トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: I037 乾石智子 いぬいし・ともこ
国籍: 日本 生没年:?
 山形県生まれ。山形大学卒業。山形県在住。
 1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。スターウルフで目を覚まし、コナン・ザ・バーバリアンから最初の一歩を助けてもらったファンタジー作家。
乾石智子
管理番号 書  名 メ  モ
I037-001 夜の写本師 魔道師に育ての親を殺された少年の物語
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:I037-001 17 ファンタジー類 出版社:東京創元社
書名:夜の写本師   ISBN978-4-488-52502-6
英題:Scribe of Sorcery (2011)  
創元推理文庫 Fい2-1 52502 価格:820Yen ページ数:352P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/4/11 購入:2017/4/3 カバーイラスト:羽住 都
カバーデザイン:内海 由
「夜の写本師」 乾石智子 耳が尖った美少女が登場するファンタジーと称するものに辟易したこと、それとそもそもファンタジー自体があまり波長が合わないこともあり、ずっとファンタジー小説に距離を置いていました。まァ、精霊の守り人シリーズとかは読んでいたけど。
 しかし本屋で不意に手に取ったこの本、なんか違う。
 なんとなく、気に入りました。


 右手に月石。
 左手に黒曜石。
 口のなかに真珠。
 カリュドウは三つの品物をもって生まれてきた。 (P10)
 エズキウムの都の近郊にあるキーナ村で生まれたカリュドウは、こういう状況から、驚き青ざめた両親の手から産婆をつとめた女魔道師エイリャに預けられ、育てられたのでした。村のものは、カリュドウがエイリャの後継者として選ばれたのだと考えます。彼は一つ年下の、いずれここを護る占い女になる少女フィンと共に、修行をしつつ大きくなります。
 カリュドウが14歳になったとき、かつて<収穫めぐり>のとき現れたエズキウムの四大魔道士の一人、ケルシュがエイリャの元に現れ、そして言う。
 「アンジストがお怒りだ。御大みずからやってくるぞ」
 エイリャは背筋をのばした。かすかだった笑みは、つららも粉々になるかと思うほどの冷たい笑いになっていた。
 「くるべきものがきたわね。いつかはくると思っていた」
 ケルシュは重々しくうなずいた。
 「よくもったほうだ」
 エイリャは肩をすくめた。ケルシュが言う。
 「逃げたほうだいい」
 「あれから何年たった?」
 「493年」 (P23)
 アンジストとは、エズキウムの魔道師長。そのような大物を敵に回していたのか。
 フィンといっしょに逃げなさい、とエイリャに言われますが、その準備も始まらないうちにアンジストその人が現れます。ケルシュは危ういところを逃れますが、エイリャは殺されます。それも、アンジストにその魔力を吸い取られて。そしてフィンも。なぜカリュドウは見のがされたのか。

 ここから始まるカリュドウの旅。まずパドゥキアの街の魔道師ガエルク師匠の元に身を寄せて魔道師として身を立てようとしますが、それも破綻。彼は新しい未来を示されます。写本師。
 「すごい秘密をにぎっているのはな。開くと呪われる本、さわると災いがふりかかる巻物、目にしただけで具合が悪くなる紙切れ。 ・・・ 魔道師ぬきで」
 「魔道師ぬきで?」
 その言葉が示すものは、もしかしたら世界をひっくり返すかもしれない新しい道だった。 (P69)
 こうして彼は、写本師、それも闇の写本師として身を立て、この世界の謎を知りつつ成長していくことに。

 この物語が描き出すのは、まずカリュドウによるエイリャとフィンの死の謎を解くことと、彼らの仇討ち。しかしそれだけではなく、この世界の成り立ち、魔道とはなにか、魔道師になるとはどういう事か、彼らはこの世界をどう支配しているのか、この世界の人々は魔道とどのように関わって生きているのか、ひとつひとつ丁寧に広げて見せます。中世の街の職人の師匠たちのような市井の魔道士たちと対比される宮廷の魔道士たちの姿も。そして写本師とはなにかという説明も。
 シリアスで荒々しい世界なのに、読んでいてなにか心地よいものを感じるのはなぜだろう。

 この本の続編を、そしてこの作家の別な本を読んでみたくなりました。 (2017/7/9)


 読書メーターの記録より  読了:2017/6/13