トップページへ戻る
トップへ戻る


 書籍ページに戻る
読んだ本の分類


ローダン・リストのページに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 530~539 先へ
巻数 書 名 作 家
530 黒いモノリス クルト・マール&クラーク・ダールトン
531 物質暗示者 H・G・エーヴェルス
532 細胞活性装置の危機 デトレフ・G・ヴィンター&クラーク・ダールトン
533 超ヴィールス ペーター・グリーゼ&エルンスト・ヴルチェク
534 回転海綿との邂逅 H・G・フランシス&クルト・マール
535 テラナー抹殺指令 H・G・エーヴェルス&ウィリアム・フォルツ
536 中継基地オルサファル マリアンネ・シドウ&エルンスト・ヴルチェク
537 自転する虚無 H・G・フランシス&カール・H・シェール
538 ルレイターの秘密兵器 マリアンネ・シドウ&ホルスト・ホフマン
539 異変の<ソル> デトレフ・G・ヴィンター&クルト・マール
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.03
管理番号:R400-530 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 530巻 出版社:早川書房
書名:黒いモノリス ハヤカワ文庫SF2092 ウ1-530 早川文庫7855 ISBN978-4-15-012092-4 C0197
1059 黒いモノリス Fels der Einsamkeit クルト・マール 1981/12/8 翻訳:増田久美子
1060 火山惑星 Der Planet Vulkan クラーク・ダールトン 1981/12/15
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/10/15 購入:2016/10/7 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン530 黒いモノリス  1059 黒いモノリス
 ポルレイターの隠れ家である事がわかったM-3星雲にある、超重力惑星EMシェンに着陸したスター級巡洋艦<ダン・ピコット>。ここで発見された黒いモノリス、まァ正確には黒色のそそり立つ岩石を調査するため、監視ステーションを設け、ジェフリー・アベル・ワリンジャー教授を始めとする科学者が詰めています。今回は地質学を駆使するワリンジャーって、なにが専門だか自分でもわからなくなっているのかも。ともかく、万能科学者なのです。
 この世界EMシェンの敵対生物、通称EM海綿の調査にあたっている一人が、イルミナ・コチストワ。パラ心理性シグナルを出して有機体の細胞構造を変える能力を持つミュータントにして細胞活性装置保持者。彼女が、この本の刊行当時に流行っていたのか、過度な 「命は大事」 思想によって 「他の生物をむやみに殺してはならない、敵でさえも」 という固い信念を披瀝し、人類の最前線にいる探検隊の一員として、愚か窮まりない主張を発してテラナーを危機に陥れます。ま、彼女だけじゃないんですが。
 海綿生物は危険だが、その危険を大量殺戮によってとりのぞくことは、道義的にはもちろん、学問的な原則に反する。ペリー・ローダンと<ダン・ピコット>のマルチェロ・パンタリーニ艦長は、この原則の逸脱を容認しないだろう。  (P45)
 EM海綿は、すでにテラナーを数人殺しています。テラナーを敵視して盲目的に襲いかかってきます。これに共生しているアメーバ生物にはある種の知性はあるらしいが、意思の疎通は不可能。これを調査しようとイルミナが超心理シグナルで接触を試みると、この海綿生物は悲鳴のような声を上げて動かなくなります。イルミナはそれを見て卒倒しかけることに。
 イルミナの護衛役となっていたニッキ・フリッケルは、のちにぼやいたもの。
 「わたしが思うに」 ニッキはいった。「あれは度をこしたヒューマニズムの一例でした。わたしたち、個体バリアを切ってはいけなかったのかもしれない。あの洞窟は罠でした。アメーバは私たちを殺そうとしたんです」
 ミュータントはニッキを驚いて見つめた。しかし、すぐにほほえみを浮かべた。
 「たぶん、あなたのいうとおりよ。あなたの警告にしたがうべきだった。人間は年をとればとるほど、命の心配をしなくなる傾向があるの」 かぶりを振って、「そして、時として展望を失う」  (P113)
 後知恵で反省するのはいいが、こんな間抜けに細胞活性装置を与えたローダンの責任はどうなんだろう、と思ったもの。

  1060 火山惑星
 引き続き、スター級巡洋艦<ダン・ピコット>。今度はM-3星雲の中を探索中。
 搭載されているスペース=ジェットのDP=SJ=12,固有名<ダービー>の要員は、エモシオ航法士をめざしているミルコ・ハンネマと、ジュルゴスとトビアスのニス兄弟。三人でルーティンの調査飛行に出た時、ハンネマが練習のため使っていた簡易型のサート・フードで幻影を見ます。一体これはどういう事か。
 <ダン・ピコット>では、惑星EMシェンの調査の中でなんらかの影響が出たのか、乗組員が奇妙に疲れやすく眠くなっています。原因不明。奇妙な行動を取る艦長の行動もおかしい。
 グッキーは、この原因について何か思うことがあるらしい。不意に行方をくらまします。<ダービー>が発見した惑星でハンネマが見た幻影を追うことに。そこでみつけたものは。
 「なんてことだ!」 グッキーは両手を頭の上ではげしく打ちあわせた。「ヴォルパーティンガーじゃないか!」
 「ヴォルパーティンガーって、いったいなんですか?」 ハンネマは必死で叫んだ。  (P186)
ヴォルパーティンガー(Wolpertinger) ヴォルパーティンガー(Wolpertinger)とは、体は野ウサギ、頭に鹿の角、背中にカモの羽根、手と足は水鳥の姿、というのが一般的な想像上の生物で、バイエルン地方のアルプスの森に棲んでいるのだそうな。グッキーが見つけたこの生物マリンゴが、見た目それに似ていたらしい。

 で、この惑星で見つけた生物マリンゴには、四本角と一本角の種類がいて、たがいに憎み合い、一触即発の状態。この危機を救ったのは・・・ ローダンの帰還命令が何度出ても平気で無視して神さまごっこを楽しむグッキーなのでありました。
 ああ、結局ダールトン節かぁ。


 あとがきにかえて は、増田久美子さん。
 ヴォルパーティンガーの説明と、その出身地のバイエルン地方の話。「オクトーバーフェスト」のビールジョッキの絵柄にヴォルパーティンガーが描かれていること。ためしにドイツ西部のドルトムントとベルリン近郊のドイツ人女性に聞いてみたら、ヴォルパーティンガーなど見たことがなかったこと。
 ほう。(笑)  (2016/10/30)



