トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


D005 デュマ へ
 D005tm アレクサンドロ・デュマ・ペール 
 ダルタニャン物語 
管理番号 書名 備考
D005-008・035
D005-009・036
三銃士(上)
三銃士(下)
かつて少年たちを熱狂させたフランスの快男児の物語
D005-011
D005-012
D005-013
03 我は王軍、友は叛軍
04 謎の修道僧
05 復讐鬼
三銃士続編 原題は「二〇年後」
D005-014
D005-015
06 将軍と二つの影
07 ノートル・ダムの居酒屋
三銃士最後の活躍
 原題は「ブラジュロンヌ子爵」
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:D005-008 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:角川書店
書名:三銃士(上)   ISBNなし
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:竹村 猛
角川文庫 2065 20-9 価格:260Yen ページ数:496P 本のサイズ:文庫
初版発行:61/12/5 第15版:72/9/30 購入:1973/7/2  
管理番号:D005-035   出版社:岩波書店
書名:三銃士(上)   ISBN4-00-325338-8 C0197
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:生島遼一
岩波文庫 赤533-8 価格:770Yen ページ数:496P 本のサイズ:文庫
改訳第1刷:70/10/16 第33刷:93/5/6 購入:2015/7/10 カバー:中野達彦
「三銃士(上)」 アレクサンドル・デュマ・ペール「三銃士(上)」 アレクサンドル・デュマ・ペール 最初に、子供向けの抄訳ではなくきちんとした翻訳でこの本を買ったのは40年ほど前でした。角川の文庫版です。
 当時、岩波版は硬いに違いないと思って角川を買ったんですよ。
 で、なんの気まぐれか岩波版を買ったので読んでみました。
 あら、岩波版の方が読みやすいじゃないか、と始めてわかったのは貴重な体験。この訳文で昔に読んでいたら、また別な感想があったかもしれません。


 1625年4月の第一月曜日、と出だしにあります。
 なぜこの年を選んだのか、1615年頃生まれて1673年に死んだ史実のダルタニャン伯爵が、なぜ18歳という8歳も年長になって登場したのかには、デュマの創作上のトリックがあるそうです。
 小説としての構想の中で、この時代の大きなイベントである ラ・ロシェル包囲戦 (1627-1628)ダルタニャンを参加させたかったから、というのがその理由らしい。

 無鉄砲で自信過剰で生意気で、剣の腕はあるが実戦はからっきしの若者が現れたのは、マンの町。ここでのちにロシュフォール伯爵とミラディとわかる男女に出会ったダルタニャン。物語はここから始まりました。
「三銃士(上)」 アレクサンドル・デュマ・ペール 前に作った関係地図がありますので再掲します。(右)

 パリに出たダルタニャンは、父の紹介で近衛銃士隊長トレヴィル殿邸に行きますが、そこで三銃士と呼ばれる近衛銃士の有名な三人に喧嘩を売り、枢機官の護衛士との騒乱を経て親友になります。そこまでで、上巻30章のうちの5章。見事な導入部です。
 そして、宮廷の揉めごとに巻き込まれて王妃の危機を救うためにイギリス、正確にはイングランドに行き、見事に任務を果たしたのでした。そのあとの混乱の収拾までが、上巻の顛末。
 この時代にこの厚さの本は珍しいのですが、一気に楽しめます。

 王妃が危機に陥った 「ダイヤの房飾り」 ですが、大きさといい形といい、いまだによくわかりません。首飾りではないことは間違いないし、男性がアクセサリーにつけても違和感がないものらしい。なんだろうね。
 「王妃の首飾り」 という歴史ネタはありますが、これはこの時代の150年ほどあとにおきた、フランス王妃マリー・アントワネットの事件です。これとは違う。

 ここでもっと歴史ネタ。
 当時のフランスは、国王の権威の元に諸侯がその財産・兵力を持ったままで臣従する形のもの。封建制度と言われるものですが、フランス国王の力は、かつてパリ伯と言われた諸侯の一つが、不思議な経緯を経てシャルルマーニュの後裔として神がかりの地位を得た、というただそれだけのものだったのでした。
 ヴァロア朝のあとを継いだブルボン朝の始祖アンリ4世の息子である当時のルイ13世にとって、豪腕をふるった父と同じだけの支配力を諸侯に示すことは出来ず、単に神から与えられたフランス国王としての権威以外に何もなく、諸侯の気に入らない命令などうかつに出せない存在だったのでした。
 この状況をなんとかしようという考えは、無論諸侯の中からではなく、中小貴族の次男三男などが官僚化して宮廷を形成していたその中の人々から出ます。庶民ではないけれど、領主の側ではない。彼らの手により絶対王政の基礎が築かれます。
 その筆頭が、リシュリュー枢機官という名で呼ばれたアルマン・ジャン・デュ・プレシ。彼は王権を確立するためにさまざまな施政を行っています。当然、守旧派というか、大貴族やそれに連なる階層には煙たがられる。嫌われる。枢機官の護衛隊である護衛士などというと、諸侯にとっては目の仇。
 ところで近衛の銃士というものは、そもそもが国王の親衛隊なのです。しかしその指揮官は、厳密には国王直率ですから、銃士隊隊長である国王の指揮官代行なのですが、その地位はそれだけで一つの権威、諸侯の一つとなってしまいます。となると、国王やリシュリュー枢機官の思惑を離れてひとつの勢力となり、国王に忠誠を誓い枢機官の護衛士と反目することが当たり前になってしまっています。この不思議な状態を背景にして、貴族の視点でこの物語は描かれます。

 ダルタニャンの家は中小貴族というより没落貴族といった方が良いのですが、一応貴族。俺は庶民ではないという強烈なプライドを持っている人。だから、近衛銃士には当然憧れ、成り上がりの官僚貴族の犬である枢機官護衛士は敵、大貴族には敬意を払う。
 デュマって、けっこう貴族趣味なんですよね。視点は国家統制よりも群雄割拠の王侯や諸侯の側なのです。  (2015/12/23)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:D005-009 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:角川書店
書名:三銃士(下)   ISBNなし
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:竹村 猛
角川文庫 2062 20-10 価格:240Yen ページ数:496P 本のサイズ:文庫
初版発行:61/12/5 第15版:72/9/30 購入:1973/7/2  
管理番号:D005-036   出版社:岩波書店
書名:三銃士(下)   ISBNなし
原題:Les Trois Mousquetaires (1844) 翻訳者:生島遼一
岩波文庫 赤533-9 価格:550Yen ページ数:480P 本のサイズ:文庫
改訳第1刷:70/10/16 第13刷:83/5/25 購入:2015/7/10 カバー:中野達彦
「三銃士(下)」 アレクサンドル・デュマ・ペール「三銃士(下)」 アレクサンドル・デュマ・ペール 三銃士、とは主人公であるダルタニャンの親友となった三人の近衛銃士のこと。18歳のダルタニャンに対して、すべて年長者でした。
 27歳のアトス。貴族的な物腰と才覚を持つ寡黙な男。
 24歳のポルトス。豪放磊落で腕自慢で見栄っ張り。
 23歳のアラミス。僧侶になりたいと言う艶福家の伊達者。
 この三人は、結束の固い親友であり、その武勇はパリ中に轟いていたのだそうです。どんなふうに轟いていたかというと、これがまたなんとも無頼漢な方に。
 我々は軍人である、と彼らは言いますが、要は武器を持ったプライドの高い特権階級であるということ。飲む打つ買う、命がけの喧嘩は日常茶飯事、ルールは破るためにある、ただし銃士隊長トレヴィル殿と国王と王妃には全身全霊を傾けて従う、というもの。
 なんとも痛快な悪童ぶりです。
年齢は1625年4月時点
画像もその頃のもの
ルイ13世
ルイ13世
 (Louis XIII de France)

