トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: K033  デイヴィッド・カイル Kyle, David A.
 国籍: アメリカ合衆国 生没年:1919/2/14〜
 ニューヨーク、ポツダムに住むアメリカのSF作家、SFファン、イラストレーター。1933年よりファン活動に入った「ファースト・ファンダム」のメンバー。
管理番号 書  名 メ  モ
K033-001 ドラゴン・レンズマン レンズマン・ウォーゼルの新たな冒険
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:K033-001 11 旧スペースオペラ 出版社:東京創元社
書名:ドラゴン・レンズマン   ISBN978-4-488-60314-9 C0197
原題:The Dragon Lensman (1980) 翻訳者:小隅黎
創元推理文庫603-14 価格:480Yen ページ数:318P 本のサイズ:文庫
初版発行:1989/4/2 購入:1989/5/3 表紙イラスト:幡池裕行 表紙デザイン:矢島高光
ドラゴン・レンズマン 1937年より1960年に書けて発表され、1965年に作家E・E・スミスの死去の伴って終了したレンズマン・シリーズ(E・E・スミス)ですが、この世界を復活しようとしたファンはいたようですね。しかしスミスの遺族の了解を正式に取って書かれたものは、これが初めてのようです。鐵太郎の知る限り、これ以外は「サムライ・レンズマン」(古橋秀之)があるだけだと思いますが、ほかにもあるのかも。
 デイヴィッド・カイルの手になるこの物語は、“ドック”・スミスの文体によく似ており、なかなかの優れものだそうな。設定にいささか問題があるにせよ、アメリカではそれなりに評判を取ったのだそうです。

 という訳で読み直してみました。実をいうとあまり好感は持っていなかったのですが、内容はほとんど忘れたし、いつまでも読まないままで嫌本とは言っていられないよね。

 時代は「クロヴィアの戦い」から、すなわち「第二段階レンズマン」の物語が終わってから数年後。地球(テルス)人キムボール・キニスンは銀河調整官の要職に就き、パレイン人のナドレックは逃亡したオンローのカンドロンを探査する任務を自分を課し、リゲル人トレゴンシーはグレーの制服を脱ぎ捨てて「水銀計画」に没頭しています。
 しかしもう一人の第二段階レンズマン、ヴェランシア人ウォーゼルだけは、グレー・レンズマンとしての本業をそのまま続けていたのでした。

 さて、レンズマン・ウォーゼルは<知識の小惑星>の異名を持つ小惑星ポクで、不思議なものを発見します。ここの一画に、コンピュータ式の自動機械が収納された区画がありましたが、ここで彼は、自分で思考できる機械を発見したのです。これはいまだかつて存在しないものでした。また、自立し、自分を複製し、成長する機械も発見します。機械が感情を持ち、生命が宿るという、あり得ない現象が起きた。(自律するエレクトロニクス機器はこの世界ではいまだに存在しなかったらしいし、「レンズの子供たち」の世界では消えたようだ)
 ここに急行してきた補給船<ヒッパルコス>に乗っているのは、レンズマン、ラーラ・カラトラ。15歳。クロヴィア人の母とテルス人そっくりなツィッタリア人の父の間に生まれた「彼」は、「電子=精神(エル・サイク)交信」能力(ここでいきなり出てきてもなぁ)を先天的に持っているために10歳の時にレンズマン候補生になったのだという。(生まれつきの能力で訓練なしにレンズマン候補生になれるなら、100万の選抜された最優秀な志願者から厳しい訓練と試験により選抜された100人のレンズマン候補生はいても意味がないな)このエル=サイク交信とは、電子的交信と精神的交信の相互関係による複合現象であり、アリシアのレンズによって作られるのとよく似た自然現象なのだそうな。(ではアリシアのレンズを得るよりそっちを探した方が便利ではないか)
 ボスコーンの宇宙艦隊の半分は無慣性航行装置を持っていない、らしい。(つまり半分は、戦場にたどり着くのにいちいち数万年かかる訳です。おいたわしや)

 新たなボスコーンの登場。6の24という名の老レンズマン、デュース・オスクス。ブラック・レンズマン。このへんはまぁ面白い。
 それにストーリーは謎めいていて、なかなか奥深い。
 でもね、「第二段階レンズマン」と「レンズの子供たち」の世界の間にあるテクノロジーであるはずの世界で、いろいろな縛りとなる設定をこれだけ無視されると、読んでいて苦痛です。
 このカイルの世界で現れた新技術が、その後の時代に反映されないことの言い訳を一文も書いていない。

 そしてきわめつけ。
 レッド・レンズマンが、4人の第三段階の超人レンズマンが現れるまでは、唯一無二の女性レンズマンであったという基本設定を、あっさりと踏みにじります。なぜ? なんのために?
 やっぱりこれ、レンズマン・シリーズとして嫌本だったかなぁ...

 その他、言葉の使い方でもイチャモンが。
 P33で、「Clear ether」という別れの挨拶を「ご苦労さん」と訳しています。この会話ではそう解釈するのがよいようなのですが、そもそもこの言葉は「Bon Voyage(よい旅を)」と言った意味の、道中の安全を祈る別れの言葉から来たはず。普通の感謝を示す言葉として使うのは初めて見ましたね。またP47では、会議が終わったあとの、「以上だ」としか訳しようがない言葉にも、「Clear ether」が使われます。
 これ、変だよ。

 こりゃ、レンズマンの名を使っているが、やっぱりE・E・スミスのレンズマンの後継者じゃないよ。
 「リゲルのレンズマン」を読むべきかどうか、悩んでいます...  (09/5/28)