トップへ戻る
トップへ戻る

書籍データへ戻る
読んだ本の分類
作家番号: S100 ウィリアム・シェイクスピア Shakespeare, William
国籍: イングランド 生没年:1564/4/26〜1616/4/23
 
William Shakespeare
管理番号 書  名 メ  モ
S100-001 ウィンザーの陽気な女房たち 自堕落老人フォルスタッフの新冒険
S100-002 ヘンリー四世 (全二部) 老いた国王と若き王子、そしてフォルスタッフ
S100-003 テンペスト 島流しされた大公の、復讐ではなく赦し。それから。
S100-004 マクベス 野心に食い尽くされた夫婦の悪夢
S100-005 新訳ヴェニスの商人 ユダヤ人の悲哀? 強欲?
S100-006 新訳リチャード三世 卑劣で悪い強くて勇敢なヤツの生き方
S100-007 ジュリアス・シーザー  言葉と言葉、力と力のぶつかり合い
S100-008 リチャード二世 一つの王朝交代劇がもたらしたもの
S100-009 ヴェローナの二紳士 二人の若者の恋と愚かさ
S100-010 十二夜 男女入れ代わってそっくりな双子が起こす喜劇
S100-011 尺には尺を 四組のカップルが生まれた苦い喜劇
S100-012 ヘンリー六世 (全三部) 無能な王のあとに愚かな王が...?
S100-013 ロミオとジュリエット 若い男女の恋と愛と愚かしさ

ページのトップへ
  Ver. 2.19 
管理番号:S100-001 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:ウィンザーの陽気な女房たち シェイクスピア全集 9 ISBN978-4-480-03309-2 C0197
原題:The Merry Wives of Windsor (1597) ちくま文庫 し-10-9
翻訳:松岡和子 価格:820Yen ページ数:216P 本のサイズ:文庫
初版発行:2001.5.9 購入:2007.11.6 表紙イラスト:安野光雅
ウィンザーの陽気な女房たち フォルスタッフという名前をご存じでしょうか。サー・ジョン・フォルスタッフ。
 有名な人です。サーが付くのですから、イギリスの騎士です、一応。ただし、実在の人物ではない。
 英国の劇作家、ウィリアム・シェイクスピアが創作した人物です。

 史劇である、「ヘンリー4世」と「ヘンリー5世」に出てきました。ろくでもない人物です。
 年格好はもう50近いのではないかな。現代なら不良中年と呼んで上げますが、当時だったらもう老人でしょうね。↓こんな姿のようです。(むろん想像図(笑))
Sir John Falstaff ロクでもない不良中年ですよ、この人。飲む打つ買うはあたりまえ、法螺吹き、大言壮語、自惚れ屋、無責任、威張り屋、腕力は強い。「ヘンリー4世」の方では、ハリー王子の遊び仲間となり、悪党道(笑)を伝授しました。王子やその若い取り巻きを連れて飲んだくれ、博打を打ち、夜盗になったときもあります。
 ところが「ヘンリー5世」になると、改心して、もう遊びは終わりといきなり正義の人となった王子ハリー、いや英国史に名高い名国王ヘンリー5世にあっさりを捨てられ、失意のうちに病死します。なんとも情けない。
 引き立て役と言えばそうなのですけど、ある意味で愛すべきキャラじゃないですか。

 こりゃあ、フォルスタッフがかわいそうじゃないか、もっと別なところでこいつのマヌケ面を見たいよ、という声にお答えして、舞台をヘンリー4世・5世の15世紀始めから当時の現代、エリザベス女王が君臨する16世紀末に移して、コメディの中に復活することになりました。
 それがこのお話です。
 かのエリザベス女王ご自身が、恋するフォルスタッフを見たいと仰せられたので恐懼したシェークスピアが書き上げたという説明もあります。残念ながら18世紀に作られた伝説のようですが。

 フォードとペイジという二組のブルジョア階級の夫婦が出てきます。そのそれぞれの奥方に、フォルスタッフが臆面もなく全く同じ愛の手紙を出したことから騒動が始まります。それを知った夫たちが妻の浮気を疑って騒ぎ出す。妻たちはこのスケベ爺いの大間抜けな愚行に、怒るよりあきれ果ててどうしてやろうかと計画を練る。自惚れたっぷりのフォルスタッフは、どっちでも良いからものにしてやろうとスケベ心。
 そこに、ある意味お約束の、純真可憐な乙女と、彼女を財産か名声目当てで結婚させようとする親族のてんやわんやが混じります。
 原語で読むと、一人一人個性たっぷりで、話し方や訛りが全部違うのだそうな。この違いを役者がどう演じ分けるのかという楽しみもありますが、翻訳でどこまで書き分けられたのかも楽しめるのではないかな。駄洒落や、言い間違いの揚げ足取りや、知ったかぶりの様子も。
 古くさい演劇かも知れませんが、時間つぶしには最高かも知れませんよ?

 こんなセリフ、覚えておくと楽しいかも。
フォルスタッフ いやあ、とんでもない。
   俺の心身から発する生まれながらの魅力をのぞけば、
   魔法なんぞ知らん。
FALSTAFF Not I, I assure thee;
   setting the attraction of my good parts aside,
   I have no other charms.”
 なんか、笑えますよ。

 そうそう、一つ面白い食べ物(?)を見つけました。第三幕第五場に出てきますが、フォルスタッフが
 「酒もってこい、熱くしてトーストを入れてな  Go fetch me a quart of sack; put a toast in't 」
 と命じます。注釈を見ると、熱したサック酒(カナリア諸島産の白葡萄酒)にトーストしたパン切れを浸す、と書いてあります。
 へぇ。こんなものがあるのか。
 生活には全く役に立たない無駄な知識を、また一つ狭い頭に入れてしまいました。(爆笑)  (08/3/20) 
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S100-002 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:ヘンリー四世 (全二部) シェイクスピア全集24 ISBN978-4-480-03324-6 C0197
原題: Henry W Part 1、Part 2 (1597?〜1599?) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-24 価格:1200Yen ページ数:480P 本のサイズ:文庫
初版発行:2013/4/10 購入:2014/2/8 カバー装画・デザイン:安野光雅
「ヘンリー四世 (全二部)」 ウィリアム・シェイクスピア 英仏にまたがる大プランタジネット帝国を築いたヘンリー2世(在位:1154-1189)より始まったイングランドのプランタジネット王朝ですが、騎士道の花と讃えられたエドワード3世(在位:1327-1377)の死後、孫であるリチャード2世(在位:1377-1399)が王位につきました。幼くして王になったリチャード二世の治世は戦国状態となります。強い者が王として君臨するこの時代、軟弱な坊やが王座にあれば国は乱れるもの。彼の場合、とりあえず偉大な祖父の遺産で王位は安泰でしたが、成人したのちに宮廷を仕切っていた叔父のジョン・オブ・ゴーントと対立し、その息子ヘンリーと抗争したあげく、ロンドン塔に幽閉されて廃位させられます。あとを継いだのは、その息子ヘンリー。ボリングブルック城で生まれたことでかつてヘンリー・ボリングブルックと呼ばれていたランカスター朝の始祖、ヘンリー4世(在位:1399-1413)。彼の治世もまた、国内の反抗勢力による混乱に彩られます。

 この史実を踏まえ、シェイクスピアは1402年のホットスパーの反乱の前年から史劇「ヘンリー四世」を始めます。芝居としては第一部、二部のふたつに分かれ、第一部は主としてこのホットスパー、すなわちヘンリー・パーシーの反乱、第二部はその父、ノーサンバラント伯ヘンリー・パーシーの反乱と王の死までを描いています。
 シェイクスピアが描いたのは、王権がいまだ確立していないイングランドの政情とともに、ヘンリー王の人の上に立つ存在として王の苦悩から、反乱を起こしたホットスパーの人物像、そして貴族たち、庶民たち。それから、ハリーとフォルスタッフ。

 この時代、貴族では長男は父の名前を継ぐことがごく自然だったそうです。名前というものに対する西欧の考え方が面白い。しかも、貴族というものは高貴なものになればなるほど一つの家系の分岐ということが多い。結果としてどうなるか。
 この史劇には、少なくとも四人のヘンリーが登場します。国王、その嫡男、ノーサンバランド伯、その息子。これらはそれぞれ「ヘンリー・ボリングブルック(即位前)、王ヘンリー四世(即位後)」、「王子ハリー(即位前)、王ヘンリー五世(即位後)」、「ノーサンバランド伯爵」、「ホットスパー」と呼び代えられています。こうしてあだ名をつけておかないと、たとえばパーシー家にはわかっているだけで10人以上の「ヘンリー・パーシー」が並んでいますから、あとで記録上困る。代々にはそれぞれ呼び名があったのでしょうが、ホットスパー(熱い蹄鉄)というあだ名だけは、シェイクスピアのこの戯曲のおかげもあって、歴史上燦然と残っています。
 この戯曲で活躍する若き熱血漢の描写によって、ホットスパーという単語にはのちに「無鉄砲な戦士、無頼漢」などの意味が付いたそうな。
 かのホーンブロワー提督が若かりしころ指揮したスループ艦ホットスパーの冒険譚(“HMS Hotspur” 邦題「砲艦ホットスパー)の話も、もしもシェイクスピアがこの戯曲を書かなければ存在しなかったのかも知れません。  ・・・が、これは別なお話。

 このホットスパーは、出だしで王との口論のあと、父と叔父のなだめに怒りをむき出しにします。
ホットスパー 落ちればおさらば、どうなろうと知ったことか。
  危険が東から西へ横切るなら
  北から南へ名誉を走らせ、がっぷり四つの
  取っ組み合いだ。ああ、血が騒ぐ、どうせなら
  野ウサギを追い立てるよりライオンを駆りたてたい。 
      第一部 第一幕 第三場 (P43)
Hotspur  If he fall in, good night, or sink or swim!
  Send danger from the east unto the west
  So honour cross it from the north to south,
  And let them grapple. O, the blood more stirs
  To rouse a lion than to start a hare!
      ACT I. Scene III  London. The Palace.
 こんな感じ熱い男として描かれるホットスパーです。しかし訳注にありますように、戯曲内では無鉄砲な若者という設定でシェイクスピアもその若さを強調していますが、実際はこの時点で38歳、当時にあっては立派な中年です。なぁるほど。演出だね。
 この世が世なれば王になり得たかも知れない反逆者に遊び人の悪名高き放蕩者の王子ハリーが、最後の決戦に挑む。
ホットスパー 俺の思い違いでなければ、貴様はハリー・モンマス。
王子 俺が自分の名を否定すると思うのか。
ホットスパー 俺の名はハリー・パーシーだ。
王子 ほう、音に聞く
  逆賊の勇士の名だな。
  俺は皇太子だ。パーシー、この先はもう
  俺と栄誉を分かち合えると思うなよ。
  二つの星がひとつの軌道を巡ることはない、
  イングランド一国がハリー・パーシーと皇太子ハリーという
  ふたりの君主をいただくのは荷が重すぎる。
      第一部 第五幕 第四場 (P205)
Hotspur If I mistake not, thou art Harry Monmouth.
Prince Thou speak'st as if I would deny my name.
Hotspur  My name is Harry Percy.
Prince Why, then I see
  A very valiant rebel of the name.
  I am the Prince of Wales; and think not, Percy,
  To share with me in glory any more.
  Two stars keep not their motion in one sphere,
  Nor can one England brook a double reign
  Of Harry Percy and the Prince of Wales.
     ACT V. Scene IV.  Another part of the field.
 そして無責任な遊び人が、その仮面を脱いで反逆者を倒す。ここで第一部の終わり。