 読書メーターの記録より  読了:2016/10/27
ページのトップへ   Ver. 3.03
管理番号:R400-531 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 531巻 出版社:早川書房
書名:物質暗示者 ハヤカワ文庫SF2093 ウ1-531 早川文庫7856 ISBN978-4-15-012093-1  C0197
1061 物質暗示者 Beherrscher des Atoms H・G・エーヴェルス 1981/12/22 翻訳:赤根洋子
1062 ポルレイターのステーション Station der Porleyter H・G・エーヴェルス 1981/12/29
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/10/25 購入:2016/10/22 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン531 物質暗示者  1061 物質暗示者
 ダルゲーテン(Dargheten)という新たな種族の描写から始まります。
 浅い海に生息する軟体動物から進化したもので、宇宙航行ができるほど進化した知的種族でありながら、ものを操る手足に相当するものがない。二本の感覚器から得られる情報はそとの世界の分子的な外観のみならず、その下位レベルの原子構造、はてはクォーク、グルーオンの領域まで走査することが出来ますが、体を動かすのはナメクジに似た這い足のみ。自分の体が痒くても掻くこともできない。しかし共生状態にある従者たちである、テラのカニによく似たトリプリード(Tripliden)の手助けによって欲求を持たすことができ、彼らを自在に操ることによって文明を築いたのでした。
 外観は、ドイツ版の絵もリンク先にありますが、日本版の表紙絵のようにミニサイズのナメゴンと思えばいいか。
 彼らには、実はそれだけではない大いなる能力を持つものもいたのです。

 若いサグス=レト(Sagus-Rhet)とケルマ=ジョ(Kerma-Jo)の二人は、ダルゲーテンの中でもエリートである、物質に暗示を与えて変質させる能力者、物質暗示者(Materiesuggestor)の候補生でした。ダルゲーテンの千人に一人という物質暗示者となる彼らは、「気高き番人」の命により「内なる力の館」に召喚されます。それは、経験豊かで懸命な物質暗示者たちが構成する“内なる力の教団”の本拠地であり、候補生たちに対し物質暗示者となり得るものかを試験する場所でもあります。

 この「試験」とはいったいどういうものだったのか。
 この描写で示されたのは、ダルゲーテンがセト=アポフィスの支配下にあること。またその影響力は奇妙なことに、時間が限られていること。サグス=レトはそのために再三振りまわされることに。
 このあらたなにんむについてケルマ=ジョと話し合うため、急いでコミュにカーターのスイッチを入れようとした。だが、その途中でとまり、自分が何をしようとしていたのか忘れてしまった。セト=アポフィスが洗脳コンタクトを再び切ったのだ。その結果、かれはセト=アポフィスの工作員から、ふたたび、病気のメドゥーサを救うという重要な任務の準備にいそしむ忠実で誠実な物質暗示者に戻った。
 だが、かれの脳内では、セト=アポフィスが超自然的方法で移入した情報や指示のすべてが、超心理領域にかくれてひそかに出番を待っていた。  (P114)
 なんだか間抜けな支配方法だねぇ。

  1062 ポルレイターのステーション
 ポルレイターとは何者なのか。ダルゲーテンもテラナーもその行方を探っています。
 ダルゲーテンの二人、サグス=レトとケルマ=ジョは惑星に取り残されています。セト=アポフィスの洗脳コンタクトが通っている時は何をすべきか分かっているのですが、それが切れると、いったい自分たちは何をしているのか分からなくなる。まったく困ったもの。
 ポルレイターが敵であり、その支配下にあるテラナーも敵である事もまた、セト=アポフィスの影響下にある時しか認識できない。この惑星に彼らがいるのか、我々は彼らを探索すべきなのかもまた、影響下にあるかないかで変わってしまう。彼らはこの先、いったいどうすればいいのか。
 また、嘘という概念がない種族である彼らは、敵であるとセト=アポフィスに吹き込まれてもそれを疑うことができない。
 高い文明と優れたテクノロジー、それに加えて暗示によって物質を直接変質させる能力を持っていながら、彼らの行動はどうも滑稽さがつきまとう、と思うのは読者の視点か。(笑) なにしろ、プラスティックの素材である巨大な重合分子を直接解析し、物質の原子、陽子、中性子、電子、クォーク、グルーオンを見てそれを変化させられるのだから。

 ちなみに、彼らが使う長さの単位ですが、1.5長単位とかいう言葉、だいたいメートルだと思えばいいようです。
 この時代、クォークとかそういう世界が新たな科学の情報として科学好きな子供たち、ローダンを楽しむ人々の間に広がっていたんだろうな。歴史を感じます。


 あとがきにかえて は、赤根洋子さん。
 この本にかかる前、物理学と天文学の発達史をユニークな視点から描いた『科学の発見』(スティーヴン・ワインバーグ著 文藝春秋刊)という本の翻訳をしていたのだそうな。この本で描かれた最新の物理学がローダン世界にも描かれていて驚いたとのこと。
 ダルゲーテンという巨大ナメクジ状の生物が、菜食主義・絶対平和主義・嘘を概念的に知らないなど、さまざまな愛すべき特性を持っていることも面白い、とか。

 そうそう、2ちゃんのローダン・スレで指摘されていたことですが、かつて「Arkoniden」を「アルコン人」と訳し、この本でも「Tripliden」を「トリプリード」、「Sawpanen」は「サウパン人」と訳しているのに、「Dargheten」を「ダルゲーテン」と訳すのはなぜか、という疑問がありますね。知的生物でないトリプリードはともかく、いくら人間離れしているとは言え知的生物なのだから、「ダルゲート人」という訳語もありえたはずなのに、ね。
 面倒くさくなったのかな? だったら困るよ。  (2016/12/4)



 読書メーターの記録より  読了:2016/11/16
ページのトップへ   Ver. 3.03
管理番号:R400-532 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 532巻 出版社:早川書房
書名:細胞活性装置の危機 ハヤカワ文庫SF2100 ウ1-532 早川文庫7871 ISBN978-4-15-012100-6  C0197
1063 細胞活性装置の危機 Ein Hauch von Leben デトレフ・G・ヴィンター 1982/1/5 翻訳:嶋田洋一
1064 難破船 Der Schiffbruch クラーク・ダールトン 1982/1/12
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/11/15 購入:2016/11/10 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン532 細胞活性装置の危機  1063 細胞活性装置の危機
 アラスカ・シェーデレーアから始まった奇妙な体調の減退は、どうやら細胞活性装置保持者たち全員が同じ症状らしい、という事件が起きます。M-3銀河での探索行はまだまだ始まったばかりだというのに、いったい何が起きたのか。元気者グッキーでさえ悲鳴をあげて昏倒する状態となったり、ローダンの持つライレの〝目〟が使用不能となると、これはただ事ではない。
 このままでは、深淵の騎士の先駆者と考えられている謎のポルレイターの探索行は絶望的。

