トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類


E・マクベインに戻る
作家番号:M012 エド・マクベイン McBain, Ed
国籍:アメリカ合衆国 生没年:1926/10/15〜2005/7/6
87分署シリーズ 11〜20
エド・マクベイン
管理番号 書  名 翻訳者 メ  モ
エド・マクベイン メインページ
M012-012 11 大いなる手がかり 加島祥造 刑事たちの物語 87分署シリーズ
  11〜20
M012-013 12 電話魔 高橋泰邦
M012-014 13 死にざまを見ろ 加島祥造
M012-015 14.クレアが死んでいる 加島祥造
M012-016 15 空白の時 井上一夫
M012-017 16 たとえば、愛 井上一夫
M012-018 17 10プラス1 久良岐基一
M012-019    
M012-020    
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-012 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:大いなる手がかり 87分署シリーズ 11 ISBNなし
原題:Give the Boys a Great Big Hand (1960) 翻訳者:加島祥造
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-12 698 価格:320Yen ページ数:280P 本のサイズ:文庫
初版発行:1977/11/30 購入:1977/11/24 表紙イラスト:金森 達
「大いなる手がかり」 エド・マクベイン  三月の雨が3日も続いたとある日、びしょ濡れで町をまわっていたパトロール警官リチャード・ジェネロは、バス停留所でカバンを置いたままバスに乗る人影を見つけます。そのまま行ってしまった乗客に手を振って合図をしますが、もう遅い。
 しょうがないなとカバンを見ると、それは飛行機会社の配るサービスのカバン。中を調べてジェネロは愕然とします。それは手首で切り取られた人間の手でした。
 手がかりとは、英語では「clue、key」。「hand」は手がかりといえるのかな。邦題は原題とリンクしているのかな。単なる翻訳・編集者の洒落なのかな。
 なんだか面白い。

 さてこの一作は、この「手」を元に事件を解決する物語。
 手がかりは、切り取られた手、犯人らしき人物のレインコートと傘の色。そして飛行機会社のサービスカバン。
 「手」を元に調べられたのは、被害者が白人であり、おそらく男であり、18歳から24歳であること。鮮やかに一気に切られていること。
 カバンから分かるのは、これが「循環航空(サークル・エアライン)」のもので、「豪華席(ラグジャリイ・フライト)」と「一等席(ファースト・フライト)」の客に配られたものであること、何千人かに配っていること。内側に人間のO型の血がこびり付いていたこと。隅の方に婦人用化粧品の粒子がこびり付いていたこと。

 一週間がたち、捜査がなかなか進展しない中で、64歳になるコリーン・ブラディという老婦人がさらにもう一つの手を、くずかごから発見します。どうやら同じ人間の手らしい。今度はどうなっているのか。

 スティーヴ・キャレラは二級刑事です。年俸は諸控除を差し引いて5,500ドル。1960年頃のアメリカドルを今の邦貨にして6〜800円とすると、330万円から440万円。
 こんなわずかばかりの金額では、設備のととのった家はおろか、芝刈り機すら買えないことはわかりきっていた。生まれて始めて、キャレラは自分の無力を思い知らされた。(P192)
 とがっかりしたのはなぜかというと、妻テディに双子が生まれたから。家族が増えるのだから、もっと大きな家に移らなくてはならない。しかももっと大事な問題は、テディが聾唖者だということ。いくら聡明な彼女でも、音が聞こえなければ赤ん坊の面倒をみることは出来ない。
 赤ん坊については、テディの父親が一ヶ月家政婦のファニイを貸してくれたことでちょっと息をつけたのですが、そのあとはどうするか。困っていたキャレラ家に、救いが訪れます。
 まず税金滞納でトラブルになっていたリヴァーヘッドの大きな家を、一万ドルの税金を彼らが支払うという条件で手に入れることができました。信用ある公務員なので融資が受けられたため。
 またファニイが、一ヶ月の間にテディと双子たちをすっかり気に入り、いずれキャレラは一級刑事になって給料が上がるであろうから、といって無給で世話をすると言ってくれたのです。夜に臨時家政婦をして生活費くらい稼ぐからいいんだ、と。そんな事はできないと断るキャレラたちに、彼女はこう言ったもの。
 「わたしは、とても丈夫なんですよ」と彼女は言うのだ。「それに、昼間の仕事といったって、母親のテオドラもついている子供たちの世話を見るだけのことですよ。わたしは英語をうまく喋れますから、この子供たちには、どうしても必要なんですよ。それに53にもなって、わたしには自分の家庭というものがないんですよ。この家が気に入っていることだし、ここに落ち着かせてもらいたいと思っているんですよ。わたしは、あんたより大女でね、スティーヴ・キャレラ、おっぽり出そうったって、無理ですよ。そういうことにしましょうよ」(P194)
 で、そういうことになったのだそうな。
 キャレラ家については、そういう訳でめでたしめでたし。