 第二部は、ノーサンバランド伯老人が嫡男を失った報にうちひしがれて、突然襲いかかる怒りに我を忘れる場面から始まります。伯爵は妻や義娘の反対も押し切って、再び王に反抗する道を選ぶことを宣言します。嫡男ホットスパーが王に反乱を起こして鎮圧されたいま、王を名乗っているヘンリーとは、単に従兄弟であるヘンリー・ボリングブルックであったことを苦々しく思い出す老伯爵。
 国を二分する騒乱の果てに、病弱な王はついに斃れます。嫡男ハリーはそのあとを継ぎ、内乱を鎮め、ヘンリー五世として立つ。そして平和。
 この史劇はここまで。

 しかし、この戯曲の真の魅力はそこではない。
 タイトル・ロールのヘンリー四世とその息子は、欠点もあるがヒーローとしてその姿を締めくくりますが、この戯曲の中で最も光を放ったのは、サー・ジョン・フォルスタッフという老人。
 デブで、遊び人で、法螺吹きで、無責任で、自惚れ屋で、いい加減。飲む打つ買うはあたりまえ、平気で強盗をする、嘘八百を並べて金を借りて返さない。王の息子ハリーを持ち上げて転がし、好き勝手に振る舞う。戦いになれば真っ先に逃げる。ろくでもないひどい奴。
 しかし、憎めない。なぜか憎めない。
フォルスタッフ なあに、戦場へはどんじりに宴会へは真っ先に、
  これが怖じ気づいた兵士と食い気満々の客の常識だ。
      第一部 第四幕 第三場 (P165)
Falstaff Well,
  To the latter end of a fray and the beginning of a feast
  Fits a dull fighter and a keen guest.
     ACT W. Scene U.
 そして、こんな事を言う。
フォルスタッフ ・・・
  だがいざとなって名誉の剣を突き立てられたらどうする?
  どうする?
  名誉に、折れた脚の骨接ぎができるか? できない。
  じゃあ、腕は? だめだ。
  傷の痛みを取れるか? 取れない。
  じゃあ、名誉には外科医の腕もないのか? ない。
  名誉ってなんだ? 言葉だ。
  名誉って言葉に何がある? 名誉ってやつぁ何だ? 空気だ。
  結構な結論だ。
  名誉の持ち主は誰だ? この水曜日に死んだやつ。
  そいつは名誉にさわれるか? さわれない。
  名誉が聞こえるか? 聞こえない。
  じゃあ、名誉ってのは感じられないんだ。
  うん、死んだやつらにはな。
  じゃあ生きているやつにとって名誉は生きてるのか?
   いいや、悪口が生かしておきゃしない。
  従って俺には関係ない。
  名誉なんて紋章付きのちゃちな盾にすぎん。
  以上、俺の教義問答はこれにて終了。
      第一部 第五幕 第二場 (P186-187)
Falstaff ・・・
   Yea, but how if honour prick me off when I come on?
   How then?
  Can honor set to a leg? No. Or an arm? No.
  Or take away the grief of a wound? No.
  Honour hath no skill in surgery then? No.
  What is honour? A word.
  What is that word honour? Air.
  A trim reckoning!
  Who hath it? He that died a Wednesday.
  Doth he feel it? No.
  Doth be bear it? No.
  'Tis insensible then? Yea, to the dead.
  But will it not live with the living? No.
  Why? Detraction will not suffer it.
  Therefore I'll none of it.
  Honour is a mere scutcheon-
   and so ends my catechism.
      ACT X. Scene U.
 これが第二部になると、ますますフォルスタッフ節が炸裂します。嘘と法螺を吹くまくり、突っ込まれると開き直るか俺は哀れな老いぼれのデブだと泣き言を言う。戦場では死んだふり。あたりが死体だらけになると起きあがって、俺様が皆切りまくったと吠える。
 ハリー王子を遊びの弟子扱いして、からかい半分に敬意を払ってみせて金をせびり、いなくなるとボロクソに馬鹿にする。
 何とも腹が立つ。と同時に、腹を抱えて笑い出したくなる。

 なにしろ、セリフの数。第一部ではフォルスタッフが542行で、なんとトップなのです。二番にホットスパー、532行。そして王子ハリー、514行。タイトル・ロールのヘンリー四世は338行。
 第二部になると、フォルスタッフの場面は実は少なくなるのですが、セリフの数は減っていない。631行とダントツ。

 こんな面白い、変なおっさんですが、悪事千里を走る、というかなんというか。
 王となったハリー王子は、その報を聞きつけてこれは出世できるぞとすっ飛んできたフォルスタッフを見るや、けんもほろろ。
フォルスタッフ 万歳、ハル陛下、我が国王ハル!
ピストル 天よ、なんじを守りたまえ、よっ、名声の申し子!
フォルスタッフ 万歳、俺のかわいい坊や!
 法院長、あの馬鹿な男をたしなめてくれ。
高等法院長 それでも正気か?
  何を言っているか分かっているのか?
フォルスタッフ 俺の王様! 俺のジュピター!
  俺はあんたに話しているんだ!
 私はおまえなど知らない、老人よ。
  毎日を祈りに捧げなさい。
  その白髪は阿呆や道化には似合わない。
  私は長いあいだこういう男の夢を見ていた、
  こういうふうにぶくぶく太り、年老いて、下品だった。
  だが目覚めてみると、思い出すのもいやな夢だ。
  これからは目方を減らし、善行を積め。
  暴飲暴食はやめろ、分かるな、並の人間用の三倍はある
  墓穴があんぐり口を開けておまえを待っている──
  馬鹿丸出しの冗談で口答えしようとするな、
  今の私をこれまでの私と思ってはならない、
  神はご存じだし、世間にも知らせるつもりだが、
  私はかつての自分を捨てたのだ、
  付き合っていた仲間も捨てる、
  私が昔の私に戻ったと聞いたなら、
  そのときやって来い、おまえを昔ながらのお前として、
  私の放蕩無頼の育ての親、師匠として迎えよう。
  それまでお前を追放に処す。かつての悪友たちには
  すでに申し渡したが、我が身辺十マイル以内に
  近づけば即刻死刑だ。

      第二部 第五幕 第五場 (P434-436)
Falstaff Saue thy Grace, King Hall, my Royall Hall
Pistoll The heauens thee guard, and keepe,
  most royall Impe of Fame
Falstaff 'Saue thee my sweet Boy
King My Lord Chiefe Iustice, speake to that vaine man
Ch.Iust.  Haue you your wits?
  Know you what 'tis you speake?
Falstaff My King, my Ioue; I speake to thee, my heart
King I know thee not, old man: Fall to thy Prayers:
  How ill white haires become a Foole, and Iester?
  I haue long dream'd of such a kinde of man,
  So surfeit-swell'd, so old, and so prophane:
  But being awake, I do despise my dreame.
  Make lesse thy body (hence) and more thy Grace,
  Leaue gourmandizing; Know the Graue doth gape
  For thee, thrice wider then for other men.
  Reply not to me, with a Foole-borne Iest,
  Presume not, that I am the thing I was,
  For heauen doth know (so shall the world perceiue)
  That I haue turn'd away my former Selfe,
  So will I those that kept me Companie.
  When thou dost heare I am, as I haue bin,
  Approach me, and thou shalt be as thou was't
  The Tutor and the Feeder of my Riots:
  Till then, I banish thee, on paine of death,
  As I haue done the rest of my Misleaders,
  Not to come neere our Person, by ten mile.

      ACT X. Scene X.
 因果応報とはこのことか。

 しかし今回よく読んでみると、面白い事に気づきます。悪童として放蕩者フォルスタッフと遊びほうけているようで、このハリー王子は結構クールなのです。冗談にまぎれて、いずれ王になったらお前など追放だと言っていますし、人がいなくなると冷静に未来を見据えたセリフを吐きます。今だけは、こんな仮面をかぶっているのだ。時が来れば分かる、と。
 戯曲では、ひとり言とはその人物の本心を吐露したものだという設定になっていますので、実は最初から、子供のうちから、ハリー王子は遊ぶのは今だけ、いずれ遊び人の姿から、尊敬を集める騎士である王になると計画していたらしい。
 なるほど、奥が深い。シェイクスピアが戯曲の天才と呼ばれるのも、伊達じゃない。  (2014/6/23)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S100-003 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:テンペスト シェイクスピア全集8 ISBN978-4-480-03308-4 C0197
原題:The Tempest (1612?) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-8 価格:680Yen ページ数:192P 本のサイズ:文庫
初版発行:00/6/7 第12刷:13/6/10 購入:2014/6/28 カバー装画・デザイン:安野光雅
「テンペスト」 ウィリアム・シェイクスピア 難破する船のシーンから始まります。乗っているのは、ナポリ王アロンゾー、その弟セバスチャン、息子ファーディナンド、顧問官ゴンザーロー、ミラノ大公の地位にいるアントーニオ。これが第一場。
 第二場は、正統なミラノ君主ながら、弟に大公の地位を奪われ孤島に娘と共に流されたプロスペローと、娘ミランダの場面。荒れる海に沈む船を見ています。
 船の運命を歎く娘に、この嵐が自分の魔法によって作られたもので、船に乗っていた乗組員も乗客も、すべて無事にこの島の岸に漂着しているのだ、とプロスペローは説明します。そして島をさまよわせる。なんのために。

 さまよう人々の中で、ナポリ王の息子ファーディナンドとミランダが恋に墜ちてしまったのは演劇ですので当然の流れ(笑)ですが、実はこれは周到に企まれたプロスペローの復讐だったのでした。
 その復讐がなされ、島の不思議なあるじであったプロスペローがその正体を現したとき。

 赦し、というのがこの戯曲の一つのテーマです。
 プロスペローは自分の地位を奪って孤島に流し、12年もの間、娘共々塗炭の苦しみの中に陥れた弟と彼が結託したナポリ王を魔法の力で捕らえて自分の地位を回復したのち、寛大にもすべてを許して島を出ます。

 もう一つのテーマは、もっとおぞましい。
 プロスペローの手によって奴隷とされて自儘にこき使われた精霊、エアリアルとキャリバンの怨嗟の声。
エアリエル ご機嫌よう、ご主人様! お師匠様、はい、ここに、
  ご用は何なりと思し召しのままに。飛ぶ、
  泳ぐ、火にもぐる、渦巻く
  雲に乗る、たっての仰せとあれば
  このエアリエル、力の限り務めます。
          第一幕 第二場 (P28)
Ariel All haile, great Master, graue Sir, haile: I come
  To answer thy best pleasure; be't to fly,
  To swim, to diue into the fire: to ride
  On the curld clowds: to thy strong bidding, taske
  Ariel, and all his Qualitie
                     ACT T. Scene U.
 空気の精エアリエルは、とりあえず媚びを売るような語りをしますが、自分を自由にしてくれないプロスペローに毒づき、恩を忘れたのか、おまえは俺の奴隷でいることが当選なのだ、とプロスペローに言われて渋々命令に従います。
 キャリバンとなると、もっと露骨に反抗します。呼び出されて出てくるや、悪口雑言。
キャリバン 俺のお袋が大鴉の羽根を箒がわりに
  泥沼からかき集めたどす黒い霧が
  お前ら二人に降りかかりゃいい! 南西の風の毒気に当たって
  体じゅう水ぶくれになりやがれ!
          第一幕 第二場 (P38)
Caliban As wicked dewe, as ere my mother brush'd
  With Rauens feather from vnwholesome Fen
  Drop on you both: A Southwest blow on yee,
  And blister you all ore
                     ACT T. Scene U.
 しかしプロスペローの魔法の力に逆らえない。従うしかない。

 この二人の精霊が、プロスペローが寛容の精神を発揮して島から出ていくとき、どんな喝采の声を上げるのか。プロスペローは自分が彼らにどのような屈辱を強いたのか、まったく意識していない。純真で無邪気なミランダに至っては、この精霊たちを単なるものとしか見ていない。
 終幕、彼女は初めて見るたくさんの人々を前にして、叫びます。
ミランダ ああ、不思議!
  こんなにきれいな生きものがこんなにたくさん。
  人間はなんて美しいのだろう。ああ、素晴らしい新世界、
  こういう人たちが住んでいるの!
          第五幕 第一場 (P151)
Miranda O wonder!
  How many goodly creatures are there heere?
  How beauteous mankinde is? O braue new world
  That has such people in't
                     ACT V. Scene T.
 むろん、彼女が美しいといった相手は、仮に彼女が大いなる皮肉で言ったとしても、人間。精霊たちではない。

