トップページへ戻る
トップへ戻る


 書籍ページに戻る
読んだ本の分類


ローダン・リストのページに戻る
RhodanNEOリスト
  ローダンNEO 009~016  先へ
 Epoche 2 Expedition Wega 
 
巻数 書 名 作 家
009 グッドホープ フランク・ボルシュ
010 ヴェガ遭遇 クリスチャン・モンティロン
011 フェロル攻防戦 ミハエル・マルクス・ターナー
012 海底ドーム マーク・A・ヘーレン
013 トーラ救出 ハーマン・リッター
014 宇宙オペラ ヴィム・ファンデマーン
015 ネクストステップ ベルント・ペルプリース
016 ファイナル クリスチャン・モンティロン
★このページはUnicodeです。★
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-009 10RN ローダンNEO 009巻 出版社:早川書房
書名:グッドホープ Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15-012190-7 C0197
原題:Rhodans Hoffnung(2012/1/20) 作家:フランク・ボルシュ 翻訳者:鵜田良江
ハヤカワ文庫SF2190 ロ10-9 早川文庫8212 価格:700Yen ページ数:288P 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/7/25 購入:2018/7/21 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO009 「グッドホープ」 2036年7月25日、マンハッタン上空を飛ぶジェット旅客機から始まります。偽名でこの飛行機に搭乗するローダンは、自分の名が人類の敵、テロリストとして語られることに苦々しい思いをこらえつつ空港のゲートを出ます。目的は撃墜されたアルコン船の搭載艇<トソマⅨ>を奪還すること。どうやって。
 どうやって、というより、なんのため、と問うべきかも。

 留守番役はレジナルド・ブル。前作では、彼はその人生のほとんどをローダン遠征の留守番役で過ごすことになるのですが、この世界ではどうなるのかな。
 中国軍からローダン側、というかテラ側に寝返ったバイ・ジュンへの不審を隠せませんが、どうやら納得できた様子。この世界のすべての人々が感じている逼塞感の中で、未来のためにどの道を選ぶかの決断が大事なのか。

 そしてこの巻で、荒れる青年としてジュリアン・ティフラーが登場します。予想どおりウィリアム・ティフラーの息子。なにかを求めてテラニアに来た多くの人々の一人として現れたのですが、依頼人の権利のために戦う弁護士で正義の人である父の呪縛から抜け出そうと足掻いているふう。前作と同様、ミルドレッド・オーソンズが出てきますが、性格付けはかなり違うね。
 彼は、勇気とはなにか、正義を守るとはなにかについて、一つの姿を見せます。

 破壊された搭載艇を奪還したのは、ジョン・マーシャルとトーラの力か。愛国者のアメリカ人将軍ジョシュア・デ・ソトの心を挫いたのはこの二人の連携。こんなことでこんなふうに挫けるって、アメリカ人らしいな、と思った。(笑)

 そして、帰還。未来への期待を、ローダンはこう示します。
 プラットフォームの端まで歩み出て、右手でボトルの胴をつかむ。そして大きくふりかぶって投げた。ボトルは船に向かって大きな弧を描いて飛び、赤道環の上端にあたって砕ける。白い泡が広がり、黒い煤を洗い流した。
 「この船を、<グッド・ホープ>と命名する」とローダンは言った。 (227)

 訳語について、いくつか突っ込みたいところがあります。特に、この<グッド・ホープ>について。「船」じゃないでしょ? 「戦艦」ってのもおかしい。なぜ前のように「搭載艇」という言葉を使おうとしないのか、よくわからん。
 <アエトロン>を調査船とするか巡洋艦とするかはともかく、それに搭載された小型艇に過ぎないのですから。

