トップページへ戻る
トップへ戻る


 書籍ページに戻る
読んだ本の分類


ローダン・リストのページに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 550~559 先へ
巻数 書 名 作 家
550 ポルレイターとの決別 クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
551 無限アルマダ カール・H・シェール&クラーク・ダールトン
552 偽アルマディスト デトレフ・G・ヴィンター&H・G・エーヴェルス
553 瓦礫の騎兵 H・G・エーヴェルス&クルト・マール
554 致死線の彼方 クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
555 クラスト・マグノの管理者 マリアンネ・シドウ&エルンスト・ヴルチェク
556 11名の力 ホルスト・ホフマン&H・G・フランシス
557 銀色人の基地 H・G・フランシス&クルト・マール
558 クラーク・ダールトン&H・G・エーヴェルス
559 H・G・エーヴェルス&カール・H・シェール
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-550 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 550巻 出版社:早川書房
書名:ポルレイターとの決別 ハヤカワ文庫SF2136 ウ1-550 早川文庫8029 ISBN978-4-15-012136-5 C0197
1099 ポルレイターとの決別 Das Kollektiv der Porleyter クルト・マール 1982/9/14 翻訳:増田久美子
1100 フロストルービン Der Frostrubin ウィリアム・フォルツ 1982/9/21
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/8/15 購入:2017/8/8 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン550 「ポルレイターとの決別」  1099 ポルレイターとの決別
 ペリー・ローダンが<バジス>で帰還します。でもこの本の表紙は<ソル>なんです。しかも、級形船体ソルセルの片方が失われたはずなのに付いています。なんでしょうねぇ。
宇宙船<バジス> ちなみに<バジス>は、こんな形だそうです。(左絵)

 ま、それはともかく、妖女ゲシールはローダンとともに<バジス>で帰ってきたため、アトランはちょっと胸が痛む様子。自分の年を考えろと言いたくなるが、永遠の若者を強調したいヒーロー像としてはこんなものか。
 でも、ポルレイターの様子がおかしいということで、悶々としている暇もないアトラン。ポルレイターのラフサテル=コロ=ソスとその同胞がひどい鬱状態になっているのだそうな。集団自殺しかねないほどだという。その原因は、自分たちの存在意味の喪失らしい。
 コスモクラートが、かつてポルレイターの後任として監視騎士団を指名し、彼らは自分たちを〝深淵の騎士〟と称した時、ポルレイターはみな絶望したもの。しかし自分たちがより高次の生命体に進化したものと自分たちを納得させ、生き残った七万人がほぼ永久に使用できるアンドロイド外被に包まれてテラナーによってM-3銀河と名づけられた球状星団に隠遁した時は、まだまだ自分たちの未来と評価を信じていたのでした。
 しかしそれは、実は全く無駄なことでした。テラナーの年月の数え方で200万年以上経過したのち、残ったのはわずか2,011名。そしてフロストルービンの封印以後に彼らが行ってきたことは、みな間違っていたらしい。

 ポルレイターをめぐるフィナーレとなるこの回では、己が姿を知ってしまったポルレイターと彼らを奇妙なシンボルとして崇拝する奇妙なテラナーなどの錯綜を経て、第16サイクル『宇宙ハンザ同盟』は終了...のようです。
 しかし、無事に終わった訳ではなかった。
 「宇宙船です! 信じられないほど多くの! これほどの数はこれまで見たことがありません!」
 タンワルツェンはそれだけいった。ひどい通信状態だが、その声から興奮しているのがわかる。受信機のスイッチが自動的に切れた。ローダンは身を起こした。気がつくと、ジェン・サリクとレジナルド・ブルがあとを追ってきている。
 「セト=アポフィスが一枚噛んでいますね」サリクはいった。
 ローダンははるか遠くを見るような視線でサリクを見て、
 「あるいは、ほかのだれかだな」
 ペリー・ローダンはにやりと笑った。 (P128-129)
 そして、次のサイクルへ。

