トップへ戻る
トップへ戻る
書籍データへ戻る
読んだ本の分類
乱読屋の年表
乱読屋の年表
愛書家の縁側・アップしたリスト
2013年分 アップ総数174冊
日付 書名  作家名  
2017年 アップしたリスト
2016年 アップ総数163冊
2015年 アップ総数178冊
2014年 アップ総数163冊
13/12/31 モンテ・クリスト伯(七) アレクサンドル・デュマ・ペール
女には向かない職業 P・D・ジェイムズ
ローダン453 消えた女王ドラニア H・G・フランシス
メアリー・スチュアート アレクサンドル・デュマ・ペール
ピョートル大帝の妃 河島みどり
辺境星区司令官、着任! マイク・シェパード
 2013年最後分。アップは年を越しちゃったけど、勘弁してもらおう。
 2014年の始めは、多分しばらくもたつくであろうし。
 それにしても、今年はまだ年賀状も正月したくもしていないんだぜ。
13/12/21 モンテ・クリスト伯(六) アレクサンドル・デュマ・ペール
風の軍師 葉室 麟
夢遊病者の姪 E・S・ガードナー
 まとまった分だけさっさとアップ。
 ちなみに、年賀状はまだ始めてもいないなう。(-_-);
13/12/15 モンテ・クリスト伯(五) アレクサンドル・デュマ・ペール
皇国の守護者3 灰になっても 佐藤大輔
時を生きる種族 中村 融
中世のパン フランソワーズ・デポルト
歴史探偵 近代史をゆく 半藤一利
 まー一応、ちょっと元気が出たので先週の分も挽回。
 ところで今週お出かけ先から帰宅したら、雪が町に舞っていました。まだ地熱があるから積もらないけど、いよいよ冬。スタンドで、タイヤの空気圧をやや高めに調整してスリップ対策しました。
13/12/8 モンテ・クリスト伯(四) アレクサンドル・デュマ・ペール
オランダ宿の娘 葉室麟
 モンテ・クリスト伯(新旧)で三冊ですが、これを含めると今年は157冊。去年はサイト設立以来最悪の160冊でしたから、順調にいけばこれよりちっとはましになれそう。
 本日体調ヤヤ不良ナレド元気ヨシ コレヨリ某地ヘ出撃セン!
13/12/1 中世騎士物語 須田武郎
チャーチル閣下の秘書 スーザン・イーリア・マクニール
ローダン452 ムルコンの城 エルンスト・ヴルチェク
モンテ・クリスト伯(三) アレクサンドル・デュマ・ペール
 へばってます。ふっふっふ。でも読んでいて楽しい本があれば、とりあえずしあわせさ。(,⌒-⌒)v
13/11/24 ねじまき少女(上・下) パオロ・バチガルピ
武士の家計簿 磯田道史
モンテ・クリスト伯(二) アレクサンドル・デュマ・ペール
 福島帆船模型展に行ってきました。そのネタはブログにささっと。ま、なんだかなぁ。
13/11/16 女教皇ヨハンナ(上・下) ドナ・W・クロス
ローダン451 少女とルーワー エルンスト・ヴルチェク
呉越春秋 湖底の城 (1) 宮城谷昌光
ローダン450 隻眼のライレ ウィリアム・フォルツ
 体力・知力が落ちてる中の人。しっかりしようぜ、まだ人生には先がある。
   弱気になった人たちは 強いビル風に飛ばされる
   私は髪をきつく結い上げて 大きなバッグを持ち直す
            「Maybe」 中島みゆき
13/11/10 クリスマスに少女は還る キャロル・オコンネル
モンテ・クリスト伯(一) アレクサンドル・デュマ・ペール
 時間があると本を読む悪癖が再発。でも読んだあと記事にする余裕がない。
 元々は、読みっぱなしの悪癖を何とかするためにこのサイトを作ったようなものなのに、これじゃあね。(*´・ω・)(・ω・`*)
13/11/3 冬のフロスト(上・下) R・D・ウィングフィールド 
シャーロック・ホームズはなぜ外見だけで人を見抜けるのか 齋藤 勇
ローダン449 <ソル>破壊工作 H・G・エーヴェルス&マリアンネ・シドウ
秋月記 葉室 麟
巨獣めざめる(上・下) ジェイムズ・S・A・コーリイ