 しかしこの巻は、ここでは終わらない。
 トーラが、修理がなったハイパー通信機で聞きつけた通信は、つい隣と言ってもいい恒星ヴェガからのもの。トカゲに襲われている、という救難を求めるアルコン語の緊急通信でした。どうすべきか。
 さまざまな問題がありましたが、トーラの決断が方針を決定します。この船で、ヴェガに行くと。アルコンの誇る自動修復機能によって、わずか24時間の間に回復した機能で十分だと。
 トーラと共に初めての恒星間遠征に向かうメンバーは、ローダン以外には8人。
 アメリカの宇宙飛行士だったロッド・ニッセンとコンラッド・デリングハウス。大ロシアの元宇宙飛行士、ダーリャ・モロソワとアレクサンダー・バトゥーリン。そして四人のミュータント。テレポーターのラス・ツバイとタコ・カクタ。テレキネシスのアンネ・スローン。タコと同じ福島原発事故で生まれたミュータント、透視者のウリウ・セング。
 そしてレジナルド・ブルはお留守番、というか地球におけるテラナーのリーダー代行となります。
 出発は、2036年7月27日のこと。

 しかしその翌日、レジナルド・ブルは宇宙船が帰還したというニュースでたたき起こされます。そんなに早く、と驚く彼らの前に現れたのは、球体の<グッド・ホープ>ではない。その5倍の大きさはある、巨大な紡錘形。

 誰がそんなものを呼んだのか。   ・・・謎を残してこの巻は終わり。 (2018/8/18)

 解説 は、森瀬 繚さん。
 長期連載ものを途中から参加するとすれば、どこから読み始めればいいのでしょうという問いについての話から。
 それが面倒だから、こいつもリブートしたんだよね、ということか。ただしこのシリーズはリブートではなく同時並行の別シリーズなのだそうだけど。
 そして、この新シリーズはどのように前回の設定を捻ったのか、あるいはアップデートしたのか、についてちょっと。
 ふむ。


 読書メーターの記録より  読了:2018/7/26 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-010 10RN ローダンNEO 010巻 出版社:早川書房
書名:ヴェガ遭遇 Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15-012194-5 C0197
原題:Im Licht der Wega(2012) 作家:クリスチャン・モンティロン 翻訳者:柴田さとみ
ハヤカワ文庫SF2194 ロ10-10 早川文庫8227 価格:700Yen ページ数:P256 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/8/25 購入:2018/8/22 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO010 「ヴェガ遭遇」 この巻も、例によっていくつかのパートで平行して物語が進みます。

 まず、プロローグ的に登場したのは、リコ。前回のラストで、ティフラーが盗難を発見して砂漠に追っていった盗賊の手から消えてしまった、謎のロボット。
 人類の技術よりはるかに進歩したテクノロジーで作られたこれは、単にロボットというのも憚られる存在。クレスト、トーラが持ち込んだアルコン技術製品でさえない。「機械」ですらないかもしれない、人類の持つテクノロジーの範疇では。
 そしてそのテクノロジーは、壊れた金属のボディーであった彼、リコが自らの補修のために手に入れたのは、砂漠で生息する虫たち、昆虫たち、そしてロバ。その有機物質を使って再生していくリコの体。
 徐々に再生していくリコは、何を望んだのか。海への憧憬とはなんだったのか。

 メインの話は、まずペリー・ローダン。いま<グッド・ホープ>と名づけたアルコン搭載艇で人類最初の遷移(トランジション)を終え、太陽系より27光年離れた恒星ヴェガ近傍に現れたところ。操縦するのは、アルコン人のトーラ。彼女がなぜローダンに手を貸し、彼の理想のために持っているアルコン技術を駆使するようになったのかは、いろいろ理由があります。
 が、いまこの時トーラは<グッド・ホープ>に搭乗する他の乗組員達と同じ、ローダンの仲間。こういう発想は前のオリジナル・ローダンにはなかったもの。
 旧ローダン・シリーズでは、ローダンは忠誠と崇拝の対象。軍事指揮官と部下として命じ、命じられる関係。手を貸しあう仲間とは、ちょっと違っていた。
 恒星ヴェガには42個の惑星があり、衛星の数は考えるだけでも面倒なものとわかったあと、彼らはその第7から第9惑星のどこかから発信された救難信号を思い起こします。
   トカゲどもに見つかった。星々は奴らに蹂躙されるだろう。闇が、光を駆逐する。汝、太陽より長く生きると伝えられしものよ。急ぎ来られたし!  ケルロン。 (P21)  
 アルコンの技術とはいえ翻訳の不完全の可能性もあるのですが、いまだに何のことだかわからない。
 そこで遭遇したのは、500ほどの大規模な侵攻艦隊の群れ。その群れが、ほぼ同数のヴェガ星系の惑星から発信した艦隊に接近し、一方的に破壊の限りを尽くすさま。
 殺戮されたヴェガ星系艦隊の救命艇から救い出した異星人はカクトールと名乗ります。彼らはフェロン人、敵はトプシダーなのだという。そしてローダンに言う。
 「あなた方は立ち去れない・・・立ち去ってはなりません!」
 続く異星人の言葉に、ローダンは殴られてような衝撃を覚えた。「あなたは・・・あなた方は、光を取り戻すものなのです!」 (P126)
 何を言っているのだ、この異星人は。
 そしてローダンはどうしたのか。