  1100 フロストルービン
 アルマダ第176部隊は、宇宙船五万隻で構成されたシグリド人たちの船団。無限アルマダの中央後部領域、側部34セクターを錨型フォーメーションで飛行しています。指揮をしてるのは、老いてリウマチに悩まされ、ストレスを抱えたジェルシゲール・アン。
 矮小銀河の破片からなる瓦礫フィールドの中心にある、直径二千光年、百光年の厚みのある円盤状の物質のない虚無空間を発見します。
 しかし、それは黒い虚無のようなものではない。
 〝トリイクル9〟だ。何百年も前から、数十億隻の艦船がこれを捜索してきたのだ・・・ (P138)
 無限アルマダに所属するすべての種族の目的であり願望であるトリイクル9とは、いったい何か。

 新銀河暦426年3月15日、銀河系のさまざまな宇宙航行種族の代行として選抜された二万隻の銀河系船団は、フロストルービン宙域に到達し、そこで驚くべきものを発見します。巨大な艦隊、その先頭部だけでも数の推定も出来ないほどの。
 テレパスであるグッキーやフェルマー・ロイドがさぐってみますが、少なくとも数百万の心理インパルスがあり、あまりに数が多すぎて読み取ることが出来ません。
 「いま、われわれは思いがけず第二の究極の謎に対峙している」
 「どういうことだ?」あとらんはそこでたずねた。
 ローダンは主スクリーンを指さした。
 「これは無限につづく艦隊(アルマダ)、すなわち無限アルマダだと思う。いま、第二の究極の謎の意味も確かになった。その謎はこうだ・・・無限アルマダはどこにはじまり、どこで終わるか?」 (P156)

 巨大な謎を前に、ローダンは何を思うのか。そしてフロストルービンとは何か。
 フロストルービンは五次元構造体であると説明されます。その一部がアインシュタイン連続体に突出し、その二千光年の大きさを持つ円盤状の物体だけが、テラナーが認識できるすべて。セト=アポフィスはこのフロストルービンをどのように操っているのか。
 無限アルマダはそれに何か関係があるのか。
Rhodan1100 〝Der Frostrubin〟 第三の究極の謎〝法〟は、これに関連しているのか。
 謎は大きくテラナーの前に立ちふさがります。

 日本版の表紙の<ソル>についてとやかくいいましたが、実は本国版の1100巻〝Der Frostrubin〟の表紙はこんなのです。(右)
 つまり、日本版はマネッコしたんですな。この絵が建造時の<ソル>だったので、マネッコもそうなったんですね、多分。なぁんだ、って気分。(笑)


 あとがきにかえて は、増田久美子さん。
 中国投資家が北ドイツのある街の飛行場を買い取ったという実話を映画化した「Parchim International
(パルヒム国際空港)」を、ドイツ公共放送のストリーミングで見たという話。
 とうに使われなくなった空港を、資金をかき集めてなんとかものにしようとする投資家。だんだんと不信感に陥る地域住民たち。夢と野望。奇妙な、どこか笑いを誘うドキュメンタリー。
 そして今、ローダン世界に繰り広げられる無限アルマダという目眩を誘う桁外れのイメージ。
 ほう。 (2017/9/21)



 読書メーターの記録より  読了:2017/9/15 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-551 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 551巻 出版社:早川書房
書名:無限アルマダ ハヤカワ文庫SF2137 ウ1-551 早川文庫8030 ISBN978-4-15-012137-2  C0197
1101 無限アルマダ Erkundung gegen Unbekannt カール・H・シェール 1982/9/28 翻訳:嶋田洋一
1102 最後のミルヴァナー Derletzte Mirvaner クラーク・ダールトン 1982/10/5
  価格:660Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/8/25 購入:2017/8/26 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン551 「無限アルマダ」  1101 無限アルマダ
 出だしで登場する、救難艦・工廠艦としての機能を持つ大型艦隊テンダーの艦名は<白雪姫>。原名がそのものずばりの〝SCHNEEWITTCHEN〟なので間違ってはいないのだけど、ここであえて日本語にしたのは、翻訳者のお見事なセンスなのかな。インパクトがあるじゃありませんか。
 この巨大なダイノソア級テンダーに搭載されるのは、1600年以上昔に建造された高速巡洋戦艦<ソドム>。指揮を執るのはむろんはるかな過去、2401年から現れた〝彗星記章の男〟CCことクリフトン・キャラモン。NGZ426年という「現代」ではかなり型破りなこの男は、無限アルマダへの偵察任務を行う二万隻の銀河系船団の先鋒としての任務を負うことに。むろん、単純な任務ではない。
 エルンスト・エラートがこの艦への乗り組みを命ぜられたことは、彼自身にとってだけでなくCCにとっても迷惑な話なのですが、エラートの特殊能力が役に立ちそうな任務らしい。

