トップへ戻る


読んだ本の分類

 
PerryRhodanリスト
 宇宙英雄ローダン 001~009  
巻数  書 名  作 家
001 大宇宙を継ぐ者 カール・H・シェール&クラーク・ダールトン
002 銀河の神々のたそがれ カール・H・シェール&クラーク・ダールトン
003 ミュータント部隊 クルト・マール&W・W・ショルス
004 謎の金星基地 クラーク・ダールトン&クルト・マール
005 決戦! ヴェガ星域 W・W・ショルス&カール・H・シェール
006 時間地下庫の秘密 クルト・マール&クラーク・ダールトン
007 六つの月の要塞 カール・H・シェール&クラーク・ダールトン
008 銀河の時空を抜けて クラーク・ダールトン&クルト・マール
009 死にゆく太陽の惑星 クルト・マール&クラーク・ダールトン

 
★このページはUnicodeです。★        Ver. 2.12
管理番号:R400-001 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 001 出版社:早川書房
書名:大宇宙を継ぐもの ハヤカワ文庫SF32 早川文庫32 発行 1961年
001 スターダスト計画 Unternehmen Stardust カール・H・シェール 1961/9/8 (金)
002<第三勢力> Die dritte Macht クラーク・ダールトン 1961/9/15 (金)
翻訳:松谷健二 価格:250Yen ページ数:281P 本のサイズ:文庫
初版発行:71/07/31 第5刷:73/05/30 購入:74/1/16 表紙・イラスト:依光 隆
  001 スターダスト計画 
 ネヴァダ基地の中央主地下壕は同宇宙空港の電子<神経システム>で、いまは、はためにはなんの事やらわからない打ち上げ準備に忙殺されていた。

 1971年6月19日、この物語が語り始められた1961年から10年後、アメリカ宇宙開発コマンドは、一隻のロケットを打ち上げます。船名はスターダスト。指揮官はペリー・ローダン少佐、35歳。宇宙航空士にして核物理学者。原子力ジェット機関を専攻。宇宙軍で最初に月軌道に達した男。
 ほかに、航空士レジナルド・ブル大尉、天文学、数学、物理学者クラーク・G・フリッパー大尉、医師で地質学者エリック・マノリ少尉。みな、最低ふたつの研究領域において学位を持ったエリートたち。
 人類の科学の粋を集めたメカニズムと、人類最高の男たちがむかった先は、月です。
 しかしこの時代、地球は3つの政治ブロックに分かれて冷戦状態でした。むろん、宇宙への進出も軍事目的。危うい時代だったのでした。アメリカの月への挑戦も、他のふたつのブロックとのデッドヒートの果てに行われていたのでした。一歩先んじた東ブロックの月着陸船が謎の失敗を遂げた直後、スターダストは月に接近します。
 しかし、いきなり船内を満たしたのは人類の技術を凌駕する電子攻撃でした。「瞬間切り替えスイッチ」の異名を持つローダンのたぐいまれな反射神経と判断力がスターダストを救いました。しかし彼らは、月に孤立します。
 そこで出会ったものは、異星人の宇宙船でした。直径500メートルの球形船。彼らを唖然とさせるに十分でした。
 しかも、乗り組んだ一見人間そっくりの人々が正確な英語で呼びかけるとは。
 老科学者はクレスト、女船長はトーラと名乗ります。星間に広がるアルコン帝国の探検船だという。他の乗組員はゲームのモニターの前から経つ気力もないほど退廃しきっていますので、員数外。
 老人らしいクレストは病気のようだ...しかも、身体器官のかなりの差を考慮しても、病名は白血病らしい。彼らは超科学を持ちながら、未知のものは理解しようとしないので治癒法を研究する人もなく、死につつあるという。
 ローダンの操縦でこの老人を連れて地球へ帰還したスターダストは、しかしネヴァダに帰還しません。中央アジアのど真ん中、中国ブロックと東ブロックの国境の近く、ゴビ砂漠の中、ゴシェン湖のほとりに着陸します。
 ローダンの決断とは、この超科学を一つのイデオロギーに与えてはいけないというものでした。
 ここから、壮大な物語が始まります。

 地球の統一中央政府、平和、福祉、銀河文明の仲間入りをかれの心は描いた。一つのヴィジョンではあったが、かれはこれをしっかりと心にしまい込んだのである。
 スターダストの荷物室では奇妙な機械がうなりを立て始めた。第三勢力が活動を開始したのだ。ペリー・ローダンは青空にむかって微笑した。ゆっくりとコンビネーションの肩から階級章をむしり取る。
 ペリー・ローダン少佐は退役したのだ。