 ハッピーエンドで終わり、恋に墜ちた男女を囲んで幕を下ろす終幕で、二人の精霊はどんな表情を浮かべるのか。
 演出者の腕の見せどころですね。なんとまあ、面白いものをシェイクスピアは残してくれたのか。  (2014/11/10)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S100-004 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:マクベス シェイクスピア全集3 ISBN978-4-480-03303-1 C0197
原題:Macbeth (1606) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-3 価格:700Yen ページ数:208P 本のサイズ:文庫
初版発行:96/12/5 第12刷:13/9/5 購入:2014/10/17 カバー装画・デザイン:安野光雅
「マクベス」 ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」 ウィリアム・シェイクスピア マクベス、とは実在の人物です。
 Wikiによると、こんなふう。
 マクベタッド・マク・フィンレック(Mac Bethad mac Findlaich, 現代ゲール語:MacBheatha mac Fhionnlaigh, 1005年 - 1057年8月15日)は、スコットランド王(在位 : 1040年 - 1057年)。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲の題名にもなったマクベス(Macbeth)の通称で世界的に知られる。
 実在のスコットランドの王で、18年にわたって王位についていました。
 肖像画は、左図。
 シェイクスピアの戯曲によって、野心によって身を滅ぼされた夫婦の悲劇として歴史に名を残しました。
 なぜシェイクスピアが彼を取り上げたか、というと、むろんイングランドの歴史とシェイクスピア自身の境遇に関係します、多分。つまり、この戯曲作家としてはパトロンである当時の国王ジェームズ1世の祖先を持ち上げるため。ジェームズ1世は、エリザベス女王に王位を譲られるまでスコットランド王ジェームズ6世であり、マクベス王を倒して新しい王朝をたてたマルカム3世の子孫であったのです。
 史実において、マクベスはスコットランド王ダンカン1世を倒して王位に就き、のちに王位を奪われます。このとき何があったのか、をシェイクスピアはある男女の物語として昇華させます。
 男と女の愛、もあったのかもしれない。しかしここで描かれたのは、野心と悪夢に押しつぶされた中年男女。
 マクベスと、マクベス夫人。

 この悲劇は、久しぶりに読みました。なんだか、新鮮。

 始めは、王位を奪う機会と運命を示されても逡巡するマクベスを、夫人が焚きつけます。
マクベス 頼む、やめてくれ。
  男にふさわしいことなら何でもやる。
  それ以上のことをするのは人間以下だ。
マクベス夫人 じゃあ獣だったの、
  この計画を私に打ち明けたのは?
  そこまでできるあなたは男だった。
  あの時以上のあなたになれば、
  もう男の中の男。あの時はまだ時も場所も揃わなかった。
  それを自力で揃えようとなさったあなたなのに、
  両方がひとりで揃った今
  意気地をなくしてしまう。私はお乳を飲ませて子供を育てた。
  だから、この乳を吸う赤ん坊がどんなに可愛いかよく知っています。
  それでも、私の顔に微笑みかけてくるその子の
  柔らかい歯茎から乳首をもぎ取り
  子供の脳味噌を叩き出してみせます。さっきのあなたのように
  いったんやると誓ったなら。
          第一幕 第七場 (P44-45)
MACBETH Prithee, peace!
  I dare do all that may become a man;
  Who dares do more is none.
LADY MACBETH What beast wast then
  That made you break this enterprise to me?
  When you durst do it, then you were a man,
  And, to be more than what you were, you would
  Be so much more the man. Nor time nor place
  Did then adhere, and yet you would make both.
  They have made themselves, and that their fitness now
  Does unmake you. I have given suck and know
  How tender 'tis to love the babe that milks me-
  I would, while it was smiling in my face,
  Have pluck'd my nipple from his boneless gums
  And dash'd the brains out had I so sworn as you
  Have done to this.
         ACT I   SCENE Z
マクベス もう行くのは嫌だ。
  自分が何をしたか、思っただけでぞっとする。
  もう一度見るなんてごめんだ。
マクベス夫人 意気地無し!
  短剣を貸して。眠っている人間、それに死んだ人間だって、
  絵とおなじ。絵に描かれた悪魔を怖がるのは
  子供の目だけです。
         第二幕 第二場 (P56)
MACBETH l go no more.
  I am afraid to think what I have done;
  Look on't again I dare not.
LADY MACBETH. I. Infirm of purpose!
  Give me the daggers. The sleeping and the dead
  Are but as pictures; 'tis the eye of childhood
  That fears a painted devil.
         ACT III  SCENE U

 悪魔の化身のようなマクベス夫人でしたが、しかし事が成った後、心が折れます。
マクベス夫人 まだここに染みが。
医者 しっ! 何か言っておられる。おっしゃることを書きとめておこう。
  記憶の裏付けになる。
マクベス夫人 消えろ、この染み、忌々しい! 消えろったら! ─ひとつ、ふたつ。さあ、いよいよだわ、やるのよ、地獄は暗い。 ─なんです、あなた、いい加減になさい、軍人のくせに、怖いの? ─誰が知ろうと、怖がることないじゃありませんか。私たちの権力には誰も口出しできない。─だけど、思いもよらなかった、あの年寄りの体にあんなにたっぷり血があるなんて。
         第五幕 第一場 (P153)
LADY MACBETH. Yet here's a spot.
DOCTOR. Hark, she speaks! I will set down what comes from her,
  to satisfy my remembrance the more strongly.
LADY MACBETH. Out, damned spot! Out, I say! One- two -why then 'tis time to do't. Hell is murky. Fie, my lord, fie! A soldier, and afeard? What need we fear who knows it, when none can call our power to account? Yet who would have thought the old man to have had so much blood in him?
         ACT V. SCENE I.
 そして、死ぬ。恐怖によってか、心痛によってか、呪いによってか。
 一人残ったマクベスは、最も信頼していた相棒を失って落胆しますが、そのまま運命に流されはせず、戦います。これもまた、悪役らしいところか。
 有名な呪いのシーン、バーナムの森の木が動いても、女から生まれたものではない相手が現れても。
 うむ、お見事。

 悲劇といえば悲劇なのでしょうが、「リチャード二世」の時にもにた屈せず戦う悪いヤツ、という姿は、奇妙に心を躍らされます。
 最後まであきらめちゃいかんよな、と思うは、こう言う本を読んで生まれる正しい感想じゃないはずなんですけどね。(笑)

 そうそう、マクベスの配下にいて、のちに彼を裏切ってマルカムが王位に就く方に廻ったスコットランド貴族マクダフなのですが、取り残されたマクダフ夫人とその息子の最後の会話がコミカルです。残酷な場面に至るはずなのに、奇妙におかしい。
 黙って自分たちをおいてイングランドに逃げた夫を恨むわけではないけれど、忠誠を示すわけじゃない。
 息子に、お父さまは謀反人で逃げちゃったのよ、と乾いた様子でいい、嘘つきの反逆者は縛り首ね、という。
 そこで息子はシニカルに言うのです。忠誠を誓っておいて嘘をつく人が縛り首になるのなら、そいつらは馬鹿だね、と。
 誓ったり嘘ついたりする人は数が多いんだから、みんなで正直な人を縛り首にしちゃえば言いじゃないか、と。
 うお。
 そしてこの息子、母親が泣いていない様子を見てこうもいう。また新しいお父さまを作ればいいんだよね。
 タフだねぇ、この母子。この会話の直後に、マクベスの配下の手によって殺されるのですけど。
 この場面、今回初めてまともに読みました。おお。


 テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクのMacbethより。  (2015/4/18)
ページのトップへ   Ver. 2.23 
管理番号:S100-005 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:角川書店
書名:新訳ヴェニスの商人   ISBN978-4-04-210616-1 C0197
原題:The Merchant of Venice (1594〜1597) 翻訳者:河合祥一郎
角川文庫 13979 シ6-9 価格:400Yen ページ数:156P 本のサイズ:文庫
初版発行:2005/10/25 購入:2009/1/25 表紙イラスト:金子國義
新訳 ヴェニスの商人 このお話は、筋立ては皆知っているでしょうけど、解釈がいろいろありますね。
 一般的には、正直なヴェニスの商人アントーニオが、悪徳ユダヤ人金貸しシャイロックの、法律を巧みに使った陰謀によって危うく殺されそうになるが、親友バサーニオの妻ポーシャの才覚で九死に一生を得る、というのが筋立てですね。

 そして前半には、父親が死んだことでベルモントの女相続人となったポーシャの婿選びの挿話があります。金・銀・鉛の箱を選ばせ、自分の肖像の入った絵が出た者を夫とする、というもの。
 知的で聡明な女であっても、夫を得なければ人としての存在すら否定されるという時代なんですね。

 むろん、シャイロックを忘れてはいけません。彼がなぜあれだけアントーニオの命にこだわったのか。
 ユダヤ人に対する白人種の正当なる優越感。その隙間の中で必死に生きるユダヤ教徒を道ばたで平然と足蹴にして恥じない社会。彼らを「正しい信仰」に導くことが、文字通り神の定めたる正義だった時代。
 シャイロックの生きるよりどころとはなんだったのか。信仰、たった一人の家族である娘、そして集めた金。
 そんな必死で生きるユダヤ人の娘が、キリスト教徒と結婚するために改宗して、父の財産を盗んで駆け落ちしたのでした。しかも、日ごろ顔を合わせれば罵倒し、唾を吐き、棒で殴る「品行正しい友情に厚い正義の人」アントーニオが、無利子で金を貸せ、と要求してきたとしたら。

 正義の結末に至る悲劇は、こうして起きたのでした。
 最後の大団円で、シャイロックには財産の半分を娘に与え、もう半分はアントーニオに与えよ、と言う判決を受けます。しかもアントーニオは心優しくこのユダヤ人に許しを与え、キリスト教に改宗すればその半分は返してやろう、と言う。さすがは正義の人。
 ユダヤ人シャイロックには何が残ったのか。
 ユダヤ教を離れればもはやユダヤ人ではなく、キリスト教に改宗した元ユダヤ教徒は、ユダヤ人からもキリスト教徒からも軽蔑される存在だというのに。これは、ユダヤ人シャイロックという存在の、精神的な抹殺に等しい。

 そういう方向から考えると、男の弁護士に扮したポーシャの大活躍も、ポーシャと彼女の侍女であるネリッサが仕掛けた楽しい悪戯も、理不尽な時代を描いたドラマの場違いなジョークでしかないように見えてしまう。

 古来より、たくさんの解釈がなされ、それに応じていろいろと演出されてきたこの演劇は、結局シェイクスピアにとってなんだったのか。
 巨匠30歳の時に書かれたこの戯曲は、いろいろなものを残していますね。  (09/10/27)

ページのトップへ
  Ver. 2.22 
管理番号:S100-006 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:角川書店
書名:新訳リチャード三世   ISBN978-4-04-210617-3 C0197
原題:The Tragedy of Richard the Third (1623) 翻訳者:河合祥一郎
角川文庫 14741 シ6-10 価格:476Yen ページ数:241P 本のサイズ:文庫
初版発行:2007/6/25 購入:2009/1/25 表紙イラスト:金子國義
新訳リチャード三世 薔薇戦争といわれたイングランド王国の王位継承戦争は、中世百年戦争後に発生したもので、1455年から1458年まで継続しました。そもそも、元々はフランスの大領主であったアンジュー伯が、イングランド王ヘンリー二世(1154年)となってプランタジネット朝を創設したわけですが、その本家が断絶した後、二つの分家が王位を狙って内紛を繰り返したという訳です。
 その始祖となるのは、国王エドワード3世の四男ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントと、五男ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリー。下の絵をクリックすると、系図(英語版)が開きます。
 このヨーク家が白薔薇を紋章としたこと、のちのチューダー朝が赤と白の薔薇組み合わせたものを紋章としたことで、ランカスター家が赤薔薇を紋章としたこととされ、戦争全体が薔薇戦争と呼ばれたそうな。ネーミングの妙ですなぁ。この命名には、シェイクスピアが「ヘンリー六世」で創作した場面も関わっているそうです。
 つまり、ヨーク家の白薔薇はともかく、ランカスター家の赤薔薇は全くのフィクションだそうな。