 裏切り者を演じて無限アルマダに接近する<ソドム>は、はたして偵察任務を行えるのか。

 この巻でタダトシ・イグチという<ソドム>乗組員が登場します。日本に敬意を払ってシェールが登場させたらしい。名前も綴りも正しいんですが、惜しいことに Iguchi Tadatoshi、つまり名前と苗字が逆。まァ、欧米人には日本人の名前はやっぱり意味不明なんでしょうねえ。
 
 あ、それともう一つ。無限アルマダに所属する諸種族は、みな生きている間は頭上に「アルマダ炎 Armadaflamme」という光をつけています。頭上20センチほどの高さにある、紫に輝く小さな炎のようなもの。これがあれば無限アルマダの仲間という訳。
 面白い設定だね。

  1102 最後のミルヴァナー
 グッキーとラス・ツバイを中心に話を進めます。むろん、ダールトンだもの。
 クリフトン・キャラモンの探索によって知ったことの一つが、無限アルマダは数百万年もの間〝トリイクル9〟というものを探しているのだそうな。発見される危険があるため、艦隊を動かすことは危険と判断したローダンは、二人のテレポーターによる潜入作戦を考えます。目的は、無限アルマダが何を目的としているのか、詳細な情報を得ること。
 アルマダ第1004部隊のゼンセ人と第27部隊のソプカラリドの対立などの話をからませ、グッキーとラスの活躍で現れた謎はなにか。見捨てられた宇宙船<ハイセルケイル>の秘密とは。
 ミルヴァナーと呼ばれた知性体種族は、なぜ消滅したのか。彼らが残した〝水耕栽培者〟ミルヴァナーの伝説とは何か。

 ダールトン的な終わり方ではなかったような。結論が全然ないんだもの。
 でも、この回も前回も最近のエピソードの中ではけっこう面白い。ローダン話には読んでいて楽しいものとそうでないものがあるのが残念だけど、時々でもこう言うのがあるっていいね。


 あとがきにかえて は、嶋田洋一さん。
 内容は、<ローダンNEO>シリーズの刊行開始とそれへの新たな期待。
 NEOシリーズには、今の翻訳チームは加わらないようです。なんでだろう? (2017/10/5)


 読書メーターの記録より  読了:2017/9/29 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-552 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 552巻 出版社:早川書房
書名:偽アルマディスト ハヤカワ文庫SF2140 ウ1-552 早川文庫8047 ISBNISBN978-4-15-012140-2  C0197
1103 偽アルマディスト Außenseiter der Armada デトレフ・G・ヴィンター 1982/10/12 翻訳:若松宣子
1104 宇宙での反乱 Meuterei im All H・G・エーヴェルス 1982/10/19
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/9/15 購入:2017/9/10 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン552 「偽アルマディスト」  1103 偽アルマディスト
 トリイクル9が発見された、という。無限アルマダが探し求めてきた究極の目的地が発見されたのですが、で、どうするのか。
 少なくとも目の前にいるわずか二万隻の異人を相手にしているアルマダ第176部隊にとっては、まずこいつらをどうするのかの方が重要。
 まず語られたのは、遠い過去、アルマダ艦隊の中にいながらアルマディストとしての象徴のアルマダ炎を持つ事を許されなかったわたしの物語。ヘルキド人であるわたしは、ロボットのアルマダ作業工にロボット三原則トリックもどきの論法で「生きて死んでいるアルマディスト」であると納得させ、ユルカンと名付けます。
 そして今、アルマダ炎のないエーナ・ネジャールスは、アルマディストではない、すなわち自分と同じ偽アルマディストである異人の球形艦が捕縛されたという情報を聞き、興奮しています。自分と同じに社会的に追放されたものが他にいるのであれば、なんとかして接触しなければならない。
 かつてアルマダ印章船──エオンディク・トゥー──に拒絶されてアルマダ炎を得られなかった者たちは、彼らと接触してどのような未来を選べばいいのか、考えようではないか。

