トップへ戻る
トップへ戻る


書籍データへ戻る
読んだ本の分類


PerryRhodanに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 130~139 
巻数 書 名 作 家
130 ターミナルからの脱出 H・G・エーヴェルス&クルト・マール
131 悪夢のデュプリケーター クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
132 死者たちの侵攻 ウィリアム・フォルツ&カール・H・シェール
133 ダラクの神殿 H・G・エーヴェルス
134 時空突撃班 クルト・マール&クラーク・ダールトン
135 時間ステーション急襲 クラーク・ダールトン&カール・H・シェール
136 ネッター来襲 H・G・エーヴェルス
137 地下都市トドラー ウィリアム・フォルツ
138 時間の迷路 クラーク・ダールトン&クルト・マール
139 レムリア秘密工作 カール・H・シェール&ウィリアム・フォルツ
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-130 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 130巻 出版社:早川書房
書名:ターミナルからの脱出 ハヤカワ文庫SF715 ウ1-130 早川文庫2208 ISBN4-15-010715-7  C0197
259 ターミナルからの脱出 Der unheimliche Roboter H・G・エーヴェルス 1966/8/19 翻訳:松谷健二
260 過去の亡霊 Gespenster der Vergangenheit クルト・マール 1966/8/26
 第5サイクル『島の王』 価格:400Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:1987/5/15 購入:1987/5/16 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン130 ターミナルからの脱出  259 ターミナルからの脱出
 前巻でローダンとイホ・トロトを催眠暗示で罠にかけたロボットのログが、グッキーと意気投合しているシーンから始まります。どちらも超能力をもち、いたずら好き。やんちゃで大活躍するグッキーは多くの惑星の子供たちに大人気、という描写は、どちらかというとディズニー向きの設定かな。
 さて拿捕されたテフローダーの巡洋艦<アスカハ>の乗組員の反乱ののち、乗組員が死んだ原因が彼らの脳の中に仕込まれた爆薬であったことを知ったローダンは、<アスカハ>の中に当然同じように自爆用の爆薬がしかけられているはずだと考え、その捜索を命じつつ艦の修理を急がせます。この艦を使ってアンドロメダへの侵入を行い、島の王の秘密を解明することが目的。
 アトランは例によってブレーキ役。この作戦行をリスクが高すぎるとして反対しますが押し切られ、憮然としてギャラクシス級ウルトラ戦艦<クレストⅢ>でローダンの乗る<アスカハ>を追う。
 しかし<アスカハ>がいきなり状況転送機に吸い込まれたとき、アトランは安全第一の仮面を脱ぎ捨て、自分の艦の安全を確保したいエプサル人の艦長カルト・ルド大佐を強い口調でたしなめます。
「大佐、問題はだな、艦ではないのだ」アルコン人の声はきびしかった。「ローダンのシュプールを見失わない──そこなのだぞ。それには転送機をくぐりぬけるほかない。唯一の道なのだ、それが。尻込みしたら<アスカハ>にもローダンにも再会はできまい」 (P85)
 ローダンはテフローダーの罠の中で漂着した惑星をターミナルと名づけます。最終ステーションという意味。<アスカハ>にとって最終であることは確実ですが、テラナーはここからなんとしてでも脱出しなければならない。
 この惑星を管轄する主ポジトロニクスと超ロボットのログをコンタクトさせ、なんとかできないかと試みますが、その結果はどうなったのか。最終的に残骸星系と名づけられたこの星系を脱出できるのか。
 ラッキー・ログと名づけられた小さな超ロボットの正体とはいったい何だったのか。

