トップへ戻る
トップへ戻る


書籍データへ戻る
読んだ本の分類


PerryRhodanに戻る
PerryRhodanリスト
前へ 宇宙英雄ローダン 140~149 
巻数 書 名 作 家
140 時の征服者 ウィリアム・フォルツ&H・G・エーヴェルス
141 深海の戦い H・G・エーヴェルス&クラーク・ダールトン
142 内なる敵デュプロ クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
143 第三兵器 ウィリアム・フォルツ&H・G・エーヴェルス
144 太陽地獄 H・G・エーヴェルス&カール・H・シェール
145 彼岸への座標 クラーク・ダールトン&クラーク・ダールトン
146 ねじれた時空 クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
147 宇宙駅攻略 ウィリアム・フォルツ&クラーク・ダールトン
148 星の女王 クラーク・ダールトン&クルト・マール
149 超要塞タマニウム H・G・エーヴェルス&H・G・エーヴェルス
★このページはUnicodeです。★
+ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-140 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 140巻 出版社:早川書房
書名:時の征服者 ハヤカワ文庫SF768 ウ1-140 早川文庫2406 ISBN4-15-010768-8  C0197
279 時の征服者 Die Bezwinger der Zeit ウィリアム・フォルツ 1967/1/6 翻訳:松谷健二
280 宇宙探偵の介入 Die Weltraumdetektive greifen ein H・G・エーヴェルス 1967/1/13
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:280P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/5/15 購入:1988/5/14 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン140 時の征服者  279 時の征服者
 レムリア人タイワンダーは、暗黒組織の若いボス。アラル族と称する9人と共にアタルスクに潜みます。タイワンダーには、自分がなぜこの怪しげな9人の言うなりなのかわからない。その一人、ヒュプノのアンドレ・ノワールの催眠暗示にかかっているためなのですが、彼がその謎を解くことはない。
 この9人、8人のテラナーと1人のアルコン人の目的は、タム評議員であるネヴィス=ラタン。彼が島の王の一人であることが確認できたので、この町に戻ってくるはずのネヴィス=ラタンを捕らえて情報を引き出し、過去世界から脱出したいところ。
 現実時間で今は2404年10月、しかし「今」彼らがいるのはは約5万年の過去世界。ここから脱出しなければならない。その鍵は、アンドロメダ銀河を支配する島の王が握っているテクノロジーにある。
 このネヴィス=ラタンを捕らえたローダンらは、この時間の罠からどうやって逃れたのか。そして最後の最後にアトランがこの島の王から聞きだした最重要な情報、島の王の人数。
 わずかあと7人なのだという。事実なのか。
 ともかくようやく、五万年の流刑から解放されます。やれやれ。

  280 宇宙探偵の介入
 ロジャー・マッケイとジャン=ピエール・マラーの二人は、大学を卒業して宇宙パトロールに志願しました。マラーが中尉、マッケイが少尉となったと言うことは、マラーの方が志願したのが早いのか年長なのか、と考えるのですが、同じであってもなぜかしょっちゅう階級に差が出るマルペ世界のことですので、なんとも言えません。4年の勤務を終えると二人で銀河系秘密情報機関に志願したとのことなので、宇宙パトロールとやらは兵役に近いものなのかとも思えますが、それはそれ。重傷を負ってマッケイが33歳で退役したのは大尉のとき。その一年後にマラーが同じく負傷し、少佐で退役。二人は探偵社をはじめることになり、5年後には300以上の惑星に460人の社員と探偵を要する企業に育て上げます。
 そんな二人が宇宙ヨット<ツェルベルス>で恒星ケファの第8惑星オジュンに赴くと、何やら不穏な情勢。

