トップへ戻る

読んだ本の分類

作家番号:H058 林 譲治 はやし・じょうじ
 国籍:日本 生没年:1962/2/6〜
  北海道夕張郡長沼町出身。
 小説家。SF作家。仮装戦記作家。軍事(主として旧日本海軍)研究。
 SF作家としてはハードSFの書き手であり、ブラックホール・重力波・降着円盤などを好む。仮装戦記としては日本海軍ものが主。
 ホームページでは各種ハードSF資料が公開されている。 野尻抱介、小林泰三らと交流があり、SF作家への技術的なサポートを行っている。 ガンダムのノヴェライズも手がけている。
 ご本人の公式サイトはこちら。
林 譲治
管理番号 書名 備考
H058-001 ウロボロスの波動 AADDシリーズ
H058-002
H058-003
H058-004
H058-005
H058-006
H058-007
最強戦艦 魔龍の弾道1
最強戦艦 魔龍の弾道2
最強戦艦 魔龍の弾道3
最強戦艦 魔龍の弾道4
最強戦艦 魔龍の弾道5
最強戦艦 魔龍の弾道6
あり得たかも知れない太平洋戦争
H058-008
H058-009
H058-010
銀翼艦隊
銀翼艦隊2
銀翼艦隊3
ソ連から得た新型エンジンを元に歴史改編

管理番号:H058-001 15 ハードSF 早川書房
書名:ウロボロスの波動 AADDシリーズ 発行 2002年7月
ハヤカワ文庫JA815 ハ5/2 早川文庫5705 価格:¥720 ページ数:436P 装丁:文庫
イラスト:緒方剛志
初版発行:05/9/30 購入:05/9/25
 ハードSFというジャンルがSFにあります。
 定義はいろいろあるかと思いますが、鐵太郎的な定義は「15 ハードSF」にあるとおりです。
 そのカテゴリーにはめるべき、と言うより、そこしか場所がないというSFがこれです。

 テーマはいろいろありますが、「降着円盤」と「ブラックホール」、そして「・・・」でしょうか。
 伏せ字にしたわけは、この本は短編集の形を成していますが実はシリーズであり、その三番目のテーマはまだ顔を出していないから。
 つまり、続編が出版される予定なのです。善哉! \(^─^)/

 シリーズ名のAADDとは、「人口降着円盤開発事業団」の略です。どういう英文なのかは教えてくれません。また、何のための組織なのか、すぐには説明してくれません。
 あとがきで小川一水氏が触れているように、普通の作家(?)ならこの世の春とばかりに言葉と背景、つまり自分の作り上げた舞台装置の説明を始めるところを、林さんは平然とすっ飛ばして本文に入ります。
 これが、この方の特徴なのでしょうか?
 そこで読者としては、こりゃあいったい何なんだと頭を抱え、参考資料やgoogle、Wikipediaなどを駆使してその概念を頭に入れる羽目になる。逆に言えば、読者にそれを強いるだけの魅力もあります、たしかに。

 降着円盤とは、土星の輪のような形をした物体の集合体で、大重力を持つ天体の周囲に形成されるもの。 ・・・半可通としてはこんなところで勘弁。この降着円盤を、太陽系に接近してきた火星ほどの質量を持つブラックホール”カーリー”の周囲に人工的に建設し、そこから大エネルギーを引っ張り出して活用しようと言うプロジェクトが進行し、そのために作られた組織がAADDというわけ。
 そしてこの組織は、単なるプロジェクトチームから次第にガンダム的なスペースノイド進化(笑)を遂げ、ついには地球と正面切って対抗しうる組織に成長します。

 AD2123年に「ウロボロスの波動」として始まったこの物語は、科学的、技術的、社会的、軍事的、文化的、政治的な様々な軋轢、葛藤を経て、新しい局面を見せていきます。
 小惑星ラプシヌプルクルの謎。AD2144年。
 ヒドラ氷穴。AD2145年。
 エウロパの龍。AD2149年。
 エインガナの声。AD2163年。
 キャリバンの翼。AD2146-2171年。
 
 ほぼ50年の歴史の流れの果てに、最後に打ち出される最終テーマは、「異星人とのコンタクト」。(あ、ばらしちゃった)
 しかし、上に書いたとおり、この本ではそこまで至りません。世代を重ねて繰り返される人間たちの営みの中で、人は未知のものをあるがままに受け止められるほど成長できるのかが、興味の種ですかね。

 蜘蛛はクラゲを他の生物として認識できないでしょう。その逆もしかり。
 この世界では、人はそこまで認識が広がるのでしょうか。

 次作に期待です。  (05/11/9)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:H058-002 23 仮想戦記 出版社:学習研究社
書名:最強戦艦 魔龍の弾道1   ISBN4-05-401416-X C0293
歴史群像新書 93-1 価格:800Yen ページ数:258P 本のサイズ:新書
初版発行:2001/4/14 購入: カバーイラスト:志賀 功
カバーデザイン:idea
「最強戦艦 魔龍の弾道1」 林 譲治 昔、この本が出た頃、内容的に面白いなと思ったもの。作家が林譲治さんなら、ハードウエアも悪くはあるまいと評価できるしね。いつか読もうかと思っただけでしたが。
 ひょんなことで、ネット友人G氏よりドサッと蔵書を譲られました。その中にこのシリーズがあったのです。あれから10年以上経っているし、仮想戦記ももうほとんど読まなくなったしなぁと思ったんですが、手にとって見たらこれがまたけっこう面白い。