  002<第三勢力>
 <第三勢力>と彼らは名乗ります。今地球が三つのブロックに分かれていることとは別に、俺たちでも、お前たちでもない、新しい第三者勢力であると。そして彼らは独立を宣言するのです。
 彼らとは、ペリー・ローダン、レジナルド・ブル、エリック・マノリの三人。しかし、故郷に身重の妻を残すフリッパーは拒否します。
 超文明であるアルコン帝国は、「蛮族」に対しては高いテクノロジーの道具を与えてはいけないという法がありますので、彼らが持っている超技術はごくわずかしかありません。エネルギー・バリア、重力消去装置、精神干渉装置、通信機。
 この装置を使い、レジナルド・ブル通称ブリーはオーストラリアに旅立ちます。世界的な白血病の権威、フランク・M・ハガード博士より治療法を教わるために。彼らの熱意に同意したハガード博士は、検査機材と治療機械をまとめて、第三勢力への参加を約束したのでした。
 月よりのエネルギー・ビームという超文明の衝撃によって、世界は第三勢力の背後に何があるのかを知りますが、しかし即座に謀略戦が始まります。精神干渉装置によって記憶を消去されたフリッパーは、第三勢力から分かれて自宅への道を選びますが、各ブロックの情報戦に巻き込まれ、命を落としました。
 緊張が高まる世界は、いよいよ核ミサイルのスイッチを押します。西ブロックのミサイルは中国ブロックへ、中国ブロックのミサイルは西ブロックへ。そして東ブロックは標的をゴビ砂漠の中、宇宙船スターダストに向けます。世界は破滅にむかうのか。
 しかし月より再び介入した超文明のテクノロジーは、核の爆発を無効にします。中間子の浮遊を制御するという超技術によって。

 恐怖した世界は、再び政治戦、外交戦、謀略戦を開始します。
 第三勢力に未来はあるのか。

 あとがきは、「世界最大のシリーズ」という題が付きます。
 ペリー・ローダンを主人公とする大SFシリーズの成り立ち、訳出までの経緯、未来への期待。
 でも、松谷さんは、遠い未来までは読み通していなかったでしょうね。
 それともう一つ。第一話の原題は「Unternehmen Stardust」ですね。この単語が英語の「Enterprise」なのだと知ったのは、ひょんな事からでした。辞書を引くと、「冒険的な事業」とあります。当時、何度目かの「宇宙大作戦」の再放送を見ていたマセ餓鬼にとっては、なんとなく楽しくなる出だしでした。  (06/9/13)

 
       Ver. 2.12
管理番号:R400-002 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 002 出版社:早川書房
書名:銀河の神々のたそがれ ハヤカワ文庫SF40 早川文庫42 発行 1961年
003 ドームの危機 Die Starhlende Kuppel カール・H・シェール
004 神々のたそがれ Gotterdammerung クラーク・ダールトン
翻訳:松谷健二 価格:250Yen ページ数:264P 本のサイズ:文庫
初版発行:71/10/31 第5刷:74/01/31 購入:74/1/23 表紙・イラスト:依光 隆
  003 ドームの危機
 1971年7月29日、ゴビ砂漠にある宇宙船スターダストと医療用大型トレーラーにむかい、アジア連合数個師団の重火器が火を噴いています。それを受けとめるのは、超文明による透明なバリア。
 一見、全く苦もなくはじき返しているように見えます。切歯扼腕するアジア連合ブロックの将兵にはそう見えます。しかし、内情は違う。超兵器とはいえ、アルコン帝国の法によって「蛮族」には三流の兵器しか貸与されないのです。唯一地球に降り立っている異星人クレストは、白血病の治療中で、意識不明。
 バリアが過負荷になって、電源の原子炉が発光し始めている。砲撃の振動で、月への通信機が故障してしまった。ペリー・ローダンの前途は明るくない。

