トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
 作家番号: L022  作家: タニス・リー  Lee, Tanith
 国籍:イギリス  生没年:1947/9/19〜
 
管理番号 書  名 メ  モ
L022-001 銀色の恋人  
L022-002 銀色の愛ふたたび 「銀色の恋人」の24年後の続編

ページのトップへ
  Ver. 2.21 
管理番号:L022-002 10 SF一般 出版社:早川書房
書名:銀色の愛ふたたび   ISBN978-4-15-011611-8 C0197
原題:Metallic Love (2005) ハヤカワ文庫SF1611 リ1-3 早川文庫6066
翻訳:井辻朱美 価格:860Yen ページ数:431P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007/5/25 購入:2007/5/25 表紙イラスト:久織ちまき
「銀色の愛ふたたび」 1981年に同じ作家が「銀色の恋人」という長編を書きました。
 この続巻が約四半世紀後に書かれたのです。気の長い話ですねぇ。
 買ってから間があったのは、読むのなら「銀色の恋人」を探して読んでから読むのが礼儀じゃないかと思ったから。それで一年も経って、ようやく探すのをあきらめて読んだんですよ。
 で、その感想。

 あー、たしかにもし作家がこの続編を1980年代に考えていたのだとすると、受け入れられなかったでしょうねぇ。ハインラインの「異星の客」が、そのメッセージよりその舞台に目を奪われてヒッピーの聖典になった二の舞かも知れない。
 今? うーむ、今の社会では、特殊な性志向やオタク文化などが認知されているから、逆にそれほどセンセーショナルでもなく目立たないかも。年月とは面白いものですよ。

 「ジェーンの本」というものを見つけてしまった少女「あたし」が主人公です。
 「あたし」は、父親不明、母親が生後10ヶ月の時に祖父に押しつけて去ったという。祖父とは言っても血のつながりはない。「あたし」の母を15才で町に立たせた養い親にすぎない。
 厳格な終末論者であった祖父の家の中で、「あたし」が床下から見つけたのは「ジェーンの本」。おそらく、「銀色の恋人」なのでしょう。
 ジェーンと、シルヴァーと呼ばれるアンドロイドとの、夢のような世界。
 「あたし」は、この本を読んだ後祖父の家を出ます。この夢が自分にも来ないかと夢見ながら。

 展開される話は、高性能ロボットの暴走、叛乱、新世界の建設といった、いわゆるアシモフ命名の「フランケンシュタイン・コンプレックス」的なお話ですね。それ自体、日本人的にはちょっといただけないのではないかと思いますよ。なぜかというと、ロボットが暴走しても逆にそれを恐怖に感じないのが日本人じゃないかと思うから。また、宗教的、慣習的な制約も低いし。
 むろん、ひとさまざまですから、断定などしません。

 それ以外で、このお話が日本で受けるとしたら、どこでしょうかね。
 いわゆる「安全なセックス」になるのでしょうか。解説にありましたように、今、ある種の女性の間で、BLと呼ばれる、男性から見ると変態的なホモセクシャルが受けているそうですが、突き詰めればこれも「安全なセックス」にほかならないという。
 何しろ相手は高性能ロボットですから、すべてに渡って理想的な訳です。力は強い、知性は高い、技巧も巧み、しかも妊娠の危険はない。
 ふうん。
 ま、鐵太郎は、あまり正統派ではないけど男性ですので、この方向に対しては共感できる要素が少なく、周波数は合いませんでした。
 ちょっと、読んでいていらいらしましたよ。

 ところが、読んでからしばらく経って、「銀色の恋人」を見つけてしまいました。読むべきかなぁ。(笑)  (08/7/20)