下を裏切るようなことも、決していたしませんでした。わたくしはなんの代償もなしに自分の血を流しました。犬のように門口の見張をいたしました。だれもパンや骨を投げてくれないのを承知の上で。同じく困窮にあえぐわたくしでしたが、いま仰せられたように、おひまを頂戴いたした以外、わたくしは陛下になにひとつお願いしたことはありませんでした」
 「あなたが立派な人物であることはよく承知している。しかし、あのとき、わたしはほんの若輩だったのだ。もう少し、いたわりの念を持ってくれてもよかったではないか・・・」 (P64)
 絶対権力を持っているはずの国王に愚痴まで言われて、さすがに恨みが溜まっていたダルタニャンも、言いたいことを言ったあとは見限った王のもとに戻ることに。
 なんといっても、
 「ダルタニャン、そんなことが許されると思うのか?」国王は決然と言い放った。
 「しかし、陛下・・・」
 「しかし、どうなのだ?」
 「なぜ許されないのでございます?」
 「わたしが望まないからだ!」青年君主の声は荘重で、威厳に満ちていた。ダルタニャンははっとして身じろぎした。 (P68)
 という追い込まれ方になると、ダルタニャンは弱い。
 とりあえずコルベールとは武装中立的なスタンスで、国王の手足になることを承知します。

 王の命によりダルタニャンが町人アニャン氏となって潜入したのは、ベル・イール・アン・メール島。フーケ財務卿の私領です。ここにフーケが要塞を作っているらしいという情報があり、ダルタニャンの任務はそれの確認と偵察。
ベル・イール・アン・メール島 この島は、元はブルターニュ公領。この、自分たちがフランス人であるとは思っていないブルターニュの地を治めるフーケは、住民に慕われているらしい。しかも、ここの教会もフランス王の命令には従わず、独立独歩の精神を貫いています。となると、潜入は簡単ではない。
 ここでなんと、ダルタニャンはポルトスとアラミスを発見したのでした。ポルトスはここの要塞の建造責任者なのだという──のですが、ダルタニャンは一目でアラミスこそその人物だと見破ります。しかしそもそも、いったいここで彼らは何をやっているのか。

 フーケとアラミス、いやいまやデルブレー司教との間には何があるのか。ダルタニャンは二人に昔と変わらぬ友情を示しますが、同時に陰謀のにおいをかぎつけます。
 アラミスもまた、ダルタニャンに警戒を怠らないものの敬意をはらうにやぶさかではない。
 「そうです、わたくしはダルタニャンを愛し、かつ讃歎しています。なぜ愛するかと言えば、善良で、偉大で、公明正大だからですし、なぜ讃歎するかと言えば、人力の極限をわたくしに示してくれるからです。しかし、愛情や讃歎の念と同時に、わたくしはかれを恐れ、いつも先手を取るように心がけています」 (P325)
 この勝負はとりあえず痛み分けになりますが、この働きで正式な銃士隊隊長の地位を獲得したのだから、とりあえずダルタニャンとしては良しとすべきか。
 史実では、ベル・イール・アン・メールに要塞を築いたのはかのヴォーバンその人なのだそうな。なるほど、アラミスはこの時代最高の軍事技術者に匹敵する人物だと言うことか。

 この巻の後半は、フランス王弟フィリップの元にイングランド王家から嫁が来る話。むろん同盟関係のための政略結婚ですが、この疑似恋愛模様はなんなんだろうね。
 まず、前に顔を出したモンタレー嬢とラ・ヴァリエール嬢が王弟妃の侍女となります。これはいい。
 フランスに上陸したアンリエット王女には、忠実に付き従うバッキンガム公爵(アンヌ・ドートリッシュを籠絡したバッキンガムの息子)がぴったりと張り付いています。彼は、だれがみても明らかなようにこの姫に恋をしており、一分一秒たりともそばを離れたくないし、姫の眼差しひとつを得るために誰彼ともなく決闘を挑まんばかり。
 この姫をパリに迎えるために港に現れたラウルの親友ギーシュ伯爵は、ひと目この姫を見るや恋の虜となり、身も世もあらぬ様子。彼は王弟フィリップ殿下の寵臣の地位をシュヴァリエ・ド・ロレーヌと争っているのですが、そんななかでも恋は別。この美しい姫の微笑を得られるなら死んでもいい。
 なんだかなぁ。

 かつてダルタニャンにひどい目に会わされたワルド伯爵の息子ワルド子爵がギーシュの友人として登場し、ラウルに敵意むき出しで当たってくる。なるほど、という展開なんだけど、この息子、父の爵位よりひとつ下と言うことは、まだ父は生きていると言うことなのかなぁ?

 ラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵は、ルイス・ド・ラ・ヴァリエール嬢に夢中なのでこの恋模様には加わらず。世界のだれより尊敬している父ラ・フェール伯爵の反対にもかかわらず、彼女と結婚したいと頑張ります。泣く子と地頭には勝てない父はルイ14世にこの結婚を認めて欲しいと願い出ることに。しかし王はこの老人の不満そうな顔に気づいたのか、許可しない。そして。
 このあとの歴史を知っているだけに、なるほどデュマはこう言う展開にして歴史を結びつけたのかと、その手腕にちょっと驚きます。
 しかし、この無責任な恋愛模様は読んでいて疲れる。面白くない。
 40年以上前に読んだとき、このへんがつまらなくてくだらなくて困ったもの。
 今もそうだとは思わなかった。(笑) (2017/8/7)


