トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: M113 ボニー・マクバード MacBird, Bonnie
国籍: アメリカ合衆国 生没年:?
 サンフランシスコ生まれ。作家、女優、戯曲作家、脚本家、プロデューサー。
 スタンフォード大学で音楽の学士号と映画の修士号を取得。ハリウッドで長く脚本家・プロデューサーとして活躍。水彩画の画家としても知られる。
ボニー・マクバード
管理番号 書  名 メ  モ
M113-001 シャーロック・ホームズの事件簿 芸術家の血 子供の失踪と国際的陰謀事件
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:M113-001 42 シャーロック・ホームズ・ノベル 出版社:ハーパーコリンズ・ジャパン
書名:シャーロック・ホームズの事件簿 芸術家の血  ISBN978-4-596-55038-5 C0197
原題:Art in the Blood (2015) 翻訳者:日暮雅通
ハーバーBooks M・マ 2-1 価格:880Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/10/25 購入:2016/12/11 表紙イラスト:
「シャーロック・ホームズの事件簿 芸術家の血」 ボニー・マクバード こんな 序 で始まります。
 2012年、オリンピックが行われた年の夏、ウェルカム・ライブラリでヴィクトリア朝時代の医学について調べ物をしていた私は、思いがけぬ発見をしたことにより、調査の方向をまったく変えることになった。
 古い書物をいくつかリクエストした私のと事に運ばれてきたのは、小さな埃まみれの品々であった。今にも崩れそうなためか、亜麻布を使ったリボンでくくられているものもある。中でも一番大きな、コカインの使用法に関する研究書のリボンを解いてみると、その裏側に、折りたたまれた分厚い紙の束が付いていることに気づいた。
 私は注意深くその束をはずし、机の上で広げてみた。手書きの文字が妙に馴染みのあるものに思えた。まさか。本のほうの表紙をめくってみると、タイトルページには色あせたインクでもとの持ち主の署名があった。「ドクター・ジョン・H・ワトスン」  (P9)
 お、ブリキの文書箱じゃありませんか。ふむ、そのネタで来たか。正統派ですね。  と思ったら。

 出だしはまずベーカー街の火事のシーンから。
 メアリ・モースタンと結婚したばかりのワトスンの元に、ホームズが221Bの下宿に火をつけたからすぐに来て欲しいとのメッセンジャーの手紙。出したのはむろんハドスン夫人。駆けつけたワトスンの目の前にあったのは、消防士が火を消し止めたあとの水浸しの惨状と、その中で長いすの上で震えている蒼白な顔のホームズ。しかも、彼はそれまで数日拘置所に収監されていたという。

 ああ、新時代のホームズだな、これは。BBCの「シャーロック」というよりは、ロバート・ダウニーの映画版のスタイル。バイオレンスとアクション。しかも露骨にコカインまみれ。こんなホームズを求める人が多いんでしょうな、今は。
 ヴィクトリア時代の紳士であったホームズは、もはやお呼びでないのか。


 いろいろ複雑な謎を保留にしたままで、パリから来た手紙を開くホームズ。フランス語で書かれていましたが、読み始めるとみるみる文字が消えていく。見えない第二のインクで書かれた文面を読み取ったホームズは、10歳の息子が父親のところから行方不明になったので調べて欲しいという。依頼者はどうやら、イングランドの最上級の貴族ペリンガム伯爵との間に子供を作ったパリのコンサート歌手らしい。その捜査に向かおうというホームズの身を気遣い、愛妻メアリが母親の元に行っているワトスンは彼と同行することに。
 こうして物語は始まります。単なる失踪事件と思われたものが、美術品の窃盗事件、そして英国の影の重鎮であるマイクロフト・ホームズまで絡む国際的な陰謀に広がっていきます。この本の副題となる 「芸術家の血」 とは、いったい何だったのか。

 悪くない、と最初思いました。ちょっと乱暴だけど。
 しかしこの暴力描写が、ホームズ譚と言うにはどうなのか。そして、ドラッグ。捜査すべき事件がないときの無聊、回転していないと焼きついてしまう脳を落ち着けるために麻薬を常用していた、と描写されていたホームズの7パーセントのコカインが、危機的状況の中でポパイのホウレンソウの如く精神を高揚させるために使われるとは。

 うーん。アクションミステリとして悪くないけど、これが新時代のシャーロック・ホームズなのだとしたら、それでいいのか悩む。
 車椅子の偽装がバレたシーンなど、失笑してしまいましたし。
 むう。  (2017/3/10)


 読書メーターの記録より  読了:2017/1/9