トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


Y018小川一水
作家番号: O017 小川一水 おがわ・いっすい
国籍: 日本 生没年:1975~
 
天冥の標 シリーズ
 
小川一水
管理番号 書名 備考
O017-009・010
O017-011
O017-012
O017-015
O017-016
O017-017
O017-018
O017-020
O017-023
O017-024
O017-025
O017-031
O017-032
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅰメニー・メニー・シープ(上・下)
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅱ 救世群
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅲ アウレーリア一統
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅳ 機械じかけの子息たち
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅴ 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅵ 宿怨 PART1
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅵ 宿怨 PART2
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅵ 宿怨 PART3
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅶ 新世界ハーブC
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅷ ジャイアントアーク Part1
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅷ ジャイアントアーク Part2
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと Part1
天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと Part2
小川一水の未来史 全十巻?
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-009・010 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅰ(上) メニー・メニー・シープ ISBN978-4-15-030968-8 C0198
ハヤカワ文庫JA968 オ6-10 早川文庫6534 価格:660Yen ページ数:341P 本のサイズ:文庫
初版発行:2009/9/25 購入:2009/11/7 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
書名:天冥の標(てんめいのしるべ)Ⅰ(下) メニー・メニー・シープ ISBN978-4-15-030969-5 C0198
ハヤカワ文庫JA969 オ6-11 早川文庫6535 価格:660Yen ページ数:360P 本のサイズ:文庫
初版発行:2009/9/25 購入:2009/11/7 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ(下)天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ(上) メニー・メニー・シープとは、宇宙に開発された植民地の名前。
 これは、地球からはるばる旅して西暦2503年にここに到着し、孤立して300年経った植民地の人々の物語です。

 主人公の一人が、セアキ・カドム。東洋系の外観をした人間。セナーセー市に住む30前の、ぱっとしない外観の医者。セアキが姓です。
 彼にまつわりつくのが、アクリラ・アウレーリア。<海の一統(アンチヨークス)()()>の少年。ほっそりとした美少年。こちらはアウレーリアが姓。
 もう一人の主人公は、エランカ・キドゥルーかな。南アジアの民族の血を引く若い娘。植民地議会の若き議員。初当選から二年目。

 この植民星、恒星Har-β第三惑星、略してハーブCには、化石燃料がありませんでした。また、採掘できる金属資源も少なく、鉄と油なしで文明を維持せざるを得ない過酷な環境にありました。ではどうしたのか。

 この惑星に彼らを運んできた宇宙船シェパード号は、本来軌道上にあって分解されて植民団のために使われる予定だったのに、暴走してそのまま大気圏に突入してしまい、損傷したまま惑星上に激突して地中にめり込んだのでした。人々は地中に沈んだ宇宙船の巨大な発電機を利用して町を築きます。そしてこれを元に、紆余曲折の末に、残された文明の欠片によって新しい統治機構が生まれたのでした。
 それは、再開された恒星間通信によって可能になった地球との通信機能を独占し、自らを惑星連合議会によって総督職に任命させたかつての宇宙船の甲板長(ボースン)()を頂点とする組織でした。甲板長は一時的な総督職という意味で「植民地臨時総督」を名乗り、シェパード号の発電炉と天候を左右する蒸散塔をコントロールし、ロボットである先導工兵(パイオニア)()と先住民である石工(メイスン)()を配下において独裁権力によって植民地人を支配する体制でした。
 人々は「臨時総督」を皮肉混じりに「領主(レクター)()」と呼び、不承不承にその支配を受けることとなります。
 その支配体制が代々続き、現在その地位にあるのは第21代臨時総督ユレイン・クリューゲル三世。18にもならない若さでその地位にあるのは、単純に世襲によるものなのか。
 着陸の時から270年の月日が過ぎて、最初約2万人であった人々は、11の都市と多くの村を開きつつ200万人にふくれあがっています。
 この、植民地を支配する臨時総督府が何やらおかしくなり始めたのが発端。

 各都市に供給する電力、つまり文字通りのライフラインを削減し始めたのです。従来の二割減から四割減、そしてそれ以上の削減通達が。
 臨時総督は何を考えているのか。またこれは、若いユレイン総督の意志によるものなのか。それとも背後に何かいるのか。

 総督首席補佐官アンドリュー・メラーズ、軍事警察総監ライサ・ザリーチェ、軍事警察の第一邏団長ダレク・イージーヴィらが暗躍する。
 人間に奉仕するために作られた<恋人たち(ラバーズ)()>と呼ばれるアンドロイドたちは何を考えているのか。
 <咀嚼者(フェロシアン)()>と呼ばれた石模様(マーブル)()の怪物は、いったい何者なのか。その一体、イサリは敵か味方か。

 植民地を支配する謎の解明、それと絡み合う各都市・人民の蜂起、そして勝利、という流れでストーリーが収斂すると思ったら、最後にとんでもない大転換となります。次々と死んでいく人々と、崩壊していく組織。
 いったい彼らに未来はあるのでしょうか。あるとしたらどんな未来が?

 ここで引くかよ! と地団駄を踏みたくなる終わり方でした。次巻では、どんな展開を見せてくれるのでしょうか。
 最後に書いてあったのは、謎めいた言葉。
 かつて六つの勢力があった。
 それらは、「医師団(リエゾン・ドクター)」 「宇宙軍(リカバラー)「恋人」(プロスティテュート)亡霊(ダダー)」 「石工(メイスン)」 「議会(スカウト)」 からなり、「救世群(プラクティス)」に抗した。
 「救世群(プラクティス)」は深く恨んで隠れた。
 時は流れ、植民地が始まった ── 。
 第二巻は、「救世群」だそうです。  (09/12/25)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-011 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 救世群 ISBN978-4-15-030988-6 C0193
ハヤカワ文庫JA988 オ6-12 早川文庫6639 価格:760Yen ページ数:446P 本のサイズ:文庫
初版発行:2010/3/15 購入:2010/3/6 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標Ⅱ 救世群 遙かな未来である第一巻から、時代は現代に戻ります。2010年という設定かな。
 プロローグは、未開人の青年、ジョブの物語から。
 彼が、一族がみな疫病で死に絶えた村を脱出する場面から始まります。これは、煙霧の霊(ガイマー)の怒りなのか。彼は山を下り、川を流れ、海に流れ着く。そこで交易船に救われたのは、運命か。

 さて、舞台は現代の東京。3月16日。まさに、じゃありませんか。
 主人公は児玉圭伍(こだま・けいご)()。国立感染症研究所に勤務する、女好きでちょっと不良な感染症専門医。31歳。身長171センチ。
 患者の若い女の子を口説いて連れ出し、池袋のバーで盛り上がり、さあいよいよというところで携帯が鳴ります。相手は矢来華奈子(やらい・かなこ)()。アウトブレイクだからさっさと来い、という。海外で異常な疫病が発生したので、先遣隊を集めているのだそうな。
 迷惑な話だと思ったものの、池袋の駅前でパトカーのマイクで呼び出されると、逃げる訳にも行かない。マイクで叫んでいるのももちろん華奈子。同じ研究所に勤務する元同級生。身長170センチ。
パラオ共和国 大まかな離島の位置 アウトブレイクが発生したのはパラオだという。天然痘じゃないかとのこと。

 珍しく(笑)、世界に先駆けて現地に急行した日本チームは、そこで今まで見たこともないとんでもない疫病に冒されたリゾート地を発見しました。場所はパラオ共和国の島の一つ、プーロソッル島。ここでまず発見したのは、別荘でたまたまこの病気の発生を見たという少年フェオドール・フィルマン。運良く、彼は罹病していませんでした。
 このプーロソッル島、国際空港のある本島より250kmにある島だとのことですが、どこにあるのかわかりません。右地図はパラオの島々ですが、首となるパラオ諸島から250kmのところには島はありません。プルアナ島(Pulo Anna Island)とソンソロール島(Sonsorol Island)の名前をくっつけた架空の島のようです。

 ここで発生した疫病は、すさまじい勢いで島のホテルを席巻します。児玉や華奈子が防護服を着て上陸したとき、最初のホテルの中にいた宿泊客、ホテル職員は全員感染しており、すでに80名中19名が死に、生存者も次々と命を落としていく。症状はたしかに素人目には天然痘だが、まったく違う。原因不明。
 やがて到着したWHO(世界保健機関)とも手分けして治療と調査にあたるが、病気の解明は進まない。荒っぽい処理を始めたアメリカ海兵隊との争いもあり、国際的な軋轢も起きる。
 その中で、最後にようやく生き残ったのは、児玉が最初に見つけた患者、檜沢千茅(あいざわ・ちかや)()、17歳の少女。
 そして、彼女を守ろうとするかのように周囲を離れない黒人の青年、ジョブ。

