トップへ戻る
トップへ戻る
書籍データへ戻る
読んだ本の分類
乱読屋の年表
乱読屋の年表
愛書家の縁側・今年アップしたリスト
2007/6/9以後・・・それ以前は記録していなかったのさ(笑)
歴史年表
★このページはUnicodeです★
日付 アップした本と作家        
2024/5/19 帆船軍艦の殺人 岡本好貴
 二週間経って前回よりさらに少なくなってたった一冊。しくしく。ところで本日車を入れ替えました。ニッサン⇒三菱⇒ホンダ⇒トヨタと乗り継いで、ついにダイハツだぜ。まァ、個人的な理由はあるんだけどね。
 いまだにやっている仕事が次の段階になったら、時間的な余裕もできるはずだし、気力を奮い立たせられると思うのでこのサイトも充実させられるはず。はず。多分ね。きっとね。
 世界は混沌のまま。NHKのラジオR2でやっている教養番組「カルチャーラジオ 歴史再発見」で哲学者カントが二百年以上前に、「人類に撮って戦争状態が当たり前の状態であり、平和を維持するにはそれに逆らう強い努力が必要なのだ(大意)」と言うことを唱えていると言っています。早く世界が平和になって欲しいけど、それに至るためには、お花畑的発想ではない足が地に付いた判断と行動が必要なのでしょうね。
 積ん読本33、読んでいる本2、読んで記事にしていない本107。 
2024/5/6 薬屋のひとりごと8 日向 夏
ミッキー7 エドワード・アシュトン
 二冊のみ。GW中に多少は進むかと思ったけどダメだな。読んだばかりの本が机の上に積み上がっている状態になれちゃっている自分が情けないッス。(笑) 
 新車じゃないけど車を変えます。納車は再来週くらいかな。今の車の不満が解消されればいいけど。
 世界はあちこち歪んでます。今は中国とフランスの接近が気になるところですが、不穏な空気はそんな事だけじゃない。ガザ地区の紛争はユダヤ人の執念を感じさせられるけど、歴史の曲がり角が違っていたらどうなったのかなぁ。キリスト教・ユダヤ教を歴史的に見直してみたいと思うのだけど、それを言ってはいけない方々もいることがわかったのが今週の教訓。
 積ん読本26、読んでいる本2、読んで記事にしていない本108。 
2024/4/21 真紅の戦場2 ジェイ・アラン
 何があったのか自分でもよくわからないスランプ。ともかく書いた一つだけでも上げて、生存確認とします。
 この三週間、何があったっけ? 車を新しくしようと思っているのが最新ニュース? それだけ?
 先週、教会で「故人をしのぶ会」があり、信心深かった両親のために教会へ行き、牧師先生としょうもない会話を交えてわかったこと。神は(どの神様であれ)求める人にしか必要ではないんだなぁ。これは日本人全般へ展開すべき事ではない、無信心者である個人の感想。
 そういう宗教的救いを求めるという長い歴史の中にいるはずなのに、ウクライナもガザ地区も戦乱は収まらない。利害の対立の中で、神はもういない、とされてしまったのか。人間の文明進化とは、これなのか。それでいいのか。わからん。
 情けないねぇ、人類。
 積ん読本23、読んでいる本2、読んで記事にしていない本108。 
2024/3/31 教場2 長岡弘樹
ケマル・アタテュルク 小笠原弘幸
あつかいにくいモデル E・S・ガードナー
 転倒の後遺症の方は良くなったのですが、花粉症の季節になり目が痛いッス。そんなに酷い症状じゃないので気になる程度ですが。若いころはアレルギーには縁がなかったんだけどなあ。
 それを理由にするつもりはないけど三冊でアップ。
 ウクライナもガザ地区も戦争は続いていますが、関心が薄れたのか報道はトーンダウン。売れなければ誰が何人死んでいても気にならないのは、人類のサガなのか、どうなのか。日本としては能登半島の地震被害すら報道が薄まり、次の事件を追ってます。ふうん。
 この世紀、人類は中盤になったらどんな歴史を描いていくのかなぁ。
 積ん読本25、読んでいる本1、読んで記事にしていない本105。 
2024/3/17 トッカン vs 勤労商工会 高殿 円
改訂・受験殺人事件 辻 真先
 体調イマイチ。首を大きく振るとめまいが。でもまあ二冊しかないけどアップします。
 3/14深夜、正確には3/15(金)になったばかりの深夜、福島県は震度4~5の地震に襲われました。結構揺れたのに本が数冊とコップがひとつ落ちただけですんでいます。北陸の惨劇のあとなのでいろいろ心配するところはあるけれど、まァそれだけなのでヨシとするか。
 世界はいまだ変わらず。ウクライナもガザ地区も、人は死んでいます。ロシアの選挙はプーチンの大統領続投で決着しそう。アメリカはどうしても対決したい老人二人の罵倒合戦。なんとかならんのか。
 コロナは終息しつつあるように見えるけど、そんなはずはないのでまだまだ警戒が必要。
 息を殺して様子をうかがうばかり、ってのはいやだよね。もっと明るい未来であって欲しいな。
 積ん読本24、読んでいる本2、読んで記事にしていない本103。 
2024/3/3 夏の夜の夢・間違いの喜劇 ウィリアム・シェイクスピア
ヤキトリ 2 カルロ・ゼン
教場 長岡弘樹
ブロンドの鉱脈 E・S・ガードナー