 読書メーターの記録より  読了:2017/8/5 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-016 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:華麗なる饗宴 ダルタニャン物語 8 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/11 B76 価格:480Yen ページ数:560P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/7/15 購入:1975/7/20 カバー装画:おのき がく
「華麗なる饗宴」 アレクサンドル・デュマ・ペール かつて愛人であったその父公爵を失ったことがある王太后アンヌ・ドートリッシュの説得で、イングランドに帰ることをようやく決心したバッキンガム公爵から始まります。帰ると言っても、そのままでは帰れない。向かっ腹を立てる相手をワルド子爵と決め、丁重にフランスへの港まで同道を願い、波打ち際の先、つまり決闘が禁じられたフランス国土の外でワルドを叩きのめして帰国します。読者は溜飲を下げたのでしょうけど、あんまり意味はないな。しかもワルドくんは生きのびてパリに戻っているし。
年齢は1661年当時
ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール
ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール(Louise de La Vallière

ラ・ヴァリエール女公爵兼ヴォージュール女公爵(demoiselle puis duchesse de La Vallière et de Vaujours)
 1644/8/6-1710/6/7
1661年頃よりルイ14世の愛妾。王との間に6人の子をもうけ、マリー・アンヌのみが成人した。1674年には宮廷を辞して修道院に入ったという。当時17歳。

ギーシュ伯爵 アルマン・ド・グラモン
アルマン・ド・グラモン ギーシュ伯爵(Armand de Gramont Comte de Guiche)

 1637-1673/11/29
グラモン元帥の息子。母はリシュリュー枢機卿の姪。オルレアン公フィリップの愛人であり、その妃アンリエットの愛人でもあったという。後日、軍人として多少の功績を上げたらしい。当時24歳。

シュヴァリエ・ド・ロレーヌ
フィリップ・ド・ロレーヌ(Philippe de Lorraine)

 1643-1702/12/8
通称シュヴァリエ・ド・ロレーヌ(Chevalier de Lorraine)
名門貴族ギーズ家の一員で、分家のエルブフ公シャルル1世の次男のアルクール伯アンリの次男。美男子。ルイ14世の弟オルレアン公フィリップの男色相手。
 当時18歳。

 まァその前に、ワルドくんは恨み重なるダルタニャンに親の仇を取ろうとしてしっぺ返しを食らうのですが。

 さて、愛を誓った(と思った)王弟妃アンリエットの裏切りに失意のバッキンガム公は去り、フランス宮廷にはコケットな彼女を女神と崇めるギーシュ伯爵が残ります。
 その王弟妃に、前は目もくれなかったルイ14世が急に関心を持つことになったのは、なぜか。──単なる気まぐれかな。
 まァ、なぜそこまで王弟妃が自由にふるまうかというと、こんな訳があるとか。
 ほかならぬ王弟フィリップの寵臣の座をギーシュと争うシュヴァリエ・ド・ロレーヌに、ギーシュがこんな事を言います。
「なるほど、シュヴァリエ。しかしわたしは奥方が非常に危険な人物だと思いますよ」
「どういうわけで?」
「王弟殿下が女性には情熱を示さないことを、奥方は見抜いているからですよ」(P216)
 つまり、みんなそれ(王弟はホモである)を知っているから、王弟夫妻がなすべき事、つまり王室の血統を絶やさない努力をする限り、なにをしても許されるんですね。ふむ。

 さて、とはいえ王自身が弟の嫁さんといちゃつくのはやはり外聞が悪い。で、二人は考えた。カムフラージュしよう、と。
 そこで目につけたのが、王弟妃のぱっとしない侍女、びっこのラ・ヴァリエール。王は実は前からこの侍女に目をつけ、ぞっこんだったことにしようぜ。ここまで、見事に史実通り。
 作戦はなかなか面白かったのですが、ここでデュマは一ひねり加えます。王がこのラ・ヴァリエールに芝居で思し召しを示すのを見たアンリエットが、嫉妬の発作にかられてしまうのです。しかも、この可憐で純情(史実でもどうやらそうだったらしい)な娘が、王に対する思慕の念を恥ずかしげに口に出し、それを王自身がこっそり聞いてしまうことに。
 つまるところ、このラ・ヴァリエールという娘、身分的にはちょっと上にあるラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵という幼なじみでいい男に結婚を望まれるという破格の幸運な立場をかえりみず、身の程知らずにも妻のある、しかも絶対権力者の国王を愛し、一身を投げ出すほど馬鹿であったと言うこと。
 まァフランス的にはありなのでしょうし、国王の寵姫として身を立てるという立身出世もありですから、それはそれでいい。しかし純情可憐という設定であるこの娘の決断としては、史実そのままであるだけに、あとの悲劇が予想されます。

 で、このあたりで王弟妃をめぐる恋のさや当て、王弟の寵愛の座をめぐるあれこれ、王の寵姫の座をめぐるいろいろが描写されます──このへんは、鐵太郎として、正直、波長が合わないのです。むかし読んだときも、今もなお。なんだろね。
太陽神アポロンに扮したルイ14世
 さて、歴史エピソードとしては、名高いバレエ『四季』のシーンもはさまれす。ルイ14世が太陽神アポロンに扮したもの。この時代のフランスの王侯貴族は、ダンスだけではなくバレエもこなさねばならなかったそうな。
 このあたりは、蹴鞠や連歌ができなければ貴族とは言えなかった日本の宮廷と通じるものがありますね。この流行におくまいとする貴族たちの姿というもの、ある意味笑劇と言えるのかも。

 とはいえこの饗宴に600万の金を、それも財務卿フーケから絞り出させたという。いくらと換算すべきか迷いますが、1フラン=5000円としたら300億円が王の一夜の楽しみのために費やされたことになります。
 モンテ・クリスト伯が平然と何百万フランと使うのは、彼が幸運と才覚で築いた財産。しかし、これはすべてフーケの金、王家の金と言いながら、国民の血税です。なんだかなぁ、と思う。


