トップへ戻る


読んだ本の分類


PerryRhodanリスト
 宇宙英雄ローダン 010~019 
巻数  書 名  作 家
010 宇宙の不死者 カール・H・シェール&クルト・マール
011 核戦争回避せよ! クルト・マール&クラーク・ダールトン
012 秘密スイッチX W・W・ショルス&クルト・マール
013 超ミュータント出現! クルト・マール&クラーク・ダールトン
014 ヒュプノの呪縛 クラーク・ダールトン&カール・H・シェール
015 宇宙商人スプリンガー クルト・マール&クルト・マール
016 ロボット皇帝の反乱 W・W・ショルス&クラーク・ダールトン
017 燃える氷惑星 クラーク・ダールトン&クルト・ブラント
018 忘却兵器極秘作戦! クルト・マール&クラーク・ダールトン
019 望郷の宇宙帝国 クラーク・ダールトン&クルト・マール
上へ ★このページはUnicodeです。★
  Ver. 2.16 
管理番号:R400-010 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 010 出版社:早川書房
書名:宇宙の不死者 ハヤカワ文庫SF128 早川文庫176 発行 1961年
019 宇宙の不死者 Der Unsterbliche カール・H・シェール
020 金星の危機 Venus in Gefahr クルト・マール
翻訳:松谷健二 価格:240Yen ページ数:245P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/09/30 購入:1974/02/10 表紙・イラスト:依光 隆
  019 宇宙の不死者 
 <スターダストⅡ>は、この艦のハイパーフィールド・コンバーターの限界である35000光年の超空間ジャンプを一度でこなし、ヴェガへ帰還しました。そこで乗組員が見た光景とは、ノヴァ化しつつあるヴェガ。ありえない。
 大宇宙の謎を解く手がかりも失われたまま。絶望に沈む人々の中で、ローダンはそこでどうしたか。いきなり高笑いをはじめたのです。そしてその笑いを打ちきり、冷静に言ったもの。
   「失礼、わたしの神経にはちょっとした気ばらしだった」と皮肉に、「いかがかな、諸君、部署へおもむ
  かれては。クレスト、ポジトロニクスによる分析は進みましたか?」

 これぞまさに、シェールの描くローダン。
 かくして、ノヴァとなったヴェガを起点として、クレストの計算する新しい座標への遷移が行われます。
 そこに現れたのは、想像を絶する構造体。断じて自然の惑星などではない。そして、不死者。“それ”。

 日本版第7巻の後半より始まった探索行とは、永遠の生命を目的としたものでした。それを目指していたのは、アルコン人であるクレストとトーラ。地球人はその援助として同行したに過ぎない。
 この冒険行の主役であったローダンにしても地球人にしても、それ自体は認識していました。
 しかし、宇宙の不死者である「それ」が、不死という恩恵を与えるべき対象として選んだのは、アルコン人ではなかった。
 ローダンと、アルコン人をのぞくローダンが許可する生物が、その恩恵を受けることができる事となります。

 この短い100ページ足らずの中に、いまなら500ページの長編が書ける内容を詰め込んだシェール節、さすがです。
 ここで、不死者をめぐる冒険行は終わります。

  020 金星の危機
 <スターダストⅡ>の船内時計で1976年1月29日、ローダンたちは太陽系に帰還します。
 しかし、地球と通信したとき驚愕が走ります。地球時間では、現在は1980年5月24日であるという。4年半も時間を飛び越えてしまった。
 これは、「それ」のいたずらなのか。
 しかしこの間に、地球の情勢は変わりつつありました。ローダンの不在という状況に対し、危機感をおぼえた地球の各勢力が、独自の道を選んでいたのです。
 太陽系のアルコン文明の基礎がある金星をめざし、地球の東ブロックが宇宙遠征部隊を送りこんでいました。その勢力は、大将一人、中将ふたりを頂点とする大部隊の1個師団です。500隻もの化学燃料宇宙船ではるばる金星に着陸しました。技術的にはアルコンより遙かに原始的なものですが、当時の地球の技術としては画期的、かつ大冒険です。
 「こういった連中を使えば全宇宙を征服できるな」とローダンは複雑な気持ちでいった。「どこかのばか者に妙な方向へひきずれらなければだが」
 しかし、彼らに金星基地に侵入されるわけにはいかない。やむを得ず、ローダンはこの部隊を制圧にかかります。大半はなんとか制圧できましたが、総司令官を始めとする少数が脱出しました。
 トミゼンコフ将軍、初期の地球において、何もない世界で腕ひとつで生き延び、統率者として名を上げた人物です。
 (2chのSF板で、「トミゼンコフ萌え!」と言ってスレを立てたら、おじさんたちがワラワラとよってきて熱く語ってくれますよ(笑)。) 

