トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: N008 ラリイ・ニーヴン Niven. Larry
国籍: アメリカ合衆国 生没年:1938/4/30〜
 本名 Laurence van Cott Niven
 日本ではラリー・ニーヴンの表記もあり。
 アメリカの小説家、SF作家。大胆なアイデアのハードSFを得意とする。
 多彩な異星人、トリック、落としのうまさなどで定評があるが、ドラマとしてはスケールが小さいとの評価もあり、箱船宇宙と揶揄されるときもあり。
 それはそれで良いじゃないかと思うんですけどね。
管理番号 書  名 メ  モ
N008-007・011

N008-019
  
 リングワールド・シリーズ
1 リングワールド
2 リングワールドふたたび
3 リングワールドの玉座
4 リングワールドの子供たち
宇宙に浮かぶ超巨大なリング。ノウンスースの集大成
N008-013 魔法の国が消えていく ロジカルな設定の中で描かれるヒロイックファンタジー

    Ver. 2.7
管理番号:N008-007・011 15 ハードSF 出版社:早川書房 
書名:リングワールド ノウンスペース ISBN
原題:Ringworld (1970)
翻訳:小隅黎 価格:\1400 ページ数:357P 本のサイズ:HC
第6刷:1981/9/15 購入:1982/2/28 表紙イラスト:鶴田一郎
書名:リングワールド ノウンスペース ISBN4-15-010616-9 C0197
原題:Ringworld (1970) ハヤカワ文庫SF616 早川文庫1892
翻訳:小隅黎 価格:\660 ページ数:536P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/6/30 購入:1985/6/28 表紙イラスト:鶴田一郎
 ノウンスペース(Known Space)、既知の宇宙。
 このシリーズ名は、ニーヴンのシリーズとしてすでに既知のものとなった宇宙のことです。そこには、地球人だけではない、たくさんの宇宙種族が存在し、ある時は友好を、ある時は陰謀を、ある時は侵略を意図してたがいに睨み合います。
 この世界の集大成として、総まとめのように描かれたのがこの「リングワールド」です。
 SFでは舞台となる世界の大きさを平気で馬鹿でかくします。銀河世界とか、全宇宙とか。しかし、人間がまともに把握できるスケールの中で、SFとして想定できる舞台としては、こいつは、でかい。
 一番でかいなどと言いませんが、でかい。

 簡単に言うと、太陽系の中で、地球軌道よりちょっと外側に太陽をぐるっと一周するリボンを考えましょう。幅は約百万マイル。半径約一億マイル。リボンの両側に立つ外壁の高さ一千マイル。リボンの厚さ約50フィート。
 スケールがわかりますか?
 あとがきにあるように、これを千六百万分の位置に縮小します。
 すると、リボンの大きさは東京の環状7号線とほぼ同じ。リボンの幅は約100メートル、外壁の高さ10センチ、リボン厚み約1マイクロメートル(昔はミクロンと呼びましたな。千分の一ミリです)。このとき、地球の大きさは約80センチメートルです。
 イメージできますか?
 このばかでかいスペースには、400兆の知的種族が住み、しかもスカスカなのです。
 まるで水を抜いた競泳用プールの底で、蟻が数匹騒いでいるようなものです。

 だれが、いつ、なんのために作ったのか。そしてこれでどうするつもりだったのか。謎だらけです。

 この謎を解明するために全文明の叡智を結集した重装備の探検隊が堂々と発進... しません。ニーヴンの世界ですから。(笑)

 200歳の誕生日を迎えた地球人ルイス・ウー(認識番号MMGREWPLH)が連れ込まれた先にいたのは、すでに文明社会から逃亡したと思われていたパペッティア人でした。宇宙最高の完璧主義の技術者ながら、極端に臆病な非ヒューマノイド。
 彼らは、約1万年前に銀河系中心で新星(ノヴァ)の連続爆発がおきて、光の速度からして今より約2万年後に「ノウンスペース」すべてが壊滅的被害を受けるという情報を聴いた瞬間に、全一族を上げてマゼラン星雲へ逃げ出したほどの臆病さでした。
 このパペッティア人、ネサスが、ルイス・ウーを誘拐したのは、むろんリングワールド探検隊の一員として。
 次に、クジン人、つまり常にありとあらゆるものを自分への侮辱と考え、ありとあらゆる方法でそれに報復しようと考えている獰猛な種族の一員、「獣への話し手(スピーカー・トゥ・アニマルズ)」が加わります。最期に加わったのは、ルイス・ウーの誕生パーティに参加していた若い娘、ティーラ・ブラウン、認識番号IKLUGGTYN。
 彼らへの報酬も大変なものでしたが、なぜ彼らが選ばれたのかの謎も残ります。
 やがてわかるのですが、この何もできない娘ティーラ・ブラウンとは、実は宇宙の神秘とも言うべき驚くべき存在でした。