 地球では、ファンタン星人という異星人とファースト・コンタクトをすることになった人々の話。リーダーとなるのは、ローダンの代行となったレジナルド・ブル。メンバーは、<スターダスト>の元船医エリック・マノリ、奇妙な能力を持ったスー・ミラフィオーレ、ちょっと前までクリフォード・モンタニーの部下で恐ろしい敵だったタチアナ・ミハロヴナ、そしてテレポーターとして才能を開花したシド・ゴンザレス。
 彼らが見上げるファンタン星人の着陸した宇宙船──全長400メートルの紡錘形──に近づくと、その隔壁がいきなり開き、中からなにかが出てきます。
 ちょうど人間と同じくらい、2メートルに届かない程度の高さがあった。だが、人間やアルコン人との共通点は、このあまりに全般的で大まかな特徴が最初で最後だ。
 それは、細かいうろこに覆われて、戦端が丸みを帯びた円筒のような姿をしていた。
     ・・・・
 円筒形の胴体の上半分には、暗い穴のような開口部がいくつかあいていた。あれはもしや感覚器官だろうか、とブルは考える。口や、ひょっとしたら鼻や耳や目かもしれない。
 四肢のようなものが、本体の明らかに不規則な位置から突き出している。手足らしきそれは、全部で5本・・・いや6本。そのうちの2本が円筒形の胴体を支えており、さらにもう2本は、ブルにはよく見えない何かをつかんでいた。異星人が身をかがめたことで、それが太陽の光を受けてきらりと金属的に輝いたのが見えた。(P36-37)
 これが、ファンタン星人、らしい。彼ら(?)となんとかコミュニケーションが取れ、中に「招待」された一同。だがタチアナだけは拒否されます。その者はベズンではない、と。
 ベズンとは何か。中に入るよう要求された彼らに、ファンタン星人は何を要求したのか。
 ファンタン星人スケリアは、片腕がないスー・ミラフィオーレを見て何を考えたのか。

 物語は錯綜し、これでもかと人類に試練を与えます。彼らに突破口はあるのか。生き延びる道はあるのか。
 なるほど、旧作をなぞるように見えて、新しい物語が埋めれてきますね。(2018/9/23)

 解説 は、なし。<ローダンNEO>第二シーズン刊行リストのみ。

 読書メーターの記録より  読了:2018/830 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-011 10RN ローダンNEO 011巻 出版社:早川書房
書名:フェロル攻防戦 Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15- C0197
原題:Schlacht um Ferrol(2012) 作家:ミハエル・マルクス・ターナー 翻訳者:鵜田良江
ハヤカワ文庫SF2199 ロ10-11 早川文庫8240 価格:720Yen ページ数:P256 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/9/25 購入:2018/9/21 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO011 「フェロル攻防戦」 おお、ローダン名物「ジャングル惑星」ですね。
 旧ローダンでは、なにかというと人類が生存できるサバイバル舞台としてジャングルで覆われた惑星が出てきます。ちょっと地球と環境が違う世界、という発想なんでしょうけど、宇宙ではそのちょっとは地球というゆりかごの中の変動とは違うよね。地球上の艦橋を構成する因子の一つでも大きく揺らげば、人類に撮ってたちまち致命的なものになりかねないのですから。

 ところが、旧ローダンから数十年たった21世紀に、新ローダンチームは臆面もなくジャングル惑星を登場させました。ナンテコッタイ。
 ま、基本冒険SFですから、惑星上に降りて冒険するとしたらそういう舞台を設けないわけにはいかなかったんでしょうけどね。

