トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号:H028 ジョー・ホールドマン Haldeman, Joe
国籍:アメリカ合衆国 生没年:1943/6/9〜
 オクラホマ・シティで生まれた。子供のころは家族と共にプエルトリコ、ニューオーリンズ、ワシントンD.C.、メリーランド州ベセスダ、アンカレッジと転々とした。1965年、結婚。メリーランド大学カレッジパーク校で物理学、天文学を学び1967年卒業。同年、徴兵によりアメリカ陸軍に入隊し、ベトナム戦争に赴き、戦場で重傷を負う。この経験が処女長編 War Year(1972年)を生み出す元となった。1975年、アイオワ大学で文学修士号を取得。現在はフロリダ州ゲインズビルとマサチューセッツ州ケンブリッジに家を持ち、MITで創作を教えている。作家だけでなく画家としての一面も持つ。2009年と2010年にすい臓炎で入院している。
ジョー・ホールドマン
管理番号 書  名 メ  モ
H028-001 終わりなき戦い 千年以上戦い抜いた兵士の物語
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:H028-001 10 SF一般 出版社:早川書房
書名:終わりなき戦い   ISBN4-15-010634-7 C0197
原題:The Forever War(1974) 翻訳者:風見 潤
ハヤカワ文庫SF634 早川文庫1944 価格:460Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/10/31 購入:1985/11/3 表紙イラスト:
「終わりなき戦い」 ジョー・ホールドマン この物語は、著者が(おそらく1960年代後半の)12月の寒い夜、ミズーリ州フォート・レナード・ウッド近くの陸軍訓練キャンプで、きつい訓練が終わったのち若い軍曹に言われた言葉から始まったのだそうです──と、日本語版への序文 に書かれています。
 そしてこの本を書いたのち、とあるインド人の読者にこんな事を言われたそうです。あなたはヴェトナム戦争の開始から終結までを記述したのですね、と。
 ふむ?


 「今夜は、音をたてずに人を殺す八つの方法を教授する」そう言ったのは、おれより五歳とは年上に見えぬ軍曹だ。こいつに(音をたてずだろうが、やかましくだろうが)戦闘で人を殺した経験があるとすれば、それはガキの自分のことに相違あるまい。(P13)
 という(おれにとって)くだらん場面で始まります。時に1997年、まだ異星人で不倶戴天の敵であるトーランの姿を、誰も見たことがなかった頃の話。IQが150以上の頭脳を持ち、頑健な肉体をもった100人の候補生らにとって、トーランに腎臓があるかどうかもわからないのにそこを殴り、ビデオの中ですが実際に殺人まで行って「人を殺す八つの方法」を教えるビデオは、無意味そのもの、か。
 P14の本文で、 卒業するまでは、たかが下士官の軍曹でも閣下≠ニ呼ばねばならない。という一文があります。これは「上官殿 Sir」のことじゃないかな。この頃、訳語でいろいろ悩む人たちがいたのかも。それとも、考えなしにこの無様な訳語を上げてしまったのか。 ──閑話休題。
 さて、それから新兵訓練の場面になるのですが、その前にまず、おれことウィリアム・マンデラの寝棚にもぐり込んでくるヤツがいる。その女ロジャースと、ぶつぶつ言いながらしっかり一戦交えたのはお約束。
 なにしろ、100人の候補生の半分は女、しかも男も女もやる気満々ときたもんだ。こういうセックスあからさまってのは、この時代のなにかなのかな。そしてもちろんマリファナ。マリファナは危険ドラッグではないらしい。
 そうそう、セックスまみれと言えば暁のファーストフライト(1987)があったんですが、10年以上発表年度に開きがありますな。

 12年前、というから1985年と言う事になるのか、縮潰星(コラプサー)ジャンプ航法が発見された、というのがこの物語のテクノロジーの根幹。ある物体を縮潰星に十分な速度でぶつけると、その物体は銀河の別な場所に瞬時に移動する、というもの。これによって、安価な超光速航行が可能になり、人類はさまざまな世界に進出します。その一つ、牡牛座(トーラス)のアルデバラン星の近くで人類は異星人と接触します。その結果起きたのは、問答無用の戦闘。こうして人類はこのトーラス(と名づけられた敵)と戦うことになったのでした。
 なぜ彼らは人類を敵視するのか。なぜ彼らは人類とコミュニケーションを取ろうとしないのか。彼らはどんな姿をしているのか。 ──すべて、謎。
 これに対抗するためには、ただの無知な兵隊では不十分。人類のエリートを鍛え上げてその精鋭で軍隊を作らなければならない。というわけで、おれたちがいる。苛酷な訓練を受け、戦うために洗脳されて条件付けされ、キーワード一つで虐殺者になるように教育され、兵士になりきったおれたちが。