 新銀河暦425年6月6日、ローダンらの乗る重巡<ダン・ピコット>はポルレイターの宇宙船と思われるエネルギー推進飛翔体のインパルスを、160光年かなたのとある星系からキャッチします。インパルス星系と名づけたその星系に急行します。そこに接近すれば、細胞活性装置保持者に悪影響をもたらす可能性があると反対するものもいましたが、ローダンは調査に赴くことを決断します。
 インパルス星系には三つの惑星があり、その第二惑星インパルスⅡに薄い大気と植物相がある事が判明します。ローダンは<ダン・ピコット>の副長ヌールー・ティンボンと分析員のヴェジロ・セスト、そして操縦士のレナ・ソイツィスの三人と共に惑星に調査降下することに。
 この若いヴェジロに対し、ローダンがその青臭い哲学に本気で怒る場面があります。そういうシーンは珍しい。この若者が、ごく僅かの大気しかないというこの惑星に何故か居住する原住民に捕らえられたりしたあげく、知性体の姿を発見しました。
 難破船の生存者らしいその異星人は、スペース=ジェットに収納すると死んでいます。なにがあったのか。

 超越知性体セト=アポフィスの配下であるサウパン人の有翼船が、ローダンらのバックアップの位置にあるロナルド・テケナー指揮下のLFT・宇宙ハンザ複合艦隊に発見されます。テケナーはそのまま有翼船に対し何もせず行かせてしまう。これは未来に何をもたらすのか、今はまだ誰も分からない。
 ああそれと、ローダンの誕生日は6月8日なのだそうな。

  1064 難破船
 ローダンのチームが発見した謎のエビに似た二体の生命体の死体は、<ダン・ピコット>の冷蔵室に保存されました。この死因は不明。また増えた謎を抱えつつインパルス星系を去った<ダン・ピコット>は、なぜか宇宙空間で爆発事故を起こします。不思議なのは、通信室が徹底的に破壊され、ハイパーカムが使えなくなったこと。これは重大な問題ではありますが、装備している搭載艇にあるはずだからまぁ安心と思ったものの、その搭載艇のハイパーカムも次々と破壊され、さらに倉庫に保管してある修理用部品までも、となるとこれは重大事件です。
 まさかこれは、ポルレイターのバリアと関係があるのか、とも考えられましたが、であればこの事件はセト=アポフィスとは関係がないことになる。痛し痒しです。
 わずか4.5光年先に赤い恒星が発見され、そこを周回する惑星に良好な生存環境があることがわかります。偶然にしてはできすぎている、と思いつつ接近を始めた時、驚くべきニュースが船内を駆け巡る。
 なんと、死んでいると思われたエビ状生物が身動きを始めたのでした。それだけではない。船内の至るところで爆発が起きます。こうなれば、あの赤い恒星の惑星に緊急着陸するしかない。しかしそれは、着陸ではなく<ダン・ピコット>の遭難という事態になります。
 そのエビ状生物が、二体のダルゲーテン、ケルマ=ジョとサグス=レトによる破壊工作用のものであることは、まだテラナーは知らない。

 この惑星に何か秘密がある、という疑いがあります。しかし細胞活性装置保持者は、相変わらず体調がおかしい。ここでグッキーが驚くべきアイディアを思いつきます。探検の時、細胞活性装置を外してみればいいんじゃないか、と。
 血相を変えるローダンに、数分間ならどうってことはない、60時間以上外すと致命的だけどそれ以下なら問題ないじゃないか、とけろっと答えるグッキー。
 この結果はどうなったか。


 あとがきにかえて は、今年還暦を迎える嶋田洋一さん。1956年生まれとのこと。
 60歳という年は、むかし小学校の頃はかなりの老人というイメージだったのに、自分がその年になってみるとそんな爺さんになったような気がしないなあ、と。
 今進行中のローダン・シリーズでは、テラナーの平均寿命は230~250歳で、60歳はまだ若造だとか。
 まだまだ老け込みたくないねぇ、と。

デトレフ・G・ヴィンター それと、新登場の1063話の作者デトレフ・G・ヴィンターのこと。1951年(あるいは1953年)9月23日フランクフルト・アム・マイン生まれで本名はデトレフ・ホルン。1970年代から<テラ=アストラ>シリーズの作家となり、<アトラン>シリーズを経て1981年から1985年まで<ペリー・ローダン>に参加したのだそうな。
 ですから、ローダンものとしては新人ですが充分キャリアは積んでいた人らしい。
 元々兼業作家で、現在は文筆業から遠ざかっているそうな。
 ファン歴が講じて作家メンバーになった人、という感じですかね。


 読書メーターの記録より  読了:2016/12/1
ページのトップへ   Ver. 3.03
管理番号:R400-533 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 533巻 出版社:早川書房
書名:超ヴィールス ハヤカワ文庫SF2101 ウ1-533 早川文庫7872 ISBN978-4-15-012101-3  C0197
1065 超ヴィールス Die Superviren ペーター・グリーゼ 1982/1/19 翻訳:嶋田洋一
1066 ゲシール・ポイント Gesils Punkt エルンスト・ヴルチェク 1982/1/26
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/11/25 購入:2016/11/23 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン533 超ヴィールス  1065 超ヴィールス
 自室でふさぎ込む惑星ロクヴォルトの科学調査団長であるサルガ・エーケシュから始まります。科学者たちのリーダーという立場にありながら、〝宇宙の捨て子〟キウープの我が儘と独断にすべてを引きずり回される公式な立場の憤懣と、土着生物に同化して暴れ回る父プレスター・エーケシュを殺した息子、キルト・ドレル・エーケシュをいまだに許せない私的な憤懣を抱いた状態。
 そのキウープがいきなり要求を出します。現在の施設を宇宙空間に釣り上げるために宇宙船を四隻すぐよこせと。それに要する許可も費用も手間も知ったことではない。権限さえどうでもいいらしいのは、いつもの事。
 ローダン不在のなか、ブリー、デイトンら、この実験とキウープの態度に怒りさえ示してきた指導者たちはぶつぶつつべこべ文句言いつつスター級、つまり新設計の直径200メートルサイズの派遣を決定。その決定の遅さを糾弾し、ローダンに責任者を処罰させてやるというキウープからの叱責は、むろん誰も聞く耳は持たず。
 NGZ425年6月22日、派遣された四隻はスカルファアル星系外縁に到着します。