  260 過去の亡霊
 残骸星系から脱出して三日目の2404年4月5日から始まります。いくつかの恒星を次々と対探知の盾として使いながらひそかに航行を続ける<クレストⅢ>のそばを転送ビームのハイパー・インパルスが通過し、探知部の要員を緊張させます。これはそばに転送ステーションがあることを意味するから。
 いま<クレストⅢ>が遊弋する赤色巨星が持つ惑星になにかあるのではないか。ローダンはアトランの反対を押し切って探索に向かいます。そもそも、残骸星系の事件によって<クレストⅢ>はアンドロメダの禁断の中枢ゾーンの中に千光年も投げ込まれてしまっており、この島の王の領域を抜けてもその外にあるテフローダーの領域を突破しないと帰還はできません。用心に用心を重ねる必要があるはず。
Rhodan260 〝Gespenster der Vergangenheit〟 しかしローダンは、島の王の今の扉の前ともいっていい場所にある、転送機を備えた惑星を調査する機会を逃したくはない。特殊な能力を持つミュータント、ウールヴァ兄弟を投入すると決心します。

 トロナルとラカルのウールヴァ兄弟がこの惑星で発見したのは、奇妙な人々。なんと、テラ、はるか数百光年先の故郷銀河系からさまざまな時代に渡って拉致された人々。
 2327年に故郷銀河のイーストサイドでブルー族との戦闘中の記憶が最後だという太陽系帝国艦隊のスタウンダー少佐と並ぶのは、最後の記憶が1944年というクールラント軍所属のエメリッヒ大尉。ほかにもさまざまな時代からテラナーがここに拉致され、老化もせずに生活しているようです。なんと、ネアンデルタール人まで。なぜ、なんのために。

 ドイツ版表紙は、さすがにナチス・ドイツの軍服は描かれていません。でも日本版は容赦なく描かれています。(笑) このあたりが、日独の感覚の違いかな。
 しかしタイガー戦車が登場して主砲をぶっぱなす場面があったりすると、やはりドイツ陸軍の栄光からまったく目をそらしたいわけでもなさそう。
「どのくらい待つつもりだ?」
「十分間。そのころには200メートルになっている。42には適当な距離」
「42・・・?」
「機関銃だ。Em-Ge42」
「ははん」
「はじまったら、8-8で反対側の丘斜面を掃射する。これで充分だろう。相手はタフだが、機関銃の威力に気づいたら、逃げ出すはず」 (P226) 
 などという会話には、そこはかとないミリタリーマニア臭がうかがえます。
 とはいえ、42というドイツ軍の機関銃ならグロスフスMG42機関銃、MG-42のことでしょうし、8-8、アハト=アハトとは高性能な88ミリ高射砲を戦車砲としたものであって、掃射というような弾をばらまいて面制圧を行う射撃はできないんじゃないの、とちょっと脳内ツッコミをしてしまいました。
 これは、松谷さんの翻訳の問題もあるかも。松谷さんはミリタリーオタクじゃないですから。(笑)


 ヒストリーと名づけられたこの惑星に、地球人だけが拉致されて集められているその理由とはなにか。この巻ではそこまでは解明されませんでした。

 あとがきにかえて は、まずこれからの20篇のタイトル。そして後半のエピソードに出てきた、ハンス・ドーミニクという「ドイツの海野十三」ともいうべきSF作家のこと。1872年生まれで1945年に死亡。SF作家の先駆的な人ではあるけれど、ドイツ人中心的な他愛のない話ばかりで、松谷さんも日本への紹介は諦めたのだそうな。

 読書メーターの記録より  読了:2018/1/20 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-131 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 131巻 出版社:早川書房
書名:悪夢のデュプリケーター ハヤカワ文庫SF723 ウ1-131 早川文庫2240 ISBN ISBN4-15-010723-8
261 悪魔の工場 Die Fabrik des Teufels クルト・マール 1966/9/2 翻訳:松谷健二
262 悪夢のデュプリケーター Der Meisterplan ウィリアム・フォルツ 1966/9/9
 第5サイクル『島の王』 価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1987/7/15 購入:1987/7/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン131 悪夢のデュプリケーター  261 悪魔の工場
 惑星ヒストリーが周回する恒星ヒストから5光時のところにいる<クレストⅢ>から。
 この恒星系での異常を観測した探知士スピック・スナイダー少尉の、データを送る方法がなんとも時代を感じさせます。
 にやりとしてスピックは、自動的に記録されたデータを巻き戻し、切断し、パイプ・ポストのカプセルにおさめる。それをコンソールの右端にある穴に落としこんだ。これが郵便受けである。それとならんで届け先を指示するボタンが20あまり。スピックはその一つを押しこみ、しゅっという音とともにカプセルがパイプの奥に消えていくのを確認した。 (P15)
 気送管というシステムがあった時代ですね、と思ったら、現代(2018年)でも使うところはあるらしい。でも一般人的には死語でしょうか。
 ともかくこのお話は、このスピックという若い少尉とその石頭で無能な上司エルニー・ローガン大尉の物語。