パラオとニューギニア、マンベラモ河の関係地図 疾患(ディジーズ)()P 、とこれは名付けられます。
 罹患者を前にすると奇妙に情欲が昂ぶることから、海兵隊によりディジーズ・ペニスの略としてそう呼ばれました。のちに、症状から「眼縁黒斑性全身性炎症熱」という正式名称が付きます。また「P」がプルトニウムの元素記号を連想させることと、アクランド医師の残したコメントの「冥王の裳裾」という言葉から、「冥王斑」(プルート・スポット)()とよばれ、この疾病はこの名前で記憶されるようになります。

 発生源を探るうちに、人里離れ文明から遠く隔たったジョブの故郷がわかってきます。なぜジョブと千茅の二人だけが助かったのか、それはわかりません。
 しかし問題は、健康を取り戻した彼らが保菌者であること。
 一瞬でも他の人に接触すれば、わずか6日の潜伏期間で罹病させ、すさまじい死亡率のパンデミックを引き起こすのです。
 日本で隔離された千茅。それは他人との接触を一切許されない存在。
 彼女は、一生外に出られない生活を強いられるのか。
 やがて彼女と同じように奇跡的に回復した元患者たちもその仲閒に加わることとなります。
 彼らの体の中に起きた変化により、この疾病への一時的なワクチンが製造されることとなり、とりあえず生存は確保される。
 しかし、世間の彼らを見る目はだんだんと歪んでいく。いやこの場合、元に戻るといった方がいいのか。
 そもそも人間は、異常で危険な存在と共存できるほど寛容ではない。
 彼らのグループは、救世群(プラクティス)と呼ばれます。この物語が、「天冥の標」の流れの中で全体のプロローグとなるらしい。
 この世界には、人類がその頂点となった生物圏以外の生物が、異世界の異星人がいるのだろうか。
 第三巻は、「アウレーリア一統」だそうです。

 文体が軽いのは小川さんの特徴か。たとえば主人公児玉の正義感と厭世観、そして女好きであると共に奇妙な倫理観を持つところなど、重い内容を軽妙でユーモラスな文章で綴っていきます。パンデミックに怯える世界や、脅威が去ったと見られたあとに疫病を生きのびた保菌者の人々への偏見・蔑視・敵意。それでも人間的でありたいと願う人々の思い。
 ある少女の、千茅に対する思いの変化、それを取り巻く人々の思い、これは涙を誘う。でも小川さんの筆は淡々とその世界を描写する。
 そして使命と言うより運命に目覚めていく人たち。
 決して明るくはない未来を模索し、屈せずに顔を上げて生きつづけようとする人々。見事です。
 この世界が次でどんな世界と繋がるのか。次巻がますます楽しみです。  (10/4/3)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-012 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) アウレーリア一統 ISBN978-4-15-031003-5 C0193
ハヤカワ文庫JA1003 オ6-13 早川文庫6717 価格:880Yen ページ数:552P 本のサイズ:文庫
初版発行:2010/7/15 購入:2010/7/10 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標Ⅲ アウレーリア一統 「ドロテア・ワット」という遺跡の話から始まります。時は西暦2249年。
 これは、探査艦アケロン号が降着した古代都市の名前。発見されたのは2150年頃。およそ8500年前に建造された、7角形を基本にした建造物で、木星の大赤斑の中央に浮遊しています。差し渡しは8キロ以上。
 それまでの名前を無視して今の名を命名したのは、この艦に乗船している調査隊の指揮艦、ドロテア・カルマハラップ少将でした。艦長であるダグリスタ中佐は、母国ケープコッド自由連邦がノイジーラントと戦闘状態に入ったため、帰還したくてたまらないところですが、女傑ドロテア・カルマラップはマイペース。ここにあるらしい巨大なエネルギーをなにかに利用しようとしているらしい。

 それから半世紀以上経った西暦2310年。
 太陽系を旅する小さな惑星間輸送船ウシュマーン号を襲う宇宙海賊という、絵に描いたようなシーンから始まります。
 現実では、ドラマのように都合のいいときに無私の精神を持った正義の味方など現れるはずがない、とわかっている小さな家族の絶望。破壊され、略奪された船に届いたかすかな信号。
 「こちらアダムズ艦長。ノイジーラント大主教国の戦等艦だ。2222年第三次拡張ジュネーブ協定に基づく公域哨戒行動中。貴船の要請に応える意志と能力がある。救助を要求するか?」
 生き残った一人、11才のゲルトは震える妹を抱きしめながら早口で訴える。
 「損傷はあります。でも── 敵を、海賊をやっつけて! やつらは父さんと兄貴に、そしてみんなにひどいことをしていったの!」
 酔狂な、というしかない戦闘を挑むのは、<酸素いらず(アンチ・オックス)>と呼ばれる真空の中でも行動できる奴らの中でも、もっとも奇矯な人々として知られる一統の駆る、アウレーリア家の強襲砲艦エスレル、あるいは「ドライな淑女(ミス・ディフューミディファイ)」でした。その艦長とはサー・アダムズ・アウレーリア、普通の人間に換算して16歳ほどの、外観上の性差が少ないノイジーラント大主教国の人々の中でも、特に驚嘆するほどの少女性と男性性を兼ね備えた美しさをもつ少年。白と金のネルソン・チェックに彩り分けたキルト・スカートと白のストッキング、清楚なレースを腰に巻いただけの姿で、真空の宇宙を突撃する<酸素いらず>どもの先頭に毅然として立つ。
 となるとこりゃあ、そこらのラノベの世界にもめったにおるまいという姿。

 2222年に結ばれた第三次拡張ジュネーブ協定、別名クアッド・ツーとは、23世紀に入って勃興してきた小惑星国家間で発生した核兵器戦争による大虐殺の反動として結ばれた、致命的宇宙戦争の禁止を主目的とした星間協定でした。殺戮を目的とする物理攻撃・情報攻撃を先生の形で行ってはならないという項目も、その一つ。
 また、違反者への懲罰を下す機関として、のちにロイズ非分極保険社団の原型となる組織が設置されます。
 これを律儀に守ろうとしたのが、奇妙な国家として成立・発展してきたノイジーラント大主教国。この国に属する人々は、<酸素いらず>の異名の通り、短時間なら真空の宇宙でも耐えられる特殊な肉体構造に改造された体を持っており、これを利用して太陽系の他国の宇宙作業や戦闘に雇われる傭兵稼業をしていました。クアッド・ツーの締結と共に彼らは、自分たちがまさに近接戦闘のためにいるような存在であると気づき、正義に味方として活躍して報奨を得るようになります。2230年に建造された、エスレルを始めとする特徴的なセナーセー級強襲砲艦12隻はまさにそのために建造されたもの。長距離兵器を一切省き、肉弾戦のために特化したような軽装甲の大出力艦なのでした。
 かくしてこのエスレルは、いささか老嬢だけど、今もなお太陽系内にアウレーリア家一統の無敵艦として名を轟かしています。
 格好良いねぇ。

 ビジュアル的には、戦闘艦エスレルの外観もそういうキンキラの世界ですし、彼らの属する<酸素いらず>のノイジーラントの世界もけっこうヤオイの天国じみたところはあるのですが、物語はそんな優雅なお伽話では進みません。
 火星後方トロヤ群にある小惑星エウレカがエルゴゾーンと名乗る海賊団に襲われたとの情報を得て、本国の命令のもとにここに急行したエスレルの一行、ここが救世群(プラクティス)()の本拠地であることを知ります。疫病である冥王斑の保菌者であると共にその貴重なワクチンの供給源であり、疎外されるけれど抹殺されることはなく、ぎりぎりで生存を許されていた存在。
 最初ひた隠しにしていたが、彼ら救世群が持っていたなにかが強奪されたらしい。これが何なのか。これを使って海賊は何をしたいのか。

 準惑星セレスで出会ったセアキという男は、医師団(リエゾン・ドクター)()の一員と名乗ります。医師団とは、設立より300年の伝統を持つ営利団体で、正式には「日本特定患者軍連絡医師団」のこと。もはや日本などと言う言葉には意味はないのですが。
 フルネームを瀬秋樹野(セアキ・ジュノ)()と名乗るこの40がらみの男、フェオという名のAIを連れています。海賊に追われる形でエスレルに乗り組みます。