 この間に、惑星ロクヴォルトではスフィンクスと呼ばれた謎めいた黒髪の少女、スリマヴォが再び現れます。彼女を放逐したキウープへの報復はあるのか、と関係者はやきもき。その不思議な力はいまも健在で、彼女の意図も目的も不明なまま。
 そのなかで、狂気にとりつかれたサルガ・エーケシュは何をしたのか。
 超ヴィールスにとりつかれた24名は、どうなるのか。

  1066 ゲシール・ポイント

 今度は舞台は<ソル>。黒い炎のゲシールがキャビンから姿を消した報告を受けて驚くアトラン。しかし二日後にふたたび現れます。姿を消してからの行動については何も説明なし。
 バーロ人が<ソル>を去ってから三ヶ月ほど、船内はこの男たちを魅了する少女の行動に振りまわされています。
 数日後のテラ暦4012年6月15日に、またゲシールは姿を消しました。今度はアトランは、彼女がいるであろうSZ=1のスプーディが収納された船倉に行き、そこでゲシールを発見します。しかし例によって、なぜそこにいたのかはまったく説明しません。
 ほかの男たちと同じようにゲシールに魅せられているアトランは、克己心を絞り出して理性的に振る舞おうとしていますが、コミュニケーションが上手く取れず苛立っているところ。ふと、ハイ・シデリトであるタンワルツェンの言葉が脳裏に浮かぶ。
 〝あのゲシールというのは、まさしくスフィンクスですな!〟  (P151)
 スフィンクスの語源を知らないタンワルツェンのこの形容ですが、スリマヴォと同じ描写になっているところが面白い。
 とはいえ、会話がすれ違ってしまうのはなぜなのか。コミュニケーションが取れないのはなぜなのか。
 「なにが起きたのか、実際のところ、よくわからないの」 ゲシールは絶望的な口調でいい、アトランの手をとった。「わたしを信じて。わかっているのは、なにかが発生段階にあるってことだけ。それはどんどん強くなって、わたしをつかまえて...」 彼女は言葉を切った。アトランは緊張した。相手がなにか重要なことをいおうとしている、と、感じたから。ここはよく考えさせて、自発的に話しだすのを待つしかない。「なにかを阻止して、なにかを助長させることが重要なの。ネガティヴな展開を逆転させて、対抗するふたつの流れを統合することは、まだ可能だと思う...」
 アトランには、ゲシールが重要な話をしていることが分かった。だが、どういう意味なのか理解できない。
 「なんの話をしている?」
 「どういうふうに説明すればいいの? 理解できないのは、あなたがこの複雑な問題について、前提となる知識を欠いているということ。あなたはこの問題に関与できない」  (P183-184)
 しかも、ゲシールがもっとも大事にしているものが、ペリー・ローダンの写真。そして彼女が、宇宙の特定のポイントに<ソル>の進路を変えるように要求すると、アトランの理性は飛びそうになる。
 どうしてそこに飛ばなくてはいけないのか、とアトランが問うと、
 ゲシールは声を出さずに唇を動かしていた。メルボーンはその唇を読んだ。〝<ソル>はそこに行く〟と、いっている。間違いない。  (P220)
 激怒したアトランがそれを拒否しても、乗組員だけでなくセネカまで、いつの間にかそのポイントへむかう進路を変えようとしない。ゲシール・ポイントといつの間にか名づけられたそのポイントへ。
 そこにいったい何があるのか。


 あとがきにかえて は、嶋田洋一さん。
 ぎっくり腰をやってしまい、それとの戦いの話。医者に診せたら、椎間板ヘルニアとか腰椎の圧迫骨折などというものでなく典型的な
ぎっくりだと言われたそうですが、それでも痛いものは痛い。運動不足かなぁ、とのこと。
 あれは本当にきついッス。

 今回の表紙絵はスリマヴォとゲシールでしょうけど、多分手前がスリマヴォでしょうね。ゲシールの黒い炎は、さすがに映像化できなかったらしい。(笑)


 読書メーターの記録より  読了:2016/12/16

ページのトップへ   Ver. 3.03
管理番号:R400-534 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 534巻 出版社:早川書房
書名:回転海綿との邂逅 ハヤカワ文庫SF2105 ウ1-534 早川文庫7888 ISBN978-4-15-012105-1  C0197
1067 虚無の淵 Am Rand des Nichts H・G・フランシス 1982/2/2 翻訳:原田千絵
1068 回転海綿との邂逅 Rückkehr in die Hölle クルト・マール 1982/2/9
  価格:660Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/12/15 購入:2016/12/9 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン534 回転海綿との邂逅  1067 虚無の淵
 またまたイホ・トロトとブルーク・トーセンの珍道中。セト=アポフィスに支配されたりされなかったりの連続に、もういい加減にしろといいたくなるのですが、まだ続くらしい。
 「あなたの精神状態は不安定になっています」 ブルーク・トーセンがからだを起こして、診察台の前に滑り降りると、医療ロボットが説明した。「神経を酷使したせいです」  (P26)
 などとご丁寧にいわれても、だからどうすればいいんだよと毒づくしかない。負担を減らせば回復するでしょうなどといわれても。
 とりあえず、セト=アポフィスの支配が少しゆるんできたようです。よかったね。

  1068 回転海綿との邂逅
 惑星EMシェンが舞台で、ニッキ・フリッケルがちょっとメインの回。
 実はこの惑星には、いっぷう変わった知的生物が生息しており、テラナーの調査と平行して彼らの生態が描写されています。
 テラナーのターンでは、ポルレイターの謎を追究する必死の努力が続いているのですが、まだまだはかばかしくない状態なのですが、その捜索を妨害する謎の海綿生物に悩まされます。回転海綿と呼ぶ生命体が、匍匐海綿と呼ぶ小型の生命体を指揮しているらしいのですが、まったくコミュニケーションが取れないために情況は悪化の一途を辿っているのです。
 この海綿と意思疎通ができたらしい、とニッキ・フリッケルはローダンに報告します。嘲笑混じりの顔でそれを聞くローダンですが、内容をよく聞くうちにだんだん表情が険しくなる。
 彼女の提案で現在行っている岩の掘削の計画を変えることとしましたが、それでなんらかの解決になるのか。
 ニッキはその回転海綿を〝シニア〟と名づけました。年長らしいから、というのがその理由らしい。
 しかしまさか、その寿命がわずか数週間だとは。


