トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: K102 マリア・コニコヴァ Konnikova, Maria
国籍: アメリカ合衆国 生没年:1984〜
 
マリア・コニコヴァ
管理番号 書  名 メ  モ
K102-001 シャーロック・ホームズの思考術 <マインドフル>という言葉で解きあかすホームズ譚
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:K102-001 42K シャーロック・ホームズ研究書 出版社:早川書房
書名:シャーロック・ホームズの思考術   ISBN978-4-15-050454-0 C0111
原題:Mastermind (2013) 翻訳者:日暮雅通
ハヤカワ文庫NF454 7709 価格:920Yen ページ数:432P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/1/15 購入:2016/2/22 カバーデザイン:坂野公一(welle design)
「シャーロック・ホームズの思考術」 マリア・コニコヴァ この手の本、シャーロック・ホームズの名を借りて自説を論ずるヤツには何度か落胆させられていたので、ちょっとかまえて読みました。
 おや、意外に悪くはない   ・・・かな。

 <マインドフル>という言葉の説明から始まります。
 <マインドフルネス>という概念自体は、決して新しいものではない。早くも19世紀末には、現代心理学の父ウィリアム・ジェイムズが、「逸れてさまよう<注意力(アテンション)()>を何度もくり返し自発的に連れ戻す能力が、判断力、正確、意志のまさに根源である。 ・・・この能力を向上させる教育が、卓越した教育であろう」 と書いている。そういう能力こそが<マインドフルネス>の本質にほかならない。そして、ジェイムズが推奨する教育とは、人生に対して、思考に対して、<マインドフル>にアプローチする教育のことだ。  (P14-15)

 シャーロック・ホームズにとって<マインドフル>であることは第一歩にすぎない、といいます。それよりはるかに大きい、はるかに実用的で満足できる目的のための、手段なのだ、と。
 まずドイルが、1903年に逮捕されたジョージ・エダルジと言う青年の冤罪を晴らそうとした事件から始まります。ドイルは完全にこの青年を復権させるには至らなかったものの、この事件をきっかけにイギリスに控訴院が誕生したという歴史的事実もあり、世界に名だたる名探偵の生みの親としての地位を世界に示したもの。
 その手法、論理的な思考へのアプローチなどが、同時に本物であることが実証された訳です。

 ホームズとはなにか。
 それは単なる犯罪解決法ではない、といいます。それはものの考え方全体であり、悪の世界とは無縁の数えきれない時柄に応用することのできる<マインドセット>であると。この<マインドセット>とは、行動の開始から目的の達成までのプロセスに特徴的な任地・思考状態であり、現代でも通用する方法であるそうな。これこそが、これほどの長い間ホームズの魅力が尽きない理由の秘訣とか。
 ほう。

 ここで、考えるという行為に対して、<ワトスン・システム>と<ホームズ・システム>という二つの方法に分けてみます。
 <ワトスン・システム>とは、いい加減な思考習慣によって動かされる、私たちのなかにある単純素朴な自己(セルフ)()です。一生をかけて身につく、ごく自然で、最も安易な方法で考える自己。
 それに対し、<ホームズ・システム>とは、私たちのなかにある向上心ある自己とします。
 このように考え方、推理法、行動哲学、心理学、記憶術、モチベーションなどについて、一般人=ワトスンとの対比としてホームズの姿を作り上げ、システムとして分類する、これがこの本が行っていることかな。
 これだけだと、あのいささか不快な 「シャーロック・ホームズはなぜ外見だけで人を見抜けるのか」 などと同じように、ホームズ譚を出汁にして自分の心理学講座を書いただけといったレベルのものでしかない。しかしこの本は、ありがたいことにそうではない。

 言葉の過度な繰り返しやアメリカ人中心の視点に取っつきにくいところはあったも のの、原典のホームズ譚をよく研究し、その上で<ホームズ・システム>と<ワトスン・システム>を提唱し、しかも<ワトスン>をただ貶めるだけでなく、それらの考え方それぞれのメリット・デメリットを上手く 解説しています。なるほど、こういう書き方もあるのか。

 ドイルがなぜ妖精の写真に騙されたのか、なぜ心霊術に傾倒したのかについての論が最後の方にあります。これも、それなりに説得力がありますね。ここは皮肉な言い方をすれば、心霊現象(サイキック)()が日本よりはるかに市民権を持っているアメリカという風土によるものがあり、日本では鼻も引っかけられない論ではありますが、アメリカならしかたないか。(笑)  (2016/8/25)