 兵士となったおれたちがまず向かったのは、縮潰星である御者座アレフの近傍にある、御者座イプシロンを周回する惑星。そこで戦い抜いたおれたちが帰還したとき、縮潰星ジャンプ航法によりすでに10年たち、2007年になっています。
 アレフ方面での大虐殺から生き延びて軍曹となったおれですが、すぐに次の作戦に駆り出されます。次の縮潰星ジャンプを行った先は、ヨド4方面。今の恋人、メアリイゲイ・ポッターも生き延びて共に次の戦場へ。
 激戦ののち帰還したのは、2023年末。
 ここで退役し、たまりにたまった給料と年金を使って安楽に暮らしたい、そう思うのは当然のこと。
 迎えたボッツフォード大将はおれたちに、教官となって兵を指導してくれれば、少尉の階級をやる、といいます。
 そして笑みを浮かべて、言う。
 「きみたちの大部分は40万ドルほどの預金があるな。これまでの給料と利子だ。しかし、地球は戦時下で、その戦争を税金で支えているのは、ほかならぬ地球市民なのだ。きみらの収入だと、92パーセントは税金に持っていかれちまう。3万2千ドルでは、」つつましく暮らして3年もつかもたないかだろう。
 いつか諸君も職業につかねばならんだろう。そして、きみたちが訓練をうけていることといったら、これしかあるまい。ほかにはそくな仕事につけやせん──いま、地球の人口は90億を越えた。職のないものが5、60億人いる。そして、きみたちの知識は26年分、時代に遅れとるのだ。──」 (P169)
 しかも、そのあとで説明に立った地球から来たばかりのシリ軍曹が、とんでもないことを言い出します。
 地球の三分の一以上が同性愛者であること。自分もむろんホモであり、それが普通であること。それは産児制限のために奨励されたものだということ。
 軍を辞めようと思ったおれは、メアリイゲイと共に老いてしまった母、おれより年長になった弟の元に行きます。しかしおれたちには、軍以外に生きる場所がないことがやがてわかってきたのでした。軍は、貴重な生き残った兵士を、合法非合法にかかわらずつなぎ止めようとするのでした。
 こうしておれは、マンデラ少尉として軍に復帰します。すさまじい消耗戦の果てに、おれは片足を、メアリイゲイは左腕を失う重傷を負って生き延びて帰還したのは、2389年のこと。

 帰還して、送られたのはヘヴンという惑星。汚染される前の地球のような惑星。ここで、おれは預金されていた給料、利息の複利まで合わせて892,746,012ドルを散在します。これには、メアリイゲイと別な認知に行く命令で自暴自棄になったことも原因にあるのかも。
 一度別れてしまったら、それぞれ別の時間線で生きることとなり、同じ世代で再開できる可能性は無いから。

 おれは、スターゲイトで指揮官となる訓練と教育を徹底的に叩き込まれ、マンデラ少佐としてガンマ攻撃部隊の指揮官として出陣します。2458年のこと。背後の地球政府では、ヨド38とアレフ40の生き残りの退役軍人たちが起こした反戦運動に揺れているそうですが、戦場にまではその波は来ていない。まだ。
 とはいえ、部下が全員同性愛者になってしまった今では、もはや時代に取り残されたようなもの。しかし、おれは彼らより戦場のメシを食った時期は長い。はるかに。
 そして、文化の違いにとまどうおれ。戦争の仕方の違いにとまどうおれ。戦闘。虐殺。
 トーランとは、いったいどんな存在だったのか。トーランは何を考えていたのか。人類はトーランとどうすべきだったのか。トーランは人類に何をしたのか。

 それらがすべて片付き、部下の80パーセントを失って帰還したおれを迎えたのは、こういうニュース。
 「この本に書いてあることですが、戦争は221年前に終わったのです。今年は220年というわけです。もちろん、昔風に言えば、西暦3138年となります。
 みなさんは、最後の帰還兵ということになります。みなさんがここを出発なさるとき、わたしも出発します。そして、スターゲイトを破壊します。ここは、帰還兵のみなさんとの会合点(ランデヴー・ポイント)として、また人類の愚行の記念としてのみ存在しているのです。それに恥であります。そのこともこの本に書いてありますが。この星を破壊するのは、いわば大掃除ですね」 (P349)
 おれを迎えた女は、今の世界に百億人いるクローンの一人。異性愛による結びつきがなくなった人類社会の中で、最近流行りだした「すべての心が一つ」の兄弟たちの一人。そんな世界になっていたのでした。
 もはや生きる場所がなくなったおれ。そんなおれに、おれ自身の軍歴書類が渡されます。
 分厚い書類の中に、一枚1黄ばんだ紙。手書きの筆跡は、見なれたもの。250年以上昔の日付。
 おれの目からあふれ出す涙。

 3143年2月14日、ミザールの第五惑星ミドル・フィンガーで一人の赤ん坊が産まれた、というニュースがこの物語のフィナーレ。母親の名は、メアリイゲイ・ポッター=マンデラ、元少佐。1977年生まれで、この惑星で二番目に長老。
 終わりなき戦い≠フほぼすべてに参戦した歴戦の兵士だったのだそうな。

 ベトナム戦争と言えばたしかにそのとおり。であればなおさら、ハッピーエンドで終わるとは思わなかった。
 うん。 (2018/12/28)

 読書メーターの記録より  読了:2018/12/13