 さて、この宮廷で繰り広げられる歴史絵巻の陰で、ひそやかな陰謀が進みます。
 ヴァンヌの司教デルブレー猊下、すなわちかつての銃士アラミスは、バスチーユの長官ベーズモー・ド・モンルザンをたずね、無邪気にいくつか質問をしたのち、一人の囚人とこんな会話をします。
 「いままでに、見知らぬ男なり、女なりの訪問を受けた覚えはありませんか?」
 「あります。女の人が三回。いつも馬車で門に乗り付け、ヴェールを冠ったまま入ってきました。部屋で二人だけになると、はじめてヴェールをぬぐのです」
 「その婦人の顔を覚えていますか?」
 「ええ」
 「どんなことを言いました?」
 青年は寂しそうな微笑を浮かべた。
 「いまあなたが言われたようなことを、たずねました。仕合わせに思うかとか、退屈しないかとか」
 「入ってくるときや、別れるときには?」
 「わたしをだきかかえ、胸にだきしめ、接吻してくれました」
 「その人をよく覚えていますね?」
 「ええ、はっきりと」 (P106-107)
 アラミスの顔に浮かんだ笑みは、なにを示すのか。
 この、水面下で進行中のなにかがなければ、とてもじゃないが読んでいられんとおもったもの。昔も今も。
 ふう。 (2017/8/15)


 読書メーターの記録より  読了:2017/8/13 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-017 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:三つの恋の物語 ダルタニャン物語 9 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/14 B79 価格:480Yen ページ数:616P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/10/15 購入:1975/10/20 カバー装画:おのき がく
「三つの恋の物語」 アレクサンドル・デュマ・ペール この巻は、47の章のうちおそらく30以上の章がが国王ルイ14世の不倫をめぐる恋模様。
 
 当て馬だったはずのラ・ヴァリエール嬢を見れば見るほどその清楚さ、ひたむきさに感動した国王ルイ、彼女の思いに答え、愛を約束します。そうなると、王妃や愛人にしたはずの王弟妃が煩わしくってたまらない。いかにしてその目を誤魔化すか、という恋のあれこれ。
 王弟妃に厭われ、宮廷から逃げ出して修道院に走り込むラ・ヴァリエール、彼女を連れもどし、王妃や王弟妃に気づかれずこの愛人に会う方法に悩むルイ、国王の寵を得たいがためにこの逢瀬をなんとかしようとする廷臣たちの右往左往ととんでもないアイディア。デュマのユーモア感覚が絶妙。

 当時のフランス王の政務とやらがどれだけのことであったのかはともかく、まるで源氏物語のような国家や職務に責任を持つ必要もなく恋の駈け引きにうつつを抜かせる人々。こういう宮廷生活に憧れる方々にとっては面白いのでしょうが、当時の世相の中で、当時欧州最強の陸軍国家としてゆるぎない絶対王政を築きつつあったフランス王国の内側ってこんなものなのか、と思うとなんだかなぁ。
年齢は1661年当時
ジャン=バティスト・コルベール
ジャン・バティスト・コルベール(Jean-Baptiste Colbert)
1619/8/29-1683/9/6

 フーケの失脚後にルイ14世の財務総監となり、フランスの財政再建に貢献。のちにコルベルティスムと呼ばれた重商主義政策でフランス王国の財政を支えた。
 当時42歳。
マントノン侯爵夫人
モンテスパン侯爵夫人フランソワーズ・アテナイス・ドゥ・モルトゥマール
(Françoise Athénaïs de Mortemart, marquise de Montespan)

 1640/10/5-1707/5/26
 トネー・シャラント嬢として登場。1667年頃よりルイ14世の愛妾となる。夫モンテスパン侯爵との間に二人、王との間に7人の子をもうけた。1680年頃には寵を失い、修道院に隠棲させられた。
 当時、21歳。
 ま、鐵太郎は基本こう言うことについては石頭なのですけどね。(爆) いずれにしてもこのパートは、読んでいてかったるい。

 でもって、ついにイングランドに追いやられていた純真で真面目で忠誠心と友情に篤いラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵が帰国し、互いの愛を固く信じていた純真で真面目で可憐なルイズ・ド・ラ・ヴァリエール嬢と国王の逢い引きの場に登場してしまう、という。
 おお。

 さて、その背後でヴァンヌの司教デルブレー猊下ことアラミスの行動にがますます怪しく思えるダルタニャン。ベル・イール・アン・メール要塞だけでなく、バスチーユ城塞、街の葬式と、意表を突くところにあらわれすその目的はなにか。その陰に現れた女の正体が、あのかつてのアラミスの愛人で陰謀家、シュヴルーズ夫人でである事がわかったとき、これはただならないものがあると確信します。
 実は史実のシュヴルーズ公爵夫人マリー・ド・ロアンは、79歳まで生きて、陰謀家としてあちこちいろいろ悪評を残したのだそうな。かつてはこの女の愛人としてさまざまな陰謀をめぐらしたアラミスですが、今回はもう愛想が尽きたらしい。彼女からの金の無心を断り、ついに引導を渡す事に。
 アラミスの胸からは、夫人にたいする不快の念が消えなかった・・・勝利者の戦車のうしろから、敗者の呪いの声が聞こえてくるような気がした。
 アラミスは呼び鈴を鳴らした。
 部屋にパッと灯りがついた。
 公爵夫人の憔悴しきった顔が、アラミスの目のまえにくっきりと照らし出された。
 アラミスは、青ざめてかさかさになった夫人の頬の上に、往年の輝きを失った目の上に、黒くまばらになった歯を隠そうと懸命になっている口の上に、いつまでも皮肉なまなざしをそそいでいた。
 アラミスのほうは、すらりとして力強い脚を品よく伸ばし、血色のよい誇らしげな顔を上げ、燈火のもとでもなおつややかさを失わぬ白い歯をのぞかせて微笑した。老いたコケットには、小粋な愚弄舎の気持ちが手に取るようにわかった。まるで大きな鏡のまえに立ったように、いくら注意深く隠しても隠しきれぬ衰えが、相手の若さとはっきりした対照をなしていた。
 アラミスが、往年の銃士を思わせるような、優雅な身ごなしで会釈しているあいだに、夫人はあいさつをかえそうともせず、よろけるような重い足どりで、あたふたと部屋を出て行った。
 アラミスは床の上を風のように滑って、夫人を戸口まで見送った。
 シュヴルーズ夫人は銃を手にした従者に合図した。こうして、かつてはあれほどやさしくむすばれていた二人の恋人は、あまりにも相手を知りすぎていたために、ついに話しあいをつけることができぬまま、この家で別れを告げることになったのである。 (P605-606)
 当時の読者の快哉が聞こえてきそうなシメの文章で、この巻は終わり。
 つぎはいよいよ鉄仮面の登場、になるんだったかな? (2017/8/25)


