トップページへ戻る
トップへ戻る


 書籍ページに戻る
読んだ本の分類


ローダン・リストのページに戻る
RhodanNEOリスト
  ローダンNEO 001~008  先へ

巻数  書 名  作 家
001 スターダスト フランク・ボルシュ
002 テラニア クリスチャン・モンティロン
003 テレポーター レオ・ルーカス
004 ヴィジョン ヴィム・ファンデマーン
005 ミュータント ミハエル・マルクス・ターナー
006 ツインズ フランク・ボルシュ
007 エスケイプ アルント・エルマー
008 テラナーズ フーバート・ヘンゼル
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-001 10RN ローダンNEO 001巻 出版社:早川書房
書名:スターダスト Vision Terrania ISBN978-4-15-012135-8 C0197
原題:Sternenstaub (2011/9/30) 作家:フランク・ボルシュ 翻訳者:柴田さとみ
ハヤカワ文庫SF2135 ロ10-1 早川文庫8000 価格:700Yen ページ数:304P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/7/25 購入:2017/7/21 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO001 「スターダスト」 1961年9月、ドイツで Perry Rhodan というSFシリーズが始まりました。舞台を10年後の1971年後として、月に初飛行するアメリカ宇宙パイロットが超文明を持った異星人と出会うという物語。それから数十年たち、シリーズ自体は山あり谷ありのようでしたがいまだに好評継続中です。しかし、設定それ自体が古びちゃったのは仕方ない。なにしろパンチカードの電子計算機の時代に始まった「未来の超科学の」物語ですから。その結果いろいろ書き手にも読み手にも不満が溜まります。
 そこにSTAR TREKがリブートするという話が舞い込んだそうな。そう、あの2009年の再起動映画。実はローダンものとスタートレックものは、日本では聞きませんがひそやかなライバル関係があったらしい。それに割りこもうとしたグレゴリー・カーンのキャップ・ケネディ・シリーズにもちらっと書かれていましたっけ。
 で、こいつぁいい手だと思ったらしい。Die Zukunft beginnt von vorn. というキャッチフレーズを掲げて舞台を近未来に移したローダンNEOが始まったのは、オリジナルシリーズから半世紀後の2011年9月。
 でも売れるんか、それ? という疑問を考えて控えていたのかどうかわかりませんが、早川書房はそれからさらに6年後たって日本語版を刊行開始します。それがこれ。
 鳴り物入りで登場しましたが、それって面白いんかねぇ、と思っていた鐵太郎は、とりあえず第一巻を買ってみました。


 物語は、刊行時の2011年の四半世紀先、2036年6月19日から始まります。アメリカ合衆国ネヴァダ宇宙基地から打ち上げられる宇宙船は、むろん<スターダスト>。目的地はむろん、月。指揮官はむろん、ペリー・ローダン。
 リブートですから。
 しかし背景は、今の政情とテクノロジーに合わせて微妙に変化しています、むろん。

 船長は空軍少佐ペリー・ローダン、37歳、独身。カリフォルニア大学バークレー校卒。「瞬間切替スイッチ」という異名をもつNASAでもっとも優秀なテストパイロット。
 システム・アドミニストレーター兼副パイロットは空軍大尉レジナルド・ブル、36歳、独身。月周回飛行をはじめとする24度の宇宙ミッションを成功させたパイロット。
 天文学者・搭載物管理技術者、クラーク・G・フリッパー大尉、32歳、恋人がヒマラヤで遭難中。
 船医及び材料科学者、エリック・マノリ博士、46歳。細胞変質の分野の権威。数多くの周回軌道ミッションに参加してきたベテラン。
 ミッションは、月の表側に設置された月面調査拠点、アームストロング基地からの通信が27日間にわたって途絶したため、なんらかのトラブルが発生したと考えられ、その救援ミッション──という事になっています。しかし、違う。
 その通信途絶の原因として調査しているうちに、異星人の巨大な宇宙船の存在が確認されたのです。
 であれば、アメリカ合衆国としては、世界各国の政情が不安定になり破滅への道を転げ落ちている今、それを他の国に譲ることなどできない。なんとかしなくてはならない。
 たとえ、NASA最高のパイロットごとその宇宙船を破壊しなくてはならないとしても、他の超大国、ならずもの国家、テロリストたちに後れを取る訳にはいかない、と。