 今回は、とりあえず三つの視点で描かれます。
 最初はまず、惑星フェロル上の<グッド・ホープ>。アルコンの巨大戦艦、と思われた800メートルの球形船の攻撃を受けて一瞬にして飛翔する戦闘艦から破船となった搭載艇の中でのシーン。
 必死で墜落する艇をコントロールしながら脱出しろと言うトーラの声に従い、ローダンは貴重な二人のテレポーターに乗組員の救出を命じます。タコ・カクタがアンネ・スローン、ダーリャ・モロソワ、二回目にロッド・ニッセンとコンラッド・デリングハウスを運びだします。ラス・ツバイは、まずウリウ・セング、アレクサンダー・バトゥーリンを運んだ後、フェロン人カクトールとトーラを運べと言われてためらう。
 「あなたは重要人物なのですよ、ペリー」トーラは、はっとするほどまっすぐにローダンの目を見てきた。「あなたには実現すべきヴィジョンがある。一人のアルコン人の運命など、あなたのそれに比べれば重要とは言えません」 (P10-11)
 むろんローダンはそんなことは許さない。トーラこそ助けろという。彼は、そういう人。
 で、ラス・ツバイの鉄拳を腹に食らって連れ出されたのでした。
 惑星フェロン上で気がついたローダンは、二度のテレポートで意識を失うほど疲労困憊した黒人を支え、上空を墜落していく<グッド・ホープ>を唖然と見上げます。しかし問題なのは、この泥にまみれたジャングルの、1.4Gの重力下で自分たちが生き延びること。
 そして仲間たちを見つけること。
 バトゥーリンとウリウ・セングとは合流できましたが、他の人々とは合流できません。トプシダーたちのエネルギー探知を防ぐためアルコンの戦闘スーツを沼に沈めた彼らには、もうなんのアドバンテージもない。フェロン人カクトールの助けでなんとか生き延びますが、これからどうすればいいのかわからない。
 カクトールは、彼らをどこに導こうとしたのか。

 もう一つのグループは、まず致命傷となる負傷を負ったデリングハウスを生かすための苦闘から始まります。彼らを救い出した日本人テレポーター、タコ・カクタはパニックに陥った自分の心を静めるために風水を思い出し、おのれと周囲を調和させますが、なに、ドイツかぶれなのでしょう、気にしなくていい。彼は3.11の被災者で福島原発事故直後に生まれた放射能障害起源のミュータントであると言うことですが、ドイツかぶれなんだから仕方がない。(笑)
 デリングハウスの命をとりあえず救ったのは、まだ洗練されていないアンネ・スローンのテレキネシスでした。
 そのまま、途方に暮れていた彼らを見つけたのは、フェロン人のグループ。
 こうして彼らのグループもまた、なにかに導かれることに。トルトとはどんな存在なのか。

 地球では、ホーマー・ガーシュウィン・アダムズがファンタン星人となんとかコミュニケーションを取ろうと苦闘します。ベズンというなにかを求めているファンタン星人に地球人を理解させるために何をすればいいのか。
 地球上にある芸術的建造物、景観などを見せることで、アダムズは目的を果たせたのか。

 圧倒的な力をふるうトカゲ状の異星人トプシダーの前で殺戮されるフェロン人。しかしフェロン人の中で気づいた者がいます。広大な宇宙空間を飛翔してきたトプシダーにとって、惑星全体を背後に持つフェロン人が犠牲をかえりみず反撃すれば、補給線のない侵略者は長い目で見て勝てないことを。そのためには、ひたすらあらゆる手で抗戦すればいい。
 心が折れなければ。気持ちが挫けなければ。
 それは、正しい選択なのか。

 そしてフェロン人も地球人もあることに気づきます。なんの躊躇もなく捕虜も弱者もお構いなしに殺戮するトプシダーたちの中に、それを抑制するはずのルールがあることを。
 社会訓示第三文とは、いったい何のためにあるのか。
 『命を尊重せよ! できうるかぎり守れ。不可避な場合にのみ抹殺せよ』 (P229)
 このあたりは、ヨーロッパの歴史に絡む考え方があるのでしょうか。
 あるいは、未来への期待のために作った前ふりなのか。 (2018/10/3)