1601/9/27-1643/5/14
フランス国王・ナバラ国王・アンドラ大公。 当時、23歳。
アンヌ・ドートリッシュ
アンヌ・ドートリッシュ
 (Anne d'Autriche)

1601/9/21-1666/1/20
フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母。
当時、23歳。

リシュリュー枢機卿
リシュリュー枢機卿
 枢機卿およびリシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシ (Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu)

1585/9/9-1642/12/4
カトリック教会の高位の聖職者にしてフランス王国の政治家、外交官。ルイ13世の宰相。 当時、39歳。

バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ
バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ(George Villiers, 1st Duke of Buckingham

1592/8/28-1628/8/23
 当時、33歳。
シュヴルーズ夫人
シュヴルーズ公爵夫人
 (Marie Aimée de Rohan, duchesse de Chevreuse)

 1600-1679/8/12
シュヴルーズ公爵夫人マリー・ド・ロアン。フランス貴族。陰謀家。 当時、25歳。
 しかし、いざ戦争となるとこれはまた別。なんといっても彼らは兵士として期待されていたのだから。
 近代の戦争とは違い、当時の戦争とは戦うことを義務と心得る貴族階層が従者や雑兵を引き連れて行うものでした。
 その上近衛の銃士ともなると、日頃特権があるだけにその軍装にも余分な義務あります。いやしくも国王の親衛隊がみっともない姿で戦場に出てはいけない。馬、馬具、服装、従者の身なりに、少なくとも1500リーヴルは必要なのだそうです。これはむろん自弁。
 通貨の換算ページを元に1リーヴルを5,000円くらいとすると、現代の価格で750万円が必要。
 この金額をどうやって工面するかのドタバタ劇が、いかにもデュマらしい楽しいくすぐりになっていますね。その影で、ダルタニャンの背伸びした不器用な恋愛模様と、その結果起きる破局への序章が描かれます。これについては、女の恨みとは恐ろしいというより、無邪気な馬鹿こそが人を一番傷つける、と考えるべき何じゃないだろうか。だって、ミラディーって女はたしかに執念深い恨みを忘れない人だけれど、挑発して怒らせたのはまちがいなくダルタニャンの遊び心。

 きわどいベッドシーンとかつて思ったものも、いま読むたいしたことがないのはがっかり。(笑) この程度だったんだな。
 そこで彼は、一瞬の官能に全身をゆだねてしまった。ミラディーはもはや彼にとっては、あの恐るべき計画を持った女ではなく、みずからもその恋に身を投げ捨てた、はげしい情熱の女なのであった。こうして、およそ二時間がすぎた。 (下巻 P80 竹村猛・訳)

 こうして、刹那の官能の喜びにすっかり身をゆだねてしまった。ミレディーも、もう先刻恐怖を感じさせられた恐ろしい心根の女だと見えない。はげしい恋にのぼせきって、心から何もかもゆるしている、そういうやさしい女に思われるのだった。二時間はつかの間に過ぎた。 (下巻 P83 生島遼一・訳)
 訳によってミレディーだったりミラディーだったりしますね。おそらく発音はフランス語としては後者に近いんだと思うのですが、これは自由でいいよね。
 そもそもこの名前が、.個人名ではなく英語で貴族の婦人を呼ぶときの敬称 「Milady (ミレディ)」から来ているのですから。これを名前と言うことにしてフランス語で読んでいるんだから、.ミラディーでいいじゃないかな。なにしろこの女、たくさん名前がある。三銃士のアトスが若かったときに出会った名前は、アンヌ・ド・ブルイユ、そしてシャルロット・バックソン、ラ・フェール伯爵夫人、シェフィールド男爵ウィンター卿夫人と。最初の名前すら、偽名なのかもしれない。

 リシュリュー枢機官は、この本の中では悪いヤツ。新潮文庫も岩波文庫も枢機官としていますが、むろんリシュリューは官僚としての肩書きなどありません。カトリックの、教皇を補佐する教会のナンバーツーの一人、枢機卿で呼ばれるべき。
 しかし単純に悪の帝王となっているわけではありません。デュマの描くリシュリューは、近衛銃士隊長トレヴィル殿や銃士たちとは立場が違うために時に敵対するところはあるにしても、自他ともに認める国家の重鎮であり、私利私欲はあるかもしれないがフランスを代表する政治家です。
 リシュリュー枢機卿の肖像として名高いものは、ラ・ロシェル包囲戦の時のものです。左のものは、それをトリミングしたもの。デュマのイメージも、まさにこの流れ。
 抄訳の三銃士やその亜流の物語では、平気でリシュリューを悪のボス扱いします。物語として面白いからと言って、歴史上偉大な業績を成し遂げた偉人の存在を貶めるのはいかがなものか。──いや、アホ向けにサルでもわかる三銃士を作れば、問答無用の悪役は必要でしょうけどね。暴言失礼(笑)。

 さてそのリシュリューが、晴れやかに書類を示す挿絵があります。下の絵です。
 この絵については、かつてブログで記事にしました。 →リシュリュー枢機卿の絵
Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu
 これは、この物語の最後のちょっと前、ダルタニャンが自分たちがやらかしたことを枢機卿に報告し、処刑すら覚悟したときに、鬼と思ったこの権力者のふところの深さと人心収攬術にほろっとなった場面。お見事。

 ダルタニャンがなぜ指揮系統で直接上官ではないリシュリューに告白したのか、という顛末は、その前に語られます。この物語の悪役、ミラディーの最後にまつわる話。
 このミラディーを、デュマの描いた物語の記述そのものにしたがってミラディーの側から描いたのが 新・三銃士 です。原作そのものからすると多少の逸脱はありますが、こういう説明がなされるとあの悪女の存在もリアリティが出ます。デュマはどう考えていたのかはわかりません。

 最後の場面、銃士隊副官 (竹村猛訳) あるいは銃士隊副隊長 (生島遼一訳) という役職が出てきます。この地位については、そもそも銃士隊長という地位についてですら正確にはどうたらという解釈もありますので、実在したかは疑わしい。このあたりについては、佐藤賢一氏の ダルタニャンの生涯 に詳しいので知りたい方はそちらへ。(鐵太郎サイトの記事ではそこまでは書いてありませんけどね)
 こういうフィクションも、デュマの筆の冴えのひとつかも。