 さて、仮想戦記というと、かの有名な荒巻義雄氏の「紺碧の艦隊」、「旭日の艦隊」シリーズを考える人が多いかと。アニメにもなりました。ちなみに、鐵太郎が本屋で立ち読みして思わずページを引き裂いてぶん投げようかという発作に襲われたのは、まさにこの一冊でした。
 個人の意見はいろいろあります、むろん。(笑)
 あのシリーズに関しては、読書子としての鐵太郎には眼の汚れ、歴史マニアとしてはなんと罵倒してもしたりない、技術屋としてはこんなメカを書くヤツは人間の恥、と思ったもの。今もなお。
 しかも、鐵太郎の偏見に満ちた評価として、あのシリーズは仮想戦記と呼ばれるその頃雨後の竹の子の如く現れた中で、平均よりかなりまし、というレベル。あとは推して知るべし、か。
 個人の意見はいろいろあります、むろん。(笑)

 だからね、仮想戦記と言うだけでかなりかまえてしまうのですよ、オイラとしてはさ。でもこの本は、本当に面白かった。
 仮想戦記としては、だけど。


 プロローグは、1941年12月7日の真珠湾。アメリカ時間です。史実通り、軍港の上空をおおうのは、日の丸のマークをつけた飛行機の群れ。圧倒的な戦力。しかしこの攻撃は、まず二つの点で史実と異なります。
 ひとつは、ハワイの軍事基地で、実験的なレーダー装置が稼働していたこと。もう一つは、攻撃が始まったのちアメリカの迎撃機の一機が日本軍の戦闘機に撃墜されて、大型石油タンクに突っ込んでしまったこと。その結果真珠湾上空は、アメリカの迎撃機とどす黒い黒煙におおわれ、日本海軍の攻撃は頓挫しつつあることに。
 重油タンクの石油はそうそう簡単に燃えあがったりしないというささいな事実は無視して、黒煙によって戦果が上がらない可能性に舌打ちする攻撃隊指揮官淵田中佐は、しかしぜんぜん別なものを見ます。狭い港湾から外に脱出しようとするアメリカ海軍の戦艦群に、大落角で降り注ぐ砲弾。そして外洋へ抜けようとする戦艦カリフォルニアの火薬庫の大爆発。轟沈する戦艦から出るすさまじい火柱。
 そう、これが新型戦艦「大和」「武蔵」のデビュー戦でした。

 のちの記録によれば、その異変に最初に気がついたのは千葉の農民たちであったという。異変が起きた年──それは昭和11年である。
 と、リン肥料の価格がこの年に突然高騰したことから、このお話は始まります。昭和11年と言えば、2.26事件のあった年。
 あ、この出だしは吉村昭さんの戦艦武蔵へのリスペクトですね。あの本では、昭和12年7月に、九州全国の棕櫚(しゅろ)が一斉に市場から消えたのでした。
 なぜリン肥料が消えたのか。

 そしてスポットは、海軍軍令部第三班第八課、すなわち従来の海軍ではあまり光の当たらない、情報担当部署の戦史研究・編纂グループの一員である菅少佐に当たります。時代はさらにさかのぼり、昭和8年2月。
 彼が第一班の大沼中佐に呼ばれて未来に想定されうる日米との戦争に関する、海軍としての方策の研究会に参加したときから、歴史は始まります。ここで、従来の海軍戦略に差し挟まれた疑問がやがて芽を出すのは遠い先。

 昭和12年11月14日に戦艦大和は呉の海軍工廠で起工されますが、それに先だつ昭和8年4月9日、駆逐艦「夕暮」が起工されます。これに搭載された新造の高温高圧蒸気による高出力ボイラーとそれを受ける新型タービンが、35ノット以上として要求されたこの初春型駆逐艦に40ノット以上の速力を与えうるかもしれない、という会話がなされます。
 同じころ、広島県呉市の南にある亀ヶ首射場で、新型の砲弾が試験されます。とりあえずは5インチ砲弾ですが、砲弾の材質と構造を変えることにより、威力と射程距離に大きな進展が見られる結論が出ます。
 そして、歴史が動いたのでした。

 大和型戦艦というものは、基本として18インチ(46センチ)砲を搭載するプラットフォームです。その「台」にどのような性能を要求するか、これがこのフネの奇妙な形を決めたと言っていい。18インチ砲三連装砲塔三基九門搭載、総排水量7万トン超、最高速度27ノットと言った要目は、この基本に基づくもの。
 しかしもし、あり得べき技術の延長線上にある発想で、別な前提で海軍戦略と新型戦艦、そして海軍の構造が改変されていったとしたらどうなのか。

 かくして、この世界では戦艦大和は、規準排水量4万5000トン、16インチ砲連装5基10門搭載、最高速力34ノット超という要目をもった、長門級よりさらに細長いスマートな、しかも史実の18インチ砲よりも射程・威力ともに優れた主砲を持った戦艦として誕生します。艦形のレイアウトは、かつて葬られた八八艦隊構想の加賀型巡洋戦艦と似ていますが、むろん時代が違うので同じ発想ではない。
 さらに、排水量から分かるように、新技術を導入したといっても充分史実の大和級よりコストは安い。
 こうして、紆余曲折はあったものの一番艦の大和から武蔵、そして信濃、紀伊までの建造が進むのでした。
 この企画に関わった一人である大沼中佐は、一番艦大和の先任艤装員、つまり竣工後の大和副長として建造にも関わることに。ここに、建造する側の代表として西島造船中佐の名前があったりして、ちょっと嬉しくなった鐵太郎でありました。
 あ、もう一人この企画に関わった、へそ曲がりで出世が遅れていた菅少佐は、中佐に昇進して駆逐艦天津風の駆逐艦長となります。このフネは、新鋭の陽炎型駆逐艦の9番艦で、史実では実験的に高温高圧ボイラーを搭載した優秀艦であり、かの有名な「雪風」と同じ第16駆逐隊に所属しました。

