トップページへ戻る
トップへ戻る


 書籍ページに戻る
読んだ本の分類


ローダン・リストのページに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 540~549 先へ
巻数 書 名 作 家
540 自由民の基地 H・G・フランシス&ホルスト・ホフマン
541 虎の王者キサイマン H・G・エーヴェルス
542 カルデクの盾作戦 カール・H・シェール&クルト・マール
543 ソラナー狩り ホルスト・ホフマン&ウィリアム・フォルツ
544 黄金の粉塵人間 マリアンネ・シドウ&エルンスト・ヴルチェク
545 神のアンテナ H・G・フランシス&クルト・マール
546 ハイパー空間封鎖 H・G・エーヴェルス
547 試験惑星チェイラツ デトレフ・G・ヴィンター&H・G・エーヴェルス
548 <バジス>の帰郷 エルンスト・ヴルチェク&マリアンネ・シドウ
549 石の使者 H・G・フランシス&クルト・マール
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-540 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 540巻 出版社:早川書房
書名:自由民の基地 ハヤカワ文庫SF2116 ウ1-540 早川文庫7941 ISBN978-4-15-012116-7 C0197
1079 自由民の基地 Station der Freien H・G・フランシス 1982/4/27 翻訳:増田久美子
1080 ヴィールス実験終了 Das Ende eines Experiments ホルスト・ホフマン 1982/5/4
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/3/15 購入:2017/3/11 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン540 「自由民の基地」  1079 自由民の基地
 イホ・トロトのターン。
 黒い手袋にいまだに支配されているイホ・トロトは、すっかり衰弱しきっているブルーク・トーセンの容態を気遣いつつ、超越知性体の基地の中を放浪しています。しかしその、ようやく友人となったテラナーがひっそりと死んだ事を知り、心の中でなにかが切れました。
 セト=アポフィスの奴隷となったり離反したりを繰りかえすうちに、ハルト人イホ・トロトは今までとは違う存在になっていったのか。その変化には、鳥生物ゲルジョクの小さな子供の死という衝撃も関係するのかもしれない。
 精神が錯乱していくイホ・トロトの背後で、ステーションの自由民たちはなにかを画策。イホ・トロトにセト=アポフィスの工作員と戦うように要求します。セト=アポフィスの手袋の呪縛かが逃れられないイホ・トロトになにができるのか。
 回転する虚無は、どのように利用できるのか。

  1080 ヴィールス実験終了
 惑星ロクヴォルトでキウープの傲慢に当惑するガルブレイス・デイトンのターン。
 ワールゴル、というエネルギーのカオスの中から生まれた奇妙な存在の話がプロローグなのですが、これが本編になんの関係があるのかと言うと...どうなのかな。

 キウープがなにやら切迫した状勢だからなんとかしろ「緊急」の要求を出して来たという連絡を受け、ガルブレイス・デイトンは嘆息します。キウープの警報は当たったこともあるのだけれど、煩雑だしたいていが空回り。しかも、曖昧で独善的な語り口に、周囲はいらいらがつのるばかり。
 今回はスリマヴォが絡んでいるらしい。キウープは謎の美少女スリマヴォを恐れているようなのですが、ようやく発見されたスリマヴォはキウープを見殺しにはできないという。キウープとともに太陽系に行かなくてはならないとも。
 ヴィールス・インペリウムを一部でも再構築するという任務を負っていると自負するキウープはどうすればいいのか。


 あとがきにかえて は、増田久美子さん。
 とある一日、奇妙な電車の旅を楽しんだそうです。朝一番の電車で出発し、駅舎からまったく出ずに夜の8時まで、全部で94駅をひたすら乗り続けるという。
 そんな旅も、面白いかも。 (2017/4/11)