 8月26日、アジア連合の攻撃部隊は戦法を変えました。6000に及ぶ大口径長身砲とロケット砲を擁する1500個中隊は、直径2キロメートルの半球型透明バリアの、地上から20メートルの一点、約50平方メートルの点にむかって集中攻撃をかけたのです。これでバリアを過負荷にして崩壊させる作戦です。
 数時間なら耐えられる、とローダンは判断します。その間にクレストをなんとしてでも起こさなければならない。
 しかしその判断を狂わす事態が発生します。
 異星の敵に対して連合した地球の三つの政治ブロックは、ゴビ砂漠への攻撃を囮にして、長駆月にむかって三大ブロックすべての技術を動員して三隻のロケットを打ち上げ、中間子を介しない100メガトン水爆を異星の宇宙船に叩き付ける、という計画を立てたのです。
 それ一つ一つが大変な冒険だったのですが、さらりと流され、アメリカの月ロケットスターダスト2号(マイクル・フレイト少佐指揮)をはじめとする三隻は、月に到達します。
 その瞬間に、老人クレストがようやく目を覚まし、やっと月と連絡が取れます。怒り狂う船長トーラはローダンの説明などに耳も貸さず、直径60メートルの球形搭載艇で地球に突進したのです。

 その隙を突いて人類は、月の超文明宇宙船を破壊することに成功してしまった。さあ、未来はどうなる?

  004 神々のたそがれ
 全世界を敵に回したつもりのローダンら第三勢力にも、少しずつ味方が現れます。西ブロックの諜報員アルベルト・クライン大尉、東ブロックの諜報員ペーテル・コズノフ大尉、アジア連合の諜報員リ・チャイ=トゥン少尉。それに、IIA(国際情報局)長官のアラン・D・マーカントも、何やら考えているふう。
 その中で、全世界で不思議な人々が現れ、ローダンの元に集まり始めます。
 テレパシー能力を持ったジョン・マーシャル、テレキネシス能力を持ったアンネ・スローン、テレポート能力を持ったラス・ツバイ。時間と空間を飛ぶ能力を持った謎のエルンスト・エラート
 アジア連合の作業者、日本人のタコ・カクタは、エネルギー・バリアをテレポートで抜けてローダンに警報を届けます。
 1945年に生まれた人々...ヒロシマ、ナガサキのために遺伝子を狂わされた人々。戦後のドイツで生まれた神話でしょうか。

 同じ頃、アルコン人クレストは、地球人のような活力ある人々がアルコンの後継者となりえるのではないか、とつぶやき、トーラの反対を押し切ってローダンたちに催眠教育を施します。はたして目的は何か。未来はどうなのか。

 あとがきは、K・H・シェールとクラーク・ダールトンの経歴です。  (06/9/28)

 
       Ver. 2.12
管理番号:R400-003 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 003 出版社:早川書房
書名:ミュータント部隊 ハヤカワ文庫SF45 早川文庫47 発行 1961年
005 非常警報 Atom-Alarm クルト・マール
006 ミュータント部隊 Das Mutanten Korps W・W・ショルス
翻訳:松谷健二 価格:250Yen ページ数:280P 本のサイズ:文庫
初版発行:1971/12/31 第5刷:1973/05/31 購入:1974/1/20 表紙・イラスト:依光 隆
  005 非常警報
 月面上の宇宙船が破壊されたことにより、クレストとトーラにはもはや逃げ道はなくなりました。そこで二人の考えは二様に変わります。クレストは、自分たちの超文明を地球人が継承できるものならば教育を施して文明を発達させ、それにより帝国に帰還する方法を選びます。しかしトーラは違った。
 月面の宇宙船の廃墟に、使えるものが残っていないか探索に行った時、彼女は宇宙船上の「非常警報」を作動させます。光速を越える瞬時遠距離通信装置によるこの警報は、近辺の宇宙に信号を出してしまう。それにより、ここに無防備になったアルコンの宇宙船の破片があると知らせることとなる。
 アルコン帝国のレベルより遙かに下ですが、人類のレベルより遙かに進歩した異星人の前に、地球は無防備になってしまったのです。むろん、友好的接触など期待できない。
 さあ、ローダンはどうするのか。

 この巻より、アメリカの情報局の責任者アラン・D・マーカントがいよいよ本領を発揮します。また、金融・財政の天才であるホーマー・G・アダムスはこの巻で登場します。二人はのちに第三勢力の重鎮となる重要なメンバーです。

  006 ミュータント部隊
 銀河系宇宙にむかって発せられた遭難信号は、今後次々と「遺跡あさり」の小悪党どもを呼び寄せるに違いありません。それに対するに、地球の力はあまりに弱い。しかも、ローダンにとっては、第三勢力以外の国際パワーはいまだに十分な信用ができない。彼らが国家単位、つまりあまりに矮小な利益を求めて疑心暗鬼になっている状態のままでは、総力を結集した防衛体制などできない。
 ローダンは、決断を下します。第三勢力を単なる陰謀組織から国家経営ができる勢力に拡張するための人員の確保と、ジョン・マーシャルを長とする特殊部隊を作ること。
 かくして、ホーマー・G・アダムス、詐欺事件で20年の懲役刑を受け、14年で模範囚として釈放された財政の天才が第三勢力の一員として活動を開始し、1945年に原爆が落とされた極東の国へスカウト団が送り込まれます。そこに、ポジティヴなミュータントがいる可能性を信じて。