 あとがきは、不死性を得た主人公のこと。62年ごとに細胞更新シャワーを浴びに惑星「ワンダラー」に来なければならないそのシステム。
 それと、クルト・ブラント、ウィリアム・フォルツ、H・G・エーヴァース、コンラッド・シェパード、ハンス・クナイフェルなど、今後執筆チームに加わる作家のリストです。いま見ると、クナイフェルは352巻(日本版は176巻)が初登場ですが、もうとっくに越えてしまいました。  (07/5/24)
上へ
  Ver. 2.16 
管理番号:R400-011 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 011 出版社:早川書房
書名:核戦争回避せよ! ハヤカワ文庫SF130 早川文庫188 発行 1961年
021 核戦争回避せよ! Der Atomkreig findet nichit statt クルト・マール
022 トーラの逃走 Thoras Flucht クラーク・ダールトン
翻訳:松谷健二 価格:270Yen ページ数:261P 本のサイズ:文庫
初版発行:1973/11/30 購入:1974/02/15 表紙・イラスト:依光 隆
  021 核戦争回避せよ!
 トミゼンコフ部隊への支援のための、東ブロックの200隻にのぼる宇宙船団が宇宙のただ中にいます。慣性飛行中です。地球軌道を脱出したのちは、金星の衛星軌道上で、着陸のためのブレーキをかける燃料しか残していません。地球から金星にむかう、最も経済的なコースを取っています。
 幸か不幸か、それは別な宇宙船にとっても経済的なコースでした。ほぼ光速の速度で金星から地球に帰還する<スターダストⅡ>が、防御バリアを前回の状態でまさにその軌道上を通過したのです。34隻が一瞬で破壊されました。
 4年半の間地球を離れていたローダンの不在の間に、地球人たちは第三勢力への不信を高めていたのです。特に東ブロックは。彼らはこの4年間に蓄えた軍事力を持って、西ブロックと中国ブロックを制圧せんと計画し、1980年6月の時点ではまさにその計画が発動する瞬間であったのでした。
 刻々と迫る核戦争の危機。ローダン率いる第三勢力の精鋭たちは、アルコンの超科学を使ってどのようにこの危機を乗り越えるのか。

  022 トーラの逃走
 永遠の生命を求めて、遙かな地球に流刑同然に現れたアルコン宇宙船の指揮官であるトーラにとって、不死者の夢はたたれ、アルコンへの帰還は先延ばしされ、怒りと絶望が高まっていました。科学主任であったクレストは、年齢から来る落ち着きと達観を持っていましたが、女性であるトーラは若い。自分の今の状態が虜囚であることに我慢がならない。
 全長30メートルの小型宇宙艇をロボットに操縦させたトーラは、金星にむかうことを命じます。そこにあるアルコン基地の司令脳に、自分の意志を通して、アルコン母星に救難信号を出させるために。
 しかし金星の司令脳は、別の反応をします。
 トーラの宇宙艇がアルコン基地に接近したとき、防衛のために砲撃を加えると共に、金星全体に巨大なバリアを張って防御態勢に入ってしまったのです。危うい瞬間でした。トーラの艇を追って、ジョン・マーシャルとソン・オークラの二人のミュータントと共に宇宙艇に載ったローダンが金星軌道上に入った直後だったのです。
 かくして、非常司令によって絶対不可侵のロックがかかってしまった金星の中に、トーラと、ローダンたちのグループと、トミゼンコフ率いる第一次遠征隊と、東ブロックからの第二次遠征隊が入り乱れた状態となりました。さあ、どうする。