 「手」の犯人は、もう一人の死体の前で発見されます。やりきれない終幕。
 殺人事件など、たいていそんなものです。(2019/9/29)

 読書メーターの記録より  読了:2019/9/2
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-013 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:電話魔 87分署シリーズ 12 ISBNなし
原題:The Heckler (1960) 翻訳者:高橋泰邦
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-13 751 価格:340Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/3/31 購入:1978/4/10 表紙イラスト:金森 達
「電話魔」 エド・マクベイン  エド・マクベインの有名な詩文タッチで始まります。
 彼女は淑女のようにやってきた、その四月は。
 四月は非情な女、とうたった詩人がいるが、今年の彼女には、そうしたふうはみじんもない。彼女は、つぶらな眼の乙女の、無邪気な風情で、この街にやって来た。この大都会の入り組んだ迷路の中で、彼女はひとりおびえていたのだろうか、あるいは、ビルの谷間ですくんでいるのだろうか、三月の冷たい花の精から生まれた淑女の淡い灰色の目差しで、はにかみがちに触れてくれば、誰でも彼女を抱きしめてやりたくなる。(P7)
 翻訳は高橋泰邦さん。名訳と言っていいんじゃないかな。あとがきさえなけ(ry
 けほけほ、閑話休題。

 マイヤー・マイヤー刑事に、4月1日の日に相談事を持ち込んできたデイヴ・ラスキンは、婦人服店の店長。4月30日までにその二階、つまりラスキンが工房を経営している場所から立ちのかないと殺してやる、という電話を受けているのだそうな。それも、何度も何度も。
 とりあえず、銀行の二階だというその店を、後で見に行くことにします。

 同日、子供たちがグローヴァー公園でほぼ素っ裸の男の死体を見つけます。猟銃で近距離から撃たれたれ、黒靴と白い靴下を覗いて衣服を剥ぎ取られたらしい。この死体は誰なのか。何の事件なのか。

 ポーカーをしている四人の男が描かれます。そのうちの三人は、つんぼと呼ばれる一人の手下のようなもの。うち一人は、最近声をかけられた年寄りで、爆弾を作れるから仲間に入れられたらしい。自分は誰かの後釜らしいのですが、前任者がどうなったのかは知らない。
 つんぼと呼ばれる男は、一人洒落た服装で、失聴、つまり全然聞こえていないのではなく、ちょっと耳が遠い程度らしい。補聴器を手放せずいつも使っています。かなり頭が切れる様子。

 このつんぼと呼ばれる男が仕掛けた「作戦」が、今回の事件を引き起こします。
 シャーロック・ホームズ譚の一つ、「赤毛連盟」をモチーフにした彼の作戦はどのようなものだったのか。なぜ頓挫したのか。

 つんぼの正体を突き止めようとしたキャレラ刑事が、つんぼの散弾銃で重傷を負います。またか、というところですが、それでいきり立った87分署の刑事たちの必死の捜査がようやく突破口を開きます。
 この事件の目的とは、まさにあの小説の世界なのか。