 「長崎のカシリ・スタジアム」で行われたサッカーの「1971年全日本選手権」で、「京都チーム」と「静岡チーム」が対戦して、大方の予想を裏切って京都が勝ったそうですが、誰か突っ込みたい人はご自由に。(笑)
 日本でスカウトされた日本人を含む10人は、スカウトされたと言うより拉致されたというのが正確ではないだろうか。(笑)
 原爆のショックで生じたミュータントたちは、フランス人のアンドレ・ノワール(1945年8月ヒロシマorナガサキで何をしていたのだろう?)、父がドイツ人・母が日本人のラルフ・マルテン、それから日本人の、イシ・マツ(若い美女だそうなw)、ウリウ・セングセン・オークラタナカ・セイコ(男ですよw)、ドイツ・アタカ(なにィ?)、キタイ・イシバシノモ・ヤトゥヒンタマ・ヨキダ
 原爆によらないミュータントたちとしてイギリス人フェルマー・ロイドとコンゴのラス・ツバイを含めた12人が、新しいメンバーとなります。
 そしてもう一人、最も弱々しい外形の女性、アンネ・スローンも。
 だが、最後の女性をローダンの元に送り届けたのは、西ブロックの情報局長アラン・D・マーカントでした。
 しかも、恐るべきニュースを携えてローダンの前に現れます。精神を支配する異星人が、地球に侵入したと。

 このあとがきで、有名な言葉が出てきます。
 
光子ロケットをプロペラ機で追っているようなものだ、という。
 現在(2006年)では、本国の半分の速度にまで加速できましたが、当時としては、こんなに読者が支えてくれて出版速度が上がるとは、誰も全く考えていなかったでしょうね。
 また、ここで松谷さんが笑っていますが、ショルスの描く日本は無茶苦茶ですね。タクシー代が50円だったりするしね。
 あっはっは。  (06/10/14)

 
       Ver. 2.12
管理番号:R400-004 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 004 出版社:早川書房
書名:謎の金星基地 ハヤカワ文庫SF61 早川文庫84 発行 1961年
007 宇宙からの侵略 Invasion aus dem All クラーク・ダールトン
008 謎の金星基地 Die Venusbasis クルト・マール
翻訳:松谷健二 価格:270Yen ページ数:277P 本のサイズ:文庫
初版発行:1972/6/30 第4刷:1974/1/31 購入:1974/1/23 表紙・イラスト:依光 隆
  007 宇宙からの侵略
 精神寄生体は、IVsと呼ばれます。昆虫に似た身体を持ち、他の知性体の精神に寄生し、その知識を我がものとし、乗っ取ります。その陰険な戦法で、銀河系種族に恐れられているという。
 <グッド・ホープ>─ かつてのアルコン宇宙船に搭載されていた補助艇 ─ を駆って、金星に行っていたペリー・ローダンは、地球からの救難信号で急遽帰還します。世界の首脳と対面したローダンは、ここでふたつの宣言とひとつの提案をする。
 第三勢力の全力を持って、この外敵と対決する宣言。むろん、新しいミュータント部隊も投入する。
 また、第三勢力経済相ホーマー・G・アダムス麾下のGCC(ゼネラル・コスミック・カンパニー)の資金を投入して防衛宇宙艦隊を建設する宣言。
 そして、統一した世界政府を緊急に作って欲しいという提案。
 苦戦の末、この危機を退けたローダンは、エルンスト・エラートを時の放浪者として失い、新たに最強のミュータント、11歳のベティ・タウフリーを得ます。彼女は生まれながらのテレパスで、IVsに乗っ取られた実の父親を自分の手で射殺しました。

  008 謎の金星基地
 月のアルコン宇宙船の廃墟を探索していたローダンは、西ブロックから打ち上げられた宇宙船に誤射されました。誤解を解いたあと、アメリカ宇宙船<グレイハウンド>の乗組員マイケル・フレイトロッド・ニッセンコンラッド・デリングハウスの三人はローダンに救出され、彼の前に整列します。そして超文明の技術を独占するローダンを手厳しくなじったのでした。
 堂々とローダンの立場を批判する彼らの度胸に、ローダンは微笑します。
 この三人は、のちに第三勢力の中核となります... いつの間にか舞台から消えますが。