 アンドロ・ベータ星雲では、駐留艦隊司令長官のジュリアン・ティフラー太陽系元帥が、ローダンと共に不穏な自体に眉をひそめます。KA大サービスがいきなりグリーム基地上空に現れたとのこと。パドラーのカラクが、単純な理由でそんな重大な飛行を行うはずがない。しかしこれによって警報が発令され、数億ソラーの出費になるとなれば、笑ってすますこともできない。
 今回はこの出費ということが問題となる回。太陽系帝国の防衛のためとはいえ、出費というか財政というか、人類社会の納税とGCC──財務相ホーマー・G・アダムス率いるジェネラル・コスミック・カンパニー──の采配によって賄われるもの。であれば、その経済的基盤が揺らげばどうなるのか。時に、西暦2404年11月。
 星プロフォスの政務で忙しいはずの愛妻モリーが、そのホーマー・G・アダムスをともなって銀河系からわざわざアンドロ・アルファに現れたのはまさにそのとき。
 「アダムズが持ってきたのはいいしらせじゃないの、ペリー。でも、あなたなら問題を解決できる。できなければ、大宇宙での冒険はもうおしまい・・・」 (P195)

 わざわざこの二人が直接来るほどの緊急事態であることを受け、まずローダンは長旅の疲れをまずいやそうと提案し、久しぶりに愛妻とゆったり一夜を過ごします。なんだかな。翌日、アダムズが示したのは恐るべき事態。
 なんと、太陽系帝国に大規模な贋札が出回っていること。その贋札は、とアダムズが示したものは、数枚の全く同じ番号が振られたもの。テラの科学技術の粋を懲らして作られた偽造対策が全く同じように施されたものが。
 これは、マルチデュプリケーターによる完璧な複製としか考えられない。
 太陽系帝国の財政的な、すなわち国家としてのカタストロフィ。

 急遽銀河系に帰還したローダンらのもとに、銀行券偽造の件で緊急に面会したいという申し出がありました。
 星間調停探偵社のチーフ、ミスタ・ジャン=ピエール・マラーとそのパートナーのロジャー・マッケイだという。
 彼らに何をさせればいのか。 (2019/1/3)

 あとがきにかえて は、これ以後の20編のタイトル予告。それから、ドイツ版ローダンの手抜きのような文章と、イラストへの苦言。日本版のイラストの努力の成果。
 それでもなお、このローダンは立派なんだよ、面白いんだよ、というのがシメ。

 読書メーターの記録より  読了:2018/12/22
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-141 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 141巻 出版社:早川書房
書名:深海の戦い ハヤカワ文庫SF777 ウ1-141 早川文庫2441 ISBN4-15-010777-7 C0197
281 深海の戦い Kampf in der Tiefsee H・G・エーヴェルス 1967/1/20 翻訳:松谷健二
282 ヤゴ星へ Die Spur f?hrt zu Jagos Stern クラーク・ダールトン 1967/1/27
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/7/15 購入:1988/7/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン141 深海の戦い  281 深海の戦い
 財務相ホーマー・G・アダムスの言葉に不満を覚えたローダン、怒りをぶつけます。
 「アダムス、きみには幻滅だ!」声は低いが、物騒な調子である。「銀河の天才財務家だとばかり思ってきたのに。その直感的予見は余人のおよぶところではなかったはずだ。
 なのに、この計画は考えぬかれたものとはいえない。意味もないではないか・・・」 (P11)
 叱責されたアダムスは萎縮しつつ、なおもこの経済混乱に対する自分の経済政策を語ろうとします。上手く行かなければ艦隊を派遣すれば良いとまで。それは危険すぎると考えるローダン。とりあえずアダムスに休養を進めることに。
 その提案を命令と受けとったアダムス、ローダンの言葉のままにグアム・サナトリウムで休養と共に心理療法を受けることを承知しました。しかしマラーとマッケイの二人を護衛に連れていけという言葉に不満そうですが、ローダンは譲らない。
 で、グアムのサナトリウム。これがまた、とんでもないリゾート地。なにしろ、グアム島近郊の、震度一万メートルのマリアナ海溝の底ときたもんだ。こんなところで人はゆったりと心を休められる・・・らしい。

 しかしなんと宇宙探偵の二人は、いまここにいる太陽系帝国の重鎮、財務相であるホーマー・G・アダムスを、デュプロではないかと疑いはじめます。そして子の海底に、膨大な量の贋札を作っているマルチデュプリケーターを備えたテフローダーの基地があるのではないかと。
 残念ながらこの二人、前巻とこの巻でお役御免、もう出演の機会はありません。