 読書メーターの記録より  読了:2017/8/20 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-018 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:鉄仮面 ダルタニャン物語 10 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/15 B80 価格:480Yen ページ数:552P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/11/15 購入:1975/12/2 カバー装画:おのき がく
「鉄仮面」 アレクサンドル・デュマ・ペール アラミスに振られたシュヴルーズ公爵夫人は、次にコルベールの元へ。財務卿フーケをゆするネタがあるので30万リーヴル欲しいという。1リーヴル=現代の5000円として15億円、と単純に考えていいものかはともかく、彼らの金銭感覚は庶民の常識では測れない。
 手紙の買い取りだけでなく、太后アンヌ・ドートリッシュへの面会まで取り付けたシュヴルーズ夫人、癌で苦しむ太后に語ります。自分は国家の秘密、太后は23年前ルイを生んだ直後、双子のもう一人の男子を産んだのだと。そしてその子は相続問題でこじれることのないように隠されたこと。これは今はもう二人の秘密、という。
 ここで作者がこう言います。
 これでこうした陰謀の種はすべて出つくしてしまった。読者諸君はこれまでわれわれの提供した三つのテーマから、あれこれ想像をたくましゅうしていられるに違いない。(P61)
年齢は1661年当時
ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ(Jean de la Fontaine)
1621/7/8-1695/4/13

 17世紀フランスの詩人。イソップ寓話を基にした寓話詩で知られる。コルベールの死後、そのアカデミー・フランセーズ席次24を引き継いだ。当時40歳。
シャルル・ル・ブラン
シャルル・ル・ブラン(Charles Le Brun)
1619/2/24-1690/2/22

 17世紀フランスの画家、室内装飾家、美術理論家。ニコラ・フーケが所有するヴォー=ル=ヴィコント城の建設に参画して名を上げた。ルイ14世の第一画家としてヴェルサイユ宮殿、ルーヴル宮殿等の内装を担当。当時42歳。
モリエール
モリエール
(Molière)
1622/1/15-1673/2/17

 17世紀フランスの俳優、劇作家。コルネイユ、ラシーヌとともに古典主義の3大作家の1人。本名ジャン=バティスト・ポクラン(Jean-Baptiste Poquelin)。鋭い風刺を効かせた多くの優れた喜劇を作り、フランス古典喜劇を完成させた。当時39歳。
 そう、「ブラジュロンヌ子爵」という長い物語は、新聞連載小説という形で書かれ、この「ダルタニャン物語」では第6巻から第11巻までを占めますが、ここを頂点として一気にフィナーレまでなだれ込むのです。

 さて、フーケのサロン、彼の邸宅に集う人々には、のちにフランスの文芸史に名を残した人々もいます。たとえば、ラ・フォンテーヌ。詩人、寓話作家。ル・ブラン。画家、装飾家、美術評論家。モリエール。画期的な辛辣喜劇作家。デュマの物語には、こういう実在の人々がさりげなく顔をのぞかせます。歴史小説の醍醐味というべきか。
シャルル・ル・ブラン こう言う人々のエスプリの効いた会話の中で、だんだんと追いつめられていく財務卿フーケの姿が、デュマらしい筆致で描かれていきます。王の嫉妬という臣下として最悪の事態を招いた原因は、結局何だったのか。
 少なくともその引き金になったものははっきりしています。かの有名なヴォーの大饗宴。彼がその財産と美の愛好家としての力量、そして彼を取り巻くサロンの人々の能力を結集して作り上げたヴォー=ル=ヴィコント城(Château de Vaux-le-Vicomte)で行われた、前代未聞の饗宴です。
 これにより、自分より富裕で自分より優れた城を作り自分より大規模な饗宴を行うフーケというフランス第二の人物に対し、若いルイは嫉妬心とともに危機感を抱いたのでした。

 この影で進行した、アラミスことデルブレー司教が起こした国家を揺るがす陰謀とはいったい何だったのか。

 と、その前にこの物語の主人公たちが選んだ道の方が先に描かれます。
 まずは、純粋で正直でいやになるほど清廉潔白なラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵。相思相愛だと固く心に思いこんでいた可憐で純粋で清廉潔白なルイズ・ド・ラ・ヴァリエール嬢が、実は身分からしても立場からしても絶対に釣り合わない国王ルイを心底から愛している、という現実を叩きつけられ、唖然。この二人、揃いも揃っておめでたい考えなしとしか見えないのですが、ま、それはそれ。
 とりあえず恨みを示せる相手として、王とルイズの間を取り持ったサン・テーニャン伯爵に決闘を申し込むことに。
 でも、なんだか訳わからん展開の中で、その役目を父の友人たるポルトスにまかせることとなり、しかもポルトスには待ちぼうけを食らわしてしまう。これほど主人公として無能で無責任で情けないヤツも珍しい。
 そこで思った。この本の題名「ブラジュロンヌ子爵」は単なる飾りで、タイトル・ロールとしてこんな色男が正面にいるよ、とだけ伝えるためのもの。実際の主人公は別にいるんです。ではそれは誰かって? そりゃもう、個性豊かに暴れ回った中年四人組、ダルタニャン、アトス、ポルトス、そしてアラミス。それぞれが、見事な持ち味でここから先を盛り上げてくれます。