 かくして<スターダスト>は、「爆竹」という不名誉なあだ名を持つ危険なNOVAロケットの上に乗り、さまざまな思惑を孕みながら月へ向かいます。そこで見たのは、なんと。

 ここで旧作の「スターダスト計画」にほぼ沿った形でリニューアルされたローダンのお話が語られますが、それと平行して地球上で二つの物語が進みます。
 一つは、過去に優れた業績を上げたらしいジョン・マーシャルという男。彼はストリート・チルドレンの収容施設を運営しています。この夢想的な運営者の思いと取り巻く環境は、かの「ちびっこハウス」みたいなもの、と考えればイメージとしては充分かと思うけれど、あのコミックとアニメをリアルで見た人なんて絶滅機種だろうからなぁ。もっといいたとえが思いつけないのは年の功というべきか。(どう考えても違うw)
 ここで養っている子供たちの中に、なんとも言えない特殊な能力を持っているらしい子供がいます。それに振りまわされるジョン・マーシャル自身も、人とはちょっと違った強い共感能力のようなものを備えているらしい。
 旧作ではミュータント部隊の第一号となったマーシャルは、ここではどんな姿になるのか。
 そして彼に接触してきた奇妙な老紳士、ホーマー・G・アダムズ。まるで測ったように、ぽんと二万ドル以上のちょうどこの施設が抱えている借金と同じ金額を寄付して、伊達直人のように(しつこいなw)去って行くこの男の正体は何者?

 もう一つの物語は、NASAの飛行主任としてローダンらをバックアップするレスリー・パウンダーと、彼に接近してくるアメリカ国土安全保障省の諜報員と名乗るアラン・D・マーカント。パウンダーの目的は、国家の思惑よりローダンら第一線の宇宙飛行士を守る事ですが、いまこの瞬間の世界情勢を熟知しているマーカントの目的は何なのか。

 月面に不時着した、直径約500メートルの級形宇宙船に入る事を許されたローダンとブル。
 「私の名はクレスト・ダ・ツォルトラル」 (P161)
 と名乗った異星人は、白すぎる肌や深紅の輝きの瞳を除くと地球の街角を歩いていても違和感のない姿。彼が、驚異的な科学技術を持った世界から来た異星人であり、一見礼儀正しいが地球人を蛮族以下としか見ていない誇り高いアルコン人であったこと、そして単なる知性らしいものを示した猿レベルであったはずのローダンが彼に強烈な印象をあたえたことで、物語は大きく開きます。
 元祖ツンデレの令名高きトーラさんの激昂する姿も見られたし、もう言う事なし。

 昇り来る朝日の最初の日差しが、ローダンのまぶたに落ちる。彼は目を開けた。2036年6月27日が始まろうとしていた。
 ローダンの目に映るのは、乾ききった砂漠だ。それでも、思い描いたあの光景が色あせることはなかった。
 彼はまぶしさに目を細める。そして右手で制服の袖をさぐり、アメリカ合衆国の国旗が縫い付けられた部分を探した。
 指先が触れると、彼は国旗を一気に引きはがし、無造作に大地に打ち捨てた。
 それから、<スターダスト>に戻るために歩き出した。
 星々が、ペリー・ローダンを待っているのだ。 (P283)
 ああ、ここで始まるんだ。
 アメリカ海兵隊ばかりが天使になるアメちゃんSFにのめり込めないのは、昔この場面を見たからなんだろうし、今回もこのシーンが読めたよかった。
 うん、次巻も買うからね。楽しませてくれよ。

 解説 は、嶋田洋一さん。
 ざっとこのシリーズの解説をすると共に、2007年に翻訳チームに入ってあわててローダンに〝目を通した〟ので、長年の読者に対しても途中で脱落した人たちにも、嫉妬めいた気持ちを持っていたことを語ってくれます。
 そんな古強者でも、まっさらの人でも、このシリーズは楽しめるんじゃないかな、と。 (2017/7/30)