 金星は、ローダン世界では地球より10数度気温が高いだけで、大気も呼吸可能な惑星だと言うことです。その辺の突っ込みはどうでもよろしい。ここに何か敵の存在が探知されたという情報で、ローダンたちは<グッド・ホープ>でむかいます。
 そこにあったものは、敵の宇宙人ではない。古代アルコンの秘密設備でした。
 しかも、クレストやトーラの時代より遙かに古い。一万年以上古いらしい。その時代には、地球にはまだ文明はない。アルコンの古代植民遠征隊のなごりらしい。地球に居住したらしい20万の古代アルコン人はもはや誰もいない。
 孤独に生き続けたロボット脳は、管理者を必要としていました。
 それは、<グッド・ホープ>の全乗組員の頭脳を走査し、一人の人物を司令官として選びました。ペリー・ローダンを。

 あとがきは、ドイツの本家ペリー・ローダンのことです。今ごろは560巻目ぐらいだろう、とのこと。
 日本の翻訳は、フランス、オランダ、アメリカに続く4国めだそうな。  (06/10/23)

    
     Ver. 2.12  
管理番号:R400-005 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 005 出版社:早川書房
書名:決戦! ヴェガ星域 ハヤカワ文庫SF71 早川文庫104 発行 1961年
009 地球救援 Hilfe fur die Erde W・W・ショルス
010 決戦! ヴェガ星域 Raumschlacht im Vega-Sektor カール・H・シェール
翻訳:松谷健二 価格:250Yen ページ数:268P 本のサイズ:文庫
初版発行:1972/10/31 第4刷:1974/01/31 購入:1974/1/27 表紙・イラスト:依光 隆
  009 地球救援
 IVsの侵攻はさらに力を増します。世界各国の要人たちが次々と精神を乗っ取られていきます。
 しかし、わずかな希望が。金星に残されていた遺産は、ロボット脳だけではなかったのでした。恒星間航行はできないが、太陽系内なら十分に制圧できる小型単座戦闘機が6隻。太陽系内に潜伏するIVsを駆逐するには十分な勢力。
 しかも、乗組員として最適な三人の軍人たちもいる。
 同時に、ようやく世界中の協力が得られ、第三勢力の主導の元にプロジェクトチームが組織化され、動き出しました。

 すべてが終わったのは、1972年8月はじめ。
 ローダンは新しくメンバーに加わったミュータントたちの出発を前に、こう宣言しました。
 「今日、そしておそらくは明日にかけても、われわれは勝利を収めた。
 しかし、ここで知ってもらいたいのは、金星の頭脳がこれからも紛糾はあるだろうと考えていることだ。
 であるから、われわれは助け合わなければならない。諸君とわたしのことである! われわれは強くあらねばならず、油断は許されない ・・・・ それに学ばなければならない。宇宙へのわれわれの道は、遠くそしてくらい。諸君、手をかしていただきたい、その道を確実に見出すために!」


  010 決戦! ヴェガ星域
 1975年5月25日。ゴビ砂漠に建設された第三勢力の居住区は、<ギャラクト・シティ>という都市となり、23万の人口を擁しています。
 アルコンの知識と、地球のテクノロジーを集中的に投入し、いずれ数年以内に恒星間航行可能な宇宙船を建造できるところまで行っていたのでした。

 ヴェガ星系、地球より27光年離れた恒星ヴェガにおいて、5次元構造震が観測されました。
 これが何を意味するかと言いますと、超空間ジャンプ ─ 遷移(トランジション) ─ と呼ばれる現象が起きたと言うこと。すなわち、恒星間航行が可能な宇宙船がヴェガ星系に実体化したことになる。
 考えられる理由は一つ。トーラが発したアルコン船の遭難信号を受けとった銀河系の勢力が、地球とヴェガを間違えて侵攻を開始したのだ、ということ。
 紆余曲折を経て、<グッド・ホープ>で偵察行に行ったローダンたちは唖然とします。ヴェガには、人類に似たフェロル人という人々がいました。テクノロジー的には、アルコンの技術なしの地球より数百年進んだレベルか。
 アルコンの調査船に違いないと考えるトーラとクレストの希望的観測に反し、そこにいたのは住民を次々と虐殺する異星人でした。トカゲに似た生物、トプシダーらしい。
 偵察行をする<グッド・ホープ>は、トプシダーの艦隊と同行する巨大なアルコンの第一級戦艦よりのエネルギー・ビームを受けて遭難してしまう。どうやら、このアルコン戦艦はトプシダーの手に落ちたらしい。
 しかし、彼らのテクノロジーは地球人やフェロル人はともかく、アルコンより遙かに劣っているはず。

 孤立無援となったローダンたち。さあ、どうする?