 で、アルマダ艦隊に囚われた<プレジデント>では、イホ・トロトと艦長であるタンワルツェンが、どうやってフロストルービンで待つ銀河系船団と連絡を取ればいいのか検討を繰り返しています。そこに現れたエーナ・ネジャールスは、彼らに何をもたらす事になるのか。

 原題〝Außenseiter der Armada〟とは、英語にすると〝Outsider of Armada〟すなわち「アルマダの部外者」ということ。これは同時に「偽アルマディスト Pseudoarmadist」を指す言葉と考えていいのでしょうね。

  1104 宇宙での反乱
 銀河系船団に潜入したウェイデンバーン主義者たちの物語。
 <バジス>艦上でグッキーが、銀河系船団にそのウェイデンバーンの連中らしき思考の断片が読み取れる、と報告してきます。密航者ではないかと言うのですが、よく分からないとのこと。何やら不安を覚えるローダン。
 この連中が、まさか船団の中に10万人も潜入していて、しかも反乱を起こして船団の指揮を乗っ取って、彼らの究極の目的地であるスタック、すなわちフロストルービンに向かう事を命ずる事になるとは、誰もが予想しなかったもの。
 <バジス>船長ウェイロン・ジャヴィアの息子悪童オリーが、例によってみんなの目を盗んで冒険旅行。<バジス>を完成する頭脳であるハミラー・チューブがそれに荷担しているとなると、大人たちが右往左往してもなかなか捕まらない。

 この巻は、エリック・ウェイデンバーンたちの反乱とその結末、そして悪童オリーがアルマダ艦隊のクルウン人司令官ブロドルの息子と出会ってしまうお話。
 こっちの子ども同士の話は、どこかで見たような展開なので読んでいて何の不安もなし。(笑)


 あとがきにかえて は、若松宣子さん。
 今年のツール・ド・フランスのこと。30年ぶりにドイツ、デュッセルドルフから出発するようになったそうな。
 今年の夏の楽しみが増えたよね、とのこと。ふうん。 (2017/11/5)


 読書メーターの記録より  読了:2017/10/25 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-553 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 553巻 出版社:早川書房
書名:瓦礫の騎兵 ハヤカワ文庫SF2141 ウ1-553 早川文庫8048 ISBN978-4-15-012141-9 C0197
1105 印章船 Das Siegelschiff H・G・エーヴェルス 1982/10/26 翻訳:渡辺広佐
1106 瓦礫の騎兵 Die Trümmerreiter クルト・マール 1982/11/2
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/9/25 購入:2017/9/23 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン553 「瓦礫の騎兵」  1105 印章船
 まず、五万隻の船団からなるアルマダ第176部隊の司令官の地位を追われたジェルシゲール・アン。トリイクル9を破壊したとされるわずか二万隻の異星人の船団への攻撃作戦で、その指揮能力を疑われたもの。自分への処分に納得いかないでいます。
 そして、究極の目的であったスタックというものが存在しなかったことで目標を失ったウェイデンバーン主義者によって偽物よばわりされ、断罪されることとなったエリック・ウェイデンバーン。気力を失った彼を処刑しろという声さえ出ますが、支持者によって危ういところを救出されます。
 この二者が、なぜか顔をあわせてしまう。エリックのいう〝自転する虚無〟あるいはフロストルービンとアンのいうトリイクル9が同じものであることを知った両者は、同盟者になれるのではないかと思い始めることに。そしてエリックはアンの頭上にあるアルマダ炎に気がつきます。これがアルマディストであることを証明するものだという返事、そして彼らがエオンディク・トゥーすなわちアルマダ印章船に連れて行かれること、そこはアルマダ炎を与えられるところであることを知って、エリックは狂喜することに。

  1106 瓦礫の騎兵
 二万という大規模な銀河系船団を率いて無限アルマダと向き合ったローダンですが、想像も付かないような規模のアルマダの中で眇たる存在となっています。アルマディスト──無限アルマダの異人──たちは、彼らの究極の目的であるトリイクル9を冒涜しているのがこの銀河船団だと信じこみ、船団を包囲して攻撃態勢にあります。この状況を打破するにはどうすればいいのか。交渉か、逃走か。
 コスモクラートの使者を名乗るタウレクは、謎の存在。両眼があるのに〝ひとつ目〟と自称する。ローダンと行動を共にしていますが、銀河系船団の指揮を執らせろと要求したこともあり、友好的そうではあるがなんとも無気味。
 このタウレクに今後について相談しているとき、ギャラクシス級大型艦<ラカル・ウールヴァ>より提案が上がってきます。その提案を持ってきたのがニッキ・フリッケル、と聞いてもローダンは驚かない。