 歴史的に、デュマはラ・ロシェル包囲戦のなかでこの物語を描きました。しかし、デュマの最初の構想がどうであれ、このフランス国内に存在するユグノーの拠点を征服する反乱鎮圧戦争は、あまり表に出ません。退屈な包囲戦のなかで、三銃士のやんちゃな武勇が描かれただけ。これはデュマにとって不本意ではなかったのか。なにしろ、この戦いの凄惨さは類を見ないものでしたから、ネタには困らなかったはず。
 この戦いの中で、ユグノーたちの期待の星であった人物として、イングランド国王の寵臣バッキンガム公がいます。彼がフランス王妃アンヌ・ドートリッシュを籠絡したの話とその暗殺シーンは、メインの話の彩りとして有名です。
 こういう、歴史的な記録に光をあてて新たな解釈、というかフィクションをはめ込んで楽しませる手法は、デュマのオリジナルではないと思いますが、この本の大評判を受けて書かれた続編にも出てきます。

 続編を読み直したくなりました。(笑)  (2015/12/26)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:D005-011 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:我は王軍、友は叛軍 ダルタニャン物語 3 ISBNなし
原題:Vingt Ans après (1845) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/8 B73 価格:480Yen ページ数:440P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/2/15 購入:1975/3/16 カバー装画:おのき がく
「我は王軍、友は叛軍」 アレクサンドル・デュマ・ペール かつてリシュリューが執務をとっていた枢機官邸の執務室から始まります。1648年の今、六年前にあの大枢機官が死んだのち、その後継者となったのはリシュリューの亡霊、ジュール・マザラン。元イタリア人で、ルイ13世亡き後即位した幼いルイ14世(このときまだ5歳)の摂政、後見人、教育係となっており、事実上の宰相です。
 太后アンヌ・ドートリッシュの愛人で、秘密結婚までした仲といわれています。
 ただし人望はなく、孤立無援。

 ある意味自業自得ではあるけれど不遇な状態にある男は、この国には自分を陥れるためにさまざまな勢力が結集しつつあることを憂慮しています。これというのも、この国家を国王を頂点とする中央集権国家にするためにさまざまな手練手管を使い、そしてフランスを鉄の箍で締め上げていたリシュリューが亡くなり、ほぼ時を同じくして国王ルイ13世が崩御したことが原因。その結果、王権を強化する立場であった王の側近の立場は微妙なものとなりました。
 その側近の長、リシュリューの後継者がイタリア人であり、その愛人かつ保護者である故・国王の王妃アンヌ・ドートリッシュがスペイン・ハプスブルク家の出身ということになると、いろいろな思惑はあるにしても、フランス人の血が騒ぐ。かくして、マザラン枢機官は四面楚歌。
 そこでこの陰謀家は考えた。国王の護衛兵の中から、信頼できる者を探してみてはどうか。彼らなら、大貴族への縁故より国王周辺の勢力に荷担する方を選ぶのではないか、と。
年齢は1648年当時
ジュール・マザラン
ジュール・マザラン(Jules Mazarin)

1602/7/14-1661/3/9
フランス王国の政治家、枢機卿。当時、46歳。
ルイ2世・ド・ブルボン コンデ大公
コンデ大公 ルイ2世・ド・ブルボン (Louis II de Bourbon, prince de Condé, Duc d'Enghien)

1621/11/8-1686/11/11
ブルボン朝フランスの貴族・軍人。コンデ公、アンギャン公、モンモランシー公。大コンデ(le Grand Condé)と呼ばれる。
当時、27歳。

Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu
ボーフォール公 フランソワ・ド・ブルボン(François de Bourbon, Duc de Beaufort)

1616/1/16-1669/6/25
フランスの貴族、軍人。第2代ボーフォール公。アンリ4世の庶系の孫。ヴァンドーム公ルイ2世は兄、ルイ14世は従兄。
当時、32歳。

 そこで周囲を見回し、これぞという人物に目を留めます。はるか昔、マザランがこの国に来る前に活躍して銃士隊副隊長の地位に上がったもののそのまま鳴かず飛ばずであった男。その忠誠心と兵士として,指揮官としての能力には誰も敬意を払う男。
 マザランは彼、ダルタニャンを呼び出し、地位をちらつかせ国王と太后への忠誠心を煽り、懐柔する事に成功します。かつて四人の銃士として名をあげたことを知り、他の三人も集めてくれないか、と頼むのでした。ただし、最低限の費用で。
 だって、マザランはケチですから。
 時あたかも、フランス王国を震撼させたフロンドの乱の前夜でした。

 この物語の中では、彼は40まぢか。史実のダルタニャンであれば32、3歳なので、仮にダルタニャンがこの物語のような活躍をしたのなら、史実の年齢の方がふさわしいかもしれません。が、それはそれ。

 とはいえダルタニャンは、あの活躍から約20年ののち、再び表舞台に登場したのでした。サラリーマンでたとえると、期待された若手のまま万年係長になったような情けない状態ですが。
 彼は、ケチなマザランから得た百ピストールを手に、転がり込んできた昔の従者プランシェを従えてかつての仲間、三人の銃士たちをさがす旅に出ます。
 まずみつけたのは、今はデルブレー神父と名乗っているアラミス。かつて艶福家で秘密だらけだった美貌の銃士は、教会の一員となったいまも陰謀を企んでいる様子。
 とりあえず、彼の名がルネである事だけはわかりました。

 ポルトスのもともとの家名はデュ・バロンだったのだそうな。
 それと、ノワイヨンの司教ともめているというアラミスの話を頼りに、ダルタニャンはプランシュと共に彼を探しに行きます。領地を広げ財産を築き、デュ・ヴァロン・ド・ブラシュー・ド・ピエールフォンと名乗り、すっかり円満家となった様子のポルトスをみつけ、これじゃ誘っても冒険の世界に戻っては来ないと諦めたダルタニャン。
 ところが違った。ポルトスは平和な金持ち暮らしにすっかり退屈しきっており、剣を振り回せる無頼な暮らしに戻りたいと考えていたのでした。その冒険で手柄を立てて男爵位がもらえれば、なおいい。