 読書メーターの記録より  読了:2017/7/26 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-002 10RN ローダンNEO 002巻 出版社:早川書房
書名:テラニア Vision Terrania ISBN978-4-15-012135-8 C0197
原題:Utopie Terrania (2011/10/14) 作家:クリスチャン・モンティロン 翻訳者:長谷川圭
ハヤカワ文庫SF2139 ロ10-2 早川文庫8032 価格:700Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/8/25 購入:2017/8/26 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO002 「テラニア」 2036年6月27日の、ゴビ砂漠のど真ん中から始まります。
 顔を空に向けて目を閉じ、冷静そうな顔をしながらしかし心中ではこれからどうするか考えているのは、脱走兵となったペリー・ローダン元アメリカ空軍少佐。
 「このままじゃだめだってことくらい、あんたにもわかってるんでしょう? 何か手を打ちませんと!」 (P8)
 と怒鳴るのは、レジナルド・ブル。冷静さを失っているのではない。ローダンのためらいを吹き飛ばす言葉。のちに常にローダンの背後を守り、その後衛としていかなる時でも組織を守り抜くことになる男は、行動型の人間であると共に常に芯に冷えた冷静さを持っています。彼が心配するのは、これからの事だけでなく、四人の仲間の中でもっとも弱い環であるクラーク・フリッパー。恋人の生死もわからぬ遭難事件でパニックになりつつあることが、方向を変えて彼らをここまで追いこんだローダンへの怒りになりかねない。
 彼らは、というかゴビ砂漠に着陸した往還船<スターダスト>は、その機体で月から運んで来たアルコン人クレストを守るための超科学的なエネルギー・シールドで物理的な攻撃からは守られていますが、同時に孤立していることは間違いない。

 彼らの周囲は、中国軍の大軍が厳重に包囲しています。文字どおり、蟻一匹見のがさない重包。最初の、稚拙窮まりない正面攻撃が行われたあと包囲軍の司令官として赴任したバイ・ジュン将軍が全面的に指揮をとってからはなおさら。
 しかしこの歴戦の前線指揮官は、一筋縄ではいかない。単なる中国軍の猛将という訳ではなく、何かを心に期しているらしい。地球外からもたらされたという超技術をどう考えればいいのか、この暴挙を行ったグループの指揮官ペリー・ローダンをどう考えればいいのか、しきりと考えているふう。
 「可能性はふたつある」
 将軍は側近に言った。ヘ・ジャン=ドンは黙って聞いている。
 「ここですべてが終わるか、ここから未来が始まるかだ」
 バイ・ジュンは両手の指先をあわせてから、両手を組んだ。
 「我々のやり方で、あるいはアメリカ人のやり方で」
 最後の部分は嘲笑するような口調になっていた。
 「世界を正しい方向に導くのが我々の仕事だ。ただし、ヘ・ジャン=ドン、ひとつだけ確かなことがある。すべては新しく生まれ変わる。外野の・・・」
 そして手を大きく水平に振った。
 「・・・無知なうすのろたちは、古い時代がもう完全に過ぎ去ったことに、まだ気づいてないがな」 (P67-68)
 彼は、中華人民共和国を支配する書記長そのものの前でも、おのれの姿を見失わない。何を考えているのか。

 そしてアメリカ国土安全保障省から脱走したアラン・D・マーカント(Allan Donald Mercant)の逃避行。イガ・トゥロジエスキという超大型トラックの運転手との出会いと、彼の目的地。どうやら中国、そしてゴビ砂漠をめざしています。彼は、何を確信して、何をするためにゴビ砂漠に行くのか。この時点でははっきり示されません。

 歴史の断片と称して、各章の末尾に、ヘルマン・ランケ教授という外の世界の異星人に関する評論によって諜報機関に拘束された人物と、彼の周辺のさまざまな人々の語りが描かれます。この教授は、<スターダスト>の行動をどうやって察知したのか。現代の不穏な政情の中で、世界の人々に何を伝えたいのか。

