トップページへ戻る
トップへ戻る


 書籍ページに戻る
読んだ本の分類


ローダン・リストのページに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 560~569 先へ
巻数 書 名 作 家
560 アルマダ工兵の謀略 ハンス・クナイフェル&ウィリアム・フォルツ
561 恒星ハンマー クルト・マール
562 シンクロニト育成所 エルンスト・ヴルチェク&トーマス・ツィーグラー
563 時間ダム構築 H・G・フランシス&H・G・エーヴェルス
564 永遠の奉仕者 マリアンネ・シドウ&クルト・マール
565 指令コード クルト・マール&トーマス・ツィーグラー
566 宝石都市の廃墟 トーマス・ツィーグラー&H・G・エーヴェルス
567 アラトゥル始動 H・G・エーヴェルス&デトレフ・G・ヴィンター
568 偽の囚われ息子 クラーク・ダールトン&ウィリアム・フォルツ
569 マークス対テラ クルト・マール&クルト・マール
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-560 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 560巻 出版社:早川書房
書名:アルマダ工兵の謀略 ハヤカワ文庫SF2161 ウ1-560 早川文庫8117 ISBN978-4-15-012161-7 C0197
1119 殺戮の惑星 Gestrandet unter blauer Sonne ハンス・クナイフェル 1983/2/1 翻訳:増田久美子
1120 アルマダ工兵の謀略 Geschäfte mit dem Tod ウィリアム・フォルツ 1983/2/8
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/1/15 購入:2018/4/24 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン560 「アルマダ工兵の謀略 」  1119 殺戮の惑星
 M-82星雲の中で、クリフトン・キャラモンの得た資料を元に<バジス>の安定した基地を見つけようとするローダンら。25隻の巡洋艦を派遣して捜索します。軽巡<オーメン>には、ロワ・ダントン自身が。しかし銀河系勢力の抗争に巻き込まれて遭難し、青い恒星の惑星に不時着。この惑星に何があったのか。
 で、野蛮な原住民との抗争。あらら。
 しかしそこに、アトランが語っていたクランドホル公国の人びとのようなライオン頭の異星人が現れます。これは、クラン人ではないか。彼らはいったい何のためにここにいたのか。

  1120 アルマダ工兵の謀略
 ゲシールが内面から漏れる炎を失ったという会話から始まります──が、それだけ。それを話題にした<バジス>船内のあつかましく押しの強いジャーナリストたちの会話となります。『バジス・メッセンジャー』の記者たち。彼らは、なんとかして特ダネをつかもうとあの手この手。報道ロボットであるシュマッコファツをどこにもぐり込ますか。
 そこへ、白いカラスが現れたという情報が入ります。NGZ426年8月16日のこと。
 アルマダ炎を手に入れようとするローダンは、この白いカラスと交渉して対価を支払おうと提案します。その対価とは、彼らにとって例えようもなく貴重な、物質の泉の彼岸から得たもの。〝コスモラートのリング〟とライレの〝目〟。
 これを、全員の反対を押し切って白いカラスに与えるローダン。
 しかもその上に、カラスはローダン自身の細胞サンプルまで要求します。これだけの対価に対して、与えるアルマダ炎は一つだけという。
 憤激して反対する<バジス>の面々を、独断で押し切ったローダン。白いカラスにグッキーとマスクを失ったアラスカ・シェーデレーアを潜入させ、怪しいと思ったら最悪でも自分の細胞サンプルを奪い返せと命じます。これにシュマッコファツがくっついてくるのはギャグパートなのかな。

 で、この白いカラスとは実は偽物。細胞サンプルまで含め、ローダンの提示した対価はすべて奪われることに。
 不思議なことに、今まで「これからはみんな平等」的な世界のはずだったのに、この回のローダンの独裁者ぶりがすごい。そしてローダンこそが人類の絶対的リーダーとして「敵」に認知されています。結局そういうことなのね。