 薔薇戦争は、ヨーク家のリチャード3世の死によって終息し、その後をチューダー朝の創始者ヘンリー7世が継ぎ、イングランド王位は安泰となったのです。それが、シェイクスピアの生きた時代ですな。
 王家の血筋の正当性という点で見てみると、実はテューダー朝の拠って立つ正当性はちと怪しいのです。血筋的に言うと、ヨーク家のヘンリー5世の王妃であるフランスのヴァロア家のキャサリンが、夫の死後に自分付きの秘書官オウエン・テューダーと通じて出来た子供の中の長男エドマンドの息子が、ヘンリー7世なのです。このオウエンとは、先祖にはウェールズの王家の血もあるようですが、所詮は単なる下級貴族。ランカスター家の一員として戦いの中で処刑されたらしい。
 この孫であるヘンリー・テューダーが、ヨーク家のエドワード4世の娘と結婚して、ランカスターとヨークの両家を結びつけて平和な世界を築いた、というのがいわゆる綺麗事の歴史解釈ですが、これはちょっと強引すぎますよね。
 よそもののテューダー朝がイングランド王家を継ぐにあたり、プランタジネット家が粛正され、歴史に隠されて「清掃」されたのはお約束。
 てな事情があったので、チューダー朝の史家は、この王朝の正当性と前王朝の極悪ぶりを高らかに歌い上げる必要があった訳ですな。ただし、彼らの中でも、ヘンリー5世のようにイングランドの栄光を高めた王たちは持ち上げなければならない。
 そこで、ターゲットにされたのが前王朝最後の王、ヨーク家のリチャード3世。

 この前王朝の中で最も悪いヤツとされて書かれたトンデモ史料をもとに、シェイクスピアはひとりの極悪男を作り上げました。
 それがこの、凛々しい剛毅な武将にして親にも厭われた「せむし」の卑劣漢、平然と人を裏切る孤高の悪党である「リチャード三世」です。彼はこの戯曲の前の時代である「ヘンリー六世」で、ヨーク家の三男坊として兄を助ける騎士、あるいは秘めた野心を押さえがたく陰謀を巡らす闇の男として最も長い台詞を語ります。その強烈な個性を正面に立てたのがこの戯曲。史劇にして悲劇となっています。
 この、主君を殺し、兄を裏切り、女たちを次々と利用しては捨て、幼い甥を暗殺して王位を奪い、配下を操って粛正した希代の悪党は何を考え、何を行い、何によって失敗し、どのような最期を迎えたのか。
 いろいろな意味で、面白い。嘘の歴史とわかればなおさら面白い。天才シェイクスピアの手になる名ゼリフも目白押し。

 出だしから、ランカスター家のヘンリー6世の長男の妻であったアン・ネヴィルが、泣き叫んで夫の死を悼んでいるさなかに、夫とその父を殺した(とされる)リチャード(当時まだグロスター公)に口説かれるというところ。穢らわしい悪魔、お前をこの手で殺してやりたい、と罵るアンが、リチャードの話術によって見事にたらし込まれていくこの場面は、一流の役者じゃないと演じきれないでしょうなぁ。
グロスター公 あなたの美しさなのだ、手を出させた黒幕は。
    あなたの美しさが、寝ても覚めても私を悩ませ、
    世界中の男を殺してもいいと思わせたのだ、
    あなたの素敵な胸にほんの一時でも抱かれうるなら。
アン そんなことがあるものか、人殺し、万一そうなら、
    この爪でこの頬から美しさを引き裂いてみせる。
GLOSTER Your beauty was the cause of that effect;
   Your beauty, that did haunt me in my sleep
   To undertake the death of all the world,
   So I might live one hour in your sweet bosom.
ANNE If I thought that, I tell thee, homicide,
   These nails should rend that beauty from my cheeks.

 そして陰謀を巡らし、裏切り、悪に徹して戦う男の姿。
リチャード王 行け、紳士諸君。それぞれ持ち場につけ!
    訳のわからぬ夢に魂を怯えさせまい。
    良心とは、臆病者のが使う言葉にすぎぬ。
    力あるものをおとなしくさせるために考え出されたものだ。
    強力な武器こそ良心、剣こそ法律だ!
    進軍だ! 勇敢に続け! 当たるを幸い、なぎ倒せ!
    天国行きがだめならば、手に手をとって地獄へ行こうぞ!
KING RICHARD Go, gentlemen, every man unto his charge:
   Let not our babbling dreams affright our souls;
   Conscience is but a word that cowards use,
   Devis'd at first to keep the strong in awe:
   Our strong arms be our conscience, swords our law.
   March on, join bravely, let us to't pell-mell;
   If not to heaven, then hand in hand to hell.--

 最期の、最も有名な言葉。
リチャード王 馬だ! 馬だ! 王国をくれてやるから馬をよこせ!
ケイツビー おひきください、陛下。馬は私が用意します。
リチャード王 馬鹿野郎! この命、投げた賽に賭けたのだ。
    死の目が出ようと、後には引かぬ。
    戦場にはリッチモンドが6人いるらしい。
    5人まで殺したが、あいつではなかった。
    馬だ! 馬だ! 王国をくれてやるから馬をよこせ!
KING RICHARD A horse! a horse! my kingdom for a horse!
CATESBY Withdraw, my lord! I'll help you to a horse.
KING RICHARD Slave, I have set my life upon a cast,
   And I will stand the hazard of the die:
   I think there be six Richmonds in the field:
   Five have I slain to-day instead of him.--
   A horse! a horse! my kingdom for a horse!

 翻訳文ですが、原文の「die」には「死」と「サイコロ」の両方の意味が掛けてあります。翻訳はこれをもとにひねったもの。見事です。
 ここでリチャードが馬を要求するのは、卑怯にも逃げようという意図ではありません。
 形勢不利な中で、リッチモンド伯すなわちヘンリー・チューダーさえ倒せば形勢は逆転すると的確に判断し、先頭に立って乾坤一擲の勝負に出た武人そのもの。この叫びの後、乱戦の中に飛び込んで戦死したという。
 格好いいじゃありませんか。戦場の外では卑劣漢であったが、戦場では果断な戦士だった強くて悪いヤツの、壮烈な最期です。

 こんな史劇を、日本語の名訳でじっくり味わってみるというのも、面白いですよ。  (09/3/26)
ページのトップへ   Ver. 3.01 
管理番号:S100-007 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:ジュリアス・シーザー シェイクスピア全集25 ISBN978-4-480-04525-6 C0197
原題:Julius Caesar (1599) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-25 価格:820Yen ページ数:224P 本のサイズ:文庫
初版発行:2014/7/10 購入:2015/1/2 カバー装画・デザイン:安野光雅
「ジュリアス・シーザー」 ウィリアム・シェイクスピア 「ブルータス、お前もか」 で有名なシェイクスピアの演劇です。
 出だしで断っていますが、人物名などの固有名詞は、日本で一般的に使われるラテン語読みではなく、シェイクスピアの時代の英語読みを使っています。その読み方に意味を持たせるような演劇的な手法もありますので、ここはその英語読みが正しいのでしょうね。
 マルクス・アントニウスがマーク・アントニー、時によってはアントーニオになるのも、当時の時代背景で考える必要がありそうです。
 とはいえ、小カトー(マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス)の息子をケイトーと呼ばれると、ちょっと困ります。でもしかたないよね。

 内容について、特に目新しいところはないとは思ったのですが、歴史的、技術的な背景について前より知識が増えた状態で読み直すと、また違った味わいがあります。
 清廉潔白であること以外に取り柄がなかったようなブルータスが、シーザー暗殺の名目的な主役となって凶行の先頭に立ち、ローマ市民の怒りをかって敗死するまでがこの物語の主題であり、そこの流れに関して思うことは変わらないのですが、この事件を歴史ドラマとしてシェイクスピアが切り取ったその手腕は見事です。
 この時代、つまりこの戯曲が書かれた時代は1599年頃。エリザベス女王の治世(1558-1603)の末期。社会的に何かを隠喩するものであったのかもしれませんが、よくわからないので想像するだけに。まァたかが戯曲作家であったシェイクスピアですから、社会はともかく女王の統治に関して批判めいたことを書いたとは思えませんしね。

 出だしから気づくのは、この戯曲の流れから来る微妙な違和感でした。
 第一幕の第一場でシーザーの凱旋を祝おうとしている庶民に悪態をつく護民官たちの姿をまず描写し、第二場で傲慢なシーザーと彼に盲従するアントニーを描きます。ここで現代の人であれば、シーザーを唾棄すべき自由を抑圧する独裁者とみるはず。
 暗殺されて当然、快哉を叫ぶ気にはなれないがそれもありだろうと考える程度に。
 しかしエリザベス女王の治世下のあの時代、世界とはそういうものではなかったのか。女王の目差しひとつで廷臣は跳びあがり、笑い、泣き叫んだはず。であれば、ブルータスとはなんなのか。
 守旧派? 反体制派? 正義の志士? アナクロな理想主義者?
 第二幕の後半では、シーザーに反発するキャシアスがブルータスを取り込もうと、英雄として讃えられているシーザーをこき下ろし、人間の屑のように描写します。これは戯曲的に共感を得られるものなのか、馬鹿な道化でしかないのかは、演出次第なのでしょう。これを読んだ時点で鐵太郎としては、どう解釈すべきなのかわかりません。さらに第三場でもこれが続きます。
 つまりシーザーは倒すべき悪なのか、小人の嫉妬を歯牙にもかけない果断な為政者なのか。シェイクスピアはどう理解しているのでしょうか。

 ブルータスがながい逡巡の末に暗殺団に入る決心をするのが第二幕はじめ。第三幕で暗殺。
 ちなみにここで、シーザーが我が身の尊さをたとえてこんな事をいいます。
シーザー 私がお前達なみの人間であれば易々と動かされるだろう。
  人を動かすために懇願という手を使うものなら、懇願によって動きもしよう。
  だが私は北極星のように微動だにしない。
  一点に留まる永続性にかけては
  天空にあるどの星も比べものにならない。
                 (第三幕第一場  P94-95)
CAESAR. I could be well moved, if I were as you;
  If I could pray to move, prayers would move me;
  But I am constant as the northern star,
  Of whose true-fix'd and resting quality
  There is no fellow in the firmament
         ACT V. SCENE I.
 あは。
 シェイクスピアの時代から現代ならその言葉は使えるんですがね、現在北極星と呼ばれているこぐま座α星は、二千年前には天の北極から目に見えて離れており、ユリウス・カエサルの時代には北極星と呼べる不動の比較的明るい星は存在しなかったのです。
 アシモフがそんなことを指摘していましたっけ。
 ま、このくらいは科学的なことですから愛敬ですが。(笑)
 ネタ的にはもう一つ、同じ第一場の終わり頃、シーザーの側近マーク・アントニーが殺されたシーザーに取りすがって言う台詞があります。こっちは歴史的な問題。
アントニー ・・・
  許してくれ、ジュリアス! 雄々しい雄鹿よ、あなたはここに追いつめられた。
  ここで倒れた。あなたを仕留めた狩人はここに立ち、
  殺戮のしるしを浴び、死の川の深紅に染まっている。
                 (第三幕第一場  P104)
ANTONY.・・・
  Pardon me, Julius! Here wast thou bay'd, brave hart,
  Here didst thou fall, and here thy hunters stand,
  Sign'd in thy spoil, and crimson'd in thy Lethe.
         ACT V. SCENE I.
 おいおい、ジュリアス・シーザーというならともかく、あの人の名前、ラテン名ガイウス・ユリウス・カエサルのユリウスとは、本家の家名ですよ。名門ユリウス一族の、個人名がガイウスで、自分の姓がカエサル。ハリウッドのスペクタクル映画ならともかく、今に至るまでの間に、ローマ大好きだった英国紳士は誰も指摘しなかったのかな。