 スピックが、異常を観測したことで注目を集めます。永遠の生命を与えられた生物が収納されている惑星ヒストリーの謎に絡むかもしれない、というローダンの判断で、スピック・スナイダーは単独のヒストリー偵察の任務を命ぜられます。
 そこでスピックが発見したのは、エネルギー被覆フィールドが消失して次々死んでいく過去の世界から拉致された住民たち。そして容赦なく攻撃をかけてくるテフローダーの部隊。
 現れたテフローダーたちは、こちらをテラナーとは認識していません。
「あきらめよ、ハルト人! 逃げられないぞ!」 (P55)
 はるか数万年前に戦ったハルト人が、今度もまた自分たちの敵であると確信しています。中世から近代にかけて、数十年どころか数年単位で敵味方が平気で代わる歴史を体験していたドイツ人が、数千年、数万年前の歴史が今もなお継続するという設定をしていることが不思議でたまりません。けど、これがローダン世界。

 リニア飛行中にテフローダーの手によって転送トンネルに誘い込まれた<クレストⅢ>は、二重太陽系の第三惑星に牽引ビームで着陸させられます。これはのちに罠ではなくテフローダーの着陸援護施設であると判明しますが、このマルチカと名づけられた惑星で彼らはとんでもないものを発見します。発見したのは、スピックの斑だったのは偶然か。
 そこに奇妙な音があり、スピックの注意は機械にもどった。島の台座に四角い穴があき、そこから赤い光がこぼれる。そこにひとの姿があらわれた。スピックは銃を握って待った。その姿は穴から出てきた。男である。背が高く、がっしりしている。着ているのは、袖のないゆったりしたシャツと膝下までのタイツようのズボン。その右手に武器があった。明るいところに出てきてとまどっているようで、つかのま、ためらうがごとくに周囲を見まわしていた。
 それが後ろから押される。後方にちょっとよろけた。背後に二人目があらわれる。そして三人目が。スピックはあっけにとられてこのシーンをまじまじと眺めるだけ。ふたりめは最初のとそっくりなのだ。そして、三人目もふたりめに生きうつし──ぞくぞくとつづいてくるのもみんな同じであった。
 スピックはわが目を疑ったが、やがて稲妻のように思いあたることがあった。
 デュプリケーター! (P106-107)
 彼らは人間のコピーを作っている! そしてそれを無限に戦線に投入しているらしい!
 テフローダーのどんな莫大な犠牲も顧みない攻撃の理由は、ここにあったらしい。彼らの消耗可能な部隊が前面に出ているため、何ら惜しむことなく攻撃をしてくるらしいのでした。
 これは、まさしく悪魔の工場だ。

  262 悪夢のデュプリケーター
 アンドロメダ星雲中枢。テフローダー側とテラナー側のそれぞれの視点で交互に語られます。原題は〝Der Meisterplan〟基本計画。なんの計画かというと、テフローダーがテラナーにかけた罠。むろん今の時点ではテラナーではなくハルト人が主敵だと彼らは思っています。
 コ=アンチンはテフローダー。<スサマ>艦長。700隻にのぼるテフローダー艦による、侵入者ハルト人の艦を捜索し罠にかける作戦に従事する一隻を指揮しています。この大規模な作戦の中で、彼の艦がハルト人の巨大な球形艦を発見することになったのは運命か。
 しかし<スサマ>の艦内で、コ=アンチンは奇妙な人物に出会います。奇妙というより、無気味。自分の部屋にいたその男は、彼とそっくりの外観だったのです。その彼は、コ=アンチンの36体めの複製、36号と呼べという。
 そして艦長であるコ=アンチンは、201号。すなわち艦長室に潜む36号は、彼より上位であるらしい。
 この36号はなんのためにいるのか。
 700隻を動員したテフローダーの罠とは何か。