 中の人に偏頭痛あり。お仕事がドタバタしている上に、いろいろ大変。
 お仕事でぼーっとしていたのか、中指の先をちょっとつぶしてしまったり。(けっこう痛かったらしいw) 左手なのでまぁいいんだけどね。
 そんなわけで、今日はサン・ファン館の再開館だったけど、とてもじゃないが行けませんでした。しくしく。
13/10/20 スター・トレジャー 秘宝の守護者 L・マイケル・ハラー
アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る ゲイル・キャリガー
ウンボルト・エーコの文体練習 ウンボルト・エーコ
祖父たちの零戦 神立尚紀
ローダン448 謎のフェーロトブラガー ウィリアム・フォルツ&H・G・エーヴェルス
 中の人が半年前の仕事にまたまた戻ることになり、ひと嵐。ε=(´。` )
 とりあえず、これがせいいっぱいでした。うむ。
13/10/8 史記 武帝紀 1 北方謙三
アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う ゲイル・キャリガー
タイタニア4 烈風編 田中芳樹
どもりの主教 E・S・ガードナー
 またまた諸事情あって、二日遅れの更新です。ペースは確実に落ちてるな。トシのせいかねぇ。Σ( ̄□ ̄;
13/9/29 彷徨える艦隊・外伝1 反逆の騎士  ジャック・キャンベル
日露戦争 勝利のあとの誤算 黒沢比佐子
ローダン447 ラルドの兵士 クラーク・ダールトン&ウィリアム・フォルツ
 諸事情もあって、三冊で勘弁してくださいな。中の人もいろいろありまして。
 てへっ (; ´Д`)
13/9/16 キリング3 逆転 デイヴィッド・ヒューソン
キリング4 解決 デイヴィッド・ヒューソン
アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う ゲイル・キャリガー
死海文書の謎 マイケル・ベイジェント&リチャード・リー
 先週は、新しい本じゃなくて「皇国の守護者」の一気読み。文庫版と新書版の違いを見ようとしたんだけど、面白くて6巻までそのまま読んでしまった。うーん、オイラもやっぱり単純な大輔フリークなんだねぇ。
13/9/8 皇帝たちの都ローマ 青柳正規
ローダン446 神々の贈り物 ハンス・クナイフェル&エルンスト・ヴルチェク
蒸気機関車と血染めの外套 アランナ・ナイト
カレーライスの誕生 小菅桂子
 たった今数えてみた。現時点での積ん読本・・・44冊。G様などから入手してまだ手をつけていない本・・・計5冊。いずれ読もうかと思って物置から持ってきた本・・・15冊。現時点で読んでいる本・・・2冊。「キリング3」、「アレクシア女史3」
 ふう。 ε=(´。` )
13/9/1 キリング2 捜査 デイヴィッド・ヒューソン
ローダン445 クオストート防衛戦 クルト・マール&エルンスト・ヴルチェク
皇国の守護者2 勝利なき名誉 佐藤大輔
「忠臣蔵」の決算書 山本博文
物語 イタリアの歴史 藤沢道郎
 夏バテなのか、ちょっと気力が抜けたのは、バンフリット艦長不在にもかかわらずその腰巾着が騒ぐせいか。立場も地位もないのに無責任に思いつきで風紀委員を気取るのは、はたで見ていて醜悪。まぁ、他山の石としよう。
 いやいや、リアルなネタをここで愚痴るのはまずい。それよりネタが少ないことを歎かなくちゃイカン。(爆)
13/8/18 ローダン444 マルゴン人来襲 H・G・フランシス&クルト・マール
銃・病原菌・鉄(上・下) ジャレド・ダイヤモンド
 誤魔化したつもりはないんですが、なぜか冊数にして5冊ですと。おお。
 夏休みではいろいろあったけど、ブログを書く気力がない。困ったもんだ。
13/8/11 伊達政宗の戦闘部隊 中田正光
バスカヴィル家の犬 アーサー・コナン・ドイル
ローダン443 <パン=タウ=ラ>の戦い ウィリアム・フォルツ&H・G・フランシス
