トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


S066佐藤大輔へ
 佐藤大輔・(遥かなる星)(地球連邦の興亡) 
管理番号 書名 備考
S066-015
S066-017
S066-023
遙かなる星[1] パックス・アメリカーナ
遙かなる星[2] この悪しき世界
遙かなる星[3] 我らの星 彼らの星
宇宙に賭けた人々の夢
S066-025
S066-028
S066-032
S066-037
地球連邦の興亡 1 オリオンに自由の旗を
地球連邦の興亡 2 明日は銀河を
地球連邦の興亡 3 流血の境界
地球連邦の興亡 4 さらば地球の旗よ
近未来、宇宙連邦の興亡と人類史
S066-075
S066-076
S066-077
S066-078
地球連邦の興亡 1 オリオンに我らの旗を
地球連邦の興亡 2 明日は宇宙を
地球連邦の興亡 3 流血の境界
地球連邦の興亡 4 さらば地球の旗よ
本編中断のまま文庫版が出たけど、けっこう手が入ってる
S066-080 宇宙軍陸戦隊  「地連」の最後の外伝
佐藤大輔
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S066-015 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:遙かなる星[1] パックス・アメリカーナ ISBN978-4-19-850224-2 C0293
トクマ・ノベルズ 価格:780Yen ページ数:221P 本のサイズ:新書
初版発行:1995/6/30 購入:1995/7/11 カバーイラスト:鶴田謙二 カバーデザイン:真野薫
遙かなる星 [1] パックス・アメリカーナ この本を捜したのは、ブログにあるような言葉が頭をよぎったから。
 正確に言うと、こう書かれていました。
 「やるさ、いつかやってやる。君を宇宙につれてってやる。そのために、働いて金をもうけてくれ。いや、妙な反対をしないだけでもいい。人並みに税金を納め、俺のやることを眺めているだけだっていい。そうしてくれるなら、俺は、何でもやってみせる。もし君にロケットへ乗るだけの金がなければ、みているだけで小便もらしそうになるやつをつくってみせる」
 醜男と表現してよい男はそう断言した。
 「本当に?」
 「俺は法螺は吹くが嘘はつかん。考えてもみろ。人はなんのために生まれたんだ? この、たかだか半径6500キロのゴミのような惑星でくたばるためか? 違う。絶対に違う。少なくとも俺はそれを認めない。人間は、この空の上にある世界を引っかき回して遊ぶために生まれたんだ」 (P43-44)
 近未来SFとは、たいていの場合から何年、何十年にこうなったら、という想定の上に描かれます。著者はそれに対し、から何年、何十年に何かがあったから現在がこう変わり、そして未来にはこんな歴史が生まれる(かも)という書き方をします。そのためにさまざまな知識を活用して独自の歴史解釈を行い、著者が思うかくあるべきと言う未来図を描きます。
 あるべき、ではないのかも知れない。ある意味で。こうあって欲しいがこうなってしまうんじゃないか、という未来ですかね。


 わずか未来の1998年に行われた葬儀から始まります。謎の老人の死。子や孫も、国家の中でそれなりの地位にあるらしい。未亡人たる老婦人は謙虚な口調で、故人の最後の願いをかなえてもらえれば、と願う。それを聞いた国家の重鎮たる男たちは、絶対の命令を聞いた如くそれに従う。彼は何者だったのか。

 1956年7月27日、仙台市の北にある御所山(ごしょざん)、現在の呼び名で船形山(ふながたやま)の東にある王城寺原(おうじょうじがはら)で行われたロケット発射の実験場に向かう学生・屋代幸男(やしろ・ゆきお)から始まります。そこで彼が出会ったのは、旧士官学校卒業の陸上自衛隊の原田克也(はらだ・かつや)三佐と、背の低い、汗っかきの太った男。この男が冒頭のセリフを屋代と交わします。
 彼は、北崎重工業に籍を置く黒木正一(くろき・しょういち)。大陸で怪しげな政商として活躍し、戦後日本有数のコングロマリットを興した北崎望(きたざき・のぞむ)に宣言されます。君は、いずれはここを出ていく人だ、出ていった先でも僕は後援してやる、活躍して宇宙を目指し、僕にもっと儲けさせてくれよな。

 北崎重工業とは、著者お気に入りの軍事製造会社。「地球連邦の興亡」にも出てきます。YB-49
 彼らだけではない、世界のロケットに取り付かれた男たちは、宇宙への夢を抱きつつ、現実的には軍拡競争の中のミサイル開発に取り組みます。それしか道がないのなら、悪魔とも手を組もうというプラグマティックな男たち。
 宇宙開発競争は激化していきます。史実と違うのは、日本の地歩がやや大きくなっていることか。北崎がノースロップからあのYB-49(右写真)をせしめて、自社のターボファン・エンジンに換装して空中発射式ロケットの母機に使うというネタは、いかにもってかんじですね。しかも上面を濃緑色、下面を青灰色に塗り分けるという稚気は、明らかに著者の趣味でしょうな。

 ロケットの開発は軍拡と平行して進行し、超大国の疑心暗鬼もつのります。その中で某大国の第35代大統領とその個人的チームの決定的な誤認により、史実ではぎりぎりの綱渡りで乗り切ったキューバ危機が火を吹く。
 「神よ、許したまえ」 大統領はうめいた。
 「いえ、無理でしょう」 テーラー統合参謀本部議長が快活さすら感じさせる声で否定した。
 「地獄に堕ちるというのか?」
 「いいえ」
 「ならば、どうだというのだ?」
 「神はあなたとフルシチョフに、サタンの代わりに地獄をおまかせするに違いありません。さしずめ自分などは、ベルゼブブといった役回りでしょうか」
 アメリカの覇権による平和(パックス・アメリカーナ)の終焉の時でした。

 佐藤大輔が14年前に語った未来の夢。これも実は、三巻で中断しました。困ったもんだ。  (09/11/29)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S066-017 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:遙かなる星[2] この悪しき世界 ISBN978-4-19-850282-X C0293
トクマ・ノベルズ 価格:780Yen ページ数:206P 本のサイズ:新書
初版発行:1995/12/31 購入:1995/12/24 カバーイラスト:鶴田謙二 カバーデザイン:CNT508
遙かなる星 [2] この悪しき世界 日本という国が、どうやって第二次世界大戦のあとの世界の中でイニシアティヴを取れるのか。
 第三次世界大戦をどうやって乗り切るのか。
 人間がどう頑張っても世界人になり得ず、姑息な国家主義・民族主義をもったままの世界しかできなかったとしたら、この偏狭で機会主義者で独自の伝統文化の中にこり固まった日本人は、どうあるべきなのか。
 そうだとしたら、日本人は何のために宇宙を目指すのか。

 この命題に対する佐藤大輔の答えの一つは、この巻で出てきます。
 戦争に勝って世界の人々を導く正義の天使・伝道師となった日本人などという、仮想戦記ではありがちな世界は最初から放棄しています。
 俺たちは、しょせん日本人さ、とね。
 自虐ではない、開き直りです。

 既得権益、しがらみ、官僚主義、本音と建て前、伝統墨守と新しもの好き、節操のない機会主義者という日本文化のただ中で、1962年の核兵器による短期間の戦争の末に壊滅したアメリカ合衆国と消滅したヨーロッパ、そして半壊したソビエト連邦という、支配するもののなくなった世界はこの先どうなるであろうかという考察がなされます。ここで日本人は、はなはだプラグマティックな結論を出します。
 この先も人類は、間違いなく愚行を重ねるに違いない。そして、今回のような日本にとっての幸運は、次もあるとは思えない。
 ではどうすべきか。
 第四次世界大戦の発生までに、我々だけでも地球を脱出し、人類の生存範囲を広げようではないか。

 日本という国家を誘導するある組織の中で出たこの結論に従い、日本はかつてのアメリカ合衆国、今のソビエト連邦とはまったく異なる宇宙開発に狂奔します。月を目指したアメリカに対抗していたソ連が、月面基地から火星探検へとその世界を広げてNorth American XB-70 Valkyrieいくのを無視し、日本の宇宙開発は軌道ステーション建設から大気圏外への大量物資移送にターゲットを絞る。
 USAFから買い上げたのち独自の改良を施した北崎XT7の巨体が宙を飛ぶのも、その一環か。
 「しらとり」という優美な愛称を持ち、両翼に日の丸を付けていながら、だれもがXB70A「ヴァルキリー」としか呼ばない巨大な超音速空中母艦。(右写真は、むろんUSAFのXB70A)

 航空自衛隊の傍系にいたために一佐で終わりそうな原田克也は、北崎望に引き抜かれて北崎重工業の専務として航空機部門を統括することになります。廃墟となったヨーロッパから移住してきた老いたクルト・タンク博士を使ってみたいか、といわれて拒否するいわれはない。
 黒木正一はNASDA(宇宙開発事業団)の重鎮となります。この世界では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は作られなかった訳ですな。
 日本の宇宙開発は、多段式のロケットを飛ばす方式ではなく、宇宙往還機ミニバス、超重量運搬機ヘヴィ・リフター、対軌道輸送機ハイバードをメインに開発が進みます。
 唯一残った旧超大国の一員であるソ連の、宇宙の神秘を解明する英雄的な探検行には一切付き合おうとしない。

 1987年5月、ヘヴィ・リフター2号機HL2「おおとり」の事故がこの巻の最後のイベントか。
 再突入の際に発生した手違いにより、HL2は沖縄基地への帰還ができなくなり、搭載コンピュータは代替着陸空港としてある場所を選択します。かつて世界の宇宙計画の最先端にあったカナベラル空軍基地、今や壊滅し分裂し、人種的偏見により黄色人種を憎んでいる東アメリカ人のまっただ中です。
 屋代幸男の長男、航空自衛隊パイロット上がりでHL2の副操縦士を務める屋代昌幸(やしろ・まさゆき)、タックネーム「マイティ」が命を落とすこととなったのは、まさにその場所でした。

 つぎの未来を、佐藤大輔はどう開くのか。  (09/12/2)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S066-023 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:遙かなる星[3] 我らの星 彼らの星 ISBN978-4-19-850335-4 C0293
トクマ・ノベルズ 価格:780Yen ページ数:228P 本のサイズ:新書
初版発行:1996/10/31 購入:1996/11/10 カバーイラスト:鶴田謙二 カバーデザイン:CNT508
遙かなる星 [2] 我らの星 彼らの星 来るべき不可避の第四次世界大戦から逃れるために、日本の首脳部は、日本人だけでも宇宙に退避する道を選びます。そのために、戦争の被害にあわなかった幸運をフルに活用し、なりふりかまわず金をかき集め、惜しげもなく宇宙にそれを注ぎ込む。
 佐藤大輔はあり得べき未来としてこんな事を考えたようですが、可能でしょうか。疑問はあります。
 その意図を政府の統一見解として固め、日本の一般民衆や世界に対して秘匿しておく事などできるのか。それが察知されたとき、それでも日本の方針に干渉あるいは同調する第三勢力を排除することができるのか。
 まぁ、あり得ないと断言はできないかな。