 彼らが海賊組織ナインテイルとの抗争の果てに見たものはなにか。太陽系国家群の存亡にかかわる秘密とはなにか。
 ダダーと呼ばれる集団は、まだその姿を表にあらわしません。
 羊たちの群れは、主小惑星帯(メインベルト)の中で数を増やし、ゆったりと草をはんでいます。

 第四巻は、「機械じかけの子息たち」だそうです。  (10/7/30)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-015 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 機械じかけの子息たち ISBN978-4-15-031033-2 C0193
ハヤカワ文庫JA1033 オ6-15 早川文庫6866 価格:860Yen ページ数:521P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/5/25 購入:2011/5/21 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標Ⅳ 機械じかけの子息たち 今までのこのシリーズは、前巻とはまったく違う時代、違う舞台に転換していました。しかしこの巻はちょっと違い、前回の第3巻アウレーリア一統のちょっと後、ほぼ同じ世界、太陽系宇宙空間です。
 ただし描かれた物語は今までとはまったく違うもの。

 誤解を恐れずに言えば、この巻で扱われるネタは娼婦と売春宿とセックス。
 いや、全然誤解じゃないかも。(笑)
 読む場所と保管場所を考えないといかんよなぁ、この本。(笑)


 2313年、セレスでの挿話から始まります。セレスとは、太陽系の火星軌道と木星軌道の間の軌道を回る小惑星。公転周期は4.6年。直径は約950kmですので地球の約1/13、表面重力は0.26m/s2ですから地球の約1/38程度。小惑星としては段違いに大きいのですが、惑星と言うには小さい。
 ここに働きに来ている労務者たちがむかった売春宿で、事件が起きます。
 『純潔(Chaste)()という看板をぶら下げ、クリノリン(張り骨のスカート)をまとう白い仮面の乙女と、『遵法(Lawfull)()という文字が書かれた背丈より高い杖をもつ老人。彼らは正しい社会と道徳の言葉を振りまきながら容赦なく取り締まる。圧倒的な力によって。
 それを観察していた人々が、次の「教化」すべき箇所を定めます。 アイテムU と。
 そして唱える。  「麗しかれかし、潔かるべし」

 さて本筋。
 キリアン・クルメーロ・ロプレスという少年が主人公です。救世群(プラクティス)()の一人。つまり、他人をたちまち殺してしまいかねない致死性の疫病冥王斑を体内に抱えたまま代々生きている人々の一人。
 気がついた時、彼の前に裸の同年配の少女がいました。彼女の名前はアウローラ。そして後で現れたその姉はゲルトルッド。
 二人がキリアンに何をしようとしたのか、というと、ともかくセックスです。もっぱら行うのはアウローラとですが。
 彼女らは<恋人たち>(ラヴァーズ)()と呼ばれる機械じかけの人形。人間に奉仕するために存在する娼婦、セックスマシンたち。
 キリアンは、えんえんとさまざまな世界、シチュエーションの中で、行為後に毎回記憶を失わせられながら、何度も何度も手を替え品を替えて童貞を捨てることとなります。
 なぜ、なんのために彼を。

 そして現れるのが聖少女警察(ヴァージン・ポリス)()。天使のように光輪と羽根をしょい、幼い顔で、体より大きなライフルを振り回す少女たち。キリアンを拉致し、暴行する謎の組織。シナン・シーというひねこびた顔の老人はその親玉なのか。

 謎のままにセックスがらみで翻弄され、陵辱されるキリアンは、なんのためにそこにいるのか。
 救世群(プラクティス)()の一員であることと関係があるのか。
 ノイジーラント大主教国、<酸素いらず>たちの何かと関係があるのか。
 <混爾>(マージ)()<不宥順>(フュージョン)()、彼女らは何を求めていたのか。
 「好きな者に触れるのはいい。抱き合ったり、セックスするのはもっといい。だがそうやって距離を詰めていき、完全に重なったら──触れる相手は消えてしまう」
 「重なったら──相手と永遠に触れていられるんじゃねえの?」
 「だから、その相手が自分になってしまうだろう。対象が消えるんだ。そして欲情とは対象に向けられるものだ。結果、自分と、無が残る」

 そして介入してきたロイス非分極保険社団の刺客、倫理兵器。『純潔』(チェイスト)()『遵法』(ロウフル)()。彼らは圧倒的な兵力で、淫靡な思考を放つあらゆる人々を探り当て、彼らのそばにいる<恋人たち>を殺戮していく。
 入り組んだ謎、入り組んだ社会情勢。
 大師父とは何か。キリアンは何をなすべきなのか。

 第五巻は、「羊と猿と百掬の銀河」だそうです。 (2011/6/2)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-016 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河 ISBN978-4-15-031050-9 C0193
ハヤカワ文庫JA1050 オ6-16 早川文庫6939 価格:760Yen ページ数:432P 本のサイズ:文庫
初版発行:2011/11/25 購入:2012/1/2 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標V 羊と猿と百掬の銀河 今回は、まともに人前で読めるようです。めでたい。(なにがだw)
 ただし、自分がSF者であるかという歪んだ自覚がある人、宇宙の成り立ちなどのピュアな科学知識のコメントなしの羅列に耐性のある人でないと、ちょっとつらいかも。
 特に、ノルルスカインのパートではね。

 一部を除き、二つのパートに分かれます。
 まずはAD2349年6月6日から始まる、農夫タックこと、小惑星パラスに住む元宇宙海賊タケカズ・バンダイの物語。娘として育てているザリーカ・ヴァンディと、地球からやってきたアニー・ロングイヤーという女性に振り回される、過去に訳ありの男。
 もうひとつは、はるかなはるかな過去、地球が属する銀河系からはるかなはるかな距離を隔てた世界、惑星スラント・ルージュに生まれたダダーのノルルスカイン、あるいはいつの日かそう名乗ることになる存在。サンゴのような生物、と最初自分のことを考えていたのですが、じつは違っていたらしい。気が遠くなるような時間の中で、「超階層型意識流統合型被展開体」という「もの」に変貌していきます。

 このノルルスカインと、「彼」が敵として争う事になった「オムニフロラ」、あるいはそう呼ばれた存在が、永劫の時、久遠の距離を超えて我々の世界に現れたのでした。
 紀元前二千年にノルルスカインが地球に到着し、羊に感染してネットに移って第三準位に展開して<偽薬>(ダダー)売りとなった。<救世群>(プラクティス)と<日本特定患者群連絡医師団(リエゾン・ドクター)>と<酸素いらず>(アンチ・オックス)とじゃれているうちに、西暦2300年になった。
 球形のヴォイドをオムニフロラが三千万年かけて黙々と泳ぎ渡って、天の川銀河系へ先回りしており、八千五百年前から木星で風力発電をしながら力を溜めていたことを、ようやく知った。  (P316)

 オムニフロラは、他の知的生命、文明、社会に浸透し、情報を収奪し、疫病をまとった黒いツタの屍衣で覆ってしまう。この物語の歴史の中で描かれた災厄のうち、いったいどれだけがオムニフロラによるものだったのか。
 今、農夫タックの生活を脅かす災厄の中にも、オムニフロラの影はあるのか。

 ひとつの救いは、タックと彼の家族に訪れた、広大な宇宙の中で見たら、ささやかな、ささやかな幸せ。そしてこの巻は終わります。
 空に暗雲はあるけれど、今彼らは幸せです。

 しかし、およそ百年後に異星人が太陽系に到達するであろう、という観測情報が人類社会を震撼させます。これはいったい何者なのか。
 人類はこの先どうなるのか。

 第六巻は、「宿怨(仮)」だそうです。  (2012/2/2)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-017 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 宿怨 PART1 ISBN978-4-15-031050-9 C0193
ハヤカワ文庫JA1067 オ6-17 早川文庫7017 価格:720Yen ページ数:384P 本のサイズ:文庫
初版発行:2012/5/15 購入:2012/5/11 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標Ⅵ  宿怨PART1 オビの文字は、印象的。 
絆が猛る。

それが報いとなる、
あれだけの善意に
気づかなかった鈍感さの。

少年の無私の優しさに少女が触れたとき、
太陽系世界は大いなる転機を迎える。
 PART1 となる本書ですが、第一部だけが書かれています。でも中途半端な引きで終わるわけではない。小川さんらしい締めでいったん幕が下ろされます。PART2で終わるのかどうかは、まだわからない。