 あとがきは、第4巻での誤植の件だけですね。
 この巻からわかりますように、ローダンの新しい話は、常にドイツ版の10巻とか100巻とかから始まります。となると、日本版では必ずそのはじめは、各巻の真ん中からとなる。困ったもんですが、しかたがない。  (06/10/29)

上へ  
           Ver. 2.15 
管理番号:R400-006 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 006 出版社:早川書房
書名:時間地下庫の秘密 ハヤカワ文庫SF78 早川文庫118 発行 1961年
011 ミュータント作戦 Mutanten im Einsatz クルト・マール
012 時間地下庫の秘密 Das Geheimmis der Zeitgruft クラーク・ダールトン
翻訳:松谷健二 価格:250Yen ページ数:258P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/1/31 第4刷:1974/1/31 購入:1974/1/27 表紙・イラスト:依光 隆
  011 ミュータント作戦
 トカゲ型異星人トプシダーの乗る巨大戦艦のエネルギー・ビームがかすめた<グッド・ホープ>は、大破した船体をかばいつつ、ヴェガ星系第9惑星の砂漠の秘密基地にその船体を納めました。フェロン人の指導者トルトとの秘密協定によって同盟を結んだのは良いのですが、あっさり負けてしまった地球人に不信感が出てきたようです。失地回復のためにも、地球への帰還を成し遂げるためにも、なんとかしなくてはなりません。
 ローダンは、惑星フェロルにある特殊な技術成果、転送機に目をつけます。これは、地球にはもちろん、アルコンにさえなかった特殊装置です。送信側と受け入れ型のふたつのステーションの間で、ロスなしに機械でも人間でも転送するこの装置を、ローダンは詐欺すれすれの交渉で手に入れ、これとミュータント部隊を使ってトプシダーの手にあるアルコン戦艦の奪回を計画します。

  012 時間地下庫の秘密
 <スターダストⅡ>と名付けられた、直径800メートルに及ぶ巨大戦艦は、ヴェガ星系で4次元から5次元空間に入り、27光年離れた太陽系外縁で4次元宇宙に現れました。1975年7月のことでした。
 ようやく統合にむかいつつあった地球の現状は、不安定要素はあるものの、まあ安心できる。地球で第三勢力の指揮に当たるフレイト大佐も信頼できる。ローダンはヴェガ星系の救援と共に、地球防衛のために再び遠征を決意します。
 ローダンは300人の新乗組員を訓練して、再びヴェガ星系にとって返します。ヴェガ星系からトプシダーを追い出すためにどんな作戦をとればいいのか。ローダンは、再びミュータント部隊を投入します。
 その過程で、驚くべき秘密をつかむ。フェロン人が持つ物質転送機は、フェロン人の開発した技術によるものではなく、謎のテクノロジーによるものなのだそうな。そして、そのテクノロジーによる転送機の設計図は、ヴェガ系第8惑星の地下、5次元的に守られた地下庫に収納され、時間錠によって守られているという。
 この扉を開くことは可能なのか。

 あとがきは、クラーク・ダールトンを改めて取り上げます。本名ヴァルター・エルンスティングで、アングロ・サクソンふうなペンネームで人気を博していました。当時、1973年現在でローダン・シリーズの1/5以上を手がけ、しかもそれ以外にもたくさんのSFを出版していたとか。
 文学史に残るレベルの作品ではないが、面白く読者を楽しませる本を書く人、と松谷さんは評しています。
 エンターティメント作家、かくあるべし、です。 (06/11/02)