 宇宙開発事業団は、まず種子島に拠点をおき、ここをJSP-01とします。次に核戦争に巻き込まれて壊滅した沖縄(沖縄の方々は読むのに抵抗があるかもしれないなぁ)をつぎの拠点、宇宙港JPS-02とします。そこも手狭になったとき、選ばれたのは太平洋の赤道直下チョーク諸島。カロリン諸島の中央部にあり、かつてはトラック諸島と呼ばれ、第二次世界大戦後にアメリカ合衆国の統治下に入って放棄されたところ。ここにJSP-003と呼ばれる施設、海上浮揚人工島が置かれ、やがてEPと呼ばれました。EPが「アースポート」のことなのか「エクソダス・プロジェクト」のことなのかはわからない。
 JPS-03がトラック諸島に設けられた過程の説明が、大輔節ですな。相変わらずペダンティックで面白い。

 1998年の師走、やれることをすべてやり遂げて北崎望が逝ったあと、北崎重工は原田克也が、宇宙開発事業団は黒木正一が率いてプロジェクトを進行させます。経済的に破滅しつつあるソヴィエト連邦が崩壊しても、意に介さない。克也の息子原田和己(はらだ・かずみ)が参加しているところが、佐藤大輔の血統好みを感じられて面白い。和己と共に参加しているのが、自衛隊から出向している児玉二佐。

 表紙に出ている女の子は、穂積綾乃(ほづみ・あやの)。着ているのはいわゆるパワードスーツ。装甲機動服HS89-ARMSですな。
 美少女がこういうものを着込んで正義の味方として活躍するアニメは、この本の執筆時、もうトップをねらえ(1988)などがあったんだな。
 高卒で、北崎重工入社数年の彼女が、たまたま新型宇宙服のテストに参加する事となったのは、ささいな偶然。
 1991年12月8日、奇しくも太平洋戦争開幕から半世紀、取り残されて自暴自棄になった東アメリカの軍事テロがJPS-003を襲ったとき、彼女が開発途中のパワードスーツを使うこととなったのも、これまたありがちな偶然。
 「俺が乗る。着用者情報は概略でいい」
 「わたしが乗ります」 女の声が響いた。
 「誰だ・・・ああ、お嬢ちゃんか」 児玉は諭すような口調になった。「だめだよ、こいつは俺の本業なんだ
 それに、君は宇宙服を開発するためにここへきたんだ。戦争をするためじゃない」
 「わたしのほうが適任です。主任より、うまく動かせます」
 そして絵に描いたような展開。そしてはるか上空から飛来する悪魔の火。
 「問題ありません」 綾乃は答えた。「二号機も、とりあえずは」
 「二号機なんぞどうでもいい」 怒鳴るような声で送信してきたのは児玉だった。「君は無事なんだな、お嬢ちゃん」
 「はい、大丈夫です」
 綾乃は意外の念をおぼえつつこたえた。児玉の声には、普段の、ひとをなめたようなところがまったくなかった。
 「よかった」
 「うまくいったんですね」
 「ああ、君のおかげだ。片づいたよ。少なくとも君についてはめでたしめでたしだ」
 「え?」
 「宇宙にいきたいのだろう、君は?」
 「はい」
 「ならば、君は、資格審査において、防衛庁技術研究本部第四研究所の全面的な支援をあてにしてよい。体力は問題なしで、実技についても、まぁ、うまくやったわけだからね。物理や数学の足らんところは俺がおしえてやる」
 児玉の言葉は綾乃を混乱させた。彼女が嫌っていたはずの「軍人」は、彼女の夢をはたさせてやると確言していたのだった。
 とことんプラグマティックで冷酷なポーズを取りつつ、しばしば大輔節はウエットになります。人は受けた恩への感謝を忘れたらだめだよ、と言わんばかりの文面がおかしいのだけど。
 かくして、一つの未来史として宇宙への門が開かれます。
 ああ、このシリーズはここで終わっていいのかも知れない。この後に何か付けるのは難しいかな。  (09/12/6)


 パワードスーツと宇宙の発電衛星からのマイクロウェーヴ、すなわち集束された超強力電子レンジのビーム。
 これは近未来、何らかの形で実用化される兵器なんでしょうね。
 ダイナマイトも、鉄条網も、塩素ガスも、炭疽菌の研究などもそうであったように、これはもともと兵器ではなかった。せいぜい、兵器として使えるかもね、というレベルだったはず。でも、そこからどんどん兵器として発達していった。
 今はパワードスーツも殺人マイクロウェーヴも、どちらも超大国が高い技術を投入しないと完成しない。維持管理も、技術や資金のない国家では運用できない。いまは、超大国の軍事産業コングロマリットだけが開発を進めているという。
 でも、未来はわからないよね。
 佐藤大輔は、これはいずれ開かれてしまうパンドラの箱なんだよ、と示したのだと思うのです。それを覚悟し、その時に備えなさい、とね。
 それでも僕たちは、この汚い世界でもまだ上を目指すべきなんだよ、夢を持とうよね、というメッセージを出して見せたんじゃないかな。
 そしていかにも彼らしく、あとは知らないよ、と放り出した。このシリーズは、そういうものなのかも知れない。
 ひとつの、始まりの終わりなのですね。

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:S066-025 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:地球連邦の興亡 1 オリオンに自由の旗を ISBN978-4-19-850356-7 C0293
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH  The Banner Flapped for Freedom Raised to Orion Part4, Section1
  価格:780Yen ページ数:213P 本のサイズ:新書
初版発行:1997/2/28 購入:1997/3/4 表紙イラスト:今福健司
 人類標準時2172年9月8日、地球連邦とネイラム第一氏族の外交交渉は決裂し、ヒューマノイドであるネイラム第一氏族と人類は戦闘状態に入ります。開戦より71秒の間に、3600万人の人類の生命が失われました。欧州大陸に落下した小惑星は、ヨーロッパ半島を壊滅させ、地球気象に甚大な被害を与えます。
 それに先立つ2047年に、人類は太陽系に来襲した銀河種族<ヲルラ>より奪い取った先端技術により、優れたテクノロジーとハイゲートと呼ばれる星間通路による宇宙航行技術を得て、すでにいくつかの惑星に植民してそれなりの地歩を築いていました。
 紆余曲折を経て地球連邦と主軸として統合された人類は、なんとかこの戦争を戦い抜き、他の銀河航行種族の仲介を得て、25年の戦いののちにようやく休戦協定が締結されます。

 大方の予想を裏切り、佐藤大輔のこの物語は、この休戦少し前から始まり、異星人との戦いではなく、休戦後の政情不安から発生する悲惨な内戦を描きます。

 主人公は二人。
 一人は南郷一之(なんごう・かずゆき)。日系です。地球連邦宇宙軍の予備役大尉。ずんぐりした中背で丸顔。はためには傲慢な性格で、無能な上司を平気で罵倒する性格破綻者です。しかし、共に戦った戦友や兵には絶大な信頼と尊敬を得る男。もののわかった有能で献身的な、しかも本人より遙かに高給を取る妻を持ちます。作者近影を見ると、本人の投影であるように思えますが、佐藤式の美化というか願望がありますな。(笑)

 もう一人の主人公は、永井景明(ながい・かげあき)。これも日系。日本が主として植民した植民星N-34の出身。連邦宇宙軍正規大尉。兵学校を二位の成績で卒業し、一位が戦死したのちは同期のトップ。「寝ていても中将に、起きていれば大将、真面目に働けばそれ以上の地位に上り詰められる男」といわれる俊才。長身で眉目秀麗。嫌になるほどいい男。家系も文句なし。極めつけは、実家が没落したかつての婚約者との約束を果たすため、あっさりと軍を退役して親戚一同の反対を押し切って結婚してしまう。
 本当に、嫌になるほどいい男。(笑)

 戦後の混乱の描写と、佐藤式のいささかくどい前史などの状況説明があり、この巻では高まる政情不安と辺境星の騒乱、そして少佐に昇進した南郷の配置される、南方星域郡先端部のノヴァヤ・ロージナ星系の惑星リェータの説明で終わります。
 南郷に付けられた護衛担当者、セアラ・リー・ハーヴスト中尉が謎。はっとするほどの美人で、しかも冷静沈着で有能、南郷に特別な、異常な感情を持つたしい。JPとはなんだ?
 これもまた、佐藤式のキャラクターですね。面白い。(笑) 以下、次巻へ。    (07/10/12)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:S066-028 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:地球連邦の興亡 2 明日は銀河を ISBN978-4-19-850381-8 C0293
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH  Tommorow The Galaxy Part4, Section2
  価格:781Yen ページ数:207P 本のサイズ:新書
初版発行:1997/8/31 購入:1997/9/8 表紙イラスト:今福健司
 表紙絵は、第一次オリオン大戦後半に大型汎用戦闘艦として建造された<ノーサンバランド>級重巡洋艦4番艦<サザランド>ですね。紡錘形もしくは流線型の船殻に、風に乗るタンポポの種のように放熱翼が突き出ています。艦長はナイジェル・ハートリィ大佐。大戦において高い評価を受けた歴戦の士官です。
 戦隊による訓練飛行の途中で、ノヴィヤ・ロージナ星系への単独行を命ぜられます。

 ノヴィヤ・ロージナ星系第五惑星リェータは、そのままでは人類が生存するには寒すぎる惑星でした。惑星環境改造(テラフォーミング)システムによる、軌道上の反射鏡を稼働させることで、かろうじて人類が生存できる程度にまで暖められる土地柄でした。開発が十分に進めば、それなりの気候に達することができる予定ですが、まだそこまではいっていません。植民しているのは主としてスラブ系とアラブ系。日系も若干います。
 オリオン大戦終結後、復員と経済的な変革によって失業率がはね上がったこの惑星の治安は、徐々に悪化していました。
 星系警察本部公安二課長イリナ・ディミトロヴナ・ミハイロフ ─ 30代の後半のきりりとした美女で、教師の夫と娘一人あり ─ の機嫌が悪いのも、頻発する犯罪に休む間もない事によります。問題は、徐々に犯罪者が人種差別に走り始め、「C」を標的にし始めたこと。