 のちに「デフ・マン」と呼ばれることになった87分署の刑事たちの不倶戴天の敵が、いよいよ登場します。このころはまだ「つんぼ」と呼ばれていたのか。今だったら放送禁止用語だよね。
 たぶんそのせいで「デフ・マン」になったんでしょうけどね。
 この時の翻訳では、許されたんですね。

 翻訳といえば、訳した高橋泰邦さんがあとがきで、この本を最初に訳したときの思い出を書いています。そしてマクベインという作家の文章の見事さも。翻訳者から見た、このシリーズの創世記の苦労。
 そこまではいい。
 翻訳者としてのいろいろな思い出に話題は移り、ホーンブロワーものを書いたフォレスターの原文と高橋氏の翻訳文、マクベインの原文と氏の翻訳文をそれぞれ数十行比較しています。
 なんだかなぁ。紙面がそんなに余っていたんでしょうか。
 面白いけどね。

 高橋泰邦さんは昔から高橋泰邦さんだったんだね。(2019/10/5)

 読書メーターの記録より  読了:2019/9/6
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-014 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:死にざまを見ろ 87分署シリーズ 13 ISBNなし
原題:See Them Die (1960) 翻訳者:加島祥造
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-14 800 価格:320Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/6/30 購入:1978/7/12 表紙イラスト:金森 達
「死にざまを見ろ」 エド・マクベイン  7月のマクベイン節から。
 七月。
 熱気。
 この街で、この二つは同じ意味だ。瓜二つ、寸分たがわぬものなのだ。髪をブロンドに染め上げ、真赤に口紅を塗りたくり、サフラン色のドレスをこれ見よがしになびかせ、八七分署の管区を大手を振って我が物顔にのし歩く、双子の莫連(あばずれ)()女。猛暑と七月、これは、人を悩ますために生まれついた瓜ふたつのふたごなのだ。(P7)
 というアイソラの街の、87分署管轄のはずれ、プエルト・リコからの移民が多く住みつく一隅での物語。移民というのは正しくない。あそこは自治連邦区というややこしい存在ですが、れっきとしたアメリカ合衆国の領土なのだから。しかしれっきとしたアメリカ国民かというと微妙なところ。貧しく生きるスペイン語を話す住民が、なんとかして稼ごうと本土に出稼ぎに来るのが現状。
 ここで起きたトラブルが、この回のテーマ。

 最初の視点は、ラテン・パープル組というギャング団、というか、いきがっている子供たちが愚連隊を作ったところ。親分になったのは、ジプ。クーチ、シクスト、パパという三人を子分にして、これからどんどん悪い事をして組を大きく氏テラ用途考えている悪童。
 彼らが、ペペ・ミランダという殺人犯が警察に追われている事を聞きつけます。ジプにとって、ミランダは街が生んだ英雄。人を殺し、金を奪い、警察と撃ち合うなんてすげえじゃねえか。
 本の後半は、このミランダを追いつめる87分署の警官たちの話。

 そしてもう一つテーマは、87分署の前回から引き続いたもめごと。三級刑事アンディ・パーカー刑事の人種偏見によるいろいろ。そのネタでかつてキャレラ二級刑事と喧嘩したこともあります。今回は、しょうこりもなくユダヤ人であるマイヤー・マイヤー二級刑事だけでなく、プエルト・リコ出身のフランキー・ヘルナンデス三級刑事にも絡んで来ています。
 パーカーは元はもっと心が優しい警官だったのですが、街でパトロール中にささいな万引き犯の少年を許してやった夜、三人の暴漢に襲われて半殺しの目にあわされて人が変わってしまったのでした。もう殴られっぱなしになどならん、と心にきめ、四の五の言う前にまず殴るようになったのでした。人を信じず、目に付いたものは殴ってしょっ引く、という荒っぽいゲスな警官、そして刑事に。友人を作らず、人のささいな間違いに噛み付き、人種偏見を露わにして何かというと怒鳴り散らす男に。

 銃撃戦で命を落としたヘルナンデス刑事を、街の人々はどう悼んだのか。
 シクストは、ミランダを英雄と讃えようとするジプとどう決別したのか。
 アンディ・パーカーは変わることが出来たのか。