 まずアトスことラ・フェール伯爵。彼は息子ラウルに変わって王ルイに言上します。そもそも、かつてルイズ・ド・ラ・ヴァリエール嬢を妻としたいと王に願ったとき、こう言いましたね。許婚者などというものは、当事者だけで勝手に決めたもので、世間には通用しない、と。あの女は財産がないから、と。家柄もよくない、と。あまり美しくもない、と。そう言いましたよね、あのとき。
 こう言ってかつての王の傍若無人な判断を非難したのち、あらためて息子とルイズの婚礼の許可を求めます。
 愛人を手放したくないルイはにべもなく拒否。錐のように鋭い口調で諫言するラ・フェール伯爵。そうなると、権力の味を知った王の返事ははこうなることに。
 「あなたはあなたが話している相手が国王である、ということを忘れている。無礼というものではないか!」 (P209)
 退出を命ぜられたラ・フェール伯は、もはやこう言うしかない。
 「帰るまえにこれだけ申し上げます。ルイ13世の御子たる陛下のご治世の最初は香しからぬもの、なぜなら陛下は略奪と不信によってそれを始められたからです。わたくしの一門もわたくしも、かつてご先祖の御霊を祀るサン・ドニの墓で、わたくしがブラジュロンヌに誓わせた忠誠と敬愛の念を捨て去ることにいたします。陛下はもうわたくしどもの敵でございます。わたくしどもはこれから先、天にある神のみを相手とし、神こそ唯一の主人と心得ます。なにとぞご承知おきくださいませ」
 「わたしを脅迫するつもりか?」
 「いえ、それどころか!」アトスは悲しそうに言った。 (P209)
 アトスは、あなたは忠誠の念を持っていた父親から王への信頼を失わせ、心に愛を持っていた息子から男の誠意と女の純潔を信じなくさせ、それよって二人の臣下を失ったのだと言って剣を抜き、自分の膝でそれをへし折って王の前に投げ、去ります。ルイは茫然としてそれを見送り、突然叫ぶ。「ダルタニャンを呼べ!」と。

 で、こうなった経緯は泣きながらラウルがアトスにルイズの不実を訴えたことによる、なのだそうな。となると、このにやけ坊やの主人公としての格がガラガラと崩れていきます。そもそも、ラウルこそが国王に忠誠の破局を宣言すべきだったはずではなかったのか。
 アトス、ダルタニャンの二人に「かわいそうなラウル!」といわれ、絶望の淵に自ら身を浸すこの青年は、主人公らしい姿を見せることはもうありません。やはり、小者でしかなかったねぇ。

 さて、主人公の座を譲る気のない男その2(笑)は、王の命によりアトスを逮捕し、バスチーユへ連行します。むろん、友人としてゆったりと。
 そこで出くわしたのは、・・・の男その3(笑)、デルブレー司教ことアラミス。むろん囚人としてではない。いったい何のためにここにいるのか。で、人の悪いダルタニャンは、アトスとアラミスを典獄のベーズモー氏の食卓に残し、いったん席を立ちます。あとに残る三人のうち二人は、泰然自若をしながらもどうも居心地が悪い。
 ダルだニャンがどこに行ったかというと、こういうこと。
 「ダルタニャン君、きみは国王を愚弄するのか!」
 「陛下...」
 「ダルタニャン君、ことわっておくが、わたしの忍耐にもかぎりがあるのだ」
 「それはよく存じております」
 「なに、よく知っている?」
 「わたくしも逮捕していただきたいと思って、参上しました」
 「逮捕してもらいたい、きみも?」
 「さよう、わたくしの友人はバスチーユで退屈するでございましょうから、相手をしてやりたいと存じます。陛下が一言ご命令くだされば、わたくしは自分で自分を逮捕いたします。べつに親衛隊長の手をわずらわすまでもございません」 (P258)

 「おい、ダルタニャン! このガスコン人め! 国王はきみかね、それともわたしかね?」
 「残念ながら陛下でございます」
 「なに、残念ながら?」
 「はい、と申すのは、もしわたくしが国王でございましたら...」
 「もしきみが国王だったら、きみはダルタニャンの裏切りを認めると言うんだろう?」
 「はい、かならず!」
 「ほんとかね?」国王はそう言って肩をそびやかした。
 「それから、わたしは銃士隊長にこう申します」とダルタニャンは言葉を続けた。そのまなざしはじっとルイ14世に向けられていたが、それはらんらんと光る目ではなく、穏やかな人情味のこもったまなざしであった。「陛下、わたくしはこう言うつもりです、『ダルタニャン君、わたしは国王であることを忘れていた。一人の貴族を侮辱するために、王位から降りてしまったのだ』と」 (P259)
 そして権力の味に慣れてきた若い王に言います。あなたが必要とするのは、友人ですか、召使いですか。軍人ですか、ぺこぺこ頭を下げる連中ですか。偉大な人物ですか、それとも道化師ですか。自分に仕える人間ですか、それとも唯々諾々と盲従する人間ですか。
 そして剣を抜き、王の前に捧げます。これぞ、主人公の格を示すもの、かな。
 かくしてダルタニャンはアトスの釈放を勝ち取り、バスチーユへ意気揚々と戻ったのでした。

 アラミスが国家を揺るがす陰謀に手を染めたのは、第一には自分のためではないと思われます。
 彼がその人物像に傾倒した一人の人物、ニコラ・フーケの没落を見るに堪えられなくなったから、でしょうね。
 しかしそれだけだろうか、とも思うのです。もしかしたら、彼の心中の陰謀好きな虫がうごめいたのではなかろうか。
 そうして、外と中の二つの欲求を満たすために、彼はバスチーユに幽閉されている一人の若者、現在の国王ルイの双子の弟であり、王位の継承という面で問題を起こす種を一つでも持ってはならなかった当時のフランス王家の危機の中でその存在を隠されていた王子を王位に就けるというとんでもない計画を、ほとんど独力でやってのけたのでした。
 これもまた、主人公としての格ですよねぇ。