 そしてもう一つ、この世界ではレーダー技術が諸事情により急ピッチで開発されます。事情はいろいろありますが、開発時点では艦隊の「夜間衝突防止装置」として進められたもの。これが、遠距離の艦船の位置も測定できること、条件にもよるが航空機の接近も探知できることが分かってくるに従い、条件は変わります。
 竣工が昭和16年9月まで繰り上がった大和と武蔵は連合艦隊司令部直轄とならず、新設された第10戦隊に配属されます。
 歴史の流れに従ってハワイ奇襲攻撃が策定されたとき、航空攻撃の主幹である航空母艦ではなく、艦隊の前衛に立つ高速戦艦である大和に将旗を揚げたのは、南雲中将。しかも、参加する空母は「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」の四隻。

 こうして、このシリーズは開幕します。ふむ。次巻に期待。
 後半、破綻しなきゃいいんだけど。(おいおい)  (2014/9/13)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:H058-003 23 仮想戦記 出版社:学習研究社
書名:最強戦艦 魔龍の弾道2   ISBN4-05-401506-9 C0293
歴史群像新書 93-2 価格:800Yen ページ数:256P 本のサイズ:新書
初版発行:2001/8/7 購入: カバーイラスト:志賀 功
カバーデザイン:idea
「最強戦艦 魔龍の弾道2」 林 譲治 昭和16年12月5日の、ハワイ沖に潜む、伊号第16潜水艦から始まります。
 このフネは、甲標的、すなわち魚雷を二本のみ装備した小型の特殊潜航艇ですが、これを搭載した特殊な潜水艦。広大な海の中では、こんな小型の潜航艇で戦果を上げる可能性など皆無に近い、と心あるものは皆思っていたのですが、それでも正式な兵器として存在し、戦線に投入されたのです。日本の軍隊では、ありがちなこと。困ったことに。
 この小さなフネが、意外な戦果を残す事に。

 夜間衝突防止装置、というものが実用化されています。のちにレーダーという名で有名になりますが、現時点では文字どおりの役割として航海科の管轄で、役には立つがそれだけのもの、として使われています。まだまだ開発途上のものである事もあってなりは大きく、大型艦船にしか搭載されず、数も少なく信頼性も低い。この装置に未来はあるのか、という流れがリアルであると共にじれったい。

 この世界で行われた真珠湾奇襲攻撃は、偶然による大黒煙に邪魔され、史実では画期的で歴史を塗り替える大勝利を上げた航空攻撃が空振りに終わります。変わって正面に立ったのは、新型砲を搭載した大和級戦艦二隻。
 新型砲とは、従来の大砲より射程と命中精度を上げるため、砲弾の質量を従来より上げたもの。単に大きくしたのではなく、従来より比重の高い物質で砲弾を作るという荒技による。というもの、単に大きくすることで重くするだけでは、空中を飛翔している際に抵抗が大きくなり意味がなくなるため。
 現代の劣化ウラン砲弾と同じ理屈です。このため、モリブデンやクロムバナジウム鋼を使う必要があり、そのバナジウムを得るためにリン鉱石を大量に使用することとなり、その結果、これがリン肥料の急激な高騰を招いて農業関係者を驚かせることとなったのだという。また同時に蒸気タービン機関にも特殊な改造が施され、単位重量あたりの出力を上げることができて新型戦艦の驚異的な速度を生み出すこととなったのだそうな。
 この高速長射程戦艦二隻が第10戦隊としてハワイ攻略部隊の前面に立ち、航空部隊が撃ち漏らしたことにより真珠湾を脱出する米軍戦艦群を、次々と沈めていったのでした。しかし、この高性能砲弾はなにしろ稀少金属製のもの。数が少ない。戦艦群を討ち果たしたところで弾切れ。
 そしてハワイ諸島を離れて航行していたアメリカ軍の航空母艦は紆余曲折の末に、なんと眇たる甲標的、小型特殊潜航艇によって沈められることに。
 これにより、この世界では軍事技術は新たな方向に「進歩」していくことになったのでした。

 と、こんな状態となって第二巻は終わり。次は第3巻。  (2014/9/25)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:H058-004 23 仮想戦記 出版社:学習研究社
書名:最強戦艦 魔龍の弾道3   ISBN4-05-401556-5 C0293
歴史群像新書 93-3 価格:800Yen ページ数:240P 本のサイズ:新書
初版発行:2001/11/6 購入:2014/9/7 カバーイラスト:志賀 功
カバーデザイン:idea
「最強戦艦 魔龍の弾道3」 林 譲治 今回は視点を南方遠征にむかう日本海軍馬来(マレー)部隊から始まります。目的は、史実と同じシンガポール攻略。攻撃部隊は、史実と異なりハワイ攻略から外された五航戦、第五航空戦隊の新鋭空母、翔鶴と瑞鶴が参加しています。
 この、空母による陸上攻撃と、英国東洋艦隊への水上攻撃が、偶然の連鎖によって史実とはまったく異なる結果になるとは、この仮想戦記は皮肉が多いですなぁ。