 読書メーターの記録より  読了:2017/4/7 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-541 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 541巻 出版社:早川書房
書名:虎の王者キサイマン ハヤカワ文庫SF2117 ウ1-541 早川文庫7942 ISBN978-4-15-012117-4  C0197
1081 無敵の者たち Die Unbesiegbaren H・G・エーヴェルス 1982/5/11 翻訳:シドラ房子
1082 虎の王者キサイマン Transmitter nach Nirgendwo H・G・エーヴェルス 1982/5/18
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/3/25 購入:2017/3/24 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン541 「虎の王者キサイマン」  1081 無敵の者たち
 2017年04月17日 <ラカル・ウールヴァ>でテラニアに降り立った2,010名のポルレイターたちは、自由テラナー連盟及び宇宙ハンザの、つまりテラナーが作り上げた世界の支配権を当然のこととして要求します。その要求の根拠とは、彼らがコスモクラートの末裔、代行者であるという自負とカルデクの盾という無敵の兵器。
 ブルとティフラーは、公式発表としてとりあえず説明します。
 ・・・ポルレイターの解放は、絶対不可欠なことだった。なぜなら、われわれの大規模な宇宙セクターをセト=アポフィスの攻撃から守り、このネガティヴ超越知性体を平定するための情報を持つのは、かれらしかいないからだ。
 ただ遺憾なことに、ポルレイターの意識は長期間にわたって封じ込められていたために乱調をきたした状態にあり、つねに首尾一貫した決定をくだすことができない。たとえば、LFT、宇宙ハンザ、GAVÖK内の発展を導くために、深淵の騎士二名では不十分だと考えており、自分たちで指揮をとるという・・・ (P21)
 というわけで、その上カルデクの盾という究極の兵器をもっているんだから、とりあえずみんな我慢しろ、と。
 それで話がまとまるのか。しかもその上、さらにややこしい問題が。
 「ゲシール? それはだれのことで?」と、ブルは訊きかえす。
 「銀河系から遠く離れた宙域でアトランがひろった女だ」
 「その目の輝き、トーラⅡ恋したときと同じですぜ!」ブルはとっさにいうと、にんまりして「第二のトーラを見つけたんですかい、ペリー?」
 「彼女は魅力的であると同時に謎めいている」 (P54)
 そのゲシールが、アトラン、そして<ソル>を管制するセネカともどもセト=アポフィスの工作員となっているとはローダン側はだれも知らない。
 そしてアトランが、ポルレイターを利用してテラ侵略を進めようと考えたことも。

  1082 虎の王者キサイマン
 この描写は、じつは前巻のもの。
 ・・・一人の男が投光照明のおだやかな光環のなかに進みでた。黒いフェイクレザーの上着にダークグレイのズボン、黒のショートブーツといういでたちで、上着をつきやぶりそうなほど肩幅がひろい。日焼けした顔立ちは整っていて、ひと昔前の3Dヴィデオ映画の主役を思わせる。こうした印象を強めているのは黄色い目で、その輝きには動物的な要素がある。神々しいまでの力強いオーラにつつまれていた。
 「わたしはキサイマン、虎の王者だ!」男は低い声で語り、勝ち誇った笑みを浮かべた。「わが指揮により、ポルレイターはこの銀河から一掃される。超新星の星屑のように」 (P135)
 こうして登場したキサイマンとは何者か。ポルレイターと敵対するために現れたようですが、いったいどんな立場なのかわからない。クリフトン・キャラモン、CCとの関係はどうなのか。ダルゲーテンと合流して何をするのか。
 そして現れた謎のテラ製ではない猫ロボット。敵か味方か。

 そんなこんなの中で、セト=アポフィスの工作員であるアトランはなおもゲシールとローダンの間柄を嫉妬します。面倒なこと。黒い炎というフェロモンもどきを放つこの女、ゲシールとはどんな存在なのか。
 フール、愚か者として知られていた<ソル>の乗組員が、虎の王者キサイマンとなったことはなにを示すのか。スプーディに支配されたことがこの変身の理由なのか。

 セト=アポフィスの支配下にある補助種族に対して攻撃を開始するために、ポルレイターはローダンに要求します。
 「そのために、LFT、宇宙ハンザ、ならびにGAVÖKの宇宙船のありったけを必要とする。それと、当然のことながら金融資金も」ラフサテル=コロ=ソスが説明を続けた。「われわれがこのところずっと、バザール及び地球外拠点から資金をひきだし、特別講座に集結させているのも、そのためなのだ」
 ローダンの顔が青ざめた。
 「正気の沙汰ではない! ネガティヴ超越知性体の勢力範囲に属するからという理由で他種族に戦争をしかけるのは犯罪だ。そればかりではない。さらにそのうえ、われわれの銀河を無船状態にするつもりとは! 銀河系文明にどのような結果をおよぼすか、わからないのか?」 (P271)
 この無茶苦茶な要求に対して、ローダンはどうするつもりなのか。
 アトランは何を考えるのか。


 あとがきにかえて は、シドラ房子さん。
 エネルギー問題について、あれこれ。再生エネルギーはこの世界を救うのか、といういま流行のトレンドについて、シドラさんは過度な期待を持っていないようです。健全な発想を持つ人がいて、ちょっと安心。
 脱原発の流れは仕方ないにしても、それだけでは世界は救えない、と鐵太郎は思うのです。再生可能エネルギーだけで人類のこれからも増大するはずのエネルギーをまかなえるとはとても思えない。

 どうにかして、なんとかしたいよね。 (2017/4/23)