 この巻は、その陰謀がまさに行われたときまでを描きます。
 「鉄仮面」という題であれこれ想像はできますが、困ったことにそんなものはこの巻では影も形も見せません。(笑)
 さて、この結末はどうなるのか。 (2017/9/7)


 読書メーターの記録より  読了:2017/9/1 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-019 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:剣よ、さらば ダルタニャン物語 11 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/16 B81 価格:480Yen ページ数:552P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/12/15 購入:1975/12/29 カバー装画:おのき がく
「剣よ、さらば」 アレクサンドル・デュマ・ペール 最終巻。国王を引きずり降ろす反逆は、始まったばかりで皮肉にもフーケ財務卿の忠誠によって食い止められ、アラミスことデルブレー司教はポルトスをともなって逃走。失恋に打ちのめされたラウルはついに立ち直れず、ボーフォール公とともにアラビア遠征軍に身を投じることになり、失意のアトスことラ・フェール伯爵は孤独な老人と化す。
 没落したフーケはついに王命を受けたダルタニャンの手で逮捕され、フーケと友人たちを逃がそうとするダルタニャンの企みはすべて王の命で閉ざされる。ポルトスは洞窟の中で死に、アラミスはスペインへ逃れる。
 ラウルはアラビアで自殺も同然の戦死を遂げ、その知らせを聞く前にアトスも孤独に死ぬ。
 ラ・ヴァリエール嬢は次第に王の寵愛を失い、トネー・シャラント嬢改めモンテスパン夫人が新たな筆頭寵姫の座に就くことに。
 国王との仲を改善したダルタニャンは忠実な軍人として功績を上げ、四年後にスペインの大物となったアラミスと再会。友情を確認したのち、アラミスはスペイン側の大使としてフランスとの交渉に当たることに。
 ダルタニャンはオランダへの遠征部隊を率いて進軍し、ようやく元帥杖を得た直後に敵の銃兵の狙撃によって戦死。そして終幕。

 お話としては、ここまで。最後はバタバタで終わったようなあっけない読後感ですが、作家デュマとしては、主要なお話が終わったあとの連載の終わりに向かってのまとめだったのでしょうか。
年齢は1661年当時
ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
シャルル・ド・バツ=カステルモール
Charles de Batz-Castelmore
通称ダルタニャン(d'Artagnan)

1615?-1673/6/25
 ガスコーニュの小貴族の息子(七人きょうだいの四男)として生まれる。1630年頃パリに現れ、近衛銃士隊の一員となる。ルイ14世の元で実質的な銃士隊長として国王に仕え、オランダ侵略戦争で戦死。当時、46歳?。
フランス王ルイ14世 1661年
ルイ14世(Louis XIV)

1638/9/5-1715/9/1
ブルボン朝第3代のフランス王国国王。72年というフランス史上最長の在位期間の間に王国の隆盛を招いたことなどにより、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。当時23歳
 今回、史実の人々の記録として、主人公のモデルである本当のダルタニャンことシャルル・ド・バツ=カステルモールの項目も作りました。大貴族でも優れた芸術家でもなかった彼ですから、よい肖像絵はありません。左写真は、パリ、マルゼルブ広場にあるアレクサンドル・デュマ・ペールの銅像の台座に座るダルタニャンの有名な銅像です。
 史実では、数多くいた当時の軍人貴族の一人に過ぎなかったはずのダルタニャンですが、フィクションの中で大きく描かれたことにより、17世紀のフランス快男児として文学史に名を残す事になったのでした。

 フーケに秘密を明かすアラミスとの会話の中で、ショッキングな言葉が出てきました。
 「覚えておいでですか、ルイ14世ご生誕のときのことを?」
 「まるで今日の出来事のように」
 「このご生誕について、なにか特別な事情のあったことをお聞きおよびですか?」
 「いや、なにも。国王がルイ13世の実子でなかったことは知っていますが」
 「そのことはわれわれの利害とも、国家の利害とも、なんらかかわりはありません。フランスの法律では、法の認めた父親を有するものが、その父親の子であると定められていますから」
 「そのとおり。しかし、家系の由緒が問題になると、事は重大です」
 「二次的な問題ですよ、そんなことは、してみると、あなたは特別なことはなにひとつご存じないのですね?」
 「なにも」
 「そこからですよ、わたしの秘密が始まるのは」
 「ほう」
 「王妃陛下は一人でなく、二人の男児をお生みになったのです」 (P29)
 なぜこんなに長く引用したのかというと、それは別の訳があります。とはいえ、実はこのルイ14世が13世の実子ではなかったという事をあまりにもさらっと言うものだから、そんなことが当時、あるいはデュマの生きた時代には人口に膾炙した説だったのかと驚愕したのです。なんですと!!! という話ですよね。
 で、この「ダルタニャン物語」の前に読んだ角川文庫の「鉄仮面」を見つけてあったので、その部分を石川登志夫氏訳で比べてみたのです。同じ箇所。

 「閣下はルイ14世の御誕生当時のことを覚えておいでですか?」と言った。
 「今日このごろのように覚えている」
 「御誕生についてなにかお聞きになりましたか?」
 「いや、なにも聞いておらん。陛下がルイ13世の王子であられるという以外は」
 「私の秘密はそこから始まっております。王妃陛下は一人の王子を御分娩になったのではない。双生児を御分娩になったのであります」 (P255)
 えっ、とまたびっくり。
 ここでわかったことはふたつ。鈴木力衛氏の翻訳と石川氏の翻訳がルイ14世の実父について真っ向から逆のことを書いていること。そして、鈴木氏の翻訳が抄訳であるらしいこと。
 抄訳であるらしいことは、それ以外の箇所をあちこち拾い読みしてもわかります。にもかかわらず鈴木氏翻訳の「鉄仮面」は600ページを超える大作なのですが。
 とはいえ話を戻して、ルイ14世の父親の話。これはどうなんでしょう。どっちの訳が正しいのか。
 これは、鐵太郎では判別できません。宿題...とするのも荷が重いなぁ。(笑)
 新潮文庫の「鉄仮面」は、落ちついたら読み返す予定です。