 「C」とは、クローンのこと。オリオン大戦初頭で多数の人口を失った人類は、その補充にクローンを求めました。倫理的、心理的抑制によって、厳重な法律が施行されて粗製濫造は禁止され、現に生きている人間が死んだ場合の代替としてのみ存在を許されていますが、徐々に増加する彼らに対する偏見も多い。特に日系人は、宗教的タブーも少ないため、かなり自由に死者の代替としてのクローンを認める傾向にあり、戦争が25年も進むと親類縁故者に必ずクローンがいる状態にあります。
 経済的に追い詰められ、排除すべきものを選ぶ状態になると、住民はクローンをその対象にし、日系人をターゲットにし始めます。

 N-3,すなわち3つめの日系植民星からの政府特使のグループがリェータに着陸したのは、人類標準暦2197年11月6日。それを注視する各星系・各政治組織から派遣された諜報員たちは、その中の一人に永井景明がいることに瞠目します。N-3星系政府主席の長男にして地球連邦軍の英雄であり、どう考えても誰のカバンを持つ人間ではない男がさえない地位でその一団にいる。才媛の名も高き妻と共に。

 失職したイリア・アレクサンドロヴィッチ・フョードロフは、能力に不足のある男ではありませんでした。しかし、社会の混乱の中で運悪く職を失います。何か食わしてもらえるらしいという宣伝に釣られ、地元の政治集会に参加することになります。

 南郷一之少佐は、地球連邦宇宙軍ノヴィヤ・ロージナ星系連絡部に出頭し、一般待機命令によりルイ・エミール・ドゥパイユ大佐のもとに出頭します。能力に疑問があるこの大佐の反感をかいますが、その副官である初老のヘンリィ・ウエストレイク少佐の好意を得ます。

 政治的な緊張が高まるなかで、徐々にリェータの正常も悪化しています。情勢に気づいている人も、気づかぬ人もいます。
 各星系、各政治組織は、リェータで何が起きるのか、そこで起きることが連邦全体にどのような影響があるのか、注視しています。オリオン大戦の影響を最も受けなかった北方星域のリベリオンはハリントン准将麾下の傭兵部隊をそっと待機させ、中国系のシルキィ連合は「開発援助船団」を星系に送りこもうとする。

 連邦首相サー・イアン・アークハートと前首相国場義昭、つまり政治的には不倶戴天の敵同士の二人が、全くの偶然に出会い、さりげない会話を交わします。偶然などあり得ない陰謀渦巻く世界において、彼ら二人は何を話し合ったのでしょうか。
 緊張の度合いを高めつつ、以下次巻へ。   (07/10/21)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:S066-032 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:地球連邦の興亡 3 流血の境界 ISBN978-4-19-850463-6 C0293
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH  Hell of a tester Part4, Section3
  価格:800Yen ページ数:212P 本のサイズ:新書
初版発行:1999/8/31 購入:1999/8/30 表紙イラスト:今福健司
 この巻でも、始まりは<サザランド>から。リェータ近傍で紹介任務に就きます。不穏な惑星に対して、一体どんな介入をすればいいのか。ハートリィ艦長は緊張しつつ悩みます。

 ミハイロフ警部は、地球連邦軍から派遣された南郷少佐と顔を合わせ、この男は一体何のためにここに来たのか懸念しつつ、その手際に瞠目します。とはいえ信頼するつもりはない、彼が連邦の利害をこの惑星に課すつもりならば。しかし、政情はさらに不穏になり、誰が糸を引くのかわからぬままデモが頻発します。なすべき事はこのような事ではないはずなのに。
 南郷もまた、リェータ自治政府との会合で絶望します。軍の役割は、地方自治政府に対して、治安維持の武力介入を行うことではない。反乱の鎮圧でさえ任務ではない。連邦資産、市民財産並びに人命に対し計画的な破壊活動が成された場合のみであることを、理解できない相手への説得のむなしさに。

 N-3より派遣された政府特使の中にいる永井も、現状を楽観的に事なかれで見る政治家たちに怒りさえ覚えます。切迫する情勢、高まる政情不安をなぜ理解できないのか。
 軍とは何か、ということを、永井は妻に説明します。
 「昔、アメリカ合衆国海兵隊の隊歌だった“海兵隊賛歌(マリーン・ヒム)”に、あたらしい歌詞をつけたやつがあった」
 「どんな歌詞?」
 「バーナードの軌道よりアウラのゲートへ」永井は小さな声で唄いはじめた。「筒先そろえわれらは征かん
   暴虐牙を剥きしとき われらはつねに集いてふせぐ
   民よ故郷よ安んじよ われらは汝らが醜の御楯なれば」
 「醜の御楯(しこのみたて)?」良子は驚いて聞いた。「本当にそんな言葉を使っているの?」
 「いや、融合英語の歌詞を適当に僕が訳した」長居は言った。「もとはたしかラスト・ディッチだったと思う」
 「最後の一線(ラスト・ディッチ)」良子が言った。
 「最終防御戦(ラスト・ディッチ)」永井が言いなおした。「でもそれじゃ、歌の文句としては面白みにかけるだろう?」
 永井自身にしても、南郷にしても、こんな気恥ずかしい歌を人前では絶対に口にしない。

 政情不安から始まった連邦からの分離独立に至る反乱は、テロとなって醸成されつつあります。
 だれが、なぜ、何のためにこれを画策するのか。ようやく取り戻した平和を壊す理由があるのか。
 否応なしにテロリスト「自由市民同盟」の一員となったフョードロフにとっても、それは謎です。
 彼らテロリストは、市民を巻き込んで、Cとそのシンパ(であるにちがいない)日系人とその仲間に対し、虐殺を始めようとします。

 惑星リェータは戒厳令状態となります。これをポーランド語でスタン・ヴォイエンヌイと呼んだとき、この言葉にはもう一つの意味がある。
 戦争状態、と。

 いかにも佐藤大輔らしい、ひねくれたユーモアがあります。銀河種族<ヲルラ>との最初の出会い。“ワースト・コンタクト”。
 彼らは、地球人を威圧し信服させるために、地球より発せられた過去の画像を元に侵攻してきたのでした。いわゆる<接触戦争>においては、ドタ靴を履いた二本足で歩く黒鼠、原色の毛髪を持った眼球と頭部が異常に巨大な美少女などと戦った記録もあるとか。
 映像化したくない絵です。(笑)
 現時点では、<ヲルラ>と人類は一定のルールに基づく外交関係を築いています。  (07/10/22)

上へ
  Ver. 2.17 
管理番号:S066-037 19 ミリタリーSF 出版社:徳間書店
書名:地球連邦の興亡 4 さらば地球の旗よ ISBN978-4-19-850481-4 C0293
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH  Farewell to all that Part4, Section4
  価格:800Yen ページ数:286P 本のサイズ:新書
初版発行:2000/1/31 購入:2000/1/29 表紙イラスト:今福健司
 惑星リェータにおけるクローン出生者とその家族、自由市民同盟に批判的な人々とその家族、自由市民同盟と対立してきた星系政府官僚、や役人とその家族、つまり救出せねばならない人数は、16万7017名にのぼりました。そして、連邦宇宙軍、政府高官。
 南郷を指揮官とする部隊は、これら全てを秘密裏に20箇所の集合地点に集め、そして一箇所に集中させる困難な任務にかかります。

 永井が、その父の手腕によって集めた脱出用の宇宙船の収容人数は4万人。軌道上にあるUSスチールの居住衛星を提供させても5万人程度。足りない、あと7万人分。
 輸送手段は厳しい。そして軌道上にある重巡<サザランド>は沈黙を保っている。

 ノヴァヤ・ロージナ星系にゲートアウトした船団を率いるのは、白髪の中島船長が指揮を執る「出雲宙運」の<第一平成丸>。船団を組見直してリェータ軌道上に接近します。
 無言で立ちはだかる<サザランド>。彼らは、避難民を全て救出させるのではない、政治的ショーとしか見えない部分的な救出を認めるわけにはいかない。

 惑星上では、自由市民同盟のテロが同時多発で行われます。次々と公共機関が制圧され、政治中枢・通信施設・科学施設が占拠される。彼らはスローガンを掲げます。 エクラゼ・ランファーム(虫けらどもを捻り潰せ) と。

 太陽系、木星軌道上にある連邦首都も活発に動きます。リェータの形勢悪化に伴い、ネイラム第三氏族の外交活動が最高潮に達します。第一氏族は「演習」を開始し、連邦宇宙軍は出師準備を開始。情勢は切迫します。
 しかし政府は、いや政府の中枢にある少数の政治家と官僚は、何かを待ちつつこの事態を放置し、水面下で何かを画策しています。

 ISNGO、星間ボランティア団体の主導する8千名を超える子供を含めた難民の脱出が始まります。宇宙港へ飛ぶ地方空港の航空機を囲む銃を持った暴徒の群れ。守れるのはわずかな分隊のみ。しかも、彼らは市民に対して発砲する権限がない。
 「おまえたち、なにをしている? 子供たちの前で恥ずかしくないのか。分隊起立! 彼らの盾になれ。気ヲ付ケェ!」
 大手を広げて整列する兵士の後を、子供たちが走りすぎる。

 軌道上の重巡から派遣された分遣隊が宇宙港に到着します。誇らしげに連邦宇宙軍の記章と「F.E.STARMY」の文字を光らせた艦載艇から降り立つのは、かつて無数のネイラム突撃兵と激闘を繰り返した北崎アームストロングM89A5重機動装甲服。本の扉絵ですね。
 威嚇だけで守りきれればそれでよし、さもなくば、戦わなければならなくなる。
 護民のための軍隊が、テロの対象となってしまった難民である民衆を守るために、暴徒と化した民衆と戦うとは、何という皮肉。

 宇宙港に16万以上の避難民がようやく終結したとき、引き寄せられるように集まった暴徒は、もはや100万人を越えていました。一触即発のにらみ合いが続きます。
 ついに火を吹いたテロリストの銃。制御の聞かなくなった暴徒は絶叫する。悲鳴と怒号。威嚇射撃の銃口が徐々に下がる。

 土壇場の、ぎりぎりの脱出行。南郷の選んだ方法とは。永井が採った作戦とは。

 後半1/3、何度読み直しても、忘れられません。こんなできすぎのミリタリー法螺話に涙するとは、馬鹿ではないか。
 馬鹿になりたいから、これに涙するのかも。
 「通信士、緊急周波数で全天に送信。発、民間船籍船団。宛、連邦宇宙軍軍艦<サザランド>。本文。汝等ハ牧羊犬ナルヤ狼ナルヤ? イズレナリトモ、ワレラハタダ為スベキコトヲ為スノミ。サラバ。以上」

 「なんて連中だ」 ハートリィ艦長は呻いた。その声には普段のかれならば絶対に示さないであろうもの、善意や信義の実在、つまりは神の奇跡を目にした者のような感情がふくまれていた。
 「極めつけの愚者どもめ。なんと素晴らしい莫迦者どもめ。たとえ内戦になっても、人類はまだまだ亡びんぞ」
 ひとつの爆発点を迎えた地球連邦はどうなるのか。人類はどこに行くのか。
 伝統とは何か。過去からの紐帯とは何か。民主主義とは何か。全体の利益と個人の自由とは、どこで折り合いがつくのか。
 佐藤大輔のひとつの答えがここにあります。

 そして、佐藤大輔は、いかにも彼らしいことに、ここまで書いてこの物語は終わったつもりのようです。
 あいかわらず掃討戦の嫌いな人ですね。   (07/10/25)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S066-075 19 ミリタリーSF 出版社:中央公論新社
書名:地球連邦の興亡 1 オリオンに我らの旗を ISBN978-4-12-206167-5 C1193
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH Part4, Section1 Rise out flag in the Orion
中公文庫 さ60-10 価格:640Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/9/25 購入:2015/9/23 カバーイラスト: 佐藤道明
カバーデザイン: 山影麻奈
「地球連邦の興亡 1」 佐藤大輔 中公文庫は、「皇国の守護者」 シリーズを再刊したのち、引き続いてシリーズの新作が刊行されるのではないか、という読者の期待を振り切って今度はいわゆる地連、つまり 「地球連邦の興亡」 シリーズの再刊に取りかかります。それはそれで、肩すかしであっても嬉しいかも。
 しかも、お約束ですがおまけの短編もついています。買うしかないぜ、お前ら。(笑)

 気づいた事がいくつか。細かいところで文章に手が入っていることがありますが、それより目だつのは副題。新書版は 「オリオンに自由の旗を」 ですが、これは 「オリオンに我らの旗を」 です。
 ふむう?