 解説 は、なし。第2シーズン刊行リストのみ。

 読書メーターの記録より  読了:2018/9/27 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-012 10RN ローダンNEO 012巻 出版社:早川書房
書名:海底ドーム Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15- C0197
原題:Tod unter fremder Sonne(2012/3/2) 作家:マーク・A・ヘーレン 翻訳者:柴田さとみ
ハヤカワ文庫SF2203 ロ10-12 早川文庫8253 価格:720Yen ページ数:P304 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/10/25 購入:2018/10/20 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO012 「海底ドーム」 ベルンハルト・フランクというドイツ人の実業家から始まります。彼はさまざまな別荘を保有していますが、その一つはアイルランド南部の都市ヨールにあり、かつて作家ヴァルター・エルンスティングが暮らしていた家なのだそうな。
 むろんこのエルンスティング氏とは、かのクラーク・ダールトンの本名なのですが、ダールトンがアイルランドに別荘を持っていたかどうかは... どうなんだろう?
 しかしメインとなるのは、ベルンハルトの娘カロリーネ・フランク、29歳のブロンド。不意に現れた彼女は、ベルンハルトに告げます。警官の職を辞職して、ペリー・ローダンの元に行くと。なぜなら、自分には特殊な能力があり、それをローダンのために使いたいから。
 そのために、ベルンハルトにゴビ砂漠までいっしょに来てくれないかといいます。
 出会ったアラン・D・マーカントは彼らをどこに導くのか。いや、導いたのはカロリーネの方か。

 それから、ファンタン船上のレジナルド・ブル。シド・ゴンザレスとスー・ミラフィオーレ。そしてエリック・マノリ。彼らはファンタン人の「ベズン」として船内に閉じ込められたまま。ベズンとは、「自分の宝物」とでも考えればいいのか。ファンタン人のコレクションのことらしい。
 無茶なテレポートで意識を失ったシドを救うために血相を変えたブル。彼の行動はなにをもたらすのか。

 地球にいる、クイニウ・ソプトールと名乗る女に助け出された謎のロボット、リコ。このソプトールはアルコン人であり、トーラと共にこの星系の探査を行っていたのだという。なにやら、人種的に純粋なアルコン人とは違うらしい。
 しかしリコは、もっと謎めいています。この太陽系が、太古の時代にアルコン人によって「ラルサフ」と呼ばれていたことを知っている存在。海の彼方に〝彼〟がいる、と呟く彼は、いったい何者なのか。
 この二人は、ローダンらのグループに対して、今後どのような立場で接触することになるのか。
 しかしリコがめざしたのは、大西洋の深海にある、不思議な基地、あるいは遺跡。これはいったいなにか。

 そこで、ベルンハルト・フランクたち一行とリコたち。彼らはそこで何を見るのか。

 そして、トプシダーに占領された惑星フェロルからトプシダーの輸送船で運ばれる、フェロン人に扮しているのテラナーたち。タコ・カクタ、アンネ・スローン、ロッド・ニッセン、ダーリャ・モロソフ、そして手術で一命をとりとめたばかりのコンラッド・デリングハウス。
 慣れない惑星環境で苦闘する人々の中に生まれる焦燥感と互いへの不信感。
 フクシマ生まれのミュータント、タコ・カクタの名前が賢くしぶとく生きる「蛸」から取られたという笑劇の事実はともかくとして、責任を感じリーダーシップを発揮してがんばったのに、理不尽な恨みを抱くアンネ・スローンにたちまち引きずり降ろされる姿は東洋人の悲哀か?(笑) しかも、カクタを庇ったニッセンが殺されてしまうとなると、逆恨みは酷くなるばかり。

 レジナルド・ブルは、苦闘の末に不思議なものと出会います。完璧な英語をしゃべる、ネズミとビーバーをあわせたような姿。おやおや。彼だ。
 まさか、アトランより先にグッキーが現れるとは思わなかったなぁ。