 エド・マクベインの幅の広さの一端が見えた、考えさせられる一作でした。(2019/12/8)

 読書メーターの記録より  読了:2019/10/27
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-015 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:クレアが死んでいる 87分署シリーズ 14 ISBNなし
原題:Lady, Lady I Did It (1961) 翻訳者:加島祥造
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-15 844 価格:300Yen ページ数:264P 本のサイズ:文庫
初版発行:1978/9/15 購入:1978/9/25 表紙イラスト:金森 達
「クレアが死んでいる」 エド・マクベイン
 ある模様(パターン)
明きの陽差しが鉄格子の窓を通って、傷だらけな木の床に静かに落ちている。そこには影もまじる──ワイシャツ姿の大男たちの影も。いまは十月だ。しかし刑事部屋はむし暑く、秋の一日は残暑めいた空気をとどめたまま、暮れようとしている。(P7)
 そんな、決まり切ったパターンがつづくとある日。
 そしてクレア・タウンゼントからの電話を受け、バート・クリング三級刑事。
 「いや、ほんというとね」と、クリングはささやき声になって、「ほかのこと、考えているのさ」
 「やつはささやきはじめたぜ」と、マイヤーがキャレルにいった。
 「うるさい」とクリング。
 「いつも、いいところにくると、やつはささやくねえ」とマイヤーがいい、「キャレラが吹きだした。(P11)
 フィアンセとの会話をからかわれる若い刑事という、いつものパターン。携帯電話がなかった頃、職場に恋人から電話がかかってくるとこうなるのは、当然のパターンだったのでしょうか。
 しかし、事件は起きる。パターンをぶっ壊すものが。
 電話が鳴ったのは午後の五時十五分だった。
 マイヤー・マイヤーが受話器をとり、「87分署、マイヤー刑事」といいながら、机上の紙片を手もとにひきよせた。「うん」そして住所を書きとめ、「わかった、それで?」とさらにノートにつづけてから、「了解、すぐいく」彼は受話器をかけた。「スティーヴ、バート、この仕事にかかりたいかい?」
 「どんな仕事だ?」キャレラがいった。
 「半気ちがいがカルヴァー街の本屋で盲射ちしやがった、三人死んだらしい」(P16)
 そして、事件が起きます。
 気ちがい、という訳語を当てられていますが、無論いまでは許されない言葉。原語では何と書かれていたのでしょう。
 男だか女だかもわからないそいつが、本屋で拳銃を乱射し、四人が撃たれたのでした。
 一人目は、淡い青しまの背広を着た男。片手に本を持ち、血だらけで事切れていました。
 二人目は、これもコートなしの男。首筋を撃ち抜かれて、まだかろうじて生きている。
 三人目は、開いた本を投げ出して、カウンターの上に突っ伏して虚空を見て、口を開いたまま死んでいる男。
 四人目は、
 「クレア!」
 キャレラが駆けよった時、彼は死んだ娘を両腕に抱きかかえていた。両手と顔はクレア・タウンゼントの血にそまっていて、彼は死せる恋人の生命のない目に、鼻に、のどもとにキスをつづけ、そして低い声でいくどもささやきつづけていた、「クレア、クレア」その名前とその声は、スティーヴ・キャレラの耳に一生涯刻みこまれたのであった。(P20)

 何人は誰か。何のために殺してまわったのか。
 クレアがなにか関連があったのか。
 クレアが過去に、なにか後ろ暗いことをやっていたかもしれないネタも上がってきます。
 それが原因だったのか、どうなのか。
 ほかに原因があるのか。

 カーペンターとはなにか。カープ・エンターのことか。カーペターのことか。カーボナーのことか。
 それとも、カー・ペンターのことか。

 しかたないな、とキャレラは思ったもの。あいつが逮捕にあたっていかに反抗したかと、報告しとこうや。

 この本の原題Lady, Lady I Did It ≠ヘ、Ladyという言葉から想像されるような高貴なものではなく、もっと野卑なものらしいですね。こんな言葉が文中で出ます。
 道路の向こう側から、三人の子どもたちが声を合わせてはやしはじめた。「奥さん、奥さん、あたしがしたよ、奥さん、奥さん、あたしがしたよ・・・」(P103)
 なるほどね。(2020/02/24)