 物語は、激烈なネイラム第一氏族との四半世紀にもわたる激烈な戦闘が終盤にさしかかった西暦2197年から始まります。最後の戦闘が行われている背後で交渉が進み、ついに戦闘中止の断が下ります。
 戦時中に、EOWS - エンド・オブ・ウォー・ソサエティー - という宗教団体のはねっ返りを連邦政府がいかに納めたかが語られ、連邦政府とは本来の意味での民主主義政体ではないこと、ネイラムと戦い人類の絶滅を回避するためにのみ存在する緊急措置でしかないと説明されます。なんとも大ちゃんらしい。
 そもそも地球連合は、2047年に<ヲルラ>が来襲した時点で発足した暫定的な組織であり、二年後に凄まじい損害を払って人類が<ヲルラ>を撃退したのちは、疲弊した人類をまとめるための、先進諸国の利益共同体として存続したもの。
 すなわち、永続性を意識した、完成された政治形態ではなかった地球連邦は、ネイラムとの戦争が終わったあと自壊を始めることに。まずは、各惑星、民族グループの不穏な動きとしてそれは表れます。
 クローズアップされた二人の男、南郷一之(なんごうかずゆき)()永井景明(ながいかげあき)()は、この情勢でなにを始めるのか。
 日系の、つまりその祖先に日本文化を色濃く宿した人々の子孫が、Cを多用して人口を増やしつつこの世界で宇宙の一大勢力となっています。N-1から順次22までの居住惑星に植民し、戦後の動乱をいかに乗り切るか思案中。
 しかし、南方星域群先端部で、不穏な動きがあります。スラヴ系、アラブ系の、どちらかといえば下層階層の人々が植民しているノヴァヤ・ロージナ星系の惑星(リェータ)()は、すでに失業率18パーセントに達する状況。

 というわけで、あとは抜き書き。

 大戦末期、人類世界の最前線アウラ5の周辺宙域を哨戒するいささか老いた嚮導駆逐艦<デューク・スレイトン>。
 同型艦16隻のうち14隻はすでに連邦宇宙軍艦籍簿から抹消されている。大戦前に退役していた<ユーリ・A・ガガーリン>、<レジナルド・ブル>、<エリソン・オニヅカ>の三隻をのぞき、すべてが戦闘で失われたのだった。その残骸は太陽系からアウラにいたる各星系のどこかを漂っている。旧式ゆえに撃破された艦ばかりではないが、それが消耗の大きな理由のひとつであることはたしかだった。  (P48)
 スレイトンを含む四人のパイオニアたちを選び出した大ちゃんの、ちょっと斜に構えた慧眼に乾杯。

 アウラ5で孤軍奮闘する南郷大尉の小部隊を救援に来た永井大尉の艦載艇に対し、敵味方が識別できなければ交信できないと突っぱねる南郷。識別符牒(コード)を知らない永井はこの石頭野郎と内心毒づく。
 「ブラヴォー・シックス、こちらは符牒をおしえられていない」
 「ストーカー・ワン、ならば敵機とみなす」
 永井は融合英語を日本語へ切りかえ、毒づいた。「畜生、かわりに君が代でもうたってやろうか」  (P62)
 この本のオリジナルは1997年に刊行されたのですが、その時代であっても、日本という国に幻滅し、こんな国では未来はないと歎く人々は多かった。むろん日本人の中で。その中で、佐藤大輔は臆面もなくこんな事を言い切った。
 この言葉を、日本はその姿を多少替える必要はあるが、決して未来がない国家、民族じゃないはずだぜ。みんな、もっと誇りをもって頭をあげろよ という叱咤激励だとぼくらは受け取った。
 莫迦な右翼が提唱するような根拠のない傲慢、自惚れを持ってはいけないと思いつつ、この言葉はぼくらを昂揚させてくれたもの。


 この世界では、C クローンが重要な問題になっています。激烈な戦争のなかで、人口の確保をなによりも重視するあまり生まれた彼らCを、宗教的、民族的に排斥したがる人々も多い。粗製濫造された兵士としてのCはすぐに影をひそめたのですが、家族を、氏族を存続させるためにCを求める人々もいる。それを糾弾する人々もいる。
 おそらく朝鮮民族の末裔であろう朴達栄少佐は、Cでした。彼は戦友であったというただそれだけの間柄でありながら、同じく予備士官であった南郷一之の現役任用に助力します。それはおそらくただ一つの理由でした。
 しかし──朴にとって原因はどうでもよかった。かれがCであることをしったとき、それは得がたい経験だなと南郷がこたえたことの方が重要だった。
 朴家は民族の伝統を重んじる家であった。家族には最大の忠誠を。誠意を示す友には倍の誠意を。時には自分の命を投げ出して。
 C・朴達栄はその伝統を忠実に実行するつもりだった。それが、かれがCであることなど気のせずに愛情を注ぎ続けてくれた父母と一族の名誉を高めることにもつながると信じていた。朴少佐とはそうした男だった。かれの両親は一族の伝統を継ぐにたる長子をつくりあげたことに大いなる満足を感じるだろう。  (P137)
 佐藤大輔は、愛情や友情などの情より、人との誓約を、約束を、恩に報いることを重んじる人です。

 そうして、もうひとつの誓約を守る話が次に来ます。
 ネイラムとの戦争のなかで、利敵行為を行った父がいたため、かつての社会的地位を失ったかつての婚約者、島峰・ポリャンスキィ・良子に永井景明少佐は退役する予定だと告げました。戦争の英雄であり、同期のトップが戦死して以来出世頭であった彼がなぜ軍から去るのか、だれもが不思議がっています。
 「どうして?」
 「きみはもうすこし頭がいいはずだけどな」
 「あなたがなにをおっしゃているのかわからないわ」
 「売国奴の娘──そんな女性との結婚を望む士官は絶対に宇宙軍大将にはなれないからだね、きっと。たとえ士官学校次席卒業で英雄でも」  (P165-166)
 これは、愛というよりかつて交わした誓約を守ったのだと思う。大ちゃんはそういう人だから。
 それにしても、畜生、なんて格好いい台詞を吐きやがるんだ。莫迦野郎。

 ノヴァヤ・ロージナの不穏な状況にきな臭さを感じる永井景明は、N-3星系の政府首班の地位に就く事が確実な、永井が最も信頼する政治家、すなわち父親である永井翔太に意見を求めます。
 「先端部だけでとらえるならば何の心配もありません」 息子は意見を述べた。「ノヴァヤ・ロージナは最悪の場合でも連邦保護星系になるだけでしょう。ファン・カルロス・スターがなにかたくらむかもしれませんが、あそこの連中はノイエス・ドイッチュラントとも貿易上の問題を抱えていますから、大したことはできません」
 「うん」 父親は優しげな声をだした。「お前の悪い癖だ。もっと短く意見を述べなさい。知性をもつ人間はおまえひとりではない。わたしにも、おまえの半分ほどはあるのだ。ただし、経験は倍だ」
 「すいません」 息子は苦笑した。「多星系企業、他の星域群の有力星系──そんな連中が心配なんです。それに、見かけとちがって、我が星系はJSSべったりでもありませんし。連邦政府が手を打ってくれたらよいのですが ・・・ アークハート政権の方針は、誰の邪魔もしないという点でしか信用できません。人類領域全体からみれば、民力活性化という点で効果はあるとおもいます。しかし──」
 「それがN-3の利益につながるかどうかは」  (P228-228)
 状況が変わり、時が経ち、立場が変われば、人は変わらなくてはならない。そのとき人はどうするのか。

 南郷少佐は地球連邦宇宙軍の士官としてノヴァヤ・ロージナ担当連絡武官補の辞令をうけます。なぜ自分が、という問いに人がいないからね、と軽く上官は言う。あの寒い惑星で、きみは自分の価値を証明してみたまえ。なに、昇進試験だと思えばいい。
 南郷は納得した。腹は立たなかった。かれも他者にそのような態度をとることがある。嘘を吐く場合はとくにだ。  (P232)
 そして、まず南郷が、運命のノヴァヤ・ロージナに行きます。


 おまけの短編は、「救難任務/泥森の罠」  「いま」の世界から数十年過去。
 「いま」 の地球連邦第37代首相イアン・アークハートの前にその座にあった国場俊和(くにば としかず)が、ネイラムとの接触前に軍人としてハイリンゲンシュタット恒星系に派遣された時代が舞台。
 地球連邦宇宙軍嚮導駆逐艦<島風>の一号艦載艇でハイリンゲンシュタットWに侵入した国場大尉率いる陸戦隊は、泥濘の惑星で何を見たのか。
 とはいえ、謎の美女ウルスラ・ヴルフェンシュタイン博士を見つけたところで終わり。この話は終わっていません。 ─とおもう。
 どうなるのかな。  (2015/10/3)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S066-076 19 ミリタリーSF 出版社:中央公論新社
書名:地球連邦の興亡 2 明日は銀河を ISBN978-4-12-206194-1 C1193
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH Part4, Section2 Rise out flag in the Orion
中公文庫 さ60-11 価格:620Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/11/25 購入:2015/11/21 カバーイラスト: 佐藤道明
カバーデザイン: 山影麻奈
「地球連邦の興亡 2」 佐藤大輔 スラブ系、アラブ系などの民族が居住する、F型主系列星ノヴァヤ・ロージナの回りを周回する惑星リェータから始まります。
 猟奇的な殺人事件の捜査に駆り出されたのは、星系警察本部公安二課長、イリナ・ディミトロヴナ・ミハイロフ警部。治安が最低限に落ち込んでいくリェータの様子と、警察官としても魅力的な女性としても並ぶものなきミハイロフ警部の横顔。