 いやそれより、ローダンはどうしたんだよ! (2018/11/15)

 解説 は、なし。第2シーズン刊行リストのみ。

 読書メーターの記録より  読了:2018/10/26 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-013 10RN ローダンNEO 013巻 出版社:早川書房
書名:トーラ救出 Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15- C0197
原題:Schatten über Ferrol(2012) 作家:ハーマン・リッター 翻訳者:鵜田良江
ハヤカワ文庫SF2207 ロ10-13 早川文庫8267 価格:720Yen ページ数:P272 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/11/25 購入:2018/11/22 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO013 「トーラ救出」 原題「Schatten über Ferrol フェロルの影」。惑星フェロルで起きるさまざまな事件と、かつて旧ローダンが連載されていた時期ではごく当たり前のように描写されていた、異星人の惑星の「均一化現象」へのアンチテーゼのような、この惑星における光と影が描かれます。
 「均一化現象」とは、地球では見た目の人種だけでも黒から白、黄色、その他モロモロと雑多ですし、宗教、言語を考慮すれば一目で地球人と識別できる単純なものなどいないはず。にもかかわらず、哲学的なヴァルカン人しかいない、乱暴なクリンゴン人以外いない、アルコン人は赤い目しかいないという不思議。こういう単純な「外人アイコン化」のような一方的決めつけに対するアンチテーゼのような、さまざまな人種、考え方を持ったフェロル人の存在を描いて見せたもの。
 今回の影とは、こう言うことじゃないでしょうか。 ──と勝手に解釈しています。


 で、地球よりテクノロジーが進歩している惑星フェロルにおいて、さまざまな人々の姿が描かれます。主役になるのが、ローダンとそのチーム。テレポーターのラス・ツバイ、透視能力を持つウリウ・セング、そしてローダンらを救世主と信じるフェロン人カクトール。
 ただし、この時点では、この本の中では、ローダンはチームの完全なリーダーではない。むろん人類のリーダーでもない。大きな理想をもちつつ、自分の能力に自信が持てず迷う一人の男。なにしろ、ミュータントの二人に比較してすら、自分が優れているところがまだ見あたらない。トプシダーの占領する見知らぬ惑星で、なにかを求めて逃避行をつづけるのみ。目的地はどこなのかも、まだわからない。
 とりあえず、フェロン人の象徴的な君主であるらしいトルトがいるトルタにむかいます。そこで知ったのは、トルトが宮殿を脱出したと言うこと。フェロン人もその構造をよく知らない〝転送機〟によって。
 迷わずそのあとを転送機で追うローダンら。しかし、現れた先はトルトの居場所ではなかった。
 ここから、不屈の男ローダンの本領がじわじわと発揮されます。

 地球では、深海に向かう潜水艇の中の三人。ジュリアン・ティフラー、ティモシー・ハルナハン、ミルドレッド・オーソンズ。彼らが向かう先は、大西洋の海底にあるドーム。そこで彼らを待っていたのは、アラン・D・マーカントと名乗る初老の男。そこに何があるのかは、三人にはわかりませんが、実は先行しているマーカントらにもよくわかっていない。月に不時着したアルコン人ではない、アルコンかもしれない異星人の基地であること、土星の衛星タイタンと関連のあることはわかっていますが、それだけ。
 海底ドームで一応受け入れられたものの、三人が与えられた任務は退屈な雑用。こんな事をするためにここまで来たのではない、とティフラーは仲間に宣言します。
 「ぼくらは新しい世界の建設に参加したいんだ。本当に重要な、人類のためになることをしたいのさ。それなのに今は、海底に座り込んで倉庫係をしてる。なあ、箱を数えるなんて、故郷でだってできるだろ──馬鹿みたいなリストを作る、そんなことは、ぼくらがやりたいことじゃない。違うか?」 (P95-96)
 それは、理想と言うより、若者らしい冒険心だったのかもしれない。彼らの行動は明らかに無茶、しかし彼らを理解する誰かがいたのでした。制止を振り切って宇宙艇に乗り組んだ彼らは、タイタンを偵察したいという願いが許され、出発できることに。
 ファンタン星人の監視を逃れるためにティフラーがとったコースは、一気に光速近くにまで加速し、月ぎりぎりに接近してかすめる危険なもの。
 このコースは、実は旧ローダンに登場したジュリアン・ティフラー候補生が卒業試験で行い、試験官の老練な飛行士を蒼白にさせたもの。しっかり過去を継承していますね。