 アトスが元ラ・フェール伯爵領を持つ大貴族であることは、20年前に聞いています。その彼が、ブラジュロンヌという別な伯爵領を相続したとポルトスから聞き、これはポルトス以上に説得などできそうにないと考えるダルタニャン。しかも大酒飲みだったかつてのアトスを思い出し、ますます悲観的になる。
 しかし再会したアトスは、かつての精悍な銃士だったころと変わらぬ若々しさと品の良さを示してダルタニャンを迎えます。いぶかしむダルタニャンは、アトスの被保護者の15歳くらいの少年を見て、合点がいきました。
 「あの少年は居候かい、名付け子かい、それとも身内の人かい? いやきみはすっかり変わったな、アトス」
 アトスは穏やかな口調で、
 「あの少年はみなし孤なんだ。母親が田舎の司祭のうちへ置き去りにしていったのを、ぼくが引き取って育てたのさ」  (P205)
 運命の子、ラウル・ド・ブラジュロンヌは、こういう紹介のされ方で登場します。
 それはそれとして、ダルタニャンはアトスをマザランの配下として出世を狙う自分の仲間になってもらおうという考えが揺らいできます。アトスが、マザランの吝嗇(ケチ)()によって窮乏生活を送っているアンリエット・ダングルテールを歎く様子や、国王陛下に仕えるのならともかく、アンヌ・ドートリッシュの寵愛を使って王冠を盗もうというイタリア人など尊敬に値しない、という言葉を聞くと、これは無理かと思うばかり。
 アンリエッタ・ダングルテールとは、イングランド王チャールズ一世の王妃。英国での呼び方はヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス。先々代のフランス王アンリ四世の娘で、1644年に清教徒革命の余波でフランスに身を寄せています。当時39歳。
 アトスの説得を断念してパリに戻るダルタニャン。
 しかし彼を追うように、アトスもまたラウルを連れてパリに向かったのでした。

 この直後、アトスの従僕グリモーが絡むボーフォール公の脱獄事件がユーモラスに描かれます。これは、結果だけを見ると史実。
 アンリ四世の孫であり、財産家で勇猛で名を轟かせたボーフォール公は市民の人気者でありますが、マザランにとっては目の上のこぶ。とりあえずヴァンセンヌの牢獄に軟禁してあったのですが、見事に脱走してしまうのでした。ただの挿話なのですが、面白い。

 この挿話ののち、アトスとラウルのパリでの物語が描かれます。と同時に、ラウルには知らせないままで読者は彼の生まれを知ることになります。そして彼が、1634年生まれであることも。
 まさか彼が、アトスその人とかつてアラミスの愛人であったこともある有名な陰謀家、シュヴルーズ夫人の一夜の戯れの結果生まれた子であるとは、デュマでなければ思いつかない展開でしょうか。
 アトスがこれをシュヴルーズ夫人に告白したのは、ラウルの未来を開くための口添えを得るため、という説明がつきます。その結果、ラウルは今をときめく若き勇将コンデ大公のもとで軍務に就くこととなり、アトスは独自の行動をする自由を得ます。
 この展開の中で、デュマのデュマらしさというか、会話の妙が楽しめます。特に詩人スカロンのサロンでの会話は、読んでいて楽しい。

 パリに戻ったダルタニャンとポルトスは、マザランに報告しているさなかにボーフォール公の脱走事件を知ります。さっそくに逮捕のために数人の部下と共に馬をとばす二人。
 しかし、夜になって賊の一行に追いついた二人は、相手側の二人の好敵手に出会います。銃を撃ち合っても剣を交えても、雑魚のようには片付かない。そのうえ、至近距離でポルトスが撃った拳銃の閃光で、相手の顔がわかって驚愕することに。
 ポルトスが引き金を引くと、あたりがぱっと明るくなった。
 そのとたんに、激しく渡りあっていた二人は思わず叫び声を上げた。
 「アトス!」
 「ダルタニャン!」
 アトスは剣を上に上げ、ダルタニャンは下に下ろした。
 「アラミス、撃つな」 アトスが叫んだ。
 「なんだ、きみか、アラミス?」
 ポルトスはそう言って拳銃を放り出した。  (P395)
 かつての四人の親友は、敵味方となったのでした。
 四人のわだかまりとその解消シーンを経て、この巻はここまで。  (2016/3/17)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:D005-012 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:謎の修道僧 ダルタニャン物語 4 ISBNなし
原題:Vingt Ans après (1845) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/9 B74 価格:480Yen ページ数:456P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/2/15 購入:1975/3/16 カバー装画:おのき がく
「謎の修道僧」 アレクサンドル・デュマ・ペール アトスと別れてスペイン戦線に向かう15歳のラウル・ド・ブラジュロンヌから始まります。
 貴族として若いうちから戦いの場に出るのが当たり前という発想はわからないでもないが、縁故やコネを頼り高級指揮官に取り入ってその配下に付くのが当然という発想は奇妙。ダルタニャン自身も、その登場時に推薦状というか書状を持って銃士隊長トレヴィル殿の元へ行っています。
 最初に読んだときは、こういう考え方にかなり違和感があったのですが、佐藤賢一さんの 「ダルタニャンの生涯」 で始めてこういう考え方、生き方が当時のフランスの軍人貴族では当たり前だった事を知りました。なるほど、歴史って面白い。

 推薦状を手にコンデ大公のもとに向かうラウルは、ギーシュ伯爵と名乗る18歳くらいの若い貴族と出会い、彼はかつて名を轟かせたグラモン元帥の息子で、同じくコンデ公の元に行くことを知って意気投合します。この出会いが生涯の友を作る、と言う流れになりそうですが、困ったことにラウルはメインキャラのように見えてそうではなかったりする。(笑)
年齢は1648年当時
グラモン元帥
アントワーヌ3世・アジェノール・ド・グラモン(Antoine III Agénor de Gramont-Toulongeon

1604-1673/7/12
フランスの貴族、軍人。グラモン公爵およびギーシュ伯爵。1641年よりフランス元帥。当時、44歳。
イングランド王 チャールズ一世
チャールズ1世(Charles I)
1600/11/19- 1649/1/30
イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。
当時、48歳。

イングランド王チャールズ一世妃 ヘンリエッタ
ヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス(Henrietta Maria of France)

1609/11/25-1669/9/10
イングランド王チャールズ1世の王妃。イングランド王妃、スコットランド王妃、アイルランド王妃の称号を持つ。フランス語名はアンリエット・マリー・ド・フランス(Henriette Marie de France)。
当時、39歳。

 このギーシュ伯爵とは、歴史上実在したアントワーヌ・ド・グラモン元帥の息子だそうな。この人はグラモン公爵とギーシュ伯爵の二つの称号を持っていますので、息子がその一方を名乗ることも十分ありえる。ただし史実のグラモン元帥の息子は、長男のアルマンでさえ1637年生まれですので、当時11歳でしかないはず。なのでこのギーシュくんはフィクションの人と思っていいのかな。
 この二人の行脚を描いたこの場面は、謎の怪しい修道僧との出会いに結びつけるためのもの。 この修道僧の正体とはなんだったのか。
 ところでこの男は、一度だけジョン・フランシス・ド・ウィンターだと名乗り、その後モードントと名乗ります。しかしこの名はどこから出てきたんでしょうね??
 これも貴族としての称号? しかし彼は、のちにわかりますが保護者に憎まれて貴族としての相続はなされず、英国国王もそれを認めていません。なのになぜか、貴族であると自他ともに認めており、正当な権利があると言いはっています。しかも反国王側にコネがある。不思議。