 読書メーターの記録より  読了:2017/4/17 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-542 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 542巻 出版社:早川書房
書名:カルデクの盾作戦 ハヤカワ文庫SF2119 ウ1-542 早川文庫7956 ISBN978-4-15-012119-8  C0197
1083 彗星記章の男 Der Kometenmann カール・H・シェール 1982/5/25 翻訳:嶋田洋一
1084 カルデクの楯作戦 Poperation Kardec-Schild クルト・マール 1982/6/1
  価格:660Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/4/15 購入:2017/4/7 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン542 「カルデクの盾作戦」  1083 彗星記章の男
 おお、シェール節だ。
 主人公はクリフトン・キャラモン。1,611年の過去から蘇った男。堕落したスーパー・ポルレイターであるトゥルギル=ダノ=ケルグによって〝硬直の霊堂〟に凍結され、その間に内蔵をすっかり入れ替えられてほぼ不死となった、昔の流儀を守る硬骨漢。
 昔ながらの強攻策をローダンに却下されたあと、キャラモンは惑星ズルウトに放置されているかつての32特務部隊旗艦、高速巡洋戦艦<ソドム>に向かいます。そこで、腹心のエルトルス人ハフを蘇らせるために。
 このハフは、弱い超能力を持つミュータント。実は、正しい意味での人間ではない。シガ星人によって作り上げられた細胞プラズマを内蔵したスーパー・ロボット。その正体を知るのはキャラモンのみ。

 ポルレイターの一方的な支配に対し、ローダンら首脳部は面従腹背であっていいから隠忍自重するという方針を定めますが、どうしてもそれに納得できない人々がいました。それも、GAVÖK、LFTの各方面のスペシャリストたちが800名も。彼らはひそかに集められます。彼らは、<ソドム>という聞いたこともない昔々のフネに乗り組みを命ぜられることに。
 さあ、このメンバーを配下にしたキャラモンは、どんな任務を行うのか。
 実際....事態はたしかにエレガントにかたづいていた。 (P136)
 どんなふうに?
 久しぶりに、息もつけず振りまわされるシェール節、堪能しました。

  1084 カルデクの楯作戦
 ポルレイターの一人からまんまとカルデクの盾を奪い取ったクリフトン・キャラモン。この盾を解析するためにどうすればいいのか。
 その間に、アトランの前に不思議は少女が現れます。
 そのとき、わき腹をつつかれるのを感じた。振り向くと、12歳くらいの少女が立っていた。長い黒髪に、表情豊かな顔。少女に見つめられたとき、アトランは一瞬、その視線に見おぼえがあるような気がした。目の色はブラウンだが、その置くに深淵のような闇がわだかまっているように思える。 (P140)
 もう一人の黒い炎を宿す女、スリマヴォとアトランの初遭遇。これは何を導くことになるのか。
 ローダンとあっという間に相思相愛になったゲシールに、苦々しい思いを胸に秘めながらその少女の話をすると、ゲシールはショックを受けます。アトランにはその理由がわからない。
 いずれにしても、セト=アポフィスの工作員としてアトランは、キャラモンからいかにしてカルデクの盾を盗むかを考えています。むろん、ローダンらに自分の正体を知られないままで。

 細長いジャガイモのような形状をした小惑星ゲイドナードは、クリフトン・キャラモンはカルデクの盾を装備する実験を行います。その結果何が起きたのか。アトランは、最後に何をしたのか。

 ゲシールとスリマヴォの対決が行われます。その結果、何が起きたのか。スリマヴォの運命は。
 これまた、久しぶりに行きも尽かせぬ展開でした。この巻は、面白かった!


 あとがきにかえて は、嶋田洋一さん。
 前半のエピソードに、タダトシ・イグチというスペース=ジェットの操縦士が登場します。このモデルは、熱心なローダン・ファンとしてドイツでも知られている井口忠利氏で、原書では実は姓と名が逆に表記されていたとか。ローダンものの翻訳ルールに従って直してあるそうです。
 タダトシ・イグチはこのあと551巻にも登場するそうです。 (2017/4/25)


 読書メーターの記録より  読了:2017/4/21 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-543 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 543巻 出版社:早川書房
書名:ソラナー狩り ハヤカワ文庫SF2120 ウ1-543 早川文庫7957 ISBN978-4-15-012120-4  C0197
1085 共生体保持者 Der Symbionten-Träger ホルスト・ホフマン 1982/6/8 翻訳:嶋田洋一
1086 ソラナー狩り Solaner-Jagd ウィリアム・フォルツ 1982/6/15
  価格:660Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/4/25 購入:2017/4/21 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン543 「ソラナー狩り」  1085 共生体保持者
 冒頭で、松谷先生と同じアフロテラナーという訳語が出てきます。これはむろんヘアスタイルのことではなく、「afro-」とはラテン語で「アフリカの」という言葉。なんで「アフリカ系テラナー」という訳語を使わなかったんでしょうねぇ。
 2,010人でネーサンを支配し、それにより地球と太陽系を支配しているポルレイターは、テラナーに奪われたらしい無敵の兵器カルデクの盾を二週間以内に変換せよとローダンに迫ります。そもそもそれは、秘密作戦でクリフトン・キャラモンが試験するために奪った直後なぜか消えてしまったもの。ローダンとしては返却しようにもできないもの。
 そもそもの問題は、深淵の騎士の先駆者であった彼らが、200万年もの孤立の結果本来持っていたはずの特性や倫理を失ってしまったこと。そして彼らはそれを自覚していない。
 ここで、我が儘を通したもののヴィールス・インペリウムの部分的再建を成し遂げたキウープが介入します。宇宙の捨て子はなにを見つけ出したのか。一瞬現れたと思われたスリマヴォの謎は。
 やがて破壊工作員として捕らえられたジュポル・プレハリシュの頭部から、ヴィールス・インペリウムの再建に使われた数百万の超ヴィールスと同じような、昆虫に似た物体が発見されます。キウープは、これこそ謎の焦点であると判断し、これをローダンの元に持ち込みます。これが、プレハリシュを操っていたのではないか。
 そこでブルがちらりという。
 「プレハリシュです。何者なのか調べてみました....というより、どこからきたのかを」
 「どこからだった?」
 「<ソル>ですよ、ペリー。プレハリシュはアトラン、ゲシール、そのほか一万名以上の<ソル>乗員とともに地球にきていました」 (P129)
 ローダンは衝撃を受けます。
 「ブリー、それが何を意味するか、わかっているのか? 帰還した一万名全員が、頭皮の下に同じものを持っているということだぞ」 (P132)
 いったいこれは、どういうことなのか。