 あとがきにかえて は、原田千絵さん。
 北ドイツの協会でオルガンを弾くことになったのだけれど、キリスト教徒でない自分が賛美歌をひいて良いものか、習い始めて半年一年なのに弾いていいのか、などと悩むことばかり。でも前向きな姿勢は、いいね。  (2017/1/1)



 読書メーターの記録より  読了:2016/12/29
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-535 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 535巻 出版社:早川書房
書名:テラナー抹殺指令 ハヤカワ文庫SF2106 ウ1-535 早川文庫7889 ISBN978-4-15-012106-8  C0197
1069 テラナー抹殺指令 Tötet die Terraner! H・G・エーヴェルス 1982/2/16 翻訳:小津 薫
1070 物質の虜囚 Gefangene der Materie ウィリアム・フォルツ 1982/2/23
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/12/25 購入:2016/12/21 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン535 テラナー抹殺指令  1069 テラナー抹殺指令
 またまた物質暗示者の二人、ダルゲーテン人のサグス=レトとケルマ=ジョのターン。
 徐々にセト=アポフィスの支配がゆるんでいく様子なのですが、これは故意に嘘をつく存在を理解できないダルゲーテンがその呪縛から離れつつある、というより、このダルゲーテン二人が堕落していくということなのか?(笑)
 いずれにしても、精神の力で暗示バリア能力を活用すれば、セト=アポフィスの意志を遮断すれば自由を維持できる、という発見は、二人を活気づけます。

 ローダンの側では、重巡洋艦<トレイガー>に乗船しているローダンは、カマシュ人で生態心理学者のアルフォ・コハマーを見て不快感を覚えます。かつて石像のような神像ルログを持ち歩いてローダンの艦隊で大混乱を引き起こしたカマシュ人、パトゥリ・ロコシャンを思いだしたから。
 惑星インパルスⅡに接近するにつれて、この惑星が核兵器で荒廃していることを発見します。とはいえここに何か、ポルテイターにつながるものがあるらしいという確信がある以上、この惑星を探査するのは当然。
 しかしここでまさか、ポルレイターのアンドロイド、つまりポルレイターがその精神を宿らせる物体を発見するとは。
 しかも、そこに現れたのは、サグス=レトとケルマ=ジョ。彼らはセト=アポフィスの呪縛から離れた者として、テラナーの側に付くと表明します。しかしローダンとしては、この二人がセト=アポフィスの工作員に変異する恐れを棄てられないところ。

  1070 物質の虜囚
ポルレイター クリンヴァンス=オソ=メグという名前の最初の部分は個人名。二番目は、太古の部族グループに所属していたことを示すなにか。三番めは職業または地位を現すもの。水利権の専門家。
 彼の同胞が隠遁する原因となった虚脱感に悩まされています。
 彼らこそが、ポルレイター。というかその生き残り。
 球状星団M-3の周辺部にある惑星、人類がクラタウと名付けた、希薄な酸素大気を持つ火星大の惑星に、スター級重巡洋艦<トレイガー>が着陸します。新銀河暦425年7月のこと。

 七万のポルレイターのうち、今生き残っているのはどのくらいなのか。七千か、二千か。
 その謎、疑問を抱えつつ、クリンヴァンス=オソ=メグはポルレイターの代表として、二人の深淵の騎士、ペリー・ローダンとジェン・サリクと対面します。
 これは未来に何をもたらすのか。


 あとがきにかえて は、小津薫さん。
 ドイツ語を学ぼうとした経緯について。学生時代のこと、ロシアとの出会いのこと、イタリア語との出会いのこと、そしてドイツ語。
 なるほど、人に歴史あり、とね。  (2017/2/12)



 読書メーターの記録より  読了:2017/1/24
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-536 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 536巻 出版社:早川書房
書名:中継基地オルサファル ハヤカワ文庫SF2109 ウ1-536 早川文庫7903 ISBN978-4-15-012109-9  C0197
1071 中継基地オルサファル Zwischenstation Orsafal マリアンネ・シドウ 1982/3/2 翻訳:渡辺広佐
1072 マゼラン行きのキャラバン Karewane nach Magellan エルンスト・ヴルチェク 1982/3/9
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/1/15 購入:2017/1/1 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン536 中継基地オルサファル  1071 中継基地オルサファル
 ダルゲーテン2名がポルレイターを活動体にもどす作業を始めてから二週間たった、惑星オルサファル。ポルレイターの奇妙なふるまいをぼやくローダンとグッキーから始まります。かつてM-3球状星団に来たとき、ポルレイターの数は七万だったのですが、現時点で二千しか発見されていません。一割は生き残っているはずと思っていたクリンヴァンス=オソ=メグにとっても、他のポルレイターにとっても、この数字は受け入れがたいもの。
 ともかく、現時点でローダンの目標は、セト=アポフィスより早く、M-3の中枢部にあるポルレイターが建設した惑星規模の施設、新モラガン・ポルドに到達すること。とはいえ、そこにあるはずの太古のデータについてポルレイターが語ろうとしないのは、忘れてしまったのか、テラナーを信用せず沈黙を続けているのか、まだわからない。ポルレイターの後継者たる深淵の騎士が、わずか2名しかいないこともポルレイターの不信感に輪をかけているのかもしれない。

 しかも、このポルレイターとのコミュニケーションに関しては、惨憺たる状態です。テラナーの目から見て、狂っているとしか見えないポルレイターの様子は、いったいどいういうことなのか。彼らは、テラナーの旗艦である<ラカル・ウールヴァ>に移ってほしいという言葉すら理解できないらしい。
 なんとか説得して乗艦してもらったものの、会話はすれ違うばかり。

  1072 マゼラン行きのキャラバン
 こちらは、いよいよ大マゼラン星雲に到着したアトランと<ソル>御一行。
 太陽系を進発し、大マゼラン星雲のトルベクス商館にに向けて旅立った380隻からなるハンザ・キャラバンが到着したのは、ちょうどこの頃。<ソル>との邂逅はどんな形になるのか... と思ったら、<ソル>の側で問題発生。
 いろいろ問題はあったものの、アトランの強い発意でローダンへのプレゼントとして搭載していたスプーディが突然消滅します。でもって、それが<ソル>を管制しているセネカを乗っ取ってしまったらしい。彼らに自分の意志などないはず。
 さては、セト=アポフィスの陰謀か!
 アトランはこれに対抗するためあれこれ作戦を立てますが... ありゃ。

 ええっ、どうするんだ、この先!