 そしてローダンたちの本拠であるアメリカ合衆国では、こんな会話が交わされます。NASA飛行主任レスリー・パウンダーが呼び出されたホワイトハウスで、大統領スタンレー・ドラモンドは、こんな事をいう。
 「ゴビ砂漠には異星人がいる。しかし、たった一人だ。それに<スターダスト>の内部には異星人の技術がいくつかあるのかもしれん。もちろん、チャンスがあればそれを奪うのもいいだろう。だが・・・」
 いったん口が閉じられた。突然、大統領が何を言いたいのかパウンダーにも理解できた。
 冷や汗が背中を流れる。あたかも、心臓をわしづかみにされたような気分だった。
 まさか、ありえない! <スターダスト計画>でさえ、狂気の沙汰だったのだ。短い準備時間、不完全な技術、新型のロケット。NASAが総力を挙げてなんとか実現にこぎつけた自殺任務だったのだ。まさかドラモンドは・・・。
 「外れくじを引くつもりはない」大統領は続けた。「狙うは一攫千金だよ」
 「つまり・・・」
 「今回の事件の中心はゴビ砂漠ではない」
 まるで聞き分けのない子どもに話しかけるようにドラモンドは言った。
 「月だ。<スターダスト>が持ってきた何十倍もの技術が、月面で我々を待っている。第二の月面ミッションを指揮するんだ、ミスター・パウンダー。すぐに始めたまえ。方法は問わない。できない、などという愚かなたわごとを私に聞かせるんじゃないぞ」
 〝できない〟ではすませられないほどたくさんの反論が頭の中で渦巻いていた。にもかかわらず、パウンダーは許可もなく立ち上がると、うなずいた。
 「了解しました、大統領」 (P152-153)
 かくして、次のミッションがスタートします。はたしてその結果は──前作と同じになるのか、いまはわからない。

 中国の将軍バイ・ジュンと交渉して医療診断装置を得たローダンは、症状が悪化したクレストを救おうと試みます。この装置の設計者がドクター・フランク・ハガードだと言うことは、旧作となんらかのリンクがあるのかも。
 とりあえずクレストは小康状態にありますが、その間も中国軍のさまざまな手が伸びる。精神の糸が切れたクラーク・フリッパーの暴走もある。

 ローダンの懇願によって、月の宇宙船から船長トーラが月から直径60メートルの巨大な〝搭載艇〟でゴビ砂漠に現れます。パニックにかられた中国兵の砲撃も意に介さず、たちまち高エネルギービームの斉射で制圧します。これがアルコン人のやり方か。
 このトーラとクレストの、孤児のトーラを引き取って後援したという間柄が、なんとも人間的。

 逃亡中のアラン・マーカントを捕らえたのは、一人の老人でした。ホーマー・ガーシュイン・アダムズと名乗ります。
 彼は、ゴビ砂漠に今行くのは無駄だといいます。そしてもう一つ、驚くべきことを。我々は、特殊な能力を持ったミュータントであり、その能力を持って世界を救わなくてはならないと。ただし、自分たちだけではできない。
 最後に言った言葉は、まずジョン・マーシャルという男を見つけよう、と言うこと。
 何を言っているのだ、この人は。マーカントは当惑するばかり。

 崩壊していく世界の中で、一部の社会は限界を超えてパニックに陥りつつあります。これを救う道はあるのか。
 ローダンの決断はこの世界を変えられるのか。
 ここでこの巻は終わり。まだまだローダン無双にはなりませんね。


 解説 は、なし。第一シーズン刊行リストのみ。 (2017/9/3)


 読書メーターの記録より  読了:2017/8/30 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-003 10RN ローダンNEO 003巻 出版社:早川書房
書名:テレポーター Vision Terrania ISBN978-4-15-012144-0 C0197
原題:Der Teleporter (2011/10/28) 作家:レオ・ルーカス 翻訳者:鵜田良江
ハヤカワ文庫SF2144 ロ10-3 早川文庫8051 価格:700Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2017/9/25 購入:2017/9/23 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO003 「テレポーター」 表紙絵はレジナルド・ブルでしょうね。イメージからして。しかしこの絵だと、12頭身くらいのプロポーションなのか、極端な胴長なのか、判断に迷うところ。(笑)