 でも、いまだにゲシールにでれでれのローダンは、彼女も怪しいはずだとは思わない。ふむ。

  1086 ソラナー狩り

 久しぶりにトプシダーが現れます。二千年以上昔の、テラナーにヴェガ星系でひどい目に遭わされた恨みをいまだに抱いているというヤツが。とうの昔にみんな仲良くなったはずなのにねぇ。設定を見直してくれよ。
 で、このトプシダー、ロアルク=ケールと、エルトルス人ケルク・ガッディク、シガ星人ジョンソン・マデイラ、アコン人アジムの四人は、テラニア・シティの郊外地区の一つガルナル、つまり浮浪者のたまり場に住んでいます。
 彼らが見つけた気を失った怪しい男が、なんとカルデクの盾らしきものを持っていたのでした。ポルレイターがローダンに最後通牒を突きつけてまで返させたいカルデクの盾を持っているこの男は、いったい何者なのか。ガッディクはふと気がつき、この男の鼻をつまんでひねり上げます。ぞっとしたマデイラの目の前にあったのは、なんと剥がれた男の顔と、その下にあった別な顔。これはアルコン人。しかも、ただのアルコン人ではない。
 「<ソル>に乗ってた男だ! ローダンの旧友、アトランだよ!」 (P158)

 表の世界では、<ソル>の乗員の四分の三が身柄を拘束され、超ヴィールスを頭皮から除去されています。しかし脱出したものがも多い。ローダンらはこれを発見したキウープへ感謝するとともに、逃げたソラナーの探索を続けています。
 そこで、ふとなにかに気づいたレジナルド・ブル。
 「ちょっと待った!」ブリーが口をはさんだ。いつもおだやかな顔の表情がゆがんでいる。「それで思いついたことがあるんだ、ホーマー。ゲシールも<ソル>に乗っていた事を忘れるわけにはいかない。他の乗員同様、超ヴィールス保持者である可能性がある」
 男たち全員が凍りついた。まるで集合写真を撮ろうとしているグループのようだ。
 最初に身動きしたのはローダンだった。立ちあがり、片手でシートをひく。そこにいる者たちはかれをよく知っているので、なにを考えているのか、だいたいのところはわかった。
 「どうかしているぞ、レグ」と、低い声でブルにいう。「わたしはずっといっしょにいたんだ。なにか妙な点があれば、気づかないはずがない」
 ブルは悲しげにうなずいた。ローダンがかれを〝ブリー〟ではなく〝レグ〟と呼んだ意味は、よくわかっている。 (P177)
 ちなみに、鐵太郎の記憶では、ドイツ版を日本語に翻訳したローダンものの中で、レジナルド・ブルがレグと呼ばれたことはただの一度もなかったはず。アメリカのエースブックス版では、ブリーではなくレグ、レギーと翻訳されていた記憶はありますが。 ・・・閑話休題。
 ゲシールにでれでれのローダンは、彼女が超ヴィールスに支配されてセト=アポフィスの工作員となっているなどということは、絶対に信じたくないしそんなことを言うヤツは殺してやる、というモードです。恋は盲目というけれど、ヒーローなら許されるのか、という展開。ふう。
 キウープがそこを突っ込みます。
 「あなたは手を伸ばして、餓えた猛獣の喉をつかめますか?」
 「わたしはゲシールを愛している。きみは彼女が猛獣だというのか?」ローダンはかっとなった。
 「あなたが愛しているのではありません。ゲシールが愛させているのです」 (P242-243)
 でもローダンは、ぜーんぜん納得しない意志堅固な人。わたしは絶対に正しい。わたしはローダンだ。