 さて、暗殺は有名なシーザーの言葉、「お前もか、ブルータス? Et tu, Brute? 」 で最初のクライマックスを迎えます。
 この言葉は、ラテン語。英語国民であるイングランドの人々も、ラテン語は憧れの言葉であり、この言葉はある程度知られていたそうです。そのため、まったく説明もいらずこの言葉をシェイクスピアは使い、観客は納得したらしい。
 Et とは、英語でいうと and のこと。tu とは、英語の you、おまえ。つまりシーザーは「お前もか」ではなく正確には 「そしてお前も」 と言ったのですね。これも、アシモフの書いたもので知った知識ですが。
 ところが残念、この時代の史料を当たると、カエサルはラテン語ではなくギリシャ語でこの言葉を言ったらしい。当時のイングランド人にとってラテン語が洒落た教養ある言葉だったように、古代のローマ人はギリシャ語こそが洒落た教養ある言葉だったのです。
 面白いね。

 次のクライマックスは、アントニーの演説。
 それに先だつブルータスの演説が、理にかなってはいたものの民衆の心には響かず、アントニーの言葉は人々の心を撃ち抜いたのでした。これを、シェイクスピアはどのように綴ったのか。

ブルータス 最後まで落ち着いて聞いてほしい。
 ローマ人よ、同胞諸君、親愛なる友人たち、私の大義のためだ、聞いてくれ。静粛に、そうすれば私の声が聞こえる。私の名誉のためだ、信じてくれ。私を名誉を重んずる男と思ってくれ、そうすれば私を信じられる。諸君の分別によって判断し、諸君の英知を目覚めさせてくれ、そうすれば私をより的確に判断できる。今この場にシーザーの親友がいるなら、私はその人に言おう。ブルータスのシーザーへの愛は、その人にひけを取らないと。 
           (第三幕第二場  P112-113)
BRUTUS. Be patient till the last.
  Romans, countrymen, and lovers! Hear me for my cause, and be
  silent, that you may hear. Believe me for mine honor, and
  have respect to mine honor, that you may believe. Censure me in
  your wisdom, and awake your senses, that you may the better judge.
  If there be any in this assembly, any dear friend of Caesar's,
  to him I say that Brutus' love to Caesar was no less than his.
         ACT V. SCENE U.
 聞きなさい、とまず言います。そして正義である自分を信じよという。君たちの頭を使って私の行為を理解しろ、と、散文でいいます。
 優れた知性と高い理想を持ったブルータスは、自分の正しい正義は万人の求めるものであると確信し、一点の疑問もない。

 これに対し、アントニーは演説する機会を与えてくれたとブルータスに謝し、こういう。
アントニー 友よ、ローマ人よ、同胞諸君、耳を貸してくれ! 
  私が来たのはシーザーを葬るためだ、褒め称えるためではない。
  悪事は犯した人間の死後も生き残り、
  善行は往々にして骨とともに埋葬される。
  シーザーにもそうなってもらおう。高潔なブルータスは
  シーザーが野心を抱いたと言う。
  もしそうなら嘆かわしい罪だ、そして
  嘆かわしくもシーザーはその報いを受けた。
           (第三幕第二場  P112-113)
ANTONY. Friends, Romans, countrymen, lend me your ears!
  I come to bury Caesar, not to praise him.
  The evil that men do lives after them,
  The good is oft interred with their bones;
  So let it be with Caesar. The noble Brutus
  Hath told you Caesar was ambitious;
  If it were so, it was a grievous fault,
  And grievously hath Caesar answer'd it.
         ACT V. SCENE U.
 みんな、耳を貸してくれ、と人々に訴えます。上から目線でなく、仲間として。
 シーザーが悪い事をしたのなら、高潔なブルータスがそう言うのなら、そうなのだろう。
 けれど考えてもみてくれ、シーザーはあんなに名誉ある、優しい、素晴らしい人だったじゃないか、とアントニーは説く。
 リズムのある韻文で。
 アントニーは、自分を信じろとは言わない。
 みんな、シーザーに恩を受けたよね、とくり返す。
 でも、高潔なブルータスがシーザーを悪人というのなら、そうなんだろうね、とこれもくり返す。
 それでもみんな、シーザーはいい人だったよね。
 そしてあの高潔な人たちは、たくさん集まって、よってたかってあの愛すべきシーザーをめった刺しにしたんだよ。
 でも、高潔なブルータスがシーザーを悪人というのなら、そうなんだろうね、きっと。
 しかもその上、シーザーは遺書で、君たちローマ人みんなにその財産を分け与えると書いたんだよ。
 それでもあの高潔なブルータスが言うように、シーザーは悪い奴だったんだろうか。本当だろうか。
 心で考えてくれ、みんな。

 見事です。声に出してみると、ますますそのレトリックの素晴らしさが見えてきます。
 シェイクスピアの時代、この元となる文章がいくつもあったのだと思います。とはいえこれを昇華させ、戯曲の中で見事にまとめた文豪のペンの冴えに乾杯。

 後半、シーザーによって後継者に指名された若者オクテヴィアス(ガイウス・オクタウィウス・トゥリヌス Gaius Octavius Thurinus)を味方につけたアントニーの戦いは、ブルータスらの死によって終わります。この中でのドラマも多種多様。
 味わいがありますね、この史劇。

 英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクのJulius Caesarより。  (2015/6/12)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S100-008 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:リチャード二世 シェイクスピア全集26 ISBN978-4-480-04526-3 C0197
原題:King Richard II (1596) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-26 価格:840Yen ページ数:240P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/3/10 購入:2015/10/16 カバー装画・デザイン:安野光雅
「リチャード二世」 ウィリアム・シェイクスピア リチャード二世とは、イングランド王。その名も高き騎士道の花、国王エドワード三世の嫡男である黒太子エドワードの長子。名君の誉れ高き祖父、若くして亡くなった勇名高き父の名により、正当な血を引くプランタジネット朝の王として期待されて王位に就きます。
 少なくともそうであったはず。
イングランド王 リチャード二世 しかしこの王は、周囲が期待する人物ではなかったらしい。
 幼いうち、年長の親族に国政を壟断されたのは仕方ないとしても、成年になったのち、さまざまな無定見の施策で臣下の信頼を裏切り、ついに従兄弟、すなわち父エドワード黒太子の弟ジョン・オブ・ゴーントの息子ヘンリー・ボリングブロックによって王座を奪われます。
 生没年は、1367/1/6-1400/2/14。イングランド王としての在位期間は、1377/6/22-1399/9/29。
 すなわち、10歳より22年王位について、王座を追われた後、半年で歿したということ。その死には、餓死させられたという説さえあるそうな。
 この帝王たり得なかった王の末路を描いたのがこの史劇。

 出だしは、ボリングブロック城で生まれたことでヘンリー・ボリングブロックと呼ばれた青年が、王リチャードの前でモーブレーという貴族と口論するシーンから始まります。互いに相手の不実を責め、決闘に及ぼうとします。一度は仲裁に入ろうとした王ですが、二人の命をかけた馬上槍試合を認める事に。
 しかし試合当日、王は試合を禁じ、二人をイングランドから追放すると宣言します。モーブレーは永遠に、ボリングブロックは10年間。
 この王の中途半端な処遇に、不満が重なるランカスター公ジョン・オブ・ゴーント。彼はこの王の国政をないがしろにして奢侈、放埒な生活を楽しみ、自儘に王権をふるう様子が我慢ならない。偉大な兄の息子であるにもかかわらず、このていたらくはどうしたことか。
 彼は死の病の床の中で、見舞に来た王に説き聞かせようとし、そのまま口論になります。
ゴーント ・・・
 なあ、甥よ、お前が世界の支配者だったとしても、
 この国土を賃貸しするのは恥だろう、
 いわんやお前の全領土はこの国だけだというのに、
 それをこうまで辱めるのは恥の上塗りだ。
 お前はイングランドの地主だ、王ではない。
 法律上お前の身分は法に縛られた一介の奴隷にすぎない、
 しかもお前は──
 頭の中身まで痩せ細った気違いだ、馬鹿だ、
 (おこり)()の熱に浮かされているのをいいことに!
 寒気のする説教を偉そうに垂れて
 余の顔を蒼ざめさせ、王たる者の高貴な血を
 怒りのあまりこの頬から引かせようというのか?
 いいか、正当な王座の権威にかけて
 お前が偉大なエドワード三世王の息子の弟でなければ、
 お前の頭におさまり無礼なことをまくしたてるその舌を
 その不埒な肩から頭ごと切り落としているところだ。
           (第三幕第二場  P112-113)
GAUNT. ・・・
    Why, cousin, wert thou regent of the world,
    It were a shame to let this land by lease;
    But for thy world enjoying but this land,
    Is it not more than shame to shame it so?
    Landlord of England art thou now, not King.
    Thy state of law is bondslave to the law;
    And thou-
KING RICHARD. A lunatic lean-witted fool,
    Presuming on an ague's privilege,
    Darest with thy frozen admonition
    Make pale our cheek, chasing the royal blood
    With fury from his native residence.
    Now by my seat's right royal majesty,
    Wert thou not brother to great Edward's son,
    This tongue that runs so roundly in thy head
    Should run thy head from thy unreverent shoulders..
         ACT 2 SCENE 1.
 ゴーントの館を出るとき、吐きすてるようにこの叔父が死んだらすべての財産を没収しろと命ずる王を絶望的な気分でなだめるのは、もう一人の叔父、ヨーク公エドマンド・ラングレー。のちに彼の子孫ヨーク家は、ジョンの子孫ランカスター家と薔薇戦争を起こすことになりますが、この史劇の中では王につきそう叔父として登場し、やがて離反する立場。

 追放されたヘンリー・ボリングブロックを中心に反乱軍が起こり、たちまちのうちに王リチャードは権力の座を追われ、宮廷を追われ、やがて王位を失う。
 この転落の人生の中で、彼は絶望し、恨み、呪詛の言葉をまき散らします。やがて王としての高貴な魂を取り戻して自責の念を訴えますが、時すでに遅し。彼は自らが修復を命じたウェストミンスター大会堂で正式に退位させられます。
 ボンフレット城の牢獄に幽閉されたリチャードは、新王ヘンリーの意を汲んだつもりのエクストン、サー・ピアース・エクストンによって刺殺されます。はたしてこれは本当に新王の意志だったのか。

 廃王リチャードと新王ヘンリー四世は、どちらもこのとき33歳。同じ年齢の男たちによる世代交代は、放埒な王を駆逐してイングランドを安定させた歴史を作りますが、それは王の家系の者が王位を奪い取る前例を作ったことになります。のちのイングランドにおける薔薇戦争の悲劇は、ここに発端があるといっていい。
 いろいろな意味で、演じ方によってさまざまな味が出せる史劇ですね。 

 英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクのKing Richard IIより。  (2016/4/12)  
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S100-009 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:ヴェローナの二紳士 シェイクスピア全集27 ISBN978-4-480-04527-0 C0197
原題:The Two Gentlemen of Verona (1594) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-27 価格:700Yen ページ数:192P 本のサイズ:文庫
初版発行:2015/8/10 購入:2015/12/4 カバー装画・デザイン:安野光雅
「ヴェローナの二紳士」 ウィリアム・シェイクスピア ヴェローナとは、イタリア北部の都市の名前。ヴェネツィアの西、100kmほどのところにあります。
 ですがむろん、その土地の名前はほとんど意味はない。シェイクスピアがちょっと洒落た舞台として、イングランドからはるか遠いその土地を舞台として選んだだけ   だと思う。