 出張ビジネスマンのホテルの一室から始まります。さて寝ようとぼおっとしている彼の前に現れたものは、部屋中に輝く火花と三人の人影。ピストルを手に血相を変えているラテン系の太った少年と、左腕が途中までしかない華奢な少女、そして礼儀正しい言葉で話す年長の三人目の男。しかしその三人目は、服から大量の血を滴らせ、今にも気を失いそうな様子。
 テレポート能力を発揮しつつあるシド・ゴンザレス、奇妙な治癒能力を持ったスー・ミラフィオーレ、そして他人の心の中が読めるジョン・マーシャルの逃避行。
 この三人が逃げ回るのは、少年シドがなにかに怯えていたから。そのなにかとは、クリフォードという名前があるらしい。
 マーシャルにかつて救いの手をさしのべたホーマー・G・アダムズとは、敵なのか、味方なのか、救い主なのか。アラン・マーカントはどうなのか。
 このクリフォード、姓がモンタニーというのだろうか、と考えたのは秘密。でか頭の登場は旧作ではもっと先だけどね。
 この、新たなミュータントの悪戦苦闘がこの本の一つの流れ。

 もう一つは、ローダンの側のもの。
 クレストの病状が悪化し、一刻を争う状態になります。しかし月にいるアルコン船のトーラとの連絡は、ゲームにうつつを抜かす乗組員のサボタージュでできない。絶望したローダンは、ある計画を建てます。
 クラーク・フリッパーとエリック・マノリが、クレストを連れて脱出するという。現代の地球の科学技術をはるかに凌駕したアルコン製戦闘スーツによって。この作戦に、レジナルド・ブルは反論します。これは反対と言うよりリスクの呈示といったところ。参謀長の仕事、といえばいいのか。精神的に不安定なフリッパーに重要な使命を与え、しかもその後の行動を本人に自由に判断させるという。
 ここで退場するのなら、フリッパーは旧作よりよい役回りを得た事になります。それもまた良し。
 「あんたは・・・。もうずいぶん長いつきあいですが、俺にはあんたって人がちっともわかりませんよ。ペリー・ローダンは阿呆なのか、ロマンチストなのか・・・」
 「リアリストなのだよ、レジ。俺は人間の善を信じている」
 ブルは、呆れたようにくるりと目をまわした。 (P46)
 プラグマティストでありロマンティストであり、しかも人間の未来を信じるというローダンのローダンらしさが、ここではっきり描かれます。そしてもう一つ、旧作ではブリーと呼ばれたブルは、レジと呼ばれます。この方が自然ですよね。

 エリック・マノリの人となり、生き方、考え方が描かれるのもこの回。そして彼があの本の初版をお守りとしていつも持っているという筋金入りのオタクであると言うことも。
 そして旧作では重要な初期メンバーとなったフランク・M・ハガードが、ノーベル賞を取りながらアフリカ僻地で医療に専念する医学者として登場。シュヴァイツァー博士がモデルでしょうか。
 クレストの治療は成功するのか。

 三つめのパートが、マイクル・フレイトたち。
 かつて旧作では、このフレイトとデリングハウス、ニッセンの三人は重要な初期メンバーでしたが、キャラとしてはフレイトはローダンにかぶり、デリングハウスはブルの片落ちのような存在で、ニッセンに至っては幹部であるはずなのに影が薄かったもの。この三人にウィリアム・シェルドンという将校を加えた四人が宇宙船<スターチャイルド>で月に向かい、アルコン宇宙船を破壊する任務を行うことに。これによって彼らはNEOにおいては役が終わり、退場となるらしい。
 そう、アルコン宇宙船<アエトロン>はここでもやはり破壊されます。
 ここでこの回は終わり。未来はまだ見えてきません。

 え? トーラは今回一度も顔を出さなかったぞ? どこにいるの?


 解説 は、なし。前巻と同じ、第一シーズン刊行リストのみ。 (2017/10/7)


 読書メーターの記録より  読了:2017/9/30 
  


  ローダンNEO 001~008  先へ