 偶然に捕虜となっていたアルコン人トーラの居所をつかみ、救出できたのはなにかの運命の悪戯だったのか。トプシダーだらけの基地の中で、テラナー三人とフェロル人一人、そしてアルコン人一人は、出力が不安定な転送機を使ってかろうじて脱出を果たします。
 その先で見たものは、どこかで見たことがある人影。まさか、エルンスト・エラート?

 謎はさらに広がり、苛酷な運命に逆らう人々の冒険はまだまだ続きます。 (2018/12/23)

 解説 は、相変わらずなし。第2シーズン刊行リストのみ。

 読書メーターの記録より  読了:2018/12/12
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-014 10RN ローダンNEO 014巻 出版社:早川書房
書名:宇宙オペラ Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15-012211-9 C0197
原題:Die Giganten von Pigell(2012) 作家:ヴィム・ファンデマーン 翻訳者:高木 玲
ハヤカワ文庫SF2211 ロ10-14 早川文庫8282 価格:720Yen ページ数:P288 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/12/25 購入:2019/12/25 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO014 「宇宙オペラ」 表紙絵はなんと、海賊姿のグッキー?! その後はブリー? いや、この世界ではその名で呼んじゃいけないんだった。しかしいったいなぜ?
 原題は〝Die Giganten von Pigell〟「ピゲルの巨人」。ピゲルとは、ヴェガ星系の惑星。

 プロローグは、福島県民としてはちょっと複雑。ドイツ人は、2012年現在で、福島を放射脳の渦巻く地獄になると信じていたのか。
 そういえば鐵太郎の中の人の姉の夫がドイツ人なのです。震災後、宮城のとある会社で機械に不具合があってドイツからエンジニアを呼ぶことになったとき、ドイツ本社では誰もが放射能を恐れて来たくなかったのだそうな。で、エンジニアではありましたがいい年だった義兄に最後に声がかかり、ン十万だかの手当をもらって日本に来たのでした。むろん福島に妻の実家があり、みんな平気で暮らしていることを知っていたからってこともありましたが、当時のドイツでチェルノブイリの悪夢がいかに大きかったのかがわかるような気がします。
 でもね、福島はほんの一部を除いて、地獄でもなんでもないんですよ? むろん今も。
 放射脳と呼ばれる莫迦どもは、いまだに福島を放射能の地獄呼ばわりして悦に入っているようですが。(怒)

 で、このプロローグに出て来るのは、オリジナルのローダンでも活躍する日本人テレポーター、タコ・カクタ。
 彼は東京に出ることを夢見る2011年福島生まれ。育った地獄のフクシマから東京に出て、軍歌が鳴り響くパチンコ屋で遊んだのが嬉しかったという。彼の親は息子を、強く知能の高い海の生きもの、蛸にちなんでつけたのだそうな。
 そこの君、笑うな! どうせ相手はたかがジャガイモ野郎のクラウトだ。


 さて。
 イギリスBBCのインタビューで静かに語るタコ・カクタは、あの宇宙の彼方で一番印象に残ったのは、ピゲルの巨獣だった、といいます。そしてあの、ヴェガ星系での辛い冒険の日々の物語を回想。
 ただしこの巻ではその回想は完了しません。いつになったら完了するんだろう。

 さて、例によっていくつかのグループそれぞれについて別々に描かれます。
 まずは、ヴェガ第8惑星フェロルの捕虜収容所から輸送船のコンテナで脱出し、第6惑星ピゲルに向かう一団。テレポーターのタコ・カクタ、ダーリャ・モロソワ、負傷したコンラッド・デリングハウス、そしてロッド・ニッセンの死でタコへの恨みが増すテレキネシスのアンネ・スローン。
 彼らはフェロン人の伝説的な元首、トルトに会うことになるのですが、その前に出会ったのが身長4~5メートルに達する奇妙な生物。フェロン人が巨獣(ギガント)と呼ぶこの生物は、いったい何者なのか。
 トルトと共にトプシダーに再び捕らえられた彼ら。トプシダーの降伏勧告に、トルトは応じるのか。