 登場するのは、題名通り二人の紳士、ヴァレンタインとプローティアス。
 注釈によると、ヴァレンタインとは「恋人」を連想させる名前なのだそうな。聖ヴァレンタインの日というと日本では、チョコレート会社の勝負の日(笑)ですが、そもそもは恋人に贈りものをする日。
 他方、プローティアスは心変わりや変節を暗示する名前。ギリシャ神話のプロテウス(Proteus)とは、自在に姿を変える海の神であるから。

 とはいえ、冒頭で恋に墜ちているのはプローティアスの方。ヴェローナの貴族の娘ジュリアに熱烈に恋をしています。が、ジュリアの方は恋に恋する乙女。次女のルーセッタに何を言われても素直になれず、プローティアスの恋文も破ってしまう。要するに子供っぽいツンデレですな。
 これに対し、父の命令に従ってミラノに向かうヴァレンタインは、恋よりも名声を求める若者。しかし彼は、ミラノでシルヴィアという娘に恋をしたのでした。なんと安直な。
 プローティアスがこれまた父の命令でミラノに発ちます。恋人同士となったジュリアとの別れの場面が、なんとも甘ったるい。
 このジュリアが、恋人に会いたくて男装してミラノに来てしまい、彼女と知らずにプローティアスはセバスチャンと名乗る青年を従者として雇います。そして 「彼」 に、恋するシルヴィアへ愛のしるしを渡すように命じたのでした。そのしるしとは、かつてジュリアが彼と交換した指輪。なんとまぁ。

 このあとのどんでん返しと言うよりドタバタ劇は、要するに二人の紳士の愚かさと友情の復活を謳い上げたもの。恋人である女性たちにとってはとんでもない展開となります。
 お話として、丁々発止の会話のやりとりや駄洒落の応酬は素敵なのですが、恋人を強姦しようとした親友を許すどころか、じゃあくれてやると言わんばかりの言葉があったりしてなんとも納得いかない。
 そのほかにも突っ込みどころ満載。うーん、名作と言えるのかな。
 うまい役者がよい演出家の手で組み上げればよい演劇になるのかもしれませんが、どうもな。

 英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクのThe Two Gentlemen of Veronaより。  (2016/6/14)
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S100-010 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:十二夜 シェイクスピア全集6 ISBN978-4-480-03306-8 C0197
原題:Twelfth Night, or What You Will (1601) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-8 価格:700Yen ページ数:208P 本のサイズ:文庫
初版発行:98/9/24 第11刷:15/7/5 購入:2016/1/30 カバー装画・デザイン:安野光雅
「十二夜」 ウィリアム・シェイクスピア 舞台はイリリア、つまりイタリアからアドリア海を経た反対側の、現在のバルカン半島西岸、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、アルバニアのあたり。ただしこの時代、イリリアとは現実にない空想の国として認識されていたらしい。

 そんなお伽の国のような世界にまず現れたのは、イリリアの公爵オーシーノ。彼は伯爵家の女主人、つまり夫のいない女伯爵(Countess)()であるオリヴィアに恋をしていることを告げます。
 このオリヴィアを伯爵の娘としているWikipediaiは間違いだよね。銀英伝のマグダレーナ・フォン・ヴェストパーレ男爵夫人と同じ社会的地位なんだけど、これじゃ例にならないか。(笑)

 そこへ、双子の兄を海で失ったと絶望するヴァイオラが現れ、女であることを隠してシザーリオという男の名前で公爵に仕えることになります。彼女(?)が公爵の使者としてオリヴィアの元に行くと、なんとオリヴィアはこの端整な若者に恋をしてしまう。困惑するシザーリオことヴァイオラは、実はオーシーノ公爵に恋をしている、ときたもんだ。
 すったもんだの中に、死んだと思ったヴァイオラの兄セバスチャンが現れ、さらにてんやわんや。
 むろんお約束ですが、兄と妹の双子はつまり二卵性双生児なのですけれど、外観はそっくりという事になっています。男装したヴァイオラと男の姿のセバスチャンは、誰が見てもうり二つなのです。
 その結末は、というといかにも十二夜を締めくくる喜劇、二つの愛しあうカップルができて終幕。めでたしめでたし。
 哀しみと喜びがめくるめく絡み合い、クリスマスシーズンの終わりを示す十二夜の祭りの一コマとなります...が、この芝居では十二夜という言葉はいっさい出ません。なるほどね。

 まァ一人だけ、不幸というか笑いものにされる人物がいます。そうでなくっちゃ面白くない、のかな。
 女伯爵の執事であるマルヴォーリオは、くそ真面目で謹厳実直、清廉潔白、しかも口やかましい。彼をからかって馬鹿にしようという面々にさんざんにコケにされます。
 そのあげく、騙されて女主人にふざける始末。
オリヴィア  ・・・どこなの、マルヴォーリオは?
マライア こちらに参ります、お嬢様、でも様子がおかしいんです。きっと悪魔に取り憑かれたんですわ。
オリヴィア まあ、どうしたの? 何かわめいてるの?
マライア いいえ、お嬢様、ただニタニタ笑うだけ。あの人が参りましたら、ご身辺に護衛をおつけになった方がようございます。気が変になったとしか思えませんもの。
オリヴィア すぐここへ呼んで。(マライア退場) 気が変なのは私も同じ、違うとしたら浮かれるか沈むだけ。
    (マルヴォーリオ登場)
  どうしたの、マルヴォーリオ?
マルヴォーリオ 可愛いお嬢様、ホッ、ホッ!
オリヴィア 笑っているの? お前を呼んだのは、真面目な話があるからなのよ。
マルヴォーリオ 真面目な話ですか、お嬢様? 真面目、いいでしょう。しかしこいつは血液の循環を阻害しますな、この十文字に絞めた靴下留め。なあに、それがどうした。一人の目を楽しませるなら、私は満足。歌の文句じゃありませんが、「お前一人が楽しけりゃ、世の中の人みな楽し」。
オリヴィア まあ、どうしたの、お前? 大丈夫?
       (第三幕 第四場  P111)
OLIVIA.  ・・・Where is Malvolio?
MARIA. He's coming, madam:
  But in very strange manner. He is sure possessed.
OLIVIA. Why, what's the matter? does he rave?
MARIA. No, madam, he does nothing but smile: your ladyship were best to have some guard about you if he come;
  For, sure, the man is tainted in his wits.
OLIVIA. Go call him hither.?I'm as mad as he,
  If sad and merry madness equal be.?
    [Enter MALVOLIO.]
  How now, Malvolio?
MALVOLIO. Sweet lady, ho, ho.
    [Smiles fantastically.]
OLIVIA. Smil'st thou?
  I sent for thee upon a sad occasion.
MALVOLIO. Sad, lady? I could be sad: this does make some obstruction in the blood, this cross-gartering. But what of that? If it please the eye of one, it is with me as the very true sonnet is: 'Please one and please all.'
OLIVIA. Why, how dost thou, man? what is the matter with thee?
         ACT III. SCENE W
 正直言ってここまで馬鹿にされるのはどうなのかなと思いますが、これもまたシェイクスピア演劇。
 ところで、靴下留めを十字に縛ると血管が詰まるんですかね。どうもイメージが湧かない。

 ま、面倒なことを考えず楽しめば良いんですよね、この物語を。  (2016/8/18)

 英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクのTwelfth Night, or What You Willより。
ページのトップへ   Ver. 3.02 
管理番号:S100-011 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:尺には尺を シェイクスピア全集28 ISBN978-4-480-04528-7 C0197
原題:Measure for Measure (1604) 翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-28 価格:820Yen ページ数:224P 本のサイズ:文庫
初版発行:2016/4/10 購入:2016/5/13 カバー装画・デザイン:安野光雅
「尺には尺を」 ウィリアム・シェイクスピア なんとも奇妙な読後感の喜劇でした。四組のカップルが結婚して終わるのですが、誰得、としか言いようのない結末。
 出だし、ウィーンの公爵がアンジェロという若い貴族に後を任せてポーランドに旅立つ場面から。
 当時、ウィーンという町は公爵が統治する町だったのかとか、大きな都市国家の統治権を親族や重臣にゆだねるのではなく側近のものに任せることは妥当なのかとか、そういうことは考えちゃいけない。

 さて、後を任されたアンジェロは、謹厳実直の評判を取った石部金吉くん。(例が古いか?w)
 この男なら緩みきったウィーンを叩き直してくれるにちがいない、と公爵は考えたのでした。それと同時に、ゆったりした統治をしていた自分ではこの改革はできないし、すれば憎まれるにちがいないから、その憎まれ役までこいつにやってもらおうと企んでいます。旅に出るといいながら、フードを目深にかぶって修道僧として町をうろつくことに。
 卑怯な人だな。(笑)

 さて、街を騒がしているのはクローディオという紳士の逮捕。彼は、なんと婚約者のジュリエットを孕ませてしまったのです。当時のウィーンはどうかわかりませんが(笑)、イングランドにあっては重罪。告発されては法律上、死刑はまぬがれない。通常は、なんとかして穏便にすまそうという顔役たちが走り回ってまるく納めるのですが、なにしろ張り切りもののアンジェロがいてはそうはいかない。
 クローディオは友人のルーチオに公爵への取りなしを頼むのですが、公爵の居所がさっぱりわからないときてます。

 クローディオには、妹がいます。イザベラという名で、修道院へ入って尼になることを望む敬虔な娘。彼女がこの兄のことを聞き、アンジェロの所に助命の嘆願をしに行ったのですが、ここでありゃりゃ。
アンジェロ  そう、彼の罪は明らかに法を免れず、
  死刑になるしかない。
イザベラ 確かに。
アンジェロ 兄上の命を助ける道がほかにないとすれば
  どのみち私は助命を認めるわけではないが──
  もっとも、これが問題外だというなら別だが、あなたを、
  彼の妹であるあなたを、あるものが欲しがっているとする、
  そのものは裁判官に圧力をかけ、あるいは高い地位を利用して、
  すべてを縛る手枷足枷(てかせあしかせ)()から
  兄上を解き放てるとする。そして兄上を救う道は
  この世に一つしかない、つまり
  そのものにあなたの体の宝を差し出すか、
  さもなければ兄はこのまま死ぬしかないとする。
  となれば、どうする?
       (第二幕 第四場  P81)
ANGELO. And his offence is so, as it appears,
  Accountant to the law upon that pain.
ISABELLA. True.
ANGELO. Admit no other way to save his life,
  As I subscribe not that, nor any other,
  But, in the loss of question, that you, his sister,
  Finding yourself desir'd of such a person
  Whose credit with the judge, or own great place,
  Could fetch your brother from the manacles
  Of the all-binding law; and that there were
  No earthly mean to save him but that either
  You must lay down the treasures of your body
  To this supposed, or else to let him suffer-
  What would you do?
         ACT U. SCENE W
 つまり、兄を救ってやるからオレのものになれ、という訳。妾になれ、といわないのは一応キリスト教の縛りがあるからでしょうけど、謹厳実直なこの人が、なんともはや。
 断固として拒否し、これを世間に広めてやるというイザベラに、自分のような地位にあるものに逆らうのかとすごむアンジェロ。

 修道服姿の公爵はこれを聞いて心を痛めます...といえばいい話になるんだけど、この公爵そんなに正義の人じゃない。(笑)
 たまたま出会ったルーチオに事の次第を説明されますが、このルーチオの無節操な様子や、公爵を始めとするその場にいない人の出鱈目な悪口を聞かされてうんざり。
 さらに、アンジェロの婚約者であるマリアナにも僧服姿でそっと近づいてなにやら。