 あとがきは、ローダンの出版事情について。ドイツの出版形態の面白さをいろいろと紹介してくれます。
 それと、ローダンの映画のこと。数年前にできたもので「ペリー・ローダン ─ 宇宙からのメッセージ」というのだそうな。
 今(2007年)現在でも、ビデオは買えるようですね。DVDは出ていないようです。まあ、あまり期待はできそうにないけど。 これね。
 松谷さんは、映画に関心はないようです。飄々とドライな人ですな、まったく。(,⌒-⌒) v     (07/5/31)
上へ
  Ver. 2.16 
管理番号:R400-012 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 012 出版社:早川書房
書名:秘密スイッチX ハヤカワ文庫SF130 早川文庫188 発行 1961年
023 秘密スイッチX Geheimschaltung X W・W・ショルス
024 金星のジャングル Im Dschungle der Urwelt クルト・マール
翻訳:松谷健二 価格:270Yen ページ数:262P 本のサイズ:文庫
初版発行:1974/02/28 購入:1974/02/27 表紙・イラスト:依光 隆
  023 秘密スイッチX
 ローダン世界の金星は、熱帯のジャングルでした。重力は地球よりやや小さく、生物は地球より大きい。地球で言うと中生代、ジュラ紀あたり。つまり、地球より巨大な恐竜が闊歩する密林。ナンテコッタイ。
 金星衛星軌道に<グッドホープV>を据えたレジナルド・ブルは、恐竜のいる眼下のジャングルをにらみ、なにもできない状態にやきもきするばかり。ポジトロン脳の秘密スイッチXが作動した金星は、強力なバリアにおおわれ、誰の侵入も受け付けなくなっています。ミュータント部隊の切り札、テレポーターのタコ・カクタを使ってみたが、無惨にはじき飛ばされたのでした。

 金星では、不屈の男トミゼンコフとロシアの生き残り部隊が、トーラを「客人」としてコロニーを作っています。彼らを追ってきた補給船団は、司令官を失ったあと残った部隊を掌握したラスクヤン大佐が統率し、バリアにおおわれた金星の征服をもくろみます。この二つの勢力の対立の中で、ローダンと二人のミュータントは隙を突いてポジトロン基地にたどり着かなければならない。
 さあ、なにがあるのか。

  024 金星のジャングル
 ローダンの懲罰作戦で手持ちの宇宙船と基地装備をすべて失い、多数の将兵を殺傷されたトミゼンコフ部隊は、ラスクヤン部隊より遙かに分が悪い。しかし彼には、この地獄の恐竜惑星で約1年生活した事によるタフさと統率力があります。とはいえ、だんだんと押されていく。
 金星には、惑星全体を覆うエネルギー・バリアともう一つ、アルコン基地をおおう強力無比なバリアがありました。その二重のバリアの中間にいる彼ら、ローダン一行を含め三グループは、このアルコン基地を手に入れなければならない。
 ここに入る事ができるのは、金星のポジトロン脳に司令官と認定されたローダンか、アルコン技術を持つトーラ以外にはいない。
 このトーラが、ついにトミゼンコフ共々ラスクヤンの部隊の捕虜になると、もはやローダンたちは決定的に分が悪くなりました。さらに、ローダンは負傷した傷が炎症を起こし、意識もとぎれがち。二人のミュータントたちと共に、必死の行軍が続く。
 はたして彼らはアルコン基地には入れるのか。

 この巻で、金星の冒険行は終わり。次巻からいよいよ超ミュータントの登場です。

 あとがきは短い。アメリカのエースブックス版が年間12冊になったとのことですが、内容は一冊一編で、日本版と同じ出版ペースだという。
 ちょっとだけ松谷さんの意地を感じます。(笑)
 原作の31編から40編までの原題・作者・日本語仮題のリスト付きです。 (07/6/20)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:R400-013 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 013 出版社:早川書房
書名:超ミュータント出現! ハヤカワ文庫SF140 早川文庫226 発行 1962年
025 オーヴァヘッド Der Overhead クルト・マール
026 超ミュータント出現! Dull der Mutanten クラーク・ダールトン
翻訳:松谷健二 価格:280Yen ページ数:259P 本のサイズ:文庫
初版発行:1974/04/30 購入:1974/05/03 表紙・イラスト:依光 隆
  025 オーヴァヘッド
 第三勢力の拠点、ゴビ砂漠の基地で、謎の核爆発が起こります。不思議なことに、核物質は存在しなかった場所で。捜査に当たるマイクル・フレイト大佐は、マグネシウム27及びジルコン87が検出されたとの報告に驚愕します。物理学的にあり得ない物質です。さらに、三機の宇宙駆逐艦も強奪されます。
 だれが、何の目的で。
 宇宙からの敵を撃退し、東ブロックの陰謀を退けた第三勢力の次なる敵は、名もない地球人でした。
 クリフォード・モンタニー。史上最強のヒュプノ。彼は五年の月日をかけて計画し、1981年7月、行動を起こしたのです。独自にミュータントを集め、強力な秘密組織を作って。
 メンバーは、彼の正体を知らず。「オーヴァヘッド」と呼びます。
 モンタニーの目標は、彼のような能力は持たないのに彼より成功した人物、ペリー・ローダン。