  282 ヤゴ星へ
 2404年のクリスマスから始まります。むろん未来においてもキリスト降誕祭とクリスマス休暇は永遠不滅。
 そんな時であるにもかかわらず、不運にも休暇が取れず勤務に就いていたハーバート・バルドーヴァー少尉が大執政官の執務室に報告を届ける場面から始まります。兵隊や極端に少なく、下士官がめったに出てこないローダンもの。少尉が伝令を勤めるのは当然のこと。(あ、単なるイヤミです)
 で、執務室でこの少尉を迎えたのは、ローダンでもその代行のブリーでもない、銀河の英雄グッキーその人。そうか、この巻の作家はダールトンだ。(笑)
 で、この報告とは、一警備艦が銀河商人の密輸業者を捕らえたこと、その密輸物資とは奇妙な未知の物品で、送り先はヤゴ第三惑星だという。ローダンはこの知らせを数千の報告の一つとしてそのままにしたのですが、グッキーはこの報告に疑惑を覚え、調査してやろうと思ったのだとか。ローダンが、まだ見ていない、まだ内容を知らない報告をどんな意図でそのまま黙殺したのかという疑問は忘れて、その結果グッキーがそのすばらしい勘で怪しい事件を探り出したことを褒め称えるべきか。
 なんたって、ダールトン節だもの。

 で、報告を精査して、そこにマルチデュプリケーターの部品らしきものの写真を見つけたグッキー、これは誰が反対しようと重大事件であると断定し、ミュータント仲間のウリウ・セングとアンドレ・ノワールを連れてプレアデス星団にある恒星ヤゴにむかいます。その第三惑星には、テラ移住者が八千人ほどいるという。
 この惑星に、滞っていた補給物資を運ぶという名目で貨物船で乗り込んだグッキー、土地の猟師バール・カットナーの情報を元に、なんとテフローダーの基地を発見してしまう。その基地にあったものとは何だったのか。
 というわけで、グッキー大活躍のお話でした。ふむ。(笑) (2019/2/13)

 面白い一節があります。なにやら、未来の人類の脆弱さを指摘しているような。
 「いまはまず病気というものがなくなってしまった。われわれ、ほとんどのバクテリアを根絶したからな。むろん、あることはあるが、たまにだ。それをいきなり大量に人類にばらまいたら、大惨事になるだろう。自然の抗体がなくなっているから。その必要がなくなって、抗体は退化してしまったのだな」 (P148)
 とはいえ、ダールトンは自分で書いたこのセリフをあまり重要視していないような気がしますね。(笑)

 あとがきにかえて は、三度の自転車事故のこと。
 子どもの頃、大学生の頃はまだしも、中年になって酔って事故を起こしたことには反省しているとのこと。あは。


 読書メーターの記録より  読了:2018/2/1 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-142 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 142巻 出版社:早川書房
書名:内なる敵デュプロ ハヤカワ文庫SF781 ウ1-142 早川文庫2460 ISBN4-15-010781-5  C0197
283 内なる敵デュプロ Flucht vom Giftplaneten クルト・マール 1967/2/3 翻訳:松谷健二
284 地球強襲 Arschlag gegen die Erde ウィリアム・フォルツ 1967/2/10
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/8/15 購入:1988/8/7 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン142 内なる敵デュプロ  283 内なる敵デュプロ
 誘拐されたホーマー・G・アダムスをはじめとする6人のテラナーが収容されているのは、窓からアンモニアの大気が昇華するところが見られる寒冷な惑星。何か月も捕らえられている彼らは、脱出の方法をいろいろ考えるばかり。
 この惑星は、おそらく我々の銀河の外れ近くにあり、かつてはマークスの基地があったところらしい。基地の建築様式からそれが見えます。
 テラではようやくローダンが帰還したものの数百億ソラーの贋札騒動が発生しています。そのことは彼らもわかっており、おそらくそれには自分たちのデュプロがそれに関わっているはず。一刻も早く脱出しなければならない。
 しかも、です。我々6人すべてがオリジナルなのか、それも疑ってみる必要がある。
 彼らは、どうしたのか。脱出できたのか。