 イザベラの拒絶にますます頑なになったアンジェロは、クローディオの死刑執行は絶対であると命令を下します。修道僧の姿のままの公爵は、これにどう対応するのか。なんと9年間も放置しておいた死刑囚バーナディンをクローディオの代役にしてしまおうと考えますが、果たしてうまく行くのか。
 どうしてもイザベラをものにしたいアンジェロへの秘密作戦は、どんな顛末になるのか。

 真っ白なひとなんていないんだよ、一皮むけばみんなこんなもんさ、といわんばかりの顛末の末に、仰々しくウィーンに帰還した公爵の裁定はどうなったか。

公爵  法にも慈悲があるなら、その口から
  声を大にしてこう叫ばざるを得まい。
  「クローディオにはアンジェロを、死には死を
  早急には早急を、猶予には猶予を、
  類には類を、尺には尺をもって報いるのだ」
       (第五幕第一場  P189)
DUKE. The very mercy of the law cries out
  Most audible, even from his proper tongue,
  'An Angelo for Claudio, death for death!'
  Haste still pays haste, and leisure answers leisure;
  Like doth quit like, and Measure still for Measure.
         ACT X. SCENE T.
 四つのカップルが誕生します。結婚に至ったものも。
 下劣な下心をあらわにしたアンジェロと、婚約者を騙したマリアナ。
 首を刎ねられたはずのクローディオと、不義の子を孕んでいるジュリエット。
 陰で出鱈目の悪口を平気で言うルーチオと、かつて彼に玩ばれた娼婦。
 勝手気ままな裁定を行った公爵と、アンジェロに身を任せたはずのイザベラ。

 これでいったい誰が得をしたのか、というと、とりあえず公爵。もしかしたら一人だけかも。
 公爵以外、みな不名誉な姿となっています。ルーチオなど、娼婦の夫という最低の地位に引き下げられ、死んだ方がましという状態。一方的に結婚を宣言されたイザベラは、答えのセリフさえない。演出によっては、そっぽを向いて拒否する芝居もあるのだそうな。
 なんだろうね、これ。演出家の腕次第なのかな。

 英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクのMeasure for Measureより。  (2016/6/24)
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:S100-012 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:ヘンリー六世 (全三部) シェイクスピア全集19 ISBN978-4-480-03319-2 C0197
原題:Henry the Sixth, Part 1(1588-90),
   Part 2(1590-91), Part 3(1590) 
翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-19 価格:1800Yen ページ数:684P 本のサイズ:文庫
初版発行:09/10/10 第3刷:15/2/5 購入:2016/7/2 カバー装画・デザイン:安野光雅
「ヘンリー六世 (全三部)」 ウィリアム・シェイクスピア 名高いヘンリー五世がわずか34歳という若さで病死したのち、そのあとを継いだのは満1歳にも満たないその嫡子。さらに2ヶ月後の10月、母方の祖父であるシャルル6世の死により、父ヘンリー五世の戦いの結果として結ばれた条約にしたがって幼児はフランス王位も手にしたのでした。むろん統治する為政者としては若すぎる。
 フランスは摂政となった叔父のベッドフォード公ジョンが統治にあたり、イングランドは別な叔父グロスター公ハンフリーが護国卿として摂政を代行します。この体制はヘンリー六世が1429年の8歳の誕生日に正式に王位についても変わりません。
 フランスではヴァロア朝が息を吹き返し、ジャンヌ・ダルクの活躍などによってフランス王位をイングランドより奪い返し、事実上イングランドは大陸から撤退。百年戦争が終結することになったのですが、問題はそのあと。
 ベッドフォード公が1435年に死んだのちイングランド王家は内紛の中で右往左往しますが、柱となるべき成長したヘンリー六世が芸術家肌、聖人肌の人。この争乱を沈める器量がない。
 かくして、ヘンリー六世のランカスター家と、四代前に遡って同じくエドワード三世の息子によって創設されたヨーク家の確執がはじまり、薔薇戦争が勃発。この戦いは、王としては凡庸なヘンリー六世が死に、ヨーク家のエドワード四世のイングランド王となり、ひとつの決着がつきます。
 シェイクスピアのこの戯曲は、この凡庸な王の姿を三つの連続する史劇として描き出しているのですが、驚くべきことにこれは彼の処女作なのだそうな。恐るべし、というべきか。

 第一部は、ヘンリー五世の葬列の場面で悲嘆に暮れる諸将がフランスからの凶報に愕然とする場面から始まります。史実そのままではありませんが、フランス国土の北半分近くを制圧していたイングランドが、フランスの将兵に駆逐されます。
 これが、イングランドとフランスが国家として決定的に決裂した百年戦争の終わり。
 イングランド軍に包囲されたオルレアンの町の前に現れたフランス王太子シャルルは、ここでジャンヌと名乗る乙女と出会います。シェイクスピアの生きた16世紀末のイングランドで、ジャンヌ・ダルクがどういう目で見られたのかを知ることができるのが面白い。
ヨーク 連れて行け、こいつは長く生きすぎた、
 この世を害毒で満たすだけだ。
乙女 その前に、お前たちが誰に死刑宣告を下したかを言っておこう。
 私は羊飼いの娘ではない、
 何人もの王を生みだした家柄の出だ。
 徳高くして神聖、高みにある神に選ばれ、
 天の恵みに満ちた霊感を受け、
 地上に並々ならぬ奇跡をもたらそうという者だ。
 私は悪霊と交わったことは一度もない。
 だが、情欲に汚染され、
 罪なき者の罪なき血に染まり、
 一千もの悪徳によって腐り汚れたお前たちは、
 他の者の持つ神の恩寵に欠けているから、
 数々の軌跡を成し遂げるには、悪魔の助けがなければ
 不可能だとすぐに決めてかかる。
 大間違いだ、お前たちは誤解しているが、ジャンヌ・ダルクは
 いとけない赤子のころと変わらぬ処女なのだ、
 胸の思いも純潔で清浄無垢、
 こうして残酷に流される処女の血は、
 天国の門前で復讐しろと叫ぶだろう。
ヨーク 分かった、分かった、女を連れ出し処刑しろ!
       (第五幕第四場  P189)
YORK. Take her away; for she hath liv'd too long,
  To fill the world with vicious qualities.
PUCELLE. First let me tell you whom you have condemn'd:
  Not me begotten of a shepherd swain,
  But issued from the progeny of kings;
  Virtuous and holy, chosen from above
  By inspiration of celestial grace,
  To work exceeding miracles on earth.
  I never had to do with wicked spirits.
  But you, that are polluted with your lusts,
  Stain'd with the guiltless blood of innocents,
  Corrupt and tainted with a thousand vices,
  Because you want the grace that others have,
  You judge it straight a thing impossible
  To compass wonders but by help of devils.
  No, misconceived! Joan of Arc hath been
  A virgin from her tender infancy,
  Chaste and immaculate in very thought;
  Whose maiden blood, thus rigorously effus'd,
  Will cry for vengeance at the gates of heaven.
YORK. Ay, ay. Away with her to execution!
         ACT X. SCENE 4.
 実はヨーク公は、どちらかというと乙女ジャンヌに人道的な姿勢を見せます。呪いをかけ、悪態をつき、平然と前言をひるがえすこのフランスの魔女に対し、無駄に残酷に処刑を長引かせずさっさと処刑してしまえ、というもの。しかしジャンヌはこののちも言葉で抵抗します。聖なる処女だと言ったその舌の根も乾かぬうちに、自分は身重だから慣習に従って子供が生まれるまで処刑はされないはずだ、という。赤子の父親は王太子シャルルだ、アランソンだ、ナポリ王レニエだところころと言うことが変わる。
 この劇を見たイングランド人は、ここで快哉を叫ぶのでしょうか。

 ここでのヨークとは、ベッドフォード公爵のあとにフランスの摂政となったリチャード・プランタジネット。ヘンリー六世の10歳年上。ヨーク公爵。イングランドの重鎮の一人。フランスとの激戦ののち、功績を上げますがのちに王家との確執が深まります。
 その原因を、ここではサマセット公とヨーク公の従者たちのささいな喧嘩からとします。ヨーク公の白バラの紋章を意気地のない青白さだと罵る従者バセットと、サマセット公の赤バラの紋章を恥で赤面する色だと嘲る従者ヴァーノンの口論。これが二人の主人の名誉にかけた争いとなりました。国家の重臣たちの争いを裁定しようとした王ヘンリーは、互いの名誉を守るから和解せよと言う。
 しかしそのあとが悪かった。王は話のついでにサマセット公の赤バラの紋章を自分のものとしてつけ、そのままその場を去ったのでした。その結果、王の家系ランカスターは赤バラを紋章とすることになった、という流れ。
 史実はどうだか分からないが、なるほど、こういう解釈もありか。

 この劇は、屈辱的な和平によってフランスの領土の大半を失い、若いヘンリー王が長年の婚約者を捨て、ナポリ王の称号を持つが零落したアンジュー公爵レニエ、ロレーヌ公ルネ・ダンジューの娘マーガレットを婚約者としたところで終わり。
 第二部は、ヘンリー六世とマーガレットとの結婚で始まります。その場で、フランスとの屈辱的な平和条約に歯がみする王の叔父グロスター公ハンフリー。彼は摂政の地位にありますが、王妃マーガレットはそれが気に入らない。このグロスター公の後妻エリナーと王妃となったマーガレットの確執の描写が素敵。
 また彼女をフランスから連れてきたサフォーク公ウィリアム・ドゥ・ラ・ポールとの仲が微妙。(笑)

 第一幕の終盤、このエリナーが呪術師ボリングブロックに命じ、悪霊を呼び出させて予言を行わせます。
 尋ねるがいい──早く答えて終わらせたい。
ボリングブルック 「まず王について、その将来はいかに?」
 公爵は生きているうちにヘンリーに罷免され、
 彼は彼より長生きして凄惨な死を遂げるだろう。
ボリングブルック 「言え、サフォーク公爵の運命はいかに?」
 見ずによって死に、その生涯を終えるだろう。
ボリングブロック 「サマセット公爵の身にふりかかることは何か?」
 城に近寄せるな。
 城のそびえ立つ山よりも、砂丘のほうが
 その身にとって安全だろう。
 これで終わりだ、これ以上は耐えられぬ。
ボリングブロック 闇の底へ、火の池へ降りてゆけ!
 悪魔よ、立ち去れ!
  (雷鳴と稲妻。霊退場)
       (第一幕第四場  P234)
Spirit. Aske what thou wilt; that I had sayd, and done
Bulling. First of the King: What shall of him become?
Spirit. The Duke yet liues, that Henry shall depose:
  But him out-liue, and dye a violent death
Bulling. What fates await the Duke of Suffolke?
Spirit. By Water shall he dye, and take his end
Bulling. What shall befall the Duke of Somerset?
Spirit. Let him shun Castles,
  Safer shall he be vpon the sandie Plaines,
  Then where Castles mounted stand.
  Haue done, for more I hardly can endure
Bulling. Discend to Darknesse, and the burning Lake:
  False Fiend auoide.
Thunder and Lightning. Exit Spirit.
         ACT I. SCENE 4.
 この直後、このエリナーを始めとする怪しげな面々は、巡回していたヨーク公の一隊に捕らえられます。みな処刑された中でエリナー一人はマン島に終生追放となり、夫たるグロスター公は失脚を免れようと悪戦苦闘。ついに摂政の地位を失うことに。
 その陰で、正統な王家の継承者を自認するヨーク公は、ソールズベリー伯爵、ウォリック伯爵を取り込みます。前者は、第5代ソールズベリー伯リチャード・ネヴィル(1400-1460)、後者はその息子、同名の第16代ウォリック伯リチャード・ネヴィル(1428-1471)。
 第3代ヨーク公リチャード・プランタジネット(1411-1460)は彼ら親子を我がものとして、勢力を延ばす。のちにウォリック伯は二代の王の擁立に尽力し、「キングメーカー」 の異名でよばれることに。