 元宇宙飛行士ロッド・ニッセンが第三勢力の工作員として大阪に現れるのはこの回でしたね。くたびれた背広で、うらぶれた高層ビルの30階に宿を取ります。町では、金目当てで彼の役に立とうという男たちが次々を声をかけてくる。ニッセンはその中のずるそうな小男を選び、前払い30ドルで命がけの仕事に雇います。成功したらあと30ドルだとか。
 いやー、どこのオーサカなんだろう。(笑)

  026 超ミュータント出現!
 火星の訓練基地で、アカデミーーの訓練を受ける訓練用駆逐艦に乗る教官と候補生から始まります。
 候補生の一人は長身でやせっぽちのおだやかな褐色の眼をした青年。ジュリアン・ティフラー。
 のちに太陽系元帥となり、太陽系帝国の防衛のかなめとなる男の静かなデビューです。

 超ミュータントであるオーヴァヘッドは、第三勢力を壊滅寸前にまで落とし込みます。この新たな危機を、ローダンはどうやって乗り切るのか。
 乗り切った先になにがあるのか。長い物語は新しい展開を見せます。
 おそらくこの巻あたりで、このシリーズの未来に対する新しい展望ができたのではないかな。

 あとがきは、ヴァルター・R・フックスという科学ジャーナリストの本のこと。なかなか面白く科学を紹介していて楽しかったけれど、SFを一方的に「良いSF」、「悪いSF」にわけ、スペースオペラ一般を悪いと決めつけているという。
 良いSFとしては、アシモフなどがあるらしい。
 松谷氏としては、ちょっと不満があるようですな。 (07/7/15)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:R400-014 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 014 出版社:早川書房
書名:ヒュプノの呪縛 ハヤカワ文庫SF142 早川文庫238 発行 1962年
027 ヒュプノの呪縛 Im Banne des Hypno クラーク・ダールトン
028宇宙のおとり Der Kosmische Lockvogel カール・H・シェール
翻訳:松谷健二 価格:290Yen ページ数:265P 本のサイズ:文庫
初版発行:1974/5/31 購入:1974/5/30 表紙・イラスト:依光 隆
  027 ヒュプノの呪縛
 ふたたび火星から始まります。
 デリングハウス少佐は球形船<グッド・ホープ7>で到着したところ。目的は、地球を脱出したクリフォード・モンタニー、通称オーヴァヘッドの捜索。捜索に出した三人乗り駆逐艦が一隻、火星で消息を絶ったため。
 さらに捜索機が失われますが、不思議なことに、狙われた瞬間に謎の核爆発を起こすのです。オーヴァヘッドの最大の武器は、その史上最強の催眠暗示能力のはずなのに。
 謎は、彼が配下においていたもう一人の怪物、ロシアの不幸なミュータント、双頭のイワン・イワノヴィッチ・ゴラチンでした。ひとつの巨大な体に二つの頭脳を持った彼は、精神的には幼児そのもの。1949年に核実験が行われたシベリアで生まれ、不幸な子供時代を送ったあとで、狙った特定の原子を急激に核分裂させる能力を開花させたのです。すなわち、歩く原子爆弾。
 オーヴァヘッドの最期は、この無邪気なミュータントを第三勢力によって離反させられたことにより成されました。彼を最後に説得したのは、ミュータント部隊の最も若い少女、ベティ・タウフリー。ゴラチンは第三勢力に力を貸すことになります。

  028宇宙のおとり
 ジュリアン・ティフラーの訓練風景から始まります。古参の教官下士官に血相変えさせるような操船を平然とするティフラー候補生をいきなり呼び出したのは、だれあろうペリー・ローダンその人。1982年6月28日のこと。
 この日は、のちに第三勢力首席が大宇宙の星間戦争に介入した日として歴史に残ります。
 そうか、この巻か。こんな言い回しを覚えたのは。
 エーベルハルトは顔をそむけた。
 「この野郎、自転車乗りみたいに」歯ぎしりする。「上には身をかがめて、下では踏みつけてやがる」

 候補生どおしの他愛のないやりとりです。彼らが、特殊任務を帯びて罠の中に飛び込むことになるのでした。
 スプリンガーとの出会いです。

 あとがきは、「宇宙のおとり」を書いたシェールのこと。
 シェールが国際的な作家になったのは、「地底のエリート」が日本で翻訳された時をもって嚆矢とするのだそうな。
 ま、わるい気もちはしない とのこと。それと挿絵画家の依光隆氏への賛辞でした。

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:R400-015 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 015 出版社:早川書房
書名:宇宙商人スプリンガー ハヤカワ文庫SF145 早川文庫280 発行 1962年
029 宇宙商人スプリンガー Die Flotte der Springer クルト・マール
030 パルチザン、ティフラー Tifflor, der Partisan クルト・マール
翻訳:松谷健二 価格:280Yen ページ数:257P 本のサイズ:文庫
初版発行:1974/07/31 購入:1974/07/28 表紙・イラスト:依光 隆
  029 宇宙商人スプリンガー
 冥王星軌道で地球宇宙艦隊の宇宙船K9を捕らえたのは、スプリンガーの船長オルルガンス麾下の商船<オルラXI>でした。商船とはいえ、今の時点で地球艦隊でそれに対抗できるのは数少ない。
 スプリンガーとは、アルコン人から分化した種族で、一生を宇宙で過ごす商人たちです。ヴァイキングに似た風貌と2メーターを超える身長のヒューマノイド。彼らは氏族単位で行動し、緩やかな連合体を作っています。
 オタマジャクシ級と呼ばれる戦艦の60m級搭載艇であるK9は、その気になればこの程度の商船を圧倒できる兵力を持っているのに、なぜか指揮官デリングハウス少佐はわずかな火器しか使わず捕らえられました。
 しかも、若き候補生、ジュリアン・ティフラー、ハンプリー・ハイフィールド、クラウス・エーベルハルト、ミリドレッド・オーソンズ、フェリシタ・ケルゴーネンの五人は別行動を取り、小型駆逐艦で寒冷な惑星に着陸する羽目になりました。若い彼らに託された使命とはなんだったのでしょうか。

  030 パルチザン、ティフラー
 二重太陽系ベータ=アルビオレのスプリンガーを追って、地球で建造された直径200メートルの巡洋艦<テラ>、<ソラー・システム>、そして直径800メートルの巨艦<スターダストⅡ>が、8光時の位置に静止しています。
 星系に168隻の宇宙船が超空間より終結してから、はじめてローダンは行動に出ました。レジナルド・ブルに搭載艇K6の指揮を執らせ、ミュータントのグッキーと共に投入したのです。
 儲けの匂いをかぎつけたスプリンガー、オルルガンスの氏族の族長であるエツタクは、地球艦隊の不意の襲撃に激怒しますが、その間に彼らが惑星上の秘密部隊に補給したことに気づきません。
 候補生たちのグループに合流したグッキーは、彼らと共にこのスノウマンと名付けた氷の惑星で、パルチザン活動を開始します。

 この巻のあたりでは、ブリーはグッキーとまだそんなに仲は良くないようです。いずれは奇妙な親友同士になる彼らも、出会いからそんなに時間が経っていなかったのですね。

 あとがきは、スプリンガーの説明です。やはり、ヴァイキングのイメージだとか。船の一隻一隻は普通単独行動し、いざとなると氏族の族長の元に集合する点がそっくりなのだ、という。
 ただし、次の巻で登場する「超重族」は過去の歴史にはないものだとか。なるほどね。(笑)  (07/8/2)
 宇宙英雄ローダン 010~019