 さて、敵対したものの過去の友情を思い出してよりを戻した四人、アトス、ポルトス、アラミス、ダルタニャンは、互いの立場は認めた上で友としての立場を貫く事を誓います。そして過去をふり返り、四人が別れるとき起きたあのアルマンティエールの事件を思い出して沈鬱になります。あの女にはたしか息子がいたっけ、という話になったとき、いきなり現れたのはグリモー。
 ラウルの供をしてアトスの元を去ったはずの男は、汗まみれの蒼白な顔をひきつらせてこう言います。
 「旦那さま、あの女には子供が一人ございました。その子供が大人になったのです。牝獅子には一頭の仔がございました。その獅子が野に放たれて、立ち向かってまいります。ご用心なさらなくては」

 「ミレディーの息子がイギリスを発って、フランスに着き、パリに向かいました。ことによったらもうパリに来ているかもしれません」

 「子供ですって、その子供が何をしたかご存じですか。修道僧に身をやつし、ベチューヌの首斬り役人に懺悔させ、例の一件をすっかり聞いてしまったのでございます。懺悔がすんで、相手に言わせるだけのことを言わせると、引導だといって、この短刀をグッサリ胸に突き刺しました。ほら、ごらんなさいませ。このとおり真っ赤な血糊がベットリついているじゃございませんか。傷口から抜いてまだ32時間しかなりませんので」  (P97-98)
 無口で有名なグリモーがこれだけのことを話すのは、後にも先にもこれが最初で最後か。

 この時代、フランスは後にフロンドの乱として有名になった、市民と有力貴族による国王への反乱事件が発生しています。これはこれで王国の屋台骨を揺るがしきれない大事件なのですが、海を渡ったイギリス、正確にはイングランドでは、これ以上の争乱が起きていたのでした。
 これは清教徒革命と呼ばれ、この物語の始まる7年前の1641年に始まり、いよいよクライマックスを迎えんとしていたのでした。いまやイングランド国王のチャールズ一世は王座を追われ、転々として必至で抗戦を続けていますが、そろそろそれも限界。
 この国王の王妃は、フランスのブルボン王家から嫁いでいます。英国名ヘンリエッタ・マリア、フランス名アンリエット・マリーはブルボン朝開祖のアンリ四世の娘。いまの国王の叔母に当たります。
 流浪の身となったもののイングランド王家の矜持でじっと耐えていたものの、ついに王妃は膝を屈してフランス王家に援助を要請したのでした。
 しかし現在のフランスの王家を支配しているのは幼い国王ルイ14世ではない。摂政である太后アンヌ・ドートリッシュであり、彼女を支配しているのが彼女と結婚している宰相マザラン枢機官。さらに、フロンドの乱のさなかと言うだけでなく、マザランは徹底的に吝嗇(ケチ)()。口では色よいことを言いますが結局断る。

 絶望したアンリエットに援助を申し入れたのが、ラ・フェール伯爵とデルブレー司教、つまりアトスとアラミスだったのでした。彼らは貴族としての矜持、ただそれだけで他国の王家のために骨を折ることを誓約します。
 とはいえ、貴族としてだけとは思えないのは、王妃の肖像画を見て納得。こんな女性に涙を流して懇願されて、それで奮起しなければ男ではない。(爆) かくして二人は財産を処分し、ラウルのことをダルタニャンに頼むと手紙を書きます。
 さて、この二人が何やらわからないが悲壮な覚悟を決めて旅立つと聞いて、そのまま放置するようなダルタニャンとポルトスではない。
 「旦那さま、これがダルタニャンさまからのご返事でございます」
 「馬鹿め、返事などいらんと言っておいたではないか」 アトスは頭ごしに叱りつけた。
 「ですから、わたくしも待たずに帰ろうとしたところ、呼びとめられて、こんなものを渡されたんでございます」  (P179)
 そして50ルイ分(現在の邦貨で200万円くらいになるか?)の金貨の入った革袋が。そしてポルトスからも200ピストール分(同じく200万円ほど)の金が届きます。彼らの友情とは、こういうもの。
 陰謀家のアラミスも同じ事をするか、というとちょっとハテナがつくような気がしますけどね。(笑)

 フランスに残った二人は、マザランの配下でフロンドの乱に遭遇し、幼い王や太后を救出する活躍をしたのち(これ、史実にある事件なのですねぇ)、こいつらは使いでのある奴らだという評価と同時に、太后と枢機官の内部情報が知られたくさいとか20年前の恩を持ち出す様子とか、どうもうさんくさい奴らだと思われています。
 ここでマザランはマザランらしい対策を立てます。二人に、イギリスに行くモードントという貴族に付き添ってクロムウェルに渡りをつけろ、という任務をあたえたのでした。ていよく追い払った、というのが正しいかな。
 という訳で、四人はイギリスで顔を合わすこととなります。意外な形で。

 国王側に付いたアトス、アラミスが、臣下である将兵に裏切られるチャールズ一世を守ってクロムウェル側に降伏するシーンは、史実あるいは伝承によるものなのでしょうか。そして彼らによる国王奪還作戦があったのか。
 史実はどうであったかわかりませんが、この四人がこんな活躍をした、というデュマの物語、素敵です。
 国王救出に失敗し、あやうく脱出した四人が一息入れたところで、この巻は終わり。あとは次の本へ。  (2016/4/3)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:D005-013 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:復讐鬼 ダルタニャン物語 5 ISBNなし
原題:Vingt Ans après (1845) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/10 B75 価格:480Yen ページ数:416P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/5/15 購入:1975/6/4 カバー装画:おのき がく
「復讐鬼」 アレクサンドル・デュマ・ペール 見事な国王救出計画を建てたのにタイミングが一つ間違えただけで失敗した四人は、あわてて逃走します。しかし荒野をさまよううちに、偶然国王をロンドンに護送するクロムウェル配下の一団に追いついたのでした。陰謀は失敗したもののまだ顔は知られていないことを利用し、ダルタニャンとポルトスはその一団に近づき、アトスとアラミスを自分たちの捕虜だといって同行させて同行することに成功しました。目的はむろん、国王の救出s。
 屈しない男たちによる次の作戦も、彼ら四人の力をもってすれば十分に可能だったはず。しかしそこにモードントが現れたことで、またしても失敗します。再び血路を開いて脱出する四人。もうダルタニャンもクロムウェル派にはっきり敵だと知られてしまったので、状況はますます不利に。
とりあえず、国王護送隊とは距離をとってロンドンに潜入する四人。

 このモードント、どうやらチャールズ一世にも恨みを抱いているらしい。伯父と四人のフランス人は彼から母親を奪ったのですが、国王は彼の名前、地位、財産を奪ったから。
年齢は1648年当時
オリバー・クロムウェル
オリバー・クロムウェル

(Oliver Cromwell)
1599/4/25-1658/9/3
イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。当時49歳
フランス王ルイ14世 5歳のとき
ルイ14世(Louis XIV)
1638/9/5-1715/9/1
ブルボン朝第3代のフランス王国国王。ナバラ王国国王としてはルイス3世。当時10歳。肖像画は5歳の時のもの。