 次は、自治星系シルキィ近傍で訓練を行う地球連邦宇宙軍の艦艇。その一隻、ナイジェル・ハートリィ大佐が指揮する重巡洋艦<サザランド>は、単艦でノヴァヤ・ロージナ星系に向かうよう命令されます。これもまた、一人の軍人と今もなお強力な軍艦の横顔。

 N-3星系ノヴァヤ・ロージナ派遣高等代表団がリェータ軌道上に現れます。代表団の末席にいる永井景明の名を見て、シルキィ労働通信という名の元に諜報活動をしている人民政府中央特務部工作員グループのリーダー陳栄至、かつてシルキィ人民軍中佐として戦場の勇士であった初老の男は、珍しく褒め言葉を口にします。
 「つまりかれの任務は、政務代表たちの鞄持ちではないと?」
 「無論だ。資料をみるかぎり、永井はどんな人間の鞄も持つ男ではない。細君だけを例外として」  (P50)

 イリヤ・アレクサンドロヴィッチ・フョードロフは、リェータの失業者。決して愚かではなく、教養も技能も健全な判断力も人並み以上にありながら、職を失い、街を散策する以外することもない。そこで見たのは、広告宣伝用無人飛行船が空中に投影している映像。
 その、無料の食事という言葉に引きつけられ、なにを語られる集会なのかは考えず参加する事に。

 地球連邦宇宙軍がノヴァヤ・ロージナ星系連絡部の中で、南郷一之少佐は敵と味方を得ます。敵は、司令官であるドゥパイユ大佐。味方はその副官であるヘンリィ・ウェストレイク少佐。

 そしてなにより、人類がいまの状態に至った歴史。ヲルラ、環境保護団体、そしてネイラム。
 地球に対して圧倒的な戦力差を持つヲルラ、携帯クローン技術によって奇怪な姿で地球に降下した圧倒的な戦力は、なぜあっさりと撤退し負けを認めたのか。そして凄惨な内線を経て、なぜ地球連邦は核の冬と化した地球で勝利者となり得たのか。
 そしてその歴史の中で、日本という政治音痴の国歌はどう生き残ったのか。
 結果は人類史上最大の殺戮劇だった。国連と古き地球のしがらみは、とりあえず放射能の塵へ変わった。ちなみに地球上で最初にテラフォーミング・ユニットが設置されたのは反応兵器の炸裂した被爆地隊ではなく、日本の福島であったところが、地球連邦という組織の本式を教えていると説く者もいる。
 むろんその後はさらに露骨だ。地球連邦は旧日米英連合域内へまずテラフォーミング・ユニットを据えつけ、被爆と放射能降下物の影響をまずその本陣から排除できるようにした。そのあとで定置型よりも大幅に性能が落ちるものの、長期的には効果を見込める簡易テラフォーミング機能を持ったナノマシンを旧国連系国家群の残骸へと散布した。むろん、地球連邦の強行というレベルを通り越した政策に抗議の声を上げた国はヲルラから奪った兵器で容赦なく叩き潰しながら。かくて<接触戦争>は終結したのだった。  (P100)
 その帰結としてのネイラムとの戦い、その帰趨と終結、そして 「負け組」 となってしまった人々の怨嗟の思い。
 そして、切り捨てられた、見捨てられたと思うリェータの人々。
 「諸君に思い起こしていただきたい! ノヴァヤ・ロージナもまた十年原則のもとで植民された惑星であることを。強引なテラフォーミングによって我らの故郷とされたことを。そしてそれは、連邦による大規模な支援がなければ続けられないものであることを! しかし連邦はこの惑星、いや星系そのものを放置に等しい状態において──」  (P101)
 この叫びが不満分子のプロパガンダだけに終わるのか。それとも。

 この問題は、いまだ外敵が存在する人類が抱える宿痾といえるもの。解決法はなんなのか。ここでひとつ、こんな考察をする人々がいる。リェータに派遣された南郷とは異なる分遣隊の副官、ヴァシーリィ・イヴァノヴィッチ・シコルスキィ大尉、、南郷、そしてセアラ。
 「しかし消極策は論外」 南郷は頷いた。「ならば連邦は何を望む? セアラ?」
 「問題そのものの根絶」 セアラは答えた。「それをはかるでしょう。論理的にはそう予測できます」
 「問題そのものの根絶?」 シコルスキィは眉をしかめた。かれは有能な情報将校だったが、同時に古くさい道徳観も持っていた。彼女のことをJPではなく、南郷の愛人として見ている。それゆえ、セアラに対するかれの態度は辛辣なものになりがちだが、それを表にださないよう努力してもいる。
 「中尉、どういうことだ? まさか、連邦がノヴァヤ・ロージナ住民の根絶をはかるとでも?」 シコルスキィは嫌悪感を心の奥に押しこめてたずねた。
 「必要があれば」 セアラは答えた。硬い声だった。
 「しかし、そのためにはノヴァヤ・ロージナがまとまらなければならない。連邦を敵として認識し──」
 シコルスキィは絶句した。自分の発言が暗示しているものに気づいたのだった。
 「連邦はこの星系を人類の敵にするつもりなのか
 「植民星問題を一挙に解決するために」 南郷がいった。「連邦とノヴァヤ・ロージナ、その政治的認識は違いすぎる」 (P125-126)
 そうなのか?

 リベリオン星系軍で、かつて鉄騎軍(アイアンサイズ)()の重鎮だった二人、退役したサミュエル・リアディ大佐と現役のマーガレット・ハリントン准将の久しぶりの邂逅もなかなか面白い。この、いかにも英国軍人という二人の姿が、かつての新書版ではその後活躍せずまことに残念だったのですが、文庫版では出番が増えてくれないものかな。

 すべての要因が、ここリェータに集中します。この先歴史はどう動くのか。
 終幕は、ハイゲートからノヴァヤ・ロージナ星系にゲートスルーして現れた620メートルの戦闘艦<サザランド>。艦長はむろんナイジェル・ハートリィ大佐。
 この本の最後は、彼女が将来リェータ近傍を通過する可能性があった小惑星の軌道を変更させるために、星系政府により要請されて放ったグレーザー砲で終わります。このとき艦載主砲であるガンマ線レーザーすなわちグレーザー砲の射撃は、まったく平和的な意図であったのですが。
 この時点でハートリィはまったく気づいていなかった。連邦軍法によって定められている民生協力義務の一環としてなされた小惑星への射撃は、地球連邦宇宙軍艦艇が第一次オリオン大戦終結後におこなった初めての軸線砲射撃だった。
 .のちに多くの人々が、<サザランド>のこの射撃こそがすべての始まりであったと考えた。かれらはそれを、人類同士の戦争、その号砲として捉えたのだった。無論のこと、すべてが手遅れになったあとで。  (P253)

 おまけの新作短編はなしです。残念、前回の続きが読みたかったのになぁ。  (2015/12/20)

 この記事を書いているPCですが、間違えてWin10に上げてしまったのち不具合があったのでWin7に戻したのですが、IMEつまり日本語への変換の部分がまったく動作しなくなってしまい、往生しました。
 やっと対応策を見つけたんですけど、マイクロソフトはいったい何をやってんだろね。(怒)
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:S066-077 19 ミリタリーSF 出版社:中央公論新社
書名:地球連邦の興亡 3 流血の境界 ISBN978-4-12-206348-8 C1193
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH Part4, Section3 Hell of a tester
中公文庫 さ60-12 価格:640Yen ページ数:264P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/1/25 購入:2017/2/17 カバーイラスト: 佐藤道明
カバーデザイン: 山影麻奈
「地球連邦の興亡 3」 佐藤大輔 この巻は、地球連邦の成立の意味と、連邦が南方星域群先端部でいったい何を起こそうとしているのか、という大きな枠の説明がなされたパートです。同時に、その圧力の収斂した先にあったのが、ノヴァヤ・ロージナ星系の惑星リェータであることも。
 そしてリェータにおける騒乱を止めようとする多くの人々のあらゆる努力が、どのように潰えたのか、がこの巻で描写されます。そして最終章は、
  9.戦争状態(スタン・ヴォイエンヌイ)()
 これは、戒厳令が敷かれたということ。内戦状態といっていいか。

 さてこの本は、第7章から始まります。この最初の、
  7.騒乱の凍土
 の出だしは、ノヴァヤ・ロージナ星系内を進む地球連邦宇宙軍重巡洋艦<サザランド>から始まります。この星系内部で、<サザランド>に敵対行動を取る謎の二隻の駆逐艦級の宇宙船。警告を重ねた上で<サザランド>指揮官ナイジェル・ハートリィ大佐は、ついに決断を下す。
 「通信」ハートリィは命じた。「標的1並びに2へ、緊急周波数で警告を発しろ。本文。こちらは地球連邦宇宙軍艦艇。貴船等は連邦基本法に違反し本艦へ敵対行動を取りつつある。ただちに推進軸を本艦針路の直角と為せ。これに従わぬ場合、連邦宇宙軍法第217条に基づき、威嚇射撃を実施する。ただちに加速を停止せよ。繰りかえす。ただちに加速を停止せよ。現在時、人類標準時( H S T )()2198年7月8日0435時」  (P19)
 これは、はたして何に対する号砲となるのか。

