トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: B039 デイヴィッド・ブリン Brin, David
国籍:アメリカ合衆国 生没年:1950.10.6〜
 カリフォルニア州グレンデイル生まれの小説家、SF作家。親日家でもあるそうな。
 グレゴリイ・ベンフォード、グレッグ・ベアなどと共に、アメリカSF界の重鎮。
 カリフォルニア工科大学で天文学学士号取得、カリフォルニア大学で応用物理学の修士号と宇宙科学の博士号を取得。サンディエゴ州立大学で物理学を教えていたが、現在は作家専業。
 北カリフォルニアで妻と三人の子供と共に住んでいる。
 (英国版Wikiより。ハヤカワの解説によると南カリフォルニア)
 「知性化シリーズ」で1984年と1988年にヒューゴー賞受賞。その他も、SF関連の章を受賞。
 2007年世界SF大会(日本)にて、メインゲストとして来日。
デイヴィッド・ブリン
管理番号 書  名 メ  モ
B039-019・020 キルン・ピープル(上・下) 粘土の分身が活躍する未来ハードボイルドSF

ページのトップへ
  Ver. 2.18 
管理番号:B039-019・020 10 SF一般 出版社:早川書房
書名:キルン・ピープル(上)   ISBN978-4-15-011628-6 C0197
原題:Kiln People (2002) ハヤカワ文庫SF1628 フ4-19 早川文庫6121
翻訳:酒井昭伸 価格:960Yen ページ数:539P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007.8.25 購入:2007.8.25 表紙イラスト:加藤直之
書名:キルン・ピープル(下)   ISBN978-4-15-011629-3 C0197
原題:Kiln People (2002) ハヤカワ文庫SF1629 フ4-20 早川文庫6122
翻訳:酒井昭伸 価格:960Yen ページ数:543P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007.8.25 購入:2007.8.25 表紙イラスト:加藤直之
キルン・ピープル(下)キルン・ピープル(上) デイヴィッド・ブリンといえば「知性化シリーズ」ですが、これはちょっと違う。
 イメージの違うブリンも、また楽しからずや、ですか。

 「キルン KILN」とは、陶磁器を作るときに使う窯のことです。窯をなにに使うのでしょう? 実はこの本は、未来の私立探偵によるハードボイルドなのです。
 でも、単なる未来の探偵ものではない。なんでェ、といいたくなるような展開の連続です。

 時はちょっと先の未来。人類は簡易的なクローンを作って自由に使えるようになっています。そのクローンとは、ディットー(ditto)もしくはゴーレム(golem)と呼ばれます。代理体(プロキシ)というときもある。作り方はこんな感じ。
 特殊な陶土によって作られた素体(原型)がメーカーから冷凍された状態で送られます。これに人間の頭脳(魂)を走査して転写し、これを陶窯(キルン)で焼き上げると完成します。簡単?
 何色か色があり、色によってクレードが変わります。グリーンは単純な雑用係。グレイは自分を代行できる能力あり。エボニー(黒)は能力が特化した専門家。その他にもいろいろあるようですが、ホワイトはエロ用だそうな。(笑)
 それぞれ、寿命は原則として24時間。形状は原則として通常の人間型で本人のコピー形状ですが、自由にデザインできます。
 寿命が尽きる前に、クローンの体験した記憶を読み出して、自分のものとすることができます。したくなければしなくてもいい。
 作れるクローンの数に制限はありません。本人の経済力と持っている陶窯(キルン)の数で決まります。
 あとがきにありますが、昔なつかしのアニメ「パーマン」に出てきたコピーロボットだと思えばよろしい、かな?

 主人公アルバート・モリスは私立探偵です。クララ・ゴンザレスというガールフレンドがいます。
 彼が依頼された任務とは、このクローンによる複製製造のテクノロジーを持つ巨大企業「ユニバーサル・キルン(UK)」の、失踪した筆頭研究者であるヨシル・マハラル博士の捜索でした。
 捜査する場所はどこなのか。「ユニバーサル・キルン」の創立者であるヴィク・イーニアス・カオリン社長の思惑は何なのか。

 話は、最初に報告を持ち帰ってそのまま寿命を終えたグリーンを別とすると、一人のグリーンと二人のグレイ、そしてオリジナルであるアルバート自身の視点による一人称で語られます。
 二人のグレイはそれぞれ別々な捜査を開始しますが、雑用係として買い物に出たグリーンが暴走を始めます。複製がオリジナルの制御をはずれた「フランケン(シュタイン)」になってしまうのは珍しいことではありませんが、アルバートの複製はめったにそうなったことがない。なぜなのか。
 このグリーンの奇妙な行動が、物語をややこしくしますが、二人のグレイ及びオリジナルのアルバートのそれぞれの捜査により、物語は驚くべき展開を見せます。
 ハードボイルドの形式のままで進んだ話が、最後は見事にひっくり返されます。お見事、というべきなのか?

 現時点では荒唐無稽なテクノロジーですが、こんな事もあり得るのだろうか?
 表紙絵の下の方にある図は、戦闘用の歩兵部隊として作られた複製たちの隊列ですが、これと同じような図柄を見たことがありませんか?
 現代ではなく、古代の遺跡として。
 秦の始皇帝の兵馬俑。これさえも、ある意味でこのディットーたちの先駆であったのかも知れない。
 なんだかわくわくしますね。

 心霊的な単語、霊子(りょうし)工学(Aethenics)というものが出てきます。なんと、「サクラ大戦」に出てきた言葉なのだそうな。
 こういうクローンとか人間型ロボットに抵抗の少ない日本人についての言及もあります。日本人的にはある意味で受け入れやすいお話ですが、西欧ではどのように受けとめられたのでしょうか。
 とはいえ、いくら架空の未来とは言っても、これはちょっと違うのでは? ↓
 日本では、ゴーレム技術はすんなりと受け入れられて、西洋で見られたような大騒動はなかったといわれる。日本人は魂の複写という概念に何の抵抗もいだかなかったそうだ。アメリカ人がインターネットをあたりまえのように受けいれ、アメリカ的な“発言”の根本的表現手段として見なしたのと同じようなものだろう。伝説によれば、日本では目を描きこむだけで、その対象は生命を持つという。船でも、家でも、ロボットでも ─ さらには、キュートなテレビ・コマーシャルで菓子パンの宣伝をする、ふかふかの“アンパンマン”でさえも。

 でも、ブリンの見た日本像は、ちょっと面白いかも。 (08/1/26)