 彼女の提案とは、爆弾に推進機構をつけただけの小型艇200機による敵陣の撹乱作戦でした。単なる熱意だけでは作戦と認められない、と拒否するローダンに、ニッキはシミュレーション結果を突きつけたもの。
 全長12メートル、直径1メートル足らずの粒子エンジン付き爆弾は〝人間宙雷〟〝外側エンジンつきの爆弾〟などと揶揄されましたが、無事にスター級巡洋艦から射出されます。
 この本の題名「瓦礫の騎兵」とは、まさにこの命知らずの連中のこと。原題の「Die Trümmerreiter」とは「瓦礫ライダー」なのですが、この邦題はある意味秀逸かも。

 突撃部隊の猛攻が始まります。その最中、なんとこの宙域に、今まで失われていた巨大なダンベル船<ソル>が現れるとは。球形部のひとつは失われたままですが。
 同時にニッキは、無限アルマダの動きになにか奇妙な点を見つけます。なにかが起きている。
 ローダンはアルマダ船団に向かって放送します。自分たちは敵対的な意志はないと。トリイクル9に起きた事に対して自分たちに責任はなく、責任のあるものを知っている。交渉しよう、と。
 アルマダ中枢は、答えてくれるのか。


 あとがきにかえて は、渡辺広佐さん。
 箱根の強羅
(ごうら)に一泊した話。強羅という言葉のいわれとか、その由来とか、風景とか。俳句とか。
 こういう休日の過ごし方って、いいね。



 読書メーターの記録より  読了:2017/12/8 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-554 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 554巻 出版社:早川書房
書名:致死線の彼方 ハヤカワ文庫SF2146 ウ1-554 早川文庫8065 ISBN978-4-15-012146-4 C0197
1107 致死線の彼方 Jenseits der tödlichen Grenze クルト・マール 1982/11/9 翻訳:新朗恵
1108 エネルギー圃場の危機 Sturz aus dem Frostrubin ウィリアム・フォルツ 1982/11/16
翻訳:星谷馨
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/10/15 購入:2017/10/8 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン554 「致死線の彼方」  1107 致死線の彼方
 無限アルマダにおける標準の駆動システムは、グーン・ブロックと呼ばれるもの。さまざまな大きさがあり、無限アルマダの艦船に装備されています。このブロック、アルマダ牽引機8機が<バジス>に接近してきます。無限アルマダの艦船に包囲された銀河系船団の中で、彼らの接近を拒むことは出来ないが、ローダンは接近するなと警告を発します。
 しかしアルマダ中枢の使者と名乗った相手が、アルマダ炎を付けたエリック・ウェイデンバーンだとなると、驚かざるを得ない。彼が銀河系船団の指揮権を要求するとなると、なおさら。その要求をにべもなく拒否するローダンに、あっさり落胆するのですが。
 しかしその要求は無視できない。ローダンはアトランに〝三銃士〟を連れてきてほしいと要請します、ニッキ・フリッケル、ナークトル、ウィド・ヘルフリッチの三人。彼らとテレポーター二名、そしてアトランを先鋒として、銀河系船団二万隻は脱出を計るという作戦を決行するために。
 そして、<バジス>を先頭に船団はフロストルービンの境界線、すなわち致死線を越えます。その先にあるのは、セト=アポフィスのいるM-82銀河。そこ何が待っているのか。
 謎のプルーク・トーセン、セト=アポフィスの工作員であった人物のプロジェクションの登場と、彼が明かした驚くべき情報は何をもたらすのか。セト=アポフィスはなんと、この銀河系船団に百万にものぼる意識片を送りこんだのだという。その結果はどうなるのか。「一つ目」と名乗るタウレクは言ったもの。
 「奇妙な生物だ、きみたちテラナーは」と、コスモクラートの使者。「衝動的で感情的で・・・論理が来るのは最後なのだな。きみたちに接した敵がくりかえし混乱するのも驚くに値しない」 (P126)