 陸軍のコタバル上陸を援護したのち、小沢治三郎提督を司令長官とする日本海軍南遣部隊は、英国海軍の制圧にかかります。これに対し、シンガポールを拠点とする英東洋艦隊はZ部隊と呼称される主力艦二隻を基幹とする部隊を編成し、日本軍の上陸を阻止せんと出撃。
 史実において、航空部隊による世界最初の航行中の主力艦の撃沈となったこの戦闘において、史実で栄光の空母と湛えられた五航戦の翔鶴、瑞鶴の航空隊の攻撃が惨憺たる結果に終わり、史実通り九六式陸上攻撃機と一式陸上攻撃機に功績が挙がったという結果になります。

 そして予期せぬ戦勝に逆に驚き、唖然とする日本の朝野。戦争目的が明確でないまま、次の戦略目標すら定まらぬ中で勝ちに驕っていく
 ひなびた温泉宿で、こっそりと会話を交える戦艦大和副長・大沼中佐と、駆逐艦天津風の駆逐艦長・菅中佐。
 交戦国の中で急ピッチで進められることになった、長距離渡航能力のある爆撃機の開発。空母航空部隊の戦闘機化。十三試艦上爆撃機(史実では「彗星艦爆」となったもの)の局地戦闘機化。(P213のイラストは「彗星」じゃなくて「雷電」。間違いですよね?w)
 さて、この先はどうなる? ここまでが3巻。

 この時点で思うのですが、このシリーズの題名「魔龍の弾道」では、単に大和級戦艦をちょっといじった秘密兵器としただけの、仮想戦記としては新兵器による大逆転劇のパターンにしか見えない、というところがあります。しかしこのシリーズはそういうものではない。もっと幅が広いはずだと期待しています。
 とはいえ、完全に、かどうかはわからないけれど、題名で失敗していると思う。いまさらだけど。

 それと、「長門」級はともかく、史実で最も酷使されて常に最前線に送りこまれた日本海軍の高速戦艦「金剛」クラスの老嬢たちが、このシリーズではまるっきり無視されています。最新鋭の、つまり一番もったいない「大和」クラスばかり使っていることにも疑問があるし、ちょっとこの辺が突っ込みどころですかね。
 「扶桑」級、「伊勢」級が名前さえ出てこないのは、しかたないけれど。(でも、使いようはあるんじゃないのかなぁ?)

 ま、ここまでは、なかなか面白いまま進んでいます。善哉。  (2014/9/26)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:H058-005 23 仮想戦記 出版社:学習研究社
書名:最強戦艦 魔龍の弾道4   ISBN4-05-401611-1 C0293
歴史群像新書 93-4 価格:800Yen ページ数:250P 本のサイズ:新書
初版発行:2002/3/4 購入: カバーイラスト:志賀 功
カバーデザイン:idea
「最強戦艦 魔龍の弾道4」 林 譲治 プロローグは、ひとつの戦闘シーンから。
 哨戒任務の潜水艦よりの報告により出動した南雲艦隊が遭遇したのは、報告とは違う海域にいた米空母と随伴の艦隊。遭遇戦になって乱れた戦場の中で、二水戦の駆逐艦群の突撃により勝敗がついたのち、後方から急行した戦艦信濃が主砲の矛先を向けたのは、単艦の敵空母。
 たちまち夾叉ののち直撃を受けた米空母の甲板から、大型の双発機が次々と海に落下します。史実で帝都上空に現れたドゥリットル陸軍中佐率いる空母ホーネットの東京奇襲部隊。
 運命の歯車がひとつ噛み違えば、歴史の流れとはこんなもの、か。

 さて、初戦のいくつかの作戦が思いがけない勝利で終わったあと、史実ではミッドウェー攻略戦が行われます。勝利に浮かれて無定見なままでいる上層部に対して、焦燥感を覚える山本五十六連合艦隊司令長官の発案によるものですが、このシリーズではこの巻のあたりから少しずつ歴史が変わっていきます。
 史実では、ハワイ作戦をおしきったときと同じく山本GF長官の辞職までちらつかせてMI作戦、つまりミッドウェー攻略戦の実行を強要した連合艦隊司令部ですが、今回はそれが裏目に出ます。
 富岡(軍令部第一課長・大佐)は連合艦隊のふたりの参謀を見すえ、ゆっくりとひと言ひと言を相手に分かるように続けた。
 「軍令部としては、MI作戦の実行に関して責任は持てない。ゆえにあくまでも連合艦隊司令部がMI作戦実行に固執する場合には、私や三代君(軍令部航空作戦主務者・中佐)をはじめ軍令部職員はことごとくその職を辞する覚悟である」  (P28)
 と切り替えされては、そもそも最初にそういう恫喝をした連合艦隊司令部としてはぐうの音も出ない。そもそも連合艦隊とは、軍令部の下にあって作戦実行をする部隊でしかないのですが、海軍次官まで務めた山本五十六を頭に置いてから傍若無人に振る舞って戦局を引きずり回していたもの。
 こんな歴史もあっていいじゃない、という林さんの茶目っ気かな。

 この結果、大和級戦艦の四番艦「紀伊」が竣工する昭和17年5月、ポートモレスビーを攻略するMO作戦が発動します。フィジー、サモアを攻略してアメリカとオーストラリアを分断するFS作戦の前哨戦となる・・・はず。
 前哨戦として史実通り珊瑚礁海戦が起きますが、この最後に空母ヨークタウンを沈めたのが呂号潜水艦と戦艦紀伊、サポートしたのが九六陸攻だったというのが、この世界の皮肉なところか。