 ここでわかったこと、ふたつ。
 ひとつは、デュプロにとって、自分が消耗品であることや、特に第三以降のデュプロはスペアのスペアでしかないことを自覚することはかなりの重荷、衝撃らしい。それに絶望してしまうデュプロもいたのでした。
 もう一つは、ここで対決したミラス=エトリンはファクター4、序列4番目の島の王であり、彼を含めて島の王は7人おり、そのうち3人をテラナーがすでに倒していること。残りは、わずか4人なのだそうな。

  284 地球強襲
 このエピソードは、政治。
 2405年3月24日、16時8分。テラへ帰還して数時間のローダンですが、贋札による経済的な大打撃をどうやら乗りこえて、次のミッションはテラニア政府を守る事。
 4月3日にソラー・ホールでテラ議会の代表、太陽系の大執政官としてローダンは演説することになっています。その場で、太陽系帝国に属する各植民地星の執政官たちと同盟している各種族の代表たちの前で、この経済危機、政治的危機、軍事的危機に関して説明できなければ、彼はその大執政官の座を追われることにもなりかねない。絶対にこれを成功させなくてはいけない。
 同時に、この機械に太陽系帝国に大打撃を与えようと画策しているに違いない島の王の陰謀に対抗しなければならない。各惑星の執政官たちがデュプロに入れ代わり、しかも彼らが人間爆弾だったら、その爆発を防ぐ手だてはない。
 島の王ミラス=エトリンの陰謀を次々と見破ったアラン・D・マーカント麾下の秘密情報部ですが、まだまだ破壊工作は隠れているはず。
 しかも、私利私欲にかられた執政官たち、植民惑星の統治者たちはの一部は、この時とばかりローダンをその地位から引きずり降ろそうと有形無形の陰謀を画策します。
 はたして、無事に4月3日を迎えることができるのか。

 あとがきにかえて、は八甲田でスキーをした話。そこで出会ったスキーの名手が、なんとかつて勤務していた大学時代のの親友の若い同僚だったという。偶然とは不思議なものだねぇ、と。
 それと、松谷氏の最初の捜索長編『逆層』のプチ宣伝でした。
 正直言うとこの本、小説としての完成度はどうなのかな、と鐵太郎は思うけど、それはそれ。(笑) (2019/3/5)

 読書メーターの記録より  読了:2018/2/19 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-143 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 143巻 出版社:早川書房
書名:第三兵器 ハヤカワ文庫SF785 ウ1-143 早川文庫2475 ISBN4-15-010785-8 C0197
285 第三兵器 Die dritte Waffe ウィリアム・フォルツ 1967/2/17 翻訳:松谷健二
286 テレポーター球を追え Jagd auf die Teleporterkugel H・G・エーヴェルス 1967/2/24
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/9/15 購入:1988/9/4 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン143 第三兵器  285 第三兵器
 2405年4月、銀河サミット会議の開催がせまる中で二つの巧妙に隠された爆弾が二つ発見されました。これでなんとか会議を開催できる、と胸をなで下ろすローダン。政治的には銀河サミットは開催されねばならず、その場で大執政官としてのローダンの地位を確立できなければ太陽系帝国の未来はないから。中止どころか延期であっても、政治的には致命傷となる。
 しかしアトランはそうは思わない。二つで終わりのはずがない。まだほかに、第三の兵器があるはずだ、と疑うのです。あの島の王ミラス=エトリンが、たった二つの兵器だけですますはずがない、と。
 寒がりのマット生物ウィリーの大活躍の結果はいかに。