 さて、この物語にはこれだけではない、さらに二重三重のテーマが絡みます。
 リングワールドにむかった彼らは、そこで何を見つけるのでしょうか。
 SFの面白さ、そのエッセンスが詰まった傑作です。  (06/5/9)
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:N008-013 14 時代SF・ヒロイックファンタジー 出版社:東京創元社
書名:魔法の国が消えていく   ISBN978-4-488-66802-X C0197
原題:The Magic Goes Away (1978) 翻訳者:厚木 淳
創元推理文庫 668-2 価格:380Yen ページ数:304P 本のサイズ:文庫
初版発行:84/7/27 第2版:85/6/7 購入:1986/3/2 カバー装画:木嶋 俊
本文イラスト:エステバン・マロート
「魔法の国が消えていく」 ラリー・ニーヴン 魔法使いが魔法を使うためには、マナが必要だった、という世界の話。
 といっても地球、それも一万二千年前の、過去の地球ですが。
 このマナが、魔法使いたちが使いすぎたためか、徐々に枯渇していく世界を描いた三部作の最後を飾るのがこの本。

 妖術師のウエイヴィヒルとの対決から約20年後の世界。この世界に残る二人の最強の魔法使い、ウォーロックとクラブフートは、マナがあって魔法を使えさえすれば瞬時に飛び越えられる砂漠を、びっこを引きながら旅します。
 ウォーロックとは、「戦いを封じる者(War-Lock)()」という意味。世界からマナが消えていき、そして魔法の力も消えていくことを最初に知ったのは彼。頭がつるつるに禿げた長身でやせた老人で、240歳の年齢の重みに耐えています。
 クラブフートはアメリカ大陸の住民。老齢ではあるけれど、ウォーロックよりはるかに若い50歳。赤黒い肌と直毛の黒い髪、わし鼻。ウォーロックとともに旅をしています。
 ウォーロックが持っている髑髏は、もとはウエイヴィヒルと呼ばれている、魔法使いにして妖術師(ネクロマンサー)()。魔法を使って自分自身を不死身にしたのですが、その結果恨みを買っている人狼に食い尽くされて髑髏になっても死ぬことができない。知られてはならない本名クランスコルプールを知られてしまったので、ウォーロックによって蘇ることに。ただし、髑髏のままの姿で。
 さらに、ピランサーとミランディという二人の魔法使いが、彼らに合流します。
 ピランサーは<南の大陸>から来た一族の一人。小柄で肌は浅黒く、髪は白く小太り。かつて50年前、マナが豊富にある地域の地図を作ろうとして、ウォーロックに罵倒された魔法使い。
 ミランディは、かつてウォーロックとかつて同棲していたこともある妖艶な魔女。
 このメンバーから意見が合わず去って行ったピランサーを除いたメンバーに、かつてアトランティスを滅ぼした兵士の一人、ギリシア人のオロランデスが加わります。彼らの目的とは、マナの復活、魔法世界の復活。しかし、どうやって。

 ラリー・ニーヴンは、魔法の世界を構築するために理論的な裏付けを考えます。マナという物質が過去にあり、魔法とはそれを使用することによって行われる、というもの。むろんそれを扱う魔法使いの技量によってその効果は全然違う。
 そしてマナは、地球上のあちこちに豊富に存在するのですが、使用すれば減っていくものである、とします。
 マナがなくなったとき、魔法使いの能力も失われ、魔法によって長寿を満喫していた大魔法使いも、魔法によって存在していた町や国も、たちまち死を迎えることになる、と。
 ニーヴンが書いた連作は、このロジカルな舞台設定の上になんともオーソドックスな、アトランティスだの、雲の巨人族だの、永遠の命だの、最後の神が滅びるときだの、剣が魔法を越えるときといったテーマをちりばめ、面白い絵巻を広げて見せます。
 かつてのヒロイック・ファンタジー時代の終わりに、このシリーズはたしかに一つの伝説を作ったのでしょう。