 ドイツに降伏したヴィシー政権下のフランスは、その東洋の植民地がド・ゴール率いる自由フランス軍に奪取されたことが気に入らない。しかし遠い海外の地のこと、その奪還は困難です。しかもドイツの盟友である日本軍との合同軍を編成するのは、明確に三国同盟に軍事的に荷担することになり、連合軍に対しての選択肢が狭まる。そこでどうするか。
 ヴィシー政府の要求はひと言でいえば、「日本軍がニューカレドニア島を占領して、軍事目的に使うのはかまわないが、フランスの主権は認める事。ニッケルなどの鉱石はお手ごろな価格で販売します」というものだった。  (P134)
 というわけで、FS作戦はNC作戦になってしまったらしい。

 第一次ソロモン海戦の勝利から始まった日米の激突は、戦艦武蔵の被雷、第二次ソロモン海戦の惨敗を経て、ついにこの世界でも焦点はガダルカナル島に映ります。
 史実通りに泥沼の消耗戦を経て日本軍は押し返されるのか。この巻はここまで。  (2014/9/27)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:H058-006 23 仮想戦記 出版社:学習研究社
書名:最強戦艦 魔龍の弾道5   ISBN4-05-401665-0 C0293
歴史群像新書 93-5 価格:800Yen ページ数:218P 本のサイズ:新書
初版発行:2002/5/31 購入: カバーイラスト:志賀 功
カバーデザイン:idea
「最強戦艦 魔龍の弾道5」 林 譲治 ポートモレスビーが陥落し、日本軍は破竹の、といっていい進撃を続けているように見えます。
 しかし実情は、伸びきった兵站線を支えるどころか、陥落させたはずのポートモレスビー周辺の制圧さえまともに行えない状態。そもそも日本軍は、長駆はるか海の彼方を攻めて占領し、支配して軍政を行う手立てすら考えていない軍隊なのでした。
 そもそもが防衛軍、自衛軍としてのスタンスで戦力をたくわえた国が、たまたま買ってしまったあげく、その先の方針がない。なんのために戦うのか、戦って勝利したらどうするのか、まったく考えていない。
 そんな、日本という国家のいびつな構造をさらけ出したのがこの巻。

 とはいえ、困ったことにこの巻は、ほぼ八割方がガダルカナル島で奮戦する日本海軍と陸軍の将兵の描写です。
 しかも、いかにも日本的な、と林さんが考えた拙劣きわまる南洋の島でのまともな準備もなしに始めた戦闘。その中でもそれなりに一生懸命頑張る日本兵、という描写はそれなりに面白いのかもしれないが、魔龍の弾道を描くはずの大和級戦艦の主砲は火を吹かず、戦艦を輸送艦に使おうじゃないかというなんとも情けない話で終わります。
 虫に刺される、という今の日本でデング熱などで注目されている南洋の生態系が、日本軍を意外なほど苦しめたらしい。しかし、そんなトリビアめいた話を聞いたところで、この巻の描写とは、血湧き肉躍る戦闘描写でつづられるべき仮想戦記としてあまりにも矮小化された話でしかないという印象を拭えません。

 面白いのか、こんなストーリーが??
 次は最終巻。鐵太郎的にどうも評価が上がらないこのシリーズ、最後はどう締めてくれるのかな。  (2014/9/30)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:H058-007 23 仮想戦記 出版社:学習研究社
書名:最強戦艦 魔龍の弾道6   ISBN4-05-401847-5 C0293
歴史群像新書 93-6 価格:800Yen ページ数:218P 本のサイズ:新書
初版発行:2002/10/4 購入: カバーイラスト:志賀 功
カバーデザイン:idea
「最強戦艦 魔龍の弾道6」 林 譲治 最終巻は、昭和17年10月10日から始まります。
 この日、呉軍港に入港したのは伊号第30潜、イ-30。ドイツから帰還したところ。
 これは、史実として第一次遣独艦として潜水艦長・遠藤忍海軍中佐の指揮下で派遣されたフネで、ドイツの暗号機械やレーダー装置などを運んで来たものの、帰国直前シンガポール港で触雷し沈没したもの。
 このお話では、ジェットエンジンなどの超兵器を期待されながら、レーダーなどの「堅実な」技術とドイルが捕獲したイギリスの対潜軍備の資料、そしてウラン鉱石などを運んで来ます。この辺で、突っ込みを入れたい虫がうずうずとうごめきますが、我慢すべきなのか?(笑)
 でも昭和17年、1942年の時点では、ジェットエンジンなどもドイツではまだ熟成されていなかったし、その他の資料や鉱物などもこの時点でどれだけ重要視されていたか。核分裂による原子力エネルギーの解放など、まだまだ周知されていなかっただろうし。まして日本に送り出す理由がどこにあったのか。疑問だらけ。
 あ、突っ込んじゃったか。(笑)

 さて、当時の日本の各物理学の第一人者と言っていい仁科芳雄(にしな・よしお)博士の、海軍技術研究所の高級士官への啖呵は、作者の思いでしょうね。緑色のカッコは、鐵太郎の補足。
 「それに戦艦を原子力動力化するとしても、どの戦艦を使うのだね? 旧式戦艦を原子力動力化したところで、主砲の威力が増大するわけでも射程が伸びるわけでもありますまい。そうなると、大和型の新鋭戦艦を原子力動力化することになる。しかし、素人の私が考えてもわかるのだが、そのための工事には、一年や二年はゆうにかかるだろう。(そんな事はできるわけがないのだから考えるだけ無駄ではないか)」  (P19)