 さて、アラミスの陰謀がフーケと言う人物の清浄さによって崩壊したのち、アラミスは宮殿にいるルイの双子の弟フィリップを見捨ててポルトスと共にベル・イールへ馬を走らせます。これはフーケの温情によるもの。アラミスの罪は揺るがないが、長年の友人としての厚情に免じてその逃亡に目をつぶろう、と。
 そしてバスティーユに急行して国王を救い出すフーケ。しかしプライドを傷つけられた若き王は、救い出されたことに感謝は口にするものの二人の国事犯をベル・イールに逃がしたフーケに怒りをかくせません。
 「よかろう! だが忘れてはいないだろうね、そのベル・イールをわたしにくれたことを」
 「わたくしの友だちを逮捕させるために献上したのではございません」
 「では、わたしから取りあげるのかね、あの島を?」
 「はい、陛下、そのためでございましたら」
 「わたしの銃士たちが奪い取るさ、それまでのことだろうね」
 「陛下の銃士でも、陛下の軍隊でも奪回はかないません。ベル・イールは難攻不落でございます」フーケは冷ややかに言い放った。
 国王は真っ青になり、その目から稲妻が走った。フーケはもう駄目だと思った。だが権力者の言葉にしりごみするような人物ではなかったので、毒気を含んだ国王のまなざしをじっと耐えしのんだ。国王は怒りをおし静め、しばらく黙りこくっていたが、やがてこう言った。
 「ヴォーへ行こうか?」 (P71-72)

 アラミスがポルトスと共にアトスの元に最後の挨拶をして去ったのち、ボーフォール公が現れます。彼は今回、アラビアの異教徒征伐のため軍隊を率いて船出するそうです。最後に名を上げたい、という追い込まれた思いがあるらしい。そのため、優秀な副官が欲しいと言ってラウルのことを相談します。彼もラ・ヴァリエール嬢の話を知っていて、彼を立ち直らせたいのだとも言う。老後の最後の楽しみとして青年を手放したくなかったアトスですが、ラウル本人までそれを望むとあればしかたがない。老いた従卒グリモーをつけて出してやることに。しかしそれは、ボーフォール公の家臣になるということではなく国王の軍隊の一員となることなのだ、という公爵にラウルはこんな物騒なことを言う。
 「わたくしは公爵さまの艦隊で働きます。ただし、そこでは、わたくしは国王よりももっと強大なおかた、神に仕えるつもりでございます」
 「神だと! それはどうしたことだ?」アトスと公爵が同時に問い返した。
 「わたくしは信仰を公けに宣誓して、マルタ騎士になるつもりでございます」 (P116)
 女に振られて絶望し、友人たちの励ましにも耳を貸さず、老いた父を放置してマルタ騎士になる、つまり出家すると宣言するこの若者、死にたい願望がありあり。だんだん読んでいて腹が立ってくるのは鐵太郎だけだろうか。

 このあと、南仏カンヌの街の沖に浮かぶサント・マルグリット島に流される囚人フィリップと護送の任に当たったダルタニャンに、ボーフォール公の軍に入るラウルを送るアトスが合流する場面が入ります。ここではじめてこの囚人はこののち生涯鉄の仮面をつけて顔を見せないように、と言う国王の命がくだり、鉄仮面伝説が始まる訳です。
 吹き下ろす嵐に、空と溶けあった紫色の靄の中を、赤っぽい稲妻に照らされて、要塞司令官の六歩うしろから、黒い服を着、錆びた鋼鉄の目かくしで顔を覆った一人の男が、重い足どりで歩いてくるのが見えた。その目かくしは、頭まですっぽり入る鉄製のかぶとに溶接されていた。 (P180)

 カンヌから帰還したダルタニャンに、紆余曲折の末課せられた王命は、財務卿フーケの逮捕。この件でコルベールとの中がさらに悪くなるのですが、これはある意味意地の張り合い。王の命令で和解させられますが、そうは言ってもしこりは残るもの。国王を支える文官の長と武官の長の確執といったところか。
 しかしそのあとダルタニャンに課せられた任務は、ベル・イール島の要塞にいるアラミスとポルトスの捕縛、あるいは処刑。上手くやり遂げたら元帥杖を与える、といわれたからと言って、おいそれと受けられるものではない。
 島を包囲した王軍の司令官として上陸したダルタニャンはアラミス、ポルトスと会談。ここでなんとか王命の隙を付いて二人を逃がそうとするのですが、ことごとく国王のあらかじめ与えてあった命令によって追いつめられます。
 ついに島を脱出しようとした二人ですが、最後に皆を逃がしたあと洞窟の崩壊に巻き込まれるポルトス。
 一瞬、ポルトスの両腕は折れ曲がった。しかし、このヘラクレスのような巨人が全身の力をふりしぼると、ポルトスが閉じ込められていた岩の牢獄の二つの壁がゆっくり離れてゆき、どうにか身動きが取れるようになった。この花崗岩の額縁の中に立ったポルトスの姿は一瞬、古代の混沌の天使のように見えた。だが、両側の岩を押しのけたために、ポルトスの力強い肩にのしかかっていた一枚岩の支えが取りはらわれ、その一枚岩の全重量をもろに受けたポルトスは、がっくり膝をついてしまった。すると、一度は押し開かれた両側の岩がふたたび迫ってきて、十人もの人間を押し潰すことのできる一枚岩の重みに、両側の岩の重みがさらに加わってきた。
 われらの巨人は倒れたが、助けを求めるようなことはしなかった。ポルトスは倒れながらも、アラミスに向かって、『大丈夫、悲観することはない』と叫び返したなぜなら、その力強い両腕を支柱のように組み合わせ、ギリシャ神話に出て来る、あの怪力無双なエンケラデスのように、この三つの岩の圧力をはね返すことができると信じたからである。しかし、アラミスの目には、その岩の塊が少しずつ沈んでいくのが見えた。痙攣した手も、最後の努力に硬ばった腕も、ついに力が尽き、張りつめていた両肩は引き裂かれ崩れて行った。そのあいだにも、岩は次第に沈下し続けた。
 「ポルトス、ポルトス!」アラミスは髪の毛を掻きむしりながら叫んだ。「どこにいるのだ、ポルトス? 言ってくれ!」
 「ここだ、ここだよ!」ポルトスは絶え入るような声で答えた。「辛抱だ! もうすこしの辛抱だ」
 この最後の言葉を言い終わらないうちに、岩石の重みはさらに倍加した。巨大な一枚岩は両側からのしかかってくる二つの岩の圧力で急速に沈下し、こなごなに砕けた石の墓場にポルトスを飲み込んでしまった。 (P398-399)
 気のいい怪力の巨人、好漢ポルトス、逝く。
 彼を使い、頼り、結果として裏切ってしまったアラミスの涙を墓碑銘として。
 ここの描写は、デュマの渾身の作かも。翻訳文がどうもしっくりしないけどね。