 で、その間に、不穏な連中に捕まったアトランは、なんと頭皮から超ヴィールスを除去されてしまう。

 あとがきにかえて は、嶋田洋一さん。
 1ページのみ。大学時代の友人四人と長野県の温泉に一泊した話。全員が還暦なので、定年とか年金とかの話になるなぁ、とのこと。とはいえ嶋田さんはフリーランスなので、65歳になっても変わらないだろうな、とか。
 あは。 (2017/5/10)



 読書メーターの記録より  読了:2017/5/2 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-544 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 544巻 出版社:早川書房
書名:黄金の粉塵人間 ハヤカワ文庫SF2124 ウ1-544 早川文庫7974 ISBN978-4-15-012124-2  C0197
1087 黄金の粉塵人間 Wolke im All マリアンネ・シドウ 1982/6/22 翻訳:原田千絵
1088 永遠の戦士ゴジノ Der ewige Krieger エルンスト・ヴルチェク 1982/6/29
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/5/15 購入:2017/5/10 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン544 「黄金の粉塵人間」  1087 黄金の粉塵人間
 NGZ(新銀河歴)425年10月11日の朝、ノルガン・テュア銀河を航行する<バジス>の船長室から始まります。
 目覚まし時計に起こされたウェイロン・ジャヴィアは、〝シマリス〟というあだ名を持つネクシャリストのレス・ツェロンから、昨夜、船内の数百人が奇妙な夢を見た報告が入っていることを聞きます。しかし、だれ一人としてはっきりした内容を思いだせないらしい。
 これは、惑星クーラトを離れてから数ヶ月、まったく目的もなくただよっていることへの不安ではないかとツェロンはいう。〝目〟を使えば瞬時に宇宙を移動できるローダンが、まったく連絡をよこさないことに船内の乗員が不安を覚えていることに原因があるのではないか、とも。別の発見もあるともいう。
 憤然と天文部に向かったジャヴィアは、宇宙空間にただよう斑点のような雲状のものを見せられます。直径は、およそ2.5光年だという。乗員が見た夢とは、これに関係があるのか。
 その雲の方角から、直径100メートルほどの短いトゲが無数に生えた物体が<バジス>に接近してきます。調査のために向かったスペース=ジェット<ロイヤル・フラッシュ>の乗員の見たものはなんだったのか。
 そしてさらにスラケンドゥールン(Srakenduurn)と呼ばれるその雲に接近したとき、雲の一部が<バジス>に侵入してきたのでした。黄金の霧のようなものが、隔壁を浸透して来るのです。あわてて撤退命令を出したジャヴィアですが、時すでに遅く乗員の一部にその粉塵が接触してしまいます。すると、彼らは感情をなにかに取られてしまったように。
 やがてこの250名は、<バジス>の隔壁を抜けてスラケンドゥールンに向かって飛んで行きます。彼らはいったい何に変わってしまったのか。
 スラケンドゥールンという言葉は、強者の言葉で、〝集合場所〟を意味するものだったらしい。

  1088 永遠の戦士ゴジノ
 まったく似ていない姉弟の話、というプロローグから始まります。似ていない、しかしあらゆるものに対称をなす二人。姉は善・美・貴重なもの・光を見出す。弟はものごとの暗い部分・善に内在する悪・美の中の醜さ・光が投じる影・価値あるものの無価値の部分を際だたせる、という。
 姉は与える。弟は奪う。対極の存在である姉弟。そのひとつが失われたとき、なにが起こったのか。

 深淵の騎士の叙任式が行われたケスドシャン・ドームのある惑星クーラトでは、ある名前が人々の口に上ります。コジノという。最後の深淵の騎士であったテラク・テラクドシャンの精神の媒体である、かつての光の守護者テングリ・レトス=テラクドシャンは、このコジノを深淵の騎士二人がいる故郷銀河に連れて行こうとしていますが、うまくいくのか。
 <バジス>がこのクーラトのあるイグマノール星系に接近するのは、テングリ・レトスに召喚されたから。
 しかし、船内のロワ・ダントン、デメテル、船長ウェイロン・ジャヴィアらの前に現れたテングリ・レトスは、その経緯についてはなにも知らないと言い切ります。では、彼の名によるメッセージはいったい誰が出したのか。