  286 テレポーター球を追え
 マルチデュプリケーターによって分子構造まで完璧に模倣されたソラー紙幣の贋札の識別方法が開発されます。トレイト酸を使えば言い、と。
 この安直なネタのあと、重大な報告がなされます。計算脳を持つイホ・トロト、バイオポジトロンの巨大脳ネーサンのチーフ、アノ・ゴルカル教授、そして太陽系帝国の主ポジトロニクス、すべてが同じ結論に達したのだという。
 数学論理学者アノ・ゴルカルはこうまとめます。
 「はっきり申しあげますが、内政上の難問題で大執政官は失脚寸前まで追いこまれました。最後の瞬間に安定はしたものの、やはり太陽系帝国は粘土の脚を持つ巨人であります。これまで営々と築き、守ってきたものも、次の一撃で消滅するやもしれません」
 そこでローダンを見た。
 大執政官がうなずき、
 「同感ですな、教授、おつづけください」
 ゴルカルの張りだした頬骨のところで皮膚が緊張した。テーブルの面をにらんでから、背あてにもたれる。
 「サー!」と、ローダンを正面から見すえた。「徐々に破滅へ通じる道で取るべき方法はひとつしかありません。
 アンドロメダとその前衛ベータ星雲から人類が撤退することであります・・・!」(P161)
 いまこの情勢の中で、底なしの金食い虫であるアンドロメダ派遣軍を今すぐにでも撤退させなければ、すでに破産しかけていりる太陽系帝国は崩壊する、と。
 その過程で、ローダンは政治的な決断を下します。明確な敵である島の王とテフローダーに対抗するために、敵の敵であるアンドロメダのマークスたちと手を結ぶと。
 おそらく物語を進める上で設定的に、風呂敷を小さくする必要があったのでしょうか。ここで行われた方針転換は、ローダン物語をアンドロメダでなく広大な銀河系の探索・征服にむかわせます。一時的に、ですが。

 テラから1124光年離れたカハロからK警報が届いたのはその数日後。銀河恒星六角形の中央に、小型物体がひとつ実体化したという。物体の大きさはせいぜい6ないし12メートルくらいのものですが、存在するはずのない、実体化するはずのないものが出現したことは大ニュースでした。
 しかもその物体が、テレポーテーションで逃げ回るとは。

 このお話でひとつ引っかかったこと。
 ローダンは同盟者であるポスビ、フラグメント生物の機械生命体を人類のために犠牲にすることに何のためらいも持っていないこと。
 「それに、かれら、テラナーではないからな」(P202)
 西欧人だものねぇ。(笑) (2019/5/1)

 あとがきにかえて、は珍しく音楽ネタ。
 40年前に東京の片隅にあった音楽喫茶で聞いた曲、ウェーバーのピアノ小協奏曲をFM放送で聞いた話。それから、はるか昔の思いで。戦後すぐ、松谷さんが日本育英会の援助で大学に通っていた頃。
 苦労した過去が懐かしい思い出になる一瞬。

 読書メーターの記録より  読了:2019/3/28 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-144 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 144巻 出版社:早川書房
書名:太陽地獄 ハヤカワ文庫SF790 ウ1-144 早川文庫2492 ISBN4-15-010790-4  C0197
287 屈せざる者たちの広間 Die Halle der Unbesiegbaren H・G・エーヴェルス 1967/3/3 翻訳:松谷健二
288 太陽地獄 Das Sonneninferno カール・H・シェール 1967/3/10
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/10/15 購入:1988/10/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン144 太陽地獄  287 屈せざる者たちの広間
 アンドロメダにある六角転送機がある限り、島の王たちによるデュプロ艦隊の侵攻は必至である、というのが<クレストⅢ>のポジトロン脳の出した結論。そしてそれはアンドロ・アルファ、アンドロ・ベータを拠点とするマークスにとっても同じ事。銀河系間をはるばる渡ってくる侵攻艦隊ならば余裕を持って撃退できるのですが、突然大軍勢が戦線の背後に転送機によって出現すれば、対抗するのは難しい。
 ではこのアンドロメダ六角転送機を破壊すればいい、というのが当然の結論。しかしそのために、一方的にアンドロメダ銀河に大艦隊を終結すれば、せっかく均衡状態から中立関係にまで進展したマークスとの関係が危うくなりかねません。ではどうするか。
 マークスと協定、いやそれ以上に踏み込んだ軍事同盟を締結する必要がある、というのがポジトロニクスの結論。しかし、過去一万年の昔アルコン帝国と熾烈な戦いを行って銀河系外に放逐されることとなったマークスが、いまさら人類と同盟を結んでくれるだろうか。

