トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:B002 フレドリック・ブラウン Brown, Fredric
国籍:アメリカ合衆国 生没年:1906/10/29〜1972/3/11
 オハイオ州シンシナティ生まれの小説家、SF作家、推理作家。フレデリック・ブラウンとも呼ばれるが、本人は好まなかったらしい。ユーモアあふれるショートショート作品で知られており、巧妙なプロットと驚くような結末が特徴である。ユーモアやポストモダン的作風は長編にも現れている。
 SF長編は5作のみと寡作家だが、SF黄金時代を代表する創作者の一人に数えられている。短編(ショートショート)作品において高名であり、ロバート・シェクリイと並び称される。「ミミズ天使」、「狂った星座」、「星ねずみ」、「闘技場」など多数の作品がある。短編はユーモラスなものが多い。
フレドリック・ブラウン
管理番号 書  名 メ  モ
B002-001 スポンサーから一言 珠玉のSFショートショート集
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:B002-001 10 SF一般 出版社:東京創元社
書名:スポンサーから一言   ISBNなし
原題:Honeymoon in Hell(1958) 翻訳者:中村保男
創元推理文庫 738 作者別番号705D 価格:190Yen ページ数:296P 本のサイズ:文庫
初版発行:66/3/25 第14版:73/2/23 購入:1973/3/19 カバー装画:司 修
「スポンサーから一言」 フレドリック・ブラウン 21編の、ショートショートといっていい短い小編を集めたものです。
 それぞれが刊行されたのは、1943年から1955年。第二次大戦後半から冷戦時代のはじめころ。それぞれ、短い文章でぴりっとしたオチをつけたもの。題材は、SFの黎明期らしい宇宙活劇もの、社会風刺もの、その他。

 ひとつひとつの話にコメントをつけてみたい気もしますが、21編の物語すべてを並べてそれをやるのはあまりに煩雑。だからちょっとだけ。

 「武器(The Weapon)1951」という作品の主人公は、究極兵器の開発をしている科学者。その彼の元に現れた男は、彼の知能の成長が遅れている遅れている息子に一つのプレゼントを残して立ち去ります。それを見た主人公は唖然として言います。
 装填した拳銃を白痴に持たせるなんて、気違いだけのやることだ。(P41)
 深いね。

 この本の原題Honeymoon in Hell≠ヘ、「地獄の蜜月旅行」という邦題です。この短編集の中でわりと人気があるようです。1961年末、冷戦のさなかの世界でいきなり男児の出産がゼロになるという異常事態が発生、原因不明。紆余曲折の末、月面で子作りしてみる実験が行われる、という筋書き。男はアメリカの宇宙飛行士、女はロシア人の可愛い宇宙飛行士、さて<地獄(Hell)>という月面クレーターで何が起きたか、という筋書き。
 時代の中でどうにもならないほど不自然な設定はやむを得ないとしても、オチがなんだかな。人類が作った超計算器が人類の争いを無くすための一芝居、という筋書きだとしても、どうもストーリーが甘すぎ。

 同じく超知性体が人類の戦争をおわらせるものとして、邦題にもなった「スポンサーから一言(A Word from Our Sponsor)」があります。
 世界が戦争の機運にあったある日、1954年6月9日の午後8時30分、たいていの人がラジオに耳を傾けている時間帯、酒場でこぶしを振り上げてさあ喧嘩が始まろうとするとき、瞬間ほんの一瞬ラジオの音が消えます。そして至ってもの静かで平凡な声が言う。「スポンサーから一言」そしてさらに一瞬の間があり、同じ声で淡々と一言、「戦え」。
 世界中で、日付変更線が進むにつれて次々と、あらゆる言語でこの言葉が語られます。
 そしてその結果どうなったのか。あらゆる戦いがなくなってしまったのでした。
 ネタとしてはこちらの方が遙かにシンプルだし、印象的に心に刻み込まれます。

 最後に、「想像」と題された一品がシメます。作者のSFへの思いを謳い上げたもの、といっていいかな。なんか気に入ったので、著作権とか問題はあるかと思いますが、短いので書き出してみます。
     想像
 想像せよ、亡霊を、神々を、悪魔を。
 想像せよ、さまざまの地獄、天国を、空に浮かぶ町々、海に沈んだ町々を。
 一角獣(ユニコーン)と半人半馬獣を。魔女、魔法使い、魔神、夜泣き魔を。
 天使と、有翼女身の怪物ハーピーを。護符と呪文を。地、火、水、風を支配する四大の精霊を。守護神と魔神を。
 たやすく想像できるのだ、これらのどれも、人類は数千年にわたってこれを想像してきた。
 想像せよ、宇宙船を、そして未来を。
 たやすく想像できるのだ、未来は現に来たりつつあり、そこには宇宙船がいる。
 ならば、想像しにくいものが何もないのか?
 もちろん、ある。
 一体の物質があって、その中にきみ自身がいるものと想像せよ。きみ自身、意識をもち、思考をつづけ、それゆえ自分が実在することを知っていて、きみは自分のいるその一体の物質をあやつり、それを眠らせたり起こしたり、愛の営みを行わせたり、坂を上らせたり意のままにすることができる。
 一つの宇宙を──無限でも有限でも、きみの好みのままだが──その中に幾十億、幾千万兆、幾千億兆の太陽を含む一つの宇宙を、想像せよ。
 それら太陽の一つのまわりをひとったらしの泥が狂ったようにめまぐるしく駆けめぐっているものと想え。
 そのひとったらしの泥の上にきみ自身がいて、それとともにめまぐるしく動いている、時間と空間の中を、未知の終点へと駆けめぐっているものと想え。
 想像せよ! (P287-288)
 素敵。(2018/11/22)

 読書メーターの記録より  読了:2018/11/06