 惑星に降りてケスドシャン・ドームに向かうロワ・ダントンら。むろんデメテルもそばに。
 デメテルは、地球から離れないと一年以内に老婆になってしまうとロワに訴え、そのとき地球から出港予定の<バジス>への乗船を切望し、その直後行方不明になって昏睡状態で発見されたのでした。その後、ロワ・ダントンの決断で<バジス>に乗せられ、ローダンが深淵の騎士となったとき惑星クーラトの軌道上の船内で昏睡から目覚めたのでした。では、彼女の本当の目的の地はここだったのか。
 ダントン、ジャヴィアらは、コジノと名づけられた立方体を示されます。それを開いたとき中には何もなかったのですが、テングリ・レトスは彼らにあれは脱出してしまったと告げます。
 「だれのことだ?」ロワ・ダントンがたずねる。「立方体は、われわれが開けたときには空だったのだが」
 「だれのことかって? ポルレイターの戦士、コジノだ」
 「もうすこしくわしく説明してもらえるか?」と、ロワ・ダントン。
 テングリ・レトスは身長にうなずき、いった。
 「それでは、似ていない姉弟、ヴォワーレとコジノの話をしよう....」 (P238)
 通常の生物としてふたつの性の交わりによって生まれたのではない、高次の結合から生まれたヴォワーレとコジノは、まったく異なる存在ながら、二人でひとつのものを形成すべきものでした。正反対の鏡像体であったから。しかし種族の良心であるヴォワーレがすでに失われた以上、コジノは自由に行動することになるはず。それは、世界にとって恐るべきこと。
 <バジス>に侵入したコジノに対抗できる手段はあるのか。
 デメテルはヴォワーレとなにか関わりがあるのか。
 ロワ・ダントンはコジノとどう戦ったのか。
 ヴォワーレが失われたと知ったコジノはどうするのか。

 すべてが終わったあと、<バジス>は、故郷銀河への旅を開始することになります。


 あとがきにかえて は、原田千絵さん。
 第534巻に引き続き、村の教会の牧師さんの依頼を受けてオルガン演奏を引き受けた話。
 四苦八苦の挑戦と、ミスでうちひしがれる様子。いろいろな苦労話。
 皆さん、いろいろな経験をするものですね。 (2017/5/20)



 読書メーターの記録より  読了:2017/5/15 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-545 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 545巻 出版社:早川書房
書名:神のアンテナ ハヤカワ文庫SF2125 ウ1-545 早川文庫7975 ISBN978-4-15-012125-9  C0197
1089 神のアンテナ Die Psi-Antenne H・G・フランシス 1982/7/6 翻訳:若松宣子
1090 カルデク・サークル Der Kardec-Kieis クルト・マール 1982/7/13
  価格:660Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/5/25 購入:2017/5/25 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン545 「神のアンテナ」  1089 神のアンテナ
 セト=アポフィスへの抵抗者グループを率いるイホ・トロトのターン。ないよりましだけど熱意ばかりが空回りする無能な連中をもてあまし気味のトロトですが、一人になると相変わらず超人ぶりを発揮。鋼鉄の壁に押しつぶされても、その鋼鉄を食いちぎってエネルギーに換えて脱出するという荒技を披露。
 しかし自転する虚無に落とし込んで消滅させたはずの究極の存在アウエルスポールが登場してくると、このあいてには恐怖を覚えざるを得ない。しかもこの存在、自転する虚無すなわちフロストルービンに送りこんでも、そこでメンタル・エネルギーを補給してこの世界との間を自由に行き来できるらしい。ではどうすればいいのか。

  1090 カルデク・サークル
 消えたカルデクの盾を取りもどしてこい、さもなければ罰するというポルレイターの脅しの期限は刻々と迫ります。ローダンへの脅迫のためにアトランを捕らえていたグループの一人シガ星人のジョンソン・マデイラは、なんとアトランの頭に巣くっていたセト=アポフィスの影響下にあるスプーディを除去してくれました。
 その結果、クリフトン・キャラモンから奪ったカルデクの盾をローダンの元に届けねばと考えたアトランですが、事はそう簡単にはいかない。こっそり返還してはポルレイターにそのまま最後通牒を実行させかねないため、衆人環視の元でポルレイターに渡さなければならない。その期限たるNGZ425年11月25日とは、あすではないか。どうする。

 〝宇宙の捨て子〟キウープは、<ソル>乗員の頭蓋骨の中から取り出された〝スプーディ〟なる超ヴィールスの集合体を研究し、これがセト=アポフィスの意志が入った危険なものに変成していることを突き止めます。これにより、ヴィールス・インペリウムを構成する<ソル>にあるスプーディ数百万の中で特別な役割を果たしているらしい。
 「わたしが調査した一万のスプーディは、明らかに共生体ではありません。ヒューマノイドの意識に適応した制御メカニズムです。膨大な情報記憶バンクをそなえていて、超越知性体とのコンタクトがしばらくとだえても、セト=アポフィスの意識にそって動けます」
 「そこから推察できるのは」ローダンが応じた。「<ソル>船内のすべての超ヴィールスが、そういう種類ということ」
 「違います!」声はほとんど抗議のように響いた。「この一万は、ヴァルンハーゲル・ギンスト宙域から<ソル>が運んだ数百万のうちの精鋭です。ほかのものがポジトロン機器に影響するだけなのに対し、これらは人類の制御のために用いられています」 (P167-168)
 なんということか。
 しかもその結論を受けて、キウープがなんと狂女と化したゲシールと格闘し、その頭蓋骨を切って中のスプーディを取り出してしまったのでした。
 表紙絵の血の流れる頭を押さえているのはゲシールでしょうね。妖艶な美女にはとても見えないのだけど。(笑)