晩年のアンヌ・ドートリッシュ
アンヌ・ドートリッシュ

(Anne d'Autriche)
1601/9/22-1666/1/20
フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母。
このときは幼少のルイ14世の摂政であり。47歳

 となるとモードントは、貴族としての地位も爵位も名前もない、国王に認められた貴族ですらないという事になるのですが、なぜかまだ護民官の称号を得ていないクロムウェルその人に高い身分のものとして扱われ、信頼も厚いらしい。ここが不思議なところ。
 とはいえこのモードント、執念深く国王に復讐を果たそうとします。
 なぜか死刑執行人が失踪してしまったため、危うく処刑が延期されることになったときも、その窮地を救ったのがこの人。少なくともフランスでは社会的な身分の序列としては最下位になる処刑人の代行を、ひそかに買って出て、自らの手で国王の首に斧を振り下ろしてしまう。
 執行人を隠したのは、ダルタニャンら四人でした、というのがこの物語の描く歴史。彼らはなんとかして国王を救い出そうとあれやこれや計画しますが、ことごとくモードントの手に阻まれてしまう。おお。

 国王チャールズ一世は、処刑されたとき最後の言葉としてこう叫んだそうです。
 「Remember!
 この言葉は、「この恨み忘れるものか、覚えていろ、お前たち」 というような意味だろうと解釈されていました。デュマはここに一ひねり加えます。
 処刑台の下には、国王を救出するためアトスことラ・フェール伯が潜んでいたのだと。それを知っている国王は、最後に祈りを捧げるふりをして小声で最後の言葉、忠誠への感謝と最後に残した財産を託す言葉を残したのだと。そしてそのことを忘れるな、覚えておれ(リメンバー)()、と言ったのだと。
 なるほど。

 このあと、四人はいよいよモードントと対決することに。その結果は想像したとおりなのですが、そこに至る流れも紆余曲折します。なにせモードントがしぶとすぎる。何度も生き返り、しぶとく反撃する。デュマらしいなぁ。
 あ、そうか。これは新聞掲載なんだっけ。山場は章ごとになくてはいけない訳ですね。

 ここで、邦題の 「復讐鬼」 については、正しくは復讐鬼征伐は終わりますが、お話はまだ終わらない。
 フランスに上陸した四人は、アトスとアラミス、ダルタニャンとポルトスの二手に分かれます。そもそも派遣された時点での立場が違うから。マザランへ報告に行く後者二人に対し、前者二人はフロンドの仲間たちのところに行くことに。
 ここで視点はアトスたちに移ります。二人はフロンド側に占拠されたパリに入り、市民軍には歓迎されますが、なにやら貴族たちのあいだに不穏な空気が漂っていることに気づきます。

 不穏、というのは、大貴族たちのスタンスの変化。国王に対する叛意を君側の奸が悪い、つまりマザランが悪いんだ俺たちは国王陛下に反抗するつもりはないんだ、という美名で誤魔化していた大貴族たちが、国王一家がマザランと共にパリから逃げ出してしまったあとでは、振り上げた拳の落としどころがなくなってしまったのです。こうなると、一部の熱血漢をのぞいて大多数の考えることは、いかにうまく落としどころをみつけ、体面を保って収拾するかと言うこと。つまり、政治。
 『ブイヨンさまは立派なおかた
  通風やみとはお気の毒』  (P244)
 ブイヨン公とは、テュレンヌ子爵アンリ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュのことか。フランス大元帥の一人。フロンド派の大物ながら腰が据わらず、面倒な話になると持病の痛風が悪化してしまう人だったそうな。
 パリの町は、そんな情勢。
 清廉かつ剛毅な貴族の末裔、という立場にあるアトスことラ・フェール伯としては、こんな汚い妥協は許せるものではない。とはいえ同時に、社会の表と裏を知り尽くした貴族の一員として、政治的な寝技も心得ているのがアトス。アラミスことデルブレー卿に至っては、文字どおり寝技は大の得意。(笑) この情勢を確認し、なにらや思うところありげ。
 そこで気がつきます。先発したはずのダルタニャンとポルトスの姿がない。

 なにかあった、おそらくマザランのしっぺ返しでは、と察知したアトスは、何と正面突破を試みます。20年前、名誉と地位を救った(はずの)かつての王妃、いまの太后アンヌ・ドートリッシュに救いを求めるという荒技。
 しかしここで、王座にある人の情のなさをデュマは見事に描写します。会話が終わったとき。
 アトスのうしろで扉が閉まったとたんに、太后はマザランに向かって命じた。
 「枢機官、宮廷から出ないうちに」、あの無礼な貴族を逮捕させなさい」
 「そう思っていたところでございます。こちらからお願いするまえに、陛下からご命令をいただき、満足しごくに存じます。ひとむかしまえのしきたりを、いまの治世に持ち込むあのような連中ほど始末におえぬものはございません。二人はもうつかまえてありますから、三番めも放りこむことにいたしましょう」  (P291)
 近づいてくる警備の士官を見てそれを察知したアトス、離れていたアラミスに合図を送り、逮捕されました。
 アラミスはさっそく計画を建て、アトスを含む三人の救出作戦を進めますが、その結果はなんと。

 ダルタニャンは晴れてトレヴィル殿亡き後の銃士隊長の地位を得、ポルトスは領地の一つを男爵領に叙されて男爵を名乗り、アラミスはマザランにフロンド派との正式な協定を確約させ、アトスは存在感を示しました。
 見事なシメ。痛快な後始末をつけてこの物語 「二十年後」 は終わります。  (2016/4/9)
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-014 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:将軍と二つの影 ダルタニャン物語 6 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/11 B76 価格:480Yen ページ数:560P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/7/15 購入:1975/7/20 カバー装画:おのき がく
「将軍と二つの影」 アレクサンドル・デュマ・ペール 1660年の5月、という出だしで始まります。場所は、ロワール河畔、ブロワ城。
 ここで退屈をもてあましているのは、ガストン・ドレルアン(1608-1660)。52歳。アンリ4世の三男、つまりルイ14世の叔父。ルイ14世が生まれるまでの間、ルイ13世の後の王位継承予定者であった人。陰謀を繰り返したことで、マザランによってこの城に「隠居」させられており、そのままこの年に死を迎える運命の人。
 この人自体はこの物語で大事ではありませんが、彼の城にいる二人の娘は、のちに物語に大きな影響を与えることに。モンタレーとルイス、と呼ばれます。

 この殿下の元へ、当時22歳になる若い国王ルイ14世とその取り巻きが一日やっかいになりたい、と願い、使者が使わされます。その使者となったのが、ラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵という若い貴族。彼こそが、この第6巻から11巻までのダルタニャン物語のタイトル・ロールとなるヒーロー。ただし、とても主役が務まる器量はない、ときたもんだ。
年齢は1660年当時
イングランド王チャールズ2世
チャールズ2世
(Charles II) 1630/5/29-1685/2/6 イングランド、スコットランド、アイルランド王(1660/5/29-1685/2/6)。当時30歳
アルベマール公ジョージ・マンク
ジョージ・マンク (初代アルベマール公)
(George Monck, 1st Duke of Albemarle)
1608/12/6-1670/1/3 イングランドの貴族・軍人。王政復古を実現させた功によりアルベマール公爵に叙された。当時52歳