 南郷少佐と意気投合した年長の、ノヴィヤ・ロージナ星系連絡部副官ヘンリィ・ウェストレイク少佐は、この惑星リェータで高まりつつある騒乱を軍事行動として、過去の歴史よりその対策を論じて見せます。かつて英国がアイルランドの反乱に対し、正規軍を投入して軍事行動で解決しようとして失敗したことを例に出します。
 「かれは、英国軍から名誉ある敵として認められるような戦いを莫迦にしていた──相手のルールにのっている限り、アイルランドに勝ち目がないと知っていたからだ。そして英国人もアイルランドでの教訓を忘れなかった。マラヤ扮装で毛沢東の支援を受けたゲリラが跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)()したとき、英国人は先例を調べ上げた末にその教訓を活かした対処をとっている。ゲリラの20倍にも達する戦力を投入し、それを揉み潰したのだ。ああ、ここでいう戦力とは、純粋な戦闘兵員の頭数という意味だよ。テロとゲリラには戦力倍増要素≠ナは対抗できない。ボーア戦争屋ヴェトナム戦争がそれを証明している──うん、アフガニスタンでは19世紀、20世紀、21世紀に起きた戦いすべてがそうだったな。しかし大英帝国だけでなくソヴィエト連邦もアメリカ合衆国も失敗している。かれらは教訓から学んではいた。しかしその結果として必要とされたものに耐えることができなかった。国民が社会的な必要性を認識できなかったからだ」
 「つまり地球連邦が事態の早期終結をはかろうとするならば、ことを大きくするほかはない、ということですね。過激化の一途をたどる自由市民同盟の20倍にもなる兵員など投入できはしないのだから」 南郷は奇妙に聞こえる言葉を口にした。  (P55-56)
 もうそうするしか、この騒乱は収められないのではないか、と事態の重さを総括する二人に、吐きすてるようにノヴァヤ・ロージナ星系警察本部のイリナ・ミハイロフ警部は吐きすてるように評します。
 「軍人って最低。よほど戦争がしたいと見えるわ」  (P56)
 それも、一理あるかもしれない。しかし、その最低の連中に運命をゆだねなくてはいけない破局が迫っていたのでした。

 軍隊について、この世界のなかで佐藤大輔は明確に論じます。地球連邦首相イアン・アークハートの主催する対策会議の中で、アドナン・ケルラリオス連邦軍(FEAF)()統合幕僚本部長は、軍として最悪の状態を想定した研究も行ってはいたけれど、軍人としてどう考えているのかを吐露した言葉として。
 「 ・・・ 宇宙軍の一部で、での話です。地球連邦軍総体としておこなっておりません。それに自分は、その種の研究については常に批判的でした。しかし不明だとは思いません。番犬は、飼い主について疑いを抱いてはならないのです。番犬が飼い主に逆らえるのは、あくまで飼い主の命を助ける場合だけです。いや、それすら飼い主の許可を事前に得ておかねばなりません。でなければ野犬に堕してしまいます」  (P77-78)

 だから、暴徒と化したデモ隊に対して軍隊の力でなんとかしろというノヴァヤ・ロージナ自治政府の要求に、南郷はこう答える。
 「そのような場合でも、我々の行動には制約が設けられています」 南郷は否定した。「官房長閣下、失礼ながらあなたは宇宙軍の治安協力出動について誤解しておられるようです。地球連邦宇宙軍は、連邦市民にミリタリィ・サーヴィスでもって貢献することをその任務としているのであり、けして社会一般から遊離した権力機構の暴力装置としてのみ存在しているわけではありません。その証拠に、自治星系における内乱、あるいは連邦からの分離運動に物理力でもって介入することを法によって禁じられております。治安協力出動が許されているのは、連邦資産、市民財産並びに人命に対する計画的な破壊活動が為された場合のみです」(P118-119)
 今できることは、デモ隊に対して交渉を重ねて時間を稼ぎ、事態を沈静化させることだと南郷はいう。しかし、自治政府にはそれができない。少数の警官隊による鎮圧という最悪の対応を行う事で、自体はさらに悪くなります。

 しかし、なぜ事態はここまで悪化したのか。
 「いくら市民の不満が蓄積されていたとはいえ、こまで急激に悪化するというのは信じがたい。通常ならば、こうなるまでもう数年が必要なはずだ」 永井は静かに言った。
 「つまりそれは、本来働くべき力が作用していないということだ」 南郷は答えた。「あるいは、逆向きに作用しているのかも」
 「それはまるで、連邦が内乱を望んでいるようじゃないか」 永井は険しい表情で言った。
 「望んでいる」 南郷はあっさりと言った。「すくなくともわたしはそう確信している。だらだらと続いた対異星人戦争の間にたまった膿を絞り出すには、それが一番だ。誰もかれもに、連邦の存在意義を再確認させる必要がある。みな、戦争の間に地球連邦という組織の持つ重さに辟易し、それよりは故郷が大事と考えだした。つまり、あちこちの自治星系に根付きかけている、純粋にすぎる郷土愛という夢から醒めてもらわねばならない。でなければ連邦は地方主義の中で弱体化し、人類全体の生存性は著しく低下することになる。連邦政府はそうしたシナリオを描いているとわたしは判断している」  (P163-164)
 そもそも、地球連邦は、そもそも異星人との接触とその後の誤解により始まった宇宙戦争により、人類の生き残りをかけて統一政体を作る必要から始まった人工的なもの。オリオン大戦をへて平和が訪れると、グローバリズムに反する個別の地方主義、ナショナリズム、ローカリズムが頭をもたげます。
 平和が続くなら、それもいい。しかし地球連邦政府は気づいています。銀河の中で新たな勢力が人類の敵として立ちはだかる可能性を。そして、人類が全力を上げても勝利はおぼつかないかもしれないことも。であれば、わずかな可能性に頼って人類を無理にでも一丸とさせねばならない、と気づいた者がいる。
 だから、連邦は意図的にこの騒乱を起こしたのではないか。敵を定め、それを大きくし、一撃で倒すために。
 「オリオン腕で生き残るには千年期(ミレニアム)()ひとつでは不足だ」 南郷は応じた。「せめて、二千年は地球連邦が生き残らねば。でなければネイラム氏族連合帝国との全面対決──に耐えるだけのしぶとさを人類領域は備えられない。たとえそのあいだに勃発するだろ無数の恒星間戦争(インターゲート・ウォー)()に勝てても、だ。あなたも御存知だろう、民主主義政体としては、ネイラムの方がよほど進んでいる。そして人類が第一次オリオン大戦をどうにか休戦に持ち込めた理由はただひとつ。かれらとは比べものにならぬほど文化的に遅れているからだ。われわれは銀河の蛮族であるがゆえにオリオン大戦で生き残った。もちろん勇敢であったからではない。野蛮であるがゆえに、戦争をどこでやめるか、加減がわからなかった。哀れネイラム第一氏族はそれに引きずりこまれ、大散財することになった」
 「しかし、連邦は、その野蛮さを失うわけにはいかない。地方主義の終点は安逸と怠惰と無気力だから」 永井は言った。「そう言いたいのか?」
 「まさに」 南郷は同意した。
 「本当にそうかしら」 良子が口を開いた。南郷と永井は同時に彼女を見た。南郷は軽くうなずいてみせた。
 良子は優雅に一礼した。「人類は目指すものは緩やかな連合体であるべきよ。その方が組織としての冗長性が確保され、その結果として生残性も高まるから」
 「純粋な組織論としてはまったく同意します、奥様」 南郷は言った。「しかしながら、それは、人間を信頼しすぎた意見だとも思いますね」  (P165-166)
 そう、今連邦政府が考えることは、無理矢理の人類の再統一。そのために切り捨てるべきものは切り捨てる。
 それでいいのか。

 しかし事態は容赦なく進行します。リェータから軌道上へ上がろうとするN-3代表団に襲いかかる暴徒の群れ。妻を守って襲撃者から身を守ろうとする永井の言葉。
 永井は言った。「済まない。もうあまり保たない。もう少し楽に住ませる予定だったのだが。しかし、連中の標的は僕だけのはずだ。君はどんな目に遭わされても──」
 「嫌よ」 良子は短く応じた。「もう、一人は嫌だから」
 「わかった」 永井は朗らかにこたえた。「となると、弾を二発残しておく必要があるな」
 再び襲撃者たちの方を向いたかれは、慎重に狙いをつけた射撃を再開した。さらに二人を射殺する。
 ノヴァヤ・ロージナ警察の武装警官隊が到着したのは、残弾が三発になったときだった。  (P191)
 相変わらず無駄に格好いい人だな。(笑)

 そして、陰謀を企む人々は郊外の別荘に集合します。
 地球連邦軍ノヴァヤ・ロージナ分遣隊指揮官、南郷一之少佐。そのJPセアラ・リー・ハーヴスト中尉。護衛担当官ウィル派一等兵曹。
 ヴァシーリィ・イヴァノヴィッチ・シコルスキイ大尉。ノヴァヤ・ロージナ分遣隊副官。アシュケナージ。
 今やN-3代表団の幹部のただ一人の生き残りとして団長代理となった永井景明とその妻良子。
 ノヴィヤ・ロージナ星系連絡部のヘンリィ・ウェストレイク少佐。
 星系警察公安部の公安部長ナシール・アリ部長と、公安二課長イリナ・アレクサンドロヴィッチ・ミハイロフ警部。
 その他、250名ほどの将兵たち。
 ここで南郷は正式に宣言します。この惑星に居住するC及びその家族、関係者10万名以上を、脱出させるのだと。
 永井は長いブリーフィングのあと、立場を明確にします。
 「公表は数日後の予定だが、ここで皆さんにお伝えしても悪くあるまい」 永井は言った。「N-3は、クローン市民救出のための非武装船団を、数日以内にノヴァヤ・ロージナ領域にゲートアウトさせる」  (P257)
 これが、真の意味でのこの戦いの号砲となります。

 でもさ、おまけの短編は、結局一巻についてきただけなのね。
 どうやらある程度まとめて、外伝として出るらしいのです。それはそれで嬉しいのだけど、外伝が出ると言うことは実質シリーズは終結なのですよね。大ちゃん、昔のパターンを繰りかえしてるねぇ。 (-_-);


 読書メーターの記録より  読了:2017/2/25
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:S066-078 19 ミリタリーSF 出版社:中央公論新社
書名:地球連邦の興亡 4 さらば地球の旗よ ISBN978-4-12-206387-7 C1193
英題:Rise and Fall of FEDERATION, EARTH Part4, Section4 Farewell to all that
中公文庫 さ60-13 価格:820Yen ページ数:400P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/3/25 購入:2017/3/26 カバーイラスト: 佐藤道明
カバーデザイン: 山影麻奈
「地球連邦の興亡4」 佐藤大輔 とりあえずの最終巻、外伝は出るようだけどとりあえずだよね、次巻の可能性はまだあるよね、と思っていましたら、著者・佐藤大輔さんの死去のニュースが。
 2017年3月22日、虚血性心疾患にて逝去。享年52。
 嗚呼、と天を仰ぐのみ。
 今後、大ちゃんに魅せられた哀れな信者どもは、誰にその遅筆を愚痴ればいいのか。

 と、気を取り直して本編。
 この巻は、ついに暴動のかたちで噴出したノヴィヤ・ロージナ星系惑星リェータの内紛は、この惑星に住むC、クローン及びクローンを家系の中に含む人々への憎悪、そして彼らの脱出劇という流れに収斂されます。なぜそこに収斂したのか、というと、おそらくはさまざまな政治的な手の存在が見えてくる。そしてその目的も。
 しかし、ここでメインに描かれるのは、護民という行為に喜びを見出した戦士たち。
 クライマックスへと高まっていく物語は、三つの章で描かれます。
 10 戦争状態(スタン・ヴォイエンヌィ)()U  11 虫けらどもを捻り潰せ(エクラゼ・ランフォーム)()  12 武力行使