 第一部の題は「西暦2499年」。
 四つの章からなります。 アップルハンティング 女主人の朝 継承者たち 鳳仙花のころ(バルサム・エイジ)()
 この本の副題、宿怨 とは、救世群(プラクティス)たちのいだく、5世紀にもわたる怨念を指すものでしょう。彼らはウィルス性感染症である冥王斑に感染し、すさまじい死亡率を越えて生き残った人々。ウィルスに対しては免疫を持ちながら、しかし体内にそのままウィルスを抱え込んだままの存在です。抗体を持っているために発病することはないのですが、空気感染するこのウィルスを持っていれば、普通の人と一緒に住むことはできない。
 このため冥王斑に罹病した人は、死ぬか救世群の居留地(セツルメント)に移る (あるいは追放される) しかない。一部の例外を除いて。
 彼らが生存できる、あるいは許されるのは、彼らの血液が役に立つから。
 それだけ。

 その救世群の代表の一家、いってみれば王家の娘のような存在である13歳の少女イサリ・ヤヒロが、星のリンゴ、アケボシという夢の品種食べてみたくて迷い込んだ宇宙植民地スカイシー3の世界で出会った出来事の話が、第一章。
 非染者(ジャームレス)とは、救世群の人々が自分たち以外の健常者を指す言葉。単なる違いを表すものではない。残酷に差別された年月の、怨念、憎しみも、その陰にある。
 スカイシー3で出会ったそんなジャームレスの少年たちが、イサリに与えたのは、贈り物。
 限りなく無私の善意という、誰もが期待できない、信じられない、救世群の人々には決して話すことができない思い出。

 三本指の敬礼、スカウト、善と理と公に仕え、人を助け、賢く生き抜く仲間。
 ああ、ボーイスカウトみたいなものが、こんな遙かな未来にもいるんだ、とちょっとうれしくなったもの。
 でもそうじゃなかった。別れのときの祝声、
 「E-Y-S-K-!」
 ああ、「いやさか」だ。ボーイスカウトの挨拶そのもの。みたいなもの、じゃなくてそのものじゃないか。
 小川さん、こんな事も知っている人なのか。

 しかし第二章になると、そんな善意はこの世界には通用しないことが示されます。
 章題の女主人とは、イサリと行動を共にした少年の一人アイネイア・セアキの母であり、MHD社のFUO(筆頭執行責任者)であり、太陽系の中央政府の役割を負うこととなってしまった私企業の製図室(ドラフティング・ルーム)の長である、ジェズベル・グレンチェカ・メテオール。
 もともとは単なるロボット製造・販売会社だったMHD、マツダ・ヒューマノイド・デバイシス社が、ロイズ非分極保険社団の傘下で太陽系2億6千万人の人類の行政府及び安全保障期間の役割をはたすこととなった経緯は、いささか複雑。しかしその枠組みの中で彼らは、社会を安定させることに心を砕く。
 彼らの手法、彼らのドクトリンで。
 そのMDH社が注目するのは、この世界に突き刺さる小さなトゲ、救世群。

 第三章は、その救世群の世界で行われるひそやかな、しかし徐々に大きくなる陰謀。
 彼らの世界は、狭く厳しい。特殊な社会構造を構成者に強いて、ぎりぎりの最低限の生活を耐えさせます。一部、両親が救世群であるために生まれながら垂直遺伝でここにいる少数者も居ますが、大半はいまだに人類社会に蔓延する冥王斑に罹病して生き残り、追放同然にここに移り住んだ人々。
 彼らを隔離し、必要悪として生存権だけを与えている人類社会に対する怨念は、5世紀を経ても消えることはありません。現在進行中のものなのだから。
 冥王斑のウィルスが、年月の間に遺伝子が変質し、かつて95パーセントだった致死率が約20パーセントにまで下がったという事実があります。
 「そうです、強力すぎるウィルスは宿主を殺してしまうために、自分も生き残れない。宿主をある程度生かしておくウィルスが、子孫を後代に伝えることができる。 ・・・・その結果ですね。われわれが体内に持っているのは、その進化したウィルスです」  (P234)
 救世群はこの事実を逆手にとって、ある陰謀を企みます。これは未来に何をもたらすのか。
 そして救世群が宿怨を果たすために得たテクノロジーの謎。

 第四章は、未来への展望となるかもしれない、星系外への大航海のはなし。のちにこの章題の 「バルサム・エイジ」 は、人類が恒星間宇宙船を建造していた時代の別名になるのだそうな。
 しかしこの裏には、人類以外の存在の意志が関わっているらしい。
 そう、いまは2499年。前作で およそ百年後に異星人が太陽系に到達するであろう と言われていたときから150年ほど経ったのに、まったく形跡が見えなかった異星人は、実は到達していたらしい。ついに姿を現した、<穏健な者(カルシアン)>。その正体は何か。

 巻末に、作者自身が編集に参加したという、BC6250年からAD2800年までの年表と、この巻までの人物・用語集がついてきます。
 記憶力が崩壊しつつある人にとって、これぞ天の助け。(爆)  (2012/5/31)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:O017-018 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 宿怨 PART2 ISBN978-4-15-031080-6 C0193
ハヤカワ文庫JA1080 オ6-18 早川文庫7059 価格:760Yen ページ数:416P 本のサイズ:文庫
初版発行:2012/8/25 購入:2012/8/25 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
天冥の標Ⅵ 宿怨PART2 Part2はまず、ミスン族のミスミィとその属する種族の歴史から始まります。
 ミスン族とはなにか。ミスミィはどうなったのか。作家は、突き放したようにいきなりこの世界の描写を始めます。好きなんだろうな、こういうインパクトを与えられるアイ・キャッチャー的な導入部。
 このミスン族とは、ある惑星上に進化したカンミアと呼ばれる知的生命体の頂点に立つもたち。カンミアとは、生命体の総称であると共に、恒星と惑星の名前でもあります。
 蜂や蟻に似た、女王を頂点とする階層化された社会構造を営む彼ら、いや正確には彼女らに転機が訪れたのはこんな事情。
 遠い星々が次々に滅ぼされている。とても遠くでの出来事だが、いずれはここまで影響が及ぶ。
  (P12-13)
 そこで彼らは、どうしたのか。
 はるかな未来を見通すことが出来る強固な社会体制を持っていたミスン族は、同時にひとつの意志をはるかな未来まで持続させることが出来ました。彼らはこの脅威に対し、壮大な計画で対応しようとします。すさまじいスケールの計画で。
 その計画の一環として、ミスミィは女王の一人とされて宇宙の彼方に送り出されます。他の99人のミスミイ族の女王と共に分封され、任務を与えられて強大な宇宙船で出発したのでした。
 二千年の年月をかけて太陽系近傍に現れたミスミィの宇宙船は、西暦2438年、ステルス状態で黄道面を通過し、西暦2466年に減速しつつ太陽系に再侵入します。

 観察し観測した結果、ミスミィが接触先として選んだのは、太陽系の中でも特に特殊な集団。西暦2470年のことでした。
 「はじめまして、人類。われわれは遠い球からごろごろ流れて命中した別人。友好的に攻めません。働け」
 「お帰りなさいませ、すべての希望にお応えするハニカムへ。エイリアンとの邂逅プレイをお望みでしょうか? PSチェック、失礼いたします」  (P27)
 日本に上陸したイエズス会の宣教師の一団がアキバのメイドカフェに入ったようなもの、とツイッターで形容してみましたが、それよりはるかに異常なファースト・コンタクトでした。
 これが、人類の太陽系における歴史に、大きな曲がり角を与えることとなります。

 ミスミィが救世群(プラクティス)の議長の息子アガシ・ヤヒロへの接触を行ったとき、アガシはミスミィの名乗り、
 「カンミアのミスミィ。カンミアは大地の世話人で勤勉に穏和も、そして数多くのものたちという意味です」  (P45)
 を聞いて、彼らをこう呼ぶこととします。 「穏健な者(Calmian カルミアン)」 と。

 カルミアンのテクノロジーを手に入れたプラクティスと、冥王斑回復者として忌避される存在となった<酸素いらず(アンチ・オックス)>のワイラケイ会派主教ジグムント・ジンデルの一派は、太陽系の人類の中で小さな、卑しむべき賎民として扱われる自らの存在と未来を打開すべく、ついに武力で立つこととなってしまいました。
 この話が、今回のメイン・テーマ。
 彼らの戦いの描写は、宇宙でのハードSF的にリアルな戦闘シーンを描いたさまざまなSFの中でも白眉といえるものではないか。
 お見事、小川さん。