 あとがきにかえて は、増田久美子さんのパンデイロの話、というか、なぜ彼女がパンデイロのレッスンをやめることになったのか。それと、数千年後になっても空間の名前としていつまでも登場するアインシュタインのこと。ふむ。
 
 そういえば、かなり長い間放置してましたな。別に旧作ローダンから「卒業」したつもりはないのですが、20作以上間が開くとさすがに今さら感が出てきます。ノリも悪いし。
 実はこの号は、買った直後に読んだのにそのまま放りだして内容を忘れちゃったという経緯もあったりする。
 ぶっちゃけ、いまのサイクルがあまり面白くないという個人的な感想もあり、そのせいかもしれませんけどね。
 そうはいっても、少しずつでも消化しなければ取り残されるばかり。うむ。 (2018/12/22)
 

 読書メーターの記録より  読了:2018/12/7 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-561 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 561巻 出版社:早川書房
書名:恒星ハンマー ハヤカワ文庫SF2162 ウ1-561 早川文庫8118 ISBN978-4-15-012162-4  C0197
1121 恒星ハンマー Der Sonnenhammer クルト・マール 1983/2/15 翻訳:嶋田洋一
1122 アルマダ工兵侵攻 Raubzug der Armadaschmiede クルト・マール 1983/2/22
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/1/25 購入:2018/9/7 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン561 「恒星ハンマー」  1121 恒星ハンマー
 ペリー・ローダンの独断による決断のミスにより、〝コスモラートのリング〟とライレの〝目〟をとられて破壊され、しかもローダン自身の細胞サンプルをとられてドッペルゲンガーである〝シンクロニト〟が作られるらしい。そうなると、そのシンクロニトによってローダンは操られてしまうと言う。ローダンらしからぬ愚行。
 さあ、どうする。

 とはいえ、まず成すべきことは、まずここM-82銀河に拠点を設けること。<バジス>は酸素惑星を発見し<バジス=1>と命名し、ここに基地を建設することとしますが、そこにアルマダ工兵が介入してきました。
 この星系の主星から強烈なビームが発生し、テラナーの基地を襲います。これこそ、恒星ハンマー。恒星の内部から襲ってくる無敵のビームに、彼らはどう対抗したのか。

 この混乱の中でひっそりと、黒い炎を失ってただの怪しい美女になってしまったゲシールは、ローダンと婚姻契約を結ぶことに。ふーん。

  1122 アルマダ工兵侵攻
 惑星ナンドに橋頭堡を得ようとするロワ・ダントン。軽巡<サンバル>の指揮を執っていますが、とりあえず惑星の探検中。率いる部下は、ブラド・ゴードンとナオミ・ファース。ブラドにはフラッシュというあだ名がありますが、これはむろん20世紀のコミックのヒーロー、フラッシュ・ゴードンにちなむもの。しかしどうも自惚れと無責任の傾向があり、ロワを苛つかせます。ナオミの方は複数分野の才媛で、おとなしそうな外見に似合わない行動的な女性。
 この惑星から、アルマダ工兵は原材料を調達しているらしいとあたりをつけていますが、はたしてどうなのか。
 「スパイス工場とは言わないけれど、移動採鉱施設ね」
 「スパイス工場?」フラッシュは理解できずにくりかえした。
 「恒星カノープスの第三惑星、アラキスよ」ナオミが夢見るようにいう。
 「ばかな! カノープスは惑星を持たない」 (P134)
 とは、むろん「デューン」(フランク・ハーバート)ネタ。SFマインドをくすぐりますが、あれほど長い年月の間に文化的に断絶したはずのテラナーに、昔のコミックとかSFのネタが残っているとはとても思えないのですが、それは言うだけヤボなのでしょうな。(笑)

 アルマダ工兵とは、無限アルマダの中で特異な地位を占めています。ある種の特権を享受し、さまざまな惑星に採鉱施設を設けて原材料を収奪するのもその特権の一つ。
 しかし、この惑星ナンドでは、テラナーの介入によって失敗することに。