 ここでローダン世界のお約束の1つ、敵の敵とは友になれる、ただしテラナーの利益に家内さえすれば という法則が作動します。困難ではありますが、この交渉は成功します。いつものように。
 むろん全権交渉人として向かうのは、ローダン、アトラン、イホ・トロト、バール・ルン、オマール・ホークといった面々。対するのはマークスの〝九人の父〟たち。

 この九人のマークスの指導者の中から、三人が島の王によって送りこまれたデュプロである事も判明します。ミュータント、ウリウ・セングの能力によるもの。これが、突破口になるのか。
 「こんなことを、一万年前にだれが想像したろうか」アトランが感慨深げにいった。「メタン戦争のとき、このわたしが自分の艦の観測ドームからマークスの首都を望遠するなどと・・・!」(P141-142)

  288 太陽地獄
 首尾よくマークスと不可侵条約、通商条約、軍事同盟を結んだテラナーは、いよいよアンドロメダの奥深く、難攻不落の星域の中にある六角恒星転送機の破壊作戦にかかります。そのためには、いくつもの決死の陽動作戦が必要。

 出だし、いかにもシェールらしい一コマ。
 ローダンの機関に接近してくるマークス艦200隻が、いきなり発砲します。驚愕する艦隊の将兵。<クレストⅢ>の艦長カルト・ルド大佐は血相を変え、機関長ベルト・ヘフリッヒ少佐は機関出力を全開し防御バリア展開する許可を求め、首席火器管制将校チェロ・ウィファート少佐は閉鎖されていた砲塔を開くスイッチを叩きます。
 正気だったのはローダンとアトランの二人だけ。ローダンは艦長に体当たりして安全装置を解除した手を押さえ込み、アトランは艦内放送用のマイクに飛びついて叫びます。マークスはわれわれの礼砲の習慣を真似ているだけだと。
 シェールってこういうミリタリックな冗談が好きですなぁ。

 西暦2405年7月9日、作戦は開始されます。グレク1が率いるマークス艦隊35,000は、6つに別れてデュプロの軍需惑星を奇襲攻撃します。これに時間差をおいて、新造の直径2,500メートルの超弩級艦<ロッド・ニッセン>を機関とするティフラー艦隊が、アンドロメダ六角形転送機の調整惑星に攻撃をかけます。
 ここまでは通常考えられる作戦。実は本当の作戦は、その2つを陽動として<クレストⅢ>と<ラワナ>が二隻だけで侵入し、青い六つの恒星で構成される大転送機それ自体を破壊すること。USO提督グロスト・アレシト麾下の3,000隻がその援護にあたりますが、それでも決死の作戦。

 四人の島の王、顔を見せないファクターⅠからファクターⅡ、ファクターⅢ、そしてテラの経済を破壊しようとしたミラス=エトリンつまりファクターⅣは、これをどこまで読み取ったのか。
 まさか、<ラワナ>に搭載されたテラナーの兵器の中に、ハイパーインメストロンと呼ばれるハイパー放射によって通常の原子を半減しに転換できるものだったとは。
 「・・・元素微粒子の波状効果をそれに所属する反微粒子の効果に移行させる数学・物理作戦は、ハイパーインメストロンの荷電変化のプロセルによって描写・招致できる。そのプロセスの内容だが、質量、スピン、同重核スピンの維持、偶奇性、その寿命と逆の荷電、ストレンジネス数、バリオン数、レプトン数、それと逆の磁気モメントへの移行だな。ハイパーインメストロン放射は一微粒子の多重的静止エネルギーの衝撃を生む。熱核反応で放出され、自由空間で生じたガス状物質と、正常微粒子の凝集体を<ラワナ>が狙い撃ちする。23分間だけ。そうすると人工太陽は反太陽となり、充分な安定を得て、異電荷単位として転送機の恒星Ⅲに突入し、そこでただちに正常微粒子との反応を開始する。その前に人工太陽はその内部の崩壊と新たなインメストロン効果により、巨大にふくれあがっているから、われわれは遠くに避難しなければならないだろう。それと接触したものは、ことごとく大爆発を起こす。これはヴィーツォルト効果の名で新物理学にとりいれられたのだ。 ・・・」 (P251-252)
 理解できなくて結構です。どうせアレだもの。(笑)