 
       Ver. 2.12
管理番号:R400-007 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 007 出版社:早川書房
書名:六つの月の要塞 ハヤカワ文庫SF81 早川文庫123 発行 1961年
013 六つの月の要塞 Die Festung der Sechs Monde カール・H・シェール
014 銀河の謎 Das Galaktische Ratsel クラーク・ダールトン
翻訳:松谷健二 価格:240Yen ページ数:260P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/02/28 第3刷:1973/09/15 購入:1974/01/29 表紙・イラスト:依光 隆
  013 六つの月の要塞
 ヴェガ星系はたくさんの惑星を擁する大星系でした。その第40惑星には6つの衛星があり、そこをトプシダーは要塞化しています。
 このトプシダーは、アルコンの巨大戦艦を奪われたとはいえ、地球人にとって、いやフェロン人にとって大変な脅威でした。彼らをなんとかして駆逐しなければならない。ヴェガ星系のためではありますが、それはテラのためでもある。利害は一致しています。
 しかし、ローダンにとってなすべき事はそれだけではない。フェロン人の文明程度はアルコン帝国に比較すれば遙かに遅れていますが、しかしテラはそのフェロン人から比較すれば野蛮人以下。人類を率いるローダンとしては、フェロン人に対しては地球の文明程度をアルコンなみと自称して対等以上の同盟関係を築き、銀河のこの一角に地歩を固めようとします。
 卑劣? いや、地球人の利益を守るためならなんでもあり。こいつは帝国主義の時代の発想ですな。
 さて、トプシダーへの陰謀は成功するか。
 トプシダーのエピソードは、この巻で終わりです。

  014 銀河の謎
 ヴェガ星系には42の惑星があります。その第10惑星に、謎の宇宙航行種族が約1万年前に存在し、その種族が第8惑星のフェロン人に物質転送機を与えたのだといいます。また、この謎の種族は技術的な不死者であったという。その秘密は、アルコンの古代史料のなかにのこっており、クレストの遠征の目的も実はこれであったのだそうな。27光年も間違えて地球に来たという間抜けは指摘しても手遅れか。(笑)
 さて、古代の記録によるとヴェガには43の惑星があったという。であるとすると、古代の第10惑星というものは失われたのではないか。
 彼らは、再び第8惑星の地下にある時間地下庫に戻ります。ここに突破口がある。

 千の課題のセンターへようこそ  ─  だがその一つだけが諸君を目標に近づけるであろう。

 謎はいま、始まったばかりです。

 訳者あとがき では、あとがきのネタが種切れだとぼやいておられます。(笑)
 アメリカのエースブックスの翻訳ペリー・ローダンをいずれは追い越すという宣言を、エースブックス月一冊にペースアップしたという情報で残念ながら撤回しなければならないとのこと。それでも、今後最低年間5冊は出すことを宣言するなど、松谷先生もちょっと負けず嫌いですよね。
 それと、「決戦! ヴェガ星域」の誤訳についてのメモ。 (07/4/14)

 
       Ver. 2.12
管理番号:R400-008 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 008 出版社:早川書房
書名:銀河の時空を抜けて ハヤカワ文庫SF87 早川文庫137 発行 1961年
015 銀河の時空を抜けて Die Spur durch Zeit und Raum クラーク・ダールトン
016 ゴルの妖怪 Die Geister von Gol クルト・マール
翻訳:松谷健二 価格:240Yen ページ数:265P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/4/30 第3刷:1973/11/30 購入:1974/2/3 表紙・イラスト:依光 隆
  015 銀河の時空を抜けて
 <スターダストⅡ>に搭載されたポジトロン脳が部分的に解読した結果によると、時間地下庫から発見された文書には、現在よりあと3日と15時間で文書自体が消滅すると書かれています。時間の余裕はない。
 文書の本格的な翻訳をするために、金星にある巨大なアルコン製ポジトロン脳の解読が必要とわかったローダンたちは、いったん太陽系に帰還します。その回答とはこれでした。

 『汝がその名を知るものを見出せ。光への道をたどるのに汝が必要とするものをもつはかれのみ。汝、時間の本質を知るや?』

 ローダンたちが送りこまれた先は、フェロルの中世。その先にある解答とは何か。それはいつ現れるのか。
 表紙絵のスペイン風の冑は、中世というにはちょっと新しすぎないかなぁ? しかもフェロン人の中世ですよ?