マリー・マンチーニ
マリー・マンチーニ (マリー・ド・マンシーニ)
(Marie Mancini)
1639/8/28-1715/5/8
ジュール・マザラン枢機卿の7人の姪の一人。ルイ14世の最初の愛人。王が結婚を望んだため急遽コロンナ家の公子と結婚させられ3男を産むがのちにこの結婚は破綻。当時21歳

 このラウル、すなわちラ・フェール伯爵ことアトスの息子は、使者としての務めを果たした後父の元に挨拶に行くのですが、ここで何度目かの釘を刺されます。
 「しかし、わたしは言っておいたはずだよ、ラ・ヴァリエール嬢を避けるように、わたしの許可なしには会わないようにと」 (P49)
 ラ・ヴァリエール嬢とは、かつてラウルの近所に住んでいたお嬢さん。ルイス・ラ・ヴァリエール。アトスはすでに未来の不幸を見通していたのか。それとも戦場に生きた戦士の勘でキナ臭いものを感じたのか。

 さてここでもう一人、重要人物が顔を出します。
 故国を追われ、異国でさまよう元国王。イングランドの王、チャールズ2世。
 この本の翻訳ではイギリス人と言いますが、当時現代の意味でのイギリスは存在しません。現代のイギリスを構成する王国の一つイングランドがあるだけ。
 このチャールズ2世がこの街に偶然おり、ルイ王の到来を知ってひそかに面会を求め、援助を願い出たのでした。いろいろ事情もあるから、国を挙げての支援はなくてもいい。わずか百万の金か、200人の貴族か、どちらか、なんとかならないだろうか、と。
 しかし今のルイは、そのどちらも自由にはならないと苦しげに答えるのみ。
 1リーヴルを現代の価値で五千円とすると、百万リーヴルとは50億円。とてもわずかな金額とは言えないと思うのですが、そこはもう雲の上の人の発想ですな。

 失意のうちに宿を去る亡国の王。
 このとき、ルイ王の護衛にあたる近衛銃士の副隊長が、王に面会を求めました。歳は50から55がらみ、立派な顔立ちをした男、とあと(P272)で描写されます。
 長年王に仕えたこの男は、この他国の王への仕打ちに腹を立てているらしい。それと共に、長年国家に忠誠を尽くしながら報われなかった過去を、不満があるなら言えという王の命令でぶちまけます。
 「はい、陛下、陛下がそのような目つきでわたくしをお睨みになるお気持ちはよくわかります。歯に衣を着せぬ直言は、まさに気違い沙汰かもしれません。しかし、これも致しかたないではございませんか! わたくしは老人ですし、他人にこんなことを言われたら、そいつののどにその言葉をねじ込んでやることでございましょう。それくらいひどいことを、わたくしは陛下に、わが国王に申し上げました。心底を披瀝せよとの仰せでしたので、わたくしは、三十年このかたの、まさに積年の怒りを、御前にぶちまけました。陛下のご命令とあらば、わたくしは喜んで全身の血を捧げる覚悟でおりますが、それと同じ気持ちで洗いざらい申し上げた次第でございます」 (P165)
 そして若い王の、それはわかったからもう少し待ってもらえないか、自分が後見役の呪縛から解き放たれるまで、という言葉に対しても、老いた自分にはそんな余裕はないと言いきります。
 かくして一度は銃士隊長の地位を約束されながら何十年も銃士隊副隊長として国王を護衛してきたダルタニャンは、ようやく自由の身になります。
 そして計画を建てます。あの亡国の王を復位させてやろうじゃないか、と。

 失意のチャールズ王は、一人の貴族を訪ねます。かつて自分の父の最後の場面に立ち会ったという男の一人。そこで驚くべきことを教えられたのでした。今まで、神とチャールズ1世と自分しか知らない秘密、とその貴族は言います。金貨で百万、最後に隠してあるのだ、と先王はその貴族に言い残したのだそうな。そして最後に、
 『覚えておれ ─Remember─!』
 と叫んで処刑されたのだという。
 かくしてその貴族、ラ・フェール伯爵ことアトスは、かつての約束を守るためにイングランドに旅立つことを決心したのでした。

 期せずして同じ事を考えた二人の不屈の男、ダルタニャンとアトスは、はたして何を行ったのか。
 イングランドの議会に忠誠を誓う共和主義者モンク将軍は、どんな人物だったのか。彼ら二人とどう対決したのか。何を決断したのか。
 パリのロンバール街に店をかまえるプランシェは、共同出資者からどんな報告を受けることとなったのか。
 一国の王であってもめったに得ることができないイングランドの二つの勲章、ガーター勲章と金羊毛勲章を得たのは誰だったのか。

 いやぁ、そりゃありえないだろうと腹の中で言いつつ、デュマの物語を堪能しましたよ。箱の中に人間を詰め込んで何日も放置してそのまま無事に済むとは思えないけど、お話だからしゃあないか、などと突っ込みたいところもあったし。

 この巻は、まずルイという若い国王が自分の意志で苦しい国家の政治判断を下し、結婚したいとまで思った愛人を諦めてスペインから王妃を迎える場面から始まり、一人の将軍と二つの影が歴史を動かした場面を描写し、そしてフランスのもう一人の王であったマザラン枢機卿が絶命するときまでを描きます。大デュマ、お見事。 (2017/7/22)


 読書メーターの記録より  読了:2017/7/15 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:D005-015 32 歴史小説・西欧史 歴史年表 出版社:講談社
書名:ノートル・ダムの居酒屋 ダルタニャン物語 7 ISBNなし
原題: Le Vicomte de Bragelonne - ou Dix ans plus tard(1850) 翻訳者:鈴木力衛
講談社文庫 46/11 B76 価格:480Yen ページ数:560P 本のサイズ:文庫
初版発行:1975/7/15 購入:1975/7/20 カバー装画:おのき がく
「ノートル・ダムの居酒屋」 アレクサンドル・デュマ・ペール フランスを支配してきたマザランが死んだあと、その座を占めるのは誰か。
 衆目の一致するところ、その地位に就くべき人は今やフランス最大の資産家となった財務卿ニコラ・フーケ。しかし、やっと重しから解放されたルイ14世は、そうは考えない。
 ここの歴史解釈は、デュマ独特のものだったのでしょうか。それとも当時わりとそう考える人が多かったのでしょうか。
 若きルイは、まずマザランに仕えてきたというコルベールという男をマザランの後継者にと考えます。しかし、マザランのように自分の膨大な財産を背景にフランス王家の財産を管理させようとは思わない。彼を自分の駒として使おうとしたのです。
 これは、貴族・王族たちによる集団指導体制から、王が自ら官僚を駆使して絶対王政へと移行していく流れです。
 若き王は、中世から近世のパラダイムの変化を、どれだけ意識して作ろうとしたのか。
年齢は1661年当時
イングランド王チャールズ2世
ニコラ・フーケ (ベル島侯爵およびムラン子爵およびヴォー子爵)
(Nicolas Fouquet) 1615/1/27-1680/3/23 法律家、財務官、フランス財務卿。当時46歳
アルベマール公ジョージ・マンク
フィリップ
・ド・フランス
(初代ブルボン=オルレアン公)
1640/9/21-1701/6/9
ルイ13世の次男。ルイ14世の弟。男色家と言われる。兄王よりの莫大な年金により無為な一生を送った、らしい。当時21歳