 読書メーターの記録より  読了:2019/12/14
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-016 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:空白の時 87分署シリーズ 15 ISBNなし
原題:The Empty Hours (1962) 翻訳者:井上一夫
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-16 886 価格:340Yen ページ数:304P 本のサイズ:文庫
初版発行:1979/1/15 購入:1979/2/7 表紙イラスト:金森 達
「空白の時」 エド・マクベイン  珍しく、この本は三編の短編でできています。
 短いだけにミステリとしては浅いですが、それはそれ。

  空白の時  The Empty Hours
 アパートで殺されていた女の死体を、最初みな黒人だと思っていたそうな。
 黒人なら扱いがぞんざいになるはず、という当時の常識をふまえています。発見場所も安アパートだったし。
 しかし、違った。八月のさなか、死後48時間以上経過して腐敗が進み、黒く見えただけらしい。検視により、30歳くらいの白人女性だとわかります。しかも、考察されたもの。
 さらに驚くべきことに、彼女の身元が判明すると大きな遺産を受け取った金持ちらしいとわかります。にもかかわらず、彼女の振り出した小切手がない。多量に預金を下ろして、現金ばかり使っていたらしい。
 彼女の死因と共に、彼女の正体も、謎。
 まったく進展しなかった事件は、バート・クリングが恒例の面通し(ライナップ)で聞き込んだ話でようやく手がかりが。

  J=@ J
 「J」とペンキで書き残して殺されたユダヤ教のラビの事件。ラビがらみだからといって、なにもせっかくの家族の宗教行事のさなかに引っ張り出されなくたって、と愚痴りたいのはユダヤ人のマイヤー・マイヤー二級刑事。しかし辛抱強い彼は文句を言わず、キャレラの呼び出しに応じます。
 殺されたヤーコブ・ソロモンというユダヤ教の牧師(ラビ)は、旧派なのだそうな。
 「いまユダヤ教には三つの型があるんだ」マイヤーがキャレラに説明する。「正統派と旧派と新派だ。ちょっとややこしくなっててね」(P127)
 だそうな。Wikiで書かれていることはちょっと違うようですが、なんともめんどくさい分裂状態のようです。
 まさか、犯行の原因にそれが絡んでいたとは。ペンキくらいいいじゃない、と考えるのは部外者の発想でしょうね。

  雪山の殺人  Storm
 ショーガールを連れて雪山にスキーに行ったコットン・ホース二級刑事が出くわした雪山の事件。
 リフトのてっぺんで、ホースが降りた後数台後のペアのチェアに乗った若い娘の胸に、ストックが突き刺さっていたのでした。しかもよく見ると、雪輪(リング)がついていない。わざとはずしている。これは殺しだ、と確信したホース。
 しかし彼はアイソラの87分署刑事。ここでは捜査権はない。
 でも地元の連中の捜査が、なんだかまだるっこしい。じゃあオレが、と思ったのは彼の刑事ダマシイによるものか。
 それにしても、いまの目で見るとガールフレンドを連れてのお泊まりなんだから、部屋が別ってどうなの、いちゃいちゃしても一線は越えないってなんなの、と言いたくなるけど、当時はこんなモンだったのでしょうか?