  1108 エネルギー圃場の危機
 いきなり顔から何百年も張り付いていたカピンの断片がなくなって当惑するアラスカ・シェーデレーアから始まります。
 西暦3433年の転送の際の事故により顔に張り付いてしまい、それ以後人前で素顔をさらすと相手が発狂してしまうためマスクをかぶったまま過ごしていたのですが、580年後の今、NGZ426年すなわち西暦だと4013年、このカピン断片が消えてしまったのです。実は彼アラスカ・シェーデレーアが不死者の一員となってローダンの配下で活躍するには、このカピン断片が多次元エネルギーに反応することが特殊能力として認識され、半ミュータントとして扱われていたという背景があったのです。このカピンと共に能力を失ったアラスカには、細胞活性装置を保持できる資格があるのか、という疑問が湧きますが、とりあえずこの段階ではそこには突っ込まれていない。唖然とし、消沈するアラスカ。
 <バジス>の司令室では、ローダンを初めとする幹部要員が唖然としています。通常空間に戻ったいま、当然いっしょにM-28銀河に現れるはずの二万にのぼる僚船が一隻も見えません。そのかわり、周囲を取り巻くのは無数の未知飛行物体。つまり、無限アルマダの艦船に取り巻かれているということ。しかも、現在位置はまったく不明。

 そこにさらに、シグリド人のアルマダ第176部隊の指揮権を自分の手にもどしたジェルシゲール・アンの旗艦<ボクリル>が実体化します。しかも、実体化したその先にあったのは、<バジス>の巨体。激突して大破した<ボクリル>の乗員の運命は。
 さらなる衝撃が彼らを襲う。アンの代行であるターツァレル・オプが蒼白な顔色でアンを呼びます。
 「司令官!」オプは驚愕の表情でくりかえした。
 「うるさい!」アンは自省するのも忘れて大声をあげた。「わたしがわからないと思うのか? きみの声も聞こえている!」
 「こ、ここは・・・エネルギー圃場(ほじょう)です!」オプはつかえながらいった。「われわれ、エネルギー圃場のどまんなかに出てしまった!」 (P156)
 エネルギー圃場(Energieweide)とは、グーン・ブロックすなわちアルマダ牽引機に、エネルギー補充を行うためのもの。アルマダ作業工が主として充填作業に関わっているのですが、普通のアルマダ種族はあまり近づきたがらない。不運が起きるという評判があるため。このエネルギー圃場の中には小型のブラックホールがあり、これを制御して無限アルマダの廃棄物を処理し、同時にエネルギーを供給するものなのだそうな。
 こんな場所に、<バジス>と<ボクリル>は出現してしまったらしい。

 破壊された<ボクリル>のシグリド人にとって、<バジス>のアルマディストではない異星人は明らかな敵。その状況の中で、彼らとなんとかしてコンタクトを取らねばならない。使者として志願したのは、カピンの断片を持たぬアラスカ・シェーデレーアが向かいます。マスクを失い生っ白い顔を剥き出しにしたこの転送障害者は、青瓢箪(あおびょうたん)と呼ばれることになりそうですが、先々どうなるのかは謎。
 その交渉は、どういう結果をもたらすのか。

 幕間劇の中でベッチデ人三人組、サーフォ・マラガンとブレザー・ファドン、スカウティの姿が見られます。が、いったい何のために現れたのか、この段階ではさっぱり。ただ彼らは失われたはずの<ソルセル=2>に載っています。

 あとがきにかえて は、新しく翻訳チームに加わった新朗恵(あろう・めぐみ)さんの言葉。ヨーロッパで過ごした10年前のこと、ドイツと日本のサービスの差、いまの望み。
 新しいメンバーが加わることはいいこと。それにしても不思議なのは、これだけたくさんの人々がローダンものの翻訳に関わりながら、その訳文に大きなブレがないこと。徐々に松谷節は変遷していくでしょうが、統一が取れているのはいい事です。