 あとがきにかえて は、若松宣子さん。
 1ページのみ。飼っている猫の話。夜中に締め出してしまった猫が帰ってきたけれど、これは本当にともに暮らしていた猫なのか、そっくり別な猫なのか。今もなお時に疑念が浮かぶときがある、のだそうな。 (2017/6/28)
 


 読書メーターの記録より  読了:2017/6/21 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-546 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 546巻 出版社:早川書房
書名:ハイパー空間封鎖 ハヤカワ文庫SF2128 ウ1-546 早川文庫7990 ISBN978-4-15-012128-0  C0197
1091 ハイパー空間封鎖 Sperrgebiet Hyperraum H・G・エーヴェルス 1982/7/20 翻訳:渡辺広佐
1092 転送機ネット作戦 Aktion Transmitternetz H・G・エーヴェルス 1982/7/27
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/6/15 購入:2017/6/10 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン546 「ハイパー空間封鎖」  1091 ハイパー空間封鎖
 白黒のマーブル模様にみえるので〝ブラック・アンド・ホワイト〟と呼ばれた惑星で、若者たちはポルレイターと戦うべく〝虎の王者〟キサイマンをリーダーと仰いで特殊作戦を行っています。二ヶ月以上前テラニアで始まった彼らの旅は、転送機ネットを使ってそのネットのマップを作りつつ次々と続きます。
 しかしポルレイターはそんなものに目もくれない。今度はセト=アポフィスを捜索するためにGAVÖKの全艦隊を集めろと命令を下します。しかしGAVÖKとはもともと諸種族の集合体。統一されたひとつの指示に基づいて全員が行動すること名護ありえないもの。ポルレイターによる脅迫は何を意味するのか。
 たかをくくっていた訳ではないはずですが、しかしローダンは愕然とします。
 「カタストロフィです! すくなくとも30隻のハンザ船から、救難信号を受信しました。・・・例外なく船のハイパーコン・エンジンがだめになったようです」 (P107)
 何が起きたのか。ローダンの前に現れたポルレイターのラフサテル=コロ=ソスが宣言します。
 「銀河系の全種族および、ペリー・ローダン、とりわけきみに、われわれの指示への反抗が成功しないことを証明するため、10分ほど前にある装置を作動させた。これはハイパー空間構造を、半径二万五千光年の範囲で、部分的に狙いを定めて変形させるものだ。
 このハイパー空間破壊装置により、叛乱を起こした船だけではなく、太陽系の周囲二万五千光年内にいるすべての宇宙船がハイパー空間から脱落するだろう。なぜなら、ハイパー空間が部分的に変形すると、グリゴロフ層やほかのカバー・フィールドに保護された物体は瞬時にほうりだされるから」 (P109)
 しかし、この意気揚々と宣言したポルレイターの言葉をローダンは遮る。二万五千光年などではない、マゼラン星雲を含め、24万光年先まで超光速航行が不能になっている。君らの作戦とやらは破綻してないか。
 いったいこれはどういう事なのか。

  1092 転送機ネット作戦
 ハイパートロンにより超空間を航行する技術が、ポルレイターの「懲罰」により封印されてしまった銀河系世界では、とりあえずその封鎖に引っかからない遠い過去の「遷移」によって超空間ジャンプする技術を持った船が重宝されます。しかしそんな化石のような船はそんなに数がある訳ではない。交易どころか普通に運ばれる生活物資の移動までできなくなり、このままでは人類文明そのものが崩壊します。ポルレイターに責任を問うても、のれんに腕押し。さあ、どうする。
 しかしなんと、あのなんだかわからんが害はなさそうなので放置しておいた〝虎の王者〟キサイマンとその若虎゜もが転送機ネットを使ってなんとかしてくれそうだという事になります。うまくいくのか?

 で、ゲシールはその魔力(?)を駆使してキサイマンを従者として使おうとしますが、あっさりふられます。バート・ランカスター@「家族の肖像」世の中そんなに甘くないって事かな?(笑)
 でもまァ、ローダンは相変わらずゲシールにでれでれで、それをアトランを初めとする周りの男どもは嫉妬の目で見つめるという構図は変わらず。なんか、つまらん。


 あとがきにかえて は、渡辺広佐さん。
 高校同期四人で埼玉県の比企郡にハイキングに行ったという話。そしていくつか詠んだ俳句のこと。
 で、その友人の一人に、『家族の肖像』という1974年公開のフランス・フランス映画に出てきたバート・ランカスター演じる老教授に渡辺さんが似ているとメールで言われたという話。渡辺さんは妄想と切り捨てますが、そう見える人がいると言うことですな。そんなイメージがあるのかな? (2017/7/8)


