トップへ戻る
トップへ戻る


書籍データへ戻る
読んだ本の分類


PerryRhodanに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 130~139 
巻数 書 名 作 家
130 ターミナルからの脱出 H・G・エーヴェルス&クルト・マール
131 悪夢のデュプリケーター クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
132 死者たちの侵攻 ウィリアム・フォルツ&カール・H・シェール
133 ダラクの神殿 H・G・エーヴェルス&H・G・エーヴェルス
134 時空突撃班 クルト・マール&クラーク・ダールトン
135 時間ステーション急襲 クラーク・ダールトン&カール・H・シェール
136 ネッター来襲 H・G・エーヴェルス&H・G・エーヴェルス
137 地下都市トドラー ウィリアム・フォルツ&ウィリアム・フォルツ
138 時間の迷路 クラーク・ダールトン&クルト・マール
139 レムリア秘密工作 カール・H・シェール&ウィリアム・フォルツ
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-130 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 130巻 出版社:早川書房
書名:ターミナルからの脱出 ハヤカワ文庫SF715 ウ1-130 早川文庫2208 ISBN4-15-010715-7  C0197
259 ターミナルからの脱出 Der unheimliche Roboter H・G・エーヴェルス 1966/8/19 翻訳:松谷健二
260 過去の亡霊 Gespenster der Vergangenheit クルト・マール 1966/8/26
  価格:400Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:1987/5/15 購入:1987/5/16 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン130 ターミナルからの脱出  259 ターミナルからの脱出
 前巻でローダンとイホ・トロトを催眠暗示で罠にかけたロボットのログが、グッキーと意気投合しているシーンから始まります。どちらも超能力をもち、いたずら好き。やんちゃで大活躍するグッキーは多くの惑星の子供たちに大人気、という描写は、どちらかというとディズニー向きの設定かな。
 さて拿捕されたテフローダーの巡洋艦<アスカハ>の乗組員の反乱ののち、乗組員が死んだ原因が彼らの脳の中に仕込まれた爆薬であったことを知ったローダンは、<アスカハ>の中に当然同じように自爆用の爆薬がしかけられているはずだと考え、その捜索を命じつつ艦の修理を急がせます。この艦を使ってアンドロメダへの侵入を行い、島の王の秘密を解明することが目的。
 アトランは例によってブレーキ役。この作戦行をリスクが高すぎるとして反対しますが押し切られ、憮然としてギャラクシス級ウルトラ戦艦<クレストⅢ>でローダンの乗る<アスカハ>を追う。
 しかし<アスカハ>がいきなり状況転送機に吸い込まれたとき、アトランは安全第一の仮面を脱ぎ捨て、自分の艦の安全を確保したいエプサル人の艦長カルト・ルド大佐を強い口調でたしなめます。
「大佐、問題はだな、艦ではないのだ」アルコン人の声はきびしかった。「ローダンのシュプールを見失わない──そこなのだぞ。それには転送機をくぐりぬけるほかない。唯一の道なのだ、それが。尻込みしたら<アスカハ>にもローダンにも再会はできまい」 (P85)
 ローダンはテフローダーの罠の中で漂着した惑星をターミナルと名づけます。最終ステーションという意味。<アスカハ>にとって最終であることは確実ですが、テラナーはここからなんとしてでも脱出しなければならない。
 この惑星を管轄する主ポジトロニクスと超ロボットのログをコンタクトさせ、なんとかできないかと試みますが、その結果はどうなったのか。最終的に残骸星系と名づけられたこの星系を脱出できるのか。
 ラッキー・ログと名づけられた小さな超ロボットの正体とはいったい何だったのか。

  260 過去の亡霊
 残骸星系から脱出して三日目の2404年4月5日から始まります。いくつかの恒星を次々と対探知の盾として使いながらひそかに航行を続ける<クレストⅢ>のそばを転送ビームのハイパー・インパルスが通過し、探知部の要員を緊張させます。これはそばに転送ステーションがあることを意味するから。
 いま<クレストⅢ>が遊弋する赤色巨星が持つ惑星になにかあるのではないか。ローダンはアトランの反対を押し切って探索に向かいます。そもそも、残骸星系の事件によって<クレストⅢ>はアンドロメダの禁断の中枢ゾーンの中に千光年も投げ込まれてしまっており、この島の王の領域を抜けてもその外にあるテフローダーの領域を突破しないと帰還はできません。用心に用心を重ねる必要があるはず。
Rhodan260 〝Gespenster der Vergangenheit〟 しかしローダンは、島の王の今の扉の前ともいっていい場所にある、転送機を備えた惑星を調査する機会を逃したくはない。特殊な能力を持つミュータント、ウールヴァ兄弟を投入すると決心します。