 その罠のために、イホ・トロト、グッキー、アンドレ・ノワールの三名がテフローダーにとらわれます。彼らの複製、デュプロが作られたら、テラナーの秘密がすべて相手に漏れてしまう。なんとかして彼らを奪還しなくてはならない。
 恐怖の時間は刻々と迫ります。さあ、どうする。 (2018/3/4)

 あとがきにかえて は、松谷先生の若かりし頃の話。昭和初めの、東京の南西部にあった小学校。
 南北に長い小学校の敷地の正門は北にあり、高学年になるとそこにあるパン屋に五銭、十銭効果を握り締めて買いに行ったのだそうな。やがて南側にちょっと洒落た別なパン屋が開店して、今度はそこに買いに行こうとした悪ガキどもの奮戦記とか。
 あとは、早川文庫のローダン既刊リスト。第1巻から130巻まで。歴史はこうやって築かれていくのです。


 読書メーターの記録より  読了:2018/2/6 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-132 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 132巻 出版社:早川書房
書名:死者たちの侵攻 ハヤカワ文庫SF728 ウ1-132 早川文庫2258 ISBN4-15-010728-9 0197
263 不安の七時間 Sieben Stunden Angst ウィリアム・フォルツ 1966/9/16 翻訳:松谷健二
264 死者たちの侵攻 Die Invasion der Toten カール・H・シェール 1966/9/23
 第5サイクル『島の王』 価格:400Yen ページ数:280P 本のサイズ:文庫
初版発行:1987/8/15 購入:1987/8/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン132 死者たちの侵攻  263 不安の七時間
 グッキー、アンドレ・ノワール、イホ・トロトの三人が<スサマ>から脱出したのち、<クレストⅢ>の面々にとって、この三人の複製──デュプロが生みだされる前になんとかしてこのテフローダー艦を破壊しなくてはならなくなります。制限時間は7時間。
 ここで、ビッグ・ブルーと名づけられた巨大な青い恒星系での追跡戦で、超光速エンジンを破壊された<スサマ>を追跡する<クレストⅢ>の二隻の速度が光速に近づくにつれて起きる質量増大、時間収縮現象について語られます。いままでのローダン譚では無視されていたもの。なにをいまさら、という気はする。なんで今なんでしょうね?
 「わたしには地球に姪がいましてな」ヘンダースン少佐だ。「カラクからすばらしい人形をもらいました。彼女の七歳の誕生日に贈り物にするつもりで」疲れたほほえみ。「サー、おばあさんに人形でもかまわないでしょうか?」 (P26)
 てなセリフは、フォルツ節かな。

 しかしその手負いの<スサマ>から、なんとグッキーとノワールのデュプロが<クレストⅢ>を襲う。7時間の制限が過ぎてしまったためか。
 嫌がるグッキーの宇宙服に蛍光オレンジのスプレーが吹き付けられたのはこのとき。この色ではないグッキーがいたらためらいなく射殺するため。なんとも殺伐とした展開でした。
 これにより、<スサマ>のテフローダーたちに<クレストⅢ>の秘密、すなわちこれはハルト人の宇宙艦ではなく、今までまったくその存在に注意を払っていなかった銀河系の一大勢力、テラナーの先兵であることはばれてしまったのでした。それをカバーし、アンドロメダを支配するテフローダーや島の王に知られないためには、この<スサマ>を完全に破壊しデュプロのデータと乗員のテフローダーごとすべてを破壊しなければならない。