 読書メーターの記録より  読了:2017/12/20 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-555 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 555巻 出版社:早川書房
書名:クラスト・マグノの管理者 ハヤカワ文庫SF2147 ウ1-555 早川文庫8066 ISBN978-4-15-012147-1  C0197
1109 惑星の民 Die Stundeder Krieger マリアンネ・シドウ 1982/11/23 翻訳:星谷馨
翻訳:稲田久美
1110 クラスト・マグノの管理者 Operatoren für Kruste Magno エルンスト・ヴルチェク 1982/11/30
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/10/25 購入:2017/10/20 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン555 「クラスト・マグノの管理者」  1109 惑星の民
 〝発音不可能な者(Unaussprechlichen)〟と呼ばれる種族の話から。
 彼らは無限アルマダの一員ですが、はるか昔の惑星で生活していた記憶もアルマダに属するようになった記憶も失い、しかも構成する種族自体が劣化の一途をたどっています。〝完全個〝発音不可能な者〟あるいは〝プラネット・ピープル〟体〟と呼ばれる者たちが主導し、時に〝半固体〟場合によっては〝四分の一固体〟を産んで一時的に数を増やすことでトラブルに備えていました。半分になるとおおよそ知性が半分になるので、これはあまり望ましいことではない。しかし異人との抗争の中でその管理が曖昧になり、いつの間にか〝八分の一固体〟さらに〝十六分の一固体〟まで登場してしまい、逆に〝完全固体〟が一人もいなくなってしまったのでした。
 しかしトリイクル9が発見され、それが破壊されていることがわかった少し前、完全個体であるチルブチュルが誕生し、彼らの運命が変わります。

 この〝発音不可能な者〟のちにプラネット・ピープル(Planet People)と自称するようになった種族が<バジス>と接触したとき何が起きたのか。
 これ、幕間劇じゃないかと思われます。この種族がのちに何かしそうな形跡が全然ないのですから。

  1110 クラスト・マグノの管理者
 トリイクル9を通過する間にアルマダ炎を失った者が二人も出たことを懸念している、アルマダ第7381部隊司令官クレンド・ハールから始まります。しかしアルマダ炎を失う者は自分の部隊のプシュート種族だけでなく、M-82銀河中にばらまかれてしまったそれぞれの部隊で発生しているらしい。しかもプシュート種族は定期的に寵姫睡眠を取らなければならないのに、銀河の彼方に飛ばされたときに睡眠ブイ〝カグール〟の姿が見あたらない。このままでは大変な事になります。
 アルマダ中枢から、異人の船団を追跡して撃破しろと命ぜられていますが、できる状態ではない。
 クラスト・マグノ、クラスト・アルサ、クラスト・シークス、その他のクラストを集まることでアルマダ中枢すなわち人工生命体オルドバンを復活させられるのか。

 <バジス>では、シグリド人の旗艦<ボクリル>が衝突して大破し、その乗員2,500名が救出されていますが、司令官ジェルシゲール・アンとしては釈然としないところ。しかしいきがかり上、休戦状態して<バジス>の司令室でローダンらと共にいます。探知範囲にシグリド人の宇宙船が一隻もないことに落胆しています。
 このアンから、無限アルマダの歴史を記録したアルマダ年代記が存在することを知ったローダンは、なんとかしてそれを調べられないかと考えますが、そうは簡単にいかない。どこにあるのかもわからない。
 アルマダ炎を手に入れることができるという「白いカラス」とはなにか。
 謎はまだまだ続きます。

 あとがきにかえて は、翻訳チームに加わった稲田久美さんの自己紹介。かつてチェルノブイリの惨劇が1986年に起きたとき、ドイツ南西部の小さな大学町チュービンゲンに住んでいたそうです。その時のドイツでの放射脳に対する警戒ぶりと異様な情景を見ていたことが、のちにいろいろなことに繋がったそうな。
 そのときドイツ気象庁にいて政府発表に逆らってドイツ南部に汚染が拡がると予報した予報官チームの一人が、30年後の2016年に放送されたドキュメンタリー番組に出てきて、稲田さんの友人の夫だったとのこと。彼はまた、ローダン・ファンだったということです。子どもと争ってローダンを毎週読んでいたとか。
 なんか、いいなぁ。 (2018/1/8)


 読書メーターの記録より  読了:2017/1/5 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-556 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 556巻 出版社:早川書房
書名:11名の力 ハヤカワ文庫SF2151 ウ1-556 早川文庫8086 ISBN978-4-15-012151-8 C0197
1111 11名の力 Die Macht der Elf ホルスト・ホフマン 1982/12/7 翻訳:シドラ房子
1112 銀色の影 Der Silberne H・G・フランシス 1982/12/14
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/11/15 購入:2017/11/9 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン556 「11名の力」  1111 11名の力
 冒頭、〝悪童オリー〟のハミラーへの反省文から始まります。ぼくがグッキーにあんな事をしなければ、という話。何が起きたのか。