 あとがきにかえて は、嶋田洋一さん。
 10月に、といいますから2017年10月に秋田県由利本荘市で開催されたHongCong15、さらに湯河原で開催されたGATACONに参加した話。体調が万全ではないと言いつつ、楽しそうです。いつもながら。
 また、松谷健二先生の息子さんが、七佳弁京というペンネームでSF作家デビューしているというニュース。ほう。 (2019/1/18)


 読書メーターの記録より  読了:2018/1/5 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-562 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 562巻 出版社:早川書房
書名:シンクロニト育成所 ハヤカワ文庫SF2166 ウ1-562 早川文庫8132 ISBN978-4-15-012166-2 C0197
1123 シンクロニト育成所 Brutst?tte der Synchroniten エルンスト・ヴルチェク 1983/3/1 翻訳:林啓子
1124 アルマダ筏 Das Armadafloß トーマス・ツィーグラー 1983/3/8
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/2/15 購入:2018/11/21 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン562 「シンクロニト育成所」  1123 シンクロニト育成所
 アマ・タローンという美女に魅了され、彼女の愛を求めて狂おしいばかりのダム・クラスールから始まります。この、なんとも前世紀の遺物のようなクサい恋愛潭の対象の二人は、しかし人類ではない。祖先の系譜を異常なほどに大事にする異星人が、ツンデレと崇拝者という恋愛ゲームをするのですが、こいつぁ当時のドイツ読者には受けたんだろうな。
 このダム・クラスールが、実はシンクロニトを製造する細胞学者。
 〝ペリー・ローダン、テラナー、人類、銀河系船団所属、非アルマディスト〟(P38)
 というラベルのシンクロニトの製造にてこずっています。
 細胞学上オリジナルと全く同一のクローンを作るのが仕事であり、今まで失敗したことがないのに、どうもこのサンプルともう一つ、ロナルド・テケナーの細胞というサンプルによるシンクロニトは、どうにもうまく成長しません。そのまま成長すると、細胞が一気に老化して崩壊してしまうのです。その原因がわからない。

 しかし、〝忍び足〟として蔑視される彼らアルマダ工兵の遺伝子エンジニアは、アルマダ工兵による無限アルマダへの陰謀に荷担させられ、エライ事になりそうな雰囲気。

 一方ローダンの方は、ときおり自分の体がおかしくなることで、シンクロニトに自分が操られるのではないかと疑心暗鬼。それを支える、んだか単に横でデレているだけなのか、愛妻ゲシールがべたべた。
 平和だな。  いやそんなはずじゃない。

  1124 アルマダ筏
 無限アルマダの「筏乗り」とは、無限アルマダに資源を供給する「アルマダ筏」を操るものたち。筏の一機〝ストウメクセ〟のクルドゥーンはその一人。もう6年もたった一人で淡々と鉄、金、プラチナ、ウラン、ニッケル、銀、錫、石炭、水晶、トルマリンといった資源を採掘しています。かつてヒクルト種族の女王候補でしたが、若いうちにその地位から外されて今の筏乗りになったもの。しかし、女王候補から外されれば自動的に去っていくはずの伝令使は、いまだに彼の元に留まり、ときおりイヤミを言う。
 このクルドゥーンが巻き込まれたアルマダ工兵の陰謀とは。愛の物語というには苦い一編。
 このエピソードは、幕間劇のように見えるのですが、本編に関わってくるのかどうか。

 で、ローダンはシンクロニトに操られたらどうしようと疑心暗鬼中。

 あとがきにかえて は、林啓子さん。
 最近続けざまに締切に追われることになったのは、前世の行いが悪かったのか、と。
 それと、アニメ映画『君の名は』を見てのあれこれ。録画しつつなのであとで見ればいいかと思ったら、いつの間にか熱中してしまったよ、とのこと。
 最後に、後半の作者トーマス・ツィーグラーは初登場のこと。35年前の作品でローダン初登場なのですが、2004年にもう鬼籍に入っているのだそうな。年月の重みですかね。