 あとがきにかえて は、渡辺広佐さん。
 6月にアキレス腱を切って以来、しばらく遠出をしていなかったそうですが、房総半島に旅したのだそうな。
 その二泊三日の旅の様子。いいなぁ。こういうゆったりした時間と余裕を持ちたいものです。  (2017/2/15)


 読書メーターの記録より  読了:2017/2/11
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-537 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 537巻 出版社:早川書房
書名:自転する虚無 ハヤカワ文庫SF2110 ウ1-537 早川文庫7904 ISBN978-4-15-012110-5  C0197
1073 自転する虚無 Das rotierende Nichts H・G・フランシス 1982/3/16 翻訳:星谷馨
1074 M-3から呼ぶ声 Lockruf aus M3 カール・H・シェール 1982/3/23
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/1/25 購入:2017/1/26 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン537 「自転する虚無」  1073 自転する虚無
 日本語版と、この本の前半である〝Das rotierende Nichts〟の表紙を飾るのは、無敵の超人イホ・トロトと究極の生物トラアー Traah。
PR1073_Das rotierende Nichts 体高2.5mほど、猛禽特有の鋭いくちばしと逆立った羽根のせいで不格好に見える4本の脚を持ち、羽毛に覆われた長い胴体の末端に水色や赤い色の尾が生えている、怪物。エネルギー・ビームの直撃を受けてもびくともせず、砲弾のような速度で突進して宇宙船の装甲板をぶち抜く事ができる。その泣き声から、トアラーと呼ばれました。
 この怪物を取り押さえようとしたイホ・トロトですが、今まで無敵を誇ってきた彼の手にまったく負えない。すべてのものを吸い込み、破壊する〝自転する虚無〟は目の前。さあ、どうするのか。

 と、ここまで盛り上がったのですが、決着はなんともはや。おいおい、もっと血湧き肉躍る策略は思いつけなかったのか、フランシスさん?

  1074 M-3から呼ぶ声
 カール・H・シェールがこの前にローダンを書いたのは、ドイツ版「500 Sie Kamen aus dem Nichts」(刊行1971/4/20)、日本版・250巻「虚無より来たる」(刊行 1999/5/15)の後編「虚無より来たる」でした。
 この日本版537巻後半「M-3から呼ぶ声」、ドイツ版「1074 Lockruf aus M3」は、原作刊行が1982/3/23なので、ドイツでも11年のブランク、日本ではなんと18年も間が開いています。
 お久しぶり、シェール御大!
 (この文章は、鐵太郎自身が2chのローダン・スレに書き込んだ文章を元にしています。剽窃ではない。念のため)


 この巻で、過去、西暦2401年の太陽系艦隊の勇将、クリフトン・キャラモンが登場します。アンドロメダへの拠点となる95万光年かなたの星系、のちに〝散弾転送機〟と名づけられた星への進出を画策していたころ、特殊任務のため新型戦闘艦32隻を率いてM-13に向けて発進したキャラモン提督、通称CCは、旗艦<ソドム>と共に行方不明となったのでした。
 この過去の軍人が、現代、つまりNGZ425年、M-3星雲で苦戦する<ラカル・ウールヴァ>を旗艦とするローダンらの前に現れたのでした。〝彼は〟は、不思議なことを色々話したのち、超脳力の減退に苦しむグッキーに話しかけます。
 「 ・・・ さ、早くしろ、ちび。ぐずぐずするなら、しっぽに結び目をつくるぞ」  (P211)
 グッキーにこれだけ気安く話しかける人物とは、いったい何者なのか。

 アラスカ・シェーデレーアとグッキーが見つけたのは、冷たく輝くエネルギー・ラインの格子で形成されたベッドに横たわるたくましい男のからだ。はるかな昔、行方不明になった友である事に気づくグッキーは、アラスカにつぶやく。
 「あんたがあと先年早く生まれていれば、かれのこと知ってただろうにね。クリフトン・キャラモン提督は、当時の太陽系艦隊で一番有能な司令官だった。散弾星系での開囲戦が始まるちょっと前、行方不明になったのさ。よくおぼえているよ、ずいぶん探したから。いまならわかる。たぶん、偵察中にM-3に接近しすぎて罠にはまったんだ。あのとき・・・旧暦2401年の12月、ぼくら<クレストⅡ>でスタートしたんだけど、窮地におちいってさ。キャラモンが最新鋭の特務部隊を率いて助っ人にくることになっていたんだ。でも、こなかった。やっと理由がわかったよ」  (P230)
 目覚めたのは、身長1.99メートルのたくましいハンサムな禿頭の男。38歳くらい。グッキーによると昔はカールした長い黒髪だったそうな。ポルレイター、トゥルギル=ダノ=ケルグを敵と呼ぶこの男は、実にエネルギッシュに行動を開始します。
 自分が今後の指揮を取る、と堂々と宣言するこの男の出現は、この世界に何をもたらすことになるのか。

 ヌールー・ティンボン Nuru Timbon は、この巻が初登場ではありません。529巻「難船者たち」で初登場している、2.02メートルの長身ながら痩せているので華奢に見える黒人。ところが、この名前について2chでは過剰反応する方々がおられます。まァ、ここのスレにいる方々は、基本平均年齢が高い連中ばかりですから、厨二病的な反応をすることを楽しんでいるんだろうけどさ。(笑)


 あとがきにかえて は、星谷馨さん。
 シェールの翻訳を担当することでびっくりしたこと、登場する過去から甦った男の姿が、病気で倒れて復活したシェールの姿と重なること、信義に厚い「昔」の軍人たちの姿など、さまざまなこと。
 2017年、トランプ氏がアメリカ第45代大統領となる時代もキャラモンの生きた25世紀も、声の大きい力強いものが支配する世の中だったんだな、という思い。反グローバリズムへの危惧。
 ローダン世界も、現実の我々の世界も、激動の時代に入っているようです。  (2017/3/2)