 さて、ローダンとしては無限アルマダの中で生き残りをはかるために、一刻も早くアルマダ炎を入手したいと考えています。そのためにどうすべきかを模索し、「白いカラス」と呼ばれるなにかが鍵であると考えているところ。
 探知された帆のようなものは、まさにその白いカラスではないか、と考えたのも当然。
 グッキーとラス・ツバイがテレポートを駆使してその帆の探索に出ます。グッキーの体に張り付けられた分析機には、オリーがいたずらしたもの。その結果、グッキーはなんと狼男...?
 そのグッキーが侵入したのが、28,000隻の艦艇が属するアルマダ第1111部隊。はたして、惑星グックロンの謎は解けるのか。白いカラスの正体をつかむことはできるのか。

 ぶっちゃけ、やんちゃな子供の失策で起きるトラブルってのは、二・三回やれば十分じゃないかな。またか、しつこい。ローダン話でこれはいい加減にして欲しい、と思うけどドイツではこういうエピを時々からめたほうがよかったのかな。むずかしいものだ。

  1112 銀色の影
 M-82銀河系全体に分散してしまった銀河系船団のうち、コグ船<パーサー>、<オサン>、<ロッホ>とカラック船<フロスト>の、というか<フロスト>のアルカー・クォーン船長の物語。
 この宙域に現れて一ヶ月後の、NGZ426年6月16日から始まります。
 アルカー・クォーンを四隻の全乗員の指揮官とするか、という問題があり、かつてクォーンがジャーナリストだったときに犯した過去の罪でコンピュータ技師ミルトン・ルーカスに脅迫されたのですが、それをはね返す場面があります。ここはなかなか爽快。
 実は彼らは、謎の銀色人(Silberne)に支配されていたのでした。その上、銀河系船団が自分たち以外は全滅したのではという危惧を抱いています。その結果、銀色人とアルマダ作業工に対し全面降伏するかどうかの決断を迫られる。
 さあ、どうするか。
 <バジス>が彼らを発見するまでに、なにが起きたのか。
 銀色人ショヴクロドンとは何者か。

 この巻の刊行は1982年。この頃から現代の感覚に近いコンピュータへの考え方が世の中に普及しているのでしょうか。コンピュータに関する記述が、ちょっとズレてはいますがなんだか親近感が持てます。

 あとがきにかえて は、シドラ房子さん。
 超脳力についての疑問という話から。体調がおかしくなりなかなか直らなかったとき、主治医の勧めもあって薬剤師兼ヒーラーの人の治療を受け、治癒したことがあったそうな。ドイツでの話。
 そんな事もあるんだよ、という話として受けとっておけばいいのか。フム。
 ああそうそう、今後、この巻の後半で出てきた「銀色の影」あるいは「銀色人」がこれから新しい敵となるのだそうな。ほう。 (2018/1/21)

 読書メーターの記録より  読了:2017/1/18 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-557 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 557巻 出版社:早川書房
書名:銀色人の基地 ハヤカワ文庫SF2152 ウ1-557 早川文庫8087 ISBN978-4-15-012152-5  C0197
1113 銀色人の基地 Die Station des Silbernen H・G・フランシス 1982/12/21 翻訳:原田千絵
1114 ヴィシュナの呪い Der Fluch der Kosmokratin クルト・マール 1982/12/28
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/11/25 購入:2017/11/22 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン557 「銀色人の基地」  1113 銀色人の基地
 


  1114 ヴィシュナの呪い
 


 
 あとがきにかえて は、




 読書メーターの記録より  読了:2017/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-558 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 558巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-558 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン558 「」  0000
 


  0000
 


 
 あとがきにかえて は、
 




 読書メーターの記録より  読了:2017/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-559 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 559巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-559 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン559 「」  0000
 


  0000
 



 
 あとがきにかえて は、
 



 読書メーターの記録より  読了:2017/ 
前へ 宇宙英雄ローダン 550~559 先へ