 かくして、恒星転送機は破壊されます──どの程度かというと、御大シェールがこれだけエセ科学をぶっ込んで破壊しているのですから、生半可なものではない。
 すごいね。この設定は黒歴史にして欲しいと思います。ヤバすぎる。(笑) (2019/6/23)

 あとがきにかえて。 は音楽の話。
 松谷さんは音楽批評をよく読むのだそうな。その中で有名な批評家が、イタリアのピアニスト、ベネデッティ=ミケランジェリの演奏を酷評していたのだそうです。で、ミケランジェリの演奏を聴く機会があり唖然としたのだそうな。なにしろ、その批評家が書いていたような感想を全く得られなかったから。
 で、考えたそうな。こういう批評家は、いうなれば求道者あるいは美食家なのであって、グルメではない松谷さんなどはそういう方々のいうことを考えずミーハー的に楽しめばいいのだ、と。
 だよね。(あはは)

 読書メーターの記録より  読了:2018/5/20
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-145 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 145巻 出版社:早川書房
書名:彼岸への座標 ハヤカワ文庫SF794 ウ1-145 早川文庫2507 ISBN4-15-010794-7  C0197
289 青い巨人たちの星系 Das System der blauen Riesen クラーク・ダールトン 1967/3/17 翻訳:松谷健二
290 彼岸への座標 Koordinaten ins Jenseits クラーク・ダールトン 1967/3/24
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:1988/11/15 購入:1988/11/12 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン145 彼岸への座標  289 青い巨人たちの星系
 アンドロメダ星雲の恒星転送機を破壊したローダンらの作戦の陰で行われた一冒険、と出だしに書かれています。偶然の出会いだと。

 恒星転送機を構成する六つの恒星は連鎖反応を起こし、近隣の恒星がつぎつぎとノヴァ化していきます。むろんエネルギーは光速以上の速度で伝わることがないので、連鎖反応が起きるとしても数十年、数百年、数千年単位である、と考えるのはシロート。ローダン世界ではこういうカタストロフが起きたら超光速で逃げないと追いつかれます。
 で、リニア航法を駆使して何光年も先のカタストロフから必死で逃げる<クレストⅢ>なのですが、同じく逃げる一団があったのだそうな。
 恒星エンジニアは、直径ほぼ1メートルの燃える球体。精神力で仕事をこなすので手足は必要ないのだそうな。その彼らは、島の王たちに使役されて悪い事をさせられていたのですが、直径8メートルの球形宇宙船でこのカタストロフから脱出する羽目になります。しかし彼らは、一度に一千万キロメートルしか宇宙空間を跳躍できない。彼らの精神力が疲労によって持続しなくなると、恒星転送機からのエネルギーにより次々とノヴァ化してく恒星の熱から逃げられなくなります。

 この一千万キロメートルずつジャンプする宇宙船を偶然見つけた<クレストⅢ>の探知センター。たまたまそこで暇つぶししていたグッキーがこれと聞きつける。余計なことをするな、というローダンの命令もなんのその、パラスプリンターのウールヴァ兄弟と共に探知波をたどって「救出」に向かいます。
 探知センターの指揮官エンリコ・ノタミ少佐はかんかんになりますが、行ってしまったものはしかたがない。巨艦の副長ホイゼ中佐に連絡を取ってレッドホース少佐に助けを求めます。レッドホースは直径60メートルのコルヴェット艦KC1を指揮し、20名の乗組員と共に捜査に出たのですが...
 KC1が恒星エンジニアの宇宙船とグッキーらを発見した直後、<クレストⅢ>はリニア飛行に入ってしまったのでした。そうなると、もうKC1では追いつくことは出来ない。さらにそこで、恒星転送機の破壊にともなう衝撃波の影響で、KC1のカルプ・コンヴァーターが故障してしまったのでした。動くことは動くのですが、少し飛行すると止まってしまうのです。解体修理できる専門の技術者はいません。絶体絶命。いつものように。(笑)

 グッキーは恒星エンジニアの母星のポジションを教えて欲しいとエンジニアに交渉します。いまだテフローダーが支配しているというその母星に彼らは潜入することになります。そこで見たものとは何だったのか。