 読書メーターの記録より  読了:2017/2/23
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-538 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 538巻 出版社:早川書房
書名:ポルレイターの秘密兵器 ハヤカワ文庫SF2113 ウ1-478 早川文庫7921 ISBN978-4-15-012113-6  C0197
1075 ポルレイターの秘密兵器 Die Waffe der Porleyter マリアンネ・シドウ 1982/3/30 翻訳:若松宣子
1076 ポルレイターの道 Der Weg der Porleyter ホルスト・ホフマン 1982/4/6
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/2/15 購入:2017/2/10 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン538 ポルレイターの秘密兵器  1075 ポルレイターの秘密兵器
 恒星アエルサンを周回する惑星ユルギルに放置されたかつての巡洋戦艦<ソドム>から始まります。気ぜわしいというより、苛立っている様子のCC、つまりクリフトン・キャラモン(今回の表紙絵の人)は、なにかを恐れているのか。彼がもらした言葉、ヴォワーレとは、いったい何なのか。惑星ズルウトに行って〝秘密兵器〟を手にしたいのか。
 逆に言うと、ほかの人々はクリフトン・キャラモンが〝硬直の霊堂〟で長年のあいだ眠っていた間に起きたことはどんなことなのか、ポルレイターへの不信や憎悪がどうやって生まれたのかを知らない。そして現在のポルテイターは平和に見えるけれど、その中のひとりトゥルギル=ダノ=ケルグの正体も知らない。このダノが、キャラモンを次の生け贄、アンドロイドとして使役するつもりであることも。
 しかしそれは、キャラモンが、「現代」の人々がミリタリズムではなく平和主義、共存主義で生きようとしていることにいまだに慣れないこととは別問題か。
 グッキーが、このあたりの矛盾、理解の断絶に気づき、ポルレイターに対する考えと、さらに過去の人キャラモンの女性観についても手厳しく指摘します。
 「ぼくらにはポルレイターたちが必要なんだよ」 グッキーは強くいった。「ぼくらに正しい道をしめせるのは、かれらなんだ。だけど、怒らせたら、きっとぼくらには行き先もわからない逃げ道を思いつくだろう。CC、ぼくらはどんな犠牲をはらっても、ポルレイターと最後までいっしょにいなくちゃなんない。ダノはその試金石だ ・・・ いいや、それ以上かもしんない。この試練を乗りこえなくちゃ。あんたがどう考えてるか、わかるよ。勝ちたいんだろ。命も助かりたい。当然のことだ。だけど、ぼくらのひとりひとりを完全に信じてもらわないと、そいつは叶わない。セレーの中に、本人でないもの、本人が望まないものを見るのはやめなよ。彼女にはあんたの保護の手は必要ないし、逆の役割をひきうける気もさらさらない。かよわい少女の役割も、母親の役割も押しつけちゃいけない。セレーは航宙士だ。ポルレイターと直接コンタクトしていたあんたが特別な人物だってことも、彼女はわかっている。重要な存在だから、彼女はあんたを守るためなら何でもやるね」  (P100)
 マリアンネ・シドウだからこそ書けた言葉、といっていいのかな。
 この先、グッキーと「現代」の人々の考えたどう発展するにしても、これは男性中心のまま描かれていたこのシリーズの中で、一つの違った色の光を灯したのかもしれません。

 カルデクの盾、という言葉がクリフトン・キャラモンの口から前巻で出ます。そしてヴォワーレ。ヴォワーレとはポルレイターの良心だったのか。しかしキャラモンはポルレイターの秘密兵器のことというのでした。彼が二千年眠っていた間に、彼の身体はポルレイターの手によって改造され、内蔵も筋肉もほとんどメカニズムと入れ替えられていますが、それだけではない。彼は心にも深い傷を負っていたのでした。
 しかし本当の秘密兵器とはなんだったのか。
 ヴォワーレは失われます。ヌールー・ティンボンとセレー・ハーンもまた、失われました。

  1076 ポルレイターの道
 自由テラナー連盟所属の巨大宇宙艦<ラカル・ウールヴァ>を見守る複合艦隊は、LFTと宇宙ハンザ同盟あわせて280隻の艦船数。M-3星雲の中枢部で、ローダンはポルレイターとどのように交渉を進めるべきか、いまだにその道を模索しています。
 救助されたポルレイターは2,011名。その中でテラナーへの共感を示していたクリンヴァンス=オソ=メグたちグループは少数派となり、その政敵ともいえるラフサテル=コロ=ソスの勢力は増すばかり。彼らは200万年前の故郷に帰ること、かつての栄光を取りもどすことを望んでいるようなのだけれど、その方法が現代のテラナーには相容れない。
 セレー・ハーンとヌールー・ティンボンの死をまだ知らないローダンらは、クリフトン・キャラモンらの先行グループの情報をなんとか得ようとアエルサン星系第三惑星ズルウトに向かいます。そこでグッキーはなにを見つけたのか。
 深淵の騎士の先駆者であったポルレイターたちは、ヴォワーレを創り上げた後なにをしたのかは、まだローダンらには謎のまま。
 しかしその間にも、細胞活性装置所持者たち、特にミュータントたちを襲う致命的な疲労感は、ますます高まるばかり。彼らには、もう時間がない。
 「われわれ全員、もう充分熟慮しつくした。正直にいうなら、かれらが外でなにを計画しているか、考えるだけで不安だ。それが判明するまでズルウトにのこるべきだと、なにかがわたしに告げている。しかし、もう終わりだ、ジェフ。<ラカル・ウールヴァ>はすぐにスタートし、艦隊とともにM-3を離脱する」  (P235)
 このローダンの判断は、彼の苦しい立場を救うのか。
 しかし、ポルレイターたちはもう、オソを排除してテラナーの敵となっています。もはや、<ラカル・ウールヴァ>は脱出できない。
 さあ、どうする。


 あとがきにかえて は、グッキーがキャラモンに「説教」する場面。著者である女性マリアンネ・シドウの思いが表されているのではないか、と。原作が刊行された1980年代に、西ドイツで出版されたイリーナ・コルシュノフの『ゼバスチアンからの電話』に描かれた自立する母と娘の姿を思いだしたのだそうな。
 そしてヒラリー・クリントンの歴史に残る大統領選の敗北宣言スピーチのこと。いつか誰か、次の世代の誰かがこの分厚いガラスの天井を打ち砕いてください、と締めくくった言葉。ドイツのメルケル首相が、当選した、傲慢さを剥き出しにするトランプ大統領への祝辞の中にこめた痛烈な皮肉。
 締めくくりとして、今回初登場の著者ホルスト・ホフマンのこと。1950年生まれで1982年よりローダン執筆チームに加わり、1984~1987年はプロット作家の役も果たしたそうな。2009年まで基幹作家として活躍した人とのこと。ほう。  (2017/3/18)



