トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: S134 チャールズ・M・シュルツ Schulz, Charles M.
国籍: アメリカ合衆国 生没年:1922/11/26〜2000/2/12
 アメリカ、ミネソタ州生まれ。漫画家。
 代表作 『ピーナッツ』 シリーズは50年間にわたり連載され、今も世界的に多くのファンを持つ。1984年には『ピーナッツ』の掲載紙が2000誌に到達し、ギネスブックに認定された。
 1986年には漫画家の殿堂入りを果たし、1990年にはフランスの芸術勲章を受章、またイタリア文化大臣から功労賞が贈られた。ルーヴル美術館などでは『ピーナッツ』の展覧会が開かれ、1996年にはハリウッドのウォーク・オブ・フェイムにもシュルツの名が登録された。
 77歳で結腸癌により死去した2000年2月12日の翌日、「ピーナッツ」日曜版の最終回が新聞に掲載された。
 シュルツの死去後の2000年6月、アメリカ合衆国議会から民間人に授与する最高位の勲章である議会金章が贈られた。
チャールズ・M・シュルツ
管理番号 書  名 メ  モ
S134-001 きっと大丈夫と思えるスヌーピー ピーナッツ≠フ子供たち
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:S134-001 61 童話・ライトノベル 出版社:祥伝社
書名:きっと大丈夫と思えるスヌーピー   ISBN978-4-396-11443-5 C0279
Peanut=@1979/5/14〜1982/12/31 翻訳者:谷川俊太郎 解説:酒井順子
祥伝社新書 443 価格:780Yen ページ数:224P 本のサイズ:新書
初版発行:2015/11/10 購入:2015/10/31 表紙イラスト:Charles M. Schulz
「きっと大丈夫と思えるスヌーピー」 チャールズ・M・シュルツ ピーナッツ≠ニいうより、スヌーピー≠ニ言った方が日本では通りがいい。
 でも、この、チャールズ・M・シュルツ氏が書いた漫画は、スヌーピーという犬の漫画ではないのです。日本でも大人気の犬ですが、主人公ですらない。
 この漫画は、アメリカの子供たちの身近な子供たちの漫画です。主人公は、チャーリー・ブラウンという少年なのです。ドジで間抜けで口べたで引っ込み思案で、でも前向きで人に優しく楽天的な少年。
 かつてこのコミックを最初に読んでいた時、この少年の間抜けさを歯がゆく思い、ほかの登場人物の方が好みでした。

 いま読むと、長い年月を経たせいか、ちょっと見方が変わっています。
 スヌーピーの破天荒な魅力についても、新しい視点があることに気づいたのがまずひとつかな。そしてチャーリー・ブラウンという少年の芯の強さと優しさ、ルーシーの張り詰めた心、ライナスはADHDだったのか。シュレーダーの冷静さはどういう意味。ペパーミント・パティとは何のアイコンなのか。ビッグ・ベンやフランクリンを、作者はキャラとして大きくするつもりはあったのか。

 ま、それでも今もなお、鐵太郎のこの漫画でいちばんのお気に入りのキャラは、ライナス・ヴァン・ペルトなんですけどね。

 この本で、チャーリー・ブラウンが入院した、というネタがあります。
 1979/07/16という日付。ルーシーとライナスのおしゃべり。このときルーシーは、いかにも子供らしくこういう。
 ルーシー 「あらそう? HE IS?」
 ライナス 「友だちが入院したってきいて 最初に何を考える? WHAT'S THE FIRST THING YOU THINK WHEN YOU HEAR THAT A FRIEND HAS GOING TO THE HOSPITAL?」
 ルーシー 「私じゃなくて よかったったってこと! I'M GLAD IT WASN'T ME!」  (P34)
「きっと大丈夫と思えるスヌーピー」 チャールズ・M・シュルツ チャーリーの妹のサリーは、お見舞いの手紙に平気で残酷なことを書きます。(1979/07/18) 子供って、こういうものだよね。
 次の手紙でサリーは、ちょっと優しいことをいう。スヌーピーの餌をちゃんとやっているから安心して、と。(1979/07/25) これもまた、子供らしい。

 ところがルーシーはちょっと違う。
 まだチャーリー・ブラウンがよくならないらしいとライナスに聞いて、怒り狂う。
 「チャーリー・ブラウンみたいな人が病気になって、おまけにちっともよくならないなんてこの世は一体どうなってんの?!」  (P37)

 ああルーシー、たまーにだけど、そんなことを言うから、君が好きなんだよ。

「きっと大丈夫と思えるスヌーピー」 チャールズ・M・シュルツ
 「チャーリー・ブラウンについてひとつみとめざるをえないことは」
 「彼にはまったく腹黒いところがないってことさ」  (P71)
 ライナスは、チャーリー・ブラウンについてこんな事をいいます。
 そうだろうか、とかつて思ったもの。そうはいっても、人ってそんなに単純じゃないよ、と。鐵太郎にもけっこう心の闇があったから。

 ルーシーが、明らかに単なる皮肉、いわれっぱなしで終わりたくないから言い返します。「何か欠けているものがあるって分かっていた」 と。
 もしかして、これは本当のことかもしれない。チャーリーは、それだけでは人として抜けてるんじゃないか。
「きっと大丈夫と思えるスヌーピー」 チャールズ・M・シュルツ でも、そうだろうか。
 チャーリー・ブラウンって、自分が惨めな間抜けだと知っています。自虐になりかねない自覚だけど、分かっています。わかっていて、それをしゃれのめす強さがある。
 恥をかくことがどんなことだかも、分かっている。
 だから、多分人の上には立てないけれど、いい人としてみんなの信頼を集める事ができる人になれるはず。

 なって欲しいよね。

 この漫画を見て、人はいろいろなことを考えるでしょう。鐵太郎の感想だけが正しいんじゃないと思う。
 この漫画をこう読むべきだ、なんて言ってはいけないと思う。
 でも少なくとも、ただの面白いカワイイ犬が出てくる漫画じゃないと思って欲しい。

 また読み直してみたいね、これ。  (2016/11/6)

 読書メーターの記録より  読了:2016/9/3