  264 死者たちの侵攻
 テフローダー艦<スサマ>が最期を迎えた星系は、巨大な青い恒星とそれをめぐるひとつの惑星でできた世界。ビッグ・ブルーと名付けたこの星を、いま<クレストⅢ>はゆっくりめぐっています。あの事件がおきた2404年4月26日から2週間経過したとき、と語るのはアトラン。 ──そう、この回はシェールの担当だ。

 島の王が補助種族を指揮してマークス部隊との全面対決に入っているさなかに大アンドロメダ星雲に侵入した<クレストⅢ>は、両戦線の間で漁夫の利を占めるかたちで偵察任務を行う事ができました。しかし、なにかを感づいたテフローダーがしかけた壮大な罠にかかり、危ういところでテフローダー艦<スサマ>をしとめて罠から脱出したものの、そろそろ正体がばれる頃。
 巨大な青い恒星ビッグ・ブルーを周回する地球に似た惑星は、ヴァリオ(変化)と名づけられます。この惑星に接近したところで、<クレストⅢ>は新たな罠にかかったのでした。ヴァリオ表面から放たれる強力なエネルギー・フィールドは、<クレストⅢ>とその周辺を飛翔していた搭載コルヴェットを転送させます...どこへ。
 一隻だけ、第5コルヴェット戦隊の旗艦KC41のみが、指揮官スヴェン・ヘンダースン少佐の苦渋に満ちた決断により罠から外れ、状況を観測してKA大サービスへ撤退します。この決断がのちにどう響くか。

 気を失っていた乗員の目が醒めたとき、<クレストⅢ>はなんとカハロの上空にいました。ここは故郷銀河の中央部。しかも、はるかな過去の。
 とりあえずここを占拠している艦隊を騙し、自分たちはテフローダーの特殊任務に就いている新造艦だと自称します。彼らがレムール人であることを知ったのは収穫か。この時代はいつなのか、このレムール人はテフローダーとどういう関係にあるのか。彼らはハルト人とどのように戦っているのか。謎は深まるばかり。
 そして最大の謎。惑星レムールとは、いったいどこにあるのか。

 最後の謎が解明されたとき、アトランのまえに立つローダンの顔は真っ青でした。カハロから51,222光年のところにレムールはあるのだという。その距離は、カハロからソルまでの距離と同じ。すなわち、レムールとは太陽系にあることになる。
 「頭がおかしくなる」ペリーはささやいた。手がふるえている。
 「おかしくはならない。知っているではないか、われわれは過去に投げこまれたのだ。おそらくは、思ったよりはるかの昔にな。四万年以上ではなかろうか」 (P223)
 それどころではない秘密が明らかになります。
 彼らが飛ばされた時代は、紀元前49,988年、すなわち彼らの「現在」から見て52,392年前。その時代、地球のレムリア大陸に文明を築いたレムール人は、銀河系の中で大帝国を築き、ハルト人と抗争を繰り返していたのでした。
 その過程で、やがてレムール人はアンドロメダ星雲に脱出することになったのですが、そのときレムール人のテクノロジーの残滓と共に銀河系にとどまった種族の一部が変異してアコン人となり、のちにアルコン人が分化したのだという。
 そして地球にわずかに残った人類が、レムール大陸が海底に沈んだのちに5万年かけてゆっくりと文明を発展させたのが丸剤のテラナー。
 すなわち、テラナーはアルコン人植民地の生き残りではなく、アルコン人を生みだしたレムール人の直系の子孫なのだという。

 銀河系とテラナーについて新たな設定をぶち込んできたシェール節と共に、この巻は終わり。 (2018/3/21)

 あとがきにかえて、は松谷さんの愛犬の話。
 11歳になって視力がなくなった愛犬が、なんとかそれを克服して普通の生活を送っている様子。そんなこともあるんですなあ。面白い。
 