 「ルッゾツー、ウィース・タン!」 の意味も、この巻で初めて説明されました。   「Lose O2, We Stand!」
 「酸素なくして我ら立つ!」 といままで書かれていましたが、今回は 「大気圏外よりわれら降り立つ!」 となっています。フム。

 このほか、メインに絡まるいくつかのストーリーがあります。
 まず、しゃべるヒツジ。そして、ビーバー。太陽系を支配する女帝の背後にあるもの。恒星間探検船ジニ号の出港。

 そして最後に訪れた、すさまじい衝撃。そして
 「おめでとう。もう、やめていいのです。皆さんは」  (P390)
 やめるとは、何を。未来はどうなるのか。人類はどこに行くのか。

 これで終わりではありません。Part3に続く、だそうです。刮目して待て、SF者たちよ!  (2012/10/2)
ページのトップへ   Ver. 3.00 
管理番号:O017-020 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 宿怨 PART3 ISBN978-4-15-031094-3 C0193
ハヤカワ文庫JA1094 オ6-20 早川文庫7128 価格:880Yen ページ数:512P 本のサイズ:文庫
初版発行:2013/1/25 購入:2013/1/26 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
「天冥の標Ⅵ 宿怨PART3」 小川一水 第二章 西暦2502年 の 第四章 噛み砕く者 から始まります。
 そして、第五章 天冥の標 第六章 戦いの踊り 第七章 祝宴 と続きます。

 祝宴? PART2の最後で、<救世群>に対しカルミアンがなにを行ったのかが暴露されたあとで、どんな展開があって祝宴となるのか。
 なにしろ.<救世群>には、数年後はともかく.数十年後には壊滅的な末路をたどる事がわかったのだから。しかも、異星人カルミアンによるまったくの善意で。あるいは一片の悪意もなく。
 カルミアンは20万近い<救世群>すべてを硬殻化(クラストライゼーション)すると共に、その大半を不可逆的なDNA改変により不妊化していたという。その理由は、彼らの想像を絶する論理によるもの。
 「おお、<救世群(プラクティス)>のヤヒロ女王族への傾倒や、戦争の生き抜く度合い、何よりも今全員が繁殖するコストを考えて... 繁栄の見通しが低かったのです」
 「それは、われわれ<救世群>の勝率をも見通していたということか? みなが勝ち抜く見込みがないと?」
 「<救世群>のカンミアでいうと、70パーセントは死ぬらしい」
 「70パーセント!?」
 部下の一人がたまらず悲鳴のような声を上げた。事前に市民の七割が死ぬと予想していたのか。その上でこうまで平然としていたのか。カルミアンの感性は理解を絶していた。  (P28)
 しかし<救世群>は止まらない。行き着くところまで行かなければ、この宿怨ははらせないのか。

 小惑星パナスストロの地下都市ヒエロンという一つの舞台で、<救世群>による武力をかさにした占領場面が描かれます。典型的な例として取り上げたのかと思ったら、一つの焦点となるらしい。強圧的、暴力的な<救世群>の総督と、何とかして彼らと対話しようとする現地の高官。<救世群>の占領が長引けば占領軍に媚びを売った裏切り者、短ければ売国奴。彼の努力によって<救世群>の過酷な政策が和らいでもまだまだ努力が足りない無能、失敗して相手を怒らせれば失敗者。どっちに転んでも損しかない立場。
 しかし、当事者から見れば大問題であっても、いやだからこそ、太陽系全体の争乱の中ではアリ塚の混乱でしかない。大きな局面が新展開すれば、たちまち踏みつけられ、もろくも潰されてしまう努力でしかない。

 <救世群>の宇宙戦における極秘兵器と平行して片鱗が示された「兵器」があります。数百年の間に高められたありとあらゆる検疫の防壁を自在に抜けて、<救世群>が指定した場所に発生させられる致命的な冥王斑。恐るべき致死率と、生存者をすべて<救世群>の一員になるしかない未知に追い込む疫病は、太陽系に人類を恐怖させます。
 この謎をついに解いたのは、ディトマール・セアキを中心にした<連絡医師団(リエゾン・ドクター)>のグループ。<救世群>を守る立場だったはずの彼らが見つけ出した恐るべきものは、直径約20ミクロンのボール。
 ※技術屋であれば周知の事ですが、「ミクロン」とは「オングストローム」、「cc」などと共に現代の度量法では認められていません。だから公式には、「マイクロメートル(μm)」、「0.1ナノメートル(nm)」、「ミリリットル(ml)」を使うのが正しい。
 ごめんね、ペダンチックで。(笑)   ・・・閑話休題


 ドロテア・ワットの正体、<救世群>の総帥ヤヒロ家のイサリとミヒル、咀嚼者(フェロシアン)と化したオガシ。戦争の帰趨は思わぬ方向へ進み、ミヒル・ヤヒロがついに表に出ます。彼女の思いは、確信なのか、狂気なのか。
 PART1の冒頭に描かれた二人、アイネイア・セアキとイサリ・ヤヒロのつかの間の交感は、うたかたの夢なのか。
 ジニ号の発進は、無事に済むのか。

 しかし、この展開はなんたること。

 おい!、と読後に机を叩きたくなります。これじゃあ、バルサム・エイジは来ないではないか。
 メニーメニーシープの世界って、まさか...?

 終章は、 全太陽系応答なし
 次回は、 天冥の標VII 「新世界ハーブC」 だそうです。  (2013/02/05)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:O017-023 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) 新世界ハーブC ISBN978-4-15-031139-1 C0193
ハヤカワ文庫JA1139 オ6-21 早川文庫7290 価格:760Yen ページ数:448P 本のサイズ:文庫
初版発行:2013/12/25 購入:2013/12/21 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
「天冥の標Ⅶ 新世界ハーブC」 小川一水 今回の物語の発端は、前回の直後。
 前回の災厄による破綻のあと、人類の希望を担って銀河系宇宙に旅立つはずだったジニ号が漂着した小惑星セレス。もはや旅立つことはない。
 この船のブリッジで破局を迎えたアイネイア・セアキとミゲラ・マーガスは、かろうじて自分たちが生き残ったことを知ります。ここから、この物語が始まりました。
 「ハン、ここには何人いるんだ? セレス・シティから、冥王斑を逃れてたどりついた生存者の数は?」
 「お前たちを入れて52244名」 ハンが答えて、身を起こす。 「男が24905名、女が27339名。 ──うち、成人が1029名だ」  (P57)
 これが生存者の全てであるかはわからない。しかし、ここに生き残ったものはごく僅かであるという恐ろしい現実を突きつけられた人々の中で、ほとんどが十代以下という事実はさらに恐ろしいもの。知識も経験もない少年少女たちは、どうやって生き延びたのか。
 経験ある年長者が指揮を執ったわけではない。導師となる超コンピュータが助けてくれるわけでもない。むろん、神などいない。神に全てをゆだねよという思想もない。ハインライン張りのアメリカ式民主主義とミリタリズムによる、エリートたちの専制政治でもない。
 そこにあったのは、小川一水さんの描く、等身大の少年少女たちの挑戦と、失敗と、苦闘。
 陰謀や打算もある。怠惰も自儘もある。過度の理想が招いた致命的な失敗もある。
 しかし彼らは、生き残った。どうやって。
 「だが、もうおれは!」 ハンがテーブルを叩いて目を剥いた。彼の引きつった形相には、アイネイアですら恐ろしいものを感じた。 「おれはもう! こんな要求の山、理不尽の山、どうしたって! こんなのは、どうすれば!」  (P164)

 「そうっ、だ、おれたちは、そうやって、八区も九区も、二区も」
 チェンバーの半分を。二万人を越える子供たちを見捨てた。
 経験豊かな専門家でもなく、荒々しい人生に鍛えられた大人ですらないスカウトたちには、ぎりぎりの限界がある。救える命にも上限があると言う事を、そこで認めるしかなかった。
 そして、いったん限界を認めてしまうと、もう歯止めが利かなくなった。
 第六区は救えなかったし、第七区も救えなかった。八区と九区に汚染が波及したとき、それを切り捨てる判断はずっとすみやかに行われた。 ・・・
 手に負えない地域は思いきって見捨てる。その判断には時間をかけない。それこそが、オリゲネスほかの大事な区域を、より長く守る事に繋がるのだ・・・  (P221-222)

 そして、だんだんわかってくる。この太陽系の中で、ぼくたち以外には、誰も生き残っていないかもしれない。
 太陽系中に散布された、カプセルに入った冥王斑の胞子。そしてそれを起動させる無線信号の中の「音」。太陽系の人類を壊滅させたのは、戦争ではなく、ある巨大ハンバーガーチェーンが散布したこの胞子。

 そしてついに、決別の時。
 この小さな小惑星を、新世界として生き延びることを選ばざるを得なかった子供たちの、決意。その陰にあったもの。
 「・・・私たちの新しい社会を豊かで素晴らしいものにしましょう。その願いをこめて、この国をメニー・メニー・シープと名付けたいと思います・・・」  (P358)

 そう、バルサム・エイジは単なる神話だった。
 植民地メニーメニーシープとは、はるか彼方の宇宙にあったのではなく、太陽系の中にあった。
 そして、物語はシリーズの第一巻に至る、    ・・・のか?