  016 ゴルの妖怪
 <スターダストⅡ>に搭載されている<グッド・ホープ>級の直径60メートルの球形搭載艇を「オタマジャクシ」と呼ぶようになったのは、この巻からだそうです。<スターダストⅡ>には8隻搭載されています。ヴェガ系の各ポイントに配置され、いつ現れるかわからない謎のシュプールを待ちかまえています。
 オタマジャクシ5号を指揮するチャーニー大尉がヴェガ第14惑星近辺で構造振動を感知したとき、作戦はスタートします。
 木星タイプのアンモニア=メタンの巨人は、木星の3倍の直径で、表面重力は916g。伝説の巨人より、「ゴル」と命名されました。
 電磁波を直接読み取ることができる超能力を持ったミュータント、タナカ・セイコ(くどいようだが日本人の青年です)は、謎の暗号をさらに読み取ります。『だが警告を忘れるな! 振動の生ずる場所をさぐるべし。だが、内なる知識なしに来るな。だれもおまえを助けず、山だけが脈動するであろう』 いったい何を示しているのでしょうか。

 ところでこの巻では、誤訳なのか誤解なのかわかりませんが、「パーセク」という単語を間違って使っていますね。惑星まで1パーセクなんて、距離的に全くおかしいですよ。1パーセクは約3.26光年。多分、1天文単位(AU 約1.5億キロメートル)と間違えているのではないかな?

 訳者あとがき は、ドイツで出版された「ペリー・ローダン百科」のこと。1971年出版です。500巻出版を記念して発行されたもので、ローダン世界の歴史、科学技術、世界、そして人物史をまとめた大作です。なぜかぼくはこれを二冊持っています。(笑)

 
       Ver. 2.12
管理番号:R400-009 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 009 出版社:早川書房
書名:死にゆく太陽の惑星 ハヤカワ文庫SF97 早川文庫162 発行 1961年
017 死にゆく太陽の惑星 Planet der sterbenden Sonne クルト・マール
018 ツグランの反徒 Die Rebellen von Tuglan クラーク・ダールトン
翻訳:松谷健二 価格:260Yen ページ数:270P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/7/31 第2刷:1974/1/31 購入:1974/5/12 表紙・イラスト:依光 隆
  017 死にゆく太陽の惑星
 木星の三倍の直系をもつヴェガ系第14惑星ゴルにおける探索は、驚くべき結幕を迎えました。
 永遠の生命の星を捜すローダンたちは、絶体絶命の危機のさなかに、巨大戦艦<スターダストⅡ>と共に小さなフィクティヴ転送機によって全く見知らぬ宇宙へ飛ばされたのでした。
 周囲は既知の宇宙の法則に合わない恒星もどきが光る宇宙空間。ここはどこなのか。
 迷うローダンたちが驚いたことに、気がつくと<スターダストⅡ>はとある恒星系の、火星に似た惑星の近辺に浮いています。惑星はトラムプ(放浪者)と名付けられます。
 この惑星にあったものは何か。古代の遺跡と、ビーバーに似た生物。知性があるのかないのか。
 謎また謎。アルコン爆弾が不意に浮遊し、浮遊戦車がいきなり倒れかかる。なぜ。
 惑星トラムプの謎は解けるのか。

  018 ツグランの反徒
 惑星トラムプを去る<スターダストⅡ>に、密航者がいました。
 現住民(?)の、ビーバー状の生物。「彼」は、同族の中でも傑出した頭脳と、遊び心、そして傑出した超能力を持っていたのです。
 地球人ならその能力を、テレポート、テレキネシス、テレパシーと呼ぶ。「彼」は潜りこんだ箱の中から抜け出し、超能力の「触手」を延ばし、ここかしこの光るものや動くものを押したり引いたりし始めたのです。

 惑星トラムプから20天文単位はなれた宙域で、<スターダストⅡ>は遷移 ─ 超空間ジャンプ ─ に入ります。ローダンの目の前の表示は、2401.0734光年。遷移スイッチを押し、遷移ショックに入った瞬間、ローダンの目はそのカウンターが勝手に大きく動くのを見ました。33560。
 なんと、3万光年以上を一気に跳躍してしまったのです。
 着いた先は、地球人の言うヘラクレス座M13星団のはずれ、恒星ラトンを主星とする恒星系。惑星ツグラン。
 ここは、アルコン帝国の版図ですが、おりあらばその支配下から逃れようというレジスタンスが活動しているさなか。
 アルコン帝国からの査察官の立場となってしまったローダンは、どう対処するのか。

 そう、ローダン物語の人気者、トリックスターであるネズミ・ビーバーのグッキーは、この巻で登場します。

 訳者あとがき で、グッキーの登場と期待度を伝えてくれます。そして、人気が出てきたこのシリーズの、今後の翻訳スケジュールをはじめて発表します。最低年に5冊、できれば2ヶ月に一冊。プラス1冊できれば、限界じゃないかな、と。
 当時はこれでも驚異的でしたよね。  (07/5/15)
  
 宇宙英雄ローダン 001~009