 小粒だけどけっこう面白かった。
 でもさ、やっぱりマクベインは長編の方がいいよな、と思ったもの。(2020/02/24)

 読書メーターの記録より  読了:2020/2/2
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-017 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:たとえば、愛 87分署シリーズ 16 ISBNなし
原題:Like Love (1962) 翻訳者:井上一夫
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-17 912 価格:340Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1979/11/15 購入:1979/11/11 表紙イラスト:金森 達
「たとえば、愛」 エド・マクベイン  でだしで、いささか困った事件が語られます。
 ビルの12階のせり出しに、ナイトガウン一枚で立っている女。この女を説得するキャレラ。あの手この手で思いとどまらせようとしますが、とうとう女は飛び降りてしまいます。憮然とするキャレラ。

 そして、メインの事件は、セールスマンの死から始まります。ヘヤーブラシが入った重いサンプル・ケースを下げてアパートの階段を上がる彼が、ため息をつきながらとあるドアのボタンを押した時、爆発が起きたのでした。
 セールスマンを殺したのは、部屋の中に充満したガスの爆発。
 何とも皮肉なことに、爆発の前に部屋の中では二人の男女がガス中毒でとっくに死んでいたのでした。二人とも、下着一枚つけただけの姿で、ベッドの中で。

 二級刑事コットン・ホースは、まだガスが流れているアパートに乗りこみ、巡査と共にガスマスクをつけて部屋に入りました。ガス会社の職員がガスを止めようと奮闘している中で、ホースは二つの死体と、目茶苦茶になった部屋と、タイプで打った遺書を見つけます。それだけ見ると、あきらかに自殺。日本でなら心中というかも知れない。
 しかし、何かおかしい。
 死んだ女は、マーガレット・アイリーン・セイヤー。マイケル・セイヤーの妻。死体を確認した夫は、心中をきっぱり否定します。妻とはなにも問題がなかった。浮気も考えられない。毎週たしかに家を空けていたが、妻の母に会いにいっていたと聞いており、そうだと信じていたという。
 まぁ実際どうなのかは夫の証言だけではわからないものですが。
 「それで、やつはかみさんを信じていたのかね?」
 「そう聞こえたね」
 「亭主に信じられたかみさんにしては、いい玉だったぜ」ホースがいう。
 「ホレーシォ、そなたの哲学で夢見ることより、三千世界にはもっともろもろのことがあるのじゃよ」キャレラはここぞとばかり、まちがった引用をやってのけた。
 「たとえば?」ホースがたずねる。
 「愛のような・・・」キャレラが答えた。(P46-47)
「たとえば、愛」 エド・マクベイン
 しかし捜査が進むと、どうもあちこちおかしい。
 爆発した部屋は、死んだ二人のものではなく写真関係の仕事をしている男。死んだトーマス・バーロウは友人だという。しっかりとアリバイもある。
 またどこからたぐっても、このバーロウとアイリーン・セイヤーの接点が見あたらない。
 部屋のレイアウトからしてなにかおかしい、と気づいたのは科研のサム・グロスマン警部。良心的な警官であり気むずかしい科学者であるグロスマンは。さまざまな事件の中でこの事件の資料に取りかかります。たしかにガス自殺としてつじつまは合うが、部屋の見取り図(右)と証拠の資料から考えて、第三の人物がいたとキャレラに電話してきます
 「とにかく、わたしの考えを話しただけだよ。あの部屋に第三者がいたと思うってことだけさ。そいつがだれで、何しにいっていたか、そいつを考えるのはそっちの仕事だ」(P107)
 ふむ。

 しかし、事件はまったく進展しません。どうしようもなく、迷宮入りとなります。
 どうしようもない。刑事たちはむしゃくしゃしますが、捜査ファイルをまとめます。このまま終わりか。

 もし、コットン・ホースが付き合っている彼女とのベッドシーンのさなかにとんでもない事に気づかなければ。
 こんな解決も、あるんですよね。 (2020/03/06)