 ふむ。二万人に減った人類の生き残りが、どのように人口200万人の小さな宇宙植民地に至るのか、そのあたりのギャップもありますが、一応輪廻の輪は繋がったように見えます。しかしそれですむのか。
 小川さんの物語は、一見ラノベ風の、稚拙な行動をする少年少女たちのお話、という皮をかぶっています。しかしその下には、研ぎ澄まされた理系の、そして歴史と人文学に精通したバックボーンがあります。これで終わるはずがない。
 少年たちの物語をもっと読みたいと共に、全十巻といわれるこの物語が、どこにどんな色で着地するのか、次を楽しみに待ちます。

 一応、いまだSF者の端くれですから。  (2014/1/30)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:O017-024 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) ジャイアント・アーク Part1 ISBN978-4-15-031159-9 C0193
ハヤカワ文庫JA1159 オ6-22 早川文庫7373 価格:720Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/5/25 購入:2014/5/24 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
「天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク Part1」 小川一水 断章八九 ─「岸無し川(ブリッジレス)」にて─ と題した別世界の、久遠の時の流れの河の物語のあと、お話が始まります。
 今回の物語の発端は、前々回の 第7巻 宿怨 PART3 のあと、イサリが目覚めるところから始まります。そして今は、なんと2803年。
 あの戦争があってから、もう300年が経過しています。
 冷凍睡眠状態のまま保管されていたイサリを蘇生させたのは、ミヒル、<救世群(プラクティス)>たちの女帝、皇帝となったイサリの妹の命による。硬殻体(クラスト)へと不可逆的に変位し、怪物である咀嚼者(フェロシアン)と化した救世群は、小惑星セレスの中に身を潜め、時をうかがっていたらしい。
 そして今、女帝ミヒルを冬眠室から蘇生させたらしい。そのうえさらに、かつて人類への戦いを宣するミヒルに対し、愚にも付かない平和論を振りかざして真っ向から反論し、反逆者として監禁された皇姉イサリまで目覚めさせます。なんのために。
 そもそもミヒルがなんのために冬眠室に<救世群(プラクティス)>を眠らせたのかは、イサリを食事に「招待」したときに、説明してくれます。彼らの寿命は長いけれど、硬殻体となった彼らは生きて活動していくなかで怒りに身をまかせると、次第に猛獣化していき、やがて自分の意志も持たない化け物になってしまうらしい。それを少しでも長引かせるために、冬眠化したのだそうです。だとしたら、なぜ蘇生する必要があったのか。ミヒルに反対し、そのために多数派を握ったミヒルに権力の座から追われ、監禁されたイサリまでも。

 そういえば、ここで彼女たちの漢字表記の名前が出てきます。八広勇理、ヤヒロ・イサリ。八広美昼、ヤヒロ・ミヒロ。
 聖祖チカヤ、2010年に罹病した檜沢千茅(あおざわ ちかや)の国の字。昔々の言葉。今はもう、誰も使わなくなった、遠い昔の記憶。
 その遠い昔の記憶は歪められ、ミヒロが率いる<救世群>(プラクティス)()は怨念を旗印に生き、そして戦おうとします。誰と。

 そして物語は、第一巻の植民地メニー・メニー・シープの革命戦争を、裏の事情を知るイサリの視点で見たものとなります。繰り返す歴史。そしてあの戦いの中で、最後に全ての希望をひっくり返したあの破滅が、なぜ、なんのために起きたのかを説明してくれます。
 アクリラ・アウレーリア。セアキ・カドム。ユレイン・クリューゲル三世。
 ノルルスカイン。スキットルとラゴス。そしてカヨとフェオドール。
 あのとき、彼らはいったい何を見ていたのか。何を知らなかったのか。

 因果、という仏教用語がいつまでも頭に残ります。この物語は、日本人でなければ書けなかったかもしれない。

 ああ、そうだったのか。そういう流れだったのか。
 生き延びた人類は巨大な方舟、ジャイアントアークに乗って、次の未来をめざすことになるのか。
 彼らの未来は、そうであればどこに行くのか。

 次巻は、ジャイアント・アークのPart2に続きます。  (2014/6/8)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:O017-025 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ) ジャイアント・アーク Part2 ISBN978-4-15-031169-8 C0193
ハヤカワ文庫JA1169 オ6-23 早川文庫7465 価格:740Yen ページ数:400P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/12/25 購入:2014/12/19 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
「天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク Part2」 小川一水 第九章(B) 史乗の底より として、前巻の続きでアクリラ・アウレーリアが描写されます。
 戦いの中で深淵に落下して失われたはずのアクリラがなぜ生きているのか、という疑問に誰も答えず、アクリラの前に積み上げられる豪華な料理、そして給仕するカヨの、問わず語りの物語。語られたのは、この世界の秘密、遠い遠い過去の物語、そして今の惨状。それから、そこに座るアクリラ・アウレーリアとは何者なのか。
 「ええ、十八人目にしてようやく、ここまでお話しできました」
 「十八人?」
 「十八人目です。錯乱した十七人のあなた方に代わる」  (P23)
 そして、カヨはアクリラに何を求めたのか。
 おお。

 そして、物語は続く。
 まずは、<海の一統(アンチヨークス)>の小型潜水艇「破れ長靴(ラギッドブーツ)()号」で海を渡る一行七人。
 <恋人たち(プロスティテュート)()>の建築家ラゴスと幼女マユキ、医師セアキ・カドム、<海の一統>の少年オシアン、騒動の前には植民地臨時総督の地位にあった少年ユレイン・クリューゲル三世とその側女メーヌ、そして<救世群(プラクティス)()>の硬殻体(クラスト)()の娘イサリ。
 彼らは、はるかな銀河の先の植民星ではなく、太陽系内の小惑星セレスの内部にあるとわかったメニー・メニー・シープ植民地の空、というか今まで彼らが空だと信じていた天空に上がってみようと考えます。照明が落ちて暗黒になってしまったメニー・メニー・シープ植民地の光を取りもどす可能性も含めて、天空、正しくはこの世界の天井にむかいます。
 この旅を言いだしたのは、建築家で数百年の記憶を持つラゴス。そして見かけは10歳だが一世紀以上生きているマユキ。オシアンは15歳だが、<海の一統>の一人として頼りになる。もと領主(レクター)()であるユレインは、上のことが多少わかるということで道案内。一人では何もできないユレインの世話をするために侍女のメーヌも。それと、この世界の謎を教えてくれたイサリ。
 セアキ・カドムは普通の人間だから選ばれた、といわれます。植民地200万の市民たちの代理となれる人間が、手近には重傷を負って治療されたばかりのセアキしかいなかったから。