 そして、ファンタン星人に拉致され。ベズンとされたグループ。レジナルド・ブル、エリック・マノリ、スー・ミラフィオーレ、そしてシド・ゴンザレス。彼らは宇宙戦の中でグッキーという謎の生物に出会います。「宇宙の救世主」を自称する変なヤツ、と思ったのですが、なんとこのネズミとビーバーの合いの子のような生きもの、ただものではない。
 強力なテレパスで、その能力によって彼らの思考を読んで英語をマスターしている上、テレキネシスでテレポーターでもあり、船内すべての会話がファンタン星人に盗聴されていることを承知の上で、道化を演じているらしい。
 あまりにも自由がなく平穏なベズン生活にうんざりして、芝居でもやって見せようぜ、と提案したのはブル。出し物はなんと<ペンザンスの海賊>。19世紀のギルバート&サリバンのもの。それが、今回の表紙絵。となると、グッキーの後はブルですな。
 この芝居の興業を利用して、再び脱出計画を考える彼ら。今回はグッキーも参加します。その結末は。

 惑星フェロル上で逃亡を続けるグループ。ペリー・ローダン、ラス・ツバイ、ウリウ・セング、トーラ。そしてフェロン人のカクトールとロソシェル。謎の転送機で送り出された先で出会ったのは、防御バリアに接触して死んだはずのエルンスト・エラート。彼は本物なのか。いったい何故ここに現れたのか。
 そしてエラートが話す驚くべき話。これはローダンの未来に何をもたらすのか。
 だがその後、ケルロンと名乗る老いたアルコン人が現れ、謎はまた錯綜します。これは、あの救難信号を送ってきた謎の人物の名前であり、フェロン人が崇拝する神秘的な半神ケ=ロンと何か繋がりがあるのではないのか。彼は、ここはヴェガ星系第16惑星ラノルであり、永遠の要塞であるといいます。しかし透視能力者であるウリウ・セングの能力を持ってしても、この世界に武装は見られない。テクノロジーさえも。どういう事なのか。
 一万年昔のアルコン宇宙船<トソマX>。今彼らがいるのはそこか。ケルロンの語る物語は、何を意味していたのか。
 近傍にある恒星系のラルサフⅢとは、彼らにとってなんだったのか。それは、地球のことなのか。
 彼の話は、時に支離滅裂となります。最後まで聞きとる前にその命は失われます。
 「あなたには学ぶことの多い日々でしたね」トーラは言った。「私もそうでした」 (P260)
 まさに。

 エピローグ、再びBBCのインタビューに答えるタコ・カクタ。
 そこでタコが答えたこととは、いったい何だったのか。

 まだまだ予断を許さない未来。次に控える難関とはなんなのか。 (2019/1/13)

 解説 は、相変わらずなし。第2シーズン刊行リストのみ。

 読書メーターの記録より  読了:2018/12/31 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-015 10RN ローダンNEO 015巻 出版社:早川書房
書名:タイタンの秘密 Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15- C0197
原題:Schritt in die Zukunft(2012) 作家:ベルント・ペルプリース 翻訳者:鵜田良江
ハヤカワ文庫SF2215 ロ10-15 早川文庫8298 価格:720Yen ページ数:P240 本のサイズ:文庫
初版発行:2019/1/25 購入:2019/1/23 Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO015 「タイタンの秘密」 



 


 解説 は、

 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:R500-016 10RN ローダンNEO 016巻 出版社:早川書房
書名: Epoche 2 Expedition Wega ISBN978-4-15- C0197
原題:() 作家: 翻訳者:
ハヤカワ文庫SF ロ10- 早川文庫 価格:700Yen ページ数:P 本のサイズ:文庫
初版発行:2018/ 購入:2018/ Cover Illustration:toi8
Cover Design:岩郷重力+S.I
ローダンNEO015 「テラナーズ」 



 


 解説 は、

 読書メーターの記録より  読了:2018/ 
  
  ローダンNEO 009~016  先へ