 読書メーターの記録より  読了:2017/7/3 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-547 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 547巻 出版社:早川書房
書名:試験惑星チェイラツ ハヤカワ文庫SF2129 ウ1-547 早川文庫7991 ISBN978-4-15-012129-7  C0197
1093 試験惑星チェイラツ Testwelt Cheyraz デトレフ・G・ヴィンター 1982/8/3 翻訳:小津 薫
1094 ハイチの男 Der Mann aus Haiti H・G・エーヴェルス 1982/8/10
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/6/25 購入:2017/6/23 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン547 「試験惑星チェイラツ」  1093 試験惑星チェイラツ
 ポルレイターによるハイパー空間破壊装置によって生じた障害フィールド事件がなんとか片付いた頃、ポルレイターへ対抗するための遠征隊の一つとして飛翔する宇宙船<ドルーデル>の中に、ジョシュア・ガンダロという若い科学者がいました。
 ポルレイターに支配されている惑星チェイラツは、黄色恒星ナックノの第三惑星。テラからM-13の方向に三万二千光年、重力は0.92Gで自転周期は19.5時間。この数千人しか居住していない惑星に現れた<ドルーデル>の目的とは何か。

 テラでは、惑星クーラトで発見された“手袋”を使ってポルレイターのカルデクの盾に対抗できないかテストをしようとしていますが、いままでこの手袋を活性化できた四人、ローダン、ジェン・サリク、アトラン、クリフトン・キャラモンが関与していることがわかればポルレイターよりの懲罰が目に見えています。
 この作戦を推進する段階で、ゲシールをめぐり彼女にメロメロなローダンとそれに嫉妬するアトランのわやわやがありますが、ギャグパートだと思って切り捨てるしかないか。(笑) つまらん。
 それはともかく、ジョシュア・ガンダロが偶然にこの手袋を扱えることがわかり、事態は急展開。盾に対する実験は行われますが、その結果はなんとまァ。

 ところでこのエピソードの中で、“スタック”というものを提唱しているウェイデンバーンという人物の名がかたられます。セクトの先導者、と評されますが、どうなるんでしょうね。

  1094 ハイチの男
 何千年も経って、人類が一度感情のないアフィリー化してしかも地球を捨ててしまったのに、カリブでは西欧より現れた原住民の虐殺者の尖兵コロンブスの遺体を祀ってあり、カトリックのような教義で蝋燭を灯して祈っているそうな。
 カリブのポルトープランスで、プロスペクターだったアーサ・ウェイデンバーンの息子としてNGZ321年11月14日に生まれたたエリックは、子供のうちは健康に不安のある状態でした。他人とのコミュニケーションにも難があり、健康状態から十代で数年しか生きられないとの宣告を受けていたのですが、ある日家を抜け出して宇宙船に密航します。
 いったい彼は何者なのか。
 「いいか。宇宙飛行は神聖な試みだと行っても過言ではないのだ。その最終目標は、宇宙空間にある重力プシオン場を見つけることにほかならない。そこで人類の生命は異なる存在形態に移行し、おのれを理解することができる。この目標は〝スタック〟と呼ばれる。
 自分に耳をかたむけるのだ! だれしも自分のなかに内なる声を持つが、自分だけでは聞きとれない。だが、もし充分な数の同志と協力しあって、宇宙に向けて出発すれば、多くの内なる声が一つの訴えとなって結集され、スタックへと導く道案内をつとめるだろう」 (P266-267)
 これは、未来へ何を示すのか。


 あとがきにかえて は、小津薫さん。
 1934年に製作されたモノクロ映画『別れの曲』のこと。ショパンの音楽人生を切り取ったものだけれど、彼の人生をメロドラマに仕立てるために伝わっている伝記とはかなりねじ曲げちゃってるね、と。
 そして今もなおショパンの墓には花が添えられ、彼の音楽を見守ったこともある文豪バルザックの墓は寂しい限り、というところにアイロニーを感じるとのこと。
 そして、古い映画のあれこれ。ふむ。 (2017/7/16)


 読書メーターの記録より  読了:2017/7/11 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-548 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 548巻 出版社:早川書房
書名:<バジス>の帰郷 ハヤカワ文庫SF2132 ウ1-548 早川文庫8011 IISBN978-4-15-012132-7  C0197
1095 <バジス>の帰郷 Das Ende eines Poeleyters エルンスト・ヴルチェク 1982/8/17 翻訳:星谷馨
1096 コスモクラートのリング Der Ring der Kosmokraten マリアンネ・シドウ 1982/8/24
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/7/15 購入:2017/7/7 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン548 「<バジス>の帰郷」  1095 <バジス>の帰郷
 


  1096 コスモクラートのリング
 


 
 あとがきにかえて は、
 




 読書メーターの記録より  読了:2017/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-549 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 549巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF0000 ウ1-549 早川文庫0000 ISBN C0197
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日 翻訳:
0000 ドイツ版原題 作家名 オリジナル発刊日
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行: 購入: 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン549 「」  0000
 


  0000
 



 
 あとがきにかえて は、
 



 読書メーターの記録より  読了:2017/ 
前へ 宇宙英雄ローダン 540~549 先へ