 読書メーターの記録より  読了:2017/3/10
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R400-539 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 539巻 出版社:早川書房
書名:異変の<ソル> ハヤカワ文庫SF2114 ウ1-479 早川文庫7922 ISBN978-4-15-012114-3  C0197
1077 恐怖のオーラ Aura des Schreckens デトレフ・G・ヴィンター 1982/4/13 翻訳:林啓子
1078 異変の<ソル> Die Seth-Apophis-Brigade クルト・マール 1982/4/20
  価格:660Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/2/25 購入:2017/2/24 表紙イラスト:工藤 稜(くどう・りょう)
ローダン539 異変の<ソル>  1077 恐怖のオーラ
 ポルレイターのクリンヴァンス=オソ=メグの死と、精神存在であるヴォワーレの喪失の結果、2,011名の、用意されたアンドロイド体に意識を移したポルレイターたちは、新モラガン・ポルドの秘密がある五惑星施設をまもり、テラナーを敵とする方針にまとまってしまいます。
 その結果<ラカル・ウールヴァ>では一切のエネルギーが作動せず、惑星から発進することができない。近傍宙域に待機する支援のための複合艦隊も、ハイパー物理製のバリアで拘束されています。ポルレイターの科学力、恐るべし。
 このままではいかん、行動に移るべき、と考える急先鋒は、過去から甦ったクリフトン・キャラモン提督。古い時代のメンタリティをそのまま持ったこの武人は、平和をなにより求めるローダンの考えを消極策と断じます。ついにその意見に屈したローダン、計画の第三段階に入ることを指示します。
 四人のメンバーが選抜され、探索行に出ます。彼らが発見したものとはなんだったのか。
 カルデクの盾という、ポルレイターの秘密兵器には何ものもかなわないのか。
 しかし、圧倒的なポルレイターの力に、テラナーはまったく対抗できなかったのでした。

  1078 異変の<ソル>
 大マゼラン星雲まで帰還してきた巨大宇宙船<ソル>のターン。
 スプーディ経由でセト=アポフィスに支配されているだけでなく、謎めいた少女ゲシールにも支配されてしまっているこの船で、銀河系に接近するアトランと乗組員たち。テラまで五万パーセク (つまり約16.3万光年) の距離ですが、なぜかアトランはすぐに銀河系に連絡を取るのとちょっとためらってゲシール なんだっている様子です。
 その原因はいろいろあるのですが、まずはゲシールがそのひとつか。日本版の最初の翻訳のためか挿絵のためか、美少女のようなイメージで捉えている日本人読者も多いようなのですが、原作の挿絵は左のようになんともはや、こんな顔なのです
 ゲシール ・・・・ 謎めいた女。この出自不明の若い女は、創造主が与えたに違いないあらゆる身体的魅力に恵まれていた。官能的なオーラにつつまれ、<ソル>の男はひとりとしてそれから逃れることはできない。女たちからは悪魔呼ばわりされ、男たちからは女神のごとく崇められていた。  (P154)
 女神じゃないだろオ○ペットだろ、とか、女たちから悪魔呼ばわりされるのなら当然嫉妬による傷害事件があってしかるべきだろ、とか、LGBTの方々の評価はどうなの、とかいろいろ突っ込みどころはあるのですが、前回マリアンネ・シドウさんが語った男女のあるべき姿からまたまた数十年引き戻されちゃったなぁという感想にとどめておきます。正直、この女性のエロチックな描写はつまらない。美少女スリマヴォの原作の挿絵はどうなんだろう?
 このゲシールに心をとろかされた男たちの中で、むろんアトランは一番の権力者です。ですから当然ゲシールは現時点でアトランの独占物。しかしゲシールがローダンの写真を見てうっとりしている様子を見てしまったアトランは、嫉妬と不安に駆られています。当然のことながら。
 このへんがつまらんと思う理由のひとつ。なんだろね、このステレオタイプ。LGBTの存在は許されなかった時代ってこともあるんでしょうけど、いい女には男はみんなよだれを垂らして群がるもの、ってのは普遍的真理じゃありませんぜ。
 もう一つのアトランの理由は、サプライズとしてドラマチックにローダンの前に姿をあらわすことに意味があるのだ、という。これもよくわからない。
 いずれにしても、アトランの指揮する<ソル>は、ダンベル船の姿から球体をひとつ失った状態ですが、出迎えに出たローダンたちとついに再会します。数百年ぶりに出会った二人はどんな会話を交えるのか、という興味はあるのですが、なんとも興醒めなことに、アトランら<ソル>の乗組員はスプーディを頭に入れてセト=アポフィスに支配されていますし、アトランの横にはローダンをたらし込もうというやる気満々のゲシールが控えており、たちまちローダンを魅了します。
 なんてこった。

 で、そのさなか、ハンザ司令部、つまりかつてのインペリウム=アルファに<ラカル・ウールヴァ>が到着します。船内に無敵の2,010名のポルレイターを載せて。指揮を取るレジナルド・ブルとしては、憮然として着陸を許可するしかない。
 さあ、どうなるのか。


 あとがきにかえて は、林啓子さん。
 『地味にスゴイ! 校閲ガール・川野悦子』 というドラマが去年の秋にあったのだそうです。このドラマの中で描かれる校閲という作業でローダンの翻訳で編集や校閲の人たちにお世話になっていることを思いだしたとのこと。
 また、ヘフトという隔週発売の週刊誌ということもあるのか、ローダンの話のいい加減さ、辻褄の合わなすぎるところ、死んだはずの登場人物が何度も生きていたりすることなど、色々な苦労があるそうな。
 そして長年育ててくれたベテラン編集者K氏の定年退職日が、この巻の翻訳締切日と重なったこと。
 この場をお借りして、心より感謝申し上げたい。
 いつの日か 「育ててよかった」 と思われるような翻訳家になりたいと思う。  (P281)
 林さんがローダンの翻訳を始めたのは、2005/7/15刊行の「ゼロ時間の橋」の前半。それからもう12年がたっているんですね。もうそんなに時間が経ったのか。  (2017/3/26)


 読書メーターの記録より  読了:2017/3/23
前へ 宇宙英雄ローダン 530~539 先へ