 この時代、軍人たちに叩き込まれた「洗脳」とは、まず人々を守る事。敵の存在をどう定めるかはまだ未定ながら、それができるとしたら、それはそれでいいことなのか。それが哀れな少数派であればあるほど。
 「救出対象は総計で16万701名」三階に設けられた指揮所でシコルスキィが数字を読みあげた。
 「ずいぶん増えたな」ウェストレイクの表情は嬉しげにすら見えた。いや、実際に嬉しいのかもしれない。護民について連邦宇宙軍将兵に施された強制意識誘導は、時にそういう心理的な影響を及ぼす。任務を果たすことが嬉しくてならなくなるのだった。 (P27)

 戒厳令(マーシャル・ロウ)()について、スラブ系の血を引きその文化を引き継いでいる公安課の警察官イリナ・ディミトロヴナ・ミハイロフ警部は、それが施行されたらどうなると考えているのか、説明します。
 「あなたたちやアラブ系はどうか知らないけれど」ミハイロフは答えた。「あたしたちにとって戒厳令という言葉は特別な意味を持っている。すなわちそれは戦争とかわりがないのよ」
 「わからないな」南郷が言った。「もう少し詳しく教えて貰えないか」
 「そうね。ロシア語でなく、ポーランド語で説明するのが良いかも。ポーランド語で戒厳令にあたる言葉はスタン・ヴォイエンヌィ≠諱B少なくとも融合英語や日本語にはそう意訳されるはず。でもね、実際はもっと荒々しい言葉なの」
 「どんな意味なのだ?」南郷が訊ねた。
 ミハイロフは魅惑的な微笑とともに答えた。
 「戦争状態」 (P95)

 そして、地上を暴れ回り始めた地下組織の前で、兵士たちが義務を果たそうとします。
 「無理よ!」長岡が叫んだ。
 ウィルバは小さくうなずいた。「たしかに。しかし、どうあっても乗ってもらわねばなりません」
 「乗りこむ前にみんな殺されてしまうわ。反撃してよ!」
 「われわれは反撃の許可を受けておりません。いまのところ、警告射撃だけです」
 再び爆発。泣き声の合唱はさらに大きくなった。
 しかしウィルバはまったく表情を変えなかった。
 「わたしの指示に従って行動してください」
 「だから無理だと」
 「子供たちの安全はわれわれが確保します」
 「どうやって!」
 「われわれは地球連邦宇宙軍(スターミィ)()です」 (P187)

 百万の暴徒に包囲された空港で、脱出のシャトルを待つ16万の難民を守らねばならない情況で、こんな会話が。
 「イリナ」南郷はミハイロフにうなずいた。「あなたは、武装警官隊の予備を指揮してくれ。基本的にわたしの命令があるまで動かないこと。武装警官隊と陸戦隊は難民を守る最後の手段だ」
 「(しこ)()御楯(みたて)()
 いきなり日本語のフレーズをミハイロフは口にした。つい昨日、永井良子からそれを教えられたのだった。
 南郷はミハイロフをまじまじと見つめた。彼女の顔に反感や嘲りの色はなかった。彼はひどく恥ずかしげに同意した。
 「そう、われわれは(みにく)()き盾だ。王族や権力者ではなく、ほかに頼るべきものとてない無辜の民衆と暴虐を隔てる盾。この血まみれた制服を身につけて以来、そうした存在でありたいと心から願っているよ、イリナ」 (P323)

 護民のために戦う決心をした、連邦宇宙軍ではない別な人々も。
 「えらいことになっちまいましたね、警部」古参の巡査部長が彼女に声をかけた。係累に一切クローンを持たず、クローンの友人が多いわけでもないが、差別主義には賛成できない──すなわち健全な道徳観を抱いている男だった。
 「あきらめてよね、みんな」ミハイロフは自信満々の笑みを浮かべて言った。
 「これから辞表を出すわけにはいかんのでしょうか?」別の、若い警官が笑いを含んだ声でたずねた。
 「出してもいいけど」白いものを大量に吐き出しながらミハイロフはうなずいた。「朝の九時を過ぎなければ書類は受け付けられないし、審査に一週間以上はかかるわよ。汚職でもしていたら困るから!」
 「年金受領はどうです?」
 「一年はかかるわね」
 「ずいぶんお詳しいですな、警部!」
 「あたりまえでしょう」ミハイロフは腰に手をあて、右足だけをすらりと伸ばしたポーズをつけ、威張るように言った。「わたしもさっき、辞表を出そうとしたんだもの」
 一斉に笑いがおこった。楽しげであるが、どこか切羽詰まった響きが含まれている。 (P333-334)

 ついに均衡が破れ、クローンを殺せというもはや目的も理由も失った狂気にとりつかれた大衆の決起に対して、断固として、たとえ暴徒と化していても「敵」と考えたくない南郷の苦衷。
 「市民諸君」南郷は最後の呼びかけをおこなった。「諸君が当方の言葉に耳を貸さぬとあれば、当方は連邦基本法並びに連邦宇宙軍法に基づいた武力行使を選択せざるをえません。いまより三分間の猶予を与えます。三分以内に銃撃をやめぬ場合、当方は諸君の銃撃に応戦いたします。われわれの敵と──人類の敵となるつもりのないものはただちに宙航から離れてください。諸君の幸運を祈ります。さようなら」 (P355)
 南郷が応戦命令を出したのは、三分が経ってしばらくしてから。そしてその命令を各部署で受けとった人々が、最後の覚悟を決める。
 「これが地獄への第一歩、か」ウェストレイクはつぶやいた。
 「少佐?」かれの隣で伏せていた運転兵が怪訝そうにたずねた。周囲の舗装面を銃弾が擦る火花がいくつも生じた。
 「なんでもない」ウェストレイクは言った。「ただ戦争が始まったというだけのことだ」
 かれはマイクロ・コミュニケーターを自分に割り振られた指揮用周波数にあわせ、はっきりとした発音で命じた。
 「全銃座、こちらウェストレイク。各個に応戦せよ。繰り返す、各個に応戦せよ」 (P357)

 100万の武装した暴徒に対して、16万人を宇宙に送り出すための時間を稼ぐ将兵は、すべてあわせても数千人。じわじわと包囲網は縮小していく。
 南郷は宙航職員とISNGOメンバーに向けて命令を伝えた。
 「こちらは南郷だ。ただいまをもって、諸君の業務をうち切ってもらいたい。各部署ごとに集合し、事前の予定通り、艦載艇にに登場すること。最後に、諸君の努力と献身に対し、心から御礼を述べさせていただく。あとは宇宙軍がひきうける。諸君、ありがとう。幸運を祈ります」
 話し終えた南郷は警報を響かせろと部下に命じた。神経に突き刺さる警報音は、よほど神経の太いものでさえ、浮き足立たせる。最後まで仕事を続けようとする連中も、これで持ち場を離れるはずだった。
 「さて」
 南郷は女性兵士ばかりの部下、総勢20名ほどを見回した。ひきつった表情。青ざめた顔。けなげな笑顔を浮かべて見せる者もいる。
 コスマトス伍長が起立した。「少佐、脱出しろというご命令であれば、従いかねます」
 南郷は彼女を見つめた。一瞬の無表情。からはたずねた。「皆、同意見なのか」
 全員が起立した。ソロヴィヨフ中尉が代表して言った。「少佐、自分たちはあなたと主に最後まで任務を果たすことを希望いたします」
 ソロヴィヨフは敬礼を捧げた。全員が──さまざまな肌の色、紙の色、目の色を持つ女たちはいっせいにそれに続いた。
 南郷はぼんやりとそれをみつめ、ゆっくりと答礼をした。硬い表情のまま口を開く。「諸君、正直に言わせてもらうが」
 南郷はひとりひとりの顔を見まわし、続けた。
 「これほどたくさんの女性から好意を寄せられたのは生まれてはじめてだ」 (P368)

 これほどの献身とは、いわゆる洗脳だけによるものではない。包囲した百万の暴徒と同じく、結局はある種の狂気に支配されたもの、と考える方が妥当。
 とすると、敵も味方も結局は同じ土俵に立たねば相対することさえできないのか。

 決死の英雄潭を残して、リェータの脱出行はおわります。
 かくて鍋は火にかけられた。平和と流血を隔てる境界は打ち捨てられてしまった。多くの人々の胸には、はるか昔に忘れられたはずの歌が蘇っている、自由を、そして故郷を守れ。虐げられたる者を救え。
 誰にもその歌をとめることはできなかった。とめる方法をだれも知らなかった。それこそが正義であるからだった。
 いまや人類領域は、公正なる法と素晴らしき民主主義と優しき人々の道義心に突き動かされ、正義の戦いへと驀進しつつあった。そして人々は人類の統一をあらわす連邦旗、はるかなる古き地球との紐帯を忘れかけている。
 かれらを待ち受けている者は、約一世紀半ぶりの──人類史上空前の同族戦争であるように思われた。
 それが人類史における沸点の一つとして歴史に記録されるかどうかは、これよりなされるであろう無数の賢くも愚かしいすべてによって定められていくことになる。 (P397)
 それが、佐藤大輔がこうあれかしと願う未来の一つなのか。
 その完成形を見られないまま、佐藤大輔は逝き、このシリーズはここで終わります。

 でもなぁ、南郷と永井はともかく生き残ったんだから、続巻があってもいいと思わないか、大ちゃん? (2017/4/16)

 読書メーターの記録より  読了:2017/4/5 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:S066-080 19 ミリタリーSF 出版社:中央公論新社
書名:宇宙軍陸戦隊 地球連邦の興亡 ISBN978-4-12-206406-5 C1193
英題:A tale of the Rise and Fall of Federation, Earth,OSMIC COMMAND
中公文庫 さ60-14 価格:600Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/5/25 購入:2017/5/24 カバーイラスト: 佐藤道明
カバーデザイン: 山影麻奈
「宇宙軍陸戦隊」 佐藤大輔 あの時代より約30年昔、南郷一之が「一般待機命令」を宣言してノヴィヤ・ロージナ星系の地獄で戦い抜いた事件で常に例に挙げられる事件がありました。ハイリゲンシュタットの惨劇と呼ばれるもの。そしてそこには、のちに地球連邦第36代首相となった国場俊和(くにば としかず)の若き日の姿があったのでした。
 佐藤大輔は、彼の白鳥の歌として、この物語を残してくれたのです。