 残った植民地世界では、その他の人々が生きるために必死の努力を始めます。エネルギーを確保し、インフラを整え、治安を守り、そして統治機構を作り直す作業。ああ、これって復活の地の物語で小川さん、やっているよね。あれは壮大な予行演習だったのかと思わせる、真の意味での町造りが、ここで再び行われます。
 この世界の秘密を、それまで知性あるものとして同格になどしていなかったあの者たちの口から説明させることによって、それは始まります。立ちあがったのはエランカ・キドゥルー。単なる地方の代議士だった彼女は、植民地第三の都市ニュークァールの大統領としてあらたな事態に対して戦うことを宣言します。
 「皆さんにお伝えしておきます。私たちは未知の相手と戦争をしていました。敵は地下にいる怪物、咀嚼者(フェロシアン)。味方は人類と、異星人カンミア。三百年のあいだ続いたひそやかな攻防が今ついに破綻して、敵が地下から飛び出してきました。歴代臨時総督らはこの戦いの防衛隊長にすぎませんでした。私たちは彼らに代わって、全力でこれと戦わなくてはなりません」  (P75)
 すなわち、市民に対して不当な圧政を敷いていたと思われていた領主とその配下とは、実は咀嚼者(フェロシアン)()、つまり硬殻化(クラストライゼーション)()した救世群と戦っていたのだという。
 そして、今まで石工(メイスン)()として臨時総督に盲従するだけの、人類ではない下位の存在だと思われていた生物が、知的水準の高い異星人カンミアとしての姿をあらわし、この世界の成り立ちを説明します。そして、これから何をすべきなのかをも。
 かくて生き残った市民たちは、暗黒となった世界で生きるすべを模索すると共に、その生存を賭けてフェロシアンとの戦いを始めたのでした。時は、西暦2803年の年末のこと。

 奇妙な言葉が、エランカに伝えられます。
 ヒツジを手厚く守って、と。それともう一つ、羊飼いを味方にするといい、と。
 いったいこれは、どういうことなのか。

 天井世界を旅する七人の中で、その生涯で大きな重荷を背負い、またプラクティスの一員である事もあって疎外感を持っていたイサリが、300年前に出会い、一度は仲間として行動したアイン、アイネイア・セアキの子孫であるカドム・セアキに心を開きます。
 彼女の思いはどこまで届くのか、読んでいてここは心を締めつけられました。

 そんな出会いまで描き、しかも宿怨に凝り固まったプラクティスとの和解の道まで考えさせる小川さんの筆の進め方、素敵です。

 天井の旅はなお続き、そして「外」に至る。そこで見たもの、それはなんだったのか。その先で彼らが見たリンゴの木。数字。
 「・・・2502年12月30日だ! 僕はこのために暗記させられたのか、この数字を!」  (P330)
 すべてはここに繋がるのか。
 そして、
 「それは、助けを求めているんで? メニー・メニー・シープのミスター・セアキ」
 「そうだ、助けてくれ。メニー・メニー・シープの俺たちを!」  (P336)

 終章は、再びアクリラ・アウレーリアの物語。
 人類には、まだ助かる道があるのかもしれません。

 次回は、 天冥の標Ⅸ 「ヒトであるヒトとないヒトと」 だそうです。  (2015/1/3)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:O017-031 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ)() ヒトであるヒトとないヒトと Part1 ISBN978-4-15-031213-8 C0193
ハヤカワ文庫JA1213 オ6-24 早川文庫7691 価格:720Yen ページ数:368P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/12/25 購入:2015/12/18 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
「天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと Part1」 小川一水 五つの章と、断章一つで構成されます。
 最初の章は、第一の人々 見えない犬と、しゃべる羊たち
 西暦2804年2月1日、ヨール市の回りの難民キャンプでの話。羊飼いの人々と難民との間を調停に来たカンミア、「穏健な者(カルミアン)()」が、羊飼いの少年ゴフリと交えた会話。
 無表情な羊たちが語る言葉を、羊飼いの<酸素いらず(アンチ・オックス)()>の体は聞き取ることができる。そして羊たちの体には、遙かな昔から偽薬造り(ダダー)()のノルルスカインの亡霊が取り憑いており、羊飼いはその知恵をずっと与えられていたのでした。この古い古い秘密を、こともなげに話題にするカンミアのリリー。
 少年は言う。あれは、犬だと。羊の中にいるが牧羊犬だと。そして俺たちは、べらべらしゃべるただの羊だと。もしダダーが見離したら、俺たちは、人類はどうなるのか。

 第二の人々 襲い来る女と、身を守る女たち
 咀嚼者(フェロシアン)()に捕らえられた<恋人たち(ラバーズ)()>のゲルトールトは、監視している咀嚼者の奇妙な姿にとまどいます。それは、かつてイサリの逃亡を助けたことにより刑罰を受け、同じく罪に落とされて負傷したまま生かされている仲間の世話をしている武辺スダカでした。大工(カーペンター)()のラゴスの記憶を受け継いだゲルトールトは、救世群(プラクティス)()の女帝となったミヒルと対決することになったのですが、この襲い来る女の凄まじい思いを知ります。
 「予備兵力の回復と涵養なくして長い戦争を戦い抜くことはできない。私たちも主戦戦に精鋭を当てる一方で、他の者には休んで力を貯えるよう命じている。彼らの部隊はそれが少々長すぎた。威勢がありあまって羽目を外してしまったようね。許すとは言わないけれど、仕方のないことではある」  (P89)
 ミヒロは、未染者(プリキャッチ)()を敵としていたのではなかったという。それは正しい決断なのか。誰にとって正しいと言えるのか。

 第三の人々 アーシアンとシーピアン
 メーヌを失った六人、<恋人たち(ラバーズ)>のラゴスとマユキ、医師セアキ・カドム、<海の一統(アンチヨークス)>の生き残りオシアン、元臨時総督ユレイン・クリューゲル、そして<救世群(プラクティス)>のイサリの前に現れた二人、アッシュと名乗る長身のアッシュルデン・ブンガーホルと、ルッツと名乗る小太りのコワルツェン・ヨーゼンハイムは、この世界の人間ではない。
 「星連軍戦略艦隊第三先遣艦軍の偵察部隊です。この星 ・・・セレスを目指して、はるばる飛んできました」  (P100)
 300年の断絶を経て、ついにセレス以外の太陽系に人類が、あるいは人類文化の残滓が残っていることがわかったのでした。これは吉か凶か。そしてなぜ300年なのか。彼ら太陽系から来たという地球人の末裔アーシアンは、メニー・メニー・シープ植民地のシーピアンにとってどんな存在なのか。そして、かつてロイズ非分極保険社団の配下にあった倫理兵器(エチック・ウェポン)()は、カドムをリーダーとするこのグループにとってどんな存在なのか。
 そして、アクリラ・アウレーリアの登場。艦長(キャプテン)()となった彼に従い、敵意を消した倫理兵器(エチック・ウェポン)。謎が少しずつほどけていく中で、新たな謎が浮かびあがってきます。アクリラが見た、セレスの南極から吹き上がる巨大な炎は何を意味するのか。

 第四の人々 ミスン族たちと、イスミスン族たち
 かつて石工(メイスン)()としてダダーの下で人間に仕えてきたミスン族の一人クレヴは、ミスン族の秘密を再発見します。彼女らは、姉妹としての意識を統合させていくにつれて自我を拡大し、知性を高めていくことができる種族であることを。
 かつて忘れられていたその秘密をつかんだクレヴは、名乗りをリリーと変えてミスン族の女王となったのでした。しかしミスン族の総数は四万にも届かない。これでは女王としての知性を支えるのがやっと。
 しかしリリーの呼びかけに答える声があったのでした。まず彼女を女王ミスミィかと呼び、そして断絶があったと判断してミスン族の務めを思いださせたその声は、(イス)ミスン族の第十代総女王(スローン)()オンネキッツと名乗ります。しかし宇宙のただ中で、タイムラグもなく通信できるイスミスン族のテクノロジーとは、いったいどんなものなのか。
 そしてミスン族との共闘でようやく息を吹き返そうとしている新政府の人々にとって、これは何を意味するのか。

 第五の人々 <海の一統(アンチヨークス)>と<不滅の一統(アンチ・エックス)
 アクリラ・アウレーリアの合流と彼の権限によって倫理兵器は敵ではなく従者になったようでした。しかしどうもおかしい。彼ら倫理兵器たちの手助けでセナーセーへ帰還できるとのことだったのですが。
 そしてイサリが言いだす<救世群(プラクティス)>の三つの問題。冥王斑は治療できないこと。変異してしまった体のこと。そして子供を作れなくなっていること。これが、カルミアンの母星にたどり着ければ呪いが解ける とかつてラゴスがいったという。どういうことなのか。
 アクリラとカドム・セアキ、そしてイサリの間に生じた奇妙な心の交錯とかを経て、アクリラは奇妙な気配を感じます。倫理兵器は何を考えているのか。彼らが暴発するまでは、わずかな時間しか遺されていなかったのでした。