 「日本のジェット機やロケット機は(今の戦局に)何の役にも立ちませんよ。科学者としてこの私の首をかけてもかまわない。そう、この仁科芳雄、いまのままの状況で日本のジェット機やロケット機が戦力として活躍する場を目にすることができたら、この首、いつでも伊藤中佐、あなたに差し上げますぞ」  (P24)

 「欧米列強の研究施設なら、象牙の塔に閉じこもり、最先端の研究をするのもいいでしょう。彼らには確固たる冶金技術の伝統もある。質の高い化学工業や電気工業も期待できるわけですからな。だが本邦は違う。我々には象牙の塔にこもる余裕などないのです ・・・ 低い工業基盤の中で、技研の研究者や技術者たちがジェットだの原子力動力だのと唱えたところで、そんな言葉は通じません。そして逆にあなたがたは、低い冶金技術や性能の安定しない電装品についての話が通じない。まさにバベルの塔ですな・・・
 新兵器開発を続けるというのは、技研の、海軍技術者の逃げではないですか? つまり新兵器開発は、困難な事業をしないですませるための方便、逃避にすぎない」  (P29)」
 ふむ、これには一理ある。こう言う考え方もあるかもしれない。しかしこれも、一面的なものの見方だな、と鐵太郎は思った。
 にしても、作者はこう言う思いをバックに持ってこのシリーズを書いているのか、と思うとちょっと面白い。

 しかし、このあとドイツ経由で入手したイギリスの装備を活用して米潜水艦の攻撃から商船を守る護衛戦の描写になると、おいおいと考えてしまう。ハフダフ、つまりHigh-frequency direction finder(HF/DF)、短波方向探知機や、ヘッジホッグ(噴進爆雷砲)による攻撃など。
 なんだ、結局仮想戦記かと思ってしまうけど、こりゃあしかたないかな。いくら未来的なスペキュレーションをしてみても、この世界を物語として読ませるためには現実的に使われたものを使い回すしかない。それはそれで面白いかもしれないのですが。

 しかし、そうやって物語が進むにつれて気がつきます。
 魔龍の弾道が、出てこないじゃないか。
 あの特殊砲弾は、レアメタルなど材料の問題があって、ハワイ沖で使ってしまったらもう日本では作れないのだそうな。じゃあいったいこのシリーズの題名はなんのためにあるのさ。
 最後の最後、おしまいのほんの数十ページでようやく大和は、アメリカの新鋭戦艦アイオワとガダルカナル島沖で戦います。互いに駆逐艦数隻を随伴させただけという状態で、一対一の決戦。おいおい。

 ここで勝ってみても、結局このシリーズの見せ場であるはずの新型の大和級戦艦四隻はたまに出てくるだけ、他の戦艦群は全く無視されています。その他の兵器類も。
 未来のために今役には立たないとわかっていても夢と誇りを胸に、わずかな可能性に賭けて必死で続けた研究開発を、未来の視点で見て無駄だとわかっていたからもっともらしい理由をつけてやめさせ、ひたすら日本軍の戦い方への作者の錯綜した想いだけで終始しただけじゃないか、と言う事になります。
 いいのか、林さん? これで終わらせるの?
 一応そのあとに続編を書こうとしたかのようにあとがきでは読み取れるのですが、どうなんでしょうね。

 ぶっちゃけ、隔靴掻痒というのがふさわしい終幕でした。うーむ。  (2014/10/2)
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:H058-008 23 仮想戦記 出版社:経済界
書名:銀翼艦隊 新型機を開発せよ! ISBN4-7667-3102-6 C0293
  価格:857Yen ページ数:204P 本のサイズ:新書
初版発行:2004/4/22 購入:  カバーイラスト:浅田 隆
カバーデザイン:植野皓支+フィールズ
「銀翼艦隊」 林 譲治 試作機、Z機で超長距離テスト飛行を行っていた田島泰蔵から始まります。太平洋無着陸飛行を可能にできるはずのこのZ機の開発が頓挫したのは、なぜだったのか。この半年後の昭和6年10月5日、ミス・ビードル号が史上初めて北太平洋を無着陸飛行しました。

 それから5年後の昭和11年8月、川西航空機の技師・菊原静男は不意に社長・川西龍三に呼び出され、今や大陸で満州鉄道の子会社、新京航空の社長をしている多島泰蔵に引き合わされます。そして驚くべき計画を知ったのでした。戦闘機や爆撃機では三菱や中島に割って入るのは難しい。では我々は今後、長距離飛行を可能にする大型旅客機、輸送機を作ろうではないか、というもの。しかも、4発機のものを。
 九試大型飛行艇(のちに97式飛行艇として制式化)を開発したばかりの川西にとって、手が届かない計画ではない。もし優秀な発動機があれば。
 こうして、技術大好きな林譲治さんの物語となるわけ。

 そして彼らは得てしまった、というのがこの物語の最初の歴史改編。満鉄=関東軍のルートをたどり、なんとソ連製の試作エンジンを手に入れてしまったのでした。のちに第二次大戦のソ連空軍を支えた傑作エンジンの一つとなるAsh82系列の初期試作品。当時の日本より若干レベルが高い、堅牢なもの。
 なにしろ、試作品とはいえ2列14気筒空冷星形エンジンで、チューニングを施せば1700馬力を発揮するという。