 ハイリゲンシュタットYは、一応人類は居住できるが、テラフォーミングがまだ完成していない惑星です。ここに、調査のためハイ・ヴァージニア星系のロバート・ケネディ大学恒星間生物学部が調査団を送りこんだのは半年前のこと。
 そこで静かに調査研究をしていればいいものを、急いで脱出してきた調査団のリーダー、ラーマン教授は星系政府と地球連邦政府へ、現地で繰り広げられている内戦から自分たち脱出組と現地に残されたスタッフの救援を求めたのでした。ここに、運良くというか運悪くというか、ハイゲートから現れたばかりの連邦宇宙軍嚮導駆逐艦(きょうどう くちくかん)()<島風>がいたことで、多くの人々の運命が捻れてしまったのでした。
 官僚機構と美しき責任のゆだねあいで紛糾した結果、この救難任務は<島風>が行う事となります。その結果として、平時の軍隊なので定員が大幅に割れた艦内で慌ただしく分隊規模の陸戦隊が臨時編制され、正規の乗り組みではない便乗者であった国場大尉がこの分隊規模の部隊の唯一の士官として指揮を取る事となって、この乱暴にテラフォーミングが行われた惑星の湿地地帯に降りてきたという訳。
 こんな情況へ自分と部下を投げ入れたすべてを呪いながら艦載艇から降りた国場と部下たちは、この惑星上では軍事的に最大のアドヴァンテージを持ってはいますが、とりあえず現場の内戦状態を観測しつつ救出作戦を策定します。

 驚いたのは、いっぽうの側にはるか昔に絶滅したはずの「戦車」、実体弾を発射する機動兵器でした。連邦軍にも戦車はありますが、こちらは空挺降下すら可能な汎用高速機動兵器。こんな、地球において200年も前に絶滅した歩兵戦車ではない。こんな動くトーチカを使って、こいつらはここで何をしているのか。
 しかし、救出すべき対象が残っている大学の学術ポッドの北側に潜んでいる、この歩兵戦車を含む軍隊と対峙している勢力は、そんなものとはまったく違っていました。ハスを思わせるこの惑星の原生植物でカモフラージュしている彼らは、二世紀前でも旧式といわれたような装備をまばらに持っているだけの集団であり、避難民といっていいような様子。しかし、明らかに攻撃に打って出る陣形を敷いているのです。

 警戒しつつ学術ポッドに接近した国場たちの部隊は、そこに威嚇射撃の銃をかまえた、肉食獣のようなスマートさ、見事な赤毛、思わず口笛を吹きたくなる容姿の美女の姿を見つけます。
 『あー、その』
 国場がいいかけると彼女は素早く遮った。
 「女の名前を尋ねたいなら、まず自分が名乗るべきね」
 なるほどね、と国場はおもった。いいさ、伝統主義者は嫌いじゃない。ことに女性の場合は。かれはさっと敬礼しつついった。
 『失礼しました、マム。自分は連邦宇宙軍所属、国場義昭大尉であります』
 「ご丁寧にどうも。わたしはヴルフェンシュタイン。ウルスラ・ヴルフェンシュタイン博士。ロバート・ケネディ大学ハイリゲンシュタットW調査団の一員です──ああ、一応お伝えしておくけれど、ここの大気は直接呼吸しても問題なくてよ」
 『はじめまして、博士。それで』国場はたずねた。『なぜ我々に対していきなり威嚇射撃をくわえたのか、ご説明いただけないでしょうか。我々は連邦代表部と星系政府の要請を受けて、おそらくはあなたのことであろう現地に残留している研究者≠救出に参ったのですが』
 「昔、将校と紳士は同義語だとされていた」彼女はこたえた。「それがいまも通用するのであれば、あなたの言葉を疑っているわたしは非常識な女だと言う事になる」 (P39-40)
 この美女は、何者なのか。彼女はなぜここに残っていたのか。彼女は何を望んだのか。
 70年の呪いとはなにか。彼女の望み、人類を救うこととは、どの人類のことを指す言葉だったのか。
 それに国場はどう答えたのか。

 ハイリゲンシュタットWには、二つの勢力がありました。A L H(正当人類連合)()と、F H P(自由生態党軍)()
 ALHとは、「戦車」を擁する比較的わかりやすい軍隊の側。FHPの「敵ども」を「カクテル」という蔑称で呼び、そのおぞましい姿を嫌悪し、彼らを殲滅して自分たち「人類」を生存させる戦いを続けています。
 では、敵とはなにか。
 「ウルスラ、あなたがいまだわたしに教えていない点が問題となります。いったいかれらはなにと戦っているのか? あなたがわたしに、人類ではあるが連邦市民ではないといったものたちとはなにものか?」 (P71-72)
FHP(自由生態党)党員の姿
 地球人類が宇宙に生存世界を広げていくにあたり、どこにいたとしても地球人類であると連邦は認識していました。しかしそこには、定義が、規制がありました。そのくびきを嫌い、新世界の惑星でそれに直接適合できる肉体を持つことを正当な権利と考える人々もいたのです。そして、その人々を元に遺伝子弄り(ジェネミキサー)()されたその末裔が。
 それが、科学の暴走と共に、おぞましいとしかいいようがない世界を作っていくことに。

 第三世代以降に至り、彼らは自らを変化させます。この惑星の生態の中で戦闘兵器として最適な姿へ。ALHは彼らを「バッタ」、「ゾウ」、「カバ」、「サイ」と名づけましたが、生物兵器となった彼らは、実は自分の意志はほとんど持たない。生体クローンプラントで大量生産される兵器にすぎない。
 人肉を食らうことまで行う彼らは、もはや人類ではないといえるのではないか。

 「地球連邦が母なる地球(彼女はそれを嘲るように発音した)をしっかりと支配するようになるまでに遺伝子改変の研究は無茶苦茶なところまで進んでいた」ウルスラはいった。「ニーチェの唱えた超人というのはあくまでも心の問題だと思うのだけれど」
 「健全な肉体にこそ健全な精神は宿る」国場はつぶやいた。「ユウェナリスは、お前ら高望みするなよ、ばか≠ョらいの意味で書いたとおもうのですが」 (P78)
 遺伝子を改造する技術は、いわゆる1G法に抵触するものです。しかし「接触戦争」の災禍ののち、人類の生存の可能性を高めるために人口を急激に増やす必要ができたとき、生体クローン技術は不可欠となったのでした。宗教的、慣習的なタブーの少なかった日系人など、厳密に1G法を適用したらとんでもない事になりかねない。
 しかしそれは、あくまで客観的に見て人類という範疇の中にある姿をしたもの。
 ヲルラの方がまだ人類に近いのではないかと思わせるほど、文字どおり外観的に怪物化した「もの」をどう考えればいいのか。まして彼らが、我々は人類だ(ウィ・ザ・マンカインド)()と信じ、そう宣言しているとしたら。

 かつて連邦軍士官として籍を置いたこともあるウルスラ・ヴルフェンシュタインは、連邦軍になにを期待していたのか。だれを助けて欲しがっているのか。
 国場は、ひとり惑星上に残された連邦軍将校として、連邦軍の名の元になにをなせば良いのか。

 一般待機命令というパンドラの箱を開けた連邦軍士官の中で、始めてその後軍を放逐されずに軍務を全うした国場義昭大尉の仮借ない決断とは、いったい何であったのか。
 『よってかれらは、人類の敵≠ニみなされる。一般交戦規定(G E O)()に基づき、これを排除せよ。連邦宇宙軍陸戦隊(コズミック・コマンド)()、前へ』 (P206)
 彼が人類の敵≠ニカテゴライズし、一般待機命令の対象としたものはなんだったのか。


  攻撃目標G
 これは、25ページのおまけの短編です。
 「自衛隊」といういささか奇妙な星系軍を持つ日系の植民惑星N-2で起きた物語。ハイリンゲンシュタット事件を引き起こしていまだに毀誉褒貶のさなかにある国場が中将として現役であるという描写から、宇宙軍陸戦隊の時代から20数年ほどあとの時代でしょうか。
 主人公というか、中心で活躍する役割を与えられたのは、柳田信幸地球連邦宇宙軍大佐。のちの第一次オリオン大戦終結時、地球連邦宇宙軍統合艦隊司令長官として統合艦隊解散の辞を上梓した人物です。彼が中佐として指揮していた軽巡洋艦<カンブリアン>で、ネイラムの航宙船を拿捕するという大戦果を上げたため大佐に昇進することとなり、そのまま軽巡の艦長というわけにもいかずこの星系に取り残されて無聊を託っていたところ。
 物語は、この惑星に現れた怪物との戦い。この怪物とは、おそらくはネイラムが生体兵器としてこの惑星に送りこんだもの。全長80メートルほどの、のたのたと市街地を歩くトカゲじみた化け物。
 この怪物をどうすべきか、について侃々諤々として議論ばかり繰り返すN-2政府。なにしろ戦時中に日系星系の基本法として用いられている日本国憲法の第九条まで持ち出す連中ですから、責任転嫁、問題先送り、前例にないことはできないというばかり。助言をしようとする柳田に、連邦は何をするつもりなんだと食ってかかる始末。
 まさかあのハイリンゲンシュタットで行われた一般待機命令を持ち出す訳にもいかん、と柳田は考える。
 溜め息をつきつつ指揮下の訓練大隊の指揮官と話をすると、
 『対処策について意見があります、JJ』
 『いってみろ』
 『ウチの若い者が、あれは慣性恒温性ではないかと』
 『なんだそりゃ』
 『体温調節能力がないということです。サーモグラフィー分析では内部にほぼ一定の熱があるとわかりましたが、上陸後さほど変化がありませんし。で、この惑星の研究者が面白いことをVネットでいっておりまして』
 『短く』
 『セリザワとシゲサワというクローンのように良く似た二人が、あれを熱でどうにかできる可能性がある、と。こちらでもシミュレーションをおこないました。有望です』 (P241)
 つまり、こういうことで解決、っと。あはは。その結果としてこうなったとさ。
 なお、この事件によって最も損害を被ったのはいまだ地球の、日本列島にその本拠を置いている古いヴィジュアル・エンターティメント製作会社だったかもしれない。その会社では240年ほど昔に始まった幻想の怪物について扱う作品、その末裔をいまだに製作しており、最新作の全人類領域公開を間近に控えていた。しかしN-2だけはさすがにまずいだろうという話になり、Vネット配信がほぼ一年遅らされることとなったのである。 (P245)
「地球連邦の興亡1」裏表紙より 大ちゃん、「シン・ゴジラ」を楽しんだんだろうねぇ。
 彼の訃報がなかったらこれはこれで大笑いできたのに。あの年で僕らを置き去りにするとは、この大莫迦野郎め。

 この項を書くために、「地球連邦の興亡1」(新書版)を参照しました。その裏表紙にこんなものが。
 32歳の時の佐藤大輔。この年で風格というかなんというか。老けてたんだね、大ちゃん。(笑)



 読書メーターの記録より  読了:2017/5/25