 ちなみに、恒星エンジニアには信仰があります。太陽とは神であり、すべての太陽を作った大いなる母というものが存在するのだそうな。大いなる母とは宇宙で最大の太陽で全宇宙の中心にあり、光さえも重力フィールドを脱出できないというもの、そのためその姿は誰にも見えず、存在は隠されているのだそうな。
 ふーん。ブラックホールの名前が世に知れ渡ったのはまさにこの年、1967年じゃなかったかな。

 
  290 彼岸への座標
 恒星エンジニアの母星である恒星エイホエⅡ、惑星ホエルでテフローダーの捕虜となったドン・レッドホースと生き残りの部下6名のお話。テフローダーが彼らを捕虜にしていたことがわかると、今までテフローダーを理解者・協力者だと思っていた恒星エンジニアたちは、その正体が残忍な圧制者である事を知ってついに袂を分かつことを決定します。
 とはいえ、そう簡単にはいかない。ホエルのテフローダー基地の本部長ミハロスは、捕らえたテラナーを次々と拷問してローダンがこの星系にどのような攻撃をかけようとしているのか探りつつ、奴隷扱いしている恒星エンジニアを油断なく監視しています。
 ここで、テフローダーの残虐さを強調したいあまり、ダールトン翁は肉体的な拷問で乗組員を癈人状態にしてしまいますが、このへんの描写が何とも時代的。ナチスの時代じゃないんだぞ、オイ。

 最後、高をくくっていたテフローダーの目の前で、恒星エンジニアたちは母の元に返る希望と共に恒星エイホエに次々と飛び込んでいきます。彼らにとってこれは自殺ではない、永遠の生命を得る行為なのだという。
 このへん、いかにも欧米の宗教的な臭いを感じますが、それはそれで。ダールトン節だもの。
 何十万に達したのかはともかく、恒星エンジニアのエネルギー体が恒星に飛び込んだことで太陽がノヴァ化する、という設定が突っ込みどころですけどそのくらいは許容しないとね。
 かくして恒星ホエルの恒星エンジニアを統括する基地は、テフローダーの要員と共に全滅し、島の王たちは恒星転送機の建造技術を失います。めでたい...のかな。

 で、救助されたあと、グッキーがローダンに叱りとばされたかというと、そうでもない。
 ダールトン節ですねぇ。(2019/8/4)

 あとがきにかえて、はまず気象のこと。今年の梅雨はおかしいね、気候変動があるんだろうか、と。
 で、梅雨のない北海道に遠征して利尻山、別名利尻富士に奥さんと一緒にのぼった話。
 楽しそうで、なにより。

 読書メーターの記録より  読了:2019/6/30 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-146 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 146巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-146 早川文庫0000 ISBN  C0197
211 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
213 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:272P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/5/15 購入:2015/5/10 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン146   211
 

  212
 

 

 あとがきにかえて。


 読書メーターの記録より  読了:2019/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-147 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 147巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-147 早川文庫0000 ISBN  C0197
213 ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
214 ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/5/25 購入:2015/5/23 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン147   213
 


  214
 


 

 あとがきにかえて。


 読書メーターの記録より  読了:2019/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-148 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 148巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-148 早川文庫0000 ISBN  C0197
ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/3/15 購入:2014/3/8 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン148   215
 


  216
 


 

 あとがきにかえて。
 



 読書メーターの記録より  読了:2019/ 
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:R400-149 10R 宇宙英雄ペリー・ローダン 149巻 出版社:早川書房
書名: ハヤカワ文庫SF000 ウ1-149 早川文庫0000 ISBN  C0197
ドイツ版原題 作家名 1980/8/5 翻訳:松谷健二
ドイツ版原題 作家名 1980/8/12
第5サイクル『島の王』
Die Meister der Insel
価格:400Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/3/25 購入:2014/3/29 カバー/口絵/挿絵: 依光 隆
ローダン149   217
 


  218
 



 

 あとがきにかえて。
 


 読書メーターの記録より  読了:2019/ 
前へ 宇宙英雄ローダン 140~149 先へ