 読書メーターの記録より  読了:2020/2/6
ページのトップへ   Ver. 3.05 
管理番号:M012-018 47 法廷・警察小説 出版社:早川書房
書名:10プラス1 87分署シリーズ 17 ISBNなし
原題:Ten Plus One (1963) 翻訳者:久良岐基一
ハヤカワ・ミステリ文庫HM13-18 937 価格:340Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1979/11/15 購入:1979/11/11 表紙イラスト:金森 達
「10プラス1」 エド・マクベイン
 気持ちよい春の日には誰も死のことなど考えない。
 死にふさわしいのは秋だ、春ではない。秋は不気味な考えを誘いだし、陰気な空想を招きよせ、すべて枯れしぼむ風景が死への憧れを駆りたてる。まったく秋は詩的だ。短かく、はかなく、カビや灰のにおいでいっぱいだ。人間は秋になるとやたらに死ぬ。ほかにも死果てるものの多い季節だ。
 しかし春には死ぬことなんて許されない。いわばこれは法律できまったようなものだ──<刑法5006条。春の死亡。何人トイエドモ春ニ死セントスルモノ、死ナシメントスルモノ、死ヲ謀ルモノ、或イハ死ヲ救イトミナスモノハ、重罪ニシテ、ソノ罪ハ・・・=рニまあ、こんな具合なのだ。とくに3月21日から6月21日の間には死は厳禁されている。しかしどこにも法律を破るものがいて、これはどうにも止めようがない。(P7)
 というマクベイン節で始まります。
 春は死んではいけないという「法律」に反して、45歳のとある勤め人が死にます。どこからともなく飛んできた銃弾に撃たれて。
レミントンM700ライフル そこから始まった連続殺人。犯人は長距離から人を殺すライフルを持った狙撃手(スナイパー)のようです。被害者から摘出された銃弾によれば、銃は0.308口径のレミントン・ライフルらしい。射撃地点から被害者までの距離は150ヤードを越えるため、望遠照尺を使用したと考えられる。と鑑識の報告が入ります。

 この本では語られませんが、刊行された1963年とはベトナム戦争真っ盛り。退役兵や帰還兵で、高性能ライフルを使える男たちが街にはいたはずです。その男たちへの恐れというものが、時代の中にあったのかもしれません。

 今回の事件は、最初に報告を受けたスティーヴ・キャレラ二級刑事と、ちょうど休暇から戻ったばかりのマイヤー・マイヤー二級刑事が担当することになります。最初の被害者である45歳のビジネスマン、アンソニイ・フォレストのあと、法律事務所勤務の46歳のランドルフ・ノードンが射殺されます。これは65分署の管轄だったのですが、科研の報告により87分署の事件と同じ弾丸が死因と判明したため、(署内には不満があるようですが)担当者であるキャレラに連絡が来ます。
 最初の二人には、共通点が多い。では犯人のターゲットはそこにあるのか、と考え始めた頃、第三の殺人がおきます。
 今度の被害者は、ブランチ・レティガーという41歳の売春婦。年齢的に多少近い以外は、いままでとまったく違う。犯人はいったい何を意図しているのか。
 さらに次に被害に遭ったのは、サル(サルバトーレ)・パルンボという57歳の男。イタリア系の、苦労して果物屋を経営している商人。犯人にまったく心当たりがない、人生をこわされた歎く妻と息子が残るばかり。
 次は、州知事をひそかに目指している、地方検事補のアンドリュー・マリガン。行きつけのレストランで射殺されます。そして、それからも。

 すべて、長距離からライフルで一撃でした。この連続犯は、何を考えているのか。

 事件の重大性を考えた市警から、87分署に応援の刑事たちが来ます。功をあせった刑事たちによる、とんでもない拷問まがいの尋問も行われます。当時は、しかたないことだったのでしょうね。

 やがてようやく、捜査の中で奇妙な共通点が見つかります。まさかこれが犯行の影にあるのか。
 だとしたら、いったい何が引き金になったのか。

 最後にあぶり出された犯人の、なんと身勝手なこと。
 「なぜ養子をもらわなかったのだ? そうすることもできたはずだよ。あんたはあんなにたくさんの殺人を計画するのに頭をしぼったくせに、養子周旋屋へゆくことは考えなかったのかね! いったい何で・・・」
 「それはまるで思いつかなかったよ」(P280)
 そうなってしまう人もいるんだよ、悲しいね、とマクベインは言いたかったのか。(2020/03/07)

 読書メーターの記録より  読了:2020/2/10