 ポルトスの訃報を知ったアトスは、急激に健康を害していきます。さらにラウルの死を伝えられた今、アトスを現世にとどめるものはもうない。
 一時間を忘我のうちにすごしてのち、アトスはロウのように白い両手を静かに持ち上げた。その唇からはいつまでもほほえみが消えず、そして聞きとれぬほどに低く、かすかに、神に向かってか、ラウルに向かってか、こうつぶやいていた。
 「すぐ行きますよ」
 やがて、アトスの両手は、アトス自身がその手をベッドの上で休ませるためにおろしたのだと思えるほど、ゆっくりと落ちた。
 この気高い心を持つ人間にたいして、死は寛大で、優しかった。アトスには、臨終の苦悶や、末期の痙攣を免れさせたからである。すべての者に尊ばれるにふさわしいこの偉大なる魂に、死は恩寵のこもった指を一触れしただけで、永遠への扉を開いたのであった。 (P476)
 ポルトスの領地を回ってからラ・フェール伯爵領を訪問したダルタニャンが見たものは、ボーフォール公からのラウル訃報を持ってきた老僕グリモーが嗚咽する姿と、その前の寝台に横たわるアトスの姿でした。

 ちなみに手紙に書かれたラウルの死にざまは、撃戦の中で不意に立ち上がったラウルが馬を駆ってアラビア軍に突進し、ボーフォール公の命令でフランスの名射手がその馬を射殺してラウルを止めようとしたのに、そのまま歩いてアラビア軍の銃弾に撃ち抜かれたというもの。
 重傷の青年を奪還するために、フランス軍は50人を犠牲にし、アラビア兵は160名が死んだのでした。
 ラウルはその夜、必死で治療されていたベッドから自分で転げ落ち、一房の金髪を握り締めて息絶えたという。
 鐵太郎としては、人に迷惑をかけないような死に方をしましょう、と腹の中で呟くだけにしておきます。(怒)

 ダルタンヤンが世を去ったのはそれから4年後。伯爵となったダルタニャンは、寵姫ラ・ヴァリエール嬢がその地位を奪われて失意のどん底に落ちた様子を横目で見つつ、真白な髪となったアラミスことスペイン大使アラメダ公爵と再開します。彼は、オランダとの戦端を開くこととなったフランスの背後を守る条約をスペインが締結するよう働きかけることに。
 その戦いに、ダルタニャンはその翌年秋に、フランス軍の陸軍司令官として向かい、その戦場で最期を迎えます。

 交通の要所フリーズ地方の要塞群を攻略するために12万の軍を率いたダルタニャンは、一ヶ月で12の要塞を墜とし13番目の要塞に攻撃開始します。これが角川文庫の石川訳だと歩騎一万二千の軍、となるのです。不思議。どっちが正しいんだろう。攻撃5日目、王の命を介したコルベールから黒檀の箱に入った元帥杖がダルタニャンの手に届いたそのとき、最前線で陣頭指揮を取っていたダルタニャンの胸を、銃撃の弾が貫く。
 ダルタニャンは金の百合の花を刺繍した元帥杖を、痙攣する手で握り締めた。すでに天を仰ぐ力もなくなった目をその元帥杖の上に向け、奇妙な言葉をつぶやきながら、ばったり倒れた。その奇妙の言葉はなにも知らぬ兵士たちには魔法の言葉のように聞こえたが、かつてはこの世でかずかずの事柄を意味し、今では死に瀕したダルタニャンにしかその真意をくみ取ることができなかった。
 「アトスよ、ポルトスよ、また会おうぜ! ・・・アラミスよ、永遠にさようなら!」
 これまでわれわれがその物語を続けてきた四人の勇者のうち、生きた肉体を持つものはただ一人しか残っていなかった。その一人をふくめて、神はこの四人の魂を天に呼び戻されたのである。 (P541-542)

 この文を最後に、この物語は終わります。訳文についての疑問がまずあります。文章がなにかぎこちない。題名の「剣よ、さらば」についても、剣と別れた描写などない。
 本文についても、なにゆえ元帥杖を受けとると同時に死なねばならなかったのかが、よくわからない。ドラマ性を盛り上げる以外の必然性がない。アラミスだって、あの時代なのだから10年も経ずに天で再会できるはず。そして一人まだ生きていると言いつつ四人魂は天に呼び戻されたという。
 変です。
 最後だからバタバタになったんだろうな、とは思うけど、デュマらしからぬ手の抜き方ですね。

 ま、いいや。面白かったんだから。
 で、角川文庫版の「鉄仮面」を掘りだしたのですが、これはアトスことラ・フェール伯爵がルイ14世に拝謁を求め、息子の許嫁を奪った王に諫言するところから最後までの物語です。そのうち読み直してみましょう。 (2017/10/1)


 読書メーターの記録より  読了:2017/9/12