 最後は、断章六 ヒトである既人(ヒト)()とまだの機人(ヒト)()
  二 惑 星 天 体 連 合 軍 (EMarth-Pan_Astro Allieance)()戦略追跡艦隊 第三先遣艦群亜光速投射艦<鯨波(ゲイハ)()>先端情報関門・寸景 と題された一編。
 いままで準惑星セレスの中だけで描かれていた情景から視点が変わり、セレスに接近する巨大な艦隊の情景です。
 この強大な戦力はいったい何を目的としてセレスに向かっているのかが、描かれています。その世界の中では、セレスの中で起きているさまざまな騒動がコップの中の嵐にすぎないかのよう。
 現れた二つのダダーは、人類に何をもたらすのか。

 まるで第一巻のような引きでこの巻は終わり。次はPART2へ。


 蛇足。
 準惑星ケレスは、現時点で総質量 9.445×1020kg だということです。これに対し、女王リリーは植民地メニー・メニー・シープの総バイオマス量は 9.23×1012kg という報告を受けています。(P193) 8桁も違う意味はなんだろう。生存環境にかかわる質量と言うことかな。
 どちらの数字だとしても、この質量を一定の加速度で何百年も加速するのは現代のテクノロジーの粋を尽くしても数桁足りない。つまり残念ながら不可能です。まァSFの世界だから。
 セレス(ケレス)の質量から計算される表面重力は0.02G程度なので無視するとして、仮に1G、つまり約9.8m/s2の加速度を維持できる推進機関があるとすると、300年間の間にどのくらいの速度に達するか計算してみました。
 すると最終速度は、なんと約 9.28×107km/s 、つまり光速の300倍ほどになります。むろん、計算値。光速は越えられないから。すると考えられることは、セレスが限りなく光速に近づいているのか、それともそんな加速度は出さず、人工重力を発生させるテクノロジーを備えて飛翔しているのか。
 後者の方がつじつまが合うような気がしますが、小川一水がそれですますとは思えない。(笑)  (2016/1/2)
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:O017-032 15 ハードSF 出版社:早川書房
書名:天冥の標(てんめいのしるべ)() ヒトであるヒトとないヒトと Part2 ISBN978-4-15-031231-2 C0193
ハヤカワ文庫JA1231 オ6-25 早川文庫7777 価格:780Yen ページ数:432P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/10/25 購入:2016/10/22 カバーイラスト:富安健一郎
カバーデザイン:岩郷重力+Y.S.
「天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと Part2」 小川一水 PART2は、
 第六の人々 病みゆく人々と癒えゆく人々
 です。この本一冊がこの章で占められます。

 北極にある「敵」の基地へなだれ込んだ<救世群(プラクティス)>が皇姉イサリを捕らえる場面から始まります。アクリラやラゴスが殺された、と半狂乱になっている彼女を捕らえた硬殻体(クラスト)()たちは、そのままセレス北極の拠点ハニカムに帰投。しかしアクリラたちは死んではいなかった。

 蟻型の異星人であり、かつて石工(メイスン)()として下等生物と思われていたカンミアが、集合すればするほど高い知性を発揮することを示して以来、住民側が盛り返してきたと思われましたが、いまだ一進一退といったところ。
 またこの序盤で、この世界が惑星表面ではなく、小惑星セレスの内部であったことや、南極に聳える火の柱はセレスを動かすエンジンであること、このセレスがカンミアの母星であるふたご座ミュー星にむかっていること、そしてその到着は目前に迫っていることなどが説明されます。
 こうしてこの世界の謎はまた一つ解明されます。
 しかし、カンミアのクルミはいう。セレスを動かすことは、カンミアが望んだものでも予期したものでもなのだと。それをなしたものは、臨時総督ほかのメニー・メニー・シープ人や、<恋人たち(ラバーズ)>、<救世群(プラクティス)>でもない、と。
 クルミが叫ぶ。
 「セレスが駆動された真の理由はただ一つ。『駆動者』 が隠れて私たちの母恒星に近づくためです。そうしなければ彼らは近づけなかったから」
 アクリラがコイルガンのボルトを引き、「知ってる」 と言った。
 「そいつは地下深くにいる。そいつがカヨをおかしくしちゃった。そいつの名前は、ミスチフ。戦艦ドロテアの王。僕の──」
 唇を噛み、銃身を振り上げ、アクリラは引き金を引く。
 きゅうん、と鋭い悲しげな音を上げて、超高速の青白い銃弾が上っていった。
 「僕の、きっと究極の、敵だ」
 カヨと、それにアクリラが奪われた他のものへの手向けだと、カドムにはわかった。  (P59-60)

 羊飼いたちの言うダダーたちという勢力は、まだその姿がはっきり示されません。人類の歴史の中でずっと長い間共存していたらしい、ある種の羊のDNAにひっそりと潜む知性体。かつてカドム・セアキが<恋人たち(ラバーズ)>に、羊飼いの力を借りろ、といわれたことがあります。このダダーは、いったい人類に撮ってどんな存在なのか。

 もうひとつ、この世界に関わる勢力があります。小惑星セレスの外、300年前に<救世群(プラクティス)>によって冥王斑ウィルスを散布されて全滅に追い込まれた太陽系の人類が、報復のために追跡してきた地球艦隊。しかしそこから派遣された二人、ルッツことコワルツェン・ヨーゼンハイム調 査 兵(サーベイヤー)()とアッシュことアッシュルデン・ブンガーホル 増 幅 兵 (アンプリファイアー)()は、人間の要請に従って味方をせよと命令されており、<救世群(プラクティス)>が敵対しない情況になれば攻撃する意志はないという。
 謎です。

 そして<救世群(プラクティス)>に捕らえられたイサリが聞いた情報。貴重な戦力をメニー・メニー・シープの連中と戦わせるなら、前方戦線に投入すべきだという言葉。前方戦線とは何なのか。
 宇宙的なスケールでは小さい小惑星にすぎないが、そのなかで生きる人々には巨大なセレスで戦っている勢力にとって、敵はお互いではない、外にもあるのではないのか。
 「聞いて、エウレカの人たち。世界冥王斑患者群連絡会議(プラクティス)のみんな! 私はイサリ・ヤヒロです。あなたたちに言わなきゃいけないことがある。敵は一つだと思っているあなたに! そうじゃないんです。もうひとつ敵がいるんです。古い、手ごわい、なによりも倒さなきゃいけない敵が──! 聞いて、<救世群(プラクティス)>!」  (P161)
 しかしその言葉を聞いたカルミアン──ミスン族のサバイブドと名乗る一人は、古い、手ごわい、なによりも倒さなきゃいけない敵はセレスのなかにある、という。外にいる太陽系艦隊ではない、300年前から、ずっとセレスの中にいる 「 隠 顕 の 紺 霊 (ミスチフ・フロム・ザ・スカイ)()」 だと。つまりそれは、セレスのなかにあるドロテアのことではないか。
 しかもそのミスチフが、<救世群(プラクティス)>の軍備増強に手を貸しているという。

 なんとかして<救世群(プラクティス)>を説得しなければならない、とイサリは動く。その言葉は、300年の恨みに凝り固まった彼らの心に入るのか。そして重大な情報が発覚します。冥王斑疾病を治療できる技術が確立された、という。
 となると、<救世群(プラクティス)>の存在意味がなくなります。何のために彼らは 硬 殻 化 (クラストライゼーション)()してまで未染者(プリキャッチ)()と戦ったのか。そしてその変身が不可逆的なものだと知って、唯一の希望であるカンミアの母星に300年かけて飛翔した彼らの悲惨な歴史は、なんだったのか。
 「冥王斑の薬ができたんだ! 俺たちはもう、おまえたちを怖れなくてもよくなった! わかるか? <救世群(プラクティス)>──冥王斑患者群連絡会議(プルートスポット・プラクティス・リエゾン)の人々よ! 俺たちは戦いを終わらせに来た! 返事を聞かせてくれ!」
 カドムの口にしたその名称に、そばの<救世群(プラクティス)>までもが驚きの声を上げた。それは切り札だった。イサリとの話し合いで聞きだした、彼らの真の名前だ。  (P329)
 はたして、病みゆく人々と癒えゆく人々戦いを終わらせることはできるのか。

 この巻で、たくさんの、たくさんの血を流されたあとで、一つの決着がようやくつきます。
 しかしそれをはるかな所でじっと見つめ、考えこむ者がいます。はたして彼らはようやく共通点を見つけたヒトたちとって、どんな存在となるのか。いまはまだ、わからない。


 次回は、 天冥の標Ⅹ 「青葉よ、豊かなれ」 だそうです。これで大団円になるのでしょうか。  (2017/1/8)