マリー・マンチーニ
オルレアン公妃アンリエット・ダングルテール
 Henriette d'Angleterre(英名 ヘンリエッタ・アン・ステュアート Henrietta Anne Stuart)
1644/6/16-1670/6/30
フランス王アンリ4世の孫。ブルボン家出身のイングランド王チャールズ1世妃であるアンリエットの娘。ルイ14世の王弟オルレアン公フィリップの妻。ルイ14世の愛人と言われる。当時17歳


 しかも、この若者の凄いところは、コルベールという人物を能吏として使うとして、彼一人に国家の流れを託そうとはしないところ。もう一つ、自分自身の目と耳と拳を作ろうとします。
 「わたしが苦境に立っているとき、あなたは慰めてもくれなかった」
 「しかし・・・」ダルタニャンは面を上げた。気品にあふれた態度だった。「困っておられる陛下をお慰めしなかったことは事実ですが、陛下を裏切るようなことも、決していたしませんでした。わたくしはなんの代償もなしに自分の血を流しました。犬のように門口の見張をいたしました。だれもパンや骨を投げてくれないのを承知の上で。同じく困窮にあえぐわたくしでしたが、いま仰せられたように、おひまを頂戴いたした以外、わたくしは陛下になにひとつお願いしたことはありませんでした」
 「あなたが立派な人物であることはよく承知している。しかし、あのとき、わたしはほんの若輩だったのだ。もう少し、いたわりの念を持ってくれてもよかったではないか・・・」 (P64)
 絶対権力を持っているはずの国王に愚痴まで言われて、さすがに恨みが溜まっていたダルタニャンも、言いたいことを言ったあとは見限った王のもとに戻ることに。
 なんといっても、
 「ダルタニャン、そんなことが許されると思うのか?」国王は決然と言い放った。
 「しかし、陛下・・・」
 「しかし、どうなのだ?」
 「なぜ許されないのでございます?」
 「わたしが望まないからだ!」青年君主の声は荘重で、威厳に満ちていた。ダルタニャンははっとして身じろぎした。 (P68)
 という追い込まれ方になると、ダルタニャンは弱い。
 とりあえずコルベールとは武装中立的なスタンスで、国王の手足になることを承知します。

 王の命によりダルタニャンが町人アニャン氏となって潜入したのは、ベル・イール・アン・メール島。フーケ財務卿の私領です。ここにフーケが要塞を作っているらしいという情報があり、ダルタニャンの任務はそれの確認と偵察。
ベル・イール・アン・メール島 この島は、元はブルターニュ公領。この、自分たちがフランス人であるとは思っていないブルターニュの地を治めるフーケは、住民に慕われているらしい。しかも、ここの教会もフランス王の命令には従わず、独立独歩の精神を貫いています。となると、潜入は簡単ではない。
 ここでなんと、ダルタニャンはポルトスとアラミスを発見したのでした。ポルトスはここの要塞の建造責任者なのだという──のですが、ダルタニャンは一目でアラミスこそその人物だと見破ります。しかしそもそも、いったいここで彼らは何をやっているのか。

 フーケとアラミス、いやいまやデルブレー司教との間には何があるのか。ダルタニャンは二人に昔と変わらぬ友情を示しますが、同時に陰謀のにおいをかぎつけます。
 アラミスもまた、ダルタニャンに警戒を怠らないものの敬意をはらうにやぶさかではない。
 「そうです、わたくしはダルタニャンを愛し、かつ讃歎しています。なぜ愛するかと言えば、善良で、偉大で、公明正大だからですし、なぜ讃歎するかと言えば、人力の極限をわたくしに示してくれるからです。しかし、愛情や讃歎の念と同時に、わたくしはかれを恐れ、いつも先手を取るように心がけています」 (P325)
 この勝負はとりあえず痛み分けになりますが、この働きで正式な銃士隊隊長の地位を獲得したのだから、とりあえずダルタニャンとしては良しとすべきか。
 史実では、ベル・イール・アン・メールに要塞を築いたのはかのヴォーバンその人なのだそうな。なるほど、アラミスはこの時代最高の軍事技術者に匹敵する人物だと言うことか。

 この巻の後半は、フランス王弟フィリップの元にイングランド王家から嫁が来る話。むろん同盟関係のための政略結婚ですが、この疑似恋愛模様はなんなんだろうね。
 まず、前に顔を出したモンタレー嬢とラ・ヴァリエール嬢が王弟妃の侍女となります。これはいい。
 フランスに上陸したアンリエット王女には、忠実に付き従うバッキンガム公爵(アンヌ・ドートリッシュを籠絡したバッキンガムの息子)がぴったりと張り付いています。彼は、だれがみても明らかなようにこの姫に恋をしており、一分一秒たりともそばを離れたくないし、姫の眼差しひとつを得るために誰彼ともなく決闘を挑まんばかり。
 この姫をパリに迎えるために港に現れたラウルの親友ギーシュ伯爵は、ひと目この姫を見るや恋の虜となり、身も世もあらぬ様子。彼は王弟フィリップ殿下の寵臣の地位をシュヴァリエ・ド・ロレーヌと争っているのですが、そんななかでも恋は別。この美しい姫の微笑を得られるなら死んでもいい。
 なんだかなぁ。

 かつてダルタニャンにひどい目に会わされたワルド伯爵の息子ワルド子爵がギーシュの友人として登場し、ラウルに敵意むき出しで当たってくる。なるほど、という展開なんだけど、この息子、父の爵位よりひとつ下と言うことは、まだ父は生きていると言うことなのかなぁ?

 ラウル・ド・ブラジュロンヌ子爵は、ルイス・ド・ラ・ヴァリエール嬢に夢中なのでこの恋模様には加わらず。世界のだれより尊敬している父ラ・フェール伯爵の反対にもかかわらず、彼女と結婚したいと頑張ります。泣く子と地頭には勝てない父はルイ14世にこの結婚を認めて欲しいと願い出ることに。しかし王はこの老人の不満そうな顔に気づいたのか、許可しない。そして。
 このあとの歴史を知っているだけに、なるほどデュマはこう言う展開にして歴史を結びつけたのかと、その手腕にちょっと驚きます。
 しかし、この無責任な恋愛模様は読んでいて疲れる。面白くない。
 40年以上前に読んだとき、このへんがつまらなくてくだらなくて困ったもの。
 今もそうだとは思わなかった。(笑) (2017/8/7)


 読書メーターの記録より  読了:2017/8/5