 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-133 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 133巻 出版社:早川書房
書名:ダラクの神殿 ハヤカワ文庫SF733 ウ1-133 早川文庫2275 ISBN4-15-010733-5  C0197
265 時の目 Das Zeitauge H・G・エーヴェルス 1966/9/30 翻訳:松谷健二
266 ダラクの神殿 Die Tempel von Darak H・G・エーヴェルス 1966/10/7
 第5サイクル『島の王』 価格:400Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:1987/9/15 購入:1988/3/20 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン133 ダラクの神殿  265 時の目
 まず登場するのは三人の〝レムール特別コマンド〟チーム。指揮官で〝氷山〟の異名をもつジョン・C・シェルトン大佐とエスキモーのアイノ・ウワノク大尉、そしてフランス系火星生まれのピエール・メシエ中尉。そして129巻でローダンとイホ・トロトを罠にかけた、不思議ローダン133 ダラクの神殿な超能力を持つロボット、〝ラッキー〟ログ。
 彼らは今、後にテラとなる惑星の約5万年むかしにいます。このときこの惑星の名はレムール。「現代」の科学力をはるかに凌ぎ、それぞれがタマニウムと呼ばれる111の星間帝国を傘下に収める銀河の大勢力の主星。のちにハルト人の侵攻に屈してアンドロメダ銀河に去りますが、それはまだこの時点では未来の話。

 この巻で始めて得られる情報としては、未来から時間の罠ヴァリオによって過去に送りこまれたテフローダーのエージェントのシーンで示されますが、島の王が確固たる生物として存在すること、そしてその尊称が「マガン」であること。これは〝殿下〟に相当すると訳されていますが、その辺はどうなのかな。
 彼ら島の王たちは、テフローダーとおなじ姿をしています。尊大でエネルギッシュで無口で、目は冷たく思慮の深さをたたえているのだそうな。
 彼(むろん敵のボスは男性──とりあえずは)はこの時代の反乱勢力をマークスだけと考えていたのですが、現実世界(つまり太陽系帝国がアンドロメダに進出する時代)の、ペリー・ローダンという男を大執政官とする太陽系帝国がその影にいるとようやく察知したのでした。そのローダンを指揮官とする遠征隊をこの5万年前の過去の時代に連れてきたあるから、罠にかけて排除せよ、と命じたのでした。
 この時代でレムール人たちの中にひそかに駐留しているテフローダーの時間エージェント、タム評議員フラスブールは、行動にかかります。
 彼の介入により、テファ星系から特殊任務で現れた巨大宇宙艦を味方と認めたハカト提督は、それがレムール人の裏切り者であると告げられて驚愕します。その巨大宇宙艦が<クレストⅢ>で指揮官がローダンであるとは知りませんが、これでレムールの敵と認定されたローダンたち。その結果、ピラミッド転送装置への接近は困難なことに。

 シェルトン大佐チームがタム議員から得た謎のケープと時間研究が禁止されている秘密を探り出します。しかし、孤立した彼らには、その情報を伝えるべき相手がいない。その彼らに謎の通信が、インターコスモの平文で届きます。
 「生者より死者へ。未来より挨拶を送る!」 (P96)
 誰が誰あてに、何のために発した通信なのか。しかし彼らは確信します、これは<クレストⅢ>が発信したものだと。

 この回で、アトランが西暦221年にアジアの東の帝国で、中国の最初の皇帝と出会い、その最期を看取り、その後で中国を支配した農民出身の若者のこともよく知っていたことをさりげなく話します。(P94-95) ほう。