 この劇は、為政者として無策であった人のよいヘンリー王を中心にした歴史のうねり。第二部の人物紹介の中で記述されるように、<陳情と戦闘>、<呪術>、<偽の奇跡>、<エリナーの悔悛>、<グロスターの殺害>、<サフォークの殺害>、<ケイドの叛乱>と、さまざまな出来ごとが積み重なります。
 史実と比較していろいろ問題はありますが、史劇としてはヘンリー六世の凡庸な施政、というか施政の欠如の時代を劇的に描写していますね。百年戦争が終わり、英国史に名高い薔薇戦争の勃発はまさにこのとき。

 「ヘンリー六世 第一部」 は処女作と言われますが、この劇は、ウィリアム・シェイクスピアという青年作家の出世作となったそうな。
 荒削りなところも見られましたし、登場人物が多すぎて焦点がぼけるところもありますが、なるほどこれは面白い。
 第三部は、王ヘンリー六世の軍勢を打倒し意気上がるヨーク公の一行と、それに出くわすヘンリーすなわちランカスター家の一行のシーンから。ここで、兵力的にまさるヨーク公に対し、王ヘンリーは何と生きているうちは自分を王と認めてくれ、そのあとなら王位はお前が継げばいいとまで言う。驚愕する諸将。
 しかしこれに最も怒りを示したのは、王妃マーガレット。廃嫡されるといわれた息子エドワードと共に王のもとを去り、軍を起こしてヨーク公に攻めかかったのでした。戦いの結果勝利したマーガレットは、ヨーク公を捕らえ、辱めてヨークの末子ラトランド伯エドワードの血に染まったハンカチでその悔し涙をぬぐえと命じた上、最後は自ら手を下して殺してしまう。シェイクスピアの演劇の中でも一、二を争う残酷なシーンといわれるもの。
王妃 
  ・・・
 お前の後押しをする四人の息子はいまどこにいる?
 女好きのエドワード、元気いっぱいのジョージは?
 それに、あの背中の盛り上がった化け物、
 リチャード坊やは? 反乱軍のただなかでうなるような声をあげ、
 しきりにお父ちゃまを元気づけていたけれど。
 ああ、そうだ、お前のお気に入りのラトランドは?
 ご覧、ヨーク、このハンカチを染めた血は
 勇敢なクリフォードの剣先にえぐられて
 お前の息子の胸からほとばしり出たのだよ。
 お前の目でも、死んだ子を思って涙をこぼせるなら、
 このハンカチをくれてやる、頬をふきなさい。
 ああ、かわいそうなヨーク、お前を死ぬほど憎んでいなければ、
 私でもお前の惨めな境遇に同情しただろう。
 お願い、思い切り歎いて私をうきうきさせて、ヨーク。

       (第一幕第四場  P234)
QUEEN MARGARET.
  ・・・
 Where are your mess of sons to back you now?
 The wanton Edward and the lusty George?
 And where's that valiant crook-back prodigy,
 Dicky your boy, that with his grumbling voice
 Was wont to cheer his dad in mutinies?
 Or, with the rest, where is your darling Rutland?
 Look, York: I stain'd this napkin with the blood
 That valiant Clifford with his rapier's point
 Made issue from the bosom of the boy;
 And if thine eyes can water for his death,
 I give thee this to dry thy cheeks withal.
 Alas, poor York! but that I hate thee deadly,
 I should lament thy miserable state.
 I prithee grieve to make me merry, York.

  ACT I.  SCENE IV. Another part of the field
 これを聞いた二人の息子、長男マーチ伯エドワードと三男グロスター公リチャードは怒り狂い、復讐を誓うことに。

 ランカスター側は、なおも煮え切らない王ヘンリーを擁して戦いに打って出ます。ヨーク公の次男クラレンス公ジョージも駆けつけ、二つのバラの紋章は凄惨な戦いを繰り広げることに。
 戦場で父親を殺してしまった息子と、息子を殺してしまった父親の嘆きのシーンは、有名です。

 勝利したヨーク家の統領エドワードは、エドワード四世として即位しますが、なんとまあ王となったことを宣言するその場で、未亡人となったレディ・ウッドヴィルを口説き、王妃としてしまうのでした。フランスへ使節としてむかい、フランス王ルイ十一世の義妹ボーナを新しいイングランド王の王妃とすることで両国の友好を固めようとしたウォリック伯は、これを知ってそのときフランス宮廷にいたマーガレット王妃方につくこととなります。このあたりの駈け引きというか敵味方の変遷は、男たち女たちのプライドも手伝って、まさに人間模様。
 ウォリック伯は娘アンを、ヘンリー六世の息子で亡命してフランスにいる王太子エドワードと結婚させ、固い同盟ができあがったのでした。しかもその同盟には、待遇に不満があったエドワードの次弟クラレンス公ジョージも参加することに。
 なんとまあ、離合集散とはこのことか。

 ちなみに、このエドワードの妻であるアンは、未亡人となったのち、夫を殺したグロスター公リチャードに口説き落とされて妻となるのですが、これはまた別な話。

 歴史は二転三転し、ウォリック伯とクラレンス公ジョージ率いるランカスター家を中心とした軍はエドワードの軍を圧倒します。この結果、エドワードは捕らえられ、王位は再びヘンリー六世に戻りますが、武将として勇猛果敢な三弟リチャードは腹に一物持ちつつエドワードを奪還、ジョージのさらなる裏切りもあって、再びヨーク家の白バラが勝利。

 愚者と陰謀者、ひとつの正義と別な正義、裏切りと偶然。シェイクスピアの息も付かせぬ言葉の力は、史劇としてこの時代を大きく盛り上げて描き上げています。見事なもの。
 ちょい役として少年ヘンリー、リッチモンド伯ヘンリー・チューダーを登場させて褒め称えた場面は、シェイクスピアの時代、イングランドの王座にあったチューダー朝のエリザベス女王を意識していますが、王家の血筋からいっても慣習的な点から行っても、このヘンリーが薔薇戦争の最後にイングランド王家を継ぐ権利ははなはだ薄いのですが、ま、これもまた時の流れと偶然。

 人はいいが統治能力がない王がその地位を追われたあと王座に就いたのは、実は愚かな人物であったという結末は、民衆が楽しむ史劇として素敵。青年シェイクスピアの渾身の一作というべきか。

 読んでみてケチをつけるとしたら、登場人物が多すぎることかな。誰が誰だか、一回読んだだけではわかりません。困ったもんだ。
英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクの Henry VI, Part 1 , Henry VI, Part 2 , Henry VI, Part 3  (2016/11/13)


 読書メーターの記録より  読了:2016/9/2
ページのトップへ   Ver. 3.03 
管理番号:S100-013 65 スポーツ・文化・演劇 出版社:筑摩書房
書名:ロミオとジュリエット シェイクスピア全集2 ISBN978-4-480-03302-5 C0197
原題:Romeo and Juliet (1595?)  翻訳者:松岡和子
ちくま文庫 し10-2 価格:660Yen ページ数:256P 本のサイズ:文庫
初版発行:96/4/24 第16刷:14/7/25 購入:2016/10/16 カバー装画・デザイン:安野光雅
「ロミオとジュリエット」 ウィリアム・シェイクスピア シェイクスピアの戯曲の中でも有名な、あの二人の悲恋。
 と同時に、その意外なほどの猥雑さを強調した解説本が、妙に記憶に残るもの。
 今回、松岡さんの翻訳で楽しんでみました。

 出だし、キャピュレット家とモンタギュー家の剣を交えたいさかいから始まります。これを見て怒ったヴェローナの大公エスカラスが、これ以上何か事件を起こしたら死刑を言い渡す、と宣言。
 そこに、悩むモンタギュー家のロミオが登場します。彼は恋に悩んでいます。その恋とは、許嫁のロザリンドへの恋なのか、恋することに悩む自分の心のなかにあるなにかなのか。つまり、なーんもわかっていない少年、と思えばいいのかも。
 で、もう片方のジュリエット。キャピュレット本家の一人娘。おしゃべりで猥雑な乳母がぺらぺらとそのプロフィールを説明してくれます。この時代背景について、ペストの流行という説明をとある本で読んだような記憶があります。乳母の娘、ジュリエットと同い年のスーザンは疫病で死に、ジュリエットは三歳になるまで乳母の乳で育っていたそうな。その結果、乳母の歯は四本しか残っていないのだとか。うむう。
 で、乳離れをしたその日、地震があったというのも、何か時代背景を示しているらしい。鳩小屋(dovehouse)とは、納骨堂の意味があるのだそうです。シェイクスピアの研究とは、奥が深いもの。
乳母 
  ・・・
 そのとき、鳩小屋がガタガタッときた! もう、クビだと
 言われるまでもなく、逃げ出しましたっけ。
 速いものであれから11年、
 あのときはもうちゃあんと立っちしてらした。
 いえ、それどころかそこらじゅうヨチヨチ歩いたり走ったり。
 だって、ちょうど前の日、おでこに怪我をなさったんですから。
 そのとき亭主が──神さま、お恵みを
 ほんとに陽気な人でした──お嬢様を抱き上げて
 申しました 「おっと、うつ伏せに転びなすったな?
 もっとお利口になったら仰向けに転ぶんですよ、
 いいですか、ジュール?」 すると、どうでしょう。
 このかわいいお嬢様ったら、泣きやんで 「うん」 ですって。

       (第一幕第三場  P39)
Nurse
  ・・・
  Shake, quoth the dovehouse! 'Twas no need, I trow,
  To bid me trudge.
  And since that time it is eleven years,
  For then she could stand high-lone; nay, by th' rood,
  She could have run and waddled all about;
  For even the day before, she broke her brow;
  And then my husband (God be with his soul!
  'A was a merry man) took up the child.
  'Yea,' quoth he, 'dost thou fall upon thy face?
  Thou wilt fall backward when thou hast more wit;
  Wilt thou not, Jule?' and, by my holidam,
  The pretty wretch left crying, and said 'Ay.'

  ACT I.  SCENE III. Another part of the field
 で、そのときの亭主の冗談がホントになるのですねえ、と続きます。つまり、もうすぐ14歳になるジュリエットに縁談の話が来たと言うこと。このへんのお話の意味がわからない人は、もう少し大人になってから。(笑)

 さて、キャピュレット家の仮面舞踏会で、ロミオをジュリエットは運命の出会いをします。
 この出会いが、いささか年を食ってしまった鐵太郎の視点で言うと、なんとまぁ考えなし。恋とか永遠の愛がこんなものなのだと考えるのは、あまりにも無責任ではなかろうか。
 有名なバルコニーでの二人の情熱的な会話と、そのあとの成り行き。秘密結婚。誤解。悲劇。これはあまりにも有名。
 悲劇性を取っ払ってみると、14歳と16歳の子供が繰り広げた騒動というか、喜劇的な人々の営みの中で展開された無責任な一幕、とでも言うべきか。
 ともかくロミオはこの戯曲が始まってから二人も殺しているんですからね。まずそれについて罰せられるべきではなかろうか。
 うむう、これは年食った人の視点で語っちゃいけない戯曲なのか。(笑)

 さてそこでちょっと突っ込んでみます。

 あとがきにありましたが、フランシスコ派の修道僧ロレンスは、キリスト教の信徒と言うより非キリスト教的な魔術師的な雰囲気を備えています。ジュリエットを42時間仮死状態にしておく薬を出して、なんの疑いもなく周囲がそれを信じるところなど、ちょっと超自然的な雰囲気があります。こういう存在が当時許されるのか、ということ。
 またもう一つ気になるところは、はたてしてこの修道僧に結婚を取り仕切る権限があるのか、ということ。結婚を司ることができるのは、司祭以上の聖職者に限るはず。修道僧は司祭の資格を持っていないはず、じゃなかったかな。
 まぁ、こんなことはささいなことですし、シェイクスピア研究者の誰かがもう解明しているでしょうけどね。(笑)

 英文テキストはここ→プロジェクト・グーテンベルクの Romeo and Juliet  (2017/2/5)


 読書メーターの記録より  読了:2016/12/26