 トロナルとラカルのウールヴァ兄弟がこの惑星で発見したのは、奇妙な人々。なんと、テラ、はるか数百光年先の故郷銀河系からさまざまな時代に渡って拉致された人々。
 2327年に故郷銀河のイーストサイドでブルー族との戦闘中の記憶が最後だという太陽系帝国艦隊のスタウンダー少佐と並ぶのは、最後の記憶が1944年というクールラント軍所属のエメリッヒ大尉。ほかにもさまざまな時代からテラナーがここに拉致され、老化もせずに生活しているようです。なんと、ネアンデルタール人まで。なぜ、なんのために。

 ドイツ版表紙は、さすがにナチス・ドイツの軍服は描かれていません。でも日本版は容赦なく描かれています。(笑) このあたりが、日独の感覚の違いかな。
 しかしタイガー戦車が登場して主砲をぶっぱなす場面があったりすると、やはりドイツ陸軍の栄光からまったく目をそらしたいわけでもなさそう。
「どのくらい待つつもりだ?」
「十分間。そのころには200メートルになっている。42には適当な距離」
「42・・・?」
「機関銃だ。Em-Ge42」
「ははん」
「はじまったら、8-8で反対側の丘斜面を掃射する。これで充分だろう。相手はタフだが、機関銃の威力に気づいたら、逃げ出すはず」 (P226) 
 などという会話には、そこはかとないミリタリーマニア臭がうかがえます。
 とはいえ、42というドイツ軍の機関銃ならグロスフスMG42機関銃、MG-42のことでしょうし、8-8、アハト-アハトとは高性能な88ミリ高射砲を戦車砲としたものであって、掃射というような弾をばらまいて面制圧を行う射撃はできないんじゃないの、とちょっと脳内ツッコミをしてしまいました。
 これは、松谷さんの翻訳の問題もあるかも。松谷さんはミリタリーオタクじゃない人ですから。(笑)


 ヒストリーと名づけられたこの惑星に、地球人だけが拉致されて集められているその理由とはなにか。この巻ではそこまでは解明されませんでした。

 あとがきにかえて は、まずこれからの20篇のタイトル。そして後半のエピソードに出てきた、ハンス・ドーミニクという「ドイツの海野十三」ともいうべきSF作家のこと。1872年生まれで1945年に死亡。SF作家の先駆的な人ではあるけれど、ドイツ人中心的な他愛のない話ばかりで、松谷さんも日本への紹介は諦めたのだそうな。

 読書メーターの記録より  読了:2018/1/20 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-131 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 131巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-131 早川文庫0000 ISBN  C0197
221 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
222 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:340Yen ページ数:264P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/7/15 購入:1985/7/20 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン131   227
 

  228
 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-132 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 132巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-132 早川文庫0000 ISBN  C0197
223 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
224 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:360Yen ページ数:280P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/8/15 購入:1985/11/3 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン132   227
 

  228

 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-133 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 133巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-133 早川文庫0000 ISBN  C0197
225 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
226 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:340Yen ページ数:264P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/9/15 購入:1985/9/15 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン133   227
 

  228

 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-134 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 134巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-134 早川文庫0000 ISBN  C0197
227 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
228 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:360Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:1985/10/15 購入:1985/10/20 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン134   227
 

  228
 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 

ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-135 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 135巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-135 早川文庫0000 ISBN  C0197
209 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
210 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:620Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/4/25 購入:2015/4/25 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン135   209
 

  210
 

 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-136 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 136巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-136 早川文庫0000 ISBN  C0197
211 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
213 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:620Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/5/15 購入:2015/5/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン136   211
 

  212
 

 

 あとがきにかえて。


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-137 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 137巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-137 早川文庫0000 ISBN  C0197
213 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
214 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:620Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/5/25 購入:2015/5/23 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン137   213
 


  214
 


 

 あとがきにかえて。


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-138 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 138巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-138 早川文庫0000 ISBN  C0197
ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:620Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/3/15 購入:2014/3/8 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン138   215
 


  216
 


 

 あとがきにかえて。
 



 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-139 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 139巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-139 早川文庫0000 ISBN  C0197
ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
  価格:620Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/3/25 購入:2014/3/29 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン139   217
 


  218
 



 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
前へ 宇宙英雄ローダン 130~139 先へ