 史実どおり川西航空機は九試飛行艇のあと十三試飛行艇の開発を行います。これと平行して、この新型ソ連製エンジンを搭載した4発の旅客機を開発する、というのがこの本での歴史の流れ。実際のところ、史実の川西にそれだけの余力があったのか。それは別問題。
 はたしてこの時代、国の補助が出る軍用機以外の開発が飛行機会社に可能であったかは大いに疑問ですが、ともかく4発の「Z機」は昭和16年に試作機が初飛行します。エンジンは、国産できるようになるまではソ連からの輸入に頼るしかない。しかし昭和16年9月27日、史実より1年遅れで日独伊三国同盟が締結され、それも頓挫します。とりあえず手持ちは、表裏の手段を尽くして集めた400基弱。
 完成しつつあるこのZ機を陸海軍が輸送機として使用する宣言をしたのは、開戦間際のこの時代では当然のこと。史実と大きく違うのは、軍関係にも太いパイプを持つ民間人が自分で開発した航空機であり、軍の無茶ぶりに屈しなかったこと。
 その結果、陸軍は一式輸送機として、海軍は二式輸送機として正式採用されますが、その仕様変更については陸海軍でちょっと違うなどと言う無様な事は受け付けず基本設計の統一が成されます。これは、史実ではありえなかったこと。この飛行機を、尾部に傾斜式のカーゴランプをつけて大型の輸送車などを搭載できる設計になりますが、これも陸海軍統一仕様。もともとは、陸軍が考えた九八式軽戦車を搭載せよというトンデモなアイディアから始まったこと。7トンという、戦車としてはミニミニですが輸送機に乗せる荷物としてはとてつもなく重い積荷をのせてしまったのが、技術大好きな林譲治さんの仮想戦記っぽい。

 三菱による14試局地戦闘機の開発遅延にともない、このエンジンを使った局戦の開発が川西に回ってきます。局戦、局地戦闘機とは、迎撃機、インターセプターのこと。航続距離や格闘性能より大馬力による瞬発力や攻撃力が重視された戦闘機。史実ではいろいろ問題はあったが制式化されたのですが、この物語ではその替わりに川西がAsh82を国産化したエンジン、ロハ17を搭載した仮称一式局地戦闘機を持ち込み、昭和17年4月の段階で完成させてしまう。
 この戦闘機が機銃弾をフル搭載した試験飛行を行っているときに、米軍の双発機が首都圏に奇襲攻撃をかけてきたのは運命。この試作機だけでなく、押っ取り刀で駆けつけた陸海軍機によって、首都圏に限ってはドゥーリットル隊は全滅。これで戦争の歴史も変わることに。

 どう変わったのかというと、これによって警戒態勢や戦術が変更された日本軍は、なんとミッドウェー諸島を占領してしまう。それも、二式輸送機による空挺作戦が主力となるもの。また、この島をめぐる海戦に日本軍が勝利してしまうのも、この流れによるもの。

 で、だ。
 こうやって歴史改編が行われる仮想戦記なのですが、そこで終わらないのは林譲治節と言っていいのかな。
 田島泰蔵が海軍航空本部総務部長大西瀧治朗少将を訪ねると、この大西は実は模型機造りのマニアでそのウンチクをいろいろ語るところから、この脱線(?)が始まります。いや、その前からあったか。
 で、この大西少将のデスクに「凄いぞ! 帝国陸海軍秘密兵器集 伍」という同人誌まがいのものが。

 技術屋的発想で練り直した仮想戦記。出来すぎのところはともかく、面白いといえば言えるけど、ふむ。
 ということで、続けて第2巻へ。 (2018/10/5)

 読書メーターの記録より  読了:2018/9/12 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:H058-009 23 仮想戦記 出版社:経済界
書名:銀翼艦隊2 迎撃戦の華 ISBN4-7667-3104-2 C0293
  価格:857Yen ページ数:204P 本のサイズ:新書
初版発行:2004/8/20 購入:  カバーイラスト:浅田 隆
カバーデザイン:植野皓支+フィールズ
「銀翼艦隊2」 林 譲治 川西航空機が独自に開発した仮称一号局地戦闘機が、日本海軍に二式局地戦闘機として採用されたのは、この世界の昭和17年7月。これだけ急がせられたのは、それだけ切迫しているから。この物語では、三菱、中島といった日本の航空業界をリードしていた航空会社に勢いはありません。ま、そういう視点だから。

 二式局戦だけでなく、陸海軍呼称が二式に統一された輸送機の方も、急ピッチで生産が進みます。旅客機タイプの甲型の生産はほぼ止まり、軽戦車まで載せられる乙型が主流になり、簡易設計高翼式の丙型の開発も始まるところ。
 この輸送機が堅牢な作りであるところから、空挺部隊が前線で敵基地に強行着陸する作戦に使われ、それなりに戦果を上げています。これは兵器としてはよいことですが、基本くり返し使用するのが当然の輸送機を消耗品とすることになります。なにしろ、この丈夫な機体であれば簡易トーチカがわりになってしまうのですから。これによる消耗は看過できなくなるのも、時間の問題。
 40機もの二式輸送機を動員して行われたエスプリッツ・サント島への空挺作戦は、強行着陸した40機すべてを失い、「限定的な戦略的価値」はあったものの失敗します。しかしその攻撃によって米軍の補給船が寸断され、なんとガダルカナル島上の米兵が飢餓状態となって降伏する展開に。歴史への皮肉か。