 ホームページビルダーがコケたり、うちの親父がついに寝たきりになったり、ワヤワヤの日々でした。なんだかなぁ。
 そんなこんなで、三冊だけ。まぁ、裏で冊数は稼いだけど。(爆)
13/7/28 へその曲げ方 ジェームス三木
ローダン442 大ピラミッドの秘密 ハンス・クナイフェル&ウィリアム・フォルツ
年間SF傑作選 3 ジュディス・メリル(編)
 積ん読本が、50冊を超えます。ナンテコッタイ。
 あきらかに買う方が読むより多い。今日買った本は、「中世騎士物語」(須田武郎)と「モンテ・クリスト伯(3)」。ちゃらんぽらんな読書嗜好は相変わらず。何を考えているんだ、自分。(-_-);
13/7/21 護りと裏切り (上・下) アン・ペリー
料理侍 和田はつ子
最終定理 A・C・クラーク & フレデリック・ポール
 気候が異常です。猛暑が来るかと思ったら、涼しい初夏です。この反動が来週あたり来るのかな。
13/7/15 コロロギ岳から木星トロヤへ 小川一水
ローダン441 トバの後継者 H・G・エーヴェルス
真説・柳生一族 渡辺 誠
 なんだか体調が悪くて、スランプ気味。生活のリズムが上手く取れません。困ったね。
13/7/8 宇宙船ビーグル号 A・E・ヴァン・ヴォクト
彷徨(さまよ)える艦隊8 無敵戦艦インビンシブル ジャック・キャンベル
サリバン家のお引っ越し 野尻抱介
 お仕事環境が激変し、今のところバンフリット艦長不在なこともあってファラロープ号の生活に馴染んでいる鐵太郎でございます。しかしどうもスランプ気味なう。
13/6/23 浜村渚の計算ノート 青柳碧人
ハプスブルク家の女たち 江村 洋
ローダン440 テラ急襲 エルンスト・ヴルチェク&クラーク・ダールトン
龍馬史 磯田道史
 ドタバタしちゃったので、日曜深夜に更新。あ、それと集計を見直していたら、実は一冊多かった事が判明したのでその分増えてしまいました、とさ。
13/6/15 フーコーの振り子(上・下) ウンベルト・エーコ
ベティアンよ帰れ クリス・ネヴィル
ローダン439 ルーワー登場 クルト・マール&エルンスト・ヴルチェク
新訂版コナン6 龍の刻 ロバート・E・ハワード
 なんだか無茶苦茶な気候です。帰宅したら、仕事先より10℃は温度が高い。湿度もどんと高い。タオルケット一枚ですむとは、ナンテコッタイ。
13/6/8 出光佐三 反骨の言魂 水木 楊
ディオクレティアヌスと四帝統治 ベルナール・レミィ
ローマ帽子の謎 エラリー・クイーン
ローダン438 支配者ラルド マリアンネ・シドウ&クルト・マール
 中の人の先行きは、まァあんなもんか。なんつーか、ソーヤー艦長のレナウン号に馴染んだところで、パンフリット艦長指揮下のファラロープ号に行くことになるらしい、というか。ふむ、一部にしかわからんネタだ。(笑)
13/6/1 皇国の守護者1 文庫版 佐藤大輔
アンクスの海賊 野尻抱介
ローダン437 ヴェルガースペアの監視者 H・G・フランシス
藤原氏の正体 関 裕二
 中の人は幸先不安。どうなるかねぇ。ま、明日は明日の風が吹く、か。
 積ん読本の山も問題なんだけど、本当はあっちの方が大事なんだよね。(笑)
13/5/25 ローダン436 影の世界 ウィリアム・フォルツ&ハンス・クナイフェル
アッティラ大王とフン族 カタリン・エッシャー&ヤロスラフ・レベディンスキー
魔法の迷宮(上・下) フィリップ・ホセ・ファーマー
 アッティラという名を、学校の授業以外で最初に耳にしたのは、記憶に間違いがなければ中学の頃の、スミスの「三惑星連合軍」だったはず。大学で読んだ「ローマ帝国衰亡史」が、おそらく二度目。そのあいだに、何かで読んだような気もするけど、さだかでない。これほど虚名が大きな存在も、西欧史の中では珍しいのかも。
 でもね、いずれこの文明が崩壊すれば、ヒトラーはまだしも、ヒロヒトの名も恐るべき反キリストの魔神になるのかもしれない。馬鹿はいつの世にもいるモンだ。
13/5/19 魁偉なり 東郷