薬屋のひとりごと7 日向 夏
 先週、体調優れずお休みして、今の職場のブラックさをいろいろ味わったので(笑)、時間ができていくつか書けました。めでたい。とはいえ頭のもやもやはしばらく続きそうです。軽い頭痛とめまい、耳鳴りですね。
 世界の情勢はじわじわ悪い方へいっているようですが、まだ一気呵成になりそうにないのが救いかな。
 日本では、能登半島の地震への対策について、見当違いのケチを付ける方々の妄想に辟易ですが、自民党のパーティー券絡みのコンプライアンスというかガバナビリティというか、脇の甘さと甘ったれ政治家の醜態が情けない。それを追求する野党やマスコミの「オレ様こそこの国の絶対正義」スタンスもみっともない。
 困ったモンだな。
 積ん読本24、読んでいる本3、読んで記事にしていない本102。 
2024/2/25 エリザベス女王の事件簿 バッキンガム宮殿の三匹の犬 S・J・ベネット
幼女戦記<13> カルロ・ゼン
 いまだ体調戻らず、だな。先日友人と食事に行ったのだけど、酒が入ると頭がふらつくところがあり。脳震盪の後遺症なのかは疑問。てな訳でうまく集中できず、書けないなぁ。三冊目で挫けたので二冊でアップ。ふう。
 世界情勢は相変わらず、だな。ウクライナ戦役はロシアがじわっと押し返している様子だけれど、まだまだ決着がつきそうになし。ガザ戦争はイスラエルがどこまでやるのかわからないながら、悲惨な状況が拡大中。世界はどうなるんだろうなぁ。
 そうそう、噂の『オルクセン王国史』買ってみたけど、まだ読んでません。順番待ちですな。
 積ん読本24、読んでいる本2、読んで記事にしていない本105。 
2024/2/13 名将 宮崎繁三郎 豊田 穣
この世をば(上・下) 永井路子
薬屋のひとりごと6 日向 夏
まむし三代記 木下昌輝
 2/7、出勤途中の凍結道路でまともに真後ろに転んで後頭部を打ち、二泊三日の入院に。外傷性くも幕下出血による血腫が消えたので病院を追い出されたのだけど、一週間の療養という事になり、明日は仕事に行けるかなと思ったのですが、この状態だと明日もキツそう。と言うわけで明日までお休みです。
 体重が3kg減ったのはよいことなのかな?(笑)
 とりあえず、今日その間に書けた分だけアップしておこう。
 積ん読本25、読んでいる本2、読んで記事にしていない本105。 
2024/1/30 ベートーヴェン捏造 かげはら史帆
六人の嘘つきな大学生 浅倉秋成
家康と九人の女 秋月達朗
 書くのが遅くなったことへの反省が足りんと思うけふこの頃。ファイト、自分。ふ。
 ともかくようやく三つは書けて見直しもできたので、火曜日だけど上げてしまえ。
 日本では能登半島地震後の被害がまだまだ大変で、あとどのくらいかかるのかわかりませんが、復興までは長い道のりです。そういえば、この復興の足を引っ張り人の努力を貶すばかりの莫迦者が、我々の3.11の頃より桁違いに増えているよう。SNSの発達の功罪のうち、陰の部分でしょうね。
 とはいえ世界の情勢、ウクライナやパレスティナのナマの戦争だけでなくそれ以外も、ある意味もっと大変な状況があります。今年はこれから何が起きるのか。うーむ。
 積ん読本28、読んでいる本2、読んで記事にしていない本106。 
2024/1/8 エリザベス女王の事件簿 S・J・ベネット
薬屋のひとりごと5 日向 夏
劉裕 小前亮
 去年のアップ冊数は最低の56冊。今も相変わらず書くのに時間がかかります。おそらくこの原因は、記憶力の減退とかそう言ったことで、気力の問題じゃないのではないかと思うけど、結果は同じ遅筆なので考えてもしょうがないかも。
 世界情勢はあまり変わらないのですが、1/1に日本は令和6年能登半島地震というとんでもない災厄に襲われ、さらに羽田の航空事故とかも発生し、今まで大事件のように騒がれていた政治的事件がコップの中の嵐になってしまいました。3.11を体験した時から考えると、今後十年日本はこれに振り回されるでしょうね。
 で、世界情勢について言えば、まずコロナは徐々に終息。ウクライナ戦役は、露軍がじわっと押し返している情勢のようでまずい情勢ですが、ニュースバリュー的には価値は下がっている感じ。ガザ地区の戦いはイスラエルが戦線を進めていますが、いつどんな形で終息するのかは不明。
 いい年になって欲しい2024年ですが、どうなることやら。
 積ん読本28、読んでいる本3、読んで記事にしていない本103。 
2023年 アップ総数56冊
2022年 アップ総数85冊
2021年 アップ総数104冊
2020年 アップ総数84冊
2019年 アップ総数144冊
2018年 アップ総数153冊
2017年 アップ総数165冊
2016年 アップ総数163冊
2015年 アップ総数178冊
2014年 アップ総数163冊
2013年 アップ総数174冊
2012年 アップ総数160冊
2011年 アップ総数187冊
2010年 アップ総数260冊
2009年 アップ総数250冊
2008年 アップ総数208冊
2007年 アップ総数226冊
2006年 アップ総数250冊
2005年 アップ総数413冊