 ここで差し込まれる大西少将のシーンは、例によって同人誌のネタも。なんと山本五十六連合艦隊司令長官にまで「原稿」を依頼しているのだとか。これが、アンダーグラウンドでの陸海軍各派閥間の情報交換に役だっている、というのがなんとも「若者に受けようとする」意図ありありでリアリティもへったくれもない。

 ところでこの巻で、開戦に伴い徴兵が進んでいくなかで熟練工がどんとん取られて工業生産に支障をきたす状態について、こんな説明というか描写があります。
 「しかし熟練工が抜けるのは困りますよ。なんとか熟練工だけは召集を免除してはもらえないのでしょうかね」
 「それはできん!」
 大西は珍しく気色ばんで、田島に向かう。
 「一億がこの国難に向き合っているというのに、どうして熟練工だけを徴兵猶予させるというのだね。それは不平等というものだろう」 (P96)
 林譲治さんは、大西瀧治朗という、史実では海軍の悲惨を象徴するような人物を使って、コメディパートとちょっと専門馬鹿な軍人と両方の役割をさせたいらしい。好意的には描いていますが。
 日本人って、戦闘には向いているかもしれないが、戦争を仕切れる国民ではないのかもしれないな。

 で、ガダルカナル島を占領してしまった日本に対して、米海軍は奇襲攻撃をかけます。戦艦二隻による挺身部隊が射程ぎりぎりから艦砲射撃によってガダルカナルの飛行場を破壊する作戦。どこかで聞いたことがある展開。これを、なんと合計10機ほどの陸攻と二式局戦で撃沈してしまう。まァ米軍はこの数日後に再び現れて航空機を運搬してきた空母大鷹ごと海岸の物資を破壊してしまうのですが。
 技術的に史実よりかなり優位な展開をしつつ、戦争はまだまだ続きます。
 
 読書メーターの記録より  読了:2018/9/14 
ページのトップへ   Ver. 3.04 
管理番号:H058-010 23 仮想戦記 出版社:経済界
書名:銀翼艦隊3 空中戦艦、出撃! ISBN4-7667-3105-0 C0293
  価格:857Yen ページ数:204P 本のサイズ:新書
初版発行:2004/11/5 購入:2018/9/21 カバーイラスト:浅田 隆
カバーデザイン:植野皓支+フィールズ
「銀翼艦隊2」 林 譲治 開戦より一年目の昭和17年12月8日から始まります。
 ガダルカナル島の飛行隊指揮官・渡部少佐は新開発の空対空奮進弾を見せられます。こんなもので戦えというのか、と憤然とする渡部に、これを持ち込んだ牛尾造兵大尉は、帝国にはもう時間がないのだ、と言う。ありとあらゆる方法を駆使して、じり貧になっていく戦線を支えなければこの国に未来はないのだ、と。
 駆逐艦あたりの榴弾を改造したらしい奮進砲は一定の効果を発揮します。これ以外にも、さまざまな兵器が実用化されるのですが、特攻兵器の開発に至らなかったのはまともな仮想戦記としての矜持かな。

 しかしこの巻で、かつて前線で行われた指揮官の逃亡、名目上は司令部の一時転進をも描きます。やはり、面白い戦記だけでこの歴史改編を楽しむには、あの戦争では醜いことがたくさん起きすぎたという事か。石橋海軍少将って、誰がモデルだろう。

 この影で、本土では「空中戦艦」という誇大妄想的な構想が起きています。4発の二式輸送機を作り上げた川西の技術で、6発の大型輸送機を作り、重武装を施せないか、というもの。
 重武装と言っても、むやみに対空火器を搭載して性能を落とすようなことはしない。ようやく実用化のめどが立ってきた奮進弾のプラットフォームとして使いたいという。しかも、これまた実用化・小型化が進んでいる電探まで搭載するという。だから、空中戦艦。
 長射程の奮進弾を多数搭載した6発の大型機が、はるか遠方から電探を使って敵編隊に大打撃を与え、そこに戦闘機隊が斬りこむという戦法を考えているらしい。
 そのため、プロペラの向きを逆にし、プッシャー式に変えろという話になります。いやこれは技術的に無茶すぎるだろう。出来る出来ないではなく、エンジンの構造、冷却方式、さらに翼の動翼の構造計算、そして主翼の設計変更、空力特性の確認まで必要になる、すさまじい設計変更になるはず。現場の努力と根性でやってのけたらマンガです。
 で、マンガになっちゃったらしい。(笑)

 近接信管と日本が開発した、という設定が面白い。アメリカが軍事秘密としたVT信管は砲弾ですが、それほどGがかかるものではなく加速の緩やかな奮進弾に装備するという事なら、あながち不可能ではないかも。しかも電波式の誘導ではなくとりあえず光誘導というよりより簡単な方法であれば、なおさら。
 むろん当時の日本の電子工学技術と工業生産能力では無理です。しかしこの歴史改編の中で、川西航空機が積み上げていた生産技術を持ってすれば、資材さえ潤沢なら出来ないことはない。

 かくして史実では存在しなかったが技術的にはありえる兵器を作りだしたところで、なんとか米軍と対等に戦える状態になっている日本。昭和18年4月、ラバウルの航空戦に勝利を得た日本軍はようやく一息付きます。
 そこで、この物語は終わり。

 まァ売れ行きが悪ければ打ち切られ、作家は新しいシリーズを書いて次を狙うというパターンなのかな。
 広げた風呂敷はそのままに、ここで終わりです。
 中途半端で「ちょっと面白いかも」で終わるのは致し方ないんでしょうな。ふむ。 (2018/10/6)

 読書メーターの記録より  読了:2018/9/24