戦国の兵法者 牧 秀彦
ローダン435 怪物とアフィリカー クルト・マール&ウィリアム・フォルツ
 個人的にはひと嵐来そうな気配です。水平線に暗雲が。でもまぁ、なんとかやるさ。
 ところで今PCには、 「一太郎2013玄」 をセットアップし、最新の「ATOK26」を使用しているのですが、これが異様に重い。変換のために入力する際、最初の一文字はゆっくりとキーインしないと、受け付けてくれない。困ったね。
 何十年もかかってなんとかまともにキーボードを叩けるようになったのに、これじゃあ。 (; ´Д`)
13/5/12 ケンブリッジ・シックス チャールズ・カミング
ネアンデルタール人 奇跡の再発見 小野 昭
ボライソー27 無法のカリブ海 アレグザンダー・ケント
子午線 メートル異聞 ドゥニ・ゲージュ
 26 スパイ・諜報小説 というカテゴリーを作ってみました。その第一作があれってのも、ちょっとなぁ、という気はするけど、今WOWOWで「ロシア・ハウス」なので、それに免じて許そう。(何がだw)
13/5/3 宇宙戦争 1945 横山信義
ローダン434 <バジス>発進! H・G・フランシス&クルト・マール
 ま、いまだGWなので、簡単に二冊。
 今年のGW前半は、珍しくオフ会などに参加できました。3月にもご無沙汰している旧友に会えたし、この先どうなるかはわからないけど、とりあえず思い残すことはないか? このサイトを始めたときの最大の目標である二千冊も越えたし。(あは)
13/4/28 アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う ゲイル・キャリガー
黒き計画、白き騎士 ケイジ・ベイカー
 GWのごたごたとか、いろいろありまして今回は二冊のみ。
 この二冊で通算2000冊アップになります。正確には、おそらく合っていないはずです。文字化けしたのに放置しているものとか、記事自体が消えちゃったものをフォローし切れていないものもあるし。
 しかし、ここまで行くとは思わなかったなぁ。これで、手元の計算上ですが、入手して台帳に記録した本の、43%くらいはアップしたことになります。この先、どのくらいできるかな。 ( ^▽^ )v
13/4/20  古代オリエントの宗教 青木 健
日本赤軍とのわが「七年戦争」 佐々淳行
ローダン433 災いのオーラ ウィリアム・フォルツ&クラーク・ダールトン
まさにNCWであった日本海海戦 伊藤和雄
 先日昼休みに読みかけの本を読んでいたら、 「どんな本を読むんですかぁ?」 と、一日に漫画のフキダシと駅の時刻表以外に字を読まなそうな若い者に聞かれたんですが、返事に窮しました。
 昔なら多分、 「主にSFかな」 などと答えたでしょうけど、今はこんなに無茶苦茶に雑多なジャンルの本を読んでいるんだもの、とても一言では答えられないよ。 (,⌒-⌒) ノシ
13/4/14 任務外作戦(上・下) ロイス・マクマスター・ビジョルド
影の王国(上・下) ロイス・マクマスター・ビジョルド
 今週はズルしたね、といわれれば反論の余地はないんだけどね。(-_-);
 まぁこれって、読むにも、それをA4二枚分ぐらいにまとめるのも、ハードな二冊×2でした。右肩のうずきは変わらず。時々飛び上がるほどの激痛あり。
 自宅に戻ってなじみの鍼灸師のおじさんのところに行って揉んでもらったので、ちょい楽になりましたが、まだまだ。ε=(´。` )
13/4/7 ケマル・パシャ伝 大島直政
だれが、いばら姫を起こしたのか イーリング・フェッチャー
ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る ゲイル・キャリガー
ローダン432 眠れる女神 H・G・フランシス
 肩がもーれつに痛い日があって、筆記ができずに投げ出したこともあって、4冊のみ。体力が落ちてるなぁ。(-_-);
 とりあえず、あと10冊で2000冊目になるらしい。あちこちおかしいところはあるけど、細かいことはピッポッパ♪ (なんだそれw)。