  266 ダラクの神殿
 太陽系帝国大執政官ペリー・ローダンは、超戦艦<クレストⅢ>において2404年5月13日11時45分に作戦会議を召集します。むろん「今」は紀元前49,988年。これはローダンの屈することのない決意の表れ。
 そこで討議されたのは、8万隻のレムール艦が彼らを探索していること、まともに戦えば単艦では無敵の<クレストⅢ>であっても衆寡敵せぬ状況であることと、「今」の時点では蛮人にすぎないハルト族を味方に引き込んで攻勢に持っていき、その混乱に乗じて未来へ帰還する突破口としようというイホ・トロトの提案など、いくつかのアイディアのみ。
 しかし会議中に受信した通信文が、首脳陣を驚愕させます。それは、平文のインターコスモ。
 「生者より死者へ。未来より挨拶を送り、援助を求める」 (P150)
 しかも最後の文章は、未来のアンドロメダにしかいないはずのパドラーすなわち宇宙エンジニアの言葉、インターアンドロ。前半は<クレストⅢ>がコマンドとして送り出したウールヴァ兄弟を生還させるために送信したもの。
 それを発信したのは、〝修理ステーションMA天才的(Werftplattform MA-genia)〟のパドラーたちで、彼らを救出した〝氷山〟シェルトン大佐の要望によるもの。島の王によって過去世界の修理・整備ステーションとして働かされていた彼らは、惑星ワシェンの周回上で危機的状況にありましたが、危ういところで<クレストⅢ>に救出されます。
 軌道上の〝MA天才的〟に攻撃を仕掛けてきたハルト人部隊との交渉は、決裂します。というよりこの時代のハルト人は、異星人との交渉とか平和とかという概念を持たない蛮族。イホ・トロトの説得はまったく効きめなし。
 また惑星ワシェン上の水素・アンモニア世界に居住するマークスとも、まったくコンタクトはできません。この惑星上のパドラーたち800名は救出されますが、軌道上の〝MA天才的〟はレムール艦隊によって破壊され、シェルトン大佐は惑星上の戦いで戦死をとげます。
 しかしシェルトン大佐のチームがもたらしたもう一つの情報が、なにかを変えることになるかも。それは、一度は捕らえたタム評議員が身につけていたケープ。それは生きており、自分の意志を持った知的生物らしい。「時の目」と呼ばれるこのケープの正体は何か。原産地は惑星ワシェンの衛星ダラク。そこにはいったいなにがあったのか。

 はるか昔に姿を消した「獅子のチャト」ことノメ・チャト(Nome Tschato)中佐の思い出がちらっと語られます。ひと息ついたローダンが、自分のキャビンにあるアフリカの舞踏家面を見て思いふけるのです。(P250)
 彼が登場したのは、96巻「アコン人の謀略」、99巻「最後の砦」の、原作では4エピソードのみ。しかもフォルツ作のもの。この巻は前後共にエーヴェルスなんですが、なぜ他人が作ったキャラの思い出のシーンが出て来るのか不思議です。

 あとがきにかえて、は4月にニセコで今シーズン最後のスキーを楽しんだお話。見事な景色を楽しんで春のスキーを楽しんだ様子。いま読んでも、なにかほっとさせる文章です。

 読書メーターの記録より  読了:2018/3/23 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-134 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 134巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-134 早川文庫0000 ISBN  C0197
227 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
228 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
 第5サイクル『島の王』 価格:360Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/10/15 購入:1985/10/20 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン134   227
 

  228
 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-135 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 135巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-135 早川文庫0000 ISBN  C0197
209 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
210 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
 第5サイクル『島の王』 価格:620Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/4/25 購入:2015/4/25 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン135   209
 

  210
 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-136 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 136巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-136 早川文庫0000 ISBN  C0197
211 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
213 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
 第5サイクル『島の王』 価格:620Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/5/15 購入:2015/5/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン136   211
 

  212
 

 

 あとがきにかえて。


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-137 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 137巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-137 早川文庫0000 ISBN  C0197
213 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
214 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
 第5サイクル『島の王』 価格:620Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/5/25 購入:2015/5/23 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン137   213
 


  214
 


 

 あとがきにかえて。


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-138 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 138巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-138 早川文庫0000 ISBN  C0197
ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
 第5サイクル『島の王』 価格:620Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/3/15 購入:2014/3/8 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン138   215
 


  216
 


 

 あとがきにかえて。
 



 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-139 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 139巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-139 早川文庫0000 ISBN  C0197
ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
 第5サイクル『島の王』 価格:620Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/3/25 購入:2014/3/29 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン139   217
 


  218
 



 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
前へ 宇宙英雄ローダン 130~139 先へ