 読んでいて退屈に思った罰当たりにはむかないシリーズなんだろうな。(おい)

 とはいえ、エステバン・マロートのアメリカンなイラストが素敵。創元が「イラストレイテッドSF」ってハードカバーで出していたものの文庫版。アメちゃんの筋肉もりもりイラストにも、良いものはあるね(笑)。(2017/4/28)


 読書メーターの記録より  読了:2017/2/28 

上へ 
    Ver. 2.15
管理番号:N008-019 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:リングワールドの玉座 ノウンスペース ISBN4-15-011559-1 C0197
原題:The Ringworld Throne (1996) ハヤカワ文庫SF1559 ニ1-12 5832
翻訳:小隅 黎 価格:\1000 ページ数:620P 本のサイズ:文庫
初版発行:2006/4/30 購入:2006/4/30 表紙イラスト:倉本裕之
 前々作「リングワールド」とこの作品の間に、「リングワールドふたたび」という作品があります。
 その作品において、第一作でリングワールドを脱出したルイス・ウーは、23年後に再びリングワールドを訪れます。そして巨大な世界が遭遇する危機からリングワールドを救いました。そのときのさまざまな事情により、リングワールドを放れることができない状況になり、ここにとどまることになります。AD2881年のこと。

 そして、AD2892年、10年以上経過しています。
 話はルイス・ウーの視点と、亜人類たちの視点とに分かれます。ルイス・ウーは、かつて仲間だったパペッティア人ネサスの伴侶である<至後者(ハインドモースト)>、同じくかつて仲間であったクジン人ハイミーの息子<侍者(アコライト)>と共に、あらたなリングワールドの謎を解くべく旅をしています。同時にさまざまな亜人類たちの視点でも話は進みます。

 この壮大なリングワールドは、特異な世界です。地層の深さはなきに等しく、もともと人工天体なので鉱物などは埋蔵されていません。つまり、文明が滅びたら、それを復活させることは自力では絶対に不可能。
 また、通常の自然世界における生態系もなきに等しい。バクテリアや昆虫などによって維持されている生態系バランス、つまり人口抑制、廃物処理、植物分布なども亜人類が管理しています。というより、分化した亜人類たちが生存のために生態系を維持させられています。
 死肉しか食えない人種、草食性の巨大人類、落ち穂拾いで生きる人種、機械を操作する人種。そして吸血人種(ヴァンパイア)。
 この世界の住民は基本的には人類です。知的な異種族が出会った場合、敵意のない事を示す挨拶として、リシャスラもしくはレシュトラ、つまり繁殖の可能性のない性交をします。これなどは、リングワールド以外では行われない習慣ですが、それでも人類でありたいという悲しい願望を感じてしまうのですが、考えすぎかな?

 最後はプロテクター同士の戦争となります。
 プロテクターとは、もともとはパク人という特定の異星人の最終形態を指す言葉でした。幼年期、ブリーダー期を経て、最終形態のプロテクターとなると、自らの一族・子孫を守ることが本能となった肉体的にも知性的にも完璧な存在となります。
 この時代は、すべての人類亜種族が、プロテクターへと進化することが可能であることが証明された時代以降です。
 プロテクターとなったティーラ・ブラウンの死後、彼女によってプロテクターとなった者たちが二手に分かれて、それなりに守るべきものを持って戦うのです。
 なぜか、そしてなんのためか。
 万能のプロテクターに捕らえられたルイス、<至後者(ハインドモースト)>、<侍者(アコライト)>たちの運命とは。

 読後感としては、お話はスリリングで面白いと思います。メカニズムも面白い。リングワールドを支えるバサード・ラムジェット(Bussard ramjet)など、コアなSFファンにはぞくぞくするようなガジェットも並んでいます。
 しかし、ストーリーの構成がアンバランスではないのかな。エピソードを重ねていって最後に収斂するのではなくて、いつの間にか糸が一本残るだけのような気がするのです。つまり、どこでも好きなように読めるエピソードの連鎖であるような。
 読み方が足りないのでしょうか?  (07/1/12)