13/3/31 フェイダーリンクの鯨 野尻抱介
キリング1 事件 デイヴィッド・ヒューソン
アルゴ アントニオ・メンデス &マット・バグリオ
『十五少年漂流記』への旅 椎名 誠
 マイペースで業務中なう。(笑) いつまで続くかこのペース。
 ところで、最近メインのデスクトップPCArcadia≠ェへたりつつあるのがちょっと心配。でもノートのSutherland≠ヘ使いにくい。ふう。
13/03/24 ペルセウス座流星群 ロバート・チャールズ・ウィルスン
宇宙のランデヴー2 (上・下) A・C・クラーク & ジェントリー・リー
物質のすべては光 フランク・ウィルチェック
ボライソー26 難攻不落、アルジェの要塞 アレグザンダー・ケント
カリブに沈む太陽 南条 匡
ヴェイスの盲点 野尻抱介
 ちょっと挽回、なう。 (,⌒-⌒) b まぁちょっとだけどさ。次回もこのペースはできないけどね。  ・・ああ、汚名は挽回したくないよ、むろん。(笑)
 ともかく、「ドラゴンスピーチ」は便利だね。けっこう助かりました。どもです。
 m(_ _)m
13/02/24 ローダン110 虚空の死 クルト・マール&クラーク・ダールトン
葬られた王朝 梅原 猛
 すまんです。忙しくってこっちを書く「暇とやる気」が足りません。m(_ _)m
13/02/17 宇宙のランデヴー アーサー・C・クラーク
 今回、始めて「ドラゴンスピーチ」というJustSystem社の音声認識ソフトを使ってみました。手書きの原稿を音読で文字化した訳。なかなか面白い。発音の問題なのか誤変換が多いのが残念。
 でも、アーケイディア・ダレル気分を味わえるなんて、なんてSF的。わお!
 だから一冊で許してくれよォ。 m(_ _)m
13/02/10 時の地図(上・下) フェリクス・J・パルマ
パリの蜂起 小説フランス革命2 佐藤賢一
ローダン109 過去からの脅威 カール・H・シェール&H・G・エーヴェルス
天冥の標(てんめいのしるべ)Y 宿怨 PART3 小川一水
 なんだか体調悪いけど、とりあえず五冊。ふむ。
13/02/03 月面の聖戦3 ジャック・キャンベル
なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか 関祐二
妙なる技の乙女たち 小川一水
 あー、結局これだけか。 O| ̄|_
13/01/27 ボライソー25 決然たる出撃 アレグザンダー・ケント
ローダン431 脳搬送 ウィリアム・フォルツ&クラーク・ダールトン
頼朝の武士団 細川重男
ローダン108 戦慄の最終ステーション H・G・エーヴェルス&ウィリアム・フォルツ
フランス白粉の謎 エラリー・クイーン
 ま、いろいろあったけど再開... できるかなぁ?
13/01/13 ルパン、最後の恋 モーリス・ルブラン
ラインの虜囚 田中芳樹
ローダン430 時間超越者の帰還 ハンス・クナイフェル&ウィリアム・フォルツ
中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい? NHK-PR1号
 更新グラフによると、4月始めに2000冊になるらしい。ホントか?
13/01/05 ローダン429 アフィリーの遺産 クルト・マール
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 押井 守
宣戦布告 レン・デイトン
ボライソー24 提督ボライソーの最期 アレグザンダー・ケント
 今年の終わりまでには、2000冊いけるだろう、たぶん。(-_-);
2012年 アップ総数160冊
2011年 アップ総数187冊
2010年 アップ総数260冊
2009年 アップ総数250冊
2008年 アップ総数208冊
2007年 アップ総数226冊
2006年 アップ総数250冊
2005年 アップ総数413冊