 読書メーターの記録より  読了:2018/1/18
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-563 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 563巻 出版社:早川書房
書名:時間ダム構築 ハヤカワ文庫SF2167 ウ1-563 早川文庫8133 ISBN978-4-15-012  C0197
1125 シンクロドローム突撃作戦 Einsatzkommando Synchrodrom H・G・フランシス 1983/3/15 翻訳:若松宣子
1126 時間ダム構築 Der Psi-Trust H・G・エーヴェルス 1983/3/22
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/2/25 購入:2018/12/11 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン563 「時間ダム構築」  1125 シンクロドローム突撃作戦
 出だし、ロボットのスパーリング・パートナーと殴り合うボクサー、トラック・アライアンスから始まります。こういう「未来っぽい」ネタが流行っていたのでしょうか。
 <サンダーワード>は、ローダンの指揮下でシンクロドームが発見された宙域に向かうテーベ級戦艦五隻の一隻。他に軽巡洋艦20隻とコルヴェット20隻も随伴しています。そこでローダンの細胞組織を奪取または破壊する特殊部隊の指揮官として、このトラック・アライアンスが選ばれるのですが、もう一人の指揮官がピアノことフリオ・ヴァスカだと聞いて激昂します。あんな奴と同格に思われるとは、と。
 こういう餓鬼っぽい熱血漢は、日本のアニメにもよくでてきますね。大切な作戦に従事させるのに、こんな馬鹿を描かなくてはいけないとはおいたわしや。
 で、ピアノという愛称で呼ばれる慎重派のリーダーが、無事に任務を果たし、ローダンとロナルド・テケナーの細胞は無事に回収されます。
 ふむ。

  1126 時間ダム構築
 出だしはなんと三億年前、デボン紀のテラ、のちに北米大陸になる場所にいる<ツナミ38>の人々。
 そこから舞台は変わって、ルナのネーサンの中にいる、エラート=コーラフェとハンザ・スポークスマンの委員会の議決権を持つ34名のうち26名の面々。ローダンらの7名とモアカレンが不在なので。
 ヴィシュナの太陽系来寇に備えるため、テラとルナを安全な場所に隠す必要があるというエラート。時間ダムの実験は成功するのか。
 <ツナミ38>が三億年前の世界で未来に何を残したのか。どうやって残したのか。
 ブリーが見た、ダライモク・ロルヴィクの亡霊は何を意味するのか。
 時間ダムの決壊をどうやって止めるのか。

 あとがきにかえて は、若松宣子さん。
 東京オリンピックがもう三年を切ったという話から、マラソンの語源となったマラトンの戦いで戦勝を報告するために走った伝説の兵士エウクレスがこの巻の後半、時間ダム決壊の結果現代に洗われた話。
 東京オリンピックが楽しみだね、とのこと。ふむ。

 読む方は約一年遅れてしまったんだなぁ。 (; ´Д`) (2019/2/24)
 

 読書メーターの記録より  読了:2019/2/7 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-564 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 564巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-564 早川文庫000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:000P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン564 「」  0000
 

  0000
 

 
 あとがきにかえて は、
 



 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-565 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 565巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-565 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:000P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン565 「」  0000
 

  0000
 

 
 あとがきにかえて は、
 




 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-566 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 566巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-566 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:000P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン566 「」  0000
 

  0000
 

 
 あとがきにかえて は、



 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-567 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 567巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-567 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:000P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン567 「」  0000
 


  0000
 


 
 あとがきにかえて は、


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-568 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 568巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-568 早川文庫0000 ISBN  C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:000P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン568 「」  0000
 


  0000
 


 
 あとがきにかえて は、
 




 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-569 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 569巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-569 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
第17サイクル『無限アルマダ』
“Die Endlose Armada”
価格:660Yen ページ数:000P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン569 「」  0000
 


  0000
 



 
 あとがきにかえて は、
 



 